2009年03月

2009年03月31日

喰い倒れの街

553e2d31.JPGおいしくても安くないと繁盛しないところ。
それは、それは、シビアなところです。

昨夜、あれだけ食べておいて言うのもなんですが、
実は、あまりおなかの調子がよくありません。

食べると、
おなかが痛い、というか、不快感が残るのです。
からだもだるい。


朝ごはんはパスして、午前中はゆっくり寝ていました。
が、やはり、おなかはすくものなのです。

ふらふらと街に出てみました。

焼きたてのワッフルを売るお店は、潰れていました。残念・・・

何を食べようか考えながら歩いていて、
ふとインド料理の店が目に止まりました。

インドでは、そのときの体調に合わせて、いろいろなスパイスを調合して
お料理を作る、と言うのを聞いたことがあります。

これだ!
今のわたしの疲れた胃腸にはスパイスの効いたインド料理!!

スープに、コールスロー、ビーンズカレー。
巨大なナン、もち米のようなライス。IMGP1483
ラッシーまでつけて、胃腸を刺激。   おいしかった〜。

そのあとは、公園をお散歩です。
ヘルシーな午後。

ichigodaifuku35 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2009年03月30日

ラーギョー

68cb4ae9.JPGラーメンと餃子をセットで食べることを
「ラーギョー」というそうです。

実は、これ、食事のあとなんです!!

本当は、例の、焼肉に行く予定だったのですが、
夜が遅かったのと、ちょっと遠かったので、断念して、近所の居酒屋に。

右のは、ゴボウのカレー味

うど

春野菜の盛り合わせIMGP1462

ホタルイカの酢味噌和え

色鮮やかなサラダ・箸をアクセントにとわざわざ出演!

お刺身盛り合わせIMGP1467

聖護院大根のミルフィーユ

新玉葱のフライ・オニオンリングだよ〜

出汁巻きたまご

すべてを平らげ、さあ、これからごはん物!
という場面。
でしたが、「ごはんがもうなくなりました。」と言われ、
ええ〜??!!!

仕方なく、
デザートの笹カスタードなるものをいただき、
やっぱり、どうしても最後に炭水化物を食べないと気がすまない、と
道路を渡った斜め前のラーメン屋さんに突撃したのでした。

あっさり味の醤油ラーメン。

さすがのわたしも、餃子は1個しか食べられなかったのに、
なんと、こっそり、ライスまで注文した人がいました!!
大阪人でしたが、
どうしても、ラーメンには白いごはんがなくてはならないそうです。

あっぱれ!

ichigodaifuku35 at 23:59|この記事のURLComments(0)

2009年03月29日

想定外

d168cf3d.JPG日産スタジアムへ行こうと秘かに狙っていたのに、
ノビオから、外出禁止令が出て、
渋々、スカパー観戦で我慢しようと諦めていたところ、
とんでもない!
いきなり仕事に駆り出されて、すべてパア。

「清香室町」のお菓子をいただきながら、
のんびりするつもりだったのになあ。

マリノスも、横浜FCも、愛媛FCも負けてしまって、がっくりです・・・
(FC東京は勝ちましたね!)



*「羊羹合戦」火坂雅志

ichigodaifuku35 at 22:37|この記事のURLComments(0)

2009年03月28日

FIFAワールドカップ南アフリカ アジア最終予選・なんとか勝てた≪日本vsバーレーン≫

57d4605a.JPGいろいろ忘れ物をして、
バタバタしながら出発したので、
スタジアムに到着したのは、もう夕暮れ。
キックオフの1時間前でした。

駐車場は満杯だったのですが、しつこく食い下がって、
無理やり止めさせてもらえることに成功!
あとで振り返ってみるに、
この時点で今夜は女神様が日本の味方をしてくれてたかもね、と
まあ、勝てば、なんとでも言えるのでした。

さっそくゲーフラの用意。
今夜はバーレーンのベンチ裏、最前列の席です。
ウォーミングアップをする我が息子。

今夜も頼んだよ〜。

バーレーン側に目をやると、そこには、
信じられない光景が!全員で記念撮影です。
何しに来たんですかぁ?観光ですかぁ??
まだ試合前ですよ〜。ワールドカップの予選ですよ〜。

