2012年06月

2012年06月30日

はっきりしないお天気の一日

DSCN9551雨が降ったりやんだり、蒸し暑い一日でした。

朝の散歩は、ハニィちゃん、
きょうは気が向かなかったのかお留守番。
お散歩から帰ってきても、
まだそこに座ったままでした。


DSCN9555夕方、
お散歩に行こうとしたら
イギーが
「また、ヒナが落ちてるよ!」

イギーの作事場の屋根の上に
見るからにひからびた小さな羽のついた塊が
見えました。
落ちてから、だいぶたっているようです。
ということは、うちの二階のどこかに巣があるってことになりますね。
あ〜あ、第二の犠牲者。 哀れ、小雀。
屋根にちなんで、ルーフちゃんと名づけました。
ルーフちゃんを処理するイギーを
電線につかまった親スズメたちがチュンチュン啼きながら、眺めています。
まさか、襲われることはないと思いますが、怨んでるかもしれません。

作事場の庇の上で、昼寝をすることがあるハニィちゃん。
そこへヒナが落ちてきたら、当然遊んじゃいますよね。
落ちないように、しっかり守ってあげてね、スズメさんたち。

DSCN9556今夜はカレーでした。
イギーのこだわりカレーは
圧力鍋で、肉と野菜とフルーツを蒸し、
それを裏ごしして、さらに煮詰めるという
手間のかかるカレーです。




DSCN9557でも、今夜は、自分で作ったジャガイモ、人参、茄子、胡瓜を乱切りにして
固めに煮たものを最後に混ぜて
形のある具の入っているカレーでした。

ナンも、せっせと粉をこねて焼いてました。


とてもおいしかったです。

さっさとすませて、食器も片付けないまま、隣りの部屋へ。
また、写真の整理を始めてしまいました。
これをやり出すと、大変なんです、収拾がつかなくなるのです。
DSCN9558DSCN9559








2012063023100000物を取りに二階へ上がったら、
納戸の窓の
幅の狭い板の上でお休みのハニィ。
寝にくいだろうに。



DSCN9560再度、上がった時には
さすがに、座布団袋の上に移動していました。
そりゃ、その方が快適でしょ。


夜中になって、雷ゴロゴロピカピカしてきました。
雨脚も強くなってきました。
明日もまたお天気悪そうです。

ichigodaifuku35 at 23:36|この記事のURLComments(0)

2012年06月29日

小雀、続報

DSCN9523今朝もルーの吠える声に渋々起きて
お散歩に出ました。
真っ先に、昨日の場所に行ってみましたが、
スズメの姿はありませんでした。

ということは、
親スズメたちが巣へ連れ戻したということでしょうか?
ヒナと言っても、
親スズメにとってはかなりの大きさです。
あのヒナをどうやって運んだのでしょう?
何羽か集まって、せ〜の!で持ち上げたのでしょうか?
その光景、見たかったなあ。

DSCN9524電線を見ると、
スズメが、確かに虫をくわえているのが
わかります。
ヒナのための朝ごはんですね。
いったい巣はどこにあるのかしらん?




ハニィちゃん、もうスズメさんを取っちゃだめですよ。
DSCN9527DSCN9537










DSCN9541きょうは、神社の中をくまなく散策。
朝露に濡れた草むらには
いろんな匂いがあるらしい。DSCN9542









DSCN9548たっぷり時間をかけたお散歩終了。

そのあと、
何気なく、池の蓮を見ていました。
雨続きで、水の中から頭をなかなか出せないでいたのですが
やっと蕾が水面まで上がってきました。

あと2つ、蕾があったのに、どこへ行っちゃったかな?
視線を遠くの水面に移した瞬間、
ぎょっ!!!!!!!!!!

少し羽を広げてうつ伏したままの子雀が浮かんでいました。
ああ、やっぱり、こういう運命だったのか・・・・。
ハニィちゃん、見つけてしまったのですね。
昨夜のうちか、今朝なのかわかりませんが、
庭までくわえてきて、弄んでいるうちに、ぽ〜んと池の中に
放り投げてしまったのですね、きっと。

ああ、悔やまれる。
可愛そうなことをしました。
蓮にちなんで、ロータスちゃん、と名づけ、冥福を祈ることにしました。
短い命だったけど、懸命にピイピイ啼いて、生をまっとうした、ロータスちゃん。
ハニィちゃんを怨まないでね。
合掌。

ichigodaifuku35 at 23:27|この記事のURLComments(0)

2012年06月28日

梅雨明けを思わせるような一日

DSCN9494明け方まで降っていた雨も
やっとあがり、
良いお天気となりました。
6時前には、ルーに起こされ、
まだ乾いていない地面を歩いてお散歩です。




DSCN9495
これは、鉢植えのミントとバジル。
1本ずつ切って、花挿しに入れてみました。
バジルはくたばってしまっていますが
(水が足りなかった)
とっても、いい匂いがします。






DSCN9496
そうだ!
カタールで買ったゼリーの素があったっけ。
チェリーフレーバーですが
イチゴを入れて、
ミントの葉を浮かべてみました。




DSCN9497夕方から、久々のフラダンス。
ブリスベンで見つけた
プルメリアの髪飾りです。
生徒さんたちへのお土産です。

新しい曲は、また一段とレベルアップ。
覚えられない〜。
手の振りだけ見てると、腰が動かない。
腰を気にすると、真顔になっちゃう。
来月、またステージがあるそうですが、
その日はこちらにいないので、ほっと胸をなでおろしました。
出なくてすむ!

