2010年05月

2010年05月31日

雨のウイーン

RIMG0363明け方、もしかして雨が降っているかなあ、
と思いつつ寝ていました。
明るくなって窓の外を見ると、
降っていなかったのですが・・・。

朝ごはんを食べて、外に出ると、雨

せっかくシェーンブルン宮殿に行こうと思っていたのに。
残念。
傘をさしてまで行くパワーなはかったので
午前中は、お部屋で過ごしました。
また来ればいいや。

でも、出発のときは雨は上がっていました。
9e11eb5b.JPG
U-バーン駅から、空港までバスで30分ほど。
もう少しゆっくりできたらよかったんですけど。
仕方ありません。
仕事が待ってる。

ichigodaifuku35 at 23:42|この記事のURLComments(0)

2010年05月30日

親善試合・無念のオウンゴール2≪日本 vs 対イングランド≫

102eecb9.JPG巨体おじさんにスタジアム前まで送ってもらい、
さあて、これからチケット探しです。

もうすでにものすごい人が集まっています。
ショップに貼り紙がしてあって、
『大人いくら、子供いくら』と見えたので、
なんだ、当日券あるじゃん、と中に入ったら、
子供たちが寄ってきて、
「僕たちに何かお手伝いできいることはありますか?」
ときれいな英語で話しかけてきました。
「チケットがほしいんだけど。」と言うと、
「チケットはもう完売です。
あっ、ちょっと待ってください。
僕たちの先生がチケットが余っていると言っていました。
こちらへ来てください。」
ほんとかいな???

半信半疑で連れていかれた先は、立ち飲みバー。
「先生、この人がチケットほしいって言ってます。」
「おおそうか、あるよ、ある。」
ただの酔っ払いのようでしたが、4枚つながったチケットを出して
「ほれ。」と1枚はずしてくれました。
「まさか、この席は、イングランドのゴール裏ではないでしょうね。」と
確認すると、
「違うよ、オーストリア側のコーナーだよ。」と言われたのでひと安心。
ラッキーでした!!
この幸運をもたらしてくれたオーストリア人はこちらです。RIMG0233

「あの貼り紙はなんだったの?」と坊やに尋ねたら、
「あれは、ユニフォームの値段です。」と言われました。
そうだったのか!
本当にわたしはラッキーだったのでした。


座席に着いてみると、確かにコーナー。
日本の応援席と対角線でした。
おにぎりを出してみましたが、RIMG0238お米がカチカチパサパサで
食べられたものではありません。
ヨーロッパは乾燥しているからだめなんですね。


両チームの選手がウォーミングアップを始めました。RIMG0251

ルーニーも
ランパートも
ジェラードもいます。






中央のギンガムチェックのおにいさん、RIMG0252張ってある幕を片っ端から剥ぎ取って、丸めて持って行っているところ。
加地幕、土肥幕を張っていたら、
あれと同じ運命をたどっていたでしょう。
佑都幕は、安泰。
ここにありま〜す!



先発メンバー発表。佑都いるいる、OK!
RIMG0253そこばかり注目していたので、
ゴールキーパーが川島だということに
全く気がついていませんでした。
かなり長いこと、
楢崎だと思っていました。




中澤幕発見!RIMG0254


横から見る代表。                    RIMG0260








RIMG0271
いつのまにか、ものすごい雨になり、
ざあざあ降り。
客席全体は屋根で覆われ、我らが濡れることはありませんでしたが、
気温も下がりました。

健闘したのですが、
ほんのちょっとしたことですよねえ。
でも、それが実力なんですよねえ。
阿部ちゃん、よかったです!!!

