2012年07月

2012年07月31日

まるで遊覧飛行

DSCN0520お昼過ぎの飛行機で松山へ向かいました。
きょうも朝からいいお天気で暑かったですが、
空もよく晴れて
下界がきれいに見えました。

←これは、三浦半島です。

江ノ島。DSCN0523








DSCN0526遠くに見えているのは大島。




DSCN0528芦ノ湖。








DSCN0529自衛隊の富士の演習場でしょうか?
先月の講演で、伊藤氏は
ここを地熱利用の世界一大きな温泉に!
とおっしゃっていました。
なるほど、これなら、
相当大きな露天風呂ができそう。



DSCN0530が〜ん。
これ、なんだと思います?
夏の富士山です。
鉄くずの山かと思うほど赤茶けています。





DSCN0532伊豆半島。








DSCN0534なんという名前かわかりませんが、
ペパーミントグリーン色のダム?







DSCN0535ちょうど機長のアナウンスがあり、
琵琶湖の上空と言っていたので
たぶん、これは京都盆地。








DSCN0536伊丹空港。








DSCN0537大阪湾。








DSCN0541手前にある海に突き出ているのが神戸空港。
遠くに見えるのが、関西国際空港。
近い!
伊丹空港も合わせると
狭い空域に3つの空港はいらないよなあ。




DSCN0544明石海峡大橋。








DSCN0545翼の下の細長く見えるのは
淡路島の一部。







DSCN0549これは小豆島。








DSCN0552高松空港。








DSCN0558瀬戸内海に浮かぶ小さな島々。







DSCN0560来島海峡大橋。
世界初の三連吊橋です。
いよいよ四国アイランドにかかります。







DSCN0561今治市街。

このあと数分後、アナウンスがあり
「すべての電子機器の電源をお切りください。」
と言われ、残念ながら、カメラはもうおしまい。

偶然、LINちゃんと同じ飛行機で、
彼女の席は私より、ふたつ前でした。
座席の隙間から前を見たら、
LINちゃんも窓に顔をくっつけて、外を見ていました。

たぶん、こんなにずっと通して雲もなく、きれいに見えるのは
珍しいと思います。ラッキーでした。

DSCN0563松山空港。
新浜のだんじりですかね。

空港から直行バスがちょうどいい時間で
それに乗るつもりだと、
トムに連絡するのを忘れて、
律儀な彼は迎えに来てくれていました。
なので、LINちゃんを送っていってもらいました。
せっかくだから、お役に立ててよかった。

こちらも東京に負けないくらい、暑いです!!

ichigodaifuku35 at 23:24|この記事のURLComments(0)

夏越大祓

DSCN0566うちに帰るまですっかり忘れていましたが
今夜は三島神社の「輪抜け」でした。
冷蔵庫の横に、その案内が貼ってあって
思い出しました。

そこには、17時から、形代の準備をするので
集まってください、と書かれていました。

自治会が違うはずなのですが、
こちらから手伝いを出さないといけないみたいです。

日が落ちて涼しくなって来た頃、
ルーとニコを連れて行こうとしたら、ちょうどハニィちゃんが帰ってきました。
ハニィちゃんが一緒に行けるほど近いところではないので
缶詰を開けて、大盛りのごはんをあげ
その隙に出ようとしたら、ルーが動かない。
そうこうしているうちに、ハニィが首を伸ばして、こちらを見て
大急ぎでやってきました。
こりゃ、だめだ。 3匹置いて、一人で出かけることにしました。

三島神社は、MONTEさんの自治会区です。
このごろはすっかりさびれてしまって、と言っていましたが、
川端の道は人っ子ひとり歩いていません。
ほんとにお祭りをやっているのかしらん?と心配になるほど。 さびしすぎ!

DSCN0568でも、参道まで行くと人がいて、
鳥居をくぐると、すごい人。
びっくり!
王子神社より、賑やか!!





DSCN0569と思ったら、境内のすぐ横で
のど自慢大会か、カラオケショーか?
ものすごく盛り上がっていました。






DSCN0570ここで形代(人形の絵を書いた紙)をいただき、
お神酒も頂戴し、
神主さんにお祓いをしてらいます。
黙って立っていたら、
「頭を下げなさい。」と怒られました。
失礼しました!