うちに帰って、玄関を開けると、小さな塊が落ちていて、ゴミかと思ったら、
スズメの子どもでした。
5cmくらいの小さなスズメで、まだ産毛もついたまま。
首のあたりに怪我をしているようなんです。
これは、ハニィちゃんの仕業に違いありません。
DSCN9498猫の飼い主の義務として、
これを死なせてはいけない、と思い、
小型の紙袋に入れて、
獣医さんのもとへ自転車を走らせました。

そしたら、受付で
「野生の鳥は触っちゃだめですよ。」
と言われました。
『ヒナを拾わないでください』と書いたポスターも貼ってありました。
一応先生に診ていただいたところ、
羽にちょっと傷があるけど、首は問題ない、とのこと。
このまま、どこかに置いておけば、親がなんとかするでしょう、
と言われ、すごすご引き上げてきました。

DSCN9500まだ嘴の端が黄色いです。
でも、ずっと、ピイピイ啼いていて、
紙袋の中には、
しっかりウンチもしてました。
なかなかしたたかな奴!




BlogPaintここに置いて様子を見ていましたが、
ヒナのピイピイ啼く声を聞きつけて
あちこちからチュンチュンと
親スズメが集まってきました。
でも、私がいるので(離れてはいたのですが)
警戒して、降りてきません。
もうあとは、親に任せましょう。DSCN9502









DSCN9506夕飯もそこそこに、
WAKOさんが迎えに来てくれて、
一路南へ。
いつもの塩湯へ行くはずだったのですが
急遽、予定を変更。
熱田温泉へ行くことにしました。

ここは、高速道路ができてから、
降り口のすぐそばなので、めちゃくちゃ混み出し
しばらく行くのを控えていた温泉です。

でも、平日のこの時間なら、もしかして空いているのでは、という
WAKOさんの感に頼り、行ってみることにしたのです。

DSCN9512駐車場はすごい車でした。
やっぱり、まだ人気あるんだ、
この時間でも。






DSCN9513入り口横には、
お遍路さんのための足湯。
歩き疲れた足には、
最高の「お接待」ですね。





DSCN9514受付に行く手前に
「あっ、キリン堂だ〜〜〜。」
イギーの大好きなわらび餅のお店が
出店していました。
もうすぐ閉めてしまうとのことでしたので
今のうちに、わらび餅をゲット。
それから、ドライブルーベリーも。
試食したら、めちゃおいしかったのです。
宇和島で栽培しているブルーベリーを乾燥させたもので、
100gで1260円もしました。
高いけど、買わずにはいらならいほどおいしかった!
WAKOさんは、媛の黄金ゴマ黄な粉をお買い上げ〜。


お湯に行くまでに、こんなオブジェがあちこちに。まるで、直島みたい!

DSCN9515DSCN9516DSCN9517





久しぶりのお湯は、ソフトでやさしく、お肌ツルツル。
混んでいると思ったお風呂は、広いので、
人がいないところ、いないことろのお湯に入っていたら、ほとんど貸切状態でした。
ざっと見たところ、10人くらいしかいませんでした。
新しく寝湯ができていて、仰向けに寝たまま、空を見上げていると
本当にリラックスできて、気持ちよかったです。
一番気に入ったのは、ミストサウナ。
普通のよりも、ミストの粒と量が多くて、汗がだらだら。爽快でした。

お風呂から上がって、マッサージルームへ。
人間のマッサージは、10分で1500円とお高いので
最新式のマッサージ器、15分で100円。1時間でも400円。
これ、最高〜〜。

マッサージ器に揉まれながら、外で太鼓の音がしているのが気になっていました。
舞台が設置されていたので、何か催しをしているのかと思いました。
聞けば、夏祭りのための練習をしているとのこと。
叩き手は、中学生か高校生くらいでしょうか。
DSCN9518
中央に、大きな太鼓。
樹齢900年の大楠をくり抜いて造った
根樹太鼓なんだそうです。
どんな音が出るのでしょう。
本番が楽しみです。



DSCN9519夜空には、上弦の月。
月の周りだけ明るいので、
雲が映っています。
まるで、
月を包んでいるオブラートのように見えます。

ああ、いいお湯でした。
WAKOさん、ドライブありがとう。

帰ってから、外出中のイギーに代わって、犬のお散歩に出たついでに
スズメのヒナを探しましたが、暗くてよくわかりませんでした。
一緒についてきたハニィちゃんも無反応だったので
もうどこかへ移動したのかもしれません。
無事に育ってくれますように。

ichigodaifuku35 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2012年06月27日

梅雨寒の一日

DSCN9488一日雨でした。
音をたてて降る激しい雨でした。
風も強く、
寒くて寒くてトレーナー姿で
きょうは納戸のお片づけ。
1階と2階をいったい何回往復したことやら。



DSCN9489午後、
MIKOさんが
イチゴを持ってきてくれました。
弟さんが、「あまおとめ」を作っていて
「『出荷はもう終わりだから、
好きなだけ持ってっていいよ。』
と弟に言われたから
大急ぎで摘んできた。」ということでした。
小粒ですが、新鮮そのものでぴかぴか光っていました。

ただ、しろうとが摘んだので、痛んだり、ちょっと早めだったりするのがあったので
そういうのはまとめて、ジャムにしてみました。

DSCN9491出来上がり!!
ちょっと色がオレンジっぽい。
イチゴの形は残っていますが、
味は、マンゴーです。





DSCN9490冷蔵庫にあった
マンゴーピューレを足してみたら
ほとんどマンゴーの味しかしなくなりました。
強烈なんですね、マンゴーの果肉の匂い。
でも、おいしくできました。
右の鮮やかな赤の液体は、
イチゴジュースです。

今も雨は降り続いており、気温はますます下がってきました。
ウールの厚手のカーディガンを羽織っています。
MIKOさんのリンパマッサージが功を奏したのか、もう眠くなってきました。
今夜は早めに寝ることにします。
暖かくして、おやすみなさい。

ichigodaifuku35 at 20:55|この記事のURLComments(0)

2012年06月26日

梅雨の晴れ間

ベッドに入ったのは、明け方の4時でした。でも、8時には起きて、お散歩です。
きょうは雨もあがり、すがすがしい朝です。

ご近所に咲いている花々。
DSCN9460DSCN9461DSCN9463





DSCN9464
トンボ発見。全体が黒です。
なんていう名前でしたっけ?






