2013年01月

2013年01月31日

大工さんは早起き!

DSCN9959朝8時過ぎに起きて
朝ご飯の用意をしていたら、
「鍵がかかって開きません〜。」
と大工さんから電話がかかってきました。
えっ? まだこんな時間なのに。

大急ぎで古民家に向かおうとして車に乗って
前を見たところ。
真っ白で何も見えません。
ワイパーを動かしても、全く変わらず。フロントガラスが凍っているのです。

エンジンをかけて、デフロストにして、溶けていくのを待つことにしました。
DSCN9960








今日、キッチンの壁をパネルで覆う作業をお願いしていたことは確かですが、
まさか、こんなに早くいらっしゃるとは思っていませんでした。
あとで従姉弟に聞いたら
「大工さんは、だいたい8時から。もう7時半には現場に着いてるよ。」
とのことでした。知らなかった・・・・。DSCN9961

まだ雪の残る古民家前(→)

頑張って行ったのに、
「電気工事が終了していないと貼れないなあ。」と言われ
古い流し台だけ持って帰って行かれました。
まあ、あれを処分していただいただけでも助かりましたけどね。
引っ越し荷物が届いてから1週間たちましたが
ウォーターベッドが鎮座しているだけで、あとは何も進んでいません。
あの山積みの段ボール箱がきれいに片付くのはいつの日になるのでしょう。

午後から、また別のマッサージの予約を入れていたので、
どんぶり館⇒コメリ⇒郵便局経由で、滑り込み〜。
いつもナイスなBGMをご用意いただいていて、
きょうは私たちの青春時代に流行った歌の特集。
マッサージ師さんとは年がひとつしか違わないので、
二人して、「なつかしい〜。」といちいち声をあげ、
まるで「ドレミファドン」をやっているようでした。
最後にかかっていた曲は、「フランシーヌの場合」。
これをご存じの方は、きっと同世代です!!

DSCN9964リビングルームの片づけをしていたら、
棚の奥の方から水差しが出てきました。
書をしたためる母のために
父が作った
墨をするとき硯に注ぐ水を入れる器です。



昨日、残っていた硯を全部処分してしまいましたが、
これは捨てるに忍びず、水仙を活けてみました。
手作り感あふれる父の作品が、花入れとして甦りました。

DSCN9966この頃、夜はいつもニコと一緒に寝ています。
階下では、ルーとハニィがくっついて
仲よくしていて
特にニコがいなくても気にならないみたいです。

古民家にも連れて行こうかなあ。



ネットでJ's GOALを見ていたら、セレッソ大阪の新体制発表の写真が載っていて
左端に映っているのはむっくん?
慌ててコアラちゃんに、「LINE」を使ってメッセージを送ったら
「レンタルです。先週の始動日に行ってきました!」と写真が届きました!
1359645741538

全然知らなかった・・・(迂闊でした)。

モニと仲よくランニング中のむっくんです! →



「FC東京が基本ですが、今年はたくさん大阪に行くことになると思います。」
とのこと。
さすがです!!フットワークが軽いのはWAKOさん譲りですね!!!
「1年通して活躍して、東京に戻ってきてほしいです。」だそうです。
頑張って、大阪のギャル&オバサマ方のハートをわし掴みにしてもらいたい
フォルツァ、椋原

ichigodaifuku35 at 23:12|この記事のURLComments(0)

2013年01月30日

納戸の整理

DSCN9948きょうは一日、納戸の整理で終わってしまいました。
それが、古民家ではなく、実家の納戸なんです!

イギーが、突如、納戸を片づけようと言い出し、
きょうは古民家へ行きたかったのですが、
ちょっと手をつけたら、止まらなくなりました。

これは、何本もある掛け軸の中から。
「紅梅」です。
ちょうど今頃の季節にふさわしいですね。
古民家の二階の床の間に飾ろうかな?

