2011年08月

2011年08月31日

ぶどう狩り

RIMG0927ここは盆地なので、ぶどうの産地です。
でも、今まで「ぶどう狩り」なんて
したことありませんでした。
そんなことをさせてくれるところがあることも
知りませんでした。

お盆に帰省した従兄弟が、
ネットで調べて行ってきた、
と教えてくれたので一度行ってみたい、と思いつつ
のびのびになっていたのを、やっときょう実現させてきました。

RIMG0942うちから車で15分くらいかな。
狭い山道をどんどん登っていきます。
(これは、帰りに撮影したもの)
こんな奥に、
果たしてぶどう畑があるのかしらん?
「ぶどう狩り、こちら →」の看板がなければ
絶対、わかりません。

RIMG0946
ありましたねえ。
山の斜面のあちこちに
ぶどう畑が広がっていました。
こんなところがあったなんて、
全然知りませんでした。


RIMG0938入場料1000円払うと、食べ放題。
従兄弟は小学生の女の子を連れて、
2人で5房食べたと言っていました。
お昼前のおなかがぺこぺこ状態で来たので
それよりはもっとたくさん食べられるはず。



RIMG0928農園の人いわく
「もうシーズン終わりだからね。
房が小さいのよ。」
確かに、大房はなく
種類も限られていました。



RIMG0926それにしても、
この袋かけの作業、
大変だったでしょうね。
子供でも採れるようにするためか
枝を低く這わせてあるので
我らも、腰をかがめて歩かなければなりません。
きつい!

RIMG0935これは、巨峰の木。
この木で、
だいたい20年くらいだそうです。
1本の木がものすごく広く大きく
枝を伸ばしています。
巨峰大好きな私は、
別々の木から3房も食べちゃいました。

RIMG0931あちこちに
冷たい湧き水が引いてあり、
ここで冷やしておくと、
もっとおいしくいただくことができます。
冷やさなくても、
十分甘く、おいしかったです。


RIMG0939
ブラックオリンピア、ハニーシードレス、巨峰、紫玉、
デラウェア。
5種類 7房、いただきました。
もう、おなかいっぱい!
存分、いただきました。
苦しい〜。
お持ち帰りは、重さを計って
7房 1900円でした。




RIMG0948お土産に
栗も買ってきました。
1kgで500円でした!!





RIMG0945
稲穂も黄金色に実り、
いよいよ秋だなあ、と感じました。
来年は、
もう少し早い時期に行ってみよう。
だいたい要領がつかめたので
今度はもっとうまく、
たくさん食べられると思います。






RIMG0909さて、
朝のお散歩に戻りまして、
これが昨日と同じ位置からの空ですが、
今朝は、こんな感じでした。

もっと早く気がついていれば、
毎日観察できたのに
明日は横浜に戻ります。

ラジオ体操も、きょうで終わりだそうです。
近所のおじさんに、ひこうき雲の話しをしたら、
「ああ、ときどき、見るよ。」って。
「昨日、見たんですけど、きょうはないんですね。」
と言ったら、
「そうだね、昨日、見たね。
あれは、松山空港(北)に向けて飛んでた。」
「でも、こんな早い時間に、旅客機なんて飛ばないんですよ。」
「定期便じゃないんじゃない? ときどき見るから。」
じゃあ何? 臨時便? 自衛隊? 米軍?

「大丈夫、そんな怪しいものじゃないから。」と断言されても
納得いかないなあ。
ちなみに、わたしが昨日見たのは
羽田空港方面に向かう航路(もっと東寄り)でした。

ichigodaifuku35 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2011年08月30日

ひこうき雲を考える

RIMG0871ルーが夜中に突然吠えたりするので
この2日間、
リビングルームにマットレスを敷いて
3匹と一緒に寝ています。

今朝もはよから起こされましたが、
6時半まで粘りました。眠い・・・・

RIMG0874ラジオ体操が終わったあとの
文化会館の駐車場へ行ってみると
青い空には帯状の雲。

このライン(左下隅の細い斜め線)、
当然、
民間の航空機の通り道にできた
ひこうき雲だと思っていたのですが、
HONEYさんから、「ケムトレイル」では?という指摘を受け、
(2011.08.03のブログのコメント参照)
「ケムトレイル」とはなんぞや、と調べてみたところ
今ひとつ、意味がよくわかりませんでした。

RIMG0875今朝も、空を見上げながら
このクロスは、
ひこうき雲が広がってこうなったのか?
いや、普通の帯状の雲でしょ。
ひこうき雲はこんなに膨れない。

コントレイルなのか? ケムトレイルなのか?
わかんないなあ。


RIMG0890ルーちゃんは、
駐車場の真ん中でしゃがみ込み、
動かなくなりました。
(真ん中にあるのは、ウンチ袋)
このごろはいつもこんな感じで、
うちに帰り着くまで
1時間以上かかります。