DSCN0571そのあと、
これが輪抜け、これを八の字にくぐります。
やり方を教えてくださる係りのひとがいて
助かりました。





DSCN0572形代でからだをなでて
悪いものを形代にくっつけて
この桶に捨ててください、
と説明しているのはイギーでした。
そういえば、先ほどの案内係りの人も
うちの自治会の方で
王子神社の輪抜けを作る時もいらしていた方でした。

自治会区を越えて、みんなで協力し合って、
伝統行事を守っていくことはいいことですね。


DSCN0575朧月夜を眺めながら
のんびり歩いて帰りました。
今年は2回も輪抜けをしたので
体中の悪いものが小さいものまで全部
出て行ってくれたに違いない。

ichigodaifuku35 at 23:23|この記事のURLComments(0)

2012年07月30日

素朴な疑問

DSCN0500一日、ミーティング。

これはわたしのお弁当。
このあとの1時間は
地獄のように眠かった・・・。

ランチしながら、
エリさんとサッカー談義。
彼女はサッカーのことを全くというほど知らなくて
ただいま猛勉強中です。

オリンピック男子のモロッコ戦を見ながら、
疑問点を書き出してみたので教えてください、って言うので
スマホを覗いたら・・・・

「選手はなぜ腕時計をつけていないのか?
時間がわからなくて、不安にならないのか?」
「23歳以下って、日本だけなの?」
「ボランチってなに?」
「ユニフォームを引っ張っても、ファウルになる時とならない時があるのはなぜ?」
「外国でプレイしている選手は誰と誰?」
「日本の応援団は何と言ってるの?オ~、セレッソ〜に聞こえる。」??
        ・
        ・
        ・
かわいらしい質問がずらりと並んでいます。

彼女のお気に入りは、扇原くん。
清武くんは、顔は好きじゃないけど、うまいから応援するんですって。
そして、ちらっと見えた、あの男前のヒゲは誰ですか、かっこいい〜〜〜〜。
それは、山村くんでしょう。
面食いなのは、MOKAさんと一緒ですね。
清武くんも山村くんも妻帯者だよ、と言うと、が〜〜ん、ショック・・・・・・・・・・・・・

でも、一番大大好きなのは、遠藤だそうです。
秋に、ナマ遠藤を観に行くことを約束しました。

ichigodaifuku35 at 23:33|この記事のURLComments(0)

2012年07月29日

ウナギを求めて

DSCN04322日遅れのウナギを求めてさまよいました。

五反田から品川に移動し、
LINちゃんとの待ち合わせに時間があったので
とにかくウナギを食べて、元気をつけよう。
毎日毎日、暑い中出かけているので
さすがにバテてきました。

櫃まぶしのお店を1軒見つけましたが、「完売しました」という貼り紙がしてありました。
がっくり。

インターシティをウロウロ。このあたりのお店は夜だけオープンが多いみたいです。
DSCN0437DSCN0438








DSCN0439ついに諦めて入ったのは蕎麦屋。

蕎麦屋なのに、カレー。
『鯖、鰹、宗田鰹の天然だし、
有機醤油使用の本返し。
素材にこだわったそばつゆだからこそ出せる
この味、和風かつカレー。』

せっかくだから、半せいろも、ついでに。

おなかいっぱいで、猛烈に眠くなってきて、そういうときに蕎麦屋の隣はマッサージ。
ほんとは、WAKOさんお勧めの鍼灸治療院へ行きたかったのですが
先生が往診中で、きょうはいらっしゃらないとのこと。
ちょうどよかった!
膝のツボを入念にほぐしてもらおう、と足裏だけ30分。
それと、まだ奥歯をかみ締めて寝てるらしく、顔が凝っているので
顔ほぐしマッサージ15分。
これが効きました〜〜〜〜〜〜。
エステとは全く別もので、すごい力で顔をぐいぐい。
若いおにいさんがやってくれたのですが、
顔をむちゃくちゃいじられて恥ずかしいくらいでした。
でも、おかげですっきり! 元気100倍!

LINちゃんのメールでの指示は、
「山の手線品川駅の東京行き方面のプラットホームの5両目付近で待ち合わせ」。
5両目なんて、わかんないよ。
でも、無事遭遇できて、国会議事堂へ。

DSCN0441まだそれほど人は見えないけれど、
警察の車両がずらり。
歩道は柵でブロックされています。DSCN0449








すごい数の警官が動員されています。機動隊じゃないだけいいかな。

DSCN0444夕暮れの国会議事堂。
今夜は、この国会議事堂を
人間の鎖で包囲するのです。

続々と人が集まってきています。




DSCN0459主催者が配ってくれた
ロウソクに火を灯しました。
真ん中のライトは、ネオンのように
いろいろな色が次々と点滅するのですが
写真では、ちょっと無理でした。
(「瀬戸の花嫁」先輩からのお土産です。)



DSCN0463国会議事堂の正面の大通りをはさんで
向こう側にも大勢の人がひしめき合っています。







DSCN0466徐々にあたりが暗くなり、
人もどんどん増えてきています。
早々に地面に座り込んでしまった我ら。
その前をいろんな人が通りすぎています。

お年寄り、若者、子供連れの若い夫婦、
小学生、中学生、高校生、サラリーマン風、
おたく風、暴走族風、お坊さん、車椅子、
ベビーカー、外国人、ギャル、オバン軍団、妙齢の女性、杖をついた人、
本当にたくさんの人たち、まさに老若男女、
普通の人たちが原発反対の気持ちで一致してここに集結したのですねえ。

