2009年12月

2009年12月31日

雪の大晦日

133c73cf.JPG朝起きたときは、普通だったのに、
いきなり雪が降り出して、
あっというまに積もってしまいました。

でも、そのあとは、晴れ間も出て、
大したことないかなあ、と思っていたのですが・・・。

また降り始め、そのあとはどんどん積もり、
風もビュービュー。RIMG0429
横殴りの雪に変わって、吹雪になってしまいました。

犬は喜び、庭駆け回り・・というのは、昔の話しで、
今時の犬は、猫のように丸くなる、です。RIMG0432


夕方になって、やっと止みましたが、
玄関の雪かきをしなくてはならないほど積もりました。
たぶん、10cmくらい。RIMG0435

イギー作の洋風年越しそばを食べた後、
完全防備をして、お寺に向かいました。

「み仏と共に」の新仏一年の法要行事によると、
大晦日の午後11時45分から、菩提寺にて、「除夜の鐘とお焚き上げ」とあるのです。

風はやみ、それほど寒くは感じません。
でも、道路が凍って、滑る滑る〜。
うちからは歩いて10分もかからないくらいですけど、
こんな夜に、遠くの人は絶対来られないだろうね、なんて言いながら到着したら、
ほんとに我らだけでした!RIMG0441
                 (この男性は、火の番をする人。)

本堂からは読経が聞こえ、
じきに和尚さんが出てらして、鐘をひとつゴォ〜〜ン。RIMG0442

そのあと、順番に鐘を撞かせてもらいますが、
係りの人が数珠で108を数えるそうで、
人がいないから、何回も撞いていいですよ、と言われ、
ガンガン撞きました。
煩悩により、犯した罪を心から懺悔し、108の煩悩をひとつでも悟りに昇華できるよう、心を込めて撞きました。
そのあと、お墓へ行ってみました。

風が強かったので、思ったより、積もっていませんでした。

お水を入れる器が雪で覆われ、風のいたずらで
いびつな形になっているのが愉快でした。RIMG0457

本堂からは明かりが洩れ、
除夜の鐘があたりに響いて
荘厳な大晦日の夜となりました。RIMG0463


ichigodaifuku35 at 23:58|この記事のURLComments(0)

2009年12月30日

ささやかなご褒美

288d0907.JPG今夜は、温泉に行こうと、
WAKOさんと前々から約束していました。

きょうも一日、大掃除。からだ中が痛いです。
WAKOさんも、
実家で餅つきの手伝いをし、疲れています。

夕食はイギーの餃子。ひとり40個は食べました。
(ダイエットはどうなった???)


どこの温泉にするかは、イルミネーションとセットで考え、隣り町のカロト温泉に決定。

朝霧湖畔のイルミネーションは定番ですが、
不況により、縮小されたそうです。RIMG0401

こちらはホワイトファームのツリーです。
朝霧湖の2倍くらい、かなりの高さがありました。RIMG0408
福山雅治の大ファンであるWAKOさんが、携帯にダウンロードした
「はつ恋」という曲を聴きながら、このツリーを眺めました。

年の瀬だから、みんな忙しいだろうと思っていたのに、
駐車場には車がいっぱい。RIMG0416
でも、我らが入ったら、どんどん人がいなくなり、じきに得意の貸し切り状態。
時間の読みがうまいよね、と二人でにんまり。

帰りに、WAKOさんが「コンビニに寄りたい。」
ペットボトルのおまけで、
坂本龍馬のフィギアの携帯ストラップがあるそうなのです。
来年の大河ドラマは、福山くんが龍馬役をやります。
なので、WAKOさんは、それがほしいと。
ありました!!RIMG0417
わたしは、アズキ味のコーラなるものに挑戦してみましたが、やはり、
思いっきりアーティフィッシャルフレーバー(人工甘味)でした。

ichigodaifuku35 at 22:28|この記事のURLComments(0)

山茶花、山茶花、咲いた道 ♪

a1fa2748.JPG今朝のお散歩は、朝食を済ませてから出たので、
時間を気にすることなく、
のんびりできました。

2匹一緒のお散歩は、コントロールが大変だし、
ルーが途中で動かなくなるので、
みんな嫌がりますが、
わたしは平気です。

彼らの思うまま、引っ張られて、
行き着いたところは、
運動公園のいつもの池。RIMG0361

閑散としていて、人っ子ひとりいないので、
リードをはずして、自由にさせました。RIMG0365

この山の頂上にはRIMG0366
黒瀬城址があります。
天正15年(1587年=秀吉が九州を平定した年)に、西園寺氏が築城しました。
残念ながら、遺構はほとんど残っていません。