DSCN9466DSCN9467DSCN9468




DSCN9469あまり大きくはない花々ですが、
朝のお散歩に彩を添えてくれます。




これらは、うちの玄関前に咲いている花々です。
DSCN9470DSCN9471DSCN9472





DSCN9476ハニィちゃんは
昨夜も外泊でしたが、
昼間はひがな一日
固い椅子の上でおやすみでした。





DSCN9479ルーは
ちょっと下痢気味で
ごはんを食べさせてもらえません。
何を思うや??





DSCN9486ニコは
アンニュイな感じ。
ちょっと元気がないかも。





陽が射しているときはまあまあでしたが、
曇ってくると気温が下がり、半袖では寒いくらいでした。
キッチン、トイレ、バスルーム、リビングルーム、玄関、
一日中掃除をしていました。
しんどかったけど、どんどんきれいになっていくのは気持ちのいいものです。

ichigodaifuku35 at 22:18|この記事のURLComments(0)

2012年06月25日

雨の一日

お土産に買ってきた、お揃いのおもちゃです。
DSCN9453DSCN9454







お天気が悪く、お散歩に連れていってもらえないので、ストレスたまってます。
ルーは、一時元気がなく、病院へ連れていったら、虫歯だったのですって。
今は、こうやって噛むこともできるようになりました。

BlogPaintきょうは久々のバレエレッスン。
先週、
先生が松山の舞台に出られたそうで
マダムクラスの有志で
お花とルームウエアをプレゼントしました。
これがそのお花です。
だいぶくたびれてきてはいますが
とっても素敵なアレンジメントです。
お世話をしてくださったAYOさん、ありがとう!

DSCN9457教室のお隣りさんの紫陽花が
きれいに咲いていたので
写真を撮っていたら、
ちょうど集団下校中の小学生たちに遭遇。
曲がる方向がずっと一緒だったので
「どこまで帰るの?」って聞いたら
「おしえな〜い。」と言われてしまいました。
変な人が多いから、知らない人には、
住所を言ってはいけないことになっているんだそうです。
嫌な世の中になりましたね。

DSCN9458
宅配便が届き、
イギーの友人が来て、WAKOさんも現われたので
荷物の中からお土産を引っ張り出しました。

右上から、時計回りに
カンガルー、エミュー、ビーフ、ワニの
ジャーキーです。
一番不評だったのが、ワニ。
白い色で、臭みがあるのでした。


DSCN9459これは何かというと、捨てる衣類。
「木曜日が古布の日だから、
もう全部処分しようよ。」
とイギーが言うので、
思い切って、
両親の衣類を一掃することにしました。
90ℓの袋で9個できました。重いです・・・。

一日雨で、うっとうしいですが、雨が降らないと水不足になるし、
作物も育たないし、
こうやって、家の中の片づけもできるから、いいですね。

ichigodaifuku35 at 23:43|この記事のURLComments(0)

2012年06月24日

朝一番

DSCN9422目覚ましは5時にセット。
「もうあと少し!」
と布団をかぶっていたら、寝坊してしまい
大急ぎで羽田に向かいました。

出発の20分前にゲートに到着。
「まだ、飛行機が来ていない!?」
と一瞬、顔が引きつりました。
よ〜く見ると、ボーディングブリッジに隠れた小さなB-737の尾翼が・・・。

DSCN9423羽田を飛び立って
ずっと雲の中でしたが、
静岡の辺りだけ、視界が開けました。
インターネットで事前予約すると、
いつも翼の後ろの席です。
でも、なんとか、富士山を見ることができました。DSCN9424










DSCN9428これだと
今ひとつわかりにくいですが、
松山市内を走っている路面電車。
まるで、江ノ電のように
民家の屋根ギリギリだったり、
プラットホームがなく、バスみたいに
道路と同じ高さが乗り場だったり
駅前から市駅か道後温泉の路線しか
知らなかったので、
すご〜い!とひとりで目を皿のようにして真剣に見入ってしまいました。


ここは、愛媛大学のキャンパス。
DSCN9429DSCN9430







きょうは、こちらで、母親大会が開かれます。
テーマは
『憲法を生かし明るい未来をきりひらいていく力今こそ―震災から復興・原発ゼロへ―』

午前中は、8つの分科会に分かれて、それぞれのテーマで学習会。
わたしは、
『ストップ伊方原発 ―福島原発事故から見えてくるもの―』
を選びました。

講師は、
「伊方原発をなくす南予住民の会」と「伊方原発をとめる会」の方々でした。

福島の悲惨な原発事故をを伊方の地で絶対に起こしてはならない。
福島の事故は、原因究明をされていなし、収束の見通しもないし、
誰も責任を取っていない。
にもかかわらず、夏の電力不足を宣伝して、
電気料金の値上げで国民を脅かし、
大飯原発の再稼動が必要と強弁している野田首相。

