2007年12月

2007年12月31日

ぎりぎりセーフ

6bb5f987.JPG飛行機を2回乗り継いで、
電車に乗り換えて、
実家に辿り着いたのは、
来年になる1時間12分前でした。
ふう。

(↑オアフ島最西端)


年越しそばに間に合いました。



ichigodaifuku35 at 23:58|この記事のURLComments(0)

2007年12月30日

海を見ていた朝

aa43decf.JPG「海を見ていた午後」(ユーミン)という歌にちなんで、
タイトルをつけました。

ホテルの部屋のバルコニーから眺めた
朝の景色です。

きょうは、いい天気になりそうな予感です。




朝っぱらから、

ビーチでは、サーファーたちが波乗りを楽しんでいます。

カウントしてみたことがないので
(手帳を調べればわかりますが)
ここはたぶん、
わたしが一番数多く訪れた場所のひとつではないかと思います。

街の景観はずいぶん変わっていきましたが、
海だけはいつもと同じ姿を見せてくれています。


さあ、これからこの海を越えて、日本に帰ります。

ichigodaifuku35 at 10:15|この記事のURLComments(0)

2007年12月29日

まだまだクリスマス

32a3bc11.JPG日本はもうすっかり新年を迎える準備万端ですが、
アメリカでは
まだまだクリスマス気分です。

ツリーもイルミネーションも
年越しをします。

久しぶりに暖かいところで
クリスマスの賑わいを感じることになりました。

毎年、ここのホテルでは
このデコレーションが恒例になっています。


『シェフが250時間かけて作りました。 
 60ポンド(約27kg)のダークチョコレートと
 20ポンド(約9kg)のホワイトチョコレートと
 20枚の生姜菓子と
 120ガロン(約450ℓ)のアイシングを使いました。』
と書いてあります。

まるで、お菓子の国のようです。
子供たちは目を皿のようにして見入っていました。

夕方、ビーチをお散歩しました。

常夏の島、と言うけれど、
冬はお天気の悪い日が多く、雨が降ったりすると、ほんとに肌寒いのです。
きょうも、曇り空で、太陽サンサンではありませんでした。

夕食は、定番のここ。
とにかく久しぶりだったので、
アペリティフに「チチ」を注文。
ヴァージンチチですけど(ウォッカ抜き)。

プライムリブは12oz(約340g)。
先日の知多牛の3倍です。


デザートも巨大。
お店が地下にあり、暗いので、こんなブレブレになってしまいました。
とにかく、満足〜!!

ichigodaifuku35 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2007年12月28日

2007年10大トピックス

6e1a5173.JPGナベ直氏から、
横浜FCのカレンダーが送られてきました。

2008年のカレンダーなのに、
2008シーズンにはもういない人たちが
たくさん出演(?)していて、
なんだか、胸が締めつけられる思いです。

今年もいろいろありました。


1位は、まあ、アジアカップ。これは順当です。
カルチャーショックも含めて、
まさかの4位とは!!???!!
パレンバンの移動は、本当によけいでした。

2位は、クラーゲンフルトかなあ。
今年は、海外遠征が少なかったですね。

あとは、順位をつけるのがむずかしいので、
早い順番に並べてみます。

高木監督、突然の解任!
これは、ショックでしたねえ。
成績は悪くても、選手との信頼関係は抜群だと思っていたので、
最後まで指揮を執らせてあげたかったです。

今年も、迫井さんの勇姿!を拝むことができました。
お子様の成長も楽しみなので、毎年の恒例行事になりますように。

横浜FC、J2降格・・・
数々の不名誉な記録とともに、1年でJ2に逆戻り。
何よりも心配なのは、全然“AS ONE”じゃないってこと。
カレンダーの文字が虚しいです。

オシム倒れて、岡田監督になる!!
個人的には、期待しています。
フランスの二の舞は絶対したくない、という強い決意があると信じます。
調子が上がれば、ぜひ、マツを復帰させてください。

愛媛FC、浦和を破る大金星
浦和が疲れていたとは言え、まさかの2-0は大したものです。
そのあと、最終戦で湘南に勝ち、続いて、横浜FCも破りました。
歴史に残る快進撃です。