DSCN0469みなさん、
それぞれ手作りのプラカード、ライト、
幟、団扇、提灯を持ち、
音の出るもの、鈴、鉦、タンバリン、太鼓、笛、
お鍋をたたいているおばさんもいました。

口々に、「再稼動反対」「原発いらない」
と声を合わせて叫びながら、訴えていました。
空の上では、ヘリコプターが何機も音をたてて回っていました。

こんなに大勢の人たちが、「反対」と意思表示をし、それを行動に移しているのは
すごいことだと思いました。
もしかして、これは歴史に残る出来事になるかも。
たぶん、10万人集会より人が多いのではないかと思えるほどでした。

DSCN0476いきなり、歩道の柵がはずされる音がして、
皆が一斉に道路に飛び出しました。
まるで、戦国時代の突撃隊のようでした。
わあ〜と言いながら、
道路に向かって走り出して行ったのです。
主催者がマイクで
一生懸命何かおっしゃっているのですが、
ほとんど聞こえません。
これでは収拾がつきません。

DSCN0480








DSCN0484『放射能には勝てないよ にんげんだもの』








DSCN0487『原発をゼロにしてから死ぬのが
大人の責任だと思う』









DSCN0489DSCN0492








DSCN0497おまわりさんも必死でブロックしているのですが
一度はずした柵は、もう元には戻りません。







DSCN0499やっと、集団から離れられました。
このあとすぐに解散の指示が出て、
すみやかに地下鉄駅へ。
特に大きな混乱が起きなかったことは
奇跡と言っていいかもしれません。

報道では、警視庁発表が1万4千人でした。
そんなことは絶対にあり得ません。
20万人かどうかはわかりませんが、少なくとも数万人はいたはずです。
もしかしたら、1万4千人というのは、動員された警察官の数なのかもしれません。

ichigodaifuku35 at 22:11|この記事のURLComments(0)

2012年07月28日

日なたのビアパーティ

DSCN0400この暑い日、
昼の日なかにビアパーティ。
なんで、屋外なの?
なんで、夜じゃないの?
しかも、焼き鳥〜〜〜!!
ビール飲めない、トリ食べられない私には
地獄のお当番です。


DSCN0404と思ったら、
ほかのお肉もありました。
野菜もありました。
わたしはもっぱら、野菜担当。
汗の出方が半端じゃありません。
ぬぐってもぬぐっても、
次から次へと汗が噴き出してきます。
もうシャツがびしょびしょです。


DSCN0406DSCN0410








DSCN0414しめは焼きそば。

他にも、
ホタテやいろいろな野菜があったのですが
写真を撮る余裕がありませんでした。

ここまでくると、
もう汗が出ることに何の抵抗もなくなりました。

焼いているとき、
ギターで歌を歌ってくださった方がいて
私が学生時代に流行った曲がたくさん出てきて、思いっきり一緒に歌っちゃいました。
楽しかったです。

なでしこ、きっちり勝てませんでしたね。
男子もああならないよう、しっかり点を決めて勝ち点3をゲットしてほしいです。

ichigodaifuku35 at 22:37|この記事のURLComments(0)

2012年07月27日

なるほど・ザ・ヨコハマ

DSCN0378何度も登場しているジャックの塔。
正式名称は
『横浜市開港記念会館』。
国の重要文化財です。





DSCN0384この建物は
大正6年に竣工されました。
横浜開港50周年を記念して
市民からの寄付を募り、建設されたそうです。
関東大震災にもびくともしなかったという
頑丈な建物です。

(←)当時のままの、扉。



きょうは、一日、この建物内であるお手伝いをすることになっていて
崎陽軒の赤飯弁当までいただき、ラッキー。DSCN0382








DSCN0385そして
もっとラッキーなことに
たまたまボランティアの案内係りの方がいらして
仕事の合間を縫って
館内を案内していただいたのでした。






DSCN0386二階のホール。


DSCN0388







これは、勝海舟の乗った「咸臨丸」。こんなに小さな船だったのですねえ。

DSCN03892階広間のステンドグラス。
左は、渡し舟と松。
右は、富士山と、駕籠かき。
どちらも、ペリーが、
日本を野蛮な国の象徴として表した
開港当時の風景なのだとか。


そして、中央に2羽の鳳凰。鳳凰の中心に横浜市のマーク。
「ハ」と「マ」を組み合わせた菱形で、「浜菱(はまびし)」と言うそうです。
横浜市民のくせに、全く知りませんでした。

DSCN0390アーチ型の大きな窓。


BlogPaint







ブルーの矢印は、それぞれ「浜菱」がはめ込まれているんです!

