2012年12月

2012年12月31日

天気予報、はずれました!

DSCN2124朝起きた時は、、曇りでした。
でも、じきにはらはらと雪が舞い始め、
あれよあれよという間に、
どんどん積もってきてしまいました。
こりゃ、いかん!
スタッドレスタイヤの交換は来年に持ち越したのです。
早く出ないと運転できなくなる〜。
イギーの運転で、まずどんぶり館へ。

DSCN2131続いて、古民家へ。
すごい雪です。
こんな天気、聞いてないよ〜。

どんどん景色が白くなっていきます。
でも、道路は全く問題ありません。
イギーの話しでは、
このあたりの土は鉄分が含まれており、
地熱が高いので、すぐに溶けてくれるのだそうです。

DSCN2134古民家での用件は3つ。
古いお札類が大きな紙袋にいっぱいあるので、
それをピックアップすること。
裏庭の松と南天を少し頂戴すること。
玄関にしめ縄を飾ること。
家の中は暖房器具がまだないので、
寒いです。
早々に立ち去りました。

ますます降りが激しくなってきました。これは桜並木です。春が待ち遠しいです。
DSCN2141DSCN2145







午後からは、ずっとキッチンに立っていました。
夕方になって雪はやみましたが、気温がかなり低く、
ハニィは全く外に出ようとしません。

DSCN2154
もうすぐ年が明けるという頃に
やっとおせちが完成。
今回は、松花堂弁当用の器のしきりをはずし、
ひとり分ずつ盛ってみました。





DSCN2159
今年の年越しそばは
愛媛産の蕎麦粉=媛そばを使用した
ちょっといいお値段の生蕎麦を買ってきました。
具は、じゃこ天と、松山揚げ。
こしがあり、とてもおいしかったです。

今年もいろいろありましたが、
なんとか無事終えることができました。
来年の今頃は、どこで何をしているでしょう。
スリリングな年になりそうです。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

ichigodaifuku35 at 23:59|この記事のURLComments(0)

2012年12月30日

大雨の年末、あわただし哉。

DSCN2117きょうは朝から大雨です。
犬のお散歩も一苦労。
土砂降りの雨を見ながら、
これで気温が低いと雪になるんだろうなあ、
きょうはあったかいからなあ、
と思いつつ、
キッチンのお掃除をしました。
換気扇の油汚れもきれいに取って
ピカピカになりました。

午後からは、バスルームに挑戦。
洗剤が途中でなくなってしまい、断念しました。

おせち料理をどうしようか迷っていましたが
やっぱり作ることにしてお買い物に出かけました。
それぞれのお店によって安いものがあり、また得意な商品もあり、
ここは野菜、ここは肉と魚、というふうに分けてかなり遠出をしました。

ひと玉10円の年越しそばは、やはりそれなりのお味だったので
今回はパスさせていただきました。

DSCN2113古着を積み重ねて作ったハニィちゃんのベッド。
やっとこの頃、使ってくれるようになりました。
朝から晩まで気持ちよさそうに寝入っています。






DSCN2121そのハニィちゃんが
大急ぎで二階から降りてきて
キッチンの前にちょこん。
匂うらしい。





DSCN2118取っ手を鉄棒のように握って
おこぼれをゲット。









DSCN2122ハニィちゃんがほしがっていたのはこれ!
ウマヅラハギ。
イギーいわく、
「カワハギよりおいしい。」
甘くて、歯ごたえがありました。
1匹250円也。



DSCN2123豚タン(初めていただきました)と、
肉厚シイタケ、キャベツ、
それからWAKOさんにいただいた
搗きたてのおもちを
おいしい、おいしいとほおばっていたところ、
あっ、と突然思い出しました。
19時から、
マッサージをお願いしていたのでした。
すっかり忘れていました。
もう40分も過ぎていましたが、大急ぎでダッシュしてなんとかセーフ。
首を痛めた話をしたら、
「僕も、きょう、洗面台に顔をぶつけてメガネを壊しました。」とのこと。
「一番ひどかったのは、歯を折って、それが唇に突き刺さったことです。」
お互い、おっちょこちょいのようなので、以後気をつけましょうね。
でも、絶対またやるって!!

ichigodaifuku35 at 23:46|この記事のURLComments(2)

2012年12月29日

きょうだけいい天気!

DSCN2106明日は雨という予報が出ていたので
きょうのうちに玄関周りのお掃除。

午後からは、みんなでお墓掃除に行きました。
こちらの習慣では、
しきびだけをお供えするのですが
お正月だから少し華やかに
蝋梅を挿してみました。
とてもいい匂いがします。

DSCN2107冬枯れのお寺の裏庭。
植木職人たちが
せっせと手入れをなさっていました。

ついで、というのは失礼ですが
古民家の持ち主だった叔母夫婦の墓地にも
足を運びました。
お子さんたちが遠くにお住まいなので、
そばにいる者がお世話をしなくっちゃ。