BlogPaintこれは大きな木箱の蓋です。
「長井サン買フ」と書いてあります。
上部には、「二十人前」、
左には「紀地皿五十人」、
中央には「會席饍」という古風な文字も見えます。
「金五十円也」で長井さんから買ったようですが
これは当時どのくらいの価値があったのでしょう。

DSCN9953







中身は、新聞紙でくるんだ赤い漆のお膳でした。
他にも、黒い漆に鳥が二羽彫ってあるものや、足のついたお膳もありました。
そして、見つけました〜!

DSCN9949祖母のお雛様です!!
母屋を解体するとき、
親戚の人たちが手分けして
価値のありそうなものを持って帰ったそうで、
古民家にも、
これと同じような木箱がいくつかありました。
祖母のお雛様は、
いったい誰の手に渡ったのか
全く行方がわからなかったので
よかった、よかった、うちにあったんだ!!

祖母が生まれたのは、1899年ですから、
初節句にあつらえたとして、100年以上はたっている代物です。
かなり傷んでいて、首がとれていたり、顔がすすけていたり、
当然、紛失しているものも多々あると思われます。
でも、わたしは、祖母のお雛様が好きでした。
今年は、久しぶりに飾ってあげましょう。

きょうはとってもいいお天気でぽかぽか陽気。 ハニィちゃんは、衣装ボックスの中。
DSCN9952DSCN9955








20130130_150147





日が傾く頃には、こんなことになっていました。
かわいい〜。
お昼寝から覚めたばかりで眠たそう。


DSCN9957夜の10時までかかって、
両親の寝室に置いてあった本棚を
納戸へ移動しました。
大変でしたあ。







DSCN9958本棚がなくなってすっきりした壁。
でも、この奥の押入れには、
クリスマスツリーとオーナメント、
わたしのお雛様が大きな箱に入っています。
古民家に持って行かなくっちゃ。
でも、当分はこちらで待機ですね。

ichigodaifuku35 at 23:49|この記事のURLComments(0)

2013年01月29日

伊方原発の行方

DSCN9925LINKOちゃんが
ランチの予約をしてくれていました。
隠れ家的料亭。
夜は高いので、昼なら気軽に入れそう。

玄関を入ると、すぐ水槽があり
伊勢海老がうじゃうじゃ泳いでいました。DSCN9922









DSCN99191000円、1500円、3000円
のコースがありまして
このお弁当はいくらか、ご想像ください。

正解!!    千円です。

さすが、料亭!けっこうなお味でした。


DSCN9930午後から、松山の地方裁判所へ。
きょうは、「伊方原発をとめる会」の
第3回口頭弁論の日で、
傍聴をするために大勢の人が集まりました。

傍聴できる席は限られているので、
抽選の列に並びました。
ラッキーなことに、
LINKOちゃんも私も当選しちゃいました。

前半の、弁護人の準備書面の報告、説明は
声が小さく聞こえにくい上に、ものずごい睡魔が襲ってきて地獄でした。
そのあとの、3名の意見陳述は感動ものでした。

トップバッターは30代のシングルマザー。
伊方原発が着工された年に生まれたそうです。
恐ろしい原発は、大人が力を合わせて止めてくれると信じていたのに
まだ、あの美しい佐田岬半島に存在していて、
気が付くと、自分が大人になり、2児の母親となってしまった。
子供たちの健康、命を守りたいと、声を詰まらせながら訴え、
そのために、いろいろな活動をされていることも披露されました。

今も1日に2億4000万ベクレルの放射能が放出されていると、
東京電力は報道している。
震災前の日本では、100ベクレル以上のものは「低レベル放射性廃棄物」
としてドラム缶に入れ、地下で300年保管して安全にするとしたきたのに、
今では、食品の暫定基準値が1kg100ベクレルまでOKにしてしまっているって
いったいどういうことか?
内部被爆が一番厄介だということは十分わかっているはずなのに。

大人には、安心して子供を産み育てる環境に暮らす権利があり、
子供たちには、安全な環境で、国や地域、家族に守られながら、
心身ともに健やかに成長していく権利があると、彼女は締めくくりました。
同感です!!

