2011年01月

2011年01月31日

新年なのに、走る〜

RIMG0442

 「恭賀新禧」





RIMG0447
おかげさまで
無事に成田行きに乗ることができ
開港一番(06:00)に着陸。





RIMG0451ベイブリッジから
富士山がきれいに見えました。
みなとみらいのビルが
なんとなく低く感じられたのは
ドーハのウエストベイの
超高層ビル群を見慣れたせいでしょうか。


9時前には自宅に戻ってきました。
それから、ゆっくりお風呂に入り、活動開始です。

久しぶりに高速を走ったら、運転が怖い。
どうしてなんだろう、と考えていたら、寝てないからだ!
ということに気づきました。
危ない!
集中力が低下しているのがわかります。
十分注意して、一旦戻り、
電車に乗り換えました。

師走のように、走る走る・・・・
きょう中に行かなければならないところ、4箇所、
夕方までにすべてクリア。
よかった!!!これで、ひと安心。
ずっと気にかかっていたことを済ませることができ、やっと肩の荷が下りました。

ichigodaifuku35 at 23:59|この記事のURLComments(0)

2011年01月30日

長い道のり

RIMG0423ここは、ドーハの空港。
ゲート近くの椅子に座っています。

目の前に
アルジャジーラのショップ。
ここのカップがほしかったのでした。


スークでも、ヴィラッジオでも売っていましたが
空港にも必ずあると信じていました。
やはり、あった。
よかった!

予定の飛行機に乗り遅れまして、
次のドバイ行きは、4時間30分後。
でも、それに乗ってもその日の日本行きには乗り継ぐことができません。

翌日の成田行きでは間に合わないので
ドバイから、バンコクか香港行きに乗り、その日の夜便に乗り継げば、
31日の朝には日本に到着できます。
それで行くっきゃない!!

チェックインカウンターがオープンする2時間くらいの間が一番つらかった。
こっくりこっくりしても、すぐ目が覚めて、うまく眠れません。
なにしろ、幕作っていて、1時間半しか寝てないのですから、
メチャクチャ眠いはずなんです。

ドーハ/ドバイ間も、飛行時間40分しかないので寝ようにも寝れません。

RIMG0430昨夜の金色のリボンみたいだなあ、
と思って撮りました。
この柱は、ドバイの古い方のターミナルです。

バンコク行きは、午前中に2便あるので
大丈夫と思っていましたが、
どちらもオーバーセールで
隣りにいた人が言うには、
「昨日から待っているけど、乗れない。今の時点で20人も待っている。」
こりゃ無理だ!
なので、香港行きに変えました。

RIMG0431ドバイで待つこと、
さらに4時間20分。
夜が明けてきました。





RIMG0432香港行きはエアバス380。
あの2階建ての飛行機です。
ドーハのテレビで
盛んにコマーシャルやってました。
シャワーもついてるホテルのような飛行機。
(もちろん、ファーストクラスだけですが。)


RIMG0434ボーディングブリッジが
1階用と2階用とふたつあり、
窓も後ろまで2列ついています。
この飛行機は本当に静かなので、
うまく眠れそう。

と思っていましたが、
結局映画を見ていたら、
ほとんど寝る暇がありませんでした。


RIMG0436香港に到着したのは夜の10時過ぎ。
そうです、こちらは
チャイニーズニューイヤーなのでした。
賑々しい飾りつけが正面にド〜ン。

成田行きの便は、夜中に1便しかありません。
それがまた、オーバーセールでした。
1泊して、翌朝1番の便だと
午後にしか成田に着かないので、やっぱりダメだ!!
「23:50にもう一度ここに来い。」と言われ、
さあさ、おなかがすいた、汁そば、汁そば。
RIMG0439出発階の中2階に
レストランがあります。
汁そば、というのは
日本のラーメンとはちょっと違います。
独特の臭いがあって、メチャおいしいわけではないのですが、
なぜか妙に食べたくなったのです。
バンコクじゃなくて香港に決めたとき、
やったあ、これで汁そばが食べられるじゃん!と思ったのでした。

でも、上がってみたら、「閉店」。
ええええ〜。
隣りのレストランも同じく。
ショック。
もうすっかり汁そばモードになっているのに・・・。

RIMG0443到着階に下りて、発見。
「あと30分で閉店だから、
さっさと決めて、さっさと食べろ。」
と言われ、
「は、はい。」



RIMG0440海鮮白湯麺。
ナマコと白魚と海老が入っていました。
食べているテーブルから、
塩胡椒セットは持っていってしまうわ、
隣りのテーブルを、
洗剤スプレイでシュッシュッやるわ、
ウィ〜ンと掃除機をかけ始めるわ、
ものすごく焦らされました。
閉店時間=帰宅時間のようです。残業はなし!
RIMG0444
もうお店もどんどんしまっていき、
カウンターも人の姿がほとんどなくなりました。
さあ、どうなることやら。
私の運命はいかに??
乗れるといいなあ。

ichigodaifuku35 at 23:45|この記事のURLComments(0)

2011年01月29日

AFCアジアカップカタール2011決勝戦・延長戦は余計だった!≪オーストラリア vs 日本≫

RIMG0254タクシーで決勝の地、カリファスタジアムへ。
ドライバーはバングラディシュ人でしたが、
服装、顔立ち、物腰に品があり、
余計なおしゃべりもせず、
すでに混み合ってきた道路を
スイスイと見事なハンドルさばき。
こういう時には、
喜んでチップをあげたくなるものです。

RIMG0255
敷地に入ったとたん、旗売りがたくさん。
どうでもいいけど、
日の丸の赤が小さすぎるような気がしません?




RIMG0262日の丸の小旗を持った
娘の写真を撮っているおとうさんがいて、
一緒にパチリ。
「応援ありがとう。」って言ったら、
「我々は、アジア人だから。」
と言われてしまいました。
そうか、インドはアジアで、日本もアジアで
オーストラリアはアジアじゃないのか・・・。
複雑!

頭にカンガルーのぬいぐるみを乗せているオージー発見。RIMG0263
絶対に負けたくない。
私は、まだこの目で
オーストラリアに勝ったところを
見たことがない!(PK勝ちを除く。)
いつも負けて、カンガルーの風船が
ゆらゆらするのを見て泣いた。
今日こそ、勝ってみせてくれ〜。
カンガルーが落っこちそうになってる。
いい兆候だ。

RIMG0264荷物検査を通過して、
後ろを振り返り、
その荷物検査を撮ったものです。
また、ここでひと悶着ありました!!

混んでいて、何人も並んでいるのに、
「荷物だけX線の台に置いて先に通せ。」
と言われたので、断わりました。
だって、そんなに早く通したら、荷物が目の届かないところに行ってしまい、
中の物を抜かれてもわからないでしょう?
「じゃあ、あっちへ行け。」と。
そこは、X線を通さない代わりに、バッグの中身を全部出して、チェック。
そしたら、最初に佑都幕が引っかかりました。
「なんだ、これは?」と向こうに持って行こうとするので、
「待って〜。それは応援用の幕です。」
そういえば、中国の決勝戦のときも、幕は禁止と言われてたっけ!
「これは、張るものではなく、手に持ってかざすもの。
なんの問題もないでしょ。幕禁止とは聞いてないし、
別に変なことは書かれてないから。」と言ったら、
何人かで協議の結果、返してくれました。

次に、「これは?」と袋から出されたのが、幕を通す支柱。
ちょっと、やばいかも?これは凶器になるかも?
「これは、ダメだ。」やっぱりね。
「でも、今まで一度も言われたことなかった。
大丈夫。幕をこの棒に通して、捧げ持つだけだから。」
「ダメだ。あちらに預かるところがあるから、あっちに持って行け。」
「無理!」何万人もいる人の中を掻き分けて、
その場所に到達して、返却してもらうのは不可能。
しかも、私には時間がない。
飛行機の出発が、キックオフして、5時間15分後。ギリギリなんです。
「お願い。日本人は、これを投げたり、人を叩いたり、そんな手荒なことは絶対にしない。
これは手作りで、貴重なものなんだから。」
「だったら、向こうに預けろ。」
もうもうもうもう〜〜〜〜〜
どうして、わかってくれないかなあ。
韓国戦では長友幕を勝手に持って行っちゃったくせに、
日本人を野蛮人扱いするな〜
と頭にきた私は、
「悲しい。この国では、嫌なことばっかり。悪い国だ。」
そのとたん、おねえさんが激怒!
「今、何って言った? カタールが悪い国?
ああ、そうかい。そんなことを言う人は、帰れ。帰れ。
ここには入れてやらない!!! 帰れ〜!」 私より逆上する人がいた!
「帰れって?私はチケットを持ってるんだよ。」
(おまえに帰れ、なんていう権利ないだろ?)と言いたかったけど、
さすがにそこは抑えました。
「預けろ。」と言ったおにいさんが、びっくりして
「帰れ!」とはいくらなんでも言いすぎだと彼女にやさしく注意。
「じゃあ、もういいよ。捨てていいよ。手作りの大事なものだけど。」と放棄。
カランカランと大きな音を立て、ノビオ作の繋ぎ支柱は、ゴミ箱の中へ・・・。
あ〜あ。

RIMG0266これは同じ敷地内にある
スポーツアカデミーという建物です。


RIMG0270









                右手のタワーは「タワー」。そのまんまの名前です。

RIMG0273まだ、人はほとんど入っていません。
冷気を帯びた風が束になって、
観客席の中を吹き抜けます。
まだ、始まってもいないのに、寒い!
暖かいと思って、羽織る物を
全部ホテルに置いてきました。
大急ぎでパッキングして
入りきれないものは
サッカー観戦用大型バッグに突っ込んできたので
ここに持ってきたのは小型の袋に最小限のものだけ。また風邪がぶり返す〜〜。

RIMG0276
案内係りの女の子に持ってもらって、
記念撮影。
ちょっと見にくいかなあ。
やっぱり、失敗だったか!



RIMG0283そのあとは、長いこと、
前の座席にかけておきました。
カメラマンは
誰も撮ってくれませんでした。

きょうのお席は、革張り風の
ちょっと良いお席です。

RIMG0278「ほにや よさこい」という
高知からのダンスチームが
日本のゴール裏で踊りを披露。
彼らは初戦のヨルダン戦のときにも
見かけました。
長期滞在ですねえ。
オーストラリア側は、
アボリジニの余興でした。

RIMG0281選手がバックスタンドの
日本の応援席に挨拶に行っています。
幕がたくさん。
彼らはすんなり
持って入れたのでしょうか?