余裕なのか、諦めなのか、訝しく思いながら、
外で調達してきた天丼、
お稲荷さんと太巻きをパクつきました。

いよいよ選手入場です。IMGP1432
日の丸のほかに、“ALL FOR 2010!”のコレオグラフィーが出現しました。

マチャラ監督は、カメラを持って、
ベンチの選手やスタッフの写真を撮りまくり、
国歌演奏の際には、このように、客席に向かってパチパチ。
IMGP1436
理解に苦しみます。
岡ちゃんがこんなことやったら、何を言われるか・・・。
もっとも、こんなことしようなんて、思いもしないでしょうが。

「君が代」は地元の小学生の合唱団。
このごろ、こういうのが多いです。地域密着でいいかも。
これを機に、サッカーファンが増えてくれれば。

蹴っても蹴っても入らないFK。IMGP1444

0-0のまま、前半が終わってしまいました。

ハーフタイムに、ネーブルを。

続いて、金沢から午前中に届いた桜饅頭。
春のお祝いのために使われる季節の紅白饅頭なのだそうですが、
わたしの人事異動を聞いて、「じゃあ、白だけにしとく?」と冗談を言われつつ、
送っていただいたお饅頭です。
かなり大きく、餡もずっしりで、
食べきらないうちに、後半が始まりました。

玉ちゃんが倒されて、また巡ってきた俊輔のFK。
まさか、入らないだろう、とのんびりしていたら、
「入った〜!」

「やった、やった、やった!!」とノビオが興奮して、
わたしの腕を掴んで揺するものですから、
まったりお茶を飲んでいたわたしは、あたり一面にお茶を振りまく羽目となり、
「なに、やってんのよ〜。」
コートやひざ掛けや、床の荷物に飛び散ったお茶を拭くことに追われ、
みんなと供に喜ぶ機を逸しました。

もうあと1点、流れの中から追加点を、と
たぶん全員が思っていたでしょうが、
残念ながら、その1点だけで終わってしまいました。

う〜ん・・・・
勝ったことはよかったけれど、もっともっと攻める姿勢が見たいですね。
IMGP1457
たくさん着込んで行ったので、寒さを感じることなく、観戦できました。
金沢にも、桜饅頭のご利益があった、とお礼のメールを出しておきました。
号外のトップは「日本、バーレーンを破る」でした。

ichigodaifuku35 at 23:57|この記事のURLComments(0)日本代表 

2009年03月27日

年度末

3601d085.JPG今年度もあと残すところ数日となり、
皆、悲喜こもごも。

ハッピーリタイアする人もいれば、
定年までもうわずかというのに、
泣く泣く移動を強いられる人もいます。

人生、いろいろですねえ。

きょうが今の所属での最後のお仕事だった金時ねえさんは
「ひとり帰って、お疲れさんのビールを飲むのはあまりにつらすぎる。」
とおっしゃり、ご指名にあずかりました。
夕方から美容院に行くつもりでしたが、予約が取れず、
ちょうどいいや、とお付き合いさせていただくことにしました。
                                     
ホタルイカの酢味噌和え、白魚のポン酢和え、平目の薄造り、焼きタケノコ

           煮穴子の炙り

                       ぶり大根IMGP1404

このあと、握ってもらいましたが、写真はパス。

わたしもまだ立ち直れないでいますが、
今夜は金時ねえさんの愚痴の聞き役に徹しようと思いました。

純粋で正直でまっすぐな性格は、
時として、争いの元となり、攻撃を受けやすく、
損することが多いとわかっていても、やはり、やめられない。

似た者どおし、からだに気をつけて、頑張りましょ

ichigodaifuku35 at 21:28|この記事のURLComments(0)

