2011年12月

2011年12月31日

お正月の準備

朝からせっせとおせち料理を作り始めました。
みんないろいろ忙しくしていて手が空いているのはわたし1人。
もう大掃除は、諦めました。こんな体調では無理。
お風呂とトイレと玄関と、できるところだけ、ちょこちょこやりながら、
それでよし、と勝手に決めました。

DSCN2436DSCN2437DSCN2438







完成!!
今回は、新しい黒の重箱に詰めました。
味のほどは保障できませんが
まあまあ形だけは整いました。



テレビでは一日、なでしこのワールドカップをやっていました。
何度観ても感動ですね。

DSCN2439年越し蕎麦。
このところ、毎年雪が降っていましたが
今年は、穏やかな気候です。
お蕎麦を食べたら、お寺へ向かいます。

みなさま、よいお年を!!

ichigodaifuku35 at 23:52|この記事のURLComments(0)

2011年12月30日

新年に向けて

DSCN2432喪中では
注連飾りをしないらしい、
と聞いて
その代わりに(?)
門松を。
というのも変なのですが
イギーが創ったものなので
せっかくですから、玄関に。
ご先祖様も許してくれるでしょう。


DSCN2428お墓の掃除もしてきました。
こちらの地方では、
花立に飾るものは
「しきび」と呼ばれる
グリーンの葉をつけた枝だけです。
が、
お正月だから、少し華やかに、
ということで、門松風に少し色をつけてみました。
たまには、こういうしきたり破りもいいでしょう。

そのあと、お正月の食材を調達に出かけました。
熱はないのですが、喉、鼻水、咳が止まりません。苦しい〜。

ichigodaifuku35 at 23:59|この記事のURLComments(0)

2011年10大トピックス

 悒泪帖
今年はマツを一番にあげさせていただきます。
RIMG0592<JFL2011後期第5節
         FC町田 vs 松本山雅FC>
松本山雅のゲームを初観戦。
残念ながら、マツはカード累積のため
出場停止でした。
本人がスタンドで観戦していたことは
あとで知りました。
この3日後に、心筋梗塞で倒れるなんて
誰が想像したでしょう・・・・・
(7月30日)

RIMG2419衝撃的なマツの死。
とうてい受け入れることはできません!!
葬儀の日、あの暑かった一日を
私は一生忘れません・・・・
2011年8月4日13:06 永眠 享年35歳 
戒名 照徳嶺樹清居士  合掌
(8月9日)


RIMG0086<第91回天皇杯2回戦 
         横浜FC vs 松本山雅FC>
マツのいないアルウィンです。
もっと早く来るべきでした。
あんなJ2の横浜FCに勝っても、
マツはきっと満足はしなかったでしょう。
マツの姿が見たかった・・・・


RIMG0125メルモちゃんが
マツが倒れた練習場 
梓川運動公園へ連れていってくれました。
ここで倒れたのか!
その場所を見ることができ、
自分の中でふんぎりがつきました。
マツ、安らかに・・・・。
(10月8日)


◆悒▲献▲ップ』
3週間もの間、ドーハに滞在して、アジアカップ優勝を見届けることができました。

RIMG0058RIMG0227







 vs ヨルダン戦(1月9日)          vs シリア戦(1月13日)


RIMG0654RIMG1118







 vs サウジアラビア戦(1月17日)      vs カタール戦(1月21日)


RIMG0062RIMG0331







 vs 韓国(1月25日)             vs オーストラリア戦(1月29日)


『インテル・佑都』
チェゼーナからインテルに電撃移籍をして3週間ちょっと。
なかなかスケジュールが合わなかったのですが
そうだ、チャンピオンズリーグがあるじゃない!
と、思い立って、ミラノへ。
RIMG0698<UEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント
  第1戦 
  インテル・ミラノ vs バイエルンミュンヘン>

佑都くんの姿を一目もみることなく、
終わってしまいました。
チームも、敗退です。
(2月23日)

