2009年02月

2009年02月28日

レマン湖畔?

9f19db50.JPGお食事のあとは、湖の反対側へ。
きょうは本当にいいお天気で、ドライブ日和。
こんな天気は、久しぶりなんだそうです。

湖に突き出たハイカラな建物はコーヒーハウス。

昨夜、真っ黒な湖に映る街の明かりが
まるでスイスに来たようだなあ、と思っていたのでした。

本当に、レマン湖畔に佇んでいるような気分でした。
コーヒーもおいしかったし、
ケーキもおいしかったのですが、
話しに夢中になり、写真を撮り損ねました。

ゆったりした気分でいると、
時間もゆっくり流れていくのでしょうか。

鯛めし3杯お代わりして、ケーキまで食べてしまったわたしは
その後、全くおなかがすかず、
夕食はパスしました。
が、夜中におでんをテイクアウトしてもらい、
ねぼけまなこでいただいたのでした。



*「ゴンチャーロフ日本渡航記」イワン・アレクサンドロヴィチ・ゴンチャーロフ(高野明・島田陽 訳)

ichigodaifuku35 at 23:31|この記事のURLComments(0)

出雲の鯛めし

c20d5c74.JPGたっぷりお湯に浸かったあと、
しじみちゃんご夫妻が迎えにきてくれて、
ランチをご馳走になりました。

こちらでは、
鯛めしが有名なんだそうです。

宍道湖の見える素敵なところ。

どんなのかというと、
鯛の身をほぐしてそぼろにしたもの、
ゆで卵の黄身と白身をそれぞれみじん切りにしたもの、
それと小葱、大根おろし、わさび、海苔を
ごはんに乗せて、出汁をかけていただくのです。

「ちょっと、キャビアみたいでしょ。」とじじみちゃん。
ごはんにエッグヨークとは・・・。
それが合うんですよ〜、意外!

わたしは、これで、ご飯を3杯もいただいてしまいました。
おいしかった!

ichigodaifuku35 at 12:31|この記事のURLComments(0)

玉造温泉

734ac355.JPG前回、早く行き過ぎて失敗したので、
今回は時間を見計らって電車に乗りました。

駅前からバスが出ていて、
駅員さんに時間と停留所を確認。
「大丈夫、急がなくて。時間あるから。」
だって、あと1分なんですけど・・・・・・・・。

走って坂を下りましたが、
ああ〜、バスが目の前を通りすぎました!
30分に1本しかないのです。

仕方ない、歩こう。
川沿いの一本道を1繊RIMG0465
桜並木でした。春は綺麗なんだろうなあ。

まだ少し霧が残っていて、遠くは白く霞んでいましたが、
それほど寒くはありませんでした。

大きな温泉宿を左右に見ながら、
日帰り温泉に到着。

まるで、現代美術館のような建物。RIMG0479

朝いちだったので、入浴客は、わたしを含めて4人でした。
お風呂が円形になっているので、
露天風呂もカーヴしていました。
一番奥は、誰にも邪魔されず、秘密の隠れ家のようになっていて、
そこに長いこと浸かっていました。
お湯は少しぬるめで、とてもマイルドな感じ。
いい湯だなあ〜。

ichigodaifuku35 at 11:31|この記事のURLComments(0)

2009年02月27日

ちゃんこ鍋

0fd987e0.JPG出かける直前に
「すっごくおいしいちゃんこ鍋屋さんがあるよ。」
と教えてくれた人がいて、
では、行ってみましょうということになりました。

でも、週末の夜だったので、満席で断られ、
すっかりちゃんこ鍋モードになっていた我らは
別のお店で、無理やりちゃんこ鍋を食べることにしました。

ジャガイモチーズ揚げRIMG0455

いももちRIMG0458

松葉ガニの陶板焼きRIMG0459

宍道湖で採れた大シジミの酒蒸しRIMG0460

いよいよちゃんこ鍋。塩ちゃんこだそうです。RIMG0456

みんなで楽しくいただいて、さあ、最後の雑炊を、という頃、
衝立の向こうのテーブルで、ものすごい音がしました。RIMG0461
その後のようすから、推測するに、
酔っ払って居眠りしていた人が突然目を覚まし、
大きなテーブルをひっくり返してしまい、
隣りの全然関係ないグループの人たちにそれを全部ぶちまけてしまったようです。

それで、仲間の一人が謝りにきて、頭を下げて一件落着のようにみえたのですが、
どちらもお酒がはいっているので、うまく収まらず、
からんできたりする人がいたりして、だんだん声が大きくなり、
ちょっと危ない状況になってきました。