DSCN2111
今夜は、牡蛎鍋にしてみました。
冷蔵庫にある野菜を全部入れました。
最後は、半生さぬきうどん。これ、絶品でした!
牡蛎もうどんもシイタケも、
デザートのあたご梨もいただきものです。
ごちそうさまでした〜。

ichigodaifuku35 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2012年12月28日

一番風呂

DSCN2061午前中、
長友治療院に行ってきました。
「だいぶよくなっていたのに、
またぶつけてしまいました!」
「なんでまた?」先生は、
呆れたような声でおっしゃいました。
遊覧船の入り口の枠にぶつけた話しから
どこの遊覧船? → 松島。
なにしに行った?→ サッカー観戦。
なんの試合?→ 震災復興のチャリティーマッチ。
と進んで、
「長友は出たの?」
きたああ〜。
先生と同じ苗字ですものね!!
「長友という姓は、宮崎にしかないんですよ。」
「そういえば、おじいちゃんが都城の出だそうです。」
「そうですか、じゃあ、たぶん宮崎から移られたんでしょうね。
僕も出身は宮崎なんですよ。」
ということでした。
元々は、熊本の菊池という勢力から流れていったそうです。
家紋は、「違い鷹」(鷹の羽が交差している)だから、
きっと長友選手も同じですよ、とのこと。
機会があったら、聞いてみよっと。

「あの〜、温泉はまだだめですか?」
「やめといた方がいいでしょうね。」
「あの、ザブンと入るだけならいいですか?」
「ザブンくらいならいいでしょ。」

DSCN2065というわけで、しお湯にゴー。
まだオープンしていなかったので、
玄関の真ん前に車を止め、
一番に入ったのに、
脱衣場には、裸の老婆が数人! なんで??
まっいいか、よくわかんないけど、仲よく入りましょう。

DSCN2068







                       雨は強く降ったりやんだり、風が強いです。
                    露天風呂は、雨が降り込んできて寒かったです。

DSCN2069お風呂上りに
ちょっと遅めのランチ。
アジのフライ定食。
新鮮でぷりぷりしたアジでした。
シラスもおしかったです。




DSCN2071帰りは、前回と同じ、山を越えて帰りました。
折れた枝や、細かく砕かれた枯れ葉が
たくさん落ちていました。
風、強い。





DSCN2074いきなり、大きな湖が見えてきて、
いったいここはどこだろう、と
新発見をした気分でドキドキしました。
よ〜く見ると、入江でした。
なんだ、海か!




DSCN2075次に視界が開けたところは、わが町でした。
たぶん、北の方角だと思います。





途中、看板が出ていて、
この先、法華津峠まで7kmと書いてあったので、そこを曲がってみました。

DSCN2084今度は、島の点在する海の風景です。
美しい〜。







DSCN2091長い半島が見えてきました。
だいぶ、下ってきています。







DSCN2093法華津峠に到着。
風がびゅんびゅん、
吹き飛ばされそうでした。

途中、大きな枝を車体に巻き込んで
しばらくガラガラ言ってました。



のんびり車を止めては写真を撮っていたら、すっかり遅くなってしまいました。
久しぶりの古民家です。
いない間に、ガス屋さんがいろいろ作業を進めてくださっていました。
お風呂が灯油だったので、ガスに変えてもらいました。
DSCN2098DSCN2100









電気工事もだいぶ進んでいるようです。
でもまだ、これでは住めるようになっていません。大丈夫かなあ。

DSCN2103広島から、生ガキが届きました。
大きいです。う〜ん、海のミルク。1kgあります。
生を食べられるのは、私しかいませんでした。みなさん、ダメ。
なので、カキフライにしました。
ほうれんそうとベーコンと一緒に
オーブンで焼いたのも作りました。

残念ながら、写真なし。
ひとりでやっていたので、暇がありませんでした。
揚げながら、食べてました。おいしかったです!!

DSCN2104もうクリスマスは終わっているのに
なぜかケーキが残っていました。
タルト生地でできた薄いケーキです。
もうおなかいっぱいと言いながら、
4人で一切れずついただきました。

ichigodaifuku35 at 23:33|この記事のURLComments(0)

2012年12月27日

東北から四国へ移動

DSCN2027今朝の新聞です。
もっと大々的に載っているかと思っていたのに
取扱いが小さい(不満)!
東北の方々は楽しんでくださったのでしょうか。
少しは、元気をもらえたでしょうか。






DSCN2029ホテルの玄関。
もうすっかりお正月。



朝はゆっくり起きて、
午前中の新幹線で東京へ。
新幹線って、異常に旅情をそそりませんか?
「旅」って感じがします。そして、必ず駅弁を伴います。
なんでかなあ。DSCN2037






というわけで、またまた、お弁当です。

        天丼と赤エビの握り。             おこわ弁当。
DSCN2045DSCN2047








DSCN2048昨日は、
あんなに風が強かったのに、
一夜明けると
こんなにも違うものなんですねえ。

きょうは、選手たちと
子供とのふれあいサッカースクールがあるので
良いお天気になってよかったです。

お弁当をぱくつきながら、雪山の景色を眺めていました。
DSCN2052DSCN2054







羽田空港は、明日から帰省ラッシュが始まるそうで、きょうはまだセーフ。
スムーズに帰ってくることができました。

20121227_215540 (1)しばらく会ってないから?
冷たい2匹。

ichigodaifuku35 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2012年12月26日

震災後、初めてのみちのく旅

20121226_084415チャリティマッチに佑都くんが出ると知って
発売日に並んで
チケットをゲットしたにもかかわらず
佑都くんは18日のコッパ・イタリア(ベローナ戦)で足を痛めてしまい、
「出場を辞退」という事態になってしまいました。
でも、きっと彼のことだから、スタジアムに来て
何かやってくれるだろうと信じていました。

DSCN1799午前9時の東京駅。
朝ご飯は、
バケットの生ハム巻きを作ったので
牛塩カルビ弁当をひとつ買いました。DSCN1800









DSCN1809それと、「朝どら」。
これは朝に食べなきゃいけない
どら焼き らしい?!