前回もドイツ戦でそこそやれると自信つけて、
次のマルタ戦でこけたので、
気を引き締めてこの調子持続していってほしいものです。

RIMG0329ゲームが終わって皆引き上げたあと、
俊輔ひとり、ダッシュを繰り返していました。

復調のアピールなのか、
走らなかった分、取り戻しているのか、
どうして使ってもらえないのかという
苛立ちなのか・・・。


スタジアム前は大騒ぎ!!RIMG0332

バスで行けるところまで行き、
ムール川のそばで降りました。
ハウプト広場は、雨でぐちゃぐちゃになっていて、
もう片付けを始めているところでした。


幸いにも、ゲーム終了後に雨はあがり、青空まで見えてきました。RIMG0340




ピーナツ型の美術館。RIMG0344





このあたりにバス停を見つけて、駅まで戻ることにしました。RIMG0345




おなかがすいてきたので、チーズクロワッサン。
(クロワッサン発祥の地は、フランスではなくてここオーストリアだそうです。)
2つ買えば安くなる、という言葉につられて2つ買ったものの、
こんなでかいの食べられない!!RIMG0351
帰りの電車はコンパートメントで、
イングランドサポーターが入ってきたので
「オメデトウ!」と声をかけたら、
「こっちは1点も入れてないし・・・。」と不満そうでした。

あたりが騒がしいので起きてみたら、もう終点でした。RIMG0353
U-バーン駅まで戻り、
ホテルのすぐそばのチャイニーズレストランに行こうとしましたが、
全く左右の同じ出口があり、反対方向に出てしまったため、
いつまでたってもホテルにたどり着けず、あたりを徘徊しました。
疲れ果てて、食事は諦めました。

ichigodaifuku35 at 23:41|この記事のURLComments(0)日本代表 

ウイーンからグラーツへ

RIMG0131早起きして、朝ごはん。
チーズにハムにソーセージ。
パンもおいしい。
やっぱり空気が違うのですね。
久しぶりでうれしい。

歩いてすぐのU-バーン駅。RIMG0133
ちょっと乗換えを間違えて時間がかかりましたが、
余裕をもって出ていたので、セーフ。
これから乗る電車は、リュブリアナ(スロベニア)行きです。RIMG0136

ハイジが出てきそうな風景を眺めながら、2時間半で到着。RIMG0142










ド派手なグラーツの駅の天井。RIMG0152





駅前では、さっそくイングランドサポーターたちが
幕を張って騒いでいます。RIMG0155

駅前にトラムが走っているのですが、待てど暮らせどやってきません。
日曜は運休なのでしょうか?
いろんな人に尋ねたら、バスに乗れ、と言われ・・・。
ムーア川を渡ったところでバスを降り、街の中心、ハウプト広場へ。RIMG0177





何か催しをやっているようです。

RIMG0174広場とそれに通じる道路がすべて封鎖され、
子供たちのための大遊技場になっていました。
(←)これは、ロッククライミング。
ほかには、サッカーだったり、ホッケーだったり、藁リュージュだったり、
親やボランティアがサポートして、
まさにお金のかからない遊園地。
みんな楽しそうでした。
だから、トラムが止まっていたのですね。

ぶらぶらそれらを眺めながら、西方向へ向かうと、シュロスベルグが見えてきました。
RIMG0185

この丘の高さは473m。
1712年に、トルコ軍からの攻撃を守るために
フェルディナンド1世が築城しましたが、
ナポレオンによって破壊されたそうです。
今は、丘全体が公園になっています。



そこまで、エレベーターで上がります。RIMG0190








RIMG0197
おしゃれなレストランがあったので
少し腹ごしらえをしようと入ってみましたが、
案内されたきり、いくら待っても注文をとりに来てくれず、
もういいや、さほどおなかもすいてないし、
というわけで出てしまいました。

唯一現存する時計台。
RIMG0199









ムーア川の流れるグラーツの街。RIMG0211








オーストリア第2の都市とは思えないほどこじんまりしていますが、
本当に美しい街です。RIMG0201









少し空模様が怪しくなってきました。
帰りは、ケーブルカーで降りることにしました。RIMG0222
ここで、隣のおじさんに声をかけられました。
「サッカー観に行くのか?」って。
チケットは持っているのか、と問われて、ない、と答えると、
「チケットは完売だよ!」
ひえ〜。
「小さいスタジアムだから、もうないんだよ。1万5千人くらいだもの。
僕は持っているけど。
早く行ったほうがいいよ。
僕は車できているから、スタジアムまで送っていってあげよう。」
それはラッキー!
ケーブルカーを降りると、ポツポツ雨が落ちてきました。

川の中には、ハイカラな室内プール。RIMG0226
おじさんいわく、
「僕はこのすぐ近くの町に住んでいる。」
じゃあ、なんで、今さら、
わざわざ観光名所のシュロスベルグなんかにいたんだろう、という疑問が沸いてきました。
パーキングに行くと、助手席に市内地図が広げてあった。
あれ? 近くに住んでいるのに、地図がいる?
ますます怪しい。
このおじさんはほんとにいい人なのだろうか???
人を見る目を養ってきたつもりだが、
甘い言葉に乗せられて、我を失ったか??