伊方原発の沖合い6kmには、中央構造線活断層帯があります。
1号機と2号機は運転から30年以上経過し、老朽化しています。
3号機は、毒性の最も強いプルトニウムを混合したMOX燃料を使用しています。
内海に面した伊方原発が事故を起こせば、瀬戸内海は「死の海」となるのです。
再稼動を絶対にしないことを求めます。

最後に、参加者から、
福島でのボランティア活動の報告や
原発がなくなることによる雇用問題に対する提案、
感想、意見、質問など、活発で熱い質疑応答が交わされました。

午後からは、全体会として、記念講演。
講師は、ジャーナリストの伊藤千尋氏。
演題は
『法と地球の恵を生かそう/原発も基地もない世界を』です。

ユーモアを交えた伊藤氏のお話しはとても面白く
目からウロコがいっぱい落ちました。
思わず、ポン、と膝を叩きたくなる例をいくつかあげてみます。

◎アイスランドには、地熱発電所のそばに世界最大の露天風呂があるそうです。
 サッカー場よりも広い500万平方キロメートル。
 もし、日本できちんと地熱発を開発すれば、
 原子力発電所20基分の電力をまかなえるそうです。
 世界最大の出力の地熱発電タービンを作っているのは
 なんと、日本の企業なんですって。
 さらに、世界の地熱発電の発電設備の55%を占めるのも
 日本の企業(2社合わせて)なのです。
 なのに、現在の日本の地熱発電は、総電力量の0.3%に過ぎません。

 伊藤氏は提案します。
 富士の裾野の自衛隊演習場に地熱発電所を作り
 富士山を眺められる大露天風呂を作る!
 富士山には「戦闘」より「銭湯」が似合うのだ


◎中米のコスタリカは、平和憲法も持ち、早くからエコロジーに目をつけてきました。
 この国は、水力発電と地熱発電でほとんどの電力をまかなっているそうです。 
 伊藤氏が、コスタリカのエネルギー政策を聞いたのは1984年。 
 そのときからすでに、地熱発電を使っていたのです。
 「その技術は、自前で開発したのですか?」という伊藤氏の問いに対し
 「いえいえ、私たちにはそんな技術はありませんでした。 
 日本から技術を導入しました。」と答えられたそうです。
 1980年代から日本は、
 他国に輸出するほどの、地熱発電の技術を持っていたんですね。


◎ドイツは、早くから自然エネルギーに力を入れてきました。
 国土の、日本で言えば、沖縄県の大きさに当たる面積に菜の花を植え、
 そのバイオ燃料で、ベンツが走るというわけです。
 また、福島原発の事故が起きてからわずか3ヶ月足らずで
 メルケル政権は、脱原発宣言をしました。
 さらに、今、ウインドファームをどんどん建設しているそうです。
 海上20kmの沖に、風車を立てて(風力発電)、20年で10以上作る計画だそうです。
 完成すれば、原子力発電所の25基分の電力に相当するそうです。
 伊方原発の先にある佐田岬半島の尾根には
 空から見ると、爪楊枝のように、点々と風車が立っています。
 が、音がうるさい、という住民からの苦情により、
 それらは、今ほとんど動いていないそうです。もったいない・・・。

 ついでに言うと、イギリスは、直径が150mもある世界最大の風車を
 造ろうとしているそうです。
 その技術は、どこの国のものか、ご想像くださいね!


◎憲法で、原子力発電所を禁じてる国があります。オーストリアです。
 1999年に「原子力発電所を造らない。造っても使わない。」
 という条文を盛り込んだそうです。
 「造っても使わない」とは、そのときすでに造ってしまった原発があったからです。
 今、その原子力発電所の敷地には、1000枚を越す太陽光パネルが取り付けられ
 太陽光発電所に生まれ変わっているそうです。


◎では、日本ではどうか、という例をふたつ教えていただきました。

 ひとつは、山口県の小さな島、
 ここに原発を造る造らないで、もう30年ももめているそうです。
 中国電力は、10億円で買収しようとしましたが
 住民の9割が受け取りを拒否し、反対運動を続けました。
 それは裁判にまで発展し、最高裁まで持ち込まれ
 「妨害をしたら、住民は1日500万円払え。」という判決が出たそうです。
 さらに、海岸での妨害行為にも1日千円払え、
 という申し立てをしたという報道がされたその日に福島の事故が起きました。
 その2日後、町長は中国電力に「慎重に対応するよう」要請し、
 建設予定地の作業を一時中断することを明らかにしました。

 島民の9割が反対ということは、1割は賛成しているわけで
 「環境で飯が食えるか。」と反論してくる漁師がいるそうです。
 でも、「環境なくして飯は食えない」のだということなのですよ!!

 もうひとつは、四国の山奥の小さな町のお話し。
 赤字で苦しむ過疎地帯が一発奮起して自治体をあげて
 自然エネルギーに取り組んだというからすごいではありませんか。
 中越町長任期の12年の間に、
 風力、太陽光、地熱、小水力、バイオマスと次々と採用。
 最初にまず風車を2基設置。
 これはたぶん清水の舞台から飛び降りる気分だったでしょう。
 失敗したら、大赤字ですから。
 そこで考えた町長は
 風力発電であまった電気を、四国電力で買い取ってもらうよう交渉。
 今では、年間4000万円の収益をあげているそうです。
 すばらしい〜。



簡単に書くつもりが長くなってしまいました。
結論としては、 
やっぱり、トップがしっかりた政策を打ち出せば、住民(国民)はついていくし
原発に頼らなくても十分やっていけるということです。
伊藤氏いわく、「愚痴」より「自治」。
これからどうやっていくのか、国民ひとりひとりが考えて、行動するべきだと
私は強く思います。


