2010年04月

2010年04月30日

“PEACE DOVE” (平和の鳩のブローチ)

9f316e48.JPG今や、立派な実業家となった
HONEYさんからプレゼントされた
「鳩のブローチ」です。

これは、セシル・ジャンヌの作品で
ものすごいヒストリーのあるブローチ。
話しを聞くと鳥肌が立ちます。

イスラエルの元首相ラビン氏の葬儀のとき、
夫人がつけていたのが、このブローチ。
彼女は、それを、
アラファト夫人、オルブライト国務長官、ヒラリー・クリントン氏らに贈ったそうです。
中東の平和のために活動する女性のシンボルとして!

20年以上も前のこのブローチを今、復活させ、
日本で販売を始めたのがHONEYさんなのです。
マチスの絵に因んだ鳩は『エネルギー・夢・情熱』を表現しているそうです。

我々もこのブローチを身につけて、
中東だけでなく、世界中が平和になるよう祈りたいものです。

【一羽の鳩が、平和を創り出すことは難しいかもしれない。
だから、鳩はもっと多くの人に共有してもらわなければならない】
鳩の裏に刻まれている言葉です。

このブローチに興味を持たれた方は、『花とギフトの店 ミヌーシュ』へ。
http://minouche.jp/?pid=19167360
≪元国際線CAのセレクトショップ・ミヌーシュへどうぞ!≫


*「ピカソの祈り」柏倉康夫

ichigodaifuku35 at 23:07|この記事のURLComments(0)

2010年04月29日

れんげ祭り

f38a7837.JPG昨年に引き続き、
今年もまたちょうどこの日に当たりました。
昨年のれんげ祭りが初体験だったのに、
連続で見られるなんて、
ラッキーです。

昨夜半の大雨も明け方にはやみ、
すっかり晴れてきょうも良いお天気となりました。

(←)これは、日本一大きい餅つきのようす。

新緑まぶしい朝です。

ルーとニコのお散歩も足取り軽やか!

運動公園はソメイヨシノのあとの八重桜も終わって、
濃いピンクの花びらが一面に。RIMG0221

鴨もウォーキング。

午前中はいろいろ用事を済ませ、お昼前にWAKOさんが迎えにきてくれました。

たくさんの鯉のぼりが泳ぐ会場は
昨夜、花火があがったところです。

田んぼの中は自由に歩き回ることができます。

思い思いの場所でランチ。RIMG0256

我らのごはんはこれ!
バラ寿司、ウーロン茶で炊いたご飯のおにぎり、
ジャコ天(こちらでは、天ぷらと言います)、太刀魚巻き、よもぎ餅、おまおとめ。
あまおとめは、大粒のいちご。
一箱1000円。安い〜。

道路という道路は、訪れた人たちの駐車した車でいっぱい。RIMG0258
まるで、車の展示場のようでした。

揚げたてのジャコカツを歩きながら食べたのですが、
薄くてあまりおいしくなかった。
やっぱり、ジャコカツは、あそこのが一番おいしいよね、
じゃあ、買いに行く?
なら、ついでに温泉も行こか?

というわけで、突然の予定変更。
WAKOさんの車は、一路、佐田岬半島へ向かったのでした。
40分ほどで、温泉に到着。
ここは露天風呂が大きく、真っ青な空を眺めながら、
HONEYさんは、またとろけていました。

帰りに、ジャコカツをゲット。
昨日見た海は宇和海。その向こうは、九州(大分)でしたが、
この海は伊予灘。その先にあるのは本州(山口)です。

HONEYさんの乗る電車の時間にまだちょっと余裕があったので、
大洲の町を散策。
これは、レンガ館。

こちらは、ポコペン横丁。昭和30年代の町を再現したところ。

この車は、MAZDAでした。

HONEYさんは、アンパンマン列車に乗って、帰って行きました。
また来てね〜。


ichigodaifuku35 at 23:48|この記事のURLComments(0)

2010年04月28日

晴れ女ですから!

7409239b.JPG昨日の午前中は、ものすごい雨だったらしいです。
でも、我らが着いた頃は
それが信じられないくらい晴れていて、
「雨女の寒気女」と散々悪態をついていたHONEYさんに汚名返上をしたのでした。

そのHONEYさん、元々はわたしのスキー仲間で、
こちらに遊びに来てくれたとき、WAKOさんに紹介したのですが、
今ではWAKOさんとすっかり意気投合し、
わたしがいなくてもこちらに来てWAKOさん宅に泊まり、今回も宿はWAKOさん御殿です。

今朝も気持ちよく晴れました でしょう?