RIMG0284あっというまに暗くなりました。
「タワー」が
ライトアップされています。
スタジアムには、
たぶん基本的には
トイレは男性用のみ。
臨時に、いくつかを女性用に変えて、
ちゃんと見張り番がついていました。

RIMG0288同じフロアに
飲み物とデザートが用意されていて、
「どうぞ、どうぞ。」と勧められましたが、
ランチが重くて、全くおなかがすいていません。
しつこく言われたので、
マーブルケーキとチョコレートケーキと
マンゴジュースをもらいましたが、
結局、そのまま。ごめんなさい。

RIMG0290選手入場です。
選手の通り道に
アジアカップが置いてあります。
これを絶対、手に入れて、
日本に持って帰るぞ〜!



RIMG0292「君が代」。
佑都幕を持ちながら、熱唱。
風が強くて、パタパタします。
支柱がないので、ゲーフラになりません。
悲しい・・・。



RIMG0293前の座席のイスラムの女の子が
日本のタオルマフラーを
巻いていました。
「DREAM 夢があるから強くなる」
これは、いつどこで手に入れたのでしょう?
日本人からもらったのなら、いいですね。
こうやって、ちゃんと巻いてくれて・・・。
ありがたいことです。

RIMG0295この中に
香川くんがいないのは
本当に残念。
でも、残った者で
しっかり闘うのだ!!!!



RIMG0300惜しいシュートもありました。
決めきれない。
さあ、後半、行くぞ。
延長戦だけはやめて〜。




RIMG0302惜しいなあ。







RIMG0306ああ、
ついに延長戦に突入。
これ、ほんとにやばいです。
飛行機に間に合わない〜。
もう1泊して選手たちと一緒に帰るのが
一番いいのですが、
31日にどうしてもはずせない用があって
ですから、
飛行機に間に合わないとちょっと困るんです。

座席についてから、ずっと心が落ち着きません。
ずっと引きずっていました。
何をかと言うと、
荷物検査で「帰れ、入れてやらない。」と言われたこと。
言われたことというより、
彼女にそういう思いをさせてしまったこと。
悪いことしたなあ、という後悔の思いで、とっても気分が重い。
せっかく、日本を応援に、さあ、頑張るぞ、と来たのに、
こんな嫌な気分にさせられて、でも、それも自業自得かな、
と考えると、
ここに来ていること自体、ほんとはいけなかったのかも?
無理してみんなに迷惑かけて、そこまでして来る必要があったのか?
という思いに発展し、
心臓が潰れそうになって、
ああ、早くこの重圧から逃れたい、早くゲームが終わって、早く日本に帰りたい、
もう負けてもいいや、とにかく早く終われ〜、
と私にしては、かなり弱気になっておりました。
うまくこのときの心理状態は表現できませんが、
苦しい思いを抱えて、応援していたことを記しておきます。

RIMG0313佑都くんのクロスに、李くんの劇的ボレーで
1点取った〜!!
勝ったあ〜!!
調子良すぎですが、
この時点では、
もうすっかり胸のつかえはどっかに飛んで
なくなっていました(あとで思うに)。

RIMG0317表彰式が始まって、
私より上のほうに座っていた日本人夫妻が
下に下りて行ったので、
私も一緒について最前列に移動。
こちらに4年住んでいるそうで
私にはみんな同じに見える被り物の方々を
「あれは、王様の孫、
あれは、皇太子の弟、あれが皇太子。」
と説明して下さいました。

RIMG0318本田はMVPを獲得。
うちでは、もちろん佑都くん。






特別賞は:
ノビオ「細貝」・・・あのPKのとき後ろから助走をつけて走り込み、少ない
          可能性をものにしたこと。

いちご「今野」・・・ピンチをピンチにする前に、ピンチじゃなくさせてた。
          目立たないけど、すばらしい。

RIMG0319メダルではなく、
小さなカップをひとりひとりに。
まず、キャプテン長谷部。





RIMG0321次は佑都くん。
左手にカップ、
10番香川のユニフォームを
腕にかけています。




RIMG0326わああああ〜。
金色の紙吹雪が!
よく見ると、
金色と銀色の2色で、
細長い形をしていました。



RIMG0322一番前に移動したのはいいのですが、
前過ぎて
ベンチが邪魔で
よく見えません。




RIMG0327おめでと〜!!!
やったね!!!
佑都幕をグルグル回して、
ピョンピョン飛び上がって
一緒に喜びました。



RIMG0333中東用ブルー幕は、
このアバヤ&日の丸鉢巻の女性方に注目され
「こっち向けて!写真撮らせて〜!」
と大人気でした。
それだけで、もう十分です。
なんて書いてあるかは、
ちょっとわからなかったようですが(汗)・・・

RIMG0337目の前の手すりの下からも
一斉に紙吹雪が飛び出し、
びっくり〜。





RIMG0346花火も上がり始めました。
駐在のご主人が
「こちらにはあまり娯楽がないので
こういうイヴェントを
みんな楽しみにしているんです。」
とおっしゃっていました。
ほとんど人がはけていません。
みんな花火を楽しんでいます。
もっと人が少なくなると思っていたのに、こんなに残っていては帰るとき、大混雑。
予定では、21時にスタジアムを出るはずでしたが・・・
途中で出るべきか否か、
迷っているうちに刻々と時間は過ぎていき・・・

RIMG0355紙吹雪は、
ますます勢いをまして
噴き出してきます。
すごい量です。




RIMG0361花火はスタジアムの外でも
ものすごい音をたてて
爆竹のように炸裂しています。
耳がどうにかなりそうです。
大音響〜。
昼間のように明るいです。


RIMG0371メインスタンドの屋根から、
金色のリボンも降ってきました。
すごい〜。





RIMG0364場内を一周し始める選手たち。







RIMG0377宣伝用の看板を乗り越えて
応援席に挨拶に行く
選手たち。





RIMG0378水色は
中東用幕。
テープで止めて張ってみました。
でも、注目度ゼロ。




RIMG0380花火の煙で
あたりは真白。






RIMG0383本田のインタビューが
始まりました。
何を言ってるかは聞こえません。
アナウンサーは日本人でした。




RIMG0390中央では、佑都くんが
記念撮影をせがまれています。
なかなか人を見る目があるじゃないの!
と感心していたら、
次々とやってくる人ごとに
写真をせがんでいました。
なんだ、誰でもいいのか!

RIMG0396次に、長谷部のインタビュー。
キャプテンとしての大役を
立派に果たしましたね。







RIMG0394その向こうでは、
今度は、本田が違うメディアの
インタビューに応じていました。
通訳なしです。




RIMG0400川島もよく頑張りました!
本当にいい顔をしています。
自信を持って
さらに邁進してほしいです。




RIMG0401さすがに
もう行かなくてはなりません。
間に合わない公算が強いですけど、
とりあえず空港に行ってみなければ。




RIMG0402外は真っ暗だし、
どっちの方から来たのか、
どっちに向かえば、車に乗れるのか、
全くわからないので
人の流れに沿って、動くしかありません。

「タワー」




RIMG0404RIMG0409







RIMG0412RIMG0416







RIMG0421なんとか、
大きな道路にぶつかり、
警備をしているおじさんに
タクシーがきたら、止めてくれ、
と頼みましたが、
全然そんなのいません。
これでは、いつまで待っても時間の無駄か。

「タクシー?」と声をかけてきたのもいましたが、
この道路でこれだけ渋滞しているのに、
パーキングから車を出すだけで終わっちゃうよ、あんた!
そしたら、
反対車線で、タクシーが見つかったらしく、
警備の人たちが総出で、上下線を止めてくれて
私をタクシーに乗せてくれました。
「大急ぎで!」
一旦ホテルに寄って、荷物をピクアップし、空港へ。
到着したのは、出発の30分前でした・・・・・・・・・・・・・
あの延長戦がなければ、ギリギリセーフだったのに、
ああああああ、悔やまれるう。
(だったら、さっさと出ろよ、ですね!)

ichigodaifuku35 at 22:45|この記事のURLComments(0)日本代表 

選手バス

RIMG0244きょうのチケットの件で
代表が宿泊するホテルへ行ってきました。
ちょうど選手バスが止まっていました。
良い兆候
行くぞ〜!!
勝利へ向かって!!


「やっとチケットが手元に届いたので、取りに来て下さい。」と連絡があったのが
午前9:30頃。
それから大急ぎで支度して、荷物を預けてチェックアウト。
ミニバーの計算が間違っていたり、
部屋代がだぶって請求されてたり、
メチャクチャな清算で、ひとつひとつ正していったら、1時間かかりました。
ひええ〜。
忙しい人を待たすわけにはいかないのでどうしても約束の時間に遅れたくありません。
ホテルを出たのが15分前。

RIMG0220アル・ルメイラ公園の中に旗が翻っています。
気がついたのは、ベスト8のころ。
ついに、決勝。
オーストラリアと日本の国旗が残りました。
日本のは風でまくれ上がっていますが
右の白いのです。


RIMG0223目指すホテルは、
ニョキニョキビル群とパールカタールの中間。
「急いで〜。」と言ってるのに、
黄色信号で止まるか〜〜〜〜〜!!

「あそこだよ。」と指さす運転手。
なんとか、ギリギリ間に合いました。

RIMG0242ホテルのロビー。
1人焦り狂っていた私とはうらはらに
この中は、ゆったりした時間が
流れていました。
チケットををいただき、しばらくお話しなど。
では、スタジアムで!とお別れしたあと、
せっかくですから、
ここでランチをいただくことにしました。

プールサイドにあるギリシャ料理のレストランのテラス席。
RIMG0226RIMG0225







RIMG0230
茄子とトマトとチーズ。濃厚なお味。






RIMG0232
こちらは、カラマリリゾット。
少量にみえるかもしれませんが、
かなりです。

どちらも大変おいしかった。
もうおなかいっぱい。
デザートは入りませんでした。

RIMG0233RIMG0237







代表は、予選が終わったあと、海の見えるホテルに移動しました。
前半のホテルは街中の何もないところだったそうですが、
ここは、どっかのリゾートみたい。RIMG0241

最初の一週間は寒くて、
次の週は雨で、
今週からやっと暖かくなってきた感じがします。





1時間半しか寝てません。
なんだか、最後になって、異常に忙しい。
今、ホテルに戻ってきて着替えをすませたところですが、
またホテル代でもめていて
(私が予約を何度も取り直したので、アゴダが混乱したようです)
すごく時間がかかっていて、その間に、パソコンを開いています。

バスで行って、ヴィラッジオでお買い物して、
それから、ゆっくりスタジアムへ、と思っていたのに、
これじゃあ、そんな余裕ないなあ。

では、行ってきます!

ichigodaifuku35 at 15:05|この記事のURLComments(0)