RIMG0814翌日、インテルの練習場、
アッピアーノ・ジェンティーレを訪れました。
やっぱりインテルは、チェゼーナとは格が違うし、
なかなか使ってもらえないことで
悩んでいるのでは?
気持ちが落ち込んでいるかも?
と心配していましたが・・・・

全くそんなことはなく、とても明るく落ち着いていたので
「これなら大丈夫!」と確信を持ちました。
「絶対に、レギュラーを取れる、何も心配することはない。」と。


ぁ慄鳴鮮』
BlogPaint2000年以来、日本代表を追っかけて、
たくさんの国へ出かけていきましたが、
今まで体験したことのない、
不思議の連続でした。
サッカーと出会わなければ、
北朝鮮という国に行くことはなかったと思うので、
その点は、ラッキーと言うしかありません。
無事に帰国できて、何よりでした。
(11月15日)


ァ悒船礇螢謄マッチ』
RIMG0175<斗山アジアドリームカップ2011 
             イン ベトナム>
パク・チソン財団のの呼びかけにより
ベトナムのホーチミンで行なわれた夢の競演。
久しぶりにヒデを見ましたが、鍛えてますね〜。
まだまだ現役でやれるのになあ。
もったいないなあ。
カズゴール出ました。こちらもすごい人です!

RIMG0067<震災復興チャリティマッチ
          がんばろうニッポン>
日本代表が大阪・長居に集まり、
Jリーグ選抜とチャリティマッチを行ないました。
ここでもゴールを決めたカズ。
あれ以来、三ツ沢でカズの声援が
非常に多く聞こえるようになったのは
ありがたいことです。
東北だけでなく、日本中にパワーを与えてくれたゲームでした。


Ε泪張罐
今までスタジアムでユニフォームを着たことはなかったのですが
マツへの敬意と追悼の意を込めて、マリノス3番を着用。

RIMG0034RIMG1003






        札幌(8月10日)               埼玉(9月2日)

BlogPaint







タシケント(9月6日)   



А悒織献スタン』
DSCN0565衛生状態が劣悪だと聞いていましたが
全くそんなことはなく、
とてもいい印象を持ちました。
チームも正々堂々と闘っていて、
気持ちよかったです。
ただ、ピッチの状態は、
もう少しなんとかしていただきたいな、と。
(11月11日)


─悒Ε坤戰スタン』
RIMG0262このスタジアムを訪れるのも
これが2回目です。
余裕ありすぎたのか、
ウズベキスタンが強かったのか
なんとか引き分けに持ち込むことができました。
アウェイの怖さを感じたゲームでした。
(9月6日)


『Uー22』
「オリンピックも観に行くんですか?」とよく聞かれますが、
「とんでもない。そんなことしていたら、破産してしまいます。
A代表だけで、精一杯ですよ。」
なのに、今年は4 ゲーム観戦できました。

vs オーストラリア戦(新潟)6月1日  vs 湘南ベルマーレ戦(保土ヶ谷)6月8日

RIMG0017RIMG0101







vs エジプト戦(札幌)8月10日      vs シリア戦(国立)11月27日

RIMG0001DSCN1521







最初は、名前も顔もわかりませんでしたが、だいぶわかるようになってきました。
これからも、機会があれば(ホーム戦くらいかなあ?)観に行きたいと思っています。


『一平くん』
RIMG0330ニンスタではもうすっかりお馴染みの
愛媛FC熱烈サポーターの一平くん。
アウェイにもときどき出没。
初めてニンスタ以外で一平くんを見ました。
来年はもう対戦することのないFC東京戦です。
駒沢競技場にて(6月5日)




以上、2011年を振り返ってみました。
実は、2010年の分も作りかけのまま、ほったらかしでした。
一緒にまとめて作りましたので、
2011年と 2010年と続けて置いておきます。
ちょっと混乱するかもしれませんが、ご了承ください。
来月になったら、元に戻す予定です。

ichigodaifuku35 at 23:04|この記事のURLComments(0)

2011年12月29日

鍋焼きうどん

DSCN2420昨夜は、夕食も食べずに寝ました。
寝ても寝ても寝られます。
睡眠で風邪を治そうとしました。
もう峠は越えたと思います。

近所にうどん屋さんが出来たので、
お昼を食べに行ってみました。
以前は、焼肉屋さんだったところです。

DSCN2422店内は、
なかなかおしゃれな内装でした。







DSCN2423注文したのは、鍋焼きうどん。
『からだの芯まであったまる』と書いてありました。


DSCN2425







具は、かまぼこ、葱、春菊、油揚げ、牛蒡と一緒に甘辛く煮た牛肉でした。
そこに生卵を落として、あつあつのところをいただきます。
確かに、あったまりました。汗びっしょりでした。
デザートはみかん。さすが、愛媛!