2匹とも、おとなしくいい子で歩き回っています。RIMG0373

桜の木は、葉をすべて落とし、枝だけのさびしい姿となりました。
これはこれで、また風情がありますが、
春には、違った明るい風景となって現われてくれるのが
今から楽しみです。RIMG0381

吟行で、ここの鴨の見ながら詠んだ母の句がいくつかあったのですが、
ちょっと思い出せません。RIMG0378

なので、代わりに一句:
                 「冬池に 鴨ぬくぬくと 温まり」 慧可女 

ちょっと奥まったところがあり、RIMG0389
秘密の隠れ家のようで「涙型の奥池」と名づけようなんて、
ちょっと赤毛のアンの気分になりかけましたが、
いきなり大粒の雨が落ちてきて、
大急ぎで退散。
1人+2匹はずぶ濡れになりました。

午後からはふったりやんだり。とにかく、寒いです。

知人がビーグル犬のメリーちゃんを連れて遊びにきてくれ、
最初の10分くらいはルーもニコも吠えて吠えて大変でしたが、
じきに啼くのをやめ、3匹で追いかけっこを始めました。RIMG0397
ルーとニコにとって、
他の犬と遊んだのは生まれて初めての体験でした。
近所に、ドッグランがほしいです。

ichigodaifuku35 at 15:19|この記事のURLComments(0)

2009年12月29日

今日も大掃除

bed8fd99.JPG明日は雨になるそうなので、
今日のうちに外回りのお掃除を!

きょうも寒くて、気温が上がりません。
必死で玄関を洗ったり、すす払いをしたり
震えながら大掃除をしているのに、
ハニィちゃんたら、
ガラスクリーナーを枕に、ぼろ布を布団にぐっすり!!

思わず、作業の手を止めて、カメラを取りに走りました。

「ハニちゃんに 道具とられて 窓拭けぬ」 慧可女

ichigodaifuku35 at 23:00|この記事のURLComments(0)

2009年12月28日

2009年10大トピックス

きょうは、キッチンの大掃除で一日が終わってしまいました。
昨日と打って変わって、めちゃくちゃ寒くて、北風ピューピュー。
今日が「みんま」じゃなくて、本当によかった!!助かった!!

2009年は、私にとって、公私ともに試練の年となりました。
そんな中、サッカー観戦は
気持ちの切り替え、ストレス解消(新たなストレスも生まれましたが)、
勇気と元気をもらえる大切な時間でした。
全ての方々に感謝!!

.檗璽肇┘螢競戰后14NOV)
IMGP5176
場所が遠かったのと、道中、いろいろ苦労したので、
やはり今年はこれを一番にあげさせてもらいます。

▲Ε坤戰スタン(06JUN)
RIMG0338
ここも、初めてのところだったし、
それになにより、ここでワールドカップ出場一番乗りを決めた場所ですから。

オランダ遠征(05−9SEP)
IMGP4420
オランダ戦は、本当に不覚でした。もうちょっと慎重に事を進めていれば・・・。
2試合連続未観戦は、初めてかも!

 
ぅ弌璽譟璽鵝28JAN)
RIMG0796
新年早々、いきなりの敗戦・・・。アウエイでの負けは、本当につらい!くやしい!!

ネづ團粥璽襭悖(31MAY/15JUL/26SEP/08OCT)
今シーズン、佑都君は、4ゴールを決めました!
偶然にも、すべてこの眼でみることができたのは、ラッキーというほかありません。

*キリンカップ(vs ベルギー in 国立)
インタビューを受ける佑都くん。RIMG0105

*ナビスコカップ準々決勝第1戦(vs 名古屋グランパス in 味スタ)
抱き合って喜ぶ佑都くん。IMG_4955

*J1リーグ第27節(vs ジュビロ磐田 in 味スタ)
このあと、ロスタイムに佑都くんのクロスを赤嶺くんが豪快なヘディングシュート。
劇的な逆転勝利をおさめました。

*AFCアジアカップ2011カタール予選(vs 香港 in アウスタ)
インタビューにも余裕が出てきました。RIMG0892


Ε好欧舛磴鵝04FEB)