スゲちゃん、新人賞獲得。
降格したチームから、しかも、失点がダントツに多いにもかかわらず、
賞をいただけるなんて、
よっぽど、インパクトがあったのでしょうね。
いなくなってしまうのは寂しいけれど、
横浜のことをいつまでも忘れないで、代表目指して頑張ってほしいです。

代表観戦記録更新中。
今年は、13試合でした。
来年は、東アジアカップもあり、ワールドカップの予選も始まるので、
休暇をいかにゲットするか、上司とのバトルが始まります。

ロッソ熊本(新名:ロアッソ熊本)、J2昇格!
熊本は、ノビオの故郷です。
これで、来シーズンは、
同じJ2の舞台で、横浜FC、愛媛FC、ロアッソ熊本が闘うことになりました。
応援が大変だあ。

以上が「いちごの選ぶ10大ニュース」でした。


きょうは、どこにも出かけず、頑張りました。
何を?

お片づけ!!!

本、雑誌、資料、書類、紙、紙、紙の山を
見るに見かねたノビオが、「捨てなさい!」と厳命。
最初は、絶対捨てられないと抵抗していましたが、
思い切って、「いいや、捨てても。」
と捨て始めたら、結構、ポンポン捨てられるようになりまして、
ずいぶんすっきり。
「これも、これも。」と出したそばから、ノビオが処分していき、
「えらい、えらい。」と褒められて、すっかり調子に乗せられてしまったようです。

掃除をしてきれいになると、運も向いてくるといいますが、
午後になって、
金沢から、和菓子が届きました。

指の傷もやっと皮膚が再生してきて、水も滲みなくなりました。
わたしは、明日から仕事納めです。

ichigodaifuku35 at 23:19|この記事のURLComments(0)

2007年12月27日

キーホルダー

3d46becd.JPG某空港の某店で、
このキーホルダーを見つけました。

これは、2006年2月に
デュッセルドルフのホテルの中のショップで
買い求めたものと同じものです。

ドルトムントで日本代表の試合があったので、
それを応援に行ったとき、
デュッセルドルフに滞在していたのでした。
雪が降って、
とても寒かったのは覚えているのですが、
肝心の試合のことは全く記憶になくて、

調べてみたら、
対戦相手はボスニア・ヘルツェゴビナで、2-2の引き分け。
得点者は、高原とヒデでした。


そういえば、
来年の1月のキリンカップも相手はボスニア・ヘルツェゴビナですね。

すでにに買ったキーホルダーを、なぜまた買ったかというと・・・
昨年の暮れ、横浜FCのイヤーエンドパーティのとき、
紛失した鍵をつけていたのが、このキーホルダーだったのでした。

あれから1年たちましたが、ついに出てこないままです。
ドイツワールドカップイヤーにドイツで買ったものだったし、
とても気に入っていたので、
これを見つけたときはとてもうれしかったです。

今は、すでに違うキーホルダーを使っているので、
これを使うかどうかはまだ未定。

昨日は、
これがなければ仕事ができない、という
命の次に大切なものを、どこに置いたかわからなくなってしまい、
本当に焦りました。

今日は、
ロッカーとスーツケースの鍵束が見つからず、
必死で探していたら、
ロッカーの鍵穴に差し込んだままにしていたらしく、
警備室で保管してもらっていました。

こんな調子では、また失くしてしまいそうで、
使うのが怖いですよね。

ichigodaifuku35 at 23:35|この記事のURLComments(0)

2007年12月26日

ひつまぶし

f3a373da.JPGまた、名古屋に来ています。

なんだか、からだがだるくシャキッとしないので、
ウナギでも食べて精をつけよう、
というわけで、
名古屋名物の「ひつまぶし」を。

満席で、15分くらい待たされました。

メニューは、
うな丼とうな重とひつまぶしの3つしかありません。
「ひつまぶし」を初めていただいたときは、衝撃でした。

お櫃に入ったごはんの上にウナギが乗っかっていて、
それを混ぜて、まず1杯めは、
普通にいただきます。

2杯目は、それにわさびと薬味を乗せていただきます。

3杯目は、それにダシをかけていただきます。


ウナギのお茶漬けなんて、誰が考えたのでしょうね。

おなかいっぱいになったようなならないような、
今ひとつ満足感を得られなかったので、
デザートにBABBIのジェラートを選びました。
ピスタチオとへーゼルナッツ。

これはきました〜!苦しい〜。

クリスマスを過ぎると、
日本では一挙にイルミネーションやツリーが撤去され、
お正月飾りに大変身。
その変わり身の早さにはびっくりします。

でも、ここのイルミネーションは、クリスマスに関係なく、
いつでも見ることができます。
風が少々強かったけれど、腹ごなしのお散歩にちょうどよかったです。

      