RIMG0900イギーが板塀を張り替える、
と数日前から言い出し
ついに、一人で奮闘を始めました。
板5枚、はずしたところ。
どんなふうになることやら・・・。

夕方までにできたのは12枚のみ。
これは時間がかかりそう。
いつになったら、完成するか、
出来上がりをお見せできるのは来月中旬でしょう。

RIMG0904夕焼けのお散歩コース。
この時間帯は、
ひこうき雲は見かけませんね。





通常ならば、きょうのブログはここで終わるはずだったのですが
写真を選んでいるとき、恐ろしいことに気がつきました。

朝のあの時間に、飛行機は飛んでいるはずがないのでした。
デジカメのデータを見ると、06:38になっています。

8月3日のひこうき雲は、06:19でした。
あのとき、わたしは、白い帯状の先端にはっきりと飛行機の形を確認していました。
この地域の上空を飛ぶ定期民間航空機は
九州の大分か熊本から羽田に向かう便しか考えにくいのですが
朝の6時に飛んでいること自体、あり得ない・・・・

ということは、これはやはり、ケムトレイルなのか???
明日は心して、雲を観察してみます。

ichigodaifuku35 at 23:30|この記事のURLComments(2)

2011年08月29日

外でお昼寝

RIMG0803今朝は非常に涼しくて
寒いくらいでした。
お散歩をしているうちに
だんだん気温が上がってきて
暑い一日となりました。



RIMG0806これ、何ジュースだと思います?
色からすると、
いちごジュースのように見えるかもしれませんが
違うんです。

トマトジュース!
畑から採ってきたトマトを
そのままミキサーにかけるとこうなりました。
ちょっと青くさいけど、トマトの香りがぷうんとして
少しトマトの果肉が舌にさわり、新鮮さたっぷりです。
塩も不要。自然の味が楽しめました。

RIMG0815窓を開けてもあまり風が入ってこないので
玄関に出て、涼を取りました。
ここは、いい風が吹いています。
3匹は仲良く、いい子にしていました。




RIMG0807RIMG0809







この2匹が絡み合うのは珍しい光景。

このあと、
ルーちゃんは鼻水がひどくて、病院に行きました。
慢性鼻炎だそうです。
RIMG0818抗生物質をいただいてきて
それをチーズと一緒に口に入れてやります。
ハニィとニコもご相伴にあずかりました。


RIMG0822







吠えたり噛んだりしなければ
このまま、ほったらかしにしていていいのですが、
人が通ったり、来客があると、大騒ぎになるので
ずっと見張っていなければなりません。

心地よい風に吹かれながら、
こちらものんびりした午後を過ごしました。

RIMG0812RIMG0869







RIMG0858RIMG0862

ichigodaifuku35 at 23:33|この記事のURLComments(0)

2011年08月28日

J2リーグ2011第26節・勝ちに等しい引き分け≪愛媛FC vs 栃木SC≫

RIMG0754せっかく招待券を2枚いただいたのに、
だあれも付き合ってくれる人が見つかりません。
仕方なく、自力で松山へ行き、
自力で臨時バスに乗り、
ひとりで砥部へ向かいました。



松山へ向かう途中で土砂降りの雨となりましたが、
じきにあがり、青空も見えてきたので
また降り出した雨もすぐにやむだろうと思っていたら
空全体が黒っぽい雲に覆われ、RIMG0755
砥部に着いても
やむ気配がありません。
しばらく体育館の屋根の下で
雨宿りをしていましたが、
諦めました。


RIMG0756目の前を
黄色いユニ(栃木SCサポ)が
通り過ぎていきます。
臨時バスの中にも7、8人乗っていました。
「松山もちょっと街を離れると田舎だね。
宇都宮と変わらないね。」
いやいや、
松山はそんな都会じゃないですから!

RIMG0758お弁当は持って来ましたが、
噴水の向こうに見える物産展を
一応、チェックしに
行ってみることにしました。




RIMG0759きょうのマッチスポンサーは
ポンジュースの「えひめ飲料」。
愛媛FCのキャラクターに混じって、
ポンジュースのマスコット「みかん坊や」の姿も。

一平くんはいないなあ。


「愛媛FCに元気をもらった」を集めよう!
というブースが設置されていたので原稿用紙1枚半書かせていただきました。

RIMG0761グッズショップの顔は
「この人!」

等身大のパネルは、
またトイレの前でしたけどね。



BlogPaint
ニンスタで屋根があるのは
メインスタンドのSS席だけで、あとはびしょ濡れ!
でも、すごい場所見っけ。
かろうじて濡れずにすみそうなところがあったのです。
(矢印は、屋根となる部分。)




BlogPaint
お手洗いに行ったついでに、
下から撮った写真。
あれはいったい何でしょう??
あの四角い建築物の下だけ、
雨を凌げるというわけです。


RIMG0762

きょうのマッチデイプログラムの表紙は
おお〜、金信泳(キム シンヨン)くん。
親しみを感じますね。



お弁当を食べ終わって(写真を撮る余裕なし)なんとか雨もあがったような!

RIMG0768RIMG0772







本当はもう少しオレンジ色なのですが、ピンク色っぽく写っています。

RIMG0778ピッチ上に現われた4体のキャラクター。
「グリーンの中に、
ビタミンCたっぷりの仲間が登場です!」
とDJが叫んでいました。

左から2番めは、一平くんではなく、
みかん坊やです。

RIMG0782さあ、
雨もあがったことだし、
気合入れて応援するからね。
頑張っていこう〜。




愛媛FCは、序盤から優勢に立ち、がんがん攻めていました。
惜しいシュートもいくつか。
金くんは、さすがJ1(ヴァンフォーレ甲府)でプレイしていただけあって、うまい。
裏に抜ける動きを盛んに繰り返していましたが、
誰も反応できません。
そうこうしているうちに、一発のロングパスであっというまに、
ロボにしてやられました。
少ないチャンスを確実にものにするところは、さすが!!