DSCN0391螺旋階段。
時計塔まで続いています。
残念ながら、今は登ることはできないそうです。
時計塔は、ガラスも何もなく、
風が吹き抜けるような構造で
これを「キューポラ」と言うそうな。
ふうん、「キューポラ」ってそういう意味だったんだ。




DSCN0393貴賓会談室のステンドグラス。
ペリーの乗ってきた船だそうです。
かなりスケールの大きなステンドグラス。








DSCN0394貴賓室。
すべて八角型なのです。
部屋も天井も、テーブルも!
ここで、どんな方々が集まり、
どんな会話が交わされたのでしょうね。






大ホールは使用中で入ることができませんでした。
他に、写真はないのですが、開港前の野毛山から見た横浜村の絵が掲げてあり
アメリカに迫られて江戸の近くに港を作る場所として、
ここが選ばれたというお話し。
横浜とは地名ではなく、地形のことで、
湾があり、浅瀬が続いているという場所のことで
日本には全部で69箇所の「横浜」という地名が残っているそうです。

ここは、魚が一匹も獲れない貧乏な浜で、ここにしようと決めたのは
海軍省があった野毛山から眺めた井伊直弼。
結果、ここに港を作ったのは正解だったということで、
井伊直弼の位が掃部頭(かもんのかみ)なので
掃部山公園って言うんだよ、と言われて、なるほど〜〜
そう言えば、掃部山公園に井伊直弼の銅像、あるある!!

他にも、本牧は本目と言って、鮑が獲れ、中国に輸出していたとか、
弁天橋、弁天町、関内の名前の由来、井土ヶ谷事件のこととか、
目からうろこのお話しをたくさん聞かせていただきました。

やっぱりガイドさんに説明を受けると感動が全然違いますね。
自称「アマノジャク」さん、ご案内ありがとうございました。

ichigodaifuku35 at 22:29|この記事のURLComments(0)

2012年07月26日

ある達成感に浸った夜

DSCN0351ついに、舞台へ立つ日がやってきました。
と言っても、
プログラムの中のほんのひとつの朗読劇で
大した台詞もないのですけど。





DSCN0354かなり早い時間に劇場入りしたら、
まだ舞台はこれから準備作業。
見ていると、
裏方さんのお仕事ってほんと、大変そう。

ステージに立つ者だけがライトを浴びて
拍手喝采を受けますが
多くの方々のサポートがあってこそ
なのですね。

DSCN0361果たして、この劇場が埋まるほど、
お客様は来て下さるのでしょうか?
当然、二階席はクローズで、
せめて一階席だけでも、
そこそこ埋まってほしいものです。




DSCN0356「出演者は
今のうちにおべんと、食べといて〜。」
と言われ、楽屋で、パクパク。

最初の予定では、私は撮影班に任命されており
張り切ってノビオの一眼レフを持参したのに、
とてもそんな暇はありません。
その上で、受付に回って、と言われ、それこそ、絶対に無理っしょ。

リハーサルをやり、立ち位置やマイクの角度、音声をチェック。
そうこうしているうちに、開場となり、すごすごと楽屋に引き上げました。

衣装を着てしまっているので、もう客席には戻れないし、
楽屋で出番を待つことになりました。

自前の衣装は、体重増のため入らず、大き目のサイズに変更(情けない・・・。)
太ると足まで太くなるのか、久々のハイヒールがきつくてきつくて、頭痛がしてくる始末。
ああ、まじで痩せないと!!!

男性7名、女性7名が出演しますが、下手と上手の楽屋に別れて待機。
ある楽器を習っている人が、
「みんな落ち着いてるよねえ。私たちの演奏会の時って、それはもう大変よ。
みんな緊張しまくって、その緊張が半端じゃないのよ。」
と驚きの声をあげていました。
みんなが平然としているのが、とても不思議だったようです。

わずか、3回の読み合わせで舞台に立つ私たちですが、
初回から、皆すらすら、とても初めてとは思えない読みっぷり。
私が一番へたくそでした(まず、声が悪い)。
そして、毎回、「この場面はこういうふうに変えたほうがいい。」とか、
「ここはこういう言い回しの方がわかりやすいのでは?」とか
「この言い方はやめて、これを入れたい。」とか
台本を作ったプロに向かって、がんがん意見を言い、どんどん変更されていきました。
全員、朗読劇は初めての体験なのにです。
すごい集団だなあ、とつくづく感心しました。

さて、出番を待つ間、モニタ画面を覗くと、大勢の観客に驚いてしまいました。
二階席も、かなり埋まっているではありませんか! すごい!!
こんなに大勢の方々が集まってくださり、感謝感激。

無事、台詞をかむこともなく、終わったときの達成感。
もちろん、しろうとですから、至らないところは多々あったでしょうが、
スポットライトを浴びる快感は、やはり経験しないとわからないものですよね。