2011年01月28日

中東用新幕

RIMG0151昨夜は、図案だけで寝てしまい、
今朝は、アザーンの響きと共に起き、
幕作り開始です。

これが、型紙を乗せてみたところ。
だいたいこんな感じになります。
右から、「ナ ガ ト モ」です。

生地屋の人に見せたら、
みんな、「ナガトゥモ」って発音してくれていたので、たぶん、あっていると思います。

生地のアップ。RIMG0152RIMG0153RIMG0154




これらの中から、花びらとか、フリフリとか、はさみで切り取って、
文字を作っていくことしました。

RIMG0156切り抜いたものを
並べてみたところ。
これらを
切り抜くのに手間がかかり
もうお昼になってしまいました。
まさに寝食を忘れての作業でした。


RIMG0157上下に、
ピラピラするのもつけてみました。
ベリーダンスのイメージ。





RIMG0161RIMG0163RIMG0162








RIMG0159RIMG0160








RIMG0167右手がホテルですが、
すぐそばに、仕立て屋さんがあって
(クリーニング屋さんかと思って覗いたら、
違ったので覚えていました)
ここで、四隅を縫ってもらえないかと。
そしたら、閉まってました。残念。

これから、糸と糊と探しに出発です。

RIMG0168勝手知ったる#76のバス。
これから、シティーセンターへ。
二階建てバスの二階からの眺め。
バスターミナルはものすごい人。
きょうは、金曜日。
こちらは、休日なのでした。


RIMG0169最前列に陣取っていたネパール2人。
暇だったので、いろいろ話しをしました。

ネパール人はたくさん日本に行っていると、
彼も言っていました。
「日本に行くにはどうしたらいいの?」
って聞くので、
「学生ヴィザを取れば、簡単に行けるって。
もちろん、違法だけど。」
「そのほかに、方法はないの?」
ほかにねえ。日本人と結婚するとか? は口にしませんでした。

RIMG0174休日の防波堤は、日本と同じように
釣りをしている人が大勢。






RIMG0179海沿いの公園もたくさんの家族連れが
戯れていました。






RIMG0182おなじみのウエストベイのビル群。







RIMG0191シェラトンホテルが見えてきました。







降りる間際になって、
「お願いがあるんだけど。」と言われました。
「きょうは、ファミリーデイなので、僕たちだけでシティセンターには入れない。
一緒に家族ってことにしてくれない?」
「????」
「意味わかんない?」
「わかんない〜!!!!」
ショッピングセンターに入るのに、何の制約があるというのでしょう。
公共の建物じゃないですか!

そしたら、1階に下りたとき、また別の人に声をかけられて、
同じことを頼まれました。
どうして???

RIMG0195これが2階立てバス。
きれいだし、
これで75円ですから。

半信半疑で、モールの入り口まで行くと、
確かに、怖そうな係り員がいて、
チェックしています。

我らの番になって、「3人、家族だから。」って言ったら、
「違うでしょ。わかってるよ。」
「君は何人?」「日本人。」
「君たちは?」「ネパール人。」
「はい、じゃあ、君、日本人OK。 君たちはダメ。」
と追い返されました。
なんなんだ、これは?????
よくわかりませんが、お役に立てず、ごめんなさい。

RIMG0200そして、レストランへダッシュ。
もうおなかがぺこぺこです。
頭痛はどっか消えちゃいました。
風邪は、まだ少し鼻水出てます。
でも、もう復活しました!!



私もけっこう食べる方ですが、
このレストランのお客は、半端じゃありません。
ブッフェなのですが、お皿山盛りを2つも3つも抱えて、それを全部しっかり食べてます。
RIMG0196RIMG0197









RIMG0198RIMG0199








私は無理。これが限界。煮物、炒め物がおいしかったです。

RIMG0201さすがに休日なので、
スケートリンクにも人がいました!
ここで、アイスホッケーもできるみたい。





それから、カルフールへ。
広い店内を右往左往。
瞬間接着剤は、どこにあるかと聞くと、カー用品のところ。
糸はどこ? アイロン台の下。
これじゃ、一人では探せない。ぐったり疲れました。

RIMG0204また、スタバで休憩。
フルーツのフラペチーノが
品切れでした・・・





帰りもバスにしよう。
バス待ちをしていると、フィリピン人のおばさんがいたので
「きょうはファミリーデイなの?
ファミリーじゃないと、モールに入れないの?」
と聞いてみました。
「そうよ。なぜだかわかんないけど、厳しいよ。
男の人は、女の人と一緒か、家族じゃないと、中に入れてもらえないのよ。」
と言っていました。理由はなんなんでしょうね。

女性とはなかなか話しをする機会がなかったので、いいきっかけになりました。
家族を置いて、単身、出稼ぎにきていること。
住み込みのメイドをしていること。
雇い主は医者で、スーダン人なのに、英国のパスポートを持っていること。
マニラに残した3人の子供のうち、
一人は学校を卒業して、ヴィザが取れれば、
バーレーンのリッツカールトンに就職すること。
二番目の女の子は、もうすぐ卒業。
3番目がまだ8歳。だから、がんばって働かなきゃいけないこと。

失礼かとは思いましたが、
「いくら稼いでるの?」と聞いてみました。
「200ドル。」
あまりの少なさにびっくりして、
「週に200ドル?」と聞き直してしまいました。
「いや、1ヶ月よ。」
そっかあ、週に1回だけ休みのほかは、24時間こき使われて、月200ドルかあ。
「マニラの仲介がいっぱいマージンを取るのよ。」と言っていました。
でも、たくましいですよね。
それで、3人の子供を育ててるんですから。

バスがターミナルに着くころは、もうすっかり日も暮れて・・・。
「会えて楽しかった!」と手を振って別れました。

RIMG0208帰りに、仕立て屋の前を通ると、明るい!
「この布の四隅を縫ってもらいたいのですが、
できますか?」
「いいよ。」 
よかった!
22時までオープンしているというので、
四方を仕付け糸で縫ってから、また来る、
と言って、大急ぎでホテルへ。
韓国 vs ウズベキスタンの中継を観ながら、お裁縫。
フリフリを切り取ってくっつけるのに時間がかかり、
ゲームオーバーと同じ頃、やっと完成。
それを持って、また仕立て屋へ。
RIMG0211快く、ミシンを踏んでくれました。
サイドは、棒を入れなければいけないので、
布の始末がちょっと厄介。
何度もやり直してもらい、感謝。
いくら?って聞いても、言わないから、
どうしよう、と困りましたが、
最後に小さな声で「20。」
って言ってくれたので、助かりました。

RIMG0213これで枠が出来上がりました。

これから、あの花びらをもう一回並べて、
糸で留めていきます。




一応、だいたいの時間を計っていたのですが、約4時間でめでたく完成!
RIMG0217
私の怒りを収める手段として、
勢いで作ったエゴイスティックな中東用長友幕。
佑都くん、きっと第一声
「まじっすか!」と言うだろうなあ。
掲げる私でさえ、ちょっと恥ずかしい。



ichigodaifuku35 at 23:59|この記事のURLComments(0)

2011年01月27日

布探し

RIMG0118風邪はよくなった気がします。
でも、まだ頭痛が消えません。
ひどい痛み。
これじゃ、全く何もやる気なし。
お昼までだらだらしていて、
きょうもルームサーヴィス。
ペンネ・アラビアータとシーザーサラダ。

食べ終わって、またベッドへ直行。
体操したり、肩や首をマッサージしたり、ごろんごろん。
本を広げてみたり、うとうとしたりしながら、
なんでこんなに頭が痛いんだろう、
頭蓋骨にまとわりついて、私を苦しめるこの頭痛〜。

そうか、わかった!!
長友幕を盗られた悔しさで、歯を食いしばって寝ていたんだ。
だから、顎、首、頭、ときたに違いない!!
そうか、そうだったのか!!

この怨みは、幕で果たすしかないだろう。
日本語の幕を盗られたのだから、アラビア語の幕を作ればいいんだ!!
(意味不明)
ド派手な、すごいのを作ってやろう。
頭の中には、あの、佑都くんの載っている新聞をくれたおじさんの店の
キラキラがイメージとして残っていたので、
ああいう感じの中東バージョン幕を、作るぞ〜〜〜〜〜。

そう思い始めると、頭痛も薄らいできたような・・・・。
人間、目的を持つと言うことは大事なことなんですね!

もう外は真っ暗になってしまいましたが、
ロビーに下りて、
「" NAGATOMO " って、アラビア語でどう書くの?」と聞いたら、
誰も知らないって。みんな外国人労働者だから。
簡単なのならわかるという人が奥にいて、紙に書いてきてもらいました。
「数字の5は?」
かっこいい、まさにアラビア文字!!っていうのだったらよかったんですが、
ただの〇。
5は、アラビ数字では、〇なんですって。つまんない。

RIMG0121スークは夜になると、
ものすごく賑やかになりますが、
こちらは、ひっそり。
ハーゲンダーツのカフェです。
みんな今はお食事タイムなんでしょうかね。




RIMG0142スークの店の入り口。
最初は、あまり人がいないのですが
奥に行くにつれ、どんどん人が多くなり、
通路も狭いのですれ違うのが大変。






RIMG0122迷路なので、
あのおじさんの店にたどり着くのも
ひと苦労でした。

でも、あのおじさんはいなかった。
一応、義理を果たして、この店で
ブルーのスパンコールを買いました!!

そのあと、いろいろ見て回り、
あのブルーの地にアラビア文字をどうやって表わすか、
イメージをふくらませながら、赤と白の生地3種類、別々の店で買いました。
同じところをぐるぐる回って、わけがわからなくなりました。
ふう!

では、夕食といきますか。RIMG0128
おしゃれな店だなあ、
といつも気になっていたところ。
白い柱が高級感あり。
メニューは・・・あまり食べられそうなものがない。
レバノン料理がメイン。





RIMG0131RIMG0133







         (左)野菜スープ             (右)海老春巻き



RIMG0134左の赤っぽいのは、
FOULという豆。
暖かいです。
これを生野菜につけて、いただきました。
まずくはないけど、だんだん飽きてきました。

以上。メインディッシュはパス。

RIMG0135外のテラスでいただきましたが、
室内を見ると、すごくゴージャス。
記念日のディナーによさそう。






いつものステージでは、
来たときは男性のダンスでしたが、帰りは、女性たちが踊っていました。珍しいですね。
RIMG0123RIMG0140







RIMG0138
いつもより見物人が多いのは気のせい?






RIMG0145買ってきたのは
これらです。
すごいでしょ!!
全部で、いくらだったかな。
1800円くらい。
高いのか、安いのか、よくわかりません。


RIMG0150これが、図案。
どんなふうに出来上がるか!!
決勝戦までに、間に合うのか!!







*「機械・春は馬車に乗って」横光利一

ichigodaifuku35 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2011年01月26日

一夜明けて

RIMG0115全く起きられません。
最悪のコンディション。意識朦朧。
ずっとベッドの中にいましたが、
ブログを作らなきゃいけない。
気合を入れて起きては、またベッドに倒れ込み、また起きて・・・
食欲もなく、水を飲むのがやっと。

RIMG0092ブログ出来上がって、
やっと下にアラビア語新聞を取りに行って、
そこで、少し元気出て、
ルームサーヴィス。
いきなりのビーフバーガー!
予想以上においしくて、ぺろっと平らげました。


これで、ちょっとパワーが戻ってきたかなと思いきや、
今度はひどい頭痛が始まって、
新聞の記事を写真に撮るのもしんどくなってきました。
RIMG0112たくさんありすぎ!!!