元気出てきて、お墓掃除に行きたいところでしたが、
天皇杯の準決勝が始まるので、やめました。
FC東京が勝ったのは観ましたが、
マリノスが負けたのは、ちょうど来客があり、観ることができませんでした。

少しだけ、お正月の装い:
DSCN2417DSCN2418DSCN2416

ichigodaifuku35 at 20:58|この記事のURLComments(0)

2011年12月28日

朝一番の冷え込み

DSCN2407このごろは、朝起きるのがつらくて
なかなかベッドから出ることができません。
下に下りると、
ワン子たちのお散歩も終了、
朝ごはんの用意ができている状態です。

「池に氷が張ってるよ。」とイギー。

DSCN2412庭に出てみると
池の中に沈んでいる老木が
こんな感じになっていました。





DSCN2409軽く押しても、割れません。







DSCN2410力を入れて氷を割ってみると
ガラス板みたいでした。
思ったより、厚いです。





DSCN2411それを池に投げつけてみましたが、
張っている氷は割れませんでした。
昨夜から今朝にかけて、
かなり冷え込んだのですね。




日中は陽が射して、いいお天気になりました。
でも、吹く風が冷たく、気温は低いようでした。

チャコさんが帰省してきて、ランチしよう、と誘ってくれたのでお出かけ。
わたしはイカ玉。チャコさんはブタ玉。
DSCN2414DSCN2415







これだ濃い味付けでも、全く味覚なく、鼻水止まらず、咳も出て
夕方から、ダウン。ベッドに直行。
ハニィちゃんがずっとそばに付き添ってくれました。

ichigodaifuku35 at 17:20|この記事のURLComments(0)

2011年12月27日

バスタイム

DSCN2394きょうは青空の広がるいいお天気。
でも、
風邪はますますひどくなってきました。

ルーとニコは新しい年を迎えるに当たって
お風呂に入れてもらいました。



DSCN2385DSCN2397







ルーはタオルでからだを拭こうとするとウ〜と唸るので、ちょっと怖いです。

DSCN2396耳の内側がなかなか乾かないので
あちこち耳を擦り付けて走り回っています。







DSCN2401ニコはドライヤーが怖くて
じっとしていることがありません。
庭を駆け回っています。

からだをブルブルするちょっと前の姿。



DSCN2402いつもは薄い茶系色なのに
濡れると、チョコレート色になって、
情けない顔つきになります。





DSCN2406やっとここまで乾きました。
風邪ひいたら大変ですからね。






私の風邪はますます悪くなる一方で
薬と喉飴と、栄養ドリンクとみかんで治そうとしています。
寝てると一番楽なので、だらだらして一日過ぎてしまいました。

ichigodaifuku35 at 20:59|この記事のURLComments(0)

2011年12月26日

無理はするもんじゃない!

DSCN2366夕暮れの三崎半島。







瀬戸内海。
DSCN2368DSCN2369







ここでジャコカツをWAKOさんは20枚買いました。
閉店ギリギリセーフでした。

DSCN2374燃えるような赤い空。

風邪気味で体調悪かったのに
午後からバレエ教室。
近所の友人を引きずり込みました。
わたしより、筋がある!
「以前、バレエをなさってたのかと思いました。」と先生。
そして、わたしには「足の指、大丈夫でしたか?」すっかり忘れていました。
そういえば、ちょっとズキズキするような・・・。
その程度なら、全く問題ないですよね。