2番手は、高知からいらした男性でした。
高知県は伊方から200km以内に県土のほとんどが含まれ、かつ、
偏西風の風下にあることから、非常に危惧されていました。

伊方原発の沖合6kmには中央構造線が走っており、
政府の地震調査会でも
「佐田岬沖の活断層が動く可能性があり、
その際にはM8クラスの地震発生があり得る」と指摘している。

「伊方原発の再稼働を行わない決議」を
高知県内の34市町村のうち、すでに25市町村が採択しているそうです。
伊方原発は、もはや伊方住民だけの問題ではなく、
四国、九州、中国地方、ひいては、日本国民が
伊方原発で起こり得る事故の当事者になり得ることを示していると言えます。

最後の陳述は、お寺の住職さんでした。
福島の原発事故からすでに2年が経過したが、
あの事故はまだ終息していない現実をわすれてはならない。
政府、東電の情報の隠ぺいと騙しが行われていた事実も
ネット情報などにより、リアルタイムで顕わになった。

松山で起きた「玉串料裁判」や、靖国問題と絡めながら
自国の富国経済のためには犠牲を当然とする思想、
経済的損得を背景に、
持たざる者の人権を奪う原発政策に有効な歯止めをかけうるのは
司法、行政、立法の中で、もはや司法しか残っていないのだから
公正な判断を司法に求めます、と結ばれました。

これらの陳述書の資料はあらかじめ配られていましたので
傍聴できなかった方々もこれを読めば、どういう内容の陳述がされたか、
わかるようになっています。
でも、これを実際、法廷の場で直接見聞きするのとしないのでは
かなり印象が変わると思いました。
我らは本当にラッキーでした。

DSCN9938その後、県立美術館で報告集会があり、
弁護士の方々のまとめ、
意見陳述をなさった方々の感想、
傍聴者からの質問、
メディアとの質疑応答がなされました。

被告である四国電力は、
原告の要求した資料をなかなか提出せず
のらりくらりと時間稼ぎをしているようにもみえます。
それに惑わされることなく、伊方原発の危険性、地震の可能性を軸に
少しずつそれらを証明して再稼働させないように持っていかなければなりません。

最後にご挨拶なさった代表の方は、なんと牧師さんだそうです。
宗教の違いを越えて、皆で再稼働反対を唱えるなんて、すごいことですよね。

イギーが、高島屋で「うまいもの展」やってるよ、と言っていたので
美術館から歩いて市駅へ向かいました。

花園町のイルミネーション。もうすぐバレンタイン・デイだから、ハートもあり
DSCN9941DSCN9942








DSCN9944
何度も通っている道なのにこんなのあったっけ?
「正岡子規生誕邸址」です。








特設会場を覗いてみたら、最終日のため早めに終わっていて、
何も買えませんでした。残念!DSCN9946


*「まっ、いっか。」 浅田次郎

ichigodaifuku35 at 23:17|この記事のURLComments(0)

2013年01月28日

治療と温泉はセットです。

DSCN9908午後から古民家へ。
昨夜積もった雪は
午前中にほとんど溶けてしまいました。

日陰になったところや、斜面に
少し残っている程度でした。



DSCN9912きょうは
長友先生の治療の日です。
天使の階段、すばらしい〜。

海辺に住んでいらっしゃる方には
こんな景色は日常的でしょうが
山育ちの者にとっては
何度見ても、感動ものです。

「首も膝も痛いし、左足の薬指も触ると痛いんです。」と長友先生に訴えると、
「薬指? また、どうしました?ああ、これね、ああ、捻挫していますよ。
ああ、これこれ。筋が伸びてますねえ。」と薬指と小指を触って引っ張る引っ張る。
「先生、痛いですよ〜。」

「頭は、またぶつけてませんか?」
「実は、またぶつけました・・・。よくおわかりになりましたね。
黙ってようと思ってたのに。」
「もう少し、行動に気をつけないとね。
やらなくてもいいことをやって、からだを痛めてますから。」
おっしゃるとおりです。

DSCN9913帰りに、ひとりしお湯。
まだ夕陽には早すぎるようです。
中途半端な時間だったからか
空いていました。
大浴場をひとり占めにして、
ストレッチ体操をしながら
湯船につかっていました。

DSCN9914
お風呂上りは足裏マッサージ。
今、これにはまっています。
10分100円。
「強」にセットすると、ぐいぐいぐいぐい。
人間の手より、すごい。
これは効きます!