DSCN1806「やまびこ」は快調に北へ向かって走ります。
大宮のあたりで富士山が見えました。

我らが見慣れている富士山と形が違います。
眺める方角によって
富士山の表情がまるで別なんですね。
今まで気がつかなかっただけなのか、
今までこんないい天気に恵まれなかったのか
東北新幹線の車窓から初めての富士山でした。

DSCN1811DSCN1814








DSCN1816トンネルを抜けると、
あたり一面白い世界が広がっていました。
寒そうです。






DSCN1818さらに北上すると、きれいな青空です。
でも、空気は冷たそう。







DSCN1823また雪景色になりました。








DSCN1827さて、仙台駅からまっすぐ向かったところは
本塩釜駅(本来は、塩竈と書くそうですが、
塩釜に統一させていただきます)。
ここで、ランチをいただいてから
船で、松島へ渡ろうというのが、
旅親のプランでした。



DSCN1830塩釜の港付近には、
おいしいお鮨屋さんがたくさんあると
ガイドブックには書いてありましたが
ノビオは洋食が食べたいと言い張ります。
ところが、
クリスマスでめちゃくちゃ忙しかったのでしょう、
フレンチレストランもイタリアンレストランも
きょうは、特別休業。
塩釜神社にも行く予定でしたが、あまりの寒さにめげてしまって
先に船に乗って松島まで行くことにしました。

DSCN1832松島の遊覧船は、
松島から出て湾内を一周するのが
もっとも一般的ですが
塩釜からほとんど同じルートを通って
松島に行く船もあるのです。
出航ぎりぎりに飛び込み乗船。
約50分の船旅です。


DSCN1836塩釜港は
まぐろの水揚げが日本一なんだそうです。
魚市場はオープンしていると聞きました。
もう漁業は復活しているのでしょうか?





DSCN1838船内はガラガラです。
観光客は数人しかいません。
ガラス窓は汚れていて
写真を撮っても全然きれいじゃない。
でも、窓を開けると寒い!




DSCN1843DSCN1845








DSCN1851DSCN1857







いちいち窓を開けて写真を撮るのが大変だったので、デッキに出てみました。
寒かったけど、いい眺めでした。
このあと、中に入る入り口のドア枠にまた頭をぶつけてしまいました。
今度は、真上に!! 首がめり込みました!! 痛くて、情けない・・・・。

DSCN1865DSCN1868








DSCN1888松島を一周する遊覧船です。
やっぱり大きいし、展望もよさそう。







DSCN1890かもめ(ウミネコ?)が餌をほしがり、
船に果敢に近づいてこようとします。
が、
この船に、餌付けのサービスは
ありません。
残念!



DSCN1896五大堂が見えてきました。
まもなく、港に到着です。

DSCN1897









もうおなかすいて、なんでもいいや、と港のそばの食堂に入りました。
ノビオは迷わず、牛タン定食。わたしは、名物のカキ丼。カキフライ&焼きガキ付き。
DSCN1904DSCN1905







このあと、お土産を物色していたとき、
カキの佃煮やら時雨煮を見たら
「広島産のカキを使用しています」と書いてあって
なんだ、広島産なら、わざわざ買って帰ることもないな、と
やめた経緯がありました。
まだカキの養殖が復活してないということなんですよね。
被害に遭った東北の方々へ
観光して食事して買い物することが
少しでもお役に立つことになればいい、と思って来ましたが、
そういうところまで頭が回らなかった自分が不甲斐ない。

DSCN1922雪こそ降ってはいませんが
きょうは今季一番の寒さだと
本塩釜駅の観光案内所のおばさんが
おっしゃっていました。
身を切るような寒さです。

この赤い橋を渡ると五大堂です。


DSCN1912白く見えるのは雪です。
さむ!