乗ったとたんに、本格的に雨が降り出しました。
帰りのバス乗り場を確認する振りをして、地図を凝視し、
変なところに連れていかれないよう、必死でチェック。
このおじさんは100kg以上はある大男で
こいつに押し倒されたら、たぶん逃げられない。
やばい!
ドキドキしているうちに、スタジアムが見えてきました。RIMG0231
「じゃあ、ここで!」とあっさり降ろされて、
今までの恐怖はなんだったんだろう〜、
って、拍子抜けしました。
おじさん、疑って悪かった、ありがとう!!

ichigodaifuku35 at 12:28|この記事のURLComments(0)

2010年05月29日

まずは、ウイーンまで!

0b830961.JPG成田から、
オーストリア航空でひとまずウイーンへ。

結局、グラーツのホテルは見つけられず、
ウイーンに泊まって
翌日グラーツへ行くことにしたのですが、
ウイーンのホテルはたくさんありすぎて探す暇がなかったので、
現地調達することにしました。

クローテン空港の案内所でホテルリストをもらい、
グラーツ行きの電車が出る南駅周辺のホテルで4つ星を2つ選び出し、
値段を聞いてもらったら、まあまあ。
そのうちのひとつに決めて、すぐ目の前のバス停に行くと、
南駅は工事中のため、閉鎖してるよ、と言われ、また逆戻り。
グラーツ行きは、西駅から出るそうな。
西駅周辺は、全くホテルがなく、西駅に地下鉄1本で行ける中央駅前で物色。
チェックするのは、インターネットが使えることと、バスタブがあること。
シャワーだけの部屋はどうにも耐えられない。
別にお湯をはって中に浸かるわけではないのですが、苦手なのです。

というわけで、空港からリムジンバスで行ける中央駅前のホテルに決定。
値段も最初のホテルの半分くらいでした。
古いけれど、格式あるホテル。
あと20ユーロ出すともっといい部屋に案内できる、といきなり言われ、
ちょっとむかつきました!
部屋を見せてもらったら、確かに狭いし、バスタブもない!!
なんで〜???
まるで詐欺でしょう、これって。
でも、悔しいからここでいいと言ってしまいました。どうせ一晩の辛抱だ。

あまり眠くなかったし、お天気もよかったので、街まで出てみることにしました。

聖シュテファン大聖堂。RIMG0022
工事中でした。
でも、板に本物と同じ写真を貼って、一見わからないようにしているところは
ウイットにとんでるなあ。
中ではちょうどミサの最中でした。

ローソクを買って火を灯すのはいつもの習慣です。

側面は、屋根の色も鮮やかなままでした。RIMG0043

奥の屋根には、ハプスブルグ家の紋章が。

全体は大きすぎてカメラに収まらないのが残念。RIMG0051

馬車は寺院前広場の名物。RIMG0054
ここが発祥の地だそうです。

ペストが終焉したのを記念して建てられて塔の周りにある広場は
家族連れでにぎわっていました。RIMG0058

わたしが行こうとしているのは、オープンサンドのお店。
たまたま機内誌に載っていて、とてもおいしそうだったのです。
駱駝のマークが目印。ありました!RIMG0069

これです!!RIMG0065
何種類もあるのですが、
ハムとホースラディッシュ(ピンク)、デーツ(濃いピンク)が昔からの定番だそうです。
ほかにわたしが選んだのはほうれん草クリーム(グリーン)と
グリーンのビーンズとマヨネーズ(白)。
これらを椅子に座らず、スタンドでおしゃべりしながらいただきます。