すべてのプログラムが終了して、ホールに挨拶に出向いたところ、
なんと、隊員Sさんが!!!!!!!
いやあ、めちゃくちゃうれしかったです。
他にも、いろんな方が声をかけてくださいましたが、
ある程度は予想していた方々だったので
隊員Sさんが一番のサプライズでした。
おまけに、差し入れまでお持ちくださり、そのお心遣いに、
なんとお礼を申し上げてよいやら。
いやあ、本当にうれしかったです。
楽屋に戻って、皆でいただきました。ご馳走さまでした!!
(バタバタしていたので、写真撮れなくてすみません。
色とりどりのマドレーヌ。とってもおいしかったです。)

DSCN0375打ち上げパーティには参加せず、
大急ぎで帰宅。
オリンピックサッカー男子のゲームに
なんとか間に合いました。

大津くん、わたしは昨年から、
一押し、と言ってきたので、鼻高々です。
(2011.6.8ブログ参照)
山村くんを追っかけて、
ロンドンまで行ったMOKAさん、
最後5分でも出番があって、きっと狂喜乱舞したことでしょう。
次のモロッコ戦、ここでこけないよう、
しっかり準備して気合を入れ直してがんばってほしいです。

ichigodaifuku35 at 23:54|この記事のURLComments(2)

2012年07月25日

お堀端へ

DSCN0320春に、お花見に来た場所へ、
またやってきました。
あの頃は、うららかな気候で
気もそぞろでしたが
この時期は、夕方になっても
まだまだ気温下がらず、
ムワ〜とした空気に包まれていました。


DSCN0319午前中から夕方まで
パソコンのボランティア。
エアコンをつけた部屋に長時間いると
体調が悪くなっていく気がしてなりません。
からだがだるく、思考能力が低下し、
眠くなってくる・・・

この眠気は、単に睡眠不足かも?
乗り物の中ではあまり寝ないタイプなのですが、
今月は、移動する時が唯一の休息タイムで、何度、降車駅を通り越したことか。
爆睡するなんて、ほんとに珍しいのです。
「蜘蛛が近づいている」と心配されるのも無理ないことかもしれません。

DSCN0321竹がたくさん植えてあって
その中央に石碑が立っているのが見えます。

大隈重信のお屋敷跡なんだそうです。
彼は、ここに
明治初期から17年ほど居住し
早稲田大学の前身である
東京専門学校の開校事務も
ここで行なったと言われています。
DSCN0323










DSCN0324さらにそのすぐそばには
江戸幕府・蔵屋敷の礎石も。

またまた、ロマンを掻き立てられるポイント、
発見です!




DSCN0325今夜は、この区役所内で
日本環境学会会長の和田武氏の
講演があります。

エレベーター前の壁。
よく見ると、ひとつひとつが植物の押し絵で
全体が和紙で覆われています。
なかなかステキ!


DSCN0328細長い会議室に
中央の壇を囲むように椅子をセッティング。
100名ほどの小さな集会です。






DSCN0337講演の前に合唱団の歌声。
歌詞の一言一言の意味を考えながら、
しっとり聴かせていただきました。






DSCN0341和田氏の講演のテーマは
『原発をなくし
再生可能エネルギー中心の社会へ』
でした。

まず、福島原発事故のあと、
放射能がどのように飛散し、
どのような影響を及ぼしているか、
説明していただきました。

次に、世界の国々は、エネルギー問題について
どのように取り組んでいるか。
残念ながら、日本は最もその意識が低く、最も遅れている国のひとつです。

ドイツや、特にデンマークは、
再生可能エネルギーの可能性について、早くから取り組んで、
それなりの成果を挙げています。
最も大事なことは、
そこに地域住民が参加しているということです。
国や電力会社任せではなく、
そこに住んでいる人たちが考え、知恵を出し、力を合わせて
自分たちの生活を守っていこうとする姿勢がはっきり現れているという点です。

日本の国はどうでしょうか?
石油や石炭はないけれど、自然エネルギーの宝庫です。
山岳、森林、風、水、地熱、太陽。
これだけのすばらしい天からの恵みが揃っていながら、その開発は
ほとんどと言っていいほど進んでいません。

安くて安全な(?)原発依存を、何の疑問もなく(あってもその声は小さく)使い続け、
悲惨な事故が起こっても、まだ再稼動してしまうこの国は
脱原発が主流の世界の国々から見て、クレイジーと思われても仕方ありませんね。

資料もたくさんいただきましたし、
「原子力を止めたら電力不足ってほんと?」
「原子力発電は経済的ってほんと?」
世界各国の脱原発エネルギー政策と実施の現状、
日本での実現の道筋、等をわかりやすく書いた本も買わせていただいたので、
しっかり読んで、みなさんにレクチャーしたいです。

ichigodaifuku35 at 22:58|この記事のURLComments(4)