ついに、横浜FCから、日本代表が出ました!
元代表は、掃いて捨てるほどいましたが、生え抜きからのフル代表は、初の快挙です。
(とは言え、現所属は、柏ですけど。)

vsオーストラリア戦 in メルボルン(17JUN)

最後まであがきましたが、行けなかった・・・。
無念の、テレビ観戦となりました。また一から出直しです。

7月以来、16ゲーム負けなし。
オランダ戦と、オーストラリア戦を見逃したおかげで、
7月以来、16戦観戦しましたが、負けを経験することはありませんでした。

今年の観戦数は、トータル31ゲーム。
代表戦15、横浜FCが6、FC東京が5、愛媛FCが3、横浜Fマリノスが2でした。
特に横浜FC戦は、51ゲーム中、11回しか勝ってないのに、
6ゲーム観戦して、3勝2敗1分。RIMG1218
来シーズンは、もっともっと三ツ沢へ行かなくっちゃ!

佑都サイン、佑都ブック
b8256a3f.JPG←コアラちゃんがもらってきてくれた
お誕生日祝いの
メッセージ色紙と

苦労に苦労を重ねて完成した
「いちごママの日本代表遠征記録」は
我が家の家宝です。→ 

玉春日(20MAY)
IMGP1884
愛媛FCは、今シーズン、3ゲームしか観戦できませんでしたが、
この日は、引退した玉春日が応援に駆けつけてくれ、
地元愛に浸ることができました。
望月監督の突然の解任(14SEP)は、本当に残念でなりません。


以上、2009年いちご大福が選んだ10大トピックスでした。
2010年は、ワールドカップイヤーです。
わたしにとっては、3回目になります。
どんなドラマが待っているのでしょうか。
今から、わくわくどきどきしています。がんばれ、ニッポン

ichigodaifuku35 at 23:59|この記事のURLComments(0)

2009年12月27日

「みんま」

5c5eeac4.JPG「みんま」とは、
12月の巳(み)と午(うま)の日に、
今年亡くなった人の供養をすることで、
「巳午(みうま)」がリエゾンして、
「みんま」と発音します。

ネットで調べてみると、

‘酲鳴時代、北朝についた伊予の軍勢が、
 北の方に追いやられ、最後は雪の中、自刃したため、
 さぞかし、故郷で家族と一緒にお正月を迎えたかったであろうに!
 と悲しんで、供養をしたのが始まりだという説。

∪鏐饂代、高縄半島で活躍した勇猛な武将たちの出陣の祈りで、
 生きて帰ってこられないかもしれないお正月を一足先に祝ったという説。

秀吉の朝鮮出兵の帰途、
 高浜町の海岸で戦死した兵士たちを弔うため、
 餅をついたのが始まり、という説。

理由はどうあれ、
これは、愛媛県だけに残る新霊のお正月を祝う法要らしく、
県内でも、地域によってかなり違うようです。

BlogPaintお墓の花立てには松を立て、
それを左回りでなった縄を渡します。
昨日、叔母が用意してくれました。

「み仏と共に」という手引き書をいただいていて、
それを見ながら、準備をするのですが、
読んでも意味不明なことが多くて・・・。

お寺で、お坊さんにお経をあげてもらい、
お墓に移動して、また拝んでもらいます。

一升の丸いお餅を藁であぶり、

BlogPaint         それを二人で後ろ手に持ち、
         鎌で半分に切っったあと小さく分けて、
         みんなでいただく、という
         ものすごく特異な行事でした。

「み仏と共に」を読んだとき、
こんなこと、ほんとにするのかしらん?と半信半疑でしたもの。

そのあと、親戚一同揃って、ランチ。
デザートは、これ。
ちょっとしたサプライズ。

従姉妹のお誕生日が近かったので、
一緒にみんなでお祝いすることにしたのです。
おめでと〜!!BlogPaint

ichigodaifuku35 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2009年12月26日

天使の階段

ad1676c9.JPG松山行きの飛行機が2時間遅れました。
ブラザートムが迎えに来てくれて、大急ぎ。
明日は、母の法要があり、
お墓のお掃除をしておかなくてはなりません。