王宮広場ではなにやら始まりそう。RIMG0076

古い遺構の先に見えるのはコンサートの舞台のようです。

王宮のまん前に建つ、老舗のカフェ。

有名な音楽家や作家がここで何時間も過ごしたそうです。

メランジェというのはカプチーノのこと。
ケーキの名前はエスターハージートルテ。

カフェにいながら、外からの調べが聞こえていました。RIMG0087
屋外コンサートが始まったようです。
夕暮れの無料コンサートです。RIMG0095
ラッキー!!
やっと暗くなってきましたが、これで21時半ごろ。
寒くもなく、そぞろ歩きにちょうどよい感じ。
ライトアップされた聖シュテファン大聖堂。RIMG0121

ichigodaifuku35 at 23:38|この記事のURLComments(0)

2010年05月28日

明け方の雲

d202f122.JPG夜中に目が覚めて、
それからずっとパソコンに向かっていました。
やることいっぱい!!

なのに、なかなか作業が進みません。

グラーツのホテルが見つからな〜い。
オーストリア第2の都市にしてはホテルが少なく、
残っているのは、郊外の山小屋かスキーリゾートみたいなところばかり。

南アに行く前に、ひとつ試験があって、その勉強もしなければならず
気ばかり焦って一向に仕事が片付きません。

気がついたら、夜が明けており、いつのまにか空が青い。
雲がいい感じで浮かんでいます。
平和な朝だなあ・・・。

体調いまひとつで、寝たり起きたりしながら、
結局1日、成果のないまま終わってしまいました。


ichigodaifuku35 at 21:16|この記事のURLComments(0)

2010年05月27日

やべっちカステラ

947707fe.JPGきょうもまた新橋へ。
MOKAさんと駅で待ち合わせたのですが、
地上に出てみると、ものすごい雨でびっくり。

傘を買い、歩きましたが、
エナメルの靴が悲惨なことになりました。

ナベ直氏のお知り合いの方々のおかげで
なんとか南アの宿泊場所と送迎の目途がつきました。
これでひと安心。

お話しをうかがっているうちに、
外は雨がやみ、青空が見えてきました。
あんなに土砂降りだったのに。

すっかり長居をしてしまい、
おいとましたら、また雨が降り始めてしまいました。

きょうはこういう日なんですね。

うちに帰って、夕食をすませ、
先日いただいた「やべっちカステラ」をいただきながら、
さあ、とパソコンの前に座ったら、RIMG0068
おなかが痛くなりました!腸炎みたいな感じです。

カステラは諦めて、さっさとベッドにもぐり込みました。
疲れがたまっているのだ思います。風邪も治ってないし・・・。
ほとんど寝てないし。・・・

ichigodaifuku35 at 21:03|この記事のURLComments(0)

2010年05月26日

森鴎外旧居

dd69a501.JPGもうこの地にも来ることはないかもしれないので、
心残りはたくさんありますが、
ここだけは行っておきたいなあ、
と思って、強風の中、出かけてきました。

新宿の繁華街のようなごみごみした飲み屋の連なる中に、ポツリと緑濃い生垣が見えてきました。

これが入り口です。RIMG0016

中は開けっ放しのままで、どなたもいらっしゃいません。

勝手に入って、勝手に畳の上に座り、
鴎外もここにこうやって座って、庭を眺めていたのかなあ、
と思いにふけりました。

当時は独身だったので、2人の女中と1人の馬丁を雇っていて、左側に彼らの住まいがあったそうな。

夾竹桃。RIMG0038
これは、鴎外が住んでいた頃からあったものだそうです。

帰りに、すぐ近くの、明太子で有名なお店の料亭へ。

大きな生簀の周りがぐるりとカウンターになっており、
外の庭を眺めながら、ランチ。

こちらは、二番目に住んだ住居跡に建てられた碑。

まさに、駅前。RIMG0044

車両全体に、銀河鉄道999のペイントをほどこされたモノレール。RIMG0013

駅の中のドーム。
雨が降りそうで降らず助かりましたが、気温はかなり低かったです。

ichigodaifuku35 at 23:59|この記事のURLComments(0)