DSCN1913五大堂は
807年、坂上田村麻呂が
毘沙門堂として建立したものを
伊達政宗がのちに
桃山様式に再建したものだそうです。




DSCN1915遠くに島々が見えています。
3.11の地震で
崩れてしまった島の名所もあると
船の中で案内がありました。





DSCN1923こちらは、瑞厳寺です。

門をくぐると、ひのき林。DSCN1925









DSCN1927中は、雪だらけ。
改修工事中でした。
地震で被害に遭ったのでしょう。
ここは奥州一の禅寺で
臨済宗妙心寺派(うちの菩提寺と同じだあ)。
重要文化財や国宝が多数あるそうです。



DSCN1930雪吊りです。










DSCN1931
本堂に本物はなく、レプリカだけの展示でした。







DSCN1940石庭も雪で埋もれてしまっています。








DSCN1943円通院の霊屋。
お堂の中が明るく光っています。
中には、馬に乗った子供の像。
夭逝した政宗の嫡孫・伊達宗光を
祀るために造られたそうです。




DSCN1945ここも雪が積もっていてわかりにくいです。
日本最古のバラ園ですって。
支倉常長が
ヨーロッパからバラを持って帰って
ここに植えたのが始まりだとか。
華麗な花弁といい匂いに
日本人はびっくりしたことでしょう。


DSCN1947池も凍っています。
とにかく寒いです。
昼間でこれだけ寒いのですから
夜はどんなに寒くなるのか
想像がつきません。




天麟院。政宗の愛娘・五郎八媛(いろはひめ)の菩提を弔ったお寺です。
DSCN1951DSCN1954










DSCN1957やっと松島海岸駅に到着。
次の電車の時間まで
20分ほどしかありませんでしたが
とにかく、何か温かいものを、
と駅前の食堂(? 喫茶店?)に入って
ぜんざいを注文。DSCN1960








                   お餅を焼くのに時間がかかってしまって、と店主。
                       出てきたときはもう時間ぎりぎり。
         時計を見ながら、アツアツと言いながら大急ぎでいただきました。
      おいしかったけど、急かされて食べた気がしなかった、とはノビオの弁。

DSCN1962なんとか間に合いました。
これは、下り列車です。
ロボコンのアニメが描かれています。
作者は誰だっけ?
きっとこのあたりの出身なんでしょう。
(あとでネット検索したら、宮城県出身の
石ノ森章太郎のマンガ、
他にも「サイボーグ009」「仮面ライダー」
「ゴレンジャー」と全部で4種類ある"マンガッタライナー"というんですって。)
仙台と石巻を結ぶ仙石(せんせきと読むそうです、せんごくじゃない)線で
走っています。
路線図を見ると、ところどころ、バスの振り替え輸送区間がありました。
まだ、完全に線路は復旧していないのですね。

車窓から、松島の海が見えました。そのあと、塩釜の港も見えました。
DSCN1969







DSCN1980
仙台駅でお弁当を調達して、ホテルへ。
風が強くて、吹き飛ばされそう。
地元の人たちさえ、
「風、つよ〜!」と言いながら歩いている人が
何人もいたので、
これは尋常でない強風だと思います。

ichigodaifuku35 at 23:50|この記事のURLComments(0)

日本プロサッカー選手会 チャリティーサッカー2012・凍えました≪東北ドリームズ vs JAPANスターズ≫

DSCN1983ユアテックスタジアムに到着したのは
キックオフの30分前でした。
地下鉄の泉中央駅を出てから
すぐ目の前にあるスタジアムまで
足元の雪が凍って滑り、
押し戻されそうな強風にあおられ、
かなりな行軍でした。


DSCN1984あんなに頑張って取ったお席は、
メインスタンドの端、上から3列下という
がっかり席でしたが、仕方ありません。






DSCN1985
佑都幕、発見。
真ん中に、日本地図が書いてあります。
日本を代表する選手になりましたねえ。
隣りがナオなので、
元はFC東京のサポーターかしらん?
雪が溜まってるのわかります?


ピッチでは、すでにウォーミングアップが始まっています。選手たちも寒そう。
DSCN1993DSCN1996








DSCN1992さっそく、お弁当を広げたノビオ。
また、牛タン弁当です!
よく飽きないよなあ。
そして、よくおなかすくよなあ。
さらに、やりいかの握りもです。DSCN1997









DSCN2000わたしは、まだ全然おなかすいてない。
生しらうおの握りが精いっぱい。
寒くて寒くて、風も強いし、
こんなところでゆっくりお弁当を広げる気分にはなれません。



周りを見ると、みなさん、分厚い毛布のようなひざ掛け。
そうか、北国の観戦にはこれが必携品なんだ。
我らも、持ってきたものすべて身に着け、使い捨てカイロも
あちこちに貼って、万全を期したつもりでしたが、
まだ甘かったようです。

それと、靴。
ノビオは、くるぶしを覆う方が暖かいと考え、
柔らかい革の靴を選びました。
これが大失敗でした。
厚底の靴じゃないと下からの冷気が全部足にきちゃうんですね。
しかも、注意報が出るほどの強風。これは、体感温度が下がります。

DSCN1987
先発メンバーの発表です。
日本代表に選ばれたことのある人は、
みな知っているので
そのたびにどよめきがありますが
知らない選手も多かったです。
手元に出場選手のリストがないので、
ほかにどんな選手が控えているのか、まったくわからない状態でした。

出られない選手からのメッセージもありました。
カズは、来シーズン、どこでプレイするのでしょう?香川、早く怪我を治してね。
DSCN2001DSCN2002








DSCN2005出場する選手が全員並びました。
我らは来るのが遅かったので、
もしかしたら、
早くに選手紹介があったのかも
しれませんが、
これでは誰がどこにいるやら、
さっぱりわかりません。