後半も、攻め続けていましたが、なかなかゴールネットを揺らすまでに至らず。

RIMG0790後半32分、
24番が呼ばれました。
いけ〜!
シュート2本、打ったぞ〜!
決めてほしかったぞ〜!
愛媛サポのところに行って、
ユニフォーム脱いで、フェンスよじ登って
落ちて、イエローもらうところ、見たかったぞ〜!

そして、36分、
齋藤くんの角度のないところからの強烈なシュートがやっと決まりました。
やったあ〜〜。
ベンチに向かって走ってきて、サブメンバーに飛びつき、
めちゃくちゃ喜んでいました。
オリンピック予選のメンバーからはずれた鬱憤と
J2得点王に躍り出たことに対する興奮と
なかなか決められなかった苛立ちと
まるで優勝したときのような喜びようでした。
まだ同点になったばかりなのに。

その3分後、またロボに決められて、再び、リードされ、
内容では勝っているのに、負けてなるものか。
もうみんな声を枯らし、手をたたいて応援しました。

RIMG0793コーナークキックも
何本かありましたが、
運に見放されたようなものばかり。

ロスタイムは5分。
ペナルティエリアでのごちゃごちゃから抜け出し、
誰かわかりませんが、入った〜〜〜〜〜
いけいけ、もう1点〜〜〜〜〜

でも、無情なホイッスルの響き。あ〜あ、もうちょっとだったのになあ。

先週は0−2で勝っていたのに、終わってみれば2−2の引き分け。
『負けに等しい引き分け』と言われていましたが、
今日は、先制され、追いつき、逆転され、追いつき、
『勝ちに等しい引き分け』でした。
とは言うものの、めっちゃ悔しいです。

帰りの臨時バス、
なかなか出発しません。
「まだ、22人なんですよ。もう少し待ちますか。」
とドライバーと誘導係りの会話が聞こえ、
さらに数分待ちましたが、
「まだ、26人。もう出ましょうか?」
普通、シャトルバスって、ギュウギュウ詰めで、次から次へと発車するものでしょう?
こんなガラガラのバスって他にあるのかなあ。

RIMG0799先着1000名に配られたみかんジュースを飲みながら、
ああ〜、勝ちたかったなあ、とウジウジ。

FC東京と徳島ヴォルティスが負けたのは知っていたので
ここで愛媛FCが負けると、栃木SCが1位になってしまう〜
首位を奪って帰すのだけは避けたかったので
よしとするか!

切り替え、切り替え!!

ichigodaifuku35 at 23:59|この記事のURLComments(0)Jリーグ | 愛媛FC

てやてやマーケット

RIMG0741先日、高校の同窓会をしたときに
同じ部活だった同級生が
趣味が高じて、ケーキ屋さんをオープンした
と言っていたので
覗いてみました。
お店自体は、ただいま夏休中で
月に一度あるマーケットに出展しているとのこと。

RIMG0742
この町も、点々と古い建物が残っています。







RIMG0740
アーケードは閑古鳥。







BlogPaintありました、ありました!
彼女のブースです。

シフォンケーキ、マドレーヌ、
ロールケーキ、マフィン、スコーン、
そのほかに、野菜や果物を使った
たくさんの種類のクッキー。
材料はすべて無農薬のものを取り寄せて使っているそうです。すごい!
こんな才能があったなんて!!
ケーキを焼くことを商売にしようと考えるところが、
まず普通の主婦じゃないでしょ。
こんなふうにがんばっている人を見ると、こちらも元気が出ます。
うかうかしてられないな、って。

ほかにもいろいろなお店がありました。
これは、じゃこ天の実演販売(左)と、  もち麦茶の試飲販売(右)。
RIMG0746RIMG0747







某化粧品メーカーのブースでは、無料のハンドマッサージ。
気持ちよかった〜。
手の甲がゴリゴリ言っていました(特に左手)。
化粧品を勧められるかなあ、と思いましたが、それはなし。
美白と保湿効果のある高そうなクリームで、お手々ツルツル。

RIMG0749黄色いワーゲンでは果物のスムージー。
「もう、氷がなくなりました〜。」ですって。
食べたかったなあ。







RIMG0751
ここの町おこしは、ちゃんぽんです。
まだ、食べたことがないのですが、
最近、あちこちのお店で味を競っているようです。
いいことですね。







RIMG0753買ったものを並べてみました(順不同)。
レーズンのクッキー、りんごのクッキー、
レモンクッキー、、抹茶クッキー、
胡麻のクッキー、アーモンドテュイル、
豆乳のカスタードロールケーキ、
いちじくのシフォンケーキ、梨のマフィン。
ブルーベリーのマドレーヌはおまけ。
 
さっそくその中のレーズンクッキーをいただいてみましたが、
うん!おいし〜〜〜〜!
やっぱ、しろうとじゃないわ。

今度は、お店を覗いてみたいものです。

ichigodaifuku35 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2011年08月27日

新盆のフィナーレ

RIMG0719早朝にお寺へ向かいました。
きょうは、「灯し上げ(とぼしあげ)」の日です。
今月1日に「盆の入り」をしてから
いろいろな供養を重ねてきましたが、
きょうが最後。
そのフィナーレを飾るのが「灯し上げ」と言って、
新盆のお宅にそれぞれ飾られていた燈籠を
燃やして天へ送り出すのです。