2009年03月26日

フレンチ イン 京都

fe42b8f0.JPG某デパートで、
金時ねえさんたちと待ちあわせ、
以前、
リラに連れて行ってもらったフレンチレストランへ。

まだ開店までにちょっと時間があったので、
すぐそばにある仏光寺を見学させてもらいました。

4月になると、しだれ桜がきれいに咲くそうですが、
今はまだ3分咲きくらい。


この狭い路地の奥に、レストランがあります。

店内が暗すぎてうまく撮影できなかったので、
以下は、UMIねえさんの携帯より転送していただいたもの。
果実酒(確か、梨だった)と、エスカルゴのコロッケ

スズキのミルフィーユ仕立て

丹波の黒豆、イベリコ豚、アイスプラント(プッチーナ)、黒大根、ホタテの酢味噌和え

コールラビの洋風茶碗蒸しと、カニのパイ包み

ルタガバー(黄かぶ)のスープ

UMIねえさんとわたしが選んだブイヤベース

金時ねえさんと里さんが選んだ和牛ステーキ(わずか60g)

デザート:フィナンシェとラムレーズンのアイスクリーム

デザート:ココアと日向なつのムース、ショコラ、苺のケーキ

久しぶりに揃ったメンバーとのお食事だったので、話しに夢中になり、
お料理の食材や料理法について詳しく説明いただいたのに、
ほとんどうろ覚えです。

舌の肥えたみなさんに、「まずい!」と言われたらどうしようかと少し心配でしたが、
とてもおいしいと喜んでいただけてほっとしました。
難を言えば、「量が少ない。」
御意!!

(後述:あとでメモが出てきて、
    ほど芋、しいたけスプラウト と書いてありましたが、
    今となっては、それらがどこに使われていたか、思い出せません・・・。)

ichigodaifuku35 at 23:28|この記事のURLComments(0)

ダニエル・オスト イン 金閣寺

35af238b.JPG花冷えのする午後、
大阪から阪急電車に乗って、京都に向かいました。

3日間限定で、
「花の建築家」と呼ばれるダニエル・オスト氏のインスタレーションが金閣寺で開かれているのです。

あまり時間がないというのに、
突然、電車が止まってしまいました。
「人身事故の影響でご迷惑をおかけします。」
ついてない・・・

烏丸駅に着いたのが16時。タクシーに飛び乗って、金閣寺へ。
正味10分の鑑賞タイム。

竹や花や枝を使った大掛かりなオブジェ。
日本人と全く違った感性の造りなのに、
和風家屋とぴったりマッチするのが不思議でなりません。

わずか3日間にもかかわらず、
中日のきょう、メンテナンス作業を余儀なくされる作品もありました。
IMGP1340
そこが、絵画や彫刻と大きく違うところです。
生は傷む、枯れる、崩れる、最後はなくなる・・・儚いものなのです・・・

内部は写真撮影一切不可だったので、
高い図録を買ってしまいましたが、
ダニエル・オスト氏のサインをいただくことができ、
(お話しはほとんどできませんでした)感動!!!

方丈の外から見えるオブジェIMGP1344
スティールグラスと思われます。IMGP1343

IMGP1337

春まだ浅く、手が凍えそうに冷たかった京都ですが、
来てよかった!


ichigodaifuku35 at 17:28|この記事のURLComments(0)

2009年03月25日

J2リーグ2009第4節・やっと勝ち点1ゲット≪横浜FC vs カターレ富山≫

3cd4a645.JPG雨の予報が出ていましたが、降られずにすみました。
でも、寒かった〜。
風が冷たかったです。

(←)今夜は、こんな感じのところに陣取りました。

選手入場にギリギリ間に合い、座ったところで、お食事タイム。

前回のおでんに味をしめ、
今回、保温バッグに入れてきたのは、具だくさんスープ。
冷蔵庫の中の残りものが何でも入っていて、
黒七味を振りかけると、とってもおいしくなりました。

デザートは、大磯・鴫立亭のマカロン。
サイコーのお味です。

なのに、ゲームはサイコーではありませんでした。
三浦淳のFK。IMGP1314
蹴っても蹴っても入らない・・・

何がいけないのでしょうね。
これ、けっこう重症かもしれません。
厳しいサポーターたちのいるゴール裏へ、
うなだれて向かう選手たち。

出口で愛嬌を振りまくる「フリ丸くん」!IMGP1321.JPG次は絶対勝つよね!!