ランチは、新しくオープンした「ごはんカフェ」へ。

グリーンカレーセット。

デザートもコーヒーも田舎にしてはおいしかったです。

そして、そのあと、HONEYさんが夢にまで出てきたという塩湯へ。RIMG0156
露天風呂からも内湯からもこの景色を眺めることができます。
午後のこの時間は穴場みたいで、ガラガラでした。
超リラックス!!
HONEYさんは、溶けてなくなってしまいそうだと腑抜け寸前でした。
このお湯に入るために来たようなものですから、
満足していただけてよかったです。

そして、きょうのメインイヴェントは、花火です。

これは、WAKOさん宅のお隣りのWAKOさんのおとうさんのお住まいから見た
夕方6時半くらいの景色。RIMG0170

さらに1時間たった夕闇迫る景色。RIMG0172

8時半になって、いよいよ花火の打ち上げ開始です。RIMG0182
広い田んぼを囲んでいる山々の裾野に集落が広がっていて、
その真ん中で花火が打ち上げられるので、
どこからでも障害物なしに見ることができます。
しかも、家の窓から座ったまま、見物できるのです。

朝晩は冷え込み、WAKOさん宅では、まだコタツがありました。
おとうさんが握り鮨を取ってくださり、ご馳走になったのですが、
その部屋にはストーブが点けてありました。
さほど期待もしてませんでしたが、どうしてどうして!
なかなかのものでした。
30分間3000発。

明日のれんげ祭りの前夜祭として、初の試みでした。
大成功だったと思います。
この花火を上げるために、各戸から寄付を募ったそうです。
ずっと続けてもらえたらいいですね。

ちなみに、天気予報では夜半から雨で、花火の上がっているときはセーフ。
夜中にザアザア降っていました。
わたし、晴れ女ですから!

ichigodaifuku35 at 23:31|この記事のURLComments(0)

2010年04月27日

命名「コムギ」

3cb0c9a9.JPGHONEYさんと一緒に午後の便で帰ってきました。
久しぶりの餃子パーティです。
全部で150個作りました。(写真なし)

ウサギは、ちょっとだけ大きくなったような気がします。

ルーは、悪気はないと思うのですが、
甘く噛んでいるつもりでもウサちゃんの肌はまだ赤ちゃんで柔らかく、
すぐに毛が抜けてしまい、一発レッドで退場。

ニコはなんとか、お相手ができそうです。RIMG0109

ウサちゃんは、全く動じることなく、好奇心旺盛。RIMG0113
前足立ちも上手です。

名前がまだないので、みんなで考えることにしました。
イギーが「ムギ」にしよう!!
ちょうど今、麦が育ってグリーンが鮮やかだから。
従姉妹が、
「小麦、大麦、カラス麦、いろいろあるよ。」
「じゃあ、小麦。」
というわけで、ウサちゃんは『コムギ』と命名されました。

そういえば、
今夜の餃子は、イギーが手伝っている農家の小麦を使ったのでした。

遊び疲れて、ぐったりのニコ。RIMG0126
ハニィちゃんは、興味のないふうを装っていました。
徐々に馴らしていけば、4匹はきっと仲良しになれるでしょう。


ichigodaifuku35 at 23:31|この記事のURLComments(0)

2010年04月26日

仕事前ランチ

177a0625.JPG金時ねえさんが6月で定年退職なさいます。
とてもそんなふうには見えないのですが、
もうそういうお年頃(?)なんですねえ。
      ・・・・しみじみ・・・・
きょうは、たぶん、ですから、
一緒にお仕事をする最後の機会かもしれません。
「いちご、早めに出てきて、ランチしよう。」

金時ねえさんは、オムライスセット(↑)。
わたしは、帆立のパスタセット(→)。 

約束の20分前に到着する予定にしていましたが、
金時ねえさんから、それより10分も前に
「興奮して、早く出てきたから、もう着いちゃったよ。」
というメールが届きました。