うちからお寺はとても近く、
母のときは余裕綽々で燈籠を持って出たら、
一番最後になり
順番に燃やしていくものですから、延々待たされた苦い記憶があります。

RIMG0717なので、今度は
一番最初に燃やしてもらおうという魂胆です。
遠方に住んでいるため、
法要に参加できない方の燈籠が1基、
すでにお寺に届けてあったので
その次がうちの番となりました。


RIMG0721住職にも、
「この方のは最後になるから、
お宅が一番だよ。」
と言っていただき、
入念にお墓掃除をし、
準備万端整えました。BlogPaint








法要のあとのお食事は鉢盛りを2つ注文して、
あとの酢の物、そうめん、ちらし寿司、お吸い物、から揚げ、果物は
自分たちで作ることにしました。
WAKOさんが手伝いにきてくれて、大助かり。
おそうめんの上には、昨日イギーが釣ってきたカン鯛がど〜ん。
豪華になりました。

午後になって、続々と親族が集まり始め、
「もう燈籠は持っていってあるから、ギリギリで大丈夫。」
とのんびりしていました。
叔母夫婦一組が、直接お寺へ。
あとの者は、2台の車に分乗してお寺に着いたのが予定時刻の10分前。

駐車場に車を止めて、お寺へ向かっていると
先発隊の甥が走ってきて、
「もう、燃やし始めてるよ。早く、早く!」

「えええェ??? なんでええええェ????」

RIMG0727お寺の前庭には
すでに大勢の人が集まっていて
住職の読経が高らかに響き渡り、
どんどん燈籠が火の中に投げ込まれています。
呆然・・・
「うちの燈籠は???」
すでに灰となっていました。

かろうじて、義妹が間に合い、
名前を呼ばれて、慌てて手を合わせたそうです。

なんのために、朝早く持って行ったのか・・・・。バカみたい。
暑い中、待たされるのが嫌で、楽をしようと考えたのがいけなかったのでしょうかね。
もっと余裕を持って早めにうちを出るべきでした。

母のときは、
下の駐車場に燈籠を並べて、
順番に名前を呼ばれ、親族一同が前に出て、みんなで手を合わせる中、
燈籠が炎の中に消えていきました。
そのあと、お墓に移動し、お参りして、それで終わり、という手順でしたが、
今回は、狭いお寺の前庭で行われ、
途中で入ったため、流れがよくわかりません。
親族がどこに行ってしまったか、見つけ出すのにもひと苦労。
人をかき分け探し回っているうちに、
どうも、本堂に上がってお焼香するらしい、ということがわかりました。
その時点で、もうそこは長蛇の列。
からだ中から汗が噴き出し、喪服は絞れるほどびっしょりです。
どうして、こんなことになってしまったの?

RIMG0728燈籠を燃やす係りの人に
「途中から来たものですから、
段取りがわからないのですが、
このあとはどうしたらいいのですか?」
とたずねると
「お焼香が終わったら、
もうお墓には行かないで、
そのままお帰りください。」
母のときと全然違う〜。
「18時からと聞いていたのですが、本当は何時からだったのでしょうか?」
「人が多く集まったので、早めに始めました。」
そんな・・・・

あとで住職が、
「悪かったね。勝手に早めたりして。」とおっしゃいました。
一番に、と思って先に持って行ったのがアダとなりました。
なんだか、あっけない法要でした。
いつもバタバタしている、うちの家系らしい、とみんなで苦笑いです。

BlogPaintそのあとは、親族で楽しいお食事タイム。
燈籠を燃やすときそばにいてあげられなくて、
ひとりで天に昇っていった父も
きっと許してくれていることと思います。

鯛そうめん、好評でした。
WAKOさん、いろいろありがとう。

ichigodaifuku35 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2011年08月26日

あっち向いてホイ!

RIMG0697いつもなら、
「ンゴ、ンゴ〜〜。」
喉を鳴らして寄ってくるハニィちゃん、
全く興味を示さず。
ウロコを触って、鼻先に持っていくと
            クンクン。
RIMG0695







                          もしかして、嗅覚が衰えてきた?

そう言えば、先週も
クーラーボックスの横でのんきに毛づくろいしてたなあ。

明日は、灯しあげの日。
初盆最後の法要です。

RIMG0699夕方、お気に入りのスーパーマーケットへ
買い出しに出かけました。
高速道路に乗って、北へ向かいます。
山が幾重にも重なって、
だんだん濃い色になっているのが美しい。
灰色の雲は、じきに雨を降らせました。
いきなりの大粒の雨でした。

RIMG0707帰りは、雨があがったあとで
うっすら靄がかかっていました。







RIMG0708
明日は、これらをすべて片付ける日です。
約1ヶ月、毎日供養してきました。
新米の仏となった父は、
自宅でくつろぐことができたでしょうか?