講演のあと、大会宣言を選択して終わったのが16時。
「瀬戸の花嫁先輩」と私は、そのまま、ニンスタへ行くつもりしたが
LINちゃんまで引きずり込むことに成功。
でも、この雨。
サッカー観戦デビューにしては、あまりに気の毒な天気です・・・。

ichigodaifuku35 at 23:59|この記事のURLComments(0)

伊丹十三記念館

ブラザートムに迎えにきてもらって、ニンスタに直接行くには少し早すぎるので
途中の「伊丹十三記念館」で時間を調整することにしました。
DSCN9439
提案者は、トムでしたが、
偶然にもつい先日、
伊丹十三の「ヨーロッパ退屈日記」を
読んだばかりだったので超ラッキー。




DSCN9440建物に入る手前の左手に
車庫がありました。
わたしはすぐにわかりました。
「あ、『べントレー』だって!」
感激です!!




中庭と樫の木。
DSCN9431DSCN9433







中には2つの展示室があり、十三にちなんで、13のコーナーが設けられていました。
伊丹十三の多彩な才能をあますところなく展示してありました。
小学1年生で描いたスケッチは、
末はピカソかダヴィンチか、と思わずにはいられません。

愛用のヴァイオリンもありました。
カール・フレッシュの「ヴァイオリン奏法」の楽譜も。

商業デザイナーとしても数々の仕事をこなしました。
山口瞳と知り合ったのはこの頃。

俳優としての伊丹十三。
ピーター・オトゥールや、チャールトン・ヘストンらと共演した外国映画。
彼は英語が堪能だったのです。

ほかに、エッセイスト、イラストレーター、料理通、乗り物マニア、テレビマン、猫好き、
精神分析啓蒙家、CM作家、映画監督。
さまざまな顔を持つ伊丹十三。

彼は、高校時代を松山で過ごし、同級生に大江健三郎がいます。
「おいしいぞなもし」と今では使わない坊ちゃん時代の松山弁の
某タルトのコマーシャルの古い映像、なつかしい。

「ヨーロッパ退屈日記」に出てくる話しがあちこちにちりばめられていて
たぶん、他の2人より、感動が10倍だったと思います。

DSCN9434館内には、小さなカフェもあり、
伊丹十三の好きなメニューが並んでいました。
そこで初めて、
きょうは館長の出勤日であることを知りました。
1年に1、2回くらいしかいらっしゃらないそうで
すごい確率だったのに、
つい先ほどお帰りになりました、って。

館長というのは、伊丹十三の奥様、宮本信子さんです。

閉館までねばって、またトムに来てもらいました。
もう一回、ゆっくり時間をかけて回ってみたいです。

ichigodaifuku35 at 23:58|この記事のURLComments(0)

J2リーグ2012第21節・大雨の中、行ってよかった≪愛媛FC vs 東京ヴェルディ≫

DSCN9441大雨の中、ニンスタに到着。
おなかがすいてる私たちは、
オーレカフェに直行。
きょうのマッチシティは八幡浜なので
八幡浜名物のジャコ天の実演販売や、
みかんパン、さつまめし、海鮮寿司、
いろいろ売っていました。

DSCN9442
その中から選んだのは、八幡浜チャンポン。
LINちゃんが、
「こんなに雨が降ってても、まだ撮るの?」
とあきれていました。

傘を持って雨の中、食べるわけにもいかず、
アンケート記入場所というテントの中で
立ったまま、チャンポンをすすりました。

DSCN9443今夜、
1時間違いで行なわれる横浜FCのゲーム。
横浜FCブルーのゴールネット
初お披露目の日でした。
が、なんと、愛媛FCのゴールネットも
オレンジと紺の愛媛FCカラーに
染まっているではありませんか!
偶然に同じ発想だったのかしらん。
以前からこのゴールネットだったかどうか全く記憶にありません。

愛媛FCのキャラクターがカートに乗ってやって来ているのが見えました。
DSCN9446一平くん、いるかなあ、
とこちらに来るのを心待ちにしていたら、
一平くんは乗っていませんでした。
その代わり、金太がいました。
ナマ金太初めて見ました。ちっちゃい!!
運転手はオーレくんでした。



DSCN9444雨は一向にやむ気配なく、
だんだんひどくなってきました。
靄が出てきて、視界も悪くなり、
ヴェルディサポの姿が見えなくなりました。

ピッチの状態は最悪。
水の中でサッカーをしているみたいで
蹴ったボールが
落下地点で止まってしまいます。これじゃ、サッカーになりません。

ディフェンスが滑って足をとられている、ほんの一瞬の間に
先制されてしまいましたが、
そのすぐあと、FKで、(たぶん内田の)お約束の低い弾道のシュートは
そのままゴールネットに吸い込まれていきました。
ですが、味方の足に当たったらしく、オフサイドの判定。
しかし、そのあと、同点に追いつき、さらに逆転、
終了間際にだめ押しの3点目が入り、
見事、ヴェルディを首位から引きずり降ろすことに成功しました。
勝ち点3をゲットした愛媛FCは、
引き分けに終わった横浜FCと順位が入れ替わり
9位に浮上です。
1ゲームでころころ順位が変更になるすごい闘いになっています。

DSCN9447屋根もなく、傘もささず、
合羽を着たままの90分。
LINちゃんは本当に辛抱強かった。
逆転勝ちという
エキサイティングなゲームだったからよかったけど
もう二度と行きたくないと言われたらどうしよう、
と思っていました。