2010年05月25日

夜景とプリン

4303200f.JPG夜遅くに到着。
中途半端な時間にお弁当をいただき、
おなかもさほどすいていなかったし、
咳と鼻水が止まらず、
外に出るのは断念しました。

カーテンを開け、夜景を眺めながら、
出発する選手たちに想いを馳せました。

MOKAさんは羽田に見送りに行くかどうか迷っているようす。

東京がどっちの方角かわかりませんが、
岡ちゃんの希望どおり、『念』を送りながら、
差し入れのプリンをいただくことにしました。
トーラクの神戸プリン生キャラメル。濃厚〜。


ichigodaifuku35 at 23:59|この記事のURLComments(0)

2010年05月24日

キリンチャレンジカップ2010・やっぱり力不足か?≪日本 vs 韓国≫

aa558bc6.JPG風邪ますますひどく、
鼻水が止まりません・・・

仕事を終えたところにノビオに迎えにきてもらい、
一路埼玉へ。

昨日のユキノさんからの差し入れがだいぶ残っていたので
それをいただきながら(ちょっと悪くなっているような気もしましたが、)腹ごしらえ。

川口インターを降りてから、風邪薬を買うため薬局を探し求め、
大宮方面まで足を伸ばしましたが、見つからず。
かなり時間を費やしてから、いつものに行ったみたら、満車。
初めて高速道路を越えた向こう側に止めました。

歩いてみると、こちらの方が若干近いかもしれません。RIMG0140

座ると、いきなり、佑都幕が目の前に。RIMG0142

選手たちがウォーミングアップを始めました。RIMG0145

佑都くん、新しいシューズ。RIMG0149
踵が鮮やかなオレンジ色。わかりやすくていいのですが、
同じ色を履いているのがもうひとりいて、かえってまぎらわしい(よりによって大久保)。

これは何かと言うと、
MOKAさんの知り合いの方からいただいたカステラです。RIMG0152
やべっちFCの焼印が押されているそうです。

雨の中、ゴール裏は気合が入っています。RIMG0158

選手入場です。RIMG0163

エスコートキッズたちは、ヤタガラスを提げています。RIMG0170
君が代は、EXILEの中のひとりでした。

気合の入ったゲームをしてよ!

後方でざわめきがあり、振り返ると、ベンチ外の選手たちが入ってきたのでした。
玉ちゃんファンのMOKAさんは大喜び。

佑都くん、今夜は前回のFC東京の時と同じ、右SBでした。
靴が赤いので、一瞬大久保と間違ええる〜。RIMG0182

ネットニュースを見ると、「完敗」という単語が使われていましたが、
わたしはそうは思いませんでした。
選手たちそれぞれこれじゃいかん、と感じることがあったことでしょう。
それをこれからスイスで調整していってほしいです。RIMG0002

インタビュールームに呼ばれた佑都くん。
挨拶周りは、最後尾で
長谷部と本田とともに。RIMG0012

ゴール裏は、暖かい気持ちを込めて送り出してくれているように感じました。RIMG0017

最後にチームキャプテンの川口が挨拶。RIMG0024

コンコースにヤタガラスの折り紙でできた大きなボードが何枚か飾ってありました。RIMG0029
日本人の誇りを持って、精一杯闘ってほしいものです。

ichigodaifuku35 at 23:59|この記事のURLComments(0)日本代表 

2010年05月23日

いちご一会

da5c8d28.JPG7月からの移動が決まり、
6月は南アに行っている身にとって、
このチームでの仕事もカウントダウンが始まりました。

ここは、ものすごく敷地が広く、
ヴィラやゴルフ場もあるので、
ホテルからこのマナーハウスまで
バスで迎えにきてもらいます。
あいにくの冷たい雨が降っており、
のんびりお散歩しながら、というわけにはいきません。


BlogPaint2日続けてのパスタランチです。
ラストオーダーぎりぎりに飛び込みました。

風邪はよくありません・・・。
鼻水が止まらず、咳も出ます。しんどい。


スープとサラダ。
海老とアボガドソースのルッコラ添え。

ほとんど味がわかりません。

このあと夕食は失礼して、
ユキノさんがマッサージを予約してくれて、
こんなお天気だし風邪も引いてるようだから、さっさと温泉に入って寝た方がいいね、って。

先にマッサージはどうかと思ったのですが、
血液の流れをよくしてもらって新陳代謝がよくなったのか、
ミストサウナではものすごい量の汗が出てびっくりしました。

もうこのまま寝なさい、と大量の食糧を渡され、
ユキノファミリーは帰って行きました。ありがたいことです。

ichigodaifuku35 at 20:33|この記事のURLComments(0)