RIMG0709
この燈籠も明日は灰になります。
「どうせ燃やすんだから、うちは小さいのでいい。」
と割り切っている人もあると聞きました。
そうなんですけどね。
見栄を張っているわけではないのですが、
自己満足の世界ですかね。
これで供養した、
と思い込むのもちょっとどうかと思いますが、
気持ちは天に通じると信じたい。

ichigodaifuku35 at 23:16|この記事のURLComments(0)

2011年08月25日

古民家探索

RIMG0658朝は青空が広がっていましたが、
日中は突然雨が降り出したり、
やんだり、また降ったり、
忙しいお天気でした。




RIMG0506RIMG0681RIMG0685




古い町並みの中には
もう誰も住んでいない無人の家が何軒かあり、
持ち主は遠くに住んでいて荒れ果てたまま。

和テーストの中国茶のお店を出したいね、
とイギーと前々から話していて
あちこちから情報を集めていましたが
みなさん、「売る気なし、貸す気なし!」
もったいない・・・・
他からお嫁に来た方々のおっしゃるには
「この地域の人は、ほんとにむずかしい!」のだそうです。
頑固だし、ちょっと臍を曲げるともうどうにもならないし、
変化することを好まない、めんどくさがり、うっとうしがり、もう、ほっといてください、って。

どこの田舎も似たり寄ったりなのかもしれませんが、
特にそういう傾向が顕著らしい。手ごわいなあ。

ランチは生パスタに挑戦。
RIMG0682RIMG0683







RIMG0684ちょっと間違うと
焼きうどん、と言われそうな気もしますが、
いや、おいしかったです。
もう少し、訓練は必要かもしれません。

ichigodaifuku35 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2011年08月24日

地蔵盆

RIMG0642お寺さんからいただいた日程表には
きょうが、「地蔵盆」とありました。
9時から、自由参拝と書いてあったので
イギーと二人で出かけてみました。
参加者は、ほかにおひとりだけ。
いささか淋しい供養となりましたが、
和尚さんの法話はとてもありがたいものでした。

お地蔵さんは、
町々の角に祀られてる地域に密着した「地蔵菩薩」のことで
お釈迦様が入滅したのち、
人間界だけでなく、六道すべての人を救済したそうな。
ありがたい「菩薩」なのでした。

RIMG0641お庭には、
灯しあげの準備が着々と進んでいて
塔婆がすでに積み上げてありました。
納骨のときお供えした、
わらじや杖や、その他諸々の仏具は
半年も風雨にさらされていたのでもうぼろぼろ。
塔婆と一緒に置かせていただきました。


RIMG0652
うちのすぐそばに
お地蔵さまがありますが、
こちらは特に何も供養はなさそうで
いつものとおり、赤い帽子とエプロンをかけて
静かにたたずんでいらっしゃいました。






RIMG0653いきなり場面が飛んで
これは
「卯のほたる」の団扇です。
手書きで、すべて絵が違います。
当日、100円で販売されていたものです。
浴衣を着ていくと、ただでもらえたそうです。


ここは、先日「卯のほたる」の会場で
写真撮影をなさっているところにばったり会った
中学1年の時の担任の先生だった方のお宅です。

昨日、MONTEさんが
「地域づくり交付金」というものが設置され、
各地区にかなりの金額が配布されているので
病院の入り口にあるクリスマスツリーのイルミネーション、
これで申請してみてはどうか?と知らせてくれました。
市役所に問い合わせたところ、
行政は関係なく
各地区に会長区長がおり、その人の許可を得ればOKということでした。
その会長が、先生だったのです。

これはラッキーと、勇んで出かけましたが、
残念ながらもうすでに、それらは分配済みで
そちらに回すお金はない、と言われてしまいました。
残念!
実行委員会を立ち上げ、寄付を募るしかないでしょう、って。

BlogPaint実は、
先生の奥様が「卯のほたる」の実行委員長で
(中学の体育の先生でもありました)
一緒に話しを聞いてくださり、
いろいろなアドヴァイスをいただきました。
昔話しも尽きることなく、
あっというまに2時間半。
また、相談に伺いま〜す!!
今夜付き合ってくれたのはWAKOさんと、サッカー小僧でした。ありがと。

ichigodaifuku35 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2011年08月23日

トンネルを抜けると

RIMG0602WAKOさんが知人と待ち合わせて、
お土産を受け取るから
海の町まで一緒に行かない?
と誘ってくれて、
その町には、
とってもおいしいわらび餅を売っているお店があるので
乗っけて行ってもらいました。

今まであまり考えたこともなかったけれど
数えたら、全部で11ものトンネルを抜けました。

RIMG0610みかんがたくさん取れる町なので
街灯も、みかんの形をしています。





RIMG0608

フランス菓子 KIRIN
と書いてあります。

一見洋風に見えるのですが
店頭には何も置いてなくて、
みかん羊かん、とか、みかんボーロとか、みかん饅頭
と書いた和風菓子の空箱が並んでいるだけです。
でも、ここの宗純餅、というのがとってもおいしいのです。

RIMG0612宗純餅とは、
わらび餅のことなんですけど、
普通のより、かなり柔らかく、
ツルン、プルルン〜。
黄な粉もたっぷり、いい香り。
100g 210円もするのですが、その価値あり。

日本中を回ってセールスしているそうなので
どこかのデパートの物産展で見つけたら、ぜひ、お試しください。

ichigodaifuku35 at 21:19|この記事のURLComments(0)

2011年08月22日

スポンサー交流会

RIMG0581瀬戸の花嫁先輩のママが
代表となっている「せとど−なっつ」は
愛媛FCの法人会員なので
スポンサー交流会にご招待されました。
私は、「せとどーなっつ」の広報担当として
瀬戸の花嫁先輩と一緒に
参加せていただくことになりました。