待ち合わせ場所に急ぐと、紙袋をさげていらっしゃり、
「これ、おやつだからね。」
「あっ、『たねや』だ!」

実は昨日、LAから一時帰国中のチリコさんとごはん食べる約束をしていたのでした。
でも、緊急の呼び出しをくらい、没になったのでした。
そのチリコさんが大好きな「たねや」。
思わず、声を上げてしまったのでした。

「おまえね!
こういうときは、早めに出てきて、後輩のおまえがこういうものを用意するんだよ。
全く気がきかないったら、ありゃしない!!」
最後の最後まで、怒られっぱなしです

いつもご馳走してくださるので、きょうはわたしが!(ムチャ安いランチでしたけど)

仕事が終わって、
「きょうはすごく楽しかった!!」と言ってくださり、
少しは成長した姿を見せられたかな、と胸をなでおろしました。

そして、
「きょうはご馳走になったね。お金ないのに、ありがとう。」
南アのツアーをぼったくられたことを心配して、
「おまえ、お金ないなら、遠慮なく言いなさい。いつでも貸してあげるよ。出世払いでいいから。」とやさしい言葉をかけて下さったのでした。
お気持ちだけで十分
恐い方なんですけど、本当は菩薩のような心根の持ち主です。
新人のときお世話になって以来、ずっとこうやって可愛がっていただき、
感謝の気持ちで一杯です。


*「留学」遠藤周作

ichigodaifuku35 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2010年04月25日

ヤタガラス PART

BlogPaintまずは出社しないで大丈夫な日だったはずなのが、
いきなり「出て来い。」と言われ、
大急ぎで支度しました。
まるで、消防士さんのようです。

3週間ほど前、
ヤタガラスの折り紙をみんなで折ってもらおうと
箱を設置し、見本を作ったのですが、
正式な許可が出ていない、ということで
あれ以来、室長の机の横の淋しい場所に
ひっそりと置かれたままになっていました。

やっと、OKが出たのが1週間後。
でも、まだ動きがありませんでした。

8348fb14.jpgきょう出社したら、
やっと、上の方々が本腰を入れて
サポートしてくださるようになったみたいで
みなさんに
積極的に声をかけて下さっていました。

箱もラウンジの広いテーブルの上に移されていました。
中級編も、このようにわかりやすくディスプレイ。

でも、折り方がかなり難しくて折れる人が少ないので
ただ今、折り方のDVDを作成中、と言われ、
そこまでしなくても・・・。
そんなことしていたら、代表は出発してしまうよ〜。

さらに、
「いちごさん、あれ、どうでしょう?」
直属の上司が指さした方を見ると
先日、新聞の一面にこんな広告が出ていたので、と
わざわざ取っておいてくださったものを
カットして額に入れて、宣伝用の飾りを作ってくださったのです。

感動〜。
びっくりしました、まじで!!
そこまでやっていただけるとは思ってもいなかったので
「やればできるじゃん!!」
「みんなで折った折り紙が南アフリカに届けられるんですよ。
テレビで、あっ、あの中にわたしの折ったカラスがあるんだ、と思うと
うれしいですよね。盛り上がりますよね。」
とわたしより熱く勧めてくださいました。
本当にありがたいことです。

選手たちの胸に、この折り紙にこめたささやかな思いの集まりが届きますように!!!

ichigodaifuku35 at 22:06|この記事のURLComments(0)

2010年04月24日

ピカソモード

39760d47.JPG「ピカソと20世紀美術の巨匠たち」
(ルートヴィヒ美術館蔵)を観に行くべく歩いていたら、
向こうから、
鮮やかなブルーのウインドブレーカーを着た老夫婦がやって来て、
「すごい、勇気ある。あの歳でペアルックかあ。」
と感心しながらすれ違ったあと、????????
あれ??もしかして、マリノス?