途中で、薄明光線がきれいに見えました。
「天使の階段」と呼ばれているそうです。

なるほど、母が天国から降りてくるため、
神様がわざわざこしらえてくれたものなのかしらん、と思ってしまいました。

先日、霊感の強い人からこんなことを言われた、という人の話しを聞きました。
「お宅の仏壇には、お供えするものが、水と乾き物ばかりで
たまには甘いものが食べたい、とご先祖がおっしゃている。」と言われ、
慌てて実家に電話をしたら、
確かにお水とおせんべいしかあげてない、ということがわかったそうです。
そして、会いたいなあ、と思うと、必ずすぐそばに来てくれている、
そういうものなのだそうです。

信じる、信じないは別として、毎日の勤行の励みになります。

移動しながら、長いこと見えていました。RIMG0272
飛行機が遅れなければ、この光景には出遭えなかったわけですから、
何か運命的なものを感じます。

お寺には、もう梅の花が咲いていて、
これもまた、いいように解釈すれば、母の霊魂の歓迎を表わしているように思えました。RIMG0273
ものは考えよう。
なんでもいいように思えることは幸せな証拠です。

ichigodaifuku35 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2009年12月25日

メリークリスマス!

82c55fa4.JPG昨夜、帰り道でケーキ屋さんを見つけ、
勢いで買ってしまいました。
そして、夜中に目が覚めて、食べちゃいました。
体重計に乗るのが恐い
綿あめを買った人も、「朝起きてすぐ、ムシャムシャ。」
大好きなんだそうです。覚えていたのか!

イエメンヴィザは、きょうの16時が期限。
ノビオに頼もうとしましたが、
「行けなきゃ、取らなきゃいい。イエメンなんか行かなくていい。」とつれない。
スケジュールが変わって、なんとか間に合いそうになったので、
制服の上に、コートをはおって、ダッシュ〜。
広尾駅より、六本木駅の方が早く行ける、と駅探で出たので、
それを信じたら、駅の中で迷子になってしまいました。
きょうは、暖かいらしく、汗がダラダラ出てきましたが、
コートを脱ぐわけにもいかず・・・。
ものすごい速足で、辿り着いたのは12分前!
例の『感じ悪い女性』が、
「お待ちしてました。お電話したんですよ。間に合ってよかった!」
と満面笑みで、パスポートを返してくれました。
笑うと、可愛いじゃありませんか。
「良いお年を!」と言って、送り出してくれたんですよ。
なんか、いい気分。

そのまま歩いて、青山通りに出て、表参道へ。RIMG0197

ちょっと早かった。まだ明るすぎ。RIMG0195

イルミネーションが眺められるティールームでお茶をしながら、
日が落ちるのを待つことにしました。RIMG0207

やっと辺りが暗くなってきました。RIMG0209

11年ぶりに復活のイルミネーション。RIMG0215
以前、車で通ったことがあったのですが、
それは11年以上前ということになるんですね。
これは新しいデザインなのでしょうか。RIMG0217

赤い建物は、某ブランドビル。RIMG0221
ブランド店の数の多さと、その建物の立派さに驚きました。金満ニッポン!

両側のケヤキを撮りたかったのですが・・・、なかなかむずかしい。RIMG0234

ライトは発光ダイオード。RIMG0246

ケヤキの木を傷めないため、
直接巻かないようにしてあるそうです。RIMG0251

大急ぎでうちに帰り、夕食は、残り物のおでん。
クリスマスプレゼントはなし。
クリスマスケーキもなし。
和三盆のクリスマス用干菓子と
いただいたチロルチョコで乾杯。RIMG0258


*「雪のひとひら」ポール・ギャリコ(矢川澄子訳)

ichigodaifuku35 at 22:46|この記事のURLComments(0)

2009年12月24日

聖夜前祭

9e95ba69.JPG商店街のアーケードでこんな看板を見つけました!

来シーズンから、
「ギラヴァンツ北九州」と名を変えて、
J2の舞台に登場です。

小野信義はまだいるのだろうか?
とHPをのぞいてみたら、いた、いた!!
水原大樹もいた、
藤吉信次なんていう人までいた!!