ichigodaifuku35 at 22:53|この記事のURLComments(0)横浜FC 

2009年03月23日

お彼岸明け

c916dd00.JPGばたばたと慌しい中、
お墓参りに行ってきました。

ブラザートムがきれいに掃除をしてくれていて、
あとはお参りするだけだったので、
大急ぎで行くつもりが
父も母も行くと言い出して、時間がかかりました。
電車に間に合わない〜。

県立聾学校の桜。まだ三分咲き。

お寺は修復中で大変なことなってました。
DSCF2448

うちのお墓へは、左側に回って、細い山道を登って行かなければならず、
これは年寄りには無理。
代表して、わたし一人で拝んできました。

立派な本堂ができつつあります。DSCF2446
巨額な寄付を募り、莫大な費用をかけて造られています。

うちは年金暮らしの老人ですから、と言うと、
和尚さんが、「ローンで払えますから。」
寄付を分割して、ですか????
額が少ないと、あげていただくお経に差が出るのかしらん。

地獄の沙汰もカネ次第、ですものね。



*「人間失格」太宰治

ichigodaifuku35 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2009年03月22日

本日の愛媛新聞

bf20d857.JPGなんと、暫定ながら1位です。

『愛媛FC 白星街道』

「攻めて 開幕3連勝」


そして、次に大きな文字で、
「長友 攻守の要」 FC東京初勝利
「勝負どころ前へ 長友 決勝点の起点に」

気分のいい新聞記事でした。


*「チャリングクロス街84番地」へレーン・ハンフ編書/江藤淳訳


ichigodaifuku35 at 22:46|この記事のURLComments(0)

2009年03月21日

受難は続く

9f8836e0.jpgたらいうどんを平らげたあと、
ホテルのロビーでおしゃべり。
つい先ごろ、おしげさんの娘が結婚したので、
披露宴の写真を見ながら、楽しいひととき。

「あら、もう12時すぎちゃった、帰んなくっちゃ!」

ホテルの駐車場が満車で、
裏手の道路を挟んだセルフパーキングに車を止めた彼女は、
コインを入れて、バーを下げ、
「じゃあ、またね、あまり落ち込まないでね。」と言ったあと、
「あれっ、車の鍵がないっ!」

バッグの中のどこを探してもないっ!
大きなウサギのぬいぐるみがついているので、
すぐにわかるし、落とすはずがない、と言いながら探すのですが、
ないっ!
ホテルに戻り、ロビーを探し、フロントに問い合わせ・・・
うどん屋さんに行ってみたけど、ない!
食事した店はもう閉まっていて、真っ暗。

そこへ自転車に乗ったおまわりさんが。
事情を話し、一緒にお店のドアをたたいたり、
公衆電話ボックスでお店の番号を探して、電話をかけたり。
でも、返答なし。

そしたら、今度はうどん屋のおばさんが走ってきて、
そのお店の電話番号を書いた紙を届けにきてくれました。

「このビルの最上階に、大家さんが住んでいるから、
その人と話しができたら、お店の持ち主と連絡が取れるかもしれない。」
と教えて下さいました。

こんな夜中に、うろうろしていたら怪しまれるので、
おまわりさんに付き添ってもらって、3階まで上がり、インタフォンを押しましたが、
誰も出てきません。
01時を回っているので、普通の人ならもう寝てますよね。

諦めて外に出ると、
左側に鉄製の螺旋階段があります。
門を押したら開いたので、
おまわりさんと一緒に上がってみました。

その間、おしげさんは、ご主人や娘さんに連絡を取り、
合鍵のありかをチェック。

最上階まで登ったら、窓の明かりが見えたので、
「起きてるみたいですね。」と二人でにんまり顔を見合わせましたが、
不思議なことに、そのビルと螺旋階段は別物なのでした。