我らは、どうしたものかと考えました。
仲裁に入ったほうがいいのか、警察を呼ぶようお店の人に頼んだほうがいいのか!
そしたら、
「うるせーんだよ!!」
いきなり、我らの仲間のひとりが叫びました。
一瞬、全員がひるみ、しーん。

いつもニコニコ穏やかで、
声を荒げたり、怒ったり、絶対にするような人じゃないのに、
「こっちは、仕事終えて、疲れて、やっとゆっくり楽しんで食事してんのよ。
いい加減にしなさいよ!!」と怒鳴ったのでした。

でも、酔っ払いにはそれが通じず、
最後はやっぱり警察を呼んで、おまわりさんがたくさんやってきました。

お店の人は恐縮して、「すみません、すみません。」と
アイスクリームをサーヴィスしてくれました。RIMG0463

彼女の意外な一面を垣間見て、びっくりしたのですが、
「いちごさん、笑いすぎですよ。」と後輩にたしなめられるくらい、
わたしは笑いが止まらなかったのでした。
シラフだからお許しを。

ichigodaifuku35 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2009年02月26日

イギー作品集

37bc8cab.JPG午前中、母の再検査をしてもらいましたが、
すい臓の形がよくわからないと言われました。
まだおなかが少し痛いようですが、
食欲は出てきたようです。

腱鞘炎だったイギーも、また作業を再開しました。

高さ約50cm。底と、上部と2つに物を置くことが出来ます。

ちょっとわかりにくいですが、枝付きです。

高さが82cmもあります。

長さ42cm。

高さ66.5cm。3段です。

キャンドルをともすと、幻想的です。

枝付きで、中はくり貫いておらず、オブジェとして。

4段です。

微妙にアシンメトリーです。

底の部分がユニークなデザイン。用途は多様。


ichigodaifuku35 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2009年02月25日

梅日和

77e3d120.JPG梅が咲いて、お天気がいい日のことを
『梅日和』というそうです。

お昼まで起きてこなかった母は、
昼食のあと、
「お天気もいいし、犬の散歩にでも行ってこよう。」
と言い出したので、お付き合いすることにしました。

橋を渡って、運動公園の方へ行くと、
春の景色に出会いました。RIMG0403

点在する民家の庭には、梅の木があり、
それぞれの花を咲かせていました。

白梅

紅梅

しだれ梅

RIMG0407

畑の大根は、葉っぱが刈り取られ、地中から半分出されていました。
こうしないと、「ス」になるそうです。RIMG0415

これは???RIMG0417

もしかして、桜??


そのあと、二人で美容院へ行き、さっぱりした頭になりました。

散歩の途中で母が摘んできた花たち。
先日、酒蔵通りで求めた、有田焼きの手描きの一輪挿しに入れてみました。

ichigodaifuku35 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2009年02月24日

40年前のカレー

af0b26f4.JPG仕事が長引いて、飛行機に乗り遅れ、
最終便まで2時間以上待つことになりました。

ヒガシの連載記事が載っている週刊誌を買うため、
本屋さんに寄ったら、
『40年前の羽田空港で出していたカレーの復刻版』
という看板が目に入り、いただいてみることにしました。

クラシックビーフというのが、たぶんその復刻版なのでしょうが、
エビとマッシュルームのカレーもおいしそうだったので、
ハーフ&ハーフにして、ご飯は、十六雑穀米を選びました。
ビーフはちょっと甘いような気がしました。
エビの方が辛くて、ピリッとしていました。
サラダは、シーザーサラダ・カレー風味。

週刊誌を読みながら、コーヒーをゆったり飲んでいると、
急に混み始め、早々に追い出されました。

ichigodaifuku35 at 23:59|この記事のURLComments(0)

2009年02月23日

ひょうたん温泉

5177441f.JPGきょうはどこの温泉に行こうかなあ、
といろいろ考えていましたが、
ホテルから送迎付き、割引券あり、
ということで
行ったことのないアランさんのリクエストにより
ひょうたん温泉に決定。

まずは、砂湯へ。

入ってみてびっくり。無人・・・。RIMG0375
どうもセルフサービスのようで
自分で砂を掘って、自分で砂をかけるみたいなんですけど、
これがかなりしんどい作業で、
適当に掘って、寝て、かけたら、浅すぎて、砂に埋まりませんでした。

わたしのお気に入りは、なんといってもこの露天風呂。
なぜか、全然飽きないんです。
ほとんど独り占め。
至福の時を過ごしました。

中庭に、湯気の出ているコーナーがあり、
そこで、摘草まんじゅうを注文。
出てきたのは、大きな蒸しパンでした。

温泉入り口の右手に、離れがあり、家族風呂が4つほどあります。RIMG0382

バリアフリーと書いてありますが、
この石段をどうやって降りるのでしょう??