DSCN9851
<こちらは、26日に行った温泉の
足裏マッサージ機>








DSCN9916いい気分で
さまざまな顔を見せてくれる海を眺めながら
帰りは、山側ルートを取りました。
夜になると凍結するらしいのですが
まだこの時間なら大丈夫。
すごくさびしい道で、出会ったのは車2台のみ。
(もっとも、海側ルートですれ違ったのも
せいぜい10台くらいでしたが。)

DSCN9917ひと山超えると
いきなり雪が現れました。
さすが、海側は暖かい。
山を境に、こちらは雪が降ったということですね。
地面が濡れているところが何か所もありました。
こういうところが夜間凍結するのでしょう。
冬の季節、車の運転は昼間に限ります。

ichigodaifuku35 at 23:04|この記事のURLComments(0)

2013年01月27日

しらうお祭り

DSCN9856DSCN9857







今朝はかなり冷え込みました。
池の氷は、いつもより、線が長かったです。
お散歩に出ると、途中、道路が凍結している箇所があり、
「滑るよ〜、迂回して〜。」と声をかけたのに、2匹は平然とその中に突入。
ツルンと足を取られてひっくり返ると思いきや、すたすたと歩いて越えていきました。
足の爪がアイゼンの役目を果たしているらしい。

DSCN9859オレンジ色の火柱が立っているように見えます。
これは、朝日がちょうど顔を出したところ。
逆光モードで撮ったら、こうなりました。

きょうは、「しらうお祭り」の日。
昨日、たまたま、
「しらうお祭り」っていつだっけ?
と思いついてネット検索したところ
27日(日)と書いてあり、「なんだ、明日じゃないの!」

DSCN9860「寒いから。」とWAKOさんに断られ、
イギーに付き合ってもらうことにしました。
出発は午前9時を回っていたにもかかわらず、
池の氷はまだ全然溶けるようすがありません。
でも、日が射してきて、いい天気。




DSCN9862小学校の臨時駐車場。
混んでますねえ。
宇和島市内に入った頃から、
雪が舞い始め、かなり降ってきました。
白い点々は、雪です。
すごく寒い。



DSCN9865川の向こうに
テントがいっぱい並んでいるのが見えます。
あそこがお祭りの会場。
かなり賑わっているようです。
DSCN9866








DSCN9868お目当ては、
なんと言ってもこれ!!
「しらうおのおどりぐい」。
これが食べてみたかったのです。





DSCN9869桶の中に、
しらうおがたくさん泳いでいます。
ちょっとわかりにくいですかね。
小さくて透明なしらうおが、網で掬われ、
大量に入れられたばかりの桶です。




DSCN9870しらうおと青のりが三杯酢の中に入っています。
元気です。勢いよく泳いでいます。
これを、このままいただいてしまいます。
周りでは
「かわいそ〜。」「かわいそ〜。」という声が
盛んに聞こえていました。


噛むと、ところてんのような食感。
眺めながら口に運ぶと「かわいそ〜。」なので
なるべく、見ないようにして、食感だけを味わいました。
最後は液体ごと飲み込みました。
あとで聞いたら、
噛まないで、ツルンと喉に流し込むものなのだそうです。
噛んじゃったよ〜。

DSCN9873宇和島水産高校の女子たちが売っていたのは
「マハタぷるるん丼」。
コラーゲンたっぷりだから
「ぷるるん」と名づけたそうです。
DSCN9872







さっそく、それをいただいたイギーは、そのあと、インタビューを受けていました。

DSCN9875
牛鬼も粉雪にさらされて寒そうでした。
いつもは、夏祭りに登場するので
こんな季節は苦手に違いない。





DSCN9877
杵と臼で餅をついていました。
今ではなかなか見られない光景です。








DSCN9878自衛隊のブース。
子供たちの撮影用に、
何種類かの小さな制服や帽子が
置いてありました。
宇和島には募集のための事務所があり、
松山に駐屯地がある、というのを
初めて知りました。
自衛隊の意義と仕事を
正しく理解していただくためにはいい機会だと思いました。
ちなみに、彼らは大砲チームだそうです。