おしげさん曰く、
合鍵は、なくしてしまったようで、
もしかしたら、バンパーの裏にくっつけてあるかもしれない、
とご主人がおっしゃっているそうな。

じゃあ、駐車場に戻ってみよう。
「暗いとわかんないでしょう。懐中電灯がありますから。」
とおまわりさんがついてきてくださいました。

3人で、車の下を探しまくりましたが、ありません。

もしかして、道路に落としたのかも?
わたしは走って近所のコンビニに行き、鍵の落し物は届いてないかと
聞いてみましたが、ありませんでした。

本署には届いてないかなあ、とおまわりさんがおっしゃるので
かけてみましたが、ないとのこと。

日中はぽかぽか陽気であっても、夜はぐっと気温が下がって、ブルブルです。
ずっと外にいるので、からだが冷え切ってしまいました。

もう、このまま探しても無理だから、
今夜はこのままここに車を止めて、誰かに迎えにきてもらおう、
という結論に達しました。

おまわりさん、本当にお世話になりました!

娘さんはお酒を飲んでしまったあとだったので、
タクシーで実家に寄り、鍵を探して、
なんだか前の車のかもしれないような鍵を見つけて、
それをもってこちらに向かっている、ということなので
それまでホテルのわたしの部屋で待つことにしました。

熱いお茶を淹れて、二人で一息。

おしげさんは、すご〜く落ち込み、
「情けない・・・。
どうして、あんな大きなウサギがついているものを失くすのかしらん。」

気持ちはよくわかります。

種類は違うけど、今、わたしも落ち込んでるから、一緒の気分ね。

「着いたよ〜。」娘さんから電話があり、
慌てて駐車場に向かいました。
そのままタクシーで二人帰るはずなのに、運転手さんにお金を払っているから
どうしたのかしら、と思ったら、
「車、開きました〜!」

え、ほんと??
よかった!!!!!!
前の車の鍵だとばかり思っていたのに、それだったようでした。

ああ、よかった。
これで、明日の仕事に行けるね!

娘さん、「母がいつもお世話になってます。」とぺこりと頭を下げ、
自動販売機に走り、
熱い缶コーヒーを買ってきて、わたしに渡してくれました。
まあ、なんと気のつくいい子なんでしょう。
その気持ちがうれしいじゃありませんか。

その缶コーヒーを懐に入れ、
ホテルの部屋に戻ったら、02時20分でした。
「無事に帰り着いたよ。」とおしげさんから電話があったのが03時。

そのまま眠れず、朝を迎えてしまいました。
それはおしげさんのせいではなく、仕事のことです・・・。

ichigodaifuku35 at 08:28|この記事のURLComments(0)

2009年03月20日

遠島、申しつけらるる!

87e18952.JPGおしげさんを交えて、
みんなで楽しくお食事をしていました。

そこへ、先輩からメールが届きました。
春からの移動速報でした。

それを聞いて、菜々子ちゃん以外、全員、沈没

それぞれが嫌だと思っていたところへの移動でした。
わたしは1年で戻れると信じていたのに、
さらに「島流し」という憂き目に遭いました。

カメラもびっくりしたのか、
上の1枚撮ったあと、真っ暗になって写らなくなりました・・・。

なまこの酢の物と、焼き空豆2009032021200000

こちらでは、なんと言ったか、度忘れした魚2009032021200001

阿波牛2009032021480000

携帯に変えて撮っていましたが、
だんだんその気力もなくなってきました。
あとは、パス〜。

もうどうでもいいや!  
投げやり!!

最後にお店の人がサービスしてくれたデザート2009032022480000
暗くてわかんないとは思いますが、珍しいので撮ってみました。
チョコレートコーティングされた『フローズンわらび餅』です。
溶けかかったところを、召し上がりください、とのことでした。

2009032023220001そのあと、移動して、
「たらいうどん〜〜〜」。

おなかいっぱいのはずなのに、
これがつるん、と入っちゃうんですよね。

自棄食いに近いものがありました。

ichigodaifuku35 at 23:58|この記事のURLComments(0)