指定されたテーブルに、入場してきた選手が割り当てられます。
我らのテーブルにやってきたのは
池田昇平くんと、金くん(移籍してまだ1ヶ月)と、スタッフの方。

さっそくおしゃべりしたり、サインをいただいたり、写真を撮ったり!
    (中央が瀬戸の花嫁先輩)
BlogPaint







私の今夜のミッションは2つ。
ひとつめは福田健二〜〜〜
「RUN」の本を抱えて、挨拶に行きました。
「いやあ、恥ずかしいなあ。」と頭を抱えて照れてましたけど、
「これを読んで、なかなか出番がなくても、
そんなことに動じない強い精神力の持ち主だと確信し、
そのとおりに一生懸命がんばっている姿に感動。
また、諦めないで、最後までボールを追う姿に心打たれています。」
と伝えました。
「出る、出ないは、監督が決めること。
1%の可能性でもあれば、僕はそれに向かって必死で頑張る!」
ときりりとした顔で答えてくれました。
それと、チーム77のことも話題にしてみました。
「おお、なつかしい! Tシャツ、持ってますよ〜。」
サコと言ったか、迫井と言ったか、記憶にありませんが、
「あいつ、今、広島なんで、よく話ししてますよ。」
ということでした。
せっかく話しが盛り上がってきたところだったのに、
後ろで、ユニフォームを持ってサインを待っている人がいたので断念。
RIMG0597本の最後の裏表紙に
愛媛FCのサインをいただきました。
表の裏表紙には、
LAS PARMAS時代のサインが
入っています。



BlogPaintふたつめは、齋藤学〜〜
たぶん、今、愛媛FCの中で、
一番「旬」な選手。
おじ様方に囲まれていたので、
順番待ちです。

札幌のU-22のゲームのことに触れ、
エジプトの監督が褒めてた話しをすると
「なんか、そういうことも耳にしましたが、自分としては、全く納得していませんので。」
と厳しい表情でした。
山田くんの方がすごかった、と言っていました。
それから、マツのこと。
「お見舞いにも行けなかったし、告別式にも行けなかった。」
とつらそうでした。
マツの分まで、頑張ってほしい。
そして、また、U-22<A代表に選ばれて、活躍してほしい。

RIMG0581ファンの交流会と違って、
人もそれほど多くなく、ワアワアキャアキャア、
といった雰囲気ではなく、
また数人の選手に人が集中して群がることもなく
すごくアットホームな感じでした。



中盤、今季の愛媛FCのゴールシーンがスクリーンに次々と映され、拍手しまくり!!

そのあと、テーブルごとに〇Xの大きなカードが配られ、ゲームコーナー。
マニアックな問題が多かったのですが、
テーブルのみんなでひとつの答えを出すので、団結して、盛り上がりました。

RIMG0590最後に、締めの挨拶として、
いつもゴール裏で声を張上げているという
某お菓子メーカーの社長さんが壇上に。
グリーンの派手なネクタイやなあ、
と思ってみていたら、
あれはどうも、模様がサッカーコート。
なるほど!

BlogPaint広間の出口に
選手が並んで、お見送りをしてくれました。
バルバリッチ監督と!
わかりにくいかもしれませんが、
彼の左手には
せとどーなっつ謹製の
コンフィチュールが握られています。

BlogPaintホテルの玄関でばったり、
選手たちに会ったので
瀬戸の花嫁先輩のバッグの中から
出た〜、またまたコンフィチュール。
それを持って、みんなでパチリ
みんなうれしそう。おいしいですよ!
「迫井さんによろしく〜!」


RIMG0600ちょっと色がうまく出ませんでしたが、
今夜着ていったオレンジ色のシャツ。
これにサインをもらおうと思って、
わざわざ選んだのですが、
最初は、冷静に
池田くんと金くんにもらうことに成功!
(左のふたつ)

あとは、興奮していたのか、
本と、カードに書いてもらうのが精一杯でシャツまで頭が回りませんでした。
ちなみに、右の薄くなっているサインは、ズーパー友近くんのです!!

瀬戸の花嫁先輩のおかげで、愛媛FCの選手を身近に感じることができ、
ますます応援したい気持ちが高まりました。
練習を見に行ったりすれば、もっと親しくなれるのでしょうねえ。

ichigodaifuku35 at 23:50|この記事のURLComments(0)

昼下がりの中町(なかのちょう)

RIMG0514MONTEさんから電話あり、
知人のご子息が結婚式の前撮りを
中町でやるので、見に行かない?
とお誘いを受けました。
滅多にないチャンスなので
ふたつ返事でOKし、
池田屋で待ち合わせました。

RIMG0512
いつのまにか、
おしゃれなグラスがたくさん並んでいて
金曜日と土曜日の夜だけ
10時までオープンして
アルコールを出すようになったそうな。


RIMG0513水出し煎茶と、善助餅をいただきながら
MONTEさんを待ちましたが、
なかなか姿を現わしません。
しびれを切らして、
様子を見に外へ出てみました。


中町は、昨夜、卯のほたるの会場となった
古い町並みです。

RIMG0523御両人、やっと登場。
へアメイクの方々、カメラマン、その助手
を引き連れて。
MONTEさんもちょうどぴったり
間に合いました!