DSCN2375WAKOさんに誘われて、
温泉にやってきました。
夕暮れ時は、混んでいるような気がしますが
みかん農家は忙しいから、まだ大丈夫、
とWAKOさんの予想は大当たり。



DSCN2376入り口には
もう門松が飾ってありましたよ。
早いなあ。
イギーも頼まれて、
門松造りに励んでいます。



DSCN2378DSCN2379







十分温まって風邪を吹き飛ばし、
景気付けに
クリスマスイルミネーションのお宅をを2軒回って帰途に着きました。

でも、やっぱりゾクゾクしてきて調子悪い。
早く寝るのが一番ですね。

ichigodaifuku35 at 20:44|この記事のURLComments(0)

2011年12月25日

クリスマスを考える

DSCN2362きょうはクリスマス。
イエス・キリストの誕生を祝う日です。
キリスト教徒でなくても、
日本人にとって、クリスマスは特別な日です。





DSCN2360DSCN2359








私は年賀状を書かず、ずっとクリスマスカードを書いてきました。
そして、クリスマスは1年を振り返り、1年分の懺悔をする日と思ってきました。

先日羽田から帰ってくるとき、
機内誌に、
「クリスマス・ソングを聞き、いのちについて考える」というコラムが載っていました。

『賛美歌21』244番 「キリストは明日おいでになる」の一節は

    明日はみんなのクリスマスだ。
    み神の愛の祝いの日だ。
    救いの星は空に照るが
    世の人は主をかえりみない。

となっていて、原詞では、
貧困や飢餓、戦争や災害で命が脅かされている世界の子どもたちのことを考えずに
クリスマスを祝うのは
「主」=イエス・キリストを「かえりみない」のと同じことだと歌っているのだそうです。

生まれ来る子どものいのちは、いずれもキリストいのちと同じ価値あるものだから
クリスマスを祝うならば、
すべての子どもたちのいのちと将来に無関心ではいられません。
クリスマスは、
もっとも弱いいのちを尊重し、
子どもたちが幸せに暮らせる世界を築くためにはどうすればいいか
考えを巡らせるときでもある、と。

きょうは近所の教会で、クリスマスの御ミサがあることを知っていて
(小さい頃、日曜学校に通っていた時期がありました)
ぜひ、参列したいと考えていたのですが・・・・

風邪をひいてしまったみたいで、喉が痛くて、鼻水が出ます。
外は、粉雪が舞い、ものすごい風が吹いて寒い。
残念ですが、諦めました。

「第九」のソプラノ担当の知人からメールがあり、
『今夜一緒にお食事いかが?』
彼女のお兄さんも交えて、うちでお鍋をすることにしました。

DSCN2350クリスマスツリーに見立てたポテトサラダ。









DSCN2351DSCN2355







本日のお鍋は、お野菜のほかに、
叔母の作ったお餅と
わたしが丸めたイカボールと海老ボール。
あとは、ビーフとポークのしゃぶしゃぶでした。

次の「第九」では、もっと若者(男性)を集めなくちゃ、と力説。
でも、来年はないそうです。がっくり!

DSCN2357クリスマスプレゼントに
新年用のプリザーブドフラワーのアレンジメントをいただきました。
うれしい〜。







みんなでお鍋を囲みながら、
今ある幸せと平和に感謝し、
世界中の子どもたちが大切にされますように、と祈りました。

ichigodaifuku35 at 23:19|この記事のURLComments(0)

2011年12月24日

ちょっとだけホワイト!

DSCN2325クリスマスイヴのきょうは
朝から雪が降って
積もったと思ったら、
急に晴れ間がのぞいたり
天候のめまぐるしく変わる忙しい一日でした。



あちこち買い物に行ったり、整形外科に行ったり
車でウロウロしていて、信号待ちしているときにパチリ。
山が白くなっていました。
DSCN2331DSCN2332







足の指のヒビは大したことなかったみたいで、副え木が取れました。
これでやっと靴が履けます。

今夜は、
チーズフォンデュパーティをすることになりました。

オードブル2種。
DSCN2338DSCN2334








DSCN2342生パスタ2種。
明太子と、カルボナーラ。
フエちゃんとイギーが
小麦粉から作りました。





DSCN2341サッカー小僧から、
ホタテをいただきました。







DSCN2335チーズフォンデュの具は
フランスパンのほかに、
ブロッコリー、かぼちゃ、エリンギ、サツマイモ、れんこん、パプリカ、笹かまぼこ、海老、ソーセージ、うずらの卵、銀杏。
銀杏の皮を一生懸命剥いてくれたのは
ウイちゃんです。


DSCN2343シャンパンで乾杯をする間もなく、
どんどん食べ始めたので
なんだか
クリスマスイヴって感じではなく
ただの宴会?!