DSCN2006DSCN2007







鈴木武蔵、最初から飛ばしてました。
ナオもよかった。
わたしがうまいなあ、と思ったのは、茂木。
そして、愛媛FCの東くん。
果敢に前に出て攻めていました。いい感じでした。

DSCN2010先制したのは、JAPANスターズ。
パフォーマンスは、小倉監督の胴上げでした。
さらに追加点、これも胴上げでした。DSCN2011









DSCN2012そして、東北ドリームズ、1点返しました。
両チーム混合で、東北の人文字。

後ろの方で、
「今のゴール、誰?」
という声が聞こえていました。
アナウンスも、とうとうないままでした。
「あれは、愛媛FCの東くんだよ〜。」
わたしの「アズマ、アズマ〜、やったあ。」という叫び声、聞こえなかった?

時折、仙台のサポーターでしょうか、
太鼓の音やリーダーの音頭を取る声が聞こえましたが、
あとの大部分の時間は、し〜んとしたままで、
淡々と進んでいきました。

DSCN2016ハーフタイム、
何やらチャラチャラした2人組が出てきて、
歌を歌い始めました。
(ピントが合ってなくてすみません。)
今どきの若いユニットは全然わかりません。
あまり気にも留めず、
カメラの望遠で見てみたら、
あれ、タッキー???
ということは、相方は翼くん??
あれあれ、なんと、タッキ―&翼ではありませんか。
おお、びっくり!!
思わず、立ち上がってしまいました。
でも、うまく写真は撮れず。
しかも、カメラのバッテリーがアウト。
充電した予備のバッテリーを用意してきたのに
ホテルのお部屋に忘れてきてしまいました(間抜け!)

あとは、スマホで撮るしかありません。
アップに限界があるぅ・・・・・20121226_200339







わたしはまだ耐えられると思いましたが、
ノビオが尋常ではなくなりました。
あまりの寒さに「、足が痛い。」という顔を覗き込んだら、
病人のように青ざめた顔をしていて
意識を失うんじゃないかと不安になりました。
大丈夫?

出てくる選手も、知らない人が多く、内容も決して
エキサイティングではありませんでした。

と、そこへ、太鼓を持った人が見えました。
太鼓=佑都くんでしょう!
「来た、佑都くん!」と言った瞬間、
佑都幕、出すの早かったですよ〜、ノビオ。

金髪の安田とともにゴール裏に陣取り、「バモニッホン」のチャントに合わせて
佑都くんが太鼓を叩き始めました。
20121226_20394320121226_203407







明治大学在学中、腰を痛め、応援団の太鼓を叩いていたという話しは有名ですが
生でその太鼓を聴けるなんて、最高!!
見事な撥捌きでした。
音感がいいんですね、きっと。

静かだった観客も大いに盛り上がりました。
ほとんど誰も、ピッチを観ていなかったようでした。

20121226_204009無事、パフォーマンスを終え、
2人して深々とおじぎをし、
皆に手を振って答えている姿は
これぞ、チャリティーだなあ、と。
みんな大喜び!!
少しの間、寒さも忘れてしまうほどでした。


もう限界に近づいたと判断した我らは、
後半30分すぎ、乾のゴールを見届けたあと、
スタジアムを後にしました。
途中退席は不本意でしたが、
これ以上座っていることは、ノビオには無理そうでした。
寒がりの私より寒がっているノビオを見るのは初めててしたから。

楽々、駅まで戻り(最後までいると混雑します)、
ガラガラの地下鉄に乗って、勾当台公園駅で下車。
もうこのままホテルまで帰るしかないな、と諦めていたのですが
ノビオが大丈夫、と言うので
「光のページェント」をちょっとだけ見ることにしたのです。
DSCN2017DSCN2020








DSCN2021DSCN2025








20121226_211751色が明るいオレンジ系なので
見ているだけで暖かさを感じます。
すごくきれい!!

寒いけど、きれい!!




20121226_212704ほんのちょっとしか地上にはいられませんでしたが
これで十分満足。
ノビオ、お付き合い、ありがとう。








DSCN2026ホテルには天然温泉があるので
首の調子は悪いけど、
ザブンと入って、温まってきました。
そして、今頃おなかが空き、
お鮨をぱくつきました。



まあ、とりあえず、低温症にもならず、無事に帰還できたので、よしとしましょう。

テレビのニュースで、
ウッチ―が主審を務め、ゴンがゴールを決めたと知り、
ああ、ちょっともったいなかったかな、という気もしましたが、
「光のページェント」を観られたので、こちらもよしとしましょう。   

2012年12月25日

クリスマスが終われば・・・・

20121225_180640夕方から羽田に用があって出かけました。
クリスマスに移動する人は少ないのか
あまり混んでいないような気がしました。






出発階の中央棟には大きなクリスマスツリーが飾られ
天井からも、きれいなイルミネーションがつら下がっていました。
20121225_18065020121225_180817









20121225_181548到着階に下りたら、
なんと、もうクリスマスツリーは撤去され
いきなり門松でした。
いくらなんでもちょっと気が早いんとちがいますか?
欧米では、お正月が過ぎても、
またツリーを飾っているというのに。
日本では、クリスマスイヴが終われば、
もうお正月にまっしぐらって感じですね。