RIMG0526昨夜はあんなに人が多かったのに
今は、だあれもいません。
好き勝手に道路を占領できます。





RIMG0546カメラマンの注文、
助手への指示、メイク直し、
いろいろ大変です。





RIMG0535古い町並みに映えますね。
このときばかりは、
若者二人も神妙です。
ニッポンの美!







RIMG0550
幸せいっぱいのお二人に
目隠しをするのは忍びなかったので
アップの写真は横向きを選んでみました。










RIMG0556このあと、
この人力車に乗っての撮影。
でも、私は時間がなくて、ここで失礼しました。
残念!
お二人の末永いお幸せを祈ります




RIMG0561それから約2時間後。
ここは、瀬戸の花嫁先輩のお宅。
優雅なティータイムです。





イギーを連れて崖の下見に来ました。
RIMG0562RIMG0563







これらをきれいに刈り取って、
花を植えるお手伝いをイギーがさせていただくことになりました。
これは時間がかかりそうです。

RIMG0565最寄駅までイギーに送ってもらい、
瀬戸の花嫁先輩と私は、
これから松山へ。
高校3年間通った、なつかしの駅です。

ichigodaifuku35 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2011年08月21日

施餓鬼(せがき)

RIMG0455きょうは「施餓鬼」法要の日です。
お寺から案内状が届き、
出欠はがきを出すように、とありました。
母のときは、欠席をさせていただいたので
どんなものなのか、全く初めての体験でした。

本堂の入り口に、
このようなお供えができていました。
蓮の葉の上に、洗い米、さいころ型の野菜、
ミソハギの花とお水は
初盆のときのお供えと同じです。

本堂の中には、美しい笛の音が聴こえていました。
と思ったら、尺八でした。
お坊さんが吹いていらっしゃいました。
全員揃ったところで、住職が
「施餓鬼というのは、餓鬼道に堕ちた人たちに功徳を積むことにより
それを先祖への法要にしようとするものです。」とおっしゃいました。

そして、
「無縁・有縁の仏を祀った慰霊塔があり、
これから供養をするので、皆さんもご一緒に!」
と言われ、
ぱらぱらと小雨の降る中、ぞろぞろと移動しました。

RIMG0457数えたら
10名もの僧侶が勢ぞろいし、
一斉に読誦する光景は
鳥肌ものでした。
日頃、供養してもらうこともなく
寂しく納骨堂に収まっている霊魂も
さぞ喜んでいることでしょう。
塔の扉が開いているのを初めて見ました。

そのあと、本堂に戻り、
今度はさらに数名の僧侶が増えていて、
ますます盛大な読経が始まりました。
鉦、太鼓、にょう鉢(シンバルのような楽器)の音と本堂に響き渡る読経。
これは、一種の伝統芸能・宗教文化であり、
次の世代に残しておかなければならない貴重な遺産だと思いましたが、
さすがにここで撮影をする勇気はありませんでした。

お坊さんの中のひとりに、トムの同級生がいて
「ほら、あそこにいるのがニンジャ君だよ。」
中学時代、バスケットをやっていた、背が高くて細くて、目がくりくりっとしてて、
八重歯のある可愛らしい少年だったニンジャ君は、
別人のようにおっさんになっていて、
街で会っても絶対、わからないくらい変わっていました。
どうして、男子はあのように変貌が激しいのでしょうか?

長い長い法要のあと、ひとりひとりが
玄関にある洗い米を右の蓮に移し、ミソハギで水をかけました。
その案内担当がニンジャ君だったので
思わず、「ニンジャ君!」と手を振って挨拶したら、
にこっと笑ってくれました。
その顔は中学時代の、八重歯の可愛い少年の顔でした。

RIMG0458たっぷり1時間、
ありがたいお経を聴かせていただき、
そのあとは「お舟流し」です。
案内状に入れるのを忘れたそうで、
全員分を作っておきました、とのこと。
小さな行灯を池に流すのだそうです。
トムが一番に流しました。

RIMG0469池なので、
流れもないはずなのに、
ものすごい勢いでこちらにやってくるので
写真が撮れません。動くの、早すぎ〜。




RIMG0473精霊流しみたいで
幻想的です。
これを川で流したいなあ。

施餓鬼が、こんな立派な法要とは知らず、
母のときは、簡単に欠席してしまって、
申し訳ないことをしたと今頃思ってももう遅い。
さぞかし肩身の狭い思いをしたことでしょう。

お土産に、香炉と、お素麺とちらし寿司をいただいて、終了です。
案内状に書いてあったとおり、きっちり1時間半かかりました。

RIMG0481日中はずっと雨が激しく降ったりやんだりで、
きょうの「卯のほたる」は中止だなあ、
と諦めていたのですが、
法要が終わって外に出てみると、
雨もすっかりあがっており、
お寺のすぐ右手の開明学校は
このようになっていました。
ジャスバンドこそいないものの、
今夜も「卯のほたる」は開催されているようです。

そこで、みんなでぶらぶら歩きながら帰ることにしました。

RIMG0484この行灯たちは、
石垣の隙間に箸を突っ込んで
そこにぶら下げられていました。





RIMG0487下から、
光教寺の山門を見たところ。






RIMG0490昨夜の竹のライトは
形が変わっていました。
雨もあがり、すごい人手でした。





RIMG0494「ほたる村」では屋台が出ていて
さっそくイギーは綿あめ。






BlogPaint我らは、カキ氷。
光って色がよくわかりませんが、
左から、メロン、抹茶、いちごです。





RIMG0501二宮敬作の家の門が開かれ、
中の明かりが点いていました。
「おお、高野長英の隠れ家だあ。」
と叫びながら通っていく子供たちや
「あら、門が開いてる。初めて見たわ。」
と言いながら通っていくご婦人あり。
ひっそりしているけれど、趣のある光だなあ、
と思いました。
当時のようすが偲ばれます。