またまた迎えに来てくれたトムの車で、
ずぶぬれの我らはやっと雨から解放されました。
あとでLINちゃんがメールくれて
「楽しくもあり、忘れられない初サッカー観戦でした。誘ってくれてありがとう。」
よし、また、誘ってみよう!!

ichigodaifuku35 at 23:51|この記事のURLComments(0)Jリーグ | 愛媛FC

2012年06月23日

ママのコンサート

DSCN9403西新宿5丁目駅で下りて
新宿方面に向かっています。

宅配便を集荷してもらうのに手間取り
約束の時間が迫っていました。

DSCN9405







あっ、都庁だ!  新宿のビル群の中でもひときわ異彩を放つツインタワー。

DSCN9407ゆるやかな登り坂を
もうすごい速足で歩きます。
ふくらはぎの後ろがキンキンしてきました。






DSCN9409やっと会場に到着。








DSCN9410ホールから
都庁を含めたビルがきれいに見えました。






コンサートは、とてもよかったです。
歌声もさることながら
歌詞がすばらしく、涙を流しながら聞き入っていました。
ぴっと張り詰めた緊張感の中、
壇上で、観衆に見守られながら、大きな声を出して歌を歌うということは
ものすごく精神的に潤うものです。
「人間らしく生きたい」という歌詞が印象的でした。
それって当たり前のことなのに、今の世の中、それがなかなかむずかしい。

コンサート終了後、団員の方々と打ち上げ。

DSCN9415DSCN9416DSCN9417




ゆっくりしていたかったのですが、先輩から連絡があり
「お寿司屋さんにいるから、いらっしゃい!」と呼ばれたため、
キャベツと大根サラダをちょっといただいただけで、
失礼することにしました。

DSCN9418
おお、これが東京モード学園のビルか。
いつも遠くから見ることしかなかったので
あんな球形の
プラネタリウムみたいのがあるのを
初めて知りました。
あれはなんなのでしょう?

電車で移動中に、今度は、大きな真っ赤な球体が半分、
ビルにくっついているのが見えました。
パリのポンピドーセンターかなんかにあるような、斬新かつ大胆なデザイン。
OFFARさんが、「あれは、某自動車会社のマークだよ。」
と教えてくださいました。 知らなかった・・・・。

約束のお寿司屋へ行ったら、
「遅いからもう食べ終わっちゃったよ。」と席を立たれてしまい、
食いっぱぐれたOFFARさんと私は、「何か食べさせて〜。」
と、お酒も飲めるカフェへ連れていってもらいました。

DSCN9419鯛のカルパッチョ。
ピンクグレープフルーツのレモンドレッシング。
三倍酢のゼリーを添えて。
鯛の身が柔らかくて、とてもおいしかったです。





DSCN9421秋田産の
こまちのゆめを使用した
黒米と高菜の焼き飯。
香ばしい香りがして、
あっというまに平らげてしまいました。

ここでも、もっとゆっくりしていたかったのですが
どうしても
21時までに帰らなくてはいけない用があったので
宴たけなわではありましたが、お先に失礼しました。

夜になると、気温がさがり、半袖ではちょっと寒さを感じました。
思わず、カーディガンを羽織ってしまったくらい空気がひんやりしていました。

ichigodaifuku35 at 23:59|この記事のURLComments(0)

2012年06月22日

東京の4番

DSCN9397きょうは完全オフ。
せっせと断捨離に勤しんでいたら
引き出しの奥から
シワシワになった東京の4番が出てきました。
ショック・・・



ユニフォームは、まとめて天袋の衣装ケースに入れてあるはずなのに
なぜ、これだけこんなところに押し込まれてあったのか・・・。

DSCN9396
これは2003年シーズンのFC東京のユニフォームです。
迫井さん、ごめんなさい!







FC東京の公式ホームページを見ると選手の背番号系譜というのがあり、
1999年に昇格してからの
全選手の背番号が一目でわかるようになっています。

それによると、東京の4番をつけた最初の選手は、山尾さんでした。
山尾さんが3年ちょっとつけてから、オリベイラにバトンタッチし
その翌年、2003年に
レンタル移籍先の横浜FCから戻ってきた迫井さんが
このユニフォーム姿で、ピッチに立ったのでした。
(いや、立ってない!!
データを調べたら、出場数 リーグ戦ゼロ、ナビスコ杯ゼロ、天皇杯ゼロ。
1年間、全く出場機会なしだったのでした。ホント?
仙台にも大分にも観に行った記憶がある。あれは、サブでベンチ入りしただけ?)

そのあと、呉章銀、藤田泰成、一年空白ののち、八田くん、ブルーノクアドロスと続き
2010年より、高橋秀人くんがつけています。

高橋くんを見て、「山村君にそっくり!」とノビオが言って以来、
何かにつけ気になっていた高橋くんが
あれよあれよという間に、代表にまで選ばれて、その彼が
迫井さんのつけていた4番を引き継いでくれているというのは
なんだか、縁を感じてしまいました。

当の迫井さんは、どの番号に一番思い入れがあるのでしょうか?
デビューした2000年は、25番をもらっていました(私は知りませんでしたけど)。
翌年の2001年は、20番。
ついでに書くと、その年の途中で横浜FCにレンタル移籍して
27番をつけた迫井さんでしたが
その20番のあとを引き継いだのが加地くんでした。
そのあと川口信男が3年。
2009年から20番をつけているのは、権ちゃんということになります。