DSCN9879河内晩柑かと思ったら
「紅まどか」という名前がついていました。
味見をしたら
ちょっと酸っぱかったのですが
1個買ってみました。




         すっぽん汁                しらうお雑炊
DSCN9881DSCN9883








DSCN9885あいにくのお天気にもかかわらず
大勢の人が詰めかけています。
雑炊を立ち食いしていた頃
ちょうど餅まきがありましたが、
参加できなかった。残念。



愛媛のキャラクター「みきゃん」。しっぽが、みかんの花だ〜〜。
DSCN9888DSCN9890








このあと、いろいろなイベントがあり、
マグロの解体ショーには心惹かれましたが、
雪がすごいし、寒すぎて、早々に退散することにしました。
宇和島市内で、今夜の夕食の材料を仕入れて、
古民家へ。DSCN9892







畑には昨日の雪がまだ残っていました。

WAKOさんが来てくれて、空の段ボール箱をたたんでくれていることろへ
従姉妹も応援にきてくれて
皆で、ウオーターベッドに水を入れる作業をしました。
ガスがまだ来ていないので、
30℃のお湯を入れるのがいいと聞いてはいましたが
外の畑の水道から直接、注入。
これでうまくいくかどうか、甚だ不安でしたが、
まあまあ膨らんで、しばらくこれで様子をみることにしました。

3時のお茶をしながら休憩していたら、外は吹雪になってきました。
早く帰らないと、積もってしまう〜。さっさと引き上げることにしました。
DSCN9893DSCN9899








DSCN9903今夜は、今年初の餃子。
合いびき肉1kg買ってきました。

寒いので、水餃子も作りました。
DSCN9904








DSCN9905デザートは、「あまおとめ」。
まだちょっと甘さが足りない。
これからがシーズンなんだそうです。
「紅まどか」も食べてみました。
これもちょっと酸っぱかったです。

遠出したサッカー小僧は間に合わず、
4人でぬくぬくした部屋でたらふく食べ、
わいわいおしゃべりしていたら
外はまた吹雪いてきて、あっというまに積もってきました。
DSCN9907帰れなくなったら困るので、
従姉妹とKOSHIさんは
大急ぎで車で帰って行きました。
お見送りに玄関へ出ると、
道路は車の轍なく、一面の銀世界でした。
明日の朝はどうなっているでしょう。
皆とすれ違いで、
サッカー小僧が徒歩でやってきました。
「疲れてるだろうし、吹雪いてきたから無理しないで。」
というメール、間に合わなかった!

ichigodaifuku35 at 23:09|この記事のURLComments(0)

2013年01月26日

一日違いで助かりました!

DSCN9839朝起きたら、真っ白。
びっくりです。
ああ、昨日でなくてよかった。
この雪の中、
荷物運びはさぞかし大変だったことでしょう。
一日違いで助かりました!


DSCN9845雪は容赦なく降り続き、
ぼたん雪となって
積もっていきます。

窓の外をじっと眺めるハニィちゃん。
何思う?

朝ごはんは、
イギーがパンケーキを焼いてくれましたが、
それを食べてまたベッドに直行。
からだがだるくて眠い眠い。
やっぱり疲れちゃったんでしょうか。
全然起きられません、外は寒いし・・・。

結局だらだらとして過ごし、新居には行かずじまい。
お昼過ぎにやんだ雪は、きれいに溶けました。
あまりにしんどいので、17時からマッサージを予約。DSCN9849
外は寒い〜。








DSCN9850マッサージの途中で
WAKOさんから電話あり、
「温泉行かない?」
夕食をすませて、
20時に迎えにきてくれました。
雲が月の影に隠れて、紫色に見えます。
幻想的だなあ。