2012年07月24日

一日ボランティア

DSCN0315100km離れた場所へ
バスに揺られて、ボランティア活動。
お弁当持って、
いそいそ出かけました。

月に一度のお勤めです。



DSCN0316一平ママからの和菓子、
ここでも大活躍。
皆でおいしくいただきました。





そうそう、ここで宣伝をしておかねば。

一平くんのお芝居がまた始まります。
私はちょうど帰省中のため、観劇できないのですが、
一人でも多くの方にご覧いただきたいです。

題名:「ヤミ金融」 〜欲と金に狂わされた大人達〜

日時 : 8月1日 19時
       2日 14時・19時
       3日 19時
       4日 14時・19時
       5日 13時・18時

料金 : 指定席 4200円  自由席 3700円

場所 : SPACE107
新宿区西新宿1−8−5  アルファ107ビルB2F (03)3342-0107

チケット : ローソン 0570-084-033 (Lコード 34308)
       インターネット予約 http://l-tike.com

RISU PRODUCE という劇団の客演となります。
前回と同じ松本匠作・演出なので、
きっと今回も熱のこもった面白いお芝居になること間違いなしです!!
ぜひ、劇場に足をお運びください。
今のうちに、直接おしゃべりしたり、写真を撮ったりしておかないと
有名になってしまったら、そんなこともできなくなりますからね。
大迫一平、どうぞ、よしなに!!!!


*「島へゆく」  灰谷健次郎

ichigodaifuku35 at 22:21|この記事のURLComments(0)

2012年07月23日

懲りずに冷やし中華

DSCN0309忙しくてランチを食べ損ねました。
ナベ直氏のオフィスに寄って
そのあと、朗読劇のリハーサル。
途中で
「今、食べておかないと
夕食も食べられないかも!」と思いつき、

また冷やし中華。
チャーシューははずしてもらいました。
ここのは、大丈夫、おいしかったです。


街はすっかりお祭り気分。週末に、「こいち祭り」というのががあるそうです。
BlogPaintDSCN0311








こちらはそれどころではなく、大急ぎでリハーサル場所に向かいました。
歌い手さんも揃い、いよいよ立ち稽古。
私の出番はあまりないのですが、人の朗読を聴いて、ひとりで泣いてしまう。
何度聴いても、涙が出てくる。
こりゃ、いかん。

ichigodaifuku35 at 23:09|この記事のURLComments(2)

2012年07月22日

J2リーグ2012第25節・勝ったけど押されてた≪横浜FC vs ガイナーレ鳥取≫

DSCN0274「今日は勝たないとね。」
あれから1週間、
どんなトレーニングをしてきたのか
その成果をぜひ見せてもらいましょう。





DSCN0267先週よりだいぶ早めに着いたのに
ものすごい人!!
なんだこりゃ〜。

夏休みに入ったからか、
ちびっ子たちが大勢います。
家族連れの姿が目立ちました。
うれしいことです。


「ジョホールバールの歓喜」のピッチにいた岡野とカズ。そういえば、山口監督も! 
DSCN0273DSCN0268








DSCN0270さっそくおにぎりをぱくつきました。
梅と昆布。







DSCN0276まもなくウォーミングアップ終了という頃、
岡野がトコトコやってきて
カズと固い握手を交わしました。
もちょっと、アップで狙えばよかったのですが
おにぎりをほおばっていたので
慌てました。



DSCN0283さあ、選手入場。
ワクワクします。DSCN0281








昨年のイヤーエンドパーティのとき、いろんな選手からサインをいただいたフラッグ。
すっかり忘れていたのですが、今夜初めて三ツ沢の空にはためきました。

DSCN0286鳥取から一緒に遠征してきた
2体のマスコット、
ガイナマンとトリピー。






DSCN0287ガイナーレの輪。
GKの隣り(奥)で
ちょっと首をかしげているのは
戸川健太、キャプテン。
選手紹介の時、
横浜FCからも大きな拍手が送られていました。



DSCN0288こちらは
今夜も3rdユニの横浜FC。
先週とメンバーを3人変えてきました。
がんばれ〜、横浜FC!!





前半30分、高地の、本田か遠藤か、と思うほどのスーパーFKが決まり、
たぶんシュート数はガイナーレが多かったと思うのですが、1−0でハーフタイム。

DSCN0291桃。
皮をむくと色が悪くなるし、
ナイフを持ってくるのも面倒だし
このままかぶりつきました。
欧米では、これ、普通なんです。
日本では、
林檎の丸かじりは違和感ありませんが
柿や梨や、ましてや桃、枇杷などは
皮をむいて食べるものです。
が、彼らは平気でむしゃむしゃ皮まで食べてしまいます。
「どうして(皮をむかないで食べられる)?」って聞いたら
「どうして(皮をむくの)?」と切り返されたことがあります。

というわけでトライしましたが、やっぱり皮は吐き出してしまいました。
あの、細かい産毛は無理!!