これらの明かりを通して、願います。
世界の平和、人類の幸せ、みんなの健康!!! がんばろう、ニッポン。

ichigodaifuku35 at 23:21|この記事のURLComments(0)

2011年08月20日

今年もまた、卯のほたる

RIMG0374先日、CHAKOさんが帰省した際、
お誘いしたのに
断ったのが気にかかっていたようで
サッカー小僧からメールが来ました。

お子様を迎えにいきがてら、
帰りに一緒にご飯を食べてきました。

RIMG0379
蔵を改造した、
おしゃれなレストラン。
ここでまた、
蝉におしっこをかけられた私です。




RIMG0383SPF豚とトマト&茄子の薬膳スープカレー
十二穀米

ヘルシーで、とってもおいしかったです。
おしゃべりは、サッカー談義。
尽きることがありません。


日中、かなり降った雨もなんとかあがり、
中町で降ろしてもらいました。
今日・明日は「卯のほたる」です。
毎年、バージョンアップしていて、楽しませてもらっています。

RIMG0387四辻で、
三脚にカメラをつけて撮っている人あり。
プロのカメラマンかと思ったら、
中学1年のときの担任の先生でした。
(サッカー小僧は、そのときのクラスメート)

今年は、行灯を並べるだけではなく、
あちこちで個々の光のアートが見られました。

RIMG0389いきなり、自転車とライトのコラボ。
普通の民家です。






RIMG0391お醤油屋さん。
樽を使っての
キャンドルアート。





RIMG0395教会の中庭。
今年は、ウサギ年だし、
「卯」のほたるだし、
うさぎさんのライトアートです。
ススキとお団子も。



RIMG0402開明学校では
ジャズバンドの生演奏。
明治の古い学校に
アメリカの音楽を合わせるとは
心憎い演出。



RIMG0412一方、民具館では
お琴と尺八の演奏会。
小さな子供も、
おとなしく鑑賞していたのは感心です。
いいものは子供の心にも
響くのですね。


RIMG0414いつもクローズしている
喫茶室も
今夜は、建物全体をライトアップして
にぎやかです。




RIMG0416こちらは、
笹に小さな手作りランタンを
七夕の飾りのように下げています。
地面に置いてあるキャンドルは
天の川を表わしているのかも?



RIMG0425かぐや姫みたいに
竹を斜めにカットして
その中にキャンドルを
ともしてあります。
ハートの形をしています。



RIMG0427その奥には
ケーキのように
小さな行灯をたくさん並べてある
コーナーがありました。
子供たちが
自分の作った行灯を必死で探していました。


RIMG0432少し離れて見ると
それは日の丸だったのでした。

震災復興の祈りを込めて、
がんばろう、ニッポン!!



RIMG0440家々が
部屋の明かりを全部つけて
明るく通りを照らしています。
ちょっとした気配り。




RIMG0446池田屋の鳥居門の中は
毎年、銅で作ったカンテラが展示されています。

今夜はちょっと時間が遅かったので
すっかり日が落ちて
真っ暗になってしまいました。
明日、チャンスがあったら、
もう少し早め、薄暮の頃に来てみたいです。

ichigodaifuku35 at 22:31|この記事のURLComments(0)

2011年08月19日

こんなところに、こんな名前が!

RIMG0347神社をぐるりと回るのが
得意なお散歩コースですが、
このごろ、ルーはおじいさんになり
なかなか歩こうとしないので、
ニコとのペースが合わず、
二匹一緒のお散歩は厳しくなりつつあります。


RIMG0351なだめすかしながら歩いていると
「二宮 敬 」 という文字が目に入りました。
これってもしかして、
「二宮 敬作」のこと?

「作」の部分が土をかぶっていたので
ゴシゴシその土を落としたら、
やはり「二宮 敬作」でした。RIMG0353









BlogPaint待てよ!
ここには、うちのひいおじいさんも寄付をして
名前を彫ってもらっているのだけれど
時代が合わない〜〜。

歴史書を紐解いて見るに、
敬作は文化1年に生まれ、
うちのひいひいおじいさんが
それから23年後の文政13年に生まれています。
ですから、どっちかというと、
ひいひいじいさんの時代に、もしかしたら、
二宮敬作と交流があったかも?

RIMG0356また境内に戻って、
歩き直していると
頭の上に、
蝉の鳴き声がしたと思ったら、
水のようなものがシャ〜と落ちてきました。
これが、蝉のオシッコかあ!


RIMG0357午前中は、かなり気温が下がって、涼しいくらいでした。
ハニィは、暑くないから、
ここでオヤスミ。




RIMG0371午後はいつものようにカンカン照りとなり、
ハニィちゃんのベッドは、ゴミ箱の上に移動。
ここが涼しいんでしょうかねえ。

きょうはお昼ご飯も食べず、
ずっとブログ作りをしていました。
やっと8月10日からの分、作成しました。

ichigodaifuku35 at 23:30|この記事のURLComments(0)