慌てて携帯チェックしたら、17時から日スタで、マリノスvsアントラーズ。
わたしの手帳にはマークがありませんでした。
きょうはサッカーは観られない、と思い込んでいたのです。

今から行けば、十分間に合う時間でしたが、
すっかりピカソモードになっていたわたしは、今さらねえ、と断念。
初志貫徹して、「ピカソ」へ。

ルートヴィヒ美術館は、ドイツワールドカップのとき、
イギーと一緒にダリを観たケルンのなつかしい美術館です。

そこから、ピカソをはじめ、モダンアート、ポップアートなど
20世紀の巨匠と言われる人たちの作品が集められていました。

元大関武蔵丸のことを世間では、西郷隆盛に似ていると言っていますが、
わたしには、ピカソの青の時代の作品のモデルたちそっくりに見えます。

学生時代、上野でピカソを観たとき、
形の崩れた絵の中で、一枚だけ、ものすごくクリアに見えたものがありました。
「泣く女」という作品でした。

ちなみに、これは「読書する女の顔」です。


これは、ロバート・インディアナという人の≪LOVE≫という作品ですが、
とっても不思議な体験をしました。
文字や色が変化して見えるのです!!!
隣りの作品を観ていたとき、この“O”という文字と“V”の中の色が動いたのが
視界に入ってきたのです。
「ん??」
気のせいかと思ったのですが、どうもチラチラするんです。
作品の中に電線が入っていて、それが光を発するのかも、と
近づいてみましたが、薄い紙切れだけなのです。
トリックを見破ってやろう、と正面から瞬きもせずにじっと眺めていると、
全く動きません。
作品は斜に横目で見ると、チカチカッと、思わず瞬きするように動きます。
でも、わたしはまだたきをせず、目を見開いているのです。
なんで〜???
よっぽど、そばにすわっている監視員の方に訊ねようかと思いましたが、
恥ずかしくて聞けませんでした。
その作品の右に行ったり左に行ったり、かなり怪しい行動をしていました。
でも、ついにその正体はつかめませんでした。
不思議なこともあるもんだ。

家に帰ってみれば、マリノス負けてました。東京もです。
横浜FCもです。相手は、愛媛FCですよ。
サッカー小僧からメール来てました。
彼は今、地元の中学校のサッカーのコーチをしていて、
教え子たちが、今日の愛媛FCと横浜FCのゲームのボールボーイを担当。
前々から楽しみにしていたようでした。
『快晴 ピッチコンディション ベスト 風はやや肌寒く感じました。詳細は後程』
横浜FCのスローガンは「昇格」じゃなかったのか?
どうした、岸野! 高地、寺田、大黒〜〜!!

ichigodaifuku35 at 21:46|この記事のURLComments(0)

2010年04月23日

シバザクラ祭り

5b977650.JPG何ヶ月ぶりでしょう、ユキノさんと会うのは!
車で迎えにきてくださって、
さあ、きょうはどこへ行こうか?

ひとり娘のユリコさんと
生まれてまだ2ヶ月のベイビーも一緒です。

「そう言えば、お昼のニュースでシバザクラが見頃だって言ってたよ。」
「じゃあ、そこへ連れて行ってください。」

30分もかからないで乃美という地区に到着。
を降りると、RIMG0008
田んぼにピンクの縁取り。
今にも雨が降りそうなお天気で、寒い〜。
とても4月とは思えない気温。
このかざぐるま、ペットボトルで作ってあるんです。びっくり。

農家の方々がボランティアで植えて増やしていってるようです。RIMG0017

二色のラインが延々続きます。RIMG0034

そろそろ田植えの準備をしなくてはならないのですね。RIMG0043

立派なおうちがたくさんありました。RIMG0045
軽トラックに乗ったおじさんがいらしたので、
「綺麗ですねえ。」と感嘆の声を上げたら、嬉しそうでした。
「カナダだから。」とおっしゃったので、カナダから苗を輸入しているのかと思ったら、
「棚田だから」上からより下から見たほうがいい、と言うことでした。

そのあと、小さな牧場に移動。

とうとう冷たい雨が降り出し、
敷地内につい最近オープンしたチーズケーキ屋さんに寄りましたが、
シューは売り切れ。
裏手には川が流れ、タケノコが頭を出し、山ツツジが満開でした。RIMG0059

震えながら、別棟のアイスのお店でジェラートをいただき、
保育園でもうひとりのお孫さんをピックアップして温泉へ。

早朝から、ほとんど食事をしていなかったので(暇もなかったし、ものもなかった)
「いちごちゃんは、きょうの分、今夜まとめて栄養補給ね。」と言われ
山のように出てきました。
こちらは鉄板焼きのお肉。