DSCN2345デザートは、チョコレートフォンデュ。
イチゴとキーウイとリンゴとマシュマロです。







DSCN2346そして、クリスマスケーキ。
総勢7人で、
夜中近くまでワイワイ飲んで食べていました。
一時やんでいた雪が、また舞い始めました。
明日の朝は真っ白かもしれません。

MERRY CHRISTMAS



*「沖で待つ」 絲山秋子

ichigodaifuku35 at 23:57|この記事のURLComments(0)

2011年12月23日

白から黒へ

DSCN2324携帯電話が使えなくなりました!
充電器のコードを差し込む部分が破損して
充電できなくなったのです。

この数ヶ月、調子悪かったことは調子悪かったのでした。
接触不良になったみたいで
コードを挿す角度をいろいろ変えたりして、
なだめすかしながら、使っていました。

そしたら、一昨日
名古屋 vs 柏 の天皇杯をテレビ観戦しながら、充電しようとしたところ
全く反応がなくなりました。
どんなにいじっても、携帯本体のランプが点かず
充電できなくなりました。
イライラする〜〜〜〜〜〜〜

とうとうバッテリーがなくなり、携帯はただの小さい箱になりました。
誰からメールが届いているか、チェックできないというのは
すごいストレスでした。
携帯がないと、こんなに不便で不安なものなのですねえ。

昨日、羽田の携帯ショップで見てもらったら、
「ああ、もうこれ、だめですね。」とあっさり!

うう〜〜。
スマートフォンに買い換える時期なのかしらん、と一瞬悩みましたが、
いろいろ話しを聞いてみると、
5千円払うと、同じ機種と交換してくれるということでした。

同じ機種、同じ色の在庫がなかったので、似たような機種にしてもらって
明日、届けてもらうことになりました。
そのあと、大急ぎで手荷物検査場に向かったというわけです。

DSCN2319きょうは一日、
霙が降ったりやんだりの寒い一日で
一歩も外へ出ず、ずっと待っていたのに、
なかなか配達にやってきません。
3匹もこのとおり!

夕方になってもこないので
郵便局に電話をしてしまいした。
「本日中に届けていただけると言われているんです。」
これからも、配達はあるので待て、と言われました。

やっと届いたのは、20時過ぎてました。
ああ、やっと来ました。

ふう〜。
フォーマカードを入れるのに手間取り、データを移すのに苦心し、汗だくでした。
今、やっと、使えるようになりました。
でも、若干、受信メール・着信履歴が消えてしまっているようで不安。

ichigodaifuku35 at 22:25|この記事のURLComments(0)

2011年12月22日

冬至

DSCN2283きょうは冬至なんですね。
ずいぶん前にいただいた柚子が
まだ冷蔵庫に残っていて
ラッキー。
これで今冬は風邪を引きませんように。



毛づくろいをするハニィ。         ニコの顔は唾液でべちゃべちゃです。
DSCN2296DSCN2311








DSCN2305ルーは
顔をなめられると
顔をそむけて意思表示をします。
無理強いはしないハニィちゃん。





DSCN2315寒さ知らずの3匹。
外はかなり寒く、窓をちょっと開けただけで
ぶるぶる震えます。
明日は雪になるとか。

きみたちはいいねえ。幸せだねえ。
ぬくぬくぬくぬく。



*「てんやわんや」 獅子文六

ichigodaifuku35 at 23:54|この記事のURLComments(0)

2011年12月21日

色づく街

DSCN2277なんだかいつもと違うなあ、
と思っていたら、
ひと駅間違ってました。
どおりで!!