翌年2002年の横浜FCでは24番。
2-4-4の超攻撃的布陣で
迫井さんは、獅子奮迅の働きでした。

そして、2003年、FC東京に戻って、この4番をつけたというわけです。
横浜FCの練習場で知り合ったクミ&シノブさんに
「4番なんて、一桁の番号をもらったと言うことは、
東京に戻って、レギュラーになれるってこと?」
と期待を込めて聞いたら、
二人顔を見合わせて、「ううん。」と首を横に振ったことをよく覚えています。
プロの世界は厳しいですね。

翌2004年、今度は、モンテディオ山形にレンタル移籍。
このときの背番号は5番でした。
開幕戦、まさかのベンチ外で、それを知ったとき
思わすFUTREさんと座り込んでしまったのも、今では良い思い出です。

2005年、みたび東京に戻ってきて、もらった番号は25番。
これが迫井さんの最後の番号になりました。

あれからもう6年半もたってしまったのですね。早い・・・。
広島では、相変わらず大きな声を出して、ジュニアユースを指導しているのでしょうか?
もうすっかりおじさんになっているかもしれませんね。

そんなこんなであっというまにお昼を過ぎてしまいました。
DSCN9394きょうのランチは野菜カレー。
冷蔵庫に残っていた野菜と
冷凍庫にあった海老を入れてみました。

ごはんの上に乗っているのは、干し海老と
タイの香辛料です。
(夜もカレーでした。)


DSCN9401そして、3時のおやつは、
ハワイのお土産にいただいた
マカデミアナッツのクッキーと
TIMTAM。





DSCN9402TIMTAMというのは
オーストラリアではとてもポピュラーなお菓子で
なんだろ、クッキーじゃないんだけど
クッキーみたいなサクサク感のある板を
チョコレートコーティングしてあるもので
いろんな種類があります。
今回、5種類買って帰ってきました。
久しぶりに食べたら、う〜ん、おいしい〜。



DSCN9340左から、
ハイランドコーヒー、マカデミアティー、
ワイルドストロベリーティー。
この中から
きょうはマカデミアティーを選びました。
正確には、マカデミア フレーバーティーでした。
飲み終わったあとに、
マカデミアナッツの香りがするような・・・。
いつもより、濃い目に入れるのがコツです。

窓を全開にして、
お茶をしながら、しばし読書にいそしみ、久しぶりにのんびりできた一日でした。


*「ヨーロッパ退屈日記」 伊丹十三

ichigodaifuku35 at 23:44|この記事のURLComments(6)

2012年06月21日

新しい発見

こんな場所があったなんて、今まで知りませんでした!
DSCN9341DSCN9351







DSCN9344何度となく足を運んだスタジアム。
青山門と、千駄ヶ谷門をくぐったことしかなく
スタジアムの敷地内に
こんな公園があったとは!

(←)これは、中央門です。
DSCN9346







『第十八回オリンピック競技会』という文字、『 TOKYO 1964 』が見えます。

この競技場は、
旧明治神宮外苑競技場を解体して、第3回アジア大会のために建造されたのが最初。
それが1958年。
その後、東京オリンピック誘致のために、1963年に改築されたそうですが
出来上がってから、もう半世紀以上たっているのですね。
正式名称は、ご存知とは思いますが、国立霞が丘競技場です。

DSCN9347DSCN9348










DSCN9350
全体図。
トレーニングセンター、ジム、プール
があるのは知っていましたが
レストランは全く頭にありませんでした。

ここに何しにきたかというと
TOMMYさんのお使いです。

帰りは、スタジアムの中を突っ切って行こうとして、
また、新しいもの見つけました!DSCN9379



秩父宮記念スポーツ博物館です。
ここにあったのですね。
DSCN9378








DSCN9377入場料は300円。
「きょうは、スタジアム見学の日で
スタンドの中に入ることができますが、
どうなさいますか?」
と言われ、
ロッカールームとか見られるのかと
目が輝きました。
が、「スタンド」だけなんだそうです。
「それなら、しょっちゅう来て観てますので、結構です。」

DSCN9376上の写真の左に、代表のパネルが!!
『ワールドカップ南アフリカ代表メンバー』
と書いてありましたけど、
正剛は結局出番なしだったし
俊輔、松井もほとんど出なかったし、
佑都くんは、25番つけてるし、
いったいこれは、いつの試合のだ〜〜〜??


DSCN9353階段を上がると、
まず古代オリンピックの展示から。
レプリカですけど、
ギリシャの彫刻なぞ並んでいました。





DSCN9374歴代の
聖火を運んだトーチ。







DSCN93541912年第5回ストックホルム大会。
日本初参加(選手はわずか2名)。

三島弥彦選手の陸上競技用のシャツと
陸上競技用スパイク。




DSCN93551940年という文字が見えます。
この年、日本で開催されるはずたった
第12回オリンピックは
日中戦争で大会返上したそうです。

右のブルーのジャージは
サッカーのユニフォームと書いてあります。


DSCN9359東京オリンピックの時
日本選手団が
入場行進で着用した赤いジャケット。






DSCN9357(←)女子体操の女王、
チャスラフスカ着用のレオタード。

1976年モントリオール大会の妖精、
   コマネチのレオタード(↓)。
DSCN9358








DSCN9356東京オリンピックのマラソンで
銅メダルを取った
円谷幸吉選手の足型。






DSCN9360東京オリンピックのときに使われた
表彰台のレプリカ。
実際に上がってみましたが
1位と2位では、思った以上に
見える景色が全然違いました。
一番高いところに上がるその快感は
勝者のみに与えられる最高の栄誉なのですね。


DSCN9372東京オリンピックのとき
陸上競技のスターターが着ていたジャケットとズボン。
とってもきれいな卵色でした。
おしゃれ〜。







DSCN9361人見絹枝選手が
女子で初めて陸上競技の800mで
銀メダルを取った事に関する文献。
(1928年 第9回 アムステルダム大会)