夕食は、もち豚シャブシャブ。
蕎麦屋にあるメニューで、RIMG0390
2人からしかオーダーできないので、今までいただく機会がありませんでした。
おいしいと聞いていたのですが、ほんとにおいしかったです!!

「もち豚」とはナイスなネーミング。
生ハムのように赤味のあるお肉で、
お湯に入れるとふんわりして、なんとも言えない柔らかな食感。
だしはそば湯で、たれはそばつゆです。
最後に、ざるそばも出てきます。
蕎麦尽くしの、ヘルシーなシャブシャブでした。

そのあと、大急ぎで、今度は、かっぱの湯に移動。
2時間たっぷり、骨盤の矯正&マッサージ。
阿蘇の天然水を2本一気飲みして
おやすみなさい

ichigodaifuku35 at 22:28|この記事のURLComments(0)

2009年02月22日

世界らん展日本大賞2009

4b83c56b.JPG毎年、東京ドームで開かれているらん展も、
今日が最終日。

ギリギリ滑り込みセーフ!

寒い日でしたが、
大勢の人(特にお年を召した方々)がいらしていて、大混雑でした。

今年も、豪華な蘭たちがたくさん!RIMG0314

孔雀。RIMG0313

真ん中の赤いのは、不死鳥。RIMG0317

こちらが、今年の日本大賞を受賞した
リカステ属ショールヘブン「ヨウコズ デライト」。 

某蘭愛好会のディスプレイ。

これは、胡蝶蘭の花びらすべてに、模様をプリントしたもの。RIMG0334

素晴らしい技術。

今年の目玉は、こちら RIMG0348
100年に1度の大発見と言われる、ペルーで見つかった蘭。
フラグミぺディウム属「コバチー」。

ノビオは、撤収作業をしなければならないので、
先に1人で帰りました。
そしたら、松山の後輩から「せとか」が届きました〜〜!


ichigodaifuku35 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2009年02月21日

美酒鍋

cc56432c.JPGまたまたやって参りました、
酒蔵通り。

前回は、「賀茂鶴」の1階の洋食だったので、
今回は、2階の和食、美酒鍋に挑戦。

その前に、少し街の中を散策しました。
古い町並みが残っていて、風情があります。
ちょっと、風が冷たくて、震えながらでしたけど。

あちこちに、井戸があり、
地元の人たちがポリ容器やペットボトルを自転車に積んで
水を汲みにきていらっしゃる姿をたくさん見かけました。
                                  <福神井戸>
<西條鶴>
ここで、発泡日本酒を試飲させていただきました。
こんな感じで、誰でも自由に好きなだけ、井戸水を!

酒蔵には、杉玉が下がっています。

<天保井水>
               <万年亀(まねき)井戸>


さあ、いよいよお食事タイムです!
まず、
小いわしの南蛮漬けと、地蛸のやわらか煮

じゃこと豆腐のサラダ

湯葉の山椒焼き

たたみいわし

でびら(かれいの一種)と蛸の唐揚げ

「美酒鍋」は、RIMG0297
すき焼き鍋に、まず、豚肉、鶏肉、砂肝を入れ、塩・胡椒で味付けして、
お酒をドバドバドバ〜と180ml3本くらい入れます。
そのあと、お野菜を。RIMG0299

アルコール分はきれいに飛んで、全く酒臭くありません。
生卵をつけていただきます。

最後は、海苔雑炊。
たいへんおいしゅうございました!

ichigodaifuku35 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2009年02月20日

裁判傍聴

860e0d86.JPG初めて、東京地裁というところに
行ってきました。

冷たい雨が降っていて、
かなり寒かったので、
サッカー観戦と同じ格好で出かけました。

終わった頃には、
雨も上がり、
(←)青空が広がっていましたけど。

こんなお天気だし、傍聴者は少ないのではないかと危惧していましたが、
とんでもない!!!!