切り抜くのもだるく、英文を読む気力もなく、全部は載せられないので、
少しだけにします。
日本のスポーツ新聞とかぶっているとは思いますが。
RIMG0106RIMG0111







RIMG0103RIMG0108











RIMG0113

みんないい顔してます。
本当によかった。
川島、よくやった!!!





RIMG0104
川口まで出してきている新聞もありました。
また、ヨルダン戦のことが
引き合いに出されているのでしょうか?




夕暮れあたりが一番調子よく、それからまたひどい頭痛が始まり、
もうあの風邪薬は飲む気がしないので、ADVILの鎮痛剤を飲んで、寝ることにします。
明日は、爽やかな朝が迎えられますように!

ichigodaifuku35 at 22:32|この記事のURLComments(0)

2011年01月25日

AFCアジアカップカタール2011準決勝・勝つには勝ったけど、ショックも大きい≪日本 vs 韓国≫

RIMG0054勝ちましたね!
すごい戦いでしたね。
スタジアムも大盛り上がりでした。
日本でも、きっとテレビの前で手に汗握り、
みなさん、絶叫されてたんだろうなあ。
最後までハラハラドキドキ。
ちゃんと雪辱を果たしてくれて
本当によかったです。

さて、順を追ってきょうを振り返ってみることにします。

RIMG0006突然、復活した私でしたが、
一応、また薬局に行き、
「熱もない、咳も出ない、寒気もしない、
関節も痛くない。
とにかく、鼻水を止める薬をくれ。」
と頼み、
奥から出してくれたのが、これ!
聞いたことのない薬でしたが、
スイス製で「ものすごく強い薬で、すぐに鼻水が止まる!」のだそうです。
一緒にスイカ味ののど飴もゲット。

RIMG0015またまたスークに行って、
きょうはこのレストラン。
トラディショナルフードと書いてありました。





RIMG0008中は、アラビックなインテリアです。
ジーニーが出てきそうな雰囲気。






RIMG0012いつも海老ばっかりなので、
きょうはイカにしてみました。
左の赤いソースの中に、白い豆のように見えるのがあれがイカです。
ベイビーカラマリ。
"KABSA" という料理ですが、
味はほとんどカレーです。
病み上がりの私にごはんの量は多すぎ、
半分しか食べられませんでした。

RIMG0018バスターミナルがすぐなので、
きょうはスタジアムまで
バスで行ってみることにしました。
空がきれい。




RIMG0019でも、人が多い。
#156のバスに乗れば、スタジアムに行ける、
と聞いたのですが、
横から「10リアルでどお?」
と声をかけてくるドライバーあり。
「10だよ、安いよ!」
確かに安いけど、バスなら3だろ?
意地でもバスに乗ってやる、と思っていたのですが、
バスが1時間に1本しかなくて、何時に来るかわからないと言われ、
仕方なく、10リアルの車に乗ることにしました。
そしたら、相乗りだって。
「じゃあ、5ずつでいいの?」
「いや、一人10ずつ。」
「なんか、それ、変?」
そしたら、もうひとり連れてきて、3人で10ずつで、30リアル。
前回払ったのが35リアルだったので、
ドライバーはほとんど損しない、ということになります。
うまいこと考えましたね。RIMG0021







RIMG0022知らぬ者同志、
3人を乗せたタクシーは
海沿いの道を快適に飛ばします。

降りるときにわかりましたが、
彼らはスタジアムに行く人たちではありませんでした!なんだ!!

RIMG0025左手にスタジアムが見えてきました。
そのまままっすぐ進まなくてはいけないところ、
左に曲がってしまったので、
とんでもないところで降ろされ、
大回り。
歩かしてくれるじゃないの!!


RIMG0028こちらは荷物検査の入り口です。
女性用と男性用に分かれており、
女性用は2レーンしかないのにガラガラで
男性用はいつも混み合っています。




RIMG0029中に入ると、
さっそく
「あなたは、日本人ですか?韓国人ですか?」
と聞かれ、
「日本人はここから右手、
どこでも好きなところにお座りください。」
と言われました。

RIMG0033まだそれほど人が多くなかったので
前から3番目の通路側に陣取りました。






RIMG0030BlogPaint







すぐうしろのベイビーは背中に選手のサイン入り。
前は日の丸、JAPAN、お手製のシャツです。

RIMG0032南アフリカの時に作った鎧だそうです。
とても、よくできていました。
全部で10体あるそうです。





RIMG0034向こうから、先に私を見つけてくださいました。
いつだったか、
バーレーンでお見かけしたことのある方です。
愛媛FCのマスコット、オーレ君を
首からさげていらしたので覚えていました。
「一平君の着ぐるみをを貸してくれ、と頼んだけど、断られたんだよ。」とおっしゃっていました。
「もう一回、プッシュしてみる。
新しいのを作ってあげて、今のをもらえばいいんだよね。」って。
すごい!!国際試合に、一平君、いよいよデビューか??!
「担架も必要だね。」と笑っていらっしゃいました。楽しみだなあ〜。

BlogPaintウルトラスの方々が
幕を張り始めました。
すぐ向こうに、同じくらいの高さの柵があるので
ピッチからはほとんど見えないと思いましたが、
係りの人が「ここはダメ。上に持て行け。」と
さんざん言っていたのに、
強引(?)に張ってしまって、
もう彼らも諦めたようでした。

RIMG0040なので、
私もその隣りに、
「長友」幕を張ってみました。
ちょっとでも、見えてくれればいいなあ。
(おねえさまが、「佑都幕2回も映りましたよ。」
そのあと、「長友幕もよく見えています。」
とメールくださリ、やったあ!)

BlogPaintこの巨大なカンドゥーラのお二人は
日本の応援に来たから、
ということで、
こちらに座っていただきましたが、
楽しんでいただけたでしょうか?



RIMG0043きょうはバージョンアップ。
青2個と白1個の風船を
佑都幕に付けてみました。





RIMG0049いよいよ選手入場です。
思いっきり声を張り上げて
「君が代」を歌いました。
この暗〜い短調のスローテンポな国歌は
他国の方にはどう聞こえるのでしょうね。
パワーアップにはならないけれど、
荘厳な気分にはなります。

RIMG0058ここは、日本人サポーター席であるはずなのに、
なぜか、イランの人がやって来て、
旗を振りまくっています。
はっきり言って、邪魔なんですけど。
アジアカップを盛り上げたいなら、
ほかの席でやって!
ただ、目立ちたいだけなら、退場〜。

それから、FKの大切な場面でピッチに背を向けて、
アラビア人と一緒に記念撮影している日本人。
あんた、何しに来たの?
写真を撮るな、とは言いませんが、
立つと、見えないんですよ!!!!この大事な場面に。

RIMG0063だんだん日も落ちてきて、
雲も怪しい感じになってきました。

不可解なジャッジにはもう慣れました。
それを
実力で跳ね返すくらいのことをしなければ!
きっと、できる!

RIMG0069が、
ついに、延長戦に突入。
青い色は、風船です。
きついのは、向こうも一緒。
がんばって!



RIMG0071パク・チ・ソンと競り合う佑都くん。
負けてませんでした。
岡崎がボールを持つと、
「オカ〜。」と女性の声があがります。
こちらは、
佑都くんがボールを持つと、
「ユート、行け〜。」
佑都くんが守る場面では「ユート、負けるな〜。」
でもきょうは、「今ちゃん、ありがと!」と何回つぶやいたことか。

RIMG0074右手の白い幽霊(?)は
前の席の方の日の丸の旗です。
パク・チ・ソンは、パク・チ・ソンなのに、
なぜか
チャ・ドゥリだけは、ドゥリ・チャ
と呼ばれていました。
(TV観戦してたとき、何度も、
ドゥリ・チャ、ドゥリ・チャ、と叫ばれていました。)

RIMG0078最後の5バックは守りを固めるためだったのか、
よくわかりませんでしたが、
一瞬の気の緩みか、集中が途切れたか、
もうあとちょっとだったのに、
本当にもったいないことでした。



RIMG00722007年の韓国との3位決定戦のときのことを
調べてみたら、
最後はPK戦で、どちらも譲らず、
最後の一人、
日本がはずして負けてしまったようです。
いや〜ん。
PKは勝っても負けても、
すっきりしない気分が残ります。

RIMG0064どんどん、こういう輩がふえてきました。
席にも座らず、
ぞろぞろと
物見遊山にきているような感じ。
こういう人たちを
この一角に入れてはいけません。
係りの人は何をやっているのでしょうか?
ほっぺに韓国の国旗を絵描いて
「コリア、コリア。」と叫んでいる人も来ました。ありえないでしょ!

RIMG0080もう本当に何度経験しても
心臓がバクバクです。
目の前で、
韓国チームの喜ぶ姿だけは
見たくない。
絶対に、勝ってほしい。


RIMG0072通路を挟んだ隣りの席では
たぶん、こちらに仕事でいらしている日本人の
わりと年齢が高めの方々で、
風邪引いてる私でさえ、
懸命に声を張り上げているのに、
じっと座って腕組みをしたまま、
しら〜とした感じでしたが、
さすがに、立ち上がって応援に参加。
そういえば、私、全く風邪のことを忘れていました。
ティッシュペーパーも箱ごと持ってきたのですが、全く不要。
喉も痛いなりに、大声が出ます。
すごいなあ。

RIMG0082日本が2人決めて
韓国が2人はずして、
日本3人目は、佑都くん!
ええ〜、なんで???
ほかにいないの?
PKなんか蹴ったの見たことない。
大丈夫かあ。
あまりの恐ろしさに、動画モードにして、
直視できず。やっぱり、はずしてくれましたか・・・

RIMG0084いつもPKのときは
勘違いして、出遅れるので
今回は、
「ここで、今ちゃんが決めれば、勝ちですよね。
そうですよね。勝つんですよね。」
と何度も隣りの人に確認しました。


今ちゃん、冷静に決めて、
興奮が最高潮に達し、選手たちがこちらに来てくれているとき!
(写真、ぼけててすみません)

あれ!!!ここから、悲劇が始まりました。
ずっと気にしていた「長友」幕のあたりが空間になってる!!
どうして???
みんなの歓喜の輪の中をくぐり抜け、そばに行ってみたら、幕がない!
下に落とされているのか見たけど、ない!
ということは、何者かによって、はがされ、持っていかれた、ということ??
もう、私は半狂乱です!!