ichigodaifuku35 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2007年12月25日

イルミネーション考

b6699a4e.JPGきょうは江ノ島水族館へ行くことにしていました。
なのに、朝になって、
上野科学博物館のロボットを見に行こう、
とノビオが言い出し、
どっちにする?どうする?
と言っているうちに、だらだら時間が過ぎ、
とうとうどちらも行かずじまいでした。

10日ぶりの我が家だったし、
指は怪我しているし、
右腕はまだ痺れたままだし、
ちょっと休養が必要だったかもしれません。
(父の怪我は、3針縫っただけで、大したことはなさそうです。)

昨日の新聞に、
みなとみらいのライトアップのことが載っていて、
じゃあ、それを見に行こう、
と暗くなってから、出かけました。

ランドマークタワーと、日揮の3棟のビルのほかに、
その周りの高い建物もすべて全館ライトアップされていました。
近くに寄ると全体が撮れないし、
遠く離れると、ぶれるし、
なかなかうまい具合にいきません。

大桟橋には、ちょうど「あすか供廚停泊していて、
綺麗に電飾で縁取りされていました。


この季節、日本中、いや世界のいたるところで、
さまざまな工夫を凝らしたイルミネーションの芸術作品を見ることができます。
クリスチャンでもないのに、馬鹿馬鹿しいと思うことなかれ。

わたしも、商業ベースに乗せられて浮かれている日本人を見て、
苦々しく思っていた時期がありました。
聖夜なんだから、静かに御ミサにでも参加して、一年分の懺悔をする日に、
なんて考えていました。

でも、神戸のルミナリエを見てから、考えが変わりました。
連れて行ってくれたすみれちゃんがこう言ったのです。
「みんな、にこにこしてるね。」
そう言われて、周りを観察してみると、
大人も子供もみんなイルミネーションを見上げながら
笑っているのです。
ほんとにみんながみんなニコニコ幸せそうな顔をしているのです。
<2004年のルミナリエ>

阪神大震災でつらい思いをされた方々だけではなく
見る人みんなの心を暖かくさせるイルミネーションの力ってすごいなあ。

キリスト教と結びつけるからいけない。
一種のお祭りと思えばよろしい。
心がすさんでいる人は、街へ出て、光り輝くイルミネーションを眺め、
幼い頃の純真な心を思い出してほしいですね。
ひとりだって、いいんです。

幸せのあとは、腹ごしらえ。
普段着にすっぴんでは、おのずと場所も制限され、
中華街でラーメン食べて帰ってきました。




ichigodaifuku35 at 23:01|この記事のURLComments(0)

2007年12月24日

エビフリャア〜

21d28651.JPGずっと食べてみたいと思っていた
名古屋のジャンボエビフライ。
やっと、きょう、ここに実現しました。

地元ではとても有名らしく、
いつも長い行列ができていて、
なかなかいただくチャンスがありませんでした。

知多半島南部に民宿旅館を経営していて、そこの食堂の出店だそうです。
獲れたての車エビをフライにして食べさせてくれます。

どこにでもあるような普通の定食屋さんで
お店の名前も「○○食堂」。
ちっとも商売っ気&飾りっ気がないのです。

確かに、エビはでかい!
薄衣です。
でも、期待が大きかっただけに、
感動するほどおいしい、というまでには至りませんでした。
お刺身も歯ごたえがあり、新鮮。
とは言え、お魚はうちの方でもたくさん獲れますから。

きょうもまた、夜遅くまで拘束されるので、
今のうちに、ケーキを!