そのあと、お刺身盛り合わせ、鰈の煮付け、カキフライ。

おなかパンパンで、お風呂に直行。
ミストサウナでしばし意識不明。
露天風呂からはお月様と、全く動かない3つの点滅する星を眺めながら、
もしかして、あれってUFO?といぶかりつつ、
ぼけ〜と長いことお湯につかっておりました。
からだの芯まであったまりました。

ichigodaifuku35 at 23:03|この記事のURLComments(0)

2010年04月22日

たらい回し

30333473.JPGもしきょうがお天気であれば、
房総へドライブに行くはずだったのですが、
この雨じゃねえ。
おとなしく、母の句集(二)の仕上げに専念。

たった17の音しか使っていない俳句なのに、
人によってかなり違ったイメージを思い起こさせるようで
わたしとノビオの感性がいかに別物であるかがよ〜くわかりました。

ですから、写真の選定で、もめる、もめる!
まっ、最後の決定権はわたしにあるのですが・・・。

そんなことはどうでもよいことです。大したことではありません。

現地時間の午前(日本時間の午後)、
在南アフリカ日本大使館に電話してみたところ、
昨日の時点で、くだんの旅行会社が宿泊施設の予約、送迎バスの予約等
一切していないということが判明したと言われました。
こちらではどうすることもできないので、
代金を振り込んだ口座が日本国内なら、最寄の警察に行って相談してくれとのこと。
なんと・・・!!

というわけで、
まだわずかに桜の残った公園の隣りにある警察署(上の写真)へ出向いてきました。
ちょうど、振り込め詐欺(電話口の婦警さんは、オレオレ詐欺と口走っていました)が発生したとかで、大わらわでした。

しばらく待たされたあと、係りの人が事情を聞いてくださいました。
残念ながら、これは犯罪に該当しないので、詐欺ではない、と言われました。
連絡が取れなくなったということと
予約が入っていないということだけなので、
まだツアーは中止になったと決まったわけではないし、
賠償請求するなら、民事訴訟になるそうです。

たっぷり2時間、ここで時間が潰れました。
無料の法律相談窓口を教えてもらって、おいとましました。

MOKAさんは、最初違うツアーで行こうとしていて、わたしよりあとから申し込んだので、
まだ振込みをしていなかったのは本当にラッキーでした。

さてさて、これからどうするか、参ったなあ。
ノビオさん、「今回はもうやめたら?」
「そうね、やめようか!」なんて、言うわけないでしょ!!!

ichigodaifuku35 at 23:21|この記事のURLComments(0)

2010年04月21日

1日がかり

317e97a0.JPG朝9時半にうちを出て、
電車を乗り継ぎ40分。
ハイキングに来たわけではありません。
先日、
紹介状を書いてもらった手を専門に診る先生のいらっしゃる病院へやって来たのです。

駅のすぐそばなのに、
緑多い場所です。RIMG0004

受付を済ませて待合室に移動したら、すごい人だったので驚きました。
さすが、有名な先生!!

いくら混んでいても、昼過ぎには終わるだろうとたかをくくっていましたが、
15時を過ぎても名前を呼ばれませんでした。

持ってきた本を読み終え、売店で新しいのを買い、
それも読み終えて、また買い、
あまりの空腹に耐えかねて、ミルクティとワッフルで飢えをしのぎ、
やっと診てもらったのは16時過ぎ。

それから、レントゲン。
先日の整形外科で預かってきた写真をお渡ししておいたのですが、
右手も見てみたい、ということでした。

2階で撮影し、また戻って待たされ、
呼ばれたら、ごめん、もう一回、撮り直してくれる?
で、また2階に上がり、また待たされ・・・

結局、骨に異常はないので、次回はMRI、その次は、造影剤を入れて検査、
ということになりました。

会計をすませたのは17時20分でした。
なんと、7時間!!
ひえ〜。

そして、ひとつ厄介なことが発生しました。
南ア行きの宿泊施設、スタジアムの送迎、ゲーム合い間のツアー等、
すべてまとめて引き受けてくれた現地の旅行社に
すでに代金を振り込んでしまったのですが、
どうも詐欺臭いという話しがネットで話題になっているらしいのです。
頭の痛いことです。


*「海底十一万浬」稲葉通宗
*「センセイの鞄」川上弘美

ichigodaifuku35 at 23:46|この記事のURLComments(0)

2010年04月20日

直筆サイン

d0ecf324.JPG何気なく眺めていて、
ハタと気がついてしまいました。

というか、
今まで気がつかなかった方がおかしいかも。

季節はずれのクリスマスプレゼントに、
実は、ヒデのサインがしてあったのです!!