今夜は混んでいましたけど、露天のジェットバスは誰もおらず
ぬるめのゆるめで、しばしボオ〜としていました。
首はかなり悪いです。温めないようにしないと。
右側の頭に打撲したときのような痛みがあり、
なんでだろと思ったら、ああ、思い出しました、
昨日、また頭をぶつけたのでした。
マッサージ師さんが
「それ、お祓いしてもらった方がいいんじゃないですか?」
そうでしょうか?
単なるおっちょこちょいなだけなんですよ。

ichigodaifuku35 at 23:04|この記事のURLComments(0)

2013年01月25日

お引越し その

20130125_091454午前9時過ぎに
10tトラックが到着しました。
朝から、ずっと粉雪が降っています。
寒いです。
駐車場までデミオをバックで入れるのに
キミおばさんの誘導により
やっと止めたと思ったら・・・・
家の鍵を忘れてきたことに気づきました。
「まあ、あんたはどうして、いつもそんなにおっちょこちょいなの!?」
キミおばさんは本気で怒っていました。
「大丈夫です。
こういうことが起こると予想してお隣りさんに合鍵を渡してあるんです!」
と平然としている私でした。

20130125_094806粉雪は横殴りとなり
風がビュウビュウ。
松山からの引っ越し屋さんたちは
びっくりされていました。
積もるんじゃないかと
心配なさっていたようでした。
(雪、見えます?)


20130125_104355時折、晴れ間も出たり、
とにかく動いているので汗が出て
寒さは感じませんでした。






20130125_104401通りから家までちょっとした坂になっていて
そこを2個抱えで、ダッシュ。
走らなくてもいいと言ったのですが
あれは、習慣なのかしらん。





DSCN9818従姉弟が仕事の合間に
電気工事と大工仕事をやってくれて
寝室にする和室の天井を二重に張り
(天井の板=2階の床なんです!!)
ライトも新しく交換してくれていました。
やっぱり、木の匂いっていいですね。
心が落ち着きます。




まだ部屋の手直しが完了しておらず、家具も定位置におけず、中身もばらせません。
DSCN9819DSCN9822 








あっというまに各部屋の中は段ボール箱の山となり、
11時半には終了してしまいました。
早い!!
ご苦労様でした。
イギーに頼んで、お弁当と3時のおやつまで用意していたのに
そのままお持ち帰りいただきました。

DSCN9823午後からは
ハウスクリーニングの方がいらっしゃり
バスルームをピカピカにしていただきました。

まだガスが使えず、冷たい水での作業となり、
あまりにお気の毒だったので
熱いコーヒーを淹れたはいいのですが
カップが見つけ出せず(開けた箱は大皿ばかり)、抹茶茶わんでコーヒーとなりました。

18時半ごろまでごそごそやって、お隣さんへ鍵を返しに行ったら
「あれ、帰ってしまうの?」と言われ、
そうですよね、
普通、引っ越し荷物が届いたら、その日からそこの住人ですよね。
でもまだ当分、住めそうにありません。
キッチンの壁の工事は31日から始まります。

DSCN9824だいぶ日が長くなりました。








DSCN9825疲れ果てて帰ってきたら
イギーがオムライスを作ってくれました。
ドロドロの半熟オムライスは
とってもおいしかったです。

ichigodaifuku35 at 23:47|この記事のURLComments(0)

2013年01月24日

オレンジ色の空の向こう

DSCN9669昨夜は21時過ぎにお布団の中にもぐり込んだら
夜中の3時には目が覚めてしまいました。

明け方のベランダからの眺め。
静かな夜明けです。




DSCN9672さっそくハムチーズサンドイッチを作りました。
ナイフがないのでスプーンでカット。
なきゃないで、なんとかなるもんですねえ。






DSCN9696
きょうのコースはいつもより、南寄りでした。
横浜は本牧あたりが見え、
その先に三浦半島が続いていました。
富士山も、たぶん真上あたりを通ったのでは
ないかと思われます。

一面の雲海です。


DSCN9700
小型機にしては、エンジンでかい。

人のマークにバッテンがしてあり
「エンジンが回っているときには
そばに寄るな。」と書いてあります。




DSCN9702まだ夕陽が沈むには早い時間ですが
太陽の光が海に反射して
オレンジ色に見えています。
この部分だけオレンジなんですよ。
これからの未来は明るいのかな?