旭軒の「マンゴショコラ」

少し頼りない食感でしたが、クリスマスの雰囲気は味わうことができました。

そして!
クリスマスイヴ・ディナーは、これでした。
沖縄麺焼きそば500円。
こういうのもあり!ですかね。

ichigodaifuku35 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2007年12月23日

元気づけ!!

e098df04.JPGノビオとのやりとり:
「少しおとなしくしてた方がいいね。」
「元気が出ないよ。」
「元気が出なくて、ちょうどいい。」
「これから、分厚いステーキ食べてくる!」
「全然、弱っとらん。何も心配することはない。」

というわけで、
以前に食べそびれた知多牛のステーキ。
ランチは、サーロインしかなかったので、それの120g。

オードブルも山盛り

スープは撮るの省略しましたが、これが濃厚でおなかにたまり、
大したことないと思ったお肉も結構ヘビーで

もう、デザートは苦しい〜

夜は、ごはんを食べる機を逸するので
今のうちに(18時ごろ)・・・と思うのに、
まだおなかいっぱいで入らない。

それでも、無理やり、お寿司。
ウニがよかったのですが、
「ウニは、季節じゃないよ。
今の旬は、イクラだよ。」
と言われ、
イクラとカニだけ。ごはんはパス。
別に無理して食べることはないのに、やっぱり食い意地が張ってるのですね。
だから、太る。

それにしても、<天皇杯>FC東京、愛媛FC、どちらも残念でした。
愛媛は、川崎と力の差は歴然としているので、なんとかしのいで、
PKまでいければ、と思っていましたが、
守りきれませんでした。
長崎まで応援に行かれた東京の方々、お疲れさまでした。

ichigodaifuku35 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2007年12月22日

似た者親子

400890e2.jpg外はまだ真っ暗。雨が降っていました。
うちを出て、10秒もしないうちに、こけました!!
あっと思った瞬間、からだが宙に浮き、
前のめりにばったり。
膝を思いっきり打って、こりゃ切れたな、と思いながら、
電車の時間が迫っていたので、びっこを引き引き、
駅に到着して、傘をたたもうとしたら・・・
左手がこのようになっていました。やだ、何、これ??

トムに電話して、松山駅に救急箱を持ってくるよう頼み、
恐る恐るパンツの裾を捲り上げてみると・・・
膝はなんともなってませんでした。
ストッキングも破れてないし、出血もなし。
だた、痛いだけ。

問題は、この指。
これから仕事というのに、どうしよう。
傷は4箇所。
傷テープを貼ったら、こんな感じ。
ウ〜ン、微妙。

おや指となか指のちょうど関節のところの肉がえぐれているので、
指が曲がらないのです。

病院に行って、診てもらいましたが、
大した処置はしてもらえず。
上司と相談の結果、一応、ゴーサインが出ました。

あんな転び方をしたショックもあり、
ホテルに入ったときは、ぐったり。

きょうは、「冬至」。
農家に嫁いだ従姉妹が
新米、大根、白菜、柚子を段ボール箱に詰めて持ってきてくれていたので、
その中の柚子を1個だけいただいてきました。
今夜は、柚子湯につかって、さっさと寝よう、と思っていたら・・・。

イギーから電話があり、
父が足を怪我して、救急車で運ばれたらしい、と。
たまたま救急隊員のひとりが、イギーの同級生だったので、
彼がイギーの店に連絡をくれたのだそうです。
母に電話したら、
「大したことない。心配いらない。」の一点張りで、要領を得ません。
それから、あちこちに連絡したり、メールのやり取りをしたりで、
気がついたら、もう深夜でした。
ああ、疲れました。

同じ日に、怪我するなんて、
そそっかしくて間抜けな血統は見事に受け継がれているようです。

記念に(?)傷のアップを撮りましたが、
ちょっとグロテスクなので、
どんなもんか、見てみたい方だけ、こちらをどうぞ。続きを読む

ichigodaifuku35 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2007年12月21日

大漁

f371e0b0.JPGきょうはどんより曇り空で
とても寒い一日でした。

「たくさん鯛を釣ってくるよ。」
という予言どおり、
イギーは山ほどの鯛を釣ってきました。

こんなにどうするの??
数えたら、全部で25匹もいました。

隣り近所に配り、
MONTEさんやWAKOさんにも取りに来てもらい、
そこからまたあちこち配ってもらい、
やっとはけました。

本人は釣ることだけに楽しみを感じているようで、
あとのことはどうでもいいみたいです。



近所のお鮨屋さんに持って行って捌いてもらおうとしたら、
きょうはお休みだったようで、
母が、1匹だけおろしました。
鱗が大きいのにびっくり。

お刺身は、
とても柔らかく、甘い味がしました。
そして、なんと説明していいか、いい香りもしました。

お正月前に、もう一回行くそうです。
どんぶり館に持っていって、売ればいいのに・・・。

ichigodaifuku35 at 22:50|この記事のURLComments(0)