「マモーレ水原」は、JFLのベストイレブンに選出されたんですって。
まだまだやれるんだなあ。

でも、残念ながら、小野信義は今期限りで引退。
せっかく長いことここでがんばってきたのに、昇格と同時にやめるなんて、
もったいないし、悔しいですね。

藤吉もこのチームを去るみたいです・・・。

なんだか、暗い話しになってきましたが、
今夜は、クリスマスイヴ。明るくいきましょう〜

まずは、前菜から。

胡麻鯖。さっぱりしていて、おいしい〜。

イカの活き造り。RIMG0138
昇天したイカさんに、みんなで手を合わせてから、いただきました。
まだ昇天しておらず、盛んに動いていました。
白子の揚げ出し。こんなの、うちでは絶対作れない。

ざる豆腐サラダ。下の方にお豆腐がたっぷり隠れていました。

白子しゅうまい。

先ほどのゲソを塩焼きにしてもらいました。

出し巻きたまご。

トマトグラタン。トマトとチーズって本当に相性がいいです。

石焼きそば。まるで、ビビンバ。

海鮮焼きうどん。

デザートはキャンセルして、夜の街に繰り出しました。

某デパートの正面は、ハロッズ顔負けのイルミネーション。
きれい〜。明るい〜。RIMG0154

感動〜。RIMG0160

さらに進むと、紫川に出ます。RIMG0162

ジャ〜ン!!RIMG0164

鴎外橋に光のトンネル。すごい!!RIMG0170

光のトンネルを川向こうから眺めたところ。RIMG0172

リバーウォーク内。RIMG0174

竹筒にキャンドルをともした
竹灯篭。RIMG0176

敷地内を一周してくれる
イルミネーショントレイン(1回300円)。RIMG0178
乗り込もうとしとら、「あちらへ。」
暗闇の中に長蛇の列ができていて、諦めました。

いきなり走り出して、
綿アメを買った仲間。RIMG0179
そんなもん買ってどうするの?
たぶん、翌朝目覚めて、ぺしゃんこになった袋を前に、何これ?
と考え込むに違いありません。きっと、覚えていない!

サンタさんの家。巨大な風船です。RIMG0180

広場には、これまた巨大なツリー。RIMG0181

その隣りに噴水があり、
コンピューター制御の華麗なショーが始まりました。RIMG0184

思いがけず、ゴージャスなイルミネーションに出逢えて、ラッキーでした。
クリスマスイヴを満喫できました。RIMG0185



*「モリー先生との火曜日」ミッチ・アルボム(別宮貞徳訳)

ichigodaifuku35 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2009年12月23日

山手イタリア山庭園

6042f273.JPG午前中はまだ頭が痛かったのですが、
お昼ごはんを食べたら、治りました。

またまた三浦のマグロは夢と消え、
夕方から
クリスマスイルミネーションを求めてバスに乗りました。
きょうはとても暖かく、お散歩にちょうどよい感じ。

到着したところは、山手イタリア山庭園。(石川町から歩いて5分。)

キャンドルが延々並べられており、幻想的。
そのひとつを蹴って、明かりを消してしまった人あり! →ノビオ
(本当は、わたしが蹴ったらしいのですが、わたしは気付かず、
 それを直していたノビオが蹴った、と信じて疑っていません。)

人出も多く、
アマチュアカメラマンが大きなカメラと三脚を持って大挙してました。

ブラフ18番館。RIMG0049

放射状に伸びたキャンドル。RIMG0058

ハートをかたどったキャンドル。RIMG0065

水路をアーチ型で渡していくつも並べたキャンドル。RIMG0073

みなとみらいの夜景。RIMG0080

ベイブリッジとマリンタワー。RIMG0081

シャッタースピードを遅くしたら、
芝生のグリーンが鮮やかに出ました。RIMG0090

本当は、こんな感じ。RIMG0097

外交官の家。RIMG0098

ライトアップされていてきれい。RIMG0105

園内を一周して、ブラフ18番館へ戻ってきました。RIMG0111

石川町駅前の、クリスマスツリー。RIMG0112

元町の入り口。RIMG0117

中華街の中の関帝廟。RIMG0123

中国のお正月は、まだまだ先なのに、
ものすごく賑々しく飾ってありました。RIMG0126

その近くのレストランで、夕食。

杏仁豆腐までいただいて満足。
ノビオはちょっと足りなかったみたいでしたけど。

ichigodaifuku35 at 21:46|この記事のURLComments(0)

2009年12月22日

冬至

128b0e0e.JPG午前中、
イエメン大使館へヴィザを申請に行ってきました。
ネットで見ると、
「受付の女性が感じ悪い。」というコメントが幾つか出ていましたが、
前回わたしが行ったときは、
男性で、やさしい人だったなあ。

インターホンを押すと、
「どうぞ!」という女性の声。

書類に目を通して、「はい、結構です。6000円。」と言われ、
1万円札を出したら、「お釣りがないんですけど。」「・・・。」
仕方がないので、「では、くずして参ります。」と言って、外に出たものの、
銀行はないし、コンビニも見当たらないし、
アマンドに入って、洋菓子の箱詰めを買う羽目になりました。

「出来上がりは、25日です。」
「あの、その日は仕事で来られないのですが、年末はいつまで開いてますか?」
「お預かりは致しておりません。25日にいらしてください。」とぴしゃり!