2010年05月22日

SUMURAI BLUE PARK

ac03429d.JPG代々木に
サムライブルーパークができました。

きょうは、そのオープンの日で
日本代表の出陣式も行われるそうです。

TOMMYさんとMOKAさんと3人で渋谷で待ち合わせ、代々木公園へ向かいました。

建物の中の天井は、ブルーの帯状の布がオーロラのように下がっており、
左右に選手たちの縦長の幟。RIMG0013

ブルーユニが飾ってあったので、さっそく!!RIMG0008

『 佑都 最後まで走り抜け! 』
          いちごママ RIMG0006

MOKAさん作。『 玉田 GOAL ! 』RIMG0007


建物を抜けると、そこは革命の広場。RIMG0015

坂本竜馬がブルーユニをまとっています。RIMG0014

ちゃんとシューズまで履いています。芸が細かい。

いよいよ、選手入場です。RIMG0025

全員が並ぶと、佑都くん、全く見えません。RIMG0030

全国から集められたヤタガラスの折り紙。
それらをみんなが持ちました。RIMG0037

5月22日現在で16万余集まったようです。
それをカラスの形にしたケースに詰めたオブジェの序幕式。RIMG0040

代表して、楢崎選手。RIMG0043

南アフリカ駐日大使より、南ア色の「ウム」という腕輪(?)を渡された俊輔。RIMG0052

みんな、それぞれ腕に巻きました。RIMG0056

EXILE登場です。一番盛り上がったかも!RIMG0059

佑都くん、全く消えてます。RIMG0066

ジャージを脱いで、ユニフォーム姿。RIMG0072
最後まで佑都くん、隠れてました。

ついに、退場です。RIMG0080

しっかり、頑張っておいで〜!!!RIMG0085

選手たちはそのままバスに乗り、埼玉へ。RIMG0088

先ほど除幕されて現われたヤタガラスのケース中には、
たくさんの折り紙が詰め込まれています。RIMG0089

いやあ、暑かった・・・
もうからだ中から汗が噴き出してきて、滝のように流れていました。

昨夜の段階では、
このあと、駒沢へ移動して、FC東京のナビスコを観て、
夜は三ツ沢で横浜FCを観るんだ、とわめいていたのですが・・・
今朝になって、風邪のようすが思わしくなく、
じゃあ、駒沢は諦めて、三ツ沢だけにしよう、と引き下がり、
うちを出てきたわけですが、
もう立っているのも苦しく、頭痛も始まって、早く帰りたい。
三ツ沢どころの話しじゃなくなってきました。

ところが、TOMMYさん、忘れてきちゃったそうなんです。
明後日の日韓戦のチケットを。
「これからうちに帰って持って来るから、このあたりでごはんでも食べて待ってて。」
というわけで、渋谷で遅いランチをいただくことに。
食欲もなく、味もほとんどわからないのですが、
サラダと
パスタを。

うちに帰り着いたのは、もうほとんど三ツ沢のゲームが始まる頃でした。
あとで結果を見て、とちらも行けばよかった〜〜悔しい〜〜

ichigodaifuku35 at 19:31|この記事のURLComments(0)

2010年05月21日

ヤタガラスの行方

e5a624f0.JPGヤタガラスの1/4サイズの折り紙です。

頑張って折ってもらいました!!

さて、これをどうするか????


MOKAさんがわざわざ熊野まで行って用意してくれた
ヤタガラスの御守り。RIMG0100

大宰府天満宮のブルーおみくじ。RIMG0102

表。RIMG0107

裏はこのようになっています。RIMG0059

これを3つセットにして、なんとか届けられないだろうか・・・。RIMG0121


きょうは、病院めぐりの日。
午前中は、泌尿器科。腎臓内科の検査では原因がわからないので
泌尿器科に回されたわけですが、ドクターの問診を受け、
「では、CTを撮ってみましょう。えっとぉ、次の予約は・・・。」
ええっ〜、また、来るの〜〜???