DSCN0293続いて、
一平ママからの和菓子。
うう〜ん、美味。






DSCN0294バックスタンド上段から
煙がたなびいてきました。
まるで発炎筒が炊かれたような
すごい煙です。
でも、匂いが、焼肉。
外で焼いているお肉の煙が
流れてきたようです。
ノビオは、スキヤの牛丼を楽しみにしていたのに
もう売れ切れでした。

DSCN0296メインスタンドの端っこで
学ランを来た、
大学の応援団みたいな集団がいました。
その周りにお揃いの法被をきた人たち。
入場時、フラッグを掲けてたっけ。
どこの団体か、聞き逃しました。



DSCN0299後半30分、
最初から飛ばしていて
攻守に大活躍の阿部ちゃん、
ゴ〜〜〜ル!!

観客も総立ち!



DSCN0302直後に1点返され、
野崎、追加点で突き放したあと
カズ登場!!
周りのちびっ子たちも大興奮。
「カズ、カズ、カズ!」と大喜びです。
「カズダンス、見たい!」
と叫んでいる子供もいました。

「ジョホールバールの歓喜」は1997年秋。
この子達は、まだ生まれてなかったはずです。
カズは、子供たちにとって伝説のヒーローなんですね。

それを知ってか知らずか、
カズは、ボールを持ったとき、右足左足を交互にすばやく動かして相手を撹乱させ、
一瞬ではありますが、「ウオー!」と歓声があがりました。
さすが、カズ。
出場時間は、ロスタイムと合わせて10分くらいと短かったにもかかわらず、
存在感は抜群でした。

岡野との対戦はありませんでしたけれども、二人とも一日でも長く現役を続けてほしいです。

DSCN0306ガイナーレは
2回ネットを揺らしたものの
どちらもオフサイド。
下位に沈んでいるチームとは思えないほど
監督の戦術が浸透しているように感じました。

冷や冷やしながらも、
終わってみれば3−1で勝利。
いろいろまだ課題はありますが、とりあえず、よかった、よかった。

DSCN0307八角といちゃいちゃしながら
ずっとおしゃべりしていたカズ。
何を話していたのでしょうね。






DSCN0308本日のMVPは、阿部ちゃんでした。
名前のとおり、
巧みな技をたくさん披露してくれました。
ああ、来シーズンは
東京に戻ってしまうのでしょうねえ。
東京でビッグになっておくれ。

ichigodaifuku35 at 23:53|この記事のURLComments(0)Jリーグ | 横浜FC

2012年07月21日

今夜もビアパーティ

DSCN0265今日は昨日よりもっと気温が低く、
カーディガンを羽織ってちょうどよいくらいでした。
毎月第三土曜日に集まるお食事会。
今夜はビアパーティ。
よりによって、こんな寒いときに
二夜連続のビアパーティとは・・・・。BlogPaint









DSCN02502時間飲み放題のビール。
このピッチャーが
いったいいくつ注文されたか!
たぶん、10回以上はお代わりしてました。

私はいつもどおり
冷たいウーロン茶でしたが・・・。


DSCN0251DSCN0252








DSCN0253DSCN0254








DSCN0255DSCN0256








DSCN0257DSCN0258








お食事の量も多く、さすがのわたしも、最後の冷やしうどんは、
1杯しか食べられませんでした。

政治、宗教、レストラン、スポーツ、ペット、健康、いじめ、原発、米軍基地問題・・・
話題が多岐に渡り、内容もレベルが高く、一番若い私は
先輩方の豊かな知識、自由な発想、建設的な意見に圧倒されっぱなしでした。
それと驚いたのが、みなさん、早寝早起きなんです。
早い人は、夕食は16時半ごろ、21時前にはもう寝ちゃうんですって。

素晴らしい仲間に恵まれて、幸せな人生です。

DSCN0266うちにたどり着いたとき、
ちょうど男子サッカーオリンピック壮行試合
日本 vs メキシコが始まったところでした。

一平ママからいただいた源吉兆庵の和菓子。
どれもおいしそうですが
おなかいっぱいで入りません。

最初に東、最後に大津くん、
すばらしいボレーシュートでメキシコを引き離しました。
途中出場の齊藤くんもなかなかよかったです(と思います)。
これで、気分よくスペイン戦を迎えることができます。
堂々と戦っておいで!!

ichigodaifuku35 at 23:59|この記事のURLComments(0)

2012年07月20日

寒空のビアパーティ

昨夜、あれから出すもの全部出して、横になっていたら
3時間ほどで楽になりました。
それから、徹夜で原稿書き(一銭にもなりませんが)。
気がついたら、空が明るくなっていました。

DSCN0202きょうは肌寒い一日で
午後から雨。
手作りのビアパーティに招待されました。

部屋にぐるりと下げられた提灯は
寒々しい感じがしないでもなかったけど
雰囲気は上々。


DSCN0213ビアパーティですから
とりあえずビールで乾杯。
ものすごくよく冷えていて
おいしそうなビールでしたけど
残念ながら、乾杯だけで口つけず。 
もったいない!