幕の目の前の椅子に座っているおにいさんに、何度も声をかけたのですが、
聞こえぬふりをしてるので
違うスタッフを見つけて、「ここに張っていた幕がない。」と訴えたら、
「誰かが持って行ったのかなあ。落ちてない?」とのんき!
「あれは、とてもとても大切な幕で、返してもらわないと困る。」
「日本人が持って行ったんじゃないの?」
「それはあり得ない。」
「なんで?」
「日本人は、人のものを取ったりは絶対に、絶対にしないから。」
すごく不思議そうな顔をして、
「なぜ、そんなことがわかる?」
「だから、日本人はそんなことはしないんだよ!!
あそこに座って見ている人はそれを見ていて、なんで注意しないんだ。」
「幕をはがしても、誰のものだかわからないでしょ。本人が来たと思うかもしれないし。」
「アラビア文字じゃなくて、日本の字で『長友』って書いてあるんだから、
日本人以外の人がはずしたら、それは勝手にはがしているということでしょうが??」
ぼーと座ってんじゃないよ、このデクのボー〜〜〜〜〜〜

「日本が勝って、ハッピーだったから、持っていったんじゃないの?」
「ハッピーだったら、人のものを勝手に持って行っていいのか。」
「あそこの、日本人に聞いてみたら?」
「私もあそこにいたから、みんな一緒。
最後は、いろんな人が流れてきて、席にもすわらないし、
だから、その間に持って行かれたんじゃないの?
こんなこと、ホントに悲しい。日本が勝ったのに、非常に残念。
カタールの印象がとっても悪くなった。」
彼は肩をすくめて、
「じゃあ、どうしたらいいの?」
「日本人の『長友』幕を持って行った人は、返してください。と新聞に載せてほしい。」
「そんなの無理。意味ないよ。」
と笑うだけ。
くそ〜〜〜〜〜。
選手たちが、クールダウンのランニングをしている間、
我を忘れてスタッフに噛み付いていたので
もしかしたら、ピッチまで私の声が聞こえていたかもしれません。
本当に不愉快です。

「幕とられた」と日本にメールしたら、
「いいじゃないの。」と来たから、
「とられた、は撮られた、じゃなくて、盗られた、ってことだよ。」
「命を取られたわけじゃあるまいし、いいじゃないの。」って。
ダメだ、こりゃ。

ああ、本当に納得がいきません。
せっかくの勝利も喜ぶ気分になれません・・・・・

RIMG0086抗議している間に、
荷物まで持っていかれては困るので、
一旦席に戻ったところ、
「森脇〜!」という声援が飛び、
彼は、広告の三角を乗り越えて、
サポーターのところまでやってきて、
「聞こえますか〜。」という受けないネタを披露してくれました。

今ちゃんの「お誕生日おめでとう!」は取り損ねました。

あああ〜、もうショック、がっくり、情けない、悔しい、腹が立つ〜
ここでは日本の常識が通じないのはわかっていたのに、ああ〜。

しょんぼり、外に出たら、ウルトラスの方々がいて、
「幕、盗られました。」って言ったら、
「また、作れればいいじゃん。そして、また、サインもらえばいいじゃん。」
と言われ、そうかなあ、とは思うのですが、素直になれない。

RIMG0091みんなで無料のバスに乗り、
今夜はシティセンターまで行って、夕食。
私は、薬が強すぎたのか、
胸焼けがして、気持ち悪くなり
ブロッコリースープとサラダを注文しましたが、
ほとんど食べられませんでした。
オーストラリアがどんどん点を入れていくのを見ながら、夜は更けていきました。

ホテルに戻って、部屋に入ったとたん、
急に具合が悪くなり、悪寒がしてきて、からだがしびれ始めました。
気が張っていたのでしょうか。
スタジアムにいるときは、全く平気だったのに・・・。

でも、頑張って、
きょうの得点シーンを"YOU TUBE"で見ました。
やっぱり、PK戦は何で見ても感動します。

佑都くんのアシストも素晴らしかった。
ものすごい形相で、ガッツポーズしてましたよね。
そして、トゥーリオのように、スタンドを煽っていましたね。
本当にごくろうさまでした。

悪寒がして震えているのに、ベッドに入っても悔しさがこみ上げてきて、
まったく眠れませんでした。ああ。くやし。

ichigodaifuku35 at 22:28|この記事のURLComments(0)

「がんばって」

RIMG0005いよいよ韓国戦を迎えます。

今朝の英字新聞は、
ベスト4のそれぞれのチームについて
1面ずつ割いていました。

日本の記事は、
昨日の記者会見をそのまま英訳したもので
誤訳や勝手な付け加えは見当たりませんでした。

右下に日本語で「がんばって」と書いてあります!
勝ちたい気持ちの強く現われている方が勝つと思います。
だから、「がんばって」!!

アジアカップ2011のマスコット、
スークワキーフに行ったとき、撮ったのがあるので並べてみます。
RIMG0289RIMG0335RIMG0350









RIMG0333RIMG0296









風邪はまだダメです。
今度は耳まで詰まってきました。
私にしては、ヒジョーに珍しいことです。
鼻水が一発で止まるいい薬が日本にはあるのですが、
箱を開けたら、違う薬が何種類か入っていて、肝心の鼻炎の薬は見当たりませんでした。
ちゃんと中を確認して持ってくるべきでした。
鼻栓をしたい気分です。
たまごうどんが食べたい。

*******

以上、朝、日本とスカイプしながら、ダラダラと作っていたものですが、
急に眠くなり、風邪薬を1錠のところ、2錠飲んで、またベッドにもぐり込みました。
そしたら、グワ〜とからだが熱くなり、汗がいっぱい出て、2時間うつらうつら!
鼻水がぴたっと止まりました。
熱いシャワーを浴びて、すっきり。気合だああ。

きょうのスタジアムは、カタール戦と同じでした。
ヴィラッジオの近くのスタジアムだと思っていましたので、
何回も確認しましたが、間違いなさそうです。
勝手もわかっているし、帰りの心配もないし、
さあ、行って来ます!! ともに力いっぱい応援しましょう〜〜〜




ichigodaifuku35 at 13:02|この記事のURLComments(0)

2011年01月24日

GETTING BETTER(=少し、よくなりました!)

RIMG1288何度も目が覚めましたが、
ベッドに埋もれ、
羽ぶとんにくるまって寝ていました。
昨日よりは、楽になりました。
薬のせいもあるのでしょう。

(←コーヒーショップの入り口)

朝ごはんを食べに行ったら、
日本のメディアの方がたくさんいらっしゃいました。

RIMG128711:30から定例記者会見
16:00から公開練習(アルアハリ)

10:15 バス出発

とボードにありました。
もうすぐ10時になるのに、皆さん、
のんびりだなあ。

イタリア人のメディアの方々もいらして、
一人の女性が
「日本はいいよね。あのキャプテンがいい!」
というのが聞こえて、
思わず、その向こうに座っていた日本人と顔を見交わせてしまいました。
そしたら、誰かが
「ホンダ?」って言うので、「違うよ、エンドウだろう?」
その程度の認識なんだ!!

熱がないので、その分、しんどくはないのですが、
鼻水が止まらないので、
ティッシュペーパーの箱が手放せず、
どこに出かける気にもなりません。

荷物の整理でもしましょ。

新聞記事もだいぶたまりまして、
かさばるし、重いので、
フロントで鋏を借り、日付けごとに、きれいにカットしてまとめる作業に没頭。
だいぶすっきりしました。

明日は、いよいよ準決勝なので、各誌、特集を組んでいました。

RIMG1290英字新聞2誌、アラビア語新聞3誌から
切り抜いたものを
テーブルに並べたら、
こんなになりました。
今日だけでこんなです。



面白かったのがこれ!
RIMG1291右のは佑都くん、写っているのに、
左のはカットされてるんです。
ショック・・・。
でも、今日のGUAPOのブログで、
森脇くんが切れてる写真があり、
バスが狭いのは、森脇の顔がデカイからだ、
ってからかっていたので、
笑えました。
練習も非公開だし、なかなか選手たちの素顔が見られない中、
まめにブログで紹介してくれるので、本当にありがたいです。
佑都くんの細やかな配慮に感謝!!!

http://ameblo.jp/guapoblog/

RIMG1292一番、大きかったの(ほとんど一面です)はこれ!
なんだ、これ???
飛び上がっているのは、アベちゃんです。
右は高原。
なんで、今こんなの???

調べてみたら、どうも
2007年のアジアカップの
3位決定戦(vs 韓国)の時の写真のようです。
パレンバン、大変な思いをして行きましたよ。
でも、内容は全然覚えてないんです。
ただ、無気力なゲームで、勝てなかったこと、
だから3位以内に入れなくて、予選を戦わなくてはならなくなったこと。
それしか、記憶にありません。

アラビア語なので、なんて書いてあるかはさっぱりわかりません。
よく探してきたな、と思います。
だから、韓国有利って??
あのときとは、状況も環境も選手も全く違うので、あまり参考にはならないでしょう。
絶対、負けたくないです!!

RIMG1293また、風刺漫画です。
左の大きめの丸いサッカーボールは
韓国らしい。
右のちょっと小ぶりで、
形がいびつなのが日本らしい。
さて、いったい、なんと書いてあるんでしょう。


RIMG0001朝ごはんを食べたっきり、全然おなかがすきません。
蜂蜜入りの紅茶もほしくありません。

鼻をかみすぎて、涙腺が痛い。
あとは鼻水だけなんですよ、うっとおしい〜。

19時前、鋏を返しに下に降りたついでに
アーケードの旅行会社を覗いてみました。

明日のゲームのあと、次の決勝戦まで、
レバノンか、ヨルダンか、シリアに行こうかなあ、
と思って、いろいろ調べたのですが、どこも寒いんです!!
一番ましなのが、レバノンだったので、
2泊3日のツアーがないか、聞いてみました。
飛行機代、ホテル代、送迎、観光、すべて込みのツアーなんて、そんなのないって。
飛行機代だけで、5万円!
「ヴィラッジオ」の旅行社も同じ値段でした。
高すぎる!!
風邪もまだ治っていないことだし、ここはおとなしく静養につとめるとするか。

夕食はまたホテルで。
RIMG0002RIMG0003







レバノン風レンティル(レンズ豆)スープと、トマトとバジルのパスタ。
残念ながら、鼻が詰まっていて、全く味がわかりません。惰性で食べてる感じでした。
食べる元気があるだけ、よいと思わなくてはいけませんね。

昨日教わったストレッチ体操をして、早めに寝ることにします。

ichigodaifuku35 at 21:05|この記事のURLComments(0)

2011年01月23日

GETTING WORSE (=風邪、ひどくなりました!)