きゃあ、もう使えない。どうしよう。洗ったら、消えてしまう〜。

そういえば、わたし、ヒデのサイン、持ってた!
あれはいったいどこにしまったのだろう。

フランスのワールドカップが終わって、ヒデがセリエAのペルージャに移籍し・・・
当時、毎月のようにローマに行っていたのにそれは必ず火曜日で、
試合は絶対に観られない日周りでした。

それなら、練習を観に行けばいい、と教えてくれた人がいて、
遠路はるばるペルージャまで出かけて行ったのです。

「この子はきっと大物になる。」と確信していたのに、
会ってみると、普通の青年だったので、ちょっと意外でした。
かなりのはにかみ屋さんとみました。

横長のペルージャの街を写したポストカードにサインをいただきました。
1秒もかからないくらいの簡単な線で、
これは本当にサインなのかしらん、と不安になるようなものでしたが、
今、マグカップにあるサインを見ると、
あれはホントのサインだったのだという確信が持てました。

どこにいったのやら、探しまくりましたが、とうとう見つけられませんでした。
どこかにはきっとあるはず!!

ichigodaifuku35 at 23:12|この記事のURLComments(0)

2010年04月19日

歯医者通い

f91c7aaa.JPG2月末から通い始めて
きょうが7回目の治療日です。

結局、インプラントをうめて、
大枚をはたくことになりまして、
しばらくは歯医者通いをしなくてはなりません。

明後日は、整形外科。
来月になったら、耳鼻咽喉科と泌尿器科。
病院大嫌いのわたしが、こんなに通いつめなくてはならないなんて・・・。

歯科は、スーパーマーケットと団地の敷地内にあり、
ソメイヨシノが終わって、八重桜の季節。RIMG0079

鯉のぼりも泳いでいました。RIMG0082

こちらは、洛彩の大福。
時計回りに、小桃、柚子、キーウイ、苺です。
トムがお土産に持たせてくれたのですが、
店主いわく、「その日のうちに食べないと、大福じゃなくなる〜。」
でも、もう4日もたってしまいました。
まだ十分おいしかったですよ。

ichigodaifuku35 at 22:16|この記事のURLComments(0)

2010年04月18日

プライベート温泉

60d60f72.JPG市役所前からバスに乗って約30分。
温泉大好き3人組が、
新緑の天降川のほとりへ出かけました。

昨年11月末にできた
全室個室の温泉場を見つけたのです。

れんげ畑と、岩がごろごろの川、
青々とした木々に囲まれたところでした。RIMG0051

ここには、内湯だけの部屋が12室、露天風呂と内湯の部屋が4室、
露天風呂と内湯2つが付いている部屋が2室。
それぞれ趣向を凝らしたお風呂が用意されています。
長い廊下があり、川沿いに部屋が並んでいました。

我らが選んだのは、「るりかけす」というお部屋で、
これが脱衣室。

ドアをあけると、まず、窓の大きな内湯。

その奥に、露天風呂が見えます。RIMG0060

大きな岩をくりぬいた浴槽で、もちろん源泉かけ流し!!RIMG0052

眺めはこんな感じです。RIMG0059
最高に気持ちいい〜。めちゃくちゃリラックスできます。
タオルは、今治産。
アメニティは、すべて「リーフ&ボタニクス」でした。
湯上りスペース。


夕食は、いつもの黒豚シャブシャブです。
まず、黒豚とたけのこのきんぴら。

大根サラダ。

巨大なメンチカツ。このお店の名物です。

スペアリブの香味焼き。味噌味。

さあ、いよいよ。

黒豚のロースとバラ。RIMG0076

最後のうどんで、もう満々腹。


ichigodaifuku35 at 23:12|この記事のURLComments(0)