DSCN0214お手製のカレーチャーハン。
早い者勝ち、と言われたので
一番に並んでいただきました。






DSCN0215蓋を開けただけで
いい〜匂いがしてくるボイルソーセージ。
これ、最高。
ビールがなくても
十分おいしくいただきました。






DSCN0216これがビールサーバー。
スタッフの方々はアロハシャツで
BGMもハワイアン。
思わず、フラダンスしたくなりました。

出席者の中に、
整体師の免許を持っている人がいて
膝をちょっと押さえてもらったら、
すごく楽になりました。

DSCN0217ゴージャスなお皿が並びました。
このテーブルには
若い男性の保育士さんがいて
保育士になった動機や、
意気込みを語ってくれました。
今、児童保護法が改悪されようとしているとか。
話しを聞くと、ひどい中身です。
原発のことと同じで、
そこに国民あらず、の政治はもうやめにしていただきたいです。

BlogPaint日本酒や焼酎もあります。
スタッフの方々、
本当にご苦労様でした!!

たくさんは食べられなかったけど
楽しいおしゃべりタイムでした。

ichigodaifuku35 at 22:17|この記事のURLComments(0)

2012年07月19日

蜘蛛が来ている

DSCN0182めちゃくちゃ忙しい日でした。
3つのスケジューがびっちり詰まっていて
どんどん押せ押せになっていきました。

昨夜、原稿書かないまま寝てしまい、
大慌てで作成。
30分でシャワー浴びて、髪乾かして、化粧して飛び出していきました。

朗読劇の読み合わせ場所に移動しながら、冷やし中華のランチ。

「冷やし中華」を頼んだつもりが、「冷やし中華セット」だったらしく、
冷やし中華のほかに、サラダ、炒飯、、ザー菜、杏仁豆腐までついてきました。
冷やし中華の麺もタレも、市販のインスタントっぽい味で
チャーシューは、怪しげな食感。
チャーハンにいたっては、これ、腐ってない?
匂いがひどくて、一口食べて、やめました。

夕方から、さらに移動。
時間が空いたら、また鍼に行こうと思っていましたが、全然そんな暇なし。

やっと一日が終わってうちに帰って夕食すませて、
ほっと一息ついたとたん、
いきなりおなかが痛くなってきました。

うっ、これは、何かに当たったにちがいない。
あの、チャーハンだ!!

一口しか食べてないのに、こんなに差し込んでくるのですから
全部食べていたら、と思うとぞっとします。
証拠がないので、もしかしたら、チャーハンじゃないのかもしれません。
違ってたら、ごめんなさい、作ってくれたシェフさん。

たぶん、疲れているのでしょう。
ノビオは「蜘蛛が来ている」のだと言います。
くも膜下出血で亡くなった友人がいるので、心配してくれているのです。
「蜘蛛」じゃないんですけど、静かに忍び寄って命を奪うのは
「蜘蛛」に似ていないこともありませんね。
水分摂って睡眠取って、十分からだを休めます。

ichigodaifuku35 at 23:01|この記事のURLComments(0)

2012年07月18日

ぐるり人形町

DSCN0165もうすぐ夏祭りなんですね。東京の下町です。
ここで資料をいただいて、人形町へ向かいました。









DSCN0166いつだったか、
ノビオと隊員Sさんと来た町です。

あのときは、夜遅かったので、
お店があまり開いてなくて、
天丼屋さんに入ったのでした。


ちょっと脇に入ると、こんなモダンなお店があったり、

DSCN0175



こんな古い建物が残っていたり
いろいろな顔をみることができました。





DSCN0169そして、プチ散策。
これは、谷崎潤一郎の生家。
「蛎殻町二丁目十四番地」

今は、ビルが建っていて、
レストランになっているみたいでした。DSCN0171









DSCN0174こちらは、蛎殻銀座跡。

銀座とは、
銀貨の製造をする会所と、
銀貨の検査や銀貨地金の監査を扱う役所と
2つの総称のことで
現在の銀座2丁目に200年近くあったものが
一旦廃止され、
この蛎殻町に再建され、明治まで続いたと書いてありました。

DSCN0176そして、こちらが「玄冶店跡」。
岡本玄冶は
三代将軍家光に重用された医者で
彼の拝領屋敷は
表京間六拾間、裏京間二十五間、
坪数千五百坪あったそうです。
ひええ〜。


DSCN0177





明治百年を記念して建てられた石碑。




DSCN0178今では
こんなビルだらけの街になってしまっていますが
ところどころに
まだ昔ながらの情緒が残っており
現存はしていなくても
当時を偲ぶ立て看板は
ロマンを掻き立てられます。

ichigodaifuku35 at 22:13|この記事のURLComments(0)