彼女のことを、「感じが悪い」と思うのは勝手ですが、
腹を立てようが何しようが、圧倒的に向こうの方が立場は有利なわけで、
素直に言いつけに従わないと、イエメンには入国できないのです。

大急ぎで横浜まで戻って、市大病院へ。
おなかペコペコで目が回りそうなのに、
アマンドのお菓子を食べることはできません。
午後から、検査があるので、物を食べてはいけないのです。

腎臓の血液の流れの速さを調べるのと、腎臓の左右の大きさを比べるのと、
その他の臓器のようすを調べます、と言われました。

あまり寝ていないので、猛烈な睡魔に襲われ、
「はい、息を吸って。」という声で、はっと我に返り、
「はい、楽にしてください。」という声で、目が覚め、のくり返し。
「長くかかってすみませんでしたねえ。」とは、それ、皮肉だったのかも??

きょうは穏やかで暖かい日だったので、
帰りに、金沢八景で降りてみました。
琵琶島。RIMG0022
北条政子が、琵琶湖の竹生島から勧請した弁天様を祀ってあるそうな。
鳥居の脇に、説明書きがあって、それによると、
この琵琶神社からの眺めは、
金沢八景のひとつ「瀬戸の秋月」と言われているそうです。

美しい松並木。RIMG0032

囲ってある柵には鍵がかかっていて、
お賽銭はあげられませんでした。

琵琶島の道路を挟んだ真向かいには、瀬戸神社があります。RIMG0034

源頼朝が、鎌倉幕府を建てる前に造った神社だそうです。

裏山は、岩のような壁面が迫っていて、
中をくり貫いて祠ができていました。

市指定の古木3本。RIMG0039

帰り際に、どこからか三毛猫が出現。RIMG0042
「ミケ〜。」と呼ぶと、こちらをちらっと見ました。

初詣の準備、RIMG0043
着々と進んでいました。

上大岡に寄って、本をたくさん買い込んだら、それが重かったせいか、
頭が痛くなり、しばらく横になっていました。
きょうは冬至。ゆず湯に入らねば〜。
叔母にもらったゆずを入れ、暖まりましたが、頭痛はまだ消えません。


*「のはなし」伊集院光

ichigodaifuku35 at 23:56|この記事のURLComments(0)

2009年12月21日

宿題

1b7d572f.JPG忘年会がお開きになったあと、
待たせに待たせたYUさんにマッサージしてもらい、
終わったのが2時でした。

今回は、
どうしても終わらせないといけない宿題を抱えていて、
                   午前中にすませるつもりがブログ作ってたら、お昼!!
大急ぎでごはん食べて、
でも、コーヒーはゆっくり飲んで、
さあ、開始。

時間があったら、ダラダラやったと思いますが
(時間があったのに、ここまで延ばし延ばしにしてきたのは誰?)
切羽つまっているから、集中〜。1時間で完成。
こんなのでいいかどうかわからないけれど、
とにかく提出することが一番の目的だから。(たぶん、すぐに返されると思います。)

上司との面談も終わり、
ああ、これで今年もなんとか無事でした。

来年早々、資格を取るためのお勉強がまたあるので、
気を抜かず、しっかり予習しておかないといけません。

ichigodaifuku35 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2009年12月20日

忘年会

57a7643a.JPG「22時過ぎに行くから、
おいしいもの用意しておいて〜。」
こんな時間から、管理職を交えての宴会です。
歩いて10分弱のところなのですが、
めちゃくちゃ寒くて、風も吹き、
軟弱にもタクシーに分乗して、出発。