ラッシュを避けて、なるべく各停で、乗り換え乗り換えして来たのですが
それでも予定より早く着いてしまって
構内のカフェで、朝ごはん。
卵とトマトとハムのホットサンドとカプチーノ。
(あまりに混んでいて、カメラ出す勇気なし。)

DSCN2278日中の官庁街は風は冷たかったのですが
銀杏の黄色に目を奪われてしまいました。
舗道は銀杏の葉の絨毯が敷き詰められていました。








DSCN2279DSCN2280








お昼は、金時ねえさんにいただいた手作りのパンをかじりながら
大急ぎですませ、そのまま集会に突入。


DSCN2281帰りにデパートへ寄って、
来年の手帳を探していたら
なんだかクラクラしてきました。
眠いと暑いのと空腹で、
血糖値が下がってきたみたいです。
大急ぎで地下へ行き、
いちごキャラメル+ミルクのジェラート。
それでも足りなくて、
キオスクでチョコバーを買い、それをかじりながら帰途に着きました。
久しぶりにチョコレート食べたなあ。



*「Dear KAZU 僕を育てた55通の手紙」 三浦知良

ichigodaifuku35 at 22:30|この記事のURLComments(0)

2011年12月20日

忘年会

DSCN2260いつものメンバー、
いつものお店、
いつものもんじゃ焼きで
忘年会。




DSCN2262オードブルに惑わされて
いつもおなかいっぱいになって
失敗するので
今夜は控えめに・・・。




DSCN2263
TOMMYさんが自慢げに取り出して
見せてくれた、これ!!
何かというと・・・・

クラブワールドカップのとき
スタジアムのレストランで食事していたら
「あれ?」
すぐそばでその人が食事していたので
ミーハーしてサインもらったそうです。          =ネイマール=と書いてあります。

DSCN2264DSCN2265








DSCN2266DSCN2269







きょうもおなかパンパンになるまでいただきました。
デザートは、あんこ巻き。
DSCN2270DSCN2271







DSCN2273スペシャルの
あんこ巻き、アイスクリーム乗せ。
あまりにおいしかったので
みんなで、お代わり〜。

ichigodaifuku35 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2011年12月19日

食べてばっかり

DSCN2235久々に富士山を見ました。
羽田に着いて、
そのまま、ヌーの群れに会いに。





DSCN2237いいお天気ですが
寒い!







DSCN2250
お昼過ぎてから
銀座に用があるという篠さんにお付き合いして
ランチをいただくことに。

ここは全く知らない地下のレストラン。
でも、篠さんは異常に鼻が利くのです!

DSCN2247

「なんか、このお店、いいね。」

彼女のひらめきに間違いはありません。
絶対、はずさない。DSCN2246








DSCN2242室内の中央に大きなクリスマスツリー。
静かで落ち着いた雰囲気です。
たぶん、夜はお酒を飲みながら
ゆっくりお食事をするのに最適なレストラン。







DSCN2243DSCN2241








DSCN2244DSCN2245







ランチメニューは、簡単なものしかありませんでしたが
とにかく雰囲気、最高でした。

DSCN2259横浜に戻って
クリスマスが近いから(?)
夜は、焼肉。
前々から一度行ってみたいと思っていた
焼肉屋さん。
すごくおいしくて有名なんですって。
金時ねえさんが教えてくださいました。

DSCN2256臭いがつかないように
コート類は、この中にしまって隔離。
グッドアイディア。






DSCN2254DSCN2255







DSCN2257DSCN2258







このお店で扱っているのはすべて宮崎牛。
お値段もいいですが、さすがにおいしい〜〜。
身のあるクリスマスプレゼントとなりました。
今度来られるのは、誕生日かな?

ichigodaifuku35 at 23:16|この記事のURLComments(0)

2011年12月18日

「第九」を聴く!