2010年04月17日

坊ちゃんスタジアム

c9f5deb2.JPG電車で松山に近づいてくると
左手に見えてくるのが坊ちゃんスタジアム。

初めてその名前を聞いたときは、
ダサ〜と思ったけれど、
だんだん耳に馴染んできて
はや10年めを迎えるそうです。

それを記念して、
プロ野球の公式戦が行われることになりました。
カードはなんと、ヤクルト対巨人。地方では本当に稀なビッグカードです。
知人の結婚祝いの砥部焼きを買うため、まず道後に寄り、
店主にいろいろ教えていただき、良い品を求めることができました。
ちょうど、砥部焼き祭りが開催されていたのですが、
「あちらは2級品ばかりですよ。」と言われ、
わざわざ行かなくて正解だったようです。
道後の入り口でブラザートムと待ち合わせ、
坊ちゃんスタジアムまで姪が車で送ってくれました。

当日券売り場に行くと、
内野自由席も外野自由席も同じ値段でした。

ちょうど、このカードを招致するために奔走した市長の花束贈呈の頃、
席に着きました。RIMG0010

さすがに、超満員です。RIMG0011

ニンジニアスタジアムがある砥部は、山の中ですが、
こちらは平野部にあり、山々は遠くに見えます。RIMG0012

ラミレスの豪快な一発を期待していたのですが・・・
今夜は不発でした。RIMG0013

巨人の攻撃が終わってから、トムがお弁当を買いにいってくれました。
ちらりと見た牛肉弁当は売り切れだったそうで、
その代わりにパワフル弁当。
名に合わず、全然パワフルなゲームではなく、淡々と進んでいきます。

7回攻撃前の風船飛ばし。RIMG0022

ノーアウト満塁、絶好のチャンスに代打で出てきた
高橋由伸。RIMG0024
             3塁ファウルフライでした。

これは、ぼけた写真ですが、ヤクルトの監督を撮りました。RIMG0026
わたしが野球少女だった頃、大ファンだった、当時の巨人の選手(高田繁監督)です。

タイミング的には完全にセーフに見えたスライディングをアウトと言われ、
抗議中の原監督。RIMG0033

あたりはすっかり漆黒の闇になりました。RIMG0028

ヤクルトにも巨人にも愛媛県出身の選手が何人かいるそうですが(よく知りません)、
ついに出てきました、越智くん。RIMG0036
彼は、トムの高校の後輩になります。
しっかり抑えて、1-6で巨人の勝ち。RIMG0037

BlogPaintいまどき、
子供だってこんな帽子かぶってないよね、
と自嘲的に言っていた
ジャイアンツの野球帽をかぶった
うれしそうなトム。
義妹いわく、巨人が負けた日は機嫌が悪いそうです。

帰りは、目の前にある駅から、電車に乗って帰りましたが、
ものすごい人で大混雑。RIMG0046

トムは、このあと野球仲間と飲み会があるとかで、駅で別れました。
彼は明朝、草野球、お昼は、リトルリーグの練習、そして午後はまたヤクルト・巨人戦。
今度は、ネット裏の良い席だそうで、ほんとに兄弟揃って、遊ぶことばかりです。

ichigodaifuku35 at 22:55|この記事のURLComments(0)

2010年04月16日

新しい仲間

52ed4fdf.JPGこのバスケットは
子猫だったハニィちゃんが
千葉から運ばれてきたときに
HONEYさんが用意してくれたものですが、
それを今、
ハニィちゃんが覗いています。

中には、何がいるかというと、これです。

ちっちゃいです〜。RIMG0047
イギーが、ウサギを飼いたいと前から言っていたのは知っていましたが、
ほんとにもらってくるとは思いませんでした。
まさに、手の平サイズで、モルモットやハムスターより小さいです。
RIMG0050
父の懐に入れても、いい子にしています。

おさまらないのはルーとニコ。
興味深々でじっとしておれません。
わたしが膝の上に抱っこしていると、鼻でつつき回して、べろべろ舐めまくり。
噛み付いたりする気配はなかったのですが、
一瞬、ルーがパクッと噛んで、離れたら、口の回りに毛がついていたので、
嫌な予感がしたのですが、このとおり。RIMG0057

ダックスフンドは、元々猟犬だし、
ハニィちゃんにとっては、ネズミと同じくらいの大きさだし、
4匹が仲良くお昼寝できるようになるのは、まだまだ先のことになりそうです。
ちなみに、ウサちゃんの名前はまだありません。

ichigodaifuku35 at 23:21|この記事のURLComments(0)