ちょうどぴったりのタイミングで、お刺身の大皿が出てきました。

刺身皿の左隅にいる黒いのは、オコゼ。
小鉢は、今がシーズン。なまこの酢の物。RIMG0008

クエのカブト煮。RIMG0009
大皿は、どれも一抱えほどある大きさです。

続いて、唐戸河豚鍋。RIMG0010
大食漢の我らでさえ、歓声をあげたほど、山盛り。

左の棒のようなものは、
鰺のすり身を竹筒に詰めたもの。RIMG0011


最後の雑炊も大量で、悲鳴を上げました!RIMG0013

デザートは、もらいもの、と言われてでてきたイチゴ。
小粒ですが、あま〜い。RIMG0014

これらを平らげるのに3時間かかりました。

あと1000g減で目標達成できるところまで来ていたのに、
ちょっと後退したかもしれません。

ichigodaifuku35 at 23:59|この記事のURLComments(0)

2009年12月19日

招福

d5f1dbdb.JPGクリスマスカードの代わりに
「季節のご挨拶」を郵送したら、
たくさんの方々から、
お電話、メール、お葉書、お手紙等を頂戴しました。
皆さん、心のこもった暖かいお言葉をかけてくださり、
本当にありがたく思っています。

きょうは、あちこちから荷物が届き、
伊豆のダイビング仲間からは「招き猫」。でかい!!
彼も、昨年、おとうさまを亡くされ、
今年は、叔母さんを見送り、
2年連続で、暗い年の瀬を迎えることになったとか。

「ネットで可愛い『招き猫』を見つけたので、思わず買い求めてしまいました。
同じものを送るので、一発、にこっと笑ってみてください。
  ―笑う門には福来る―です。」と書いてありました。

小さな猫がたくさんくっついていて、可愛い〜、
と思わず、顔がほころんできます。

それほど落ち込んでいるわけでもありませんが、
「笑顔がいっぱいになるよう祈ってます。」なんて、
その気持ちがうれしいじゃありませんか!

大掃除をしなくちゃ、と思いつつ、
パソコンの前にすわって、一日が終わってしまいましたが、
いただいた、かりんとうや、えびせんべいについつい手が延び、
おなかをこわして、お粥を食べているノビオさんには申し訳ないけれど、
やっぱり、食べられるってことは、幸せなんですよ。

皆様にもたくさん福が訪れますように!!


ichigodaifuku35 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2009年12月18日

クリスマスコンサート

14b02241.JPG横浜の某学校法人の
クリスマスコンサートがみなとみらいで行われ、
TOMTOMが
お付き合いしてくれることになりました。

でも、わたしは健康診断があり、17時半まで拘束。
ダッシュして向かいましたが、遅れました〜。

第一部の
幼稚園児の賛美歌、中高生のハンドベル、
小学生のトランペット隊は見逃しましたが、
児童、中高生による聖書の物語劇と朗読には間に合いました。

キリスト教徒の多い国では、クリスマスになると、
こういう催しがあちこちで開かれますが、
日本で観たのは初めてです。
なかなか敬虔でよろし!!

最二部は、
学院のOB、保護者、職員等が自発的に集まった聖歌隊が
ヘンデルのメサイアを合唱。
伴奏は、古典音楽協会室内合奏団です。
ソプラノ歌手の独唱もありました。
「ハレルヤ」は、高校のとき、我らも定期発表会でやったことがあり、
自分のパート部分を思い出して、鳥肌が立ちました。

最後に、みんなで「きよしこの夜」を大合唱して、終わりました。

外では、AKIちゃんご夫妻が待っていてくれました。
きょうは、AKIちゃんのお誕生日で、ご夫婦でバースディディナーを終えたところ。
なのに、
我らに付き合ってくれました。
ご主人は、「3人で積もる話しもあるでしょ。どうぞ、ごゆっくり!」とおっしゃり、
先にお帰りになりました。

「薬膳不老長寿鍋」を目指していたのですが、
予約がいっぱいで、直接来てみてください、と言われていましたが、
やっぱりダメで、そのあと3軒、断られました。
やっと、シャブシャブにありつくことができました。

うどん屋さんだったので、最後はこしのある山盛りのさぬきうどん。

AKIちゃんは、ジンジャーエールと冷やしトマトだけで、
フィギアスケートの裏話しをいろいろ聞かせてくれました。
あっというまに閉店の時間となりました。

ドックヤードのイルミネーションは
幻想的でした〜。RIMG0052



*「老人と海」へミングウェイ(福田恒存訳)

ichigodaifuku35 at 23:59|この記事のURLComments(0)