RIMG1238絶不調・・・。
喉は痛いし、頭重いし。
くしゃみ、鼻水、鼻ずまり。
部屋でごろごろしていましたが、
横になると、鼻が詰まる。
起きてると、しんどい。
どうにもならないので、
しゃきっとシャワーを浴びて起きたのが14時過ぎ。

向かった先は・・・

プールRIMG1237RIMG1241

ではなくて・・・。
(このホテルは、ツインビルになっていて、2階に通路があり、
そこに屋外プールがあります。)
さすがに寒くて泳いでいる人はいませんでしたが、日向ぼっこしている人はいました。

RIMG1240その先にあるのが、ジム。
からだ全体が固まっていると感じたので、
ここで少しほぐしてみようかと。
自転車こいで汗いっぱいかけば、治るかも?
と思いましたが、
空腹の上に、過激な運動をして、
よけい具合悪くなっら困るので
マットを借り、
インストラクターの指導のもと、ストレッチ体操をしました。
おかげで、だいぶからだが伸びた気がしました。

RIMG1242そのあとスークへ。
途中にファーマシーを見つけました。
インド人経営の薬局です。
「風邪引いたので、風邪薬を下さい。」と言うと
さっと出してくれたのが"ADVIL" でした。
"ADVIL" って、頭痛薬の商品名かと思っていたのですが、違ったんだ。
いつも飲んでいる"ADVIL" の風邪薬なら、
間違いはないでしょう。

RIMG1243モスクでは
午後のお祈りが始まっていました。
1日5回は、大変な勤行ですね。

もう、日が傾いてきてしまいました。






RIMG1250まず、腹ごしらえです。
汁そばが食べたかった。
チャイニーズ・タイニーズ・ジャパニーズレストランなら
ラーメンみたいなのがあるだろうと
期待して行きましたが、なかった・・・。


最初はテラスに座ったのですが、
寒気がするので、室内のテーブルに移動させてもらいました。

RIMG1255出てきたのは、これ。
広東ヌードル。
日本の焼きうどんに近い。
味は今ひとつ。

RIMG1256







さっそく、服用。4時間毎に飲まなくちゃいけないのは、ちょっとめんどくさい。
20錠で20.75リアル(=525円)は輸入物にしては安いかも。

RIMG1258そして、次に向かったのは、「足浴」。
気弱になっているから、大盤振る舞い。
足1時間、全身1時間で200リアル(5000円)。
あまり強くはなかったけど、くまなく丁寧にやってくれたので筋肉がだいぶほぐれました。
一番固かったのは、首でした。
右の女の子が担当者。

1年半前に中国から一人で、稼ぎにきたそうです。
「中国のどこから来たの?」
「チョンチンです。」
「おお、チョンチン。私はチョンチンに2回行ったことがあります。」
チョンチンを漢字で書くと、「重慶」です。
2004年のアジアカップ、2008年の東アジアカップ、どちらも重慶でしたから。

RIMG1259外に出ると、
もうすっかり夜になっていました。




RIMG1262迷路を抜けると、また
あの賑やかな通りに出ますが、
もう次に向かうところは決まっています。



マレーシア料理店で、
デリバリーサービスがあるのを知っていたので
もう少し遅くなってから、届けてもらおうと思って・・・。

ですが、メニューを選んでいると、
今でも食べられないことはないか、という気分になり、
ここでいただくことにしました。
シーフードトムヤムクンスープと、シーフードナシゴーレン。
RIMG1266RIMG1267







トムヤムクンはそれほど辛くなく、まあまあでしたが、
ナシゴレは、ひどかった。
カタール人はケチャップ味が好みなのでしょうか。これは、いただけません。
失敗でした。

RIMG1271RIMG1272







日が落ちると、いろんなお店がオープンして、スークの中は、明るく大盛況。
大したものは売っていませんが、
冷やかしながらぶらぶらするのは、異次元の世界で面白い。

ド派手な生地を表に出している店を通りかかったら、
中でオジサンが新聞を読んでいて、そこに、大きく佑都くん、出てる〜。
思わず中に入り、(以下二人の会話)
「こんばんは。失礼します。
今、読んでいらっしゃるその新聞はなんという新聞ですか?」
「これか?これは△●X@???という新聞だが。あなたは、日本人か?」
「はい、実は、その選手は、私の息子なんです。」(はったり、かましました
「おお、なんと言う名前だ?」
「ナガトモです。」
「おお、彼はいい選手だ! この新聞ほしいか。」
「ええ?いただけるんですか?」
「どうぞ、ぞうぞ。
で、この選手はなんという名前か?」
「ナガトモです。」
「おお、彼はいい選手だ。」
ほんとにわかって言ってんの、あんた!!!
と思いましたが、新聞をくれたので、
記念にパチリ。BlogPaint










RIMG1277彼が開いている
ページに出ていたのがこちらです。







この新聞は、アジアカップ特集号だったらしく、
すべてアジアカップの記事で埋まっており、日本のこともたくさん出てきました。
ここには、佑都くんが写っている分だけ載せてみます。
RIMG1280RIMG1282







RIMG1285








RIMG1268広場では、
アフリカンダンスをやっており、
黒山の人だかりでした。
もう少し元気なら、もっと楽しめたのですが、
寒いし、しんどいし、鼻水出るし、
早く帰って暖かくして寝るべし!!

ichigodaifuku35 at 21:47|この記事のURLComments(0)

2011年01月22日

また、風邪引きました!

RIMG1219朝、目覚めたら、
また喉が痛くて、
なんだか熱っぽい。
からだもだるい。
ゲーム観戦の翌日は本当にきついです。
何をしたってわけでもないのに、
ぐったりしてしまいます。

RIMG1215部屋に届けられた新聞を眺めながら、
昨日、スタジアムでつまんだ
ビスケットの残りを頬張り、
カルフールで買ったパンをかじりつつ、
だらだらとブログ作りをしていましたが、
ほんとに調子悪い。
疲れもたまってきているのでしょう。

途中、横になったりして、中断しながら、やっとブログ完成。
ロビーに現地新聞を調達に行き、また寝ました。
外は、とってもいいお天気のようです。

<アラビア語新聞>
まず、一面大きく出ていたのは、岡崎。
RIMG1224
RIMG1222







香川くんのこの写真は、あちこち似たようなのが出ていました。



RIMG1227これは、
遠藤のイエローカードが出たシーンでしょう。






RIMG1226

これは小さい写真なんですけど、やっぱり今ちゃんは、
はずせないらしい。






RIMG1221
またまた、マヤ劇場となりました~。

英字新聞では、
MAYA OSHIDA と表記されていました。
「押しだ、押しだ〜!」「良しだああ!」
RIMG1228








RIMG1223
川島が、ゴール内で
ボールをキャッチしたシーン。
我らの席からは遠くでよく見えなかったのですが、
取った!
と思ったら、入ってました・・・・


RIMG1225伊野波のゴールを喜ぶみんな。
柏木、権ちゃん、藤本の顔が見えます。







RIMG1220
カメラマンの中での一番人気はこの方!
毎回、
このお姿でスタジアムに登場なさっているとか。

「主人はカタール人ですが、
きょうは日本を応援します」と書いた紙を持って、
笑顔を振りまいていらっしゃいました。






RIMG12312枚の風刺漫画。
ブルーはたぶん日本人。
目が細くてつりあがっていて、
歯が出っ歯。
さすがに眼鏡はかけていませんが。

なんて、書いてあるのでしょうね。
いいことではないと思います。



RIMG1217昨日の戦利品。
カタールのマフラーとチアスティックは
カタール人用に配られていましたが、
ちゃっかりもらってきました。
Tシャツは、「ファミリーフードセンター」で
見つけました。
1枚12リアル(=300円)。
5リアルのブレスレッドは125円。
RIMG1214RIMG1230










RIMG123515時過ぎに
さすがにおなかがすいて
コーヒーショップへ。
中途半端な時間だったので
だあれもいません。




RIMG1234喉が痛いので
熱いスープが飲みたかった。
クリームマッシュルームスープ。
腫れた喉に心地よかったのですが、
最初は熱すぎて、
口の中を火傷してしまいました。


RIMG1236たまご麺。
具がいろいろ書いてあったので、
「チキン抜きでできるか?」と聞いたら
「できる。」と言われ、注文。
ビーフはまずくて残しました。



部屋に帰って、
「オーストラリア vs イラク」と「韓国 vs イラン」を続けて観戦。
正確には、ベッドに横になって、食後のコーヒーを飲みながら、
うたた寝しながら、でした。

イラクとイランは、中2日。
さらに、どのチームが勝っても、次の準決勝まで、中2日。
日本は中3日ですから、それより不利な上に、
さらに延長戦になれば、もっときついはず。
だから、延長戦になれ〜、と悪魔がささやき、
どちらもそのとおりになりました。
そして、予想どおり(危なかったけど)、オーストラリアと韓国が勝ちました。
オーストラリアは、3戦目くらいから、動きが悪くなり、
年寄りチームだからか、疲れが出てきたのかもしれません。
韓国はヤングチームですから、元気ですが、
イランに負けないくらい、けずってくるのが気になりました。

これで、西アジアのチームはいなくなりましたね。
次回は、オーストラリア開催ですが、
できれば参加チームは12(16は多すぎます。レベルに差がありすぎ)にしてもらって
レフリーはヨーロッパから呼ぶ!
ということにならないかなあ。

風邪薬がないので、アドヴィル(鎮痛剤)を飲んで寝ます。

ichigodaifuku35 at 22:42|この記事のURLComments(0)

2011年01月21日

AFCアジアカップカタール2011準々決勝・声が枯れたぞ!≪日本 vs カタール≫

RIMG1064お抱え(?)のドライバーに電話すると
何時になるかわからなかったので
表に出てタクシーを拾いました。
今のところ、雨はあがっています。
スタジアムの手前は、
住宅街が並んでいました。


RIMG1066が、
やはり、スタジアムは
砂漠のまんなかにありました。
前を歩くのは
一緒に道路を横断してくれた若者たちです。
猛スピードでやって来る車にも
物怖じせず、悠々と渡っていくのはさすが!

RIMG1067周囲の砂漠、これ全部、駐車場となります。
帰りはどうなるのでしょう?