人が溢れていました。
傍聴席が少なすぎます。
これでも一番広い部屋で、オウム裁判もここで行われたと聞きました。

人の命にかかわる裁判ではありませんでしたが、
被告側の弁護士には、はらわたが煮えくり返る思いでした。

休憩を挟んで、いよいよ相手側の尋問が始まると楽しみにしていたのに、
中に入りきれない人が大勢いるので、交代してくれないか、と言われ、
仕方なく、お譲りすることにしました。

終わるまで、地下のティールームでおしゃべり。
6月の対オーストラリア戦、メルボルンへ行く話しが出ました。
カヨコさんも行くと張り切っていらっしゃるようです。
みんなで行けるといいなあ。

ichigodaifuku35 at 22:01|この記事のURLComments(0)

2009年02月19日

お詫びもんじゃ

bb1bb9c5.JPG先日、LEGENDのコンサートを
どたキャンしたお詫びを兼ねて、
くみさんと、前々から約束していたもんじゃ焼き。

ナベ直氏もお誘いしたかったのですが、
今回は断念。

二人とも、『ダイエット』中。2009021919280000明日から改めて、再挑戦ということで・・・。







サラダ、野菜焼き、ソーセージ、たこ焼き、おもちと明太子もんじゃ、
に続き、これが2枚め、
イカ、エビ、そば、切りイカもんじゃ。

最後に、あんこ巻きと、
サービスのアイスみつ豆をいただき、
もう、ほんとに吐きそうになりました。
帰りは、寒さに耐えられなくなるまで歩きました。
く、くるしい〜、かった・・・

実は、きょうは健康診断の日で、
おなか周りを計られたとき、
「あれ、これ、前回のは間違ってますね。
きっと、ウエストを計ったのですね。
数字が違いすぎます。」と看護師さんに言われ、
(プロが間違うわけないっしょ!ウエストがこんな数字なわけないっしょ!)
「いや、当たってます。わたしが、太っただけです。」
「ええ〜、そうですか。すごく増えてますよ。」
(はい、はい、そうです、メタボ腹です)

とわかっていながら、食べてしまったのでした。

ichigodaifuku35 at 22:28|この記事のURLComments(0)

2009年02月18日

後ろ髪を引かれつつ・・・

e8af5db8.JPG母はやっぱり調子が戻らず、
食欲もなく、
おなかが痛い、しんどい、と言って
寝てばかりいます。

午後から看護師さんが来て下さり、
血圧は正常に戻っていましたが、
おなかが痛いので、さすってもらったら楽になる、
と甘えていました。

痛いところが、
今まではみぞおちだったのに、どうも下腹部のようなので、
看護師さんが、「これって、便秘かも?」
イギーがかかりつけの先生のところに浣腸をもらいに行ってくれて、
さあ、結果はいかに???RIMG0262
わたしは最終便で帰らなければならなかったので、
羽田に着くまでおあずけでした。

母曰く、
「バナナ2本分くらい出た。」
それでよくなってくれれば、笑い話ですむのですが・・・。


*「大盗禅師」司馬遼太郎

ichigodaifuku35 at 22:28|この記事のURLComments(0)

2009年02月17日

梅の花も縮む一日

67dbf944.JPG先週とうって変わって、メチャクチャ寒い朝。
雪が舞っていましたもの、寒いはずです!

一旦やみましたが、
お昼頃、またまた小雪が舞い始め、
太陽が出ていて、陽射しは明るいのに、
じゃんじゃん降ってきました。寒いはずです!!

青森から、りんごが届きました。
「サンふじ」(国光とデリシャスの交配で、無袋の蜜入り)。
愛媛みかんの品種改良もすごいけど、青森りんごも頑張っているなあ。

夕方、市立病院に行って、先生に詳しくお話しを伺い、
来週、再検査をすることになりました。

母の食欲がないのが気になるので、
今夜は餃子。
二人とも、たくさん食べてくれました。
よかった、よかった!

RIMG0251
ニコの鼻に、白いものがくっついていますが、あれはハニィに引っかかれた跡です。

ichigodaifuku35 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2009年02月16日

青天の霹靂

19f76480.JPG母の血糖値が異常に高いのを知り、
MONTEさんが
「市立病院に、いい先生がいるから、
もう一度ちゃんと検査してもらった方がいい。」
と言って、母を市立病院に連れて行ってくれました。
それが午前中のことです。

午後、松山へ向かう飛行機の中から外を眺め、
そう言えば、学生の頃、
帰省するたび、窓に顔をくっつけて、下界をずっと飽きもせず見ていたなあ。
そして、RIMG0230
大地はなんて広いのだろう、
それに比べて、人間はなんとちっぽけなんだろう、
と考えていたことを思い出していました。

松山に着いて、イギーに電話したら、
「『糖尿病と、すい臓癌の疑いがある。』と言われた!」
声は冷静でしたが、詳しく聞いても、全く要領を得ません。

当の母は、元気なだけがとりえだったのに、
しんどい、しんどい、と言って、食欲もなく、
ベッドで寝てばかり。

大変なことになりました・・・

ichigodaifuku35 at 23:28|この記事のURLComments(0)