BlogPaint年末といえば、「第九」ですよね。
日本中のいたるところで
この曲が演奏され、歌われるようになったのは
いつの頃からかわかりませんが
こんなに流行っているのは、
日本だけらしいです。
あるテレビ番組で
「第九は、それなりの技術を持った人たち、歌唱力のある人たちが演ってこそ、価値がある。
ベートーベンも、それを期待して作ったはず。」
というような意味のことをおっしゃっていた音楽家がいました。
本当にそうでしょうか?

一昨日、たまたま通りかかった中ノ町で「第九」のポスターを見かけました。
この町で、「第九」をやるんだ!!
ソプラノは、なんと、私の知人でした。
これは、行かなければ!と思ったものの
その日は、近所のおじさんと約束がありました。
お正月の注連縄飾りに使う、ウラジロを山に取りに行くことにしていたのでした。
ですが、足の指にヒビが入ったため、山歩きはできなくなり、
代わりに「第九」に行けることになったというわけです。
何が幸いするかわかりませんね。

DSCN2218さて、会場は、うちから自転車で約1分の
文化会館です。

開場10分前に行ったら、
もうすでに大勢の人が中に入っていました。
かなり盛況です。


BlogPaint前から5番目のセンターに座りました。
ちょっと前過ぎるのですが、
そのあたりしかもう空席がなかったのです。
超満員で、立ち見まで出たと聞きました。
すごい!




BlogPaintパンフレットを見ると
ソリストの4人は、全員が愛媛県出身で
ソプラノの知人は、ここ地元です。
経歴を見て、びっくり。
こんなに活躍してたんだ。
全然知らなかった!!

合唱団の中には、
私の保育園のときの先生、
中学のときの音楽の先生の名前がありました。

オーケストラの中には、
中学時代の同級生が2人いました。
コンサートマスターも同級生。

指揮者は、現役の市立中学校の校長先生です!

「第九」の初演は、4年前で
そのときは、愛媛交響楽団との共演だったそうです。

文化会館20周年記念事業としての今年は
187名もの市民が参加した合唱団(近隣の市民も含む)と
自前のオーケストラ(吹奏楽団)の68名に加えて
4名のソリストを迎え、
第4楽章すべて演奏することができるようになったとか。
がんばりましたね!

第一部は、短い曲を4つ。
管弦楽ではないので、どうかな?と思っていましたが、
かなりいい線いってました。
吹奏楽だけでも、これだけできるんだ、と感動。

第二部の1曲目は、
バッハの「わが心の切なる願い」で
震災で亡くなられた方々への哀悼の意を込めて演奏されました。

そして、いよいよ「第九」です。
総勢200名を超える舞台は精悍でした。
ものすごいパワーでした。
鳥肌ものでした。
中学や高校の制服姿の人もいて
もし、私がこの時代に高校生だったら、
絶対あそこの壇上でみんなと一緒に声を張り上げていただろうなあ、
と思いながら、聴いていました。

DSCN2216私の友人のために、
クリスマスっぽく、グリーンと赤を基調にした
花束を用意しました。

彼女のドレスは
同じ真っ赤な色でした。
ぴったし!!

堂々としていて、とても気持ちよく歌っていました。
すばらしい声でした。
おかあさんにだんだん似てきたなあ、とついつい思って見てしまいました。

こんな田舎で、ドイツ語の歌詞が飛び交う音楽会が催されること、
それをこんなに大勢の地元の人たちが
まるで、大衆芸能を観に来るみたいに、気軽に鑑賞できること、
それがここだけじゃなくて、日本中で行われていること、
ベートーベンが知ったら、さぞかしびっくりすることでしょう。

この日のために、5月から毎週練習を重ね、
みんながひとつになって「歓喜の歌」を完成させて披露し
歌う人も演奏する人も、それを聴く人もハッピーになれれば
それで十分なのではないでしょうか?

最後に、全員で「ふるさと」と「蛍の光」を歌いました。
涙で声が震えましたが、思いっきり歌って、気分爽快。
気持ちいい〜〜〜。
来年もやるなら、ぜひ、参加させてもらおう、っと。

と決心しつつ、大急ぎでうちに帰って、クラブワールドカップ観戦。
柏、残念。
バルサ、強い!!

ichigodaifuku35 at 23:00|この記事のURLComments(0)