RIMG1068カタールの国旗やマフラーや
小物を売っているオジサン。
" I QATAR " の腕輪を売っていたので
「いくら?」って聞いたら
「10リアル」と言うので
「5リアルにして!」と言ったら、
「OK。」
あっさりまけてくれたので、
もうそれ以上は値切れませんでした。ほんとは、もっと安かったに違いない。
まあ、125円ですから、いいか。

RIMG1071スタジアムの入り口は、
カタール人たちでいっぱい。



RIMG1073騎馬隊。







RIMG1084私のチケットはカテ2ですが、
きっときょうは
日本人はひとところに集められるはず。
とりあえず、その席に行け、と言われました。




RIMG1076RIMG1077







これだけカンドゥーラを着てる人がいっぱいいると、引いてしまいますが、
恐怖感とか、そういうものは全く感じません。

RIMG1080あっ、またファルコンがいました。
奥にいる人たちは
お祈りの最中です。





RIMG1079前回のファルコンではないみたい。
羽の色が違うし、
からだも少し小さい気がします。





BlogPaintやっぱり、日本人は一箇所に集められました。

岡崎の大きな幕が出ましたぁ〜。
佑都くんのより、5倍はでかい。
でも、張るところがない。
私ももうひとつの「長友幕」を
手すりがあったら、貼ろうと思って
カルフールでガムテープ買ってきたのですが。

RIMG1091日本人が、
バックスタンドの一角を占領してしまい、
でも、当然、それらの席を
正規で買っている人がいるわけで、
でも、カタールの帽子を被って
この席には座れないでしょ〜。
お気の毒ですが、
ほかを探してもらうしかありません。
かなり、強引にごねていたファミリーもいましたが、仕方ないですね。
これは、チケットの販売方法とスタジアムの座席案内に問題があります。

RIMG1099選手たちが挨拶にやってきました。
なのに、カメラマンたちは
選手にお尻を向けて、
おいしい餌に喰らいついている真っ最中。
サムライの鎧を着た人や、
ゲイシャのようなカツラをかぶった人や
ネタになりそうな輩がいっぱい。

RIMG1104長谷部、先頭。
その次が佑都くん。
長谷部は、笑顔、笑顔。

川島にレッドカードを出したレフリーに
「僕はあなたのために言っている。
「いろんな人が見ているから、
しっかりしたレフェリングをして下さい。」
と笑みさえ浮かべながら、冷静に抗議した、
という噂がまことしやかにネットで流れていました。
彼のその一言で、岡崎のPKが生まれたのかも?という見方も
できないことはありません。
キャプテンとして、だんだん風格が出てきたように感じられます。

RIMG1110レフリーたちも
ウォーミングアップ。
あの主審は!!!!
2004年のアジアカップのヨルダン戦で
宮本の忠言に従って、PKの場所を変えてくれた
あのレフリーではありませんか。
彼なら、大丈夫。
中東色に染まった笛は吹かないだろう・・・・
と安心していたんですが。

RIMG1118大会のマスコット。
5匹の、何に見えますか?
ネズミだそうです。
名前は、あとで調べればわかります。




BlogPaintウルトラスの方々が
青い風船を配って下さり、
選手入場の際、
日本サポーター席を
ブルーに染めましょう〜、って。BlogPaint








やっぱり、一番人気は、本田です。
ワールドカップの威力ってすごい。世界の何十億の人が見てるんですものね。

BlogPaintすぐそこはもうカタール席なんですが、
柵もなく、緩衝地帯もなく、
ガードマンもおらず、全く緊張感なし。





選手入場!RIMG1131RIMG1133








RIMG1145さあ、いこう〜。
応援団の中にいるので、
もうすでに大声を張り上げて
叫んでいます。
盛り上げないといけませんものね。



RIMG1149佑都幕に
ブルーバルーンを
(ちょっと小さいですが)
せっかく持ってきたテープで
止めてみました。



RIMG1160あの1点目は完全なオフサイドでした。
我らのちょうど目の前でしたから。
やられましたねえ。
主審は大丈夫と思っていたら、
思わぬ伏兵が・・・。
でも、主審も、お金積まれて買収されたかあ、
と途中から思っちゃいました!!!

でも、完全アウェイとは言うものの、
中国の時と比べると、全然威圧感がありません。
その意味でのプレッシャーは、ほとんどなしと言ってよいでしょう。

RIMG1150青空が見えてきて、
もう雨の心配はなさそうです。
きょうは、今までで一番暖かく、
厚着をしなくて平気です。

両チームとも、あの雲を吹き飛ばすような、
勢いのある溌剌としたプレイをして、
それをレフリーがフェアに裁いて、
ナイスゲームとしていただきたい。

BlogPaint赤いハートで顔を隠させていただいた方は
こちらにお住まいの愛媛県出身の方でした。

「エミフル知ってます?」
というローカルな話題で盛り上がりました。
(エミフルとは、県内にある大型の商業施設)


RIMG1172延長戦だけはさせたくなかった。
90分でなんとか決着をつけてほしかった。

このゲームで、私が一番名前を叫んだ選手は
「伊野波」でした。
目の前で、たびたび失態をやらかし、
そのたびに「イノハア〜〜〜〜〜〜〜〜!」
前回のアジアカップ、ベトナムで
「ハノイのイノハ」ってボードを作ってあげたじゃないの?
その伊野波が、最後の最後、こぼれてきたボールを押し込み、ゴ〜〜〜〜〜〜〜〜ル。
これで、やっと、チャラですね、と隣りの愛媛県人の奥様と喜び合うことができました。

前半から、前の座席の小さな子に
「パスばっかり〜。」と文句言われていました。
まだまだ納得はいきませんが、
得点力不足に泣いた今までとは、ちょっと変わってきたかな、という気はします。
次は、できたら、韓国とやらせてあげたい。

終了のホイッスルが鳴ったあと、
いろんな選手がいろんな選手に思いっきり抱きついて、
本当にごくろうさま、よくやった!
と労をねぎらい、感謝の気持ちを表現していました。
心の底からそう思い、、自然とそういう行動に出たように見えました。
ゴールを決めたヒーローに集まるのは当然ですけど、
それ以外の選手にも、
あちこちでいろんな選手にいろんな選手が抱きつく光景が見られました。
チームとしての一体感を感じました。
RIMG1180ここでも、じゃれ合ってるのがいます。
本当に、充実感溢れるみんなの笑顔が印象的。
自信もみなぎっていました。
ジーコの時は、奇跡に近いような、
運がよかったよな、っていう感じでしたが、
今回は、自分たちの手で勝利をもぎ取った、
という手ごたえを感じているはずです。
よかった、よかった!!

RIMG1182幕は持たなきゃいけなわ、
カメラは構えなきゃいけないわ、
隣りの人の風船がが画面にはいってくるわ、
拍手はしたいわ、
大変なんですよ〜。



RIMG1187単独ではだしのまま、
サポーター席にやってきて、
深々と頭を下げて帰っていったマヤ。
暖かい拍手と声援が送られていました。
「決勝戦に出ればいいから〜!」
という声も飛んでいました。


RIMG1190クールダウンのランニング。
佑都くん、手を振っています。
佑都幕に感謝の気持ちを、
ということにしておいてください。




RIMG1204まだまだ興奮冷めやらぬ日本人席は、
去りがたく、
もっと喜びを分かち合っていたかったのですが、
「さっさと帰れ、もう終わりだ。」
と追い立てられました。



RIMG1207さて、これからどうやって帰ろう。
大通りまで出て、
車が拾えないようだったら、
あいつに電話してみようか、と
考えつつ、歩いていたら、
バスが何台か止まっているのが目につきました。

「スークに行きたい。」と言ったら、
「このバスがファミリーなんとか、というところまで行くので、
そこは空港のそばだから、そこからタクシーで帰れば?」と勧めてくれました。
無料バスなんだそうです。

RIMG1208乗ってみると、
日本人男性も3人ほど乗っており、
安心していたのですが、
「ファミリーフードセンター」
というところで降ろされ、
空港は、あそこ!と
はるかかなたを指差されました。
ひえ〜。

RIMG1209しょうがない、
スークで食事をして帰ろう、と考えていたので
じゃあ、
ここでごはん食べて帰ればいいじゃないか!
中に入ってみると、
フードセンターというのはレストランではなく、
スーパーマーケットのことでした。

1階が食料品で、2階が衣料、電気製品、食器、書籍等。
2階は、中国の匂いがしました。
口ではうまく説明できませんが、中国に行くと、これと同じ匂いがします。

RIMG1211外に出ると、ファーストフードのお店ばかり。
マクドナルドや、KFCのネオンが見えます。
どうせなら、現地の店がよいだろう。

選んだのは、"COOK DOOR"



RIMG1210ここも、
チキン、チキンのオンパレードで
海老しかない。

フライドシュリンププラター (29リアル)
海老とキャべツ、人参のサフランライスと
フレンチフライ付き。
ドリンクは、ストロベリーソーダ(4リアル)
昨夜とは天と地ほど違うジャンキー&シャビーな夕食となりました。

店内に大きなテレビスクリーンが4台あって、
つまらない番組を流していたので、
ウズベキスタン vs ヨルダンのゲーム中継に変えてもらいました。
あと30分のところで、猛烈に眠くなり、外に出ました。
なかなかタクシーが見つからず。
夜になると、さすがに冷えて、空気が冷たくなっていました。
10分くらい寒い中、立っていたところ、
「タクシー?」と声をかけてきたインド人がいて
20リアルでホテルまで送ってもらいました。
ああ、寒かった。
ホテルに入ると、みんなに「おめでとう〜。勝ったね。」と言われ、
気分よかったです!!!

ichigodaifuku35 at 22:40|この記事のURLComments(0)日本代表 

本日の新聞より

RIMG1032昨日の青い空はどこへ?
今朝は一昨日に逆戻りして、
また雨が降っています。
ベランダに出てみると、寒い〜。

(←)ホテルの玄関


RIMG1031部屋に届いた英字新聞によると、
本日の予報は、晴れ、のち、くもり。
明日から、最高気温が27℃まで上がり、
暑くなる!
って、あんまり信憑性がないですよね。

こんな空が灰色・・・


RIMG1037RIMG1040







RIMG1041

ここでいただく、
最初で最後の朝ごはんですから
ゆっくり味わいたかったのですが、
思ったより食べられませんでした。
(そんなことないか。十分か。)


RIMG1055もう少し、
ホテルの中の豪華な雰囲気を撮りたくて、
いろいろ試してみましたが、
なかなか難しかったです。

RIMG1033







RIMG1034






RIMG1036







RIMG1047奥まったラウンジで
さらに一部、
別のアラビア語新聞を広げてみましたが・・・





決戦の日を迎えた今朝の新聞記事は記者会見のようすと練習風景でした。
RIMG1049RIMG1051










RIMG1053

前田とゴールを喜んでいるのは
手で顔は隠れてますけど、佑都くんです。





RIMG1038練習は最初だけしか公開されないので
その短い時間に
どの新聞も、本田を撮りたかったのかもしれませんが、
メインはどれも、
柏木、本田拓でした(笑)


RIMG1063







RIMG1054カタールのメツ監督が
日本製のコンピューターをペンチでカットしたい、
と考えている、
という風刺漫画??
思うように日本のコンピューターを
コントロールできるでしょうか。


RIMG1044雨はあがったようですが、
この先、午後はどうなるかなあ。
ロビーにいたポーターが
「たぶん、日本の方が断然強い、とは思うけど、
審判がカタール寄りの笛を吹くからなあ。」
と心配してくれていました。
ポーターはもちろん、カタール人ではありません。
誰が見ても、
審判の片寄りはあからさまのようです。

RIMG1059お昼にチェックアウトして、
例のドライバーに電話したら、
「今、忙しい。
あと1時間かかる。」と断られ、
ホテルの車は、
BMWで140リアルかかると言われ、
結局、メータータクシーが来るまで待って
くねくねビルを横目で見ながら
35リアルで、最初のホテルに戻ってきました。
(最後に、庶民はやっぱり、貧乏くさかった!!)