左奥の茶色い2本の筒状のものは
リレーのバトンですって。


DSCN9362日本サッカー協会のロゴがついています。
日本蹴球協会とあります。

全国高等学校蹴球選手権大会の
優勝旗です。




左は1972年、札幌(冬季)のジャケット。右は長野(1998年)のジャケットとトーチ。
DSCN9367DSCN9366










左より、東京、札幌、長野の 胴、金、銀、の各メダル。
DSCN9369DSCN9370DSCN9371





DSCN9363秩父宮殿下の御遺品室。








DSCN9364
左は
野口みずき選手のシューズ。

右は、
高橋尚子選手のシューズです。



DSCN9365なでしこジャパンのパネルもありました。

今度こそ、ロンドンで
メダルを取ってほしいものです。
当然、
一番高い台の上に乗って金色のメダルを!



DSCN9380博物館があるのは知っていましたが
場所を知らず、行けないままでした。
ちょっと駆け足だったので
今度また
ゆっくり見学に来たいと思いました。

これは、マラソンゲート。

ここを一番にくぐったのが、はだしのアベベ選手だったのですね!おお〜。

今まで全く気にしていませんでしたが、
ものすごく歴史のあるスタジアムなんだと改めて感動しました。

そのあと、ナベ直氏のオフィスに行って、2時間くらいおしゃべりしていました。
それから、某所へ移動。
今食べておかないと夕食を取る暇がないと、中華料理屋さんに飛び込みました。
DSCN9381全品300円とあったので、こりゃ安い!!
ふかひれ入りあんかけ炒飯と冷ジャスミン茶。
大急ぎで流し込んで、
お勘定をお願いしたら、950円。
レシートを見ると
炒飯300円、お茶300円に
お通し・席料で300円、消費税が50円、
合計950円。
お通しって、あのシマシマ胡瓜?席料って、カウンターだったのに。
消費税、5円も上乗せしてる。
こういうごまかしって、ほんと、許せないんですけど・・・。

ichigodaifuku35 at 23:21|この記事のURLComments(0)

2012年06月20日

猛暑の日比谷

DSCN9289台風一過の青い空、白い雲。
午前中はかなり暑かったです。







DSCN9303午後になって曇ってきたものの
湿度が高く、
また時折、強い風が吹いて
飛ばされてしまいそうでした。
きょうは、変形ミステリーウォーク=ビル巡り編。




DSCN9308日比谷を出発して、テント村。
昨夜の台風でよく壊れなかったものです。
丈夫に造ってあるのですね。

いただいたチラシの中に
伊方原発のことも取り上げてあり
サインとカンパをしてきました。


DSCN9310続いて霞ヶ関。

強風で木の葉が横になびいています。DSCN9313









移動して、新宿。 都庁です。
DSCN9315DSCN9318








DSCN9319何階だったか忘れました。
いったいどの方角かもわかりません。
高いビルがないので
西の方向でしょうか?





DSCN9322ビル巡りの終着は飯田橋。
ビル街の中に、スタバを見つけました。
大急ぎでドーナツをパクリ。
お昼抜きだったので、ふらふらだったのです。





DSCN9333雨がポツリと落ちて
怪しい空模様になってきました。







DSCN9336あの高いビルは何?
ジャスミンさんが
「東京ドームのホテルじゃないかしらん。」
へえ? こんなところから見えるんだ。DSCN9338








たぶん、小石川後楽園へ続く小道と思われます(↑)。その先に行くパワーなし。

もう足がくたくたで、座り込みたくなるくらい疲れ果てました。
うちの近所にマッサージ屋さんがあるので
きょうは絶対そこに寄って帰ろう、と考えていたのですが
スーパーマーケットで夕食の買い物をしていたら
俄然元気になってきました。
疲れたと思ったのは、単におなかが空いていただけだったのかもしれません。


*「関東大震災」  吉村 昭

ichigodaifuku35 at 23:15|この記事のURLComments(0)

2012年06月19日

雨の日比谷

DSCN9278午前中は空も青かったのですが
夕方から雨もよう。
台風が近づいているのです。






DSCN9279でもまだ
花を撮る余裕がありました。
それほど風も強くなかったし・・・。






DSCN9285ジャズの演奏が始まった頃には
もう土砂降り、横殴りの風。
すごいことになってしまいました。





DSCN9286
車の中に避難。
外に出ると
あっというまに全身びしょ濡れになりました。

ichigodaifuku35 at 23:14|この記事のURLComments(0)

2012年06月18日

中華街、再び!

DSCN9262一昨日に引き続き、
また中華街へやってきました。
久しぶりに行ったら、
あちこちのお店で
食べ放題メニューがあって
これは、安い!
と思って看板を眺めていたのです。

行きたいお店があったのですが見つけられず、街頭で地図を配っていたので
「それ、ちょうだい。」と言ったら、この店に連れていかれてしまいました。
DSCN9252DSCN9253DSCN9254




DSCN9256DSCN9257DSCN9258




DSCN9259DSCN9260DSCN9261




店員は愛想悪いし、お料理の見かけもよくなかったのですが、
その割にはすべておいしかったです。

DSCN9263実は
今日は私のお誕生日。

もうおなかいっぱいで、とてもケーキは入りません。
でも、一応形だけ。
ダージリンロールです。

グリーンの小箱は、メロン・スイカ・パイナップルの
三重ガム(ノビオが一緒に撮れ、と置きました)。

ichigodaifuku35 at 23:45|この記事のURLComments(2)