スマートフォンをまだ使いこなせておらず
「瀬戸の花嫁」先輩からの写メをなかなか気づかないままでした。
キヨさんからも、イギーからも届いていたのですが
全く知らぬまま。

せっかくですから、愛媛から届いたホワイトクリスマスをお楽しみください。
121224_0915172012122409210000










121224_100549








DSCN1797ついでに
昨夜食べ損なった和菓子も載せておきます。

ichigodaifuku35 at 23:35|この記事のURLComments(0)

2012年12月24日

ダンボールに囲まれたクリスマスイヴ

DSCN1794やっと回復してきました。
パソコンを開くのも、
かなりエネルギーがいるものなのですね。
なかなか机に向かう気になれませんでした。

一昨日の夜から食欲ががたっと落ちて
鼻水と下痢に悩まされていましたが
はたと、首の痛みが全く消えていることに
気がつきました。あれっ?治ってる!!
なんだか急に元気が出てきました。

きょうはクリスマスイヴ。
みなとみらいのコンサートに行くつもりでしたが、パスしてダラダラしていましたけれど、
レストランに行って食事をするなら、
上等なお肉を買って来て、うちで食べた方が安くあがるかも?

というわけで、今夜は家ディナーです。
食べたいものを思いっきり食べよう。

DSCN1779あさりの塩抜きって、どうしてます?
テレビの番組で『50℃のお湯につけると、
自然に口が開いてくる』
と言っていたのを思い出し、やってみました。
温度計で計ると、
50度っで手をつけていられないくらい熱いです。
でも、だんだん冷めてくるので、常に気をつけて見ていなければなりませんでした。
そのかいもむなしく、結果はあまりかんばしくありませんでした。


DSCN1784オードブルはテリーヌとプロシュートメローネ。
ほんとはフォアグラのパテがよかったのですが
見つけられませんでした。
「お正月にも使えますよ〜。」という口車に乗って
ついつい手を伸ばしてしまいました。

サラミとほうれん草チーズ入り/サーモンとホタテ/海老と白身魚の3種。
でも、やっぱりそれほどおいしい、とは言いがたいものがありました。

DSCN1789スープは
オニオングラタンスープにしようか
迷った末に
クリームチャウダーにしました。
あさりとじゃがいもをいっぱい入れました。
ほとんどシチューみたいですが
これはおいしかった。
寒い冬には最高ですね。


DSCN1791サラダは温野菜のバーニャカウダ風。
ワイングラスは地震でほとんど割れてしまい、
ホルムガードのこのグラスも
2客しか残っていません。
中身は、葡萄ジュースです。




DSCN1788そして、こちらがメインディッシュ。
岩手牛のシャトーブリアン、135g。
塩とブラックペパーだけで味付けしてあります。
う〜む、これはめっちゃおいしい〜。感動。





DSCN1790見て見て、この焼き加減。
パーフェクトなミディアムレア。
柔らかくて最高です。
我ながら、よくできました。
お肉を焼くのは今までノビオ担当だったので
わたし、初めてでした。
もちろん、
ノビオが下手だってことじゃありませんよ。

ただ切って焼いただけの、あまり手のかかっていないディナーでしたが
いやあ、おいしかった!
たぶん、レストランで食べたら、この3倍くらいお金がかかっていたと思います。

ひとつ失敗したことは、
クラムチャウダーを作っているときに、思い出しました。
カトラリーセットがない!!
もう、ダンボールの中に入ってしまって、どこにいったんだか・・・・。
お箸とスプーンはそのまま捨てようと思って一式取ってありましたが
あとはすべて、箱の中。
ナイフもフォークもありません。
写真を撮ったあと、包丁でカットしていただきました。

それから、ケーキを焼こうと思って、
粉ふるいと、計りと、小麦粉はとっておいたのに、
かんじんのケーキ型をダンボールに入れてしまい、これまたどこに入れたのやら。

ケーキは諦めて、アイスと和菓子のコラボレーションにしてみました。
でも、おなかいっぱいで、明日に持越しです。

それにしても、家中、ダンボール箱だらけになっていて、かなりの圧迫感。
数えてみたら、
玄関に3個、廊下に19個、寝室に3個、
リビングルームに16個、和室にはなんと32個!
トータル76個。DSCN1793








まだ押入れがふたつ分、残っています。
食器と洋服は、専用のケースがあるそうなのでそれはお願いしてありますが
そのほかのものはこちらでやっておかないと、とても一日では終わらない量です。

2,3日前までは一切暖房を使っていなかったのです。
なんとか我慢できる感じでした。
でも、今夜はぬくぬく、からだも胃袋も満ち足りた気分です。

松山は晴れだったそうですけど
「瀬戸の花嫁」先輩とイギーたちは、ホワイトクリスマスを迎えてるみたいですよ。

"Joy to the world, the Lord is come ! "

ichigodaifuku35 at 23:37|この記事のURLComments(0)

2012年12月23日

風邪じゃないかも??

鼻水が止まらず、うっとおしいです。
でも、熱があるわけじゃないし、喉が痛いわけでもありません。
もしかしたら、ハウスダストアレルギーかも???