午後からは、別の病院で、左腕のMRI検査。
注意事項を書いた紙を渡されていたのですが、腕だけだから・・・
と気軽に考えて、ちゃんと読んでなかったら、
たとえ腕だけであろうと、全身、あのカプセルに入るわけで
「化粧だめ、マスカラだめ、ラメの入ったアイシャドウだめ、パールの入ったマニキュアだめ」すべて当てはまっている〜
大急ぎで顔を落とし、さすがに除光液は持っていなかったので
「売店で買ってきます。」と言ったら、
「そんな時間ないよ。ここにあるから、これ、使いなさい。」
わたしみたいな人がたくさんいるらしい(汗)

昨夜、ほとんど寝ていなかったので、あっというまに終了。
歯医者は時間の調整がうまく行かず、次回ということになりました。

昨日の雨の中のお散歩がよくなかったのか、
どうも風邪を引いてしまったみたいで、
病院に行ったおかげで(?)それがますます悪くなったような気がします。
これ以上、悪くしたくないのですが・・・。

ichigodaifuku35 at 22:28|この記事のURLComments(0)

2010年05月20日

エゾヤマザクラ

a4a211ab.JPG連休をとうに過ぎ、
5月ももう下旬というのに、桜が咲いてるらしいよ、
と言われて、見に行ってきました。

とは言うものの、
ものすごい大雨だったのです。
外に出て、一瞬ひるみましたが、こんな時期の桜なんて
もう二度と見るチャンスもないかも?
と根性出して歩き始めましたが、
傘がおちょこになるくらいの強風で・・・。

公園はすぐそばで、窓から桜が見えていましたから、
あそこまで行こう!
たどり着いてみると、あれ?こんなもの? もう終わりじゃないの!

さらに図書館まで進んで、
やっと満開の桜を発見。RIMG0151

ソメイヨシノとはちょっと違います。RIMG0148
『エゾヤマザクラ』と札がかかっていました。
落ちていた桜を拾ってみると、
ピンク色が濃く、花も大きくしっかりしていました。

前庭には花が咲き乱れ、今が春真っ盛り。

もう少し奥に進むと、色のない世界。RIMG0156

やっぱりもう桜は終わってしまったようです。RIMG0159

もう帰ろう!
帰りは別のコースを選びました。
よそ見しながら歩いていたら、大きな水溜りに気がつかず、ざぶ〜ん。
くるぶしまで浸かってしまい、靴の中、ジャブジャブ。

途中、民家の庭先に、1本の桜の木。RIMG0173

水仙も見事に咲いていました。


お部屋に戻ったら、あまりの寒さに足が寒冷蕁麻疹。
冷えたからだを温めて、熱いシャワーを浴び、ランチタイム。
昨夜、「では、明日、公園で会いましょう。」と言って別れた後輩が先に来ていて、
「会わなかったね。」と声をかけると、
「こんな大雨の台風みたいな天気なのに、出かけるわけないじゃないですか!!」
と言われました。ごもっとも。

ビーフのオイスターソースランチセット。

デザートは杏仁豆腐のシャーベット、と言われたのに、ムースでした。
500円割引券も忘れてきて、なんかさっぱりしない感じ〜。

ichigodaifuku35 at 23:59|この記事のURLComments(0)

2010年05月19日

青いおみくじ

e3ff58dd.JPG『大宰府に、サムライブルー色のおみくじ登場』
というネットニュースを読んで、
こりゃ、行かねばなるまい!!

大宰府駅に降り立つと、
(←)さっそく目に入ったのがこの幟。

地元が開催するワークショップです。

サムライブルーだらけ。RIMG0136

ここで、あの幟をボランティアの方々が作成していらっしゃるようです。

それらがこのように参道に一斉に並んでいました。 RIMG0095

心地池にかかる三つめの赤い橋。

飛梅の木。
この季節は、緑鮮やかな葉を茂らせていました。
まずは、お参り。RIMG0103

「選手全員が100%の力を出し切って闘うことができますように!」
と心を込めて、お祈りしました。

そして、これこれ、これです!!
サムライブルー色のおみくじ〜。RIMG0100

大量にほしい、と申し出たら、巫女さんが付き添ってくださり、お好きなのをどうぞ!
そのあと、自分用にひとつ、引いてみました。

小吉。RIMG0108
『心だにまことの道にかなひなば いのらずとても神や守らむ』
まさに、ぴったり、のお札です!!! これは、いいぞ〜。いい兆し。いけるかも!!