玄関で、エンゲル氏に会いました。
「頑張って応援しましょ。」と盛り上がりました!勝つぞ〜。

新しい部屋。ウナギのように長い〜。
RIMG1061RIMG1062







フロントのスタッフも、ポーターも、
「あれ、まだいたの?どこへ行ってたの?」と覚えてくれていました。
「満室だったから、ほかのホテルに移動してた。
今夜勝ったら、またしばらくお世話になります。」
「勝つでしょ。」
「まあね。」

さあ、そろそろ支度をして、スタジアムに向かわないと。

ichigodaifuku35 at 14:08|この記事のURLComments(0)

2011年01月20日

「今日だけ優雅な一日」の巻

RIMG0784昨日求めたパッチのチョコレートを
並べてみました。

ほんとはギフトセット用にリボンをかけてあるので
ばら売りはしないと店員は言っていましたが、
ちょうどボスが戻ってきて、
奥から特別に出してきてくれました。
うれし〜。

RIMG0781このプアな朝ごはんのあとは(→)
きょう一日、ゴージャスに過ごします!!

超高級ホテルがとても安くゲットできたのです。
アジアカップのゲームをはさんで
前後3日間が狙い目でした。
でも、スタジアムから離れすぎていて、
ゲームのある日は、ちょっときびしい。
なので、残念ながら1泊のみ。

チェックアウトして、車寄せに出てみると、
いつのまにか、また彼がちゃんとお迎えにきてくれています。

「パールカタール」という人工島の居住区へ行ってみたくて
その先にこのホテルはあり、ちょうどよかったのです。
昨日、もう値段の交渉はすんでいるので(45リアル)、とても気が楽。

RIMG0788ウエストベイの
見慣れたビル群を眺めながら、
北へ向かっています。
きょうは、久しぶりにいい天気


RIMG0794









滅多にない信号待ちでこんなの見つけました。絶対、交通事故、多いと思います。
多いはずです。運転、荒いですもん。スピード出してるし。

RIMG0795これは、「カタラ」と名のつく文化施設の集まった地域。
この中に、「アルジャジーラ」の放送局があり、
「寄ってくれ。」と頼んだのですが、
「わかんない。」と拒否されました。
これからどんどん開発されていく地域です。


RIMG0799蜃気楼のように
ゆらゆらしているツインビル。
酔狂なことをするものです。
使い勝手は良いのかしらん??




RIMG0806たぶん、彼は道を間違えました。
白いドーム、あれはきっとあこや貝。
ここは、「パールカタール」でしょう。

やっぱり、上から見ないと
どうってことないところでした。
彼が間違えてくれてよかった!

RIMG0808あちこちにセキュリティの人が立っていて、
確認したら、
やっぱりここは、「パールカタール」でした。
こちらも、まだまだ工事中の建物がたくさん。
ますます発展していくのでしょう。



BlogPaintこれが
「パールカタール」の全景。
(絵ハガキです)
ピンクの○が、上の写真の地点です。
道路を走っただけでは全体像はわからない
ということがわかってよかったです。


RIMG0810目指すホテルはあれですね。
ドライバーは、初めて来た場所らしく、
かなり舞いあがっていて
ホテルの入り口もわからないほど
緊張していました。
確かに、敷地は広かったですが。


ついに到着。
おお〜。やっぱり、いいなあ。気持ちもしゃきっとします。流れている空気が違いますね。

RIMG0813「海の見える部屋がいい。」
とずうずうしく言ってみたら、
ちゃんと用意してくれました。
低層階でしたが、文句は言えません。




RIMG0814RIMG0815







ヨットハーバーが見えます。
さすがに「パールカタール」側ではなかった・・・。

RIMG0823部屋に
エスプレッソマシンがついていました。
おお〜。





RIMG0827それから、
石鹸が、パッチのチョコレートみたい。
確かここのアメニティセットは、
すべてブルガリだったと思います。




RIMG0828部屋を出ると、
吹き抜けになっていて、
中央に巨大なシャンデリア。





RIMG0900ロビーに下りると、こんなふうになっています。


RIMG0895







        もう一階下がると、こんなふうに見えます。ここから、外に出てみます。

RIMG0850パームツリーの葉が
風にサワサワ。
本当に気持ちの良いお天気で、
今まで過ごしてきたドーハは
本当にドーハだったの?
と疑いたくなるくらい、
ここは全くの別世界。


池に見えますが、実はプール。
RIMG0879RIMG0888








RIMG0878RIMG0884







どこまで続くのやら・・・。
昨日の雨が嘘のように、暑い日ざしで
プールサイドでは、水着になってひなたぼっこをしている白人たちも多数。
さすがに裸にはなれませんが、長袖のシャツとカーディガンだけで、十分な気温。
吹く風も、寒くは感じず、心地よいです。
実は、きょうは母の誕生日。
空から、一緒に祝福しようと言われているような、そんな気がしました。
思うのは自由ですから。RIMG0882





RIMG0868


プールサイドから見た
ホテルです。
このまま、敷地内を散策、
する前に、ランチをいただきましょう。




RIMG0903天井が高く、空と雲が描かれ、
椰子の木と、バナナの木(本物ではない)が
配されているレストラン。





RIMG0909奥がほうれん草サラダ。
ブルーチーズがリンゴとよく合います。
干し肉はビーフでしたが、固い。
手前は、グリーンカレー。
お野菜たっぷり。
色は鮮やかなのに、
柔らかく煮込んでありました。


ホテル専用の船着場。対岸は、「パールカタールです。
RIMG0917RIMG0953







RIMG0970左手にどんどん進んでいくと、
部屋の窓から見えた
ヨットハーバーに出ます。





RIMG0946ここが
ハーバーの突端です。
海の色がグラデーションになっています。
本当にきれい。




RIMG0966ハーバーから見たホテル。
お散歩するのに最高です。
本当に気持ちいい〜。





RIMG0957「パールカタール」のビルの合間から、
ウエストベイのビル群が見えます。
たぶん、
2022年のワールドカップ開催の時には
全く景観が変わっていることでしょう。




RIMG0973プールサイドに戻って
このベッドで、しばし読書。
眠くなってきたら、本をパタンと閉じて
うつらうつら・・・。




RIMG0976少し風が冷たくなってきたので
お部屋に引き上げ、
エスプレッソを飲みながら
今撮ってきた写真の選別。
選ぶのにすごく時間がかかります。



いつのまにか、外は夕暮れ。RIMG0982RIMG0981








ピンぼけで少々見にくいですが、ここで全体の位置を確認。
BlogPaint○赤 ホテル
 
一番右、
最初の10日間のスイス

そのすぐ下
昨日までのロイヤル

その左がシェラトン

左端が本日の
リッツカールトン

○水色 シェラトン(中央赤○)に一番近いのが、第1戦、第2戦で戦ったスタジアム。
   ↓がついているのは、3戦目のスタジアムで、地図外。
  ピンクの○が「ヴィラッジオ」でそのそばが準決勝・決勝のスタジアム。
  中央よりやや左下が、明日のカタール戦のスタジアム。
○グリーン 「カタラ」(アルジャジーラのある地域)
   ふた周り大きい○が「パールカタール」
○黄色 (参考)代表の宿泊ホテル

こうやって眺めてみると、砂漠のスタジアム以外は、それほど離れてないですね。


さて、待ちに待ったバースデイディナー。
ホテル最上階にあるフレンチレストランに、ちょっとおしゃれをして直行。
RIMG1001オープンと同時に入ったので
お客は私ひとり。
スタッフの方が写真を撮る手伝いを
してくださいました。




RIMG1011残念ながら、外はもう真っ暗闇で
「パールカタール」の夜景は、
うまく撮れませんでした
(左手に少し見えています)。
でも、この目に焼き付けました。



RIMG1007もう慣れましたけど、
ひとりディナーが一番きついです。
手持ち無沙汰だったので
品のいいシニアのスタッフが
話しにきてくれました。

サッカー観戦にきた、と言ったら、
びっくりしたようすで
「ご親戚の方か、ご子息がプレイヤーなのですか?」と言われました。
やっぱり、だれでもそう思うのでしょうかねえ。

RIMG1010
アミューズブーシュ。
ロブスタービスキュイ。
濃厚なお味。




RIMG1012「わあ。」と
思わず声をあげてしまったオードブル。
お上品〜。
これは何かというと、フォアグラです。
トリはダメなんですけど、
フォアグラだけは例外で
特にパテは大好物!!
ドットのソースはマンゴ。左の赤いのはイチゴ。
パテに突き刺さっている三角は胡麻味でした。
いやあ、最高においしい。

RIMG1014メインディッシュは
"WAGYU"。
そうです、すなわち、「和牛」。
カタールでは
おいしいビーフは食べられないと諦めていたので
本当にありがたかった。
左は、フィレで、ソースはお醤油ベース。
焼き具合も完璧なミディアムレア。
右のは、頬肉。柔らかくて、甘めのソース。
手前に線のように引いてあるのは、ガーリックソースでした。
真ん中の野菜はセロリ、海苔の香りのする丸い薄焼きのおせんべいと。
右のポテトはニョッキのように弾力がありました。

けっこうおなかいっぱいになりましたが、
「デザートは?」と聞かれて、
きょうはバースディディナーなんだから、やっぱり最後はケーキだな。
お上品な量だし、いってみよう!
RIMG1015パイナップルアップサイドダウンケーキ。
ネーミングもいいでしょ?
右上から時計回りに、
パイナップルのシャーベット、
キャラメル、チョコレート、
そして、パイナップルの輪切りがトップにある
ふわふわカップケーキ。
丸いのは、網状に水飴を固めたものです。

RIMG1016濃い目のコーヒーを
じっくり味わいながら、
ああ、私、こんなところで
こんなのんびりしていて
いいのかなあ。
日本では、今、大変なことになっていて
大忙しなのに
申し訳ないなあ、とついつい考えてしまいます。
が、
今夜は、一切の雑念を捨て、
気持ちよく母の誕生日を祝い、幸せな夜をすごそう、と決めました。

RIMG1019RIMG1021







RIMG1023


ぽっこりおなかを抱えて
庭に出てみました。
もう少し、お散歩したいところでしたが、
さすがに夜は気温も下がり、
寒くて早々に退散です。


きょうはリッチな一日でしたが、明日から、また現実の世界に戻ります。
1泊とは言え、ゴージャスな雰囲気を味わえて、本当によかったです。
今夜は、サッカーのゲームもないし、
お部屋でのんびり過ごさせていただきました。

ichigodaifuku35 at 22:21|この記事のURLComments(0)