下痢は止まりましたが、食欲なし。
スプレイ式の鼻水止めの薬もほとんど効果なし。やることいっぱいあるのにぃ!

ichigodaifuku35 at 23:50|この記事のURLComments(0)

2012年12月22日

風邪でダウン↓

昨日が暖かかったのがいけませんでした。
お見舞いの品を探すのにデパートへ入ったら、めちゃくちゃ暑くて
汗びっしょりかいてしまって・・・・。

案の定、朝から鼻水止まらず、夜には腹痛と下痢で、七転八倒。
嘔吐はなかったので、ノロウイルスではないとは思いますけど。

ichigodaifuku35 at 23:43|この記事のURLComments(0)

2012年12月21日

クリスマス会に遭遇。

20121221_154333今にも雪が降りそうなどんよりした寒空です。
でも、気温は見た目よりかなり高いです。
チリコさんのお見舞いに向かっているところ。

彼女はLAからの帰国中、
脳動脈瘤の手術の途中でくも膜下出血を起こし、
一時危険な状態が続きましたが、
無事、その危機を乗り越え、
今はリハビリテーテーション専門病院に転院して、歩行訓練に励んでいます。

1階の受付で名札を受け取り、
2階のエレベーターを降りると、広いホールがあり、なにやら賑やかです。
サンタさんの格好をした若者が見えました。
老人ホームのお楽しみ会のような雰囲気でした。

それを横目でみながら、病室をノックしましたが、不在。
リハビリ室にでも行っているのかな、とナースステーションで確認したら
「そちらのクリスマス会に参加されてますよ。」
えっ?そうなんだ!
お年寄りばかりで、こんなの好きじゃない、
と見向きもされないんじゃないか思ってました。

BlogPaintどこにいらっしゃるのかな?

キョロキョロしていたら、
窓辺に座っている、チリコさんの子供たちと、
おねえさんのタイコさん発見。
わたしもその一団に加わって、
クリスマス会を拝見することにしました。

チリコさんには4人のお子さんがいらっしゃり、代わる代わるお見舞いに来ています。
もうすぐ帰国する長女と交代で、双子の姉弟がやってきました。
昨夜は、みんなでホテルに泊まったそうです。初の外泊。
ということは、介添えなしで、お手洗いにも行けるし、
お風呂にも入れるようになったということですね。
驚異の回復力。

クリスマス会は、ちょうど、クイズが始まったところでした。
20121221_155526「サンタさんが引いているトナカイは
何頭でしょう?」

「クリスマスツリーを飾るのは、
どの国から始まった習慣でしょう?」

「クリスマスツリーのてっぺんについている星は
希望を意味する?」

「サンタクロースは、実在する聖ニコラスですが、どこの国の人?」

けっこう、マニアックな問題です。

患者さんたちは、手に手に〇Xのプラカードを持ち、一生懸命考えています。
答えは、上から、「8頭」「ドイツ」「〇」「トルコ」でした。

ツリーのてっぺんの☆は希望か?という質問にXをあげたおじいさんに
「希望じゃなければ、何だと思いますか?」とスタッフの方が訊ねたところ
「愛」とお答えになり、みんなで大爆笑。
心やさしい方ですよねえ。

DSCN1767次は、ビンゴゲーム。
賞品がたくさん用意されています。







BlogPaint途中でサンタさんの帽子を渡された
チリコさん。
不自由な左手を添えて
さっさとかぶることに成功。
うまいもんです。
でも、ビンゴはなかなか当たりません!!20121221_161116









DSCN1764サンタさんの格好をした男性が手にしている
金色のボールの形をしたもの。
あれをぐるぐる回して
番号が出てくる仕組みになっています。
長いことかかって、
やっとビンゴが出てからは
どんどんビンゴ、ビンゴの嵐となりました。

最終的には、全員にプレゼントが用意されているのでした。

それぞれのプレゼントの中に、かわいらしいクリスマスカードが入っており
さらに、患者さん一人一人に手作りのカードが配られました。
後で見せてもらいましたが
担当するドクターから、リハビリの先生、その他、
彼女に関わっている専属のスタッフからのメッセージが
小さな字でいっぱい書いてありました。
心温まるカードでした。

スタッフは、若い男性が多く(女性も含め)、皆生き生きと働いていらっしゃるようすが
とてもよく伝わってきました。
このように十分な人数が揃っていて、バックアップ体制が万全であれば
働く方々も余裕を持って、楽しくお仕事ができるのではないか、と感じました。

DSCN1769ビンゴゲームのあとは、
「キャンドリング」。
ホールの照明を消して、
真っ暗になったところへ
看護学生たちが、
キャンドルを持って、しずしずと登場。
最初に「きよしこの夜」を歌ってくれました。
DSCN1771







そのあとは、
「りんごの歌」「高校三年生」「上を向いて歩こう」「ふるさと」・・・
歌っている彼ら・彼女たちが生まれる前の古い歌ばかり。
かなり練習を重ねたことと察します。
タイコさん、「全部歌えたわ!」すべて口ずさんでいらっしゃいました。