日当山(ひなたやま)温泉

55724039.JPGレンタサイクルで、春の中に飛び出しました。

陽射しは暖かいけれど、風は冷たいかなあ、
やっぱり、コートを着ていったほうがいいかしら、
手が冷たくなるから、手袋は絶対必要よね、
といろいろ思案して、
結局、厚手のカーディガンだけになりました。

川を超え

きれいに手入れされた
人家の庭の満開の花を眺めながら、RIMG0924

止まって、写真を撮りつつ、

可憐な椿

「おお、見事!」と思わず声を出し、しばらく見入り、

少し坂を登って白い桜を愛で、

迷子になって、人に道を尋ね、

やっと到着。

出かける服装に気を取られすぎて
お風呂セットを持ってくるのを忘れたことに、ここで気がつきました。
ああ、もったいない・・・
500円もするバスタオルまで買わされる羽目になりました。

最初に、岩盤浴(?)。
桜島の溶岩を使った花岩盤という石で、
5分うつ伏せ、10分休憩、15分仰向け、を2回やりましたが、
ほとんど汗が出ません。
水分を取りすぎて、苦しくなりました。

お風呂は、広く明るく、気持ちよかったです。
露天風呂は、小さかったけど、春の花がたくさん植えてあり、
少し冷たい風がそよそよ吹いて、ぼ〜としているのに最適でした。


借りた自転車。

ランチは、その名も「春の御膳」。RIMG0954
それぞれ、採れた食材の地域名を記してあり、新鮮そのものでした。

ichigodaifuku35 at 23:58|この記事のURLComments(0)

2009年03月19日

豆乳しゃぶしゃぶ

c5641bd5.JPGおいしい!と勧められ、
おでん屋に行ったみんなと別れて、
ひとり鍋。

もう、こちらにくることもないだろう
と考えての決断でした。

脱サラのご主人の手作り豆腐から作った豆乳に、
黒豚をシャブシャブ。
クリーミーなのに、さっぱりした感じ。
お野菜も地元で採れたものばかり。
添加物アレルギーの人が勧めてくれたので、安心&ヘルシーなのです。

豚足を茹でていて、
お店の常連から提案されたコラーゲンしゃぶしゃぶというのもあって、
スープだけ少し味見させていただきました。
このあと、カウンターに座っていたお客さんが、
「これで雑煮が食いたい!」とおっしゃり、
わたしもご相伴にあずかりました。おいしかったぁ〜。

最後は雑炊。
「ほんとに食べるの?」と言われながら作ってもらい、完食!
デザートに出てきたザボンを褒めたら、
「うちで採れたものだから、見栄えは悪いけど。」と言って
1個おみやげにいただきました。


ichigodaifuku35 at 23:57|この記事のURLComments(0)

春の宍道湖

a8053ca6.JPGホテルで、しじみちゃんと待ち合わせ、
県立美術館までおしゃべりしながらの、お散歩。
ぽかぽか陽気で、
しじみちゃんは薄手の七分袖シャツ。春の装い。

宍道湖には、しじみ採りの舟がたくさん出ていました。

その中の唯一の島、嫁ヶ島。

その左手に目をやると、
屋根に大きな穴のあいたような建物が。RIMG0892
これが、島根県立美術館です。

a6357541.JPGちょうど「フランス絵画の19世紀」展が
開催されていました。

意外と中身も充実していて、
当美術館が所有する作品も素晴らしいものがたくさんあったので、本当に驚きました。

2階のロビーにさりげなく大ぶりの彫刻があり、
近寄ってみると、「ロダン」
と書いてあったりします。

浮世絵の収集も豊富でした。

外庭に出てみると、湖に向かってウサギがたくさん。
どれかに触ると、幸せになれるらしいよ、としじみちゃんが教えてくれましたが、
どれかわからなかったので、全部にタッチしてきました。

宍道湖半の桜も、蕾が膨らんでいて、RIMG0903
湖の周りが、まもなく薄ピンクに染まるのでしょう。

ランチは、割子そば。

蕎麦湯が、どろ〜としていて、かなり濃厚。

場所を変えて、デザートをいただきながら、おしゃべりは尽きないのでした。


ichigodaifuku35 at 14:00|この記事のURLComments(0)