すでに、たくさんの方々がおみくじを引いて、
このように結んでいらっしゃいます。RIMG0109

わたしも結んできました。

これで目的は果たし、すぐに帰るつもりだったのですが、
駅前にピンク色の幟も一緒に下がっていました。
あれを見てしまったら行くしかありません。
これが入り口。

長いエスカレーターをふたつ乗り継ぐと

動く歩道。
色がどんどん変わっていきますが、ブルーが一番きれいでした。

それを抜けると、山の上にいきなり出現した巨大な建造物。RIMG0118

九州国立博物館です。RIMG0116

開催されているのはこれでした。RIMG0115
いつだったか、
ジュネーヴの博物館で、全く同じに見える大皿が3枚飾ってあり、
それぞれが、景徳鎮、伊万里、デルフトで焼いたものだと説明されており、
陶磁器の歴史がそこに凝縮されているなあと感動したことがありました。

ため息の出るようなすばらしい作品の数々を眺めながら、
これらが日本ではなく、ヨーロッパで生きているということに複雑な思いがしました。

それにしても、ずいぶん贅沢な空間の使い方です。
もっとゆっくりしたかったのすが、
時間に追われています。

大急ぎで博物館をあとにして、まだ咲き始めの菖蒲池を横目で見つつ、RIMG0130

おみやげの梅が枝餅はしっかりゲットし、

焼きたてのあつあつをほおばりながら、駅へ戻りました。

ランチは、ホテルのブッフェで、これまた大急ぎ。
初めていただいたのですが、すごくおいしかった。
だんだん混んできて、ものすごくたくさん食べたので、写真はこれ1枚で放棄。
シェフが焼いてくれるローストビーフ、目の前で揚げたての天ぷら、その他、
あまり期待していなかったせいか、すべておいしくいただきました。
これで、500円ですよ〜、びっくり〜。

お天気は、ぱらぱら小雨が降ったりして、はっきりしない空もようでしたが、
ほとんど傘をささずにすみました。
昨夜の躑躅も色鮮やか。


ichigodaifuku35 at 22:32|この記事のURLComments(0)

2010年05月18日

お決まりのコース

c5ca8a1a.JPG小雨がぱらつく深夜、
このまま寝るには空腹すぎる!

新聞に目を通しながら、しばし考えた末、
やっぱり、行くぞ〜

ホテルで傘を借り、外へ出ました。
躑躅にぐるりと囲まれた玄関は、
街燈の明かりでも十分きれいに見えました。

向かったのは、ラーメン屋さん。
                        ↓
明太子「焼きラーメン」です。
もやしとわけぎがたっぷり乗っかっています。

これではうまく説明ができないので、
ちょっとお行儀が悪いのですが、食べてる途中がこれ。
麺はそうめんのように細く、ゴマ油で炒めてあるので香りがいいです。
熱くて火傷しました。
明太子は全体に絡めてあり、小さい粒々がまんべんなく麺にくっついていました。
具は、豚肉と、アサリとイカ。おいしい〜。

そのあと、すぐ近くにある、マッサージ屋さんへ。
中国人が経営している、遅くまでやっているお店で、安い!

久しぶりに覗いたら、日本人が出てきたので、
あれ、経営難でオーナーが変わったのかな??と思ったら、
別のお店の方に行っているということでした。
支店を出すほどになったのねえ。たいしたもんだ。

わたしの担当は、若い中国人の男の子でした。
上手でしたよ。力ある。
ボディ40分、足30分、トータル70分で3000円でした。

雨はだんだん強く降り出し、靴がびしょびしょ。
明日も降るのかなあ。

ichigodaifuku35 at 23:51|この記事のURLComments(0)