最後に、「シチョウがごあいさつをします。」と言われ、
誰かと思ったら、「婦長」改め「師長」さんなのでした。

「スタッフみんなで11月頃から準備を始めました。
ささやかではありますが、リハビリに励んでいらっしゃる皆様に
少しでも楽しい気分を味わっていただき、元気になって
さらに頑張ろうと思っていただけるよう一生懸命心を込めて企画しました。
きっとお楽しみいただいたことと思います。」

本当に、手作り感いっぱいの、すばらしいクリスマス会でした。

お部屋に戻ると、ちょっとお疲れのようでしたが
家族に囲まれて幸せそうでした。
ただ、左半身が麻痺していて、お顔の半分も感覚がないそうなんです。
ですから、表情がぎこちない。
でも、杖をつきながらも1人で歩くスピードには驚かされました。
すごい!の一言に尽きます。

来年早々には、もう片方に残っている2個の脳動脈瘤を取る手術が待っています。
まだしばらくはLAには帰れませんが、大好きな日本でのんびりできていいや、
と思っていただきたいです。
一番会いたいのは、ご主人ではなくて、愛犬のブウちゃんだそうです(?!)

どんなに可愛い犬だろうと想像されている方々のために、
ブウちゃんの写真を探してみました。
もったいぶって、続きをどうそ!続きを読む

ichigodaifuku35 at 23:53|この記事のURLComments(0)

2012年12月20日

首輪、復活!

20121220_174456大事を取って、
やっぱり首の固定具をつけて
お出かけすることにしました。
きょうは寒かったので
いっぱい着込んで出たら
下が向けない。
階段を下りるのが怖かったです。


イルミネーションがとってもきれいでした
カメラを向けると、看板のネオンがそれ以上に光っていてがっくり。
20121220_17452220121220_174537








20121220_174551日本の公共の美意識の低さ、
地域全体のバランスを無視した景観、
それをなんとも思わない無感覚さ、
せっかくのイルミネーションも台無しです。
ちょうどよい大きさで品よくキラキラして
お気に入りなのになあ。



DSCN1761今夜は上弦の月でした。
凍てついた空に、
かまぼこ型の半月が輝いていました。DSCN1760








からだは温かかったのですが、手が千切れそうに冷たかったです。
ポットに熱い紅茶を入れてきて、それで暖をとり、
おなか空いてましたけど、大急ぎで帰ってきました。

ichigodaifuku35 at 22:27|この記事のURLComments(0)

2012年12月19日

背中バリバリ、さらに追い討ち!

DSCN1757やっぱり、背中が張って苦しいです。
長友先生は、首を八の字に回して、
やさしくなでてください、
とおっしゃっていましたが
回すと痛い

きょうは完全オフ。
一日、書類の山と格闘していました。
放っておくと、あっというまに紙類ってたまっていきませんか?

(↑)おやつは、オマーンのデーツと干しイチジクと先日買ったパウンドケーキと
MOKAさんからいただいたシャボネル・エ・ウォーカーのシャンペントリュフ。
お茶は、ジンジャーピーチ。
がさがさした空間では、あまりのんびり寛げる雰囲気ではありませんでした。

夜になって、さらにダンボール箱は増え、うず高く積み上がっていきました。
和室に置いてあった古新聞を取ろうとして頭を下げたら
いきなり、ご〜ん!という衝撃。
一瞬、わけがわかりませんでした。

DSCN1758
積み上げたダンボール箱の上に
籐の丸椅子が置いてあって、それが
私の左後頭部を直撃したのでした。
なんで、首を痛めた人の頭の上に落ちる???
だれだ、こんなところに籐椅子を置いたのは???
首に響いた〜〜〜〜
笑わないで〜〜〜〜




*「股旅フットボール」宇都宮徹壱

ichigodaifuku35 at 22:22|この記事のURLComments(0)

2012年12月18日

首輪なしの外出

DSCN1743首を痛めて半月たちました。
こちらに戻ってきてから、
こんなことになるのは想定外だったので
スケジュールびっちり。
安静にしてなきゃと思いつつ、
毎日首輪をして出かけていました。

スキー用のネックウォーマーや、
狐の襟巻きで首を覆い、
「そんなに寒いの?風邪引いた?」
首輪をしていることはばれませんでした。
頭痛と目のかすみに耐えて、頑張ったぞ〜。


そろそろはずしてもいいかな?
今夜は、120名の前でスピーチです。
やっぱり、首がモコモコじゃおかしいでしょ。

室内は熱気むんむんで暑い、暑い。首輪してこなくて正解でした。

20121218_204608
無事に役目を果たし、ああ、おなか空いた。
お昼抜きだったのです。
天ぷら食べたい!と、駅ビルの中に入ったら
アジアンフードのお店、発見。

えびせんべいとピーナツは、お代わり自由。


 春雨と海老のスパイシーサラダ。    太米麺の野菜たっぷり焼きそば。
20121218_20500320121218_205744







おなかいっぱい。胸いっぱい。首痛い。やはり、首輪がないと、突っ張った感じ。
まだはずすの、早かったか。

ichigodaifuku35 at 22:05|この記事のURLComments(0)