2007年12月20日

イルミネーション イン 三瓶

39c72b5e.JPGきょうは一日、キッチンの大掃除。
レンジフードは重労働でした。

WAKOさんに、温泉に誘われていたのですが、
もうぐったりして出る気になれません。

でも、隣町にイルミネーションの綺麗なところがあるらしい、と言われて、
すっかりイルミネーションフリークになったわたしは
ほいほいと連れて行ってもらうことにしました。

WAKOさんもよくはわからないけれど、
たぶん、あのあたりでしょう、
と、たどり着いたところは、
三角錐のイルミネーションがポツン・・・
「これ、だけ??」

MONNTEさんも、うちの母も、
「ああ、あそこのイルミネーションね。
あれは、だいぶ前から毎年やってるよ。」
と言っていましたが、どんなものかは教えてくれませんでした。

通りすがりの民家のイルミネーションの方が
ずっとゴージャスでした。

     
いやいや、でも、三瓶のも綺麗でしたよ。
WAKOさん、どうもありがとう!!

ichigodaifuku35 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2007年12月19日

イルミネーション イン 松山

bf51fc7b.JPG花園町のイルミネーションが綺麗だと
新聞に書いてあったのを記憶していたので
迎えに来てくれたブラザートムに
そちら回りで帰ってもらいました。

今年の主流はブルー系なのでしょうか?
青色発光ダイオードかどうかはわかりませんが、
そういうのが多いです。

ここ数日、
イルミネーションばかり追いかけていたので
明日は、
これでもか!イルミネーションをまとめてアップします。

ichigodaifuku35 at 22:27|この記事のURLComments(0)

2007年12月18日

イルミネーション イン 神戸

ac9f5cbe.JPG神戸泊まりが決まったとき、
すぐにすみれちゃんに
「今年もルミナリエに連れてって。」
とメールしたら、
「ルミナリエは前の日で終わっちゃうのよ。」

その代わり、すみれちゃんは
神戸の美しい夜景を眺めながら食事のできるレストランを
予約しておいてくれました。

三宮で待ち合わせして、
予約の時間まで神戸の街をぶらぶら歩きました。
お昼を食べ過ぎて全然おなかがすいてなかったので、
ちょうどよかったです。

神戸の街は横浜に比べて、憧れの街って感じがします。
おしゃれですよね。

中華街の門には、「南京町」と書かれています。

来年のチャイニーズニューイヤーのランタンフェアが
もう始まっていました。

やっと、元町のビルに到着です。
お昼間に一度連れて行ってもらったことがあって、
眺めのすばらしさに感嘆の声を上げましたが、
夜はもっとすばらしかったです。


窓に向かってカウンターテーブルがあり、
その美しい景色を眺めながら、
おいしいお料理をいただけるようになっているのです。
(この席をゲットするのは、至難の業らしいです。)

お料理は、湯葉・豆腐の専門店で、
本店は、久留米にあります。

おなかいっぱいいただいてもヘルシーなので安心。
すみえちゃんとは、違う世界を生きているので、
話していて、いろいろ勉強になります。

ルミナリエ観賞できなくて残念でしたが、
十分満足できました。

ichigodaifuku35 at 23:28|この記事のURLComments(0)

ビッグニュース イン 沖縄

16f5f113.JPG朝のお散歩もキャンセルして、ずっと寝てました。
おなかすいたなあ、
と思いつつ、起き上がれませんでした。

お昼にやっとごぞごそ起き出して、
チャイニーズレストランへ。

入り口に
新聞が置いてあり、
本日のスポーツ新聞の一面は「トルシエ」!!

FC琉球の総監督に就任したそうな。
なんで、また??!
という疑問は残りますが、
あのような熱い人が、今の飽満日本には必要なのかもしれません。

彼の来島で、
沖縄の人たちにもサッカーに興味をもってもらって、
応援してもらって
サッカーを好きになってもらったら、
そして、FC琉球が強くなったら、
すごいことですよね。

ランチは、
エビの味噌炒め、豚肉の野菜煮込み、チャーシュウと白菜の炒飯のあと
(写真は省略)
デザートに突入。
く、くるしい〜〜


ichigodaifuku35 at 12:28|この記事のURLComments(0)