20130124_165627 (1)松山空港です。
尾翼だけ見えるのはB-787です。
運航停止になって以来、
足止めをされているようです。
羽田は駐機料金が高いから、
かえって地方の方がいいかも。
ANAが17機、JALが7機、日本の空には
24機のB-787が就航してたそうです。
いったいいつになったら、結論が出るのでしょう??
その間、このB-787はずっとここにいるということになります。
もったいないから、機内見学ツアーとかやればいいのに!!

ichigodaifuku35 at 23:27|この記事のURLComments(0)

2013年01月23日

お引越し その

20130123_103829朝8時ちょっと過ぎに始まりました。
まあ、手際のいいこと!
早い早い。
あの石のように重たい本の入った箱を
2コ一緒に持ち上げて
ホイホイ運んでいきます。
すごすぎる!
10時の休憩前までに、
100コ以上あった段ボール箱が
きれいになくなってしまいました。

20130123_122556
ランチタイムに下に降りてみたら、
これまた、大きなトラック!
まだ全然いっぱいになってない。
すごいスペース。
トラックは愛媛ナンバーでした。
ドライバーさんは、宇和島の方で、
向こうからみかんを運んできたそうです。
空っぽで帰るより、
この方が無駄がなくて効率がいいですね。

あまりに荷物が多いので、全部入りきれなかったらどうしようと
ちょっと心配でした。
来月末に、また上京するので
そのときに、洗濯機と冷蔵庫は処分してもらう予定にしていましたが
これなら、問題なく詰め込めるな!
こちらで処分すると、えらく高くつくのです。
というわけで、急きょ、それらも持って帰ることにしましたが
冷蔵庫の中には、
パンとバターとハム、チーズ、冷凍ピザ、冷凍ごはんが入っています。
それらを外に出さないといけません。
これ、どうしよう。

午後は、大きな家具の梱包と食器を詰める作業が延々続きました。
ベランダでは
ノビオがのこぎりを持って、
不要品を片っ端から燃えるごみサイズにカットしています。

外は冷たい風がビュービュー吹き、だんだん日も暮れかかってきました。
ようやくすべてのものを積み終えたのがぴったり17時。
休憩も取りましたけど、まさに9時間拘束労働でした。
そのあと、片づけや、書類の作成、支払手続き等あり
みなさんがお帰りになったのは、18時を過ぎていました。
長い一日、本当にご苦労様でした。

左足の薬指は、爪の下の部分の色が変わって触れると激痛ですが
腫れもせず、骨に異常はなさそうです。よかった!
でも、バランスよく歩くことができないため、
肩が凝って、頭痛が始まりました。

DSCN9663冷凍ごはんで雑炊を作り、さっさとお風呂に入って、寝ることにしました。
ガスのエアコンはまだついたままだし、
エアマットと電気毛布があったので
がらんとした室内ではありましたが、
快適でした。DSCN9668








それにしても、家具がなくなると、こんなに広かったとは・・・。
わずかの空間の中で、きちきちと狭苦しく暮らしてきたということなんですねえ。

ichigodaifuku35 at 20:52|この記事のURLComments(0)

2013年01月22日

これで三度目!

雪にはなりませんでしたが、午前中は冷たい雨でした。
きょうは朝から、いろいろ方々が出入りして大忙しでした。
保険屋さん、ウォーターベッド屋さん、ガス屋さん、電気屋さん。

DSCN9639これ、ウォーターベッドの
解体&水抜きをしているところ。
費用は2万円です。
次に、これを組み立てて
水を注入する作業をしなければなりませんが
業者が岡山にしかなく、そこからわざわざ
来ていただけなくてはならないのですって。
で、費用が4万円プラス出張費2万2600円、
合わせて6万2600円。
高すぎませんか?
解体して組み立てるだけで、82600円もかかるなんて!
まけてくれ、と粘りましたけど、5万5000円までにしかならず、
「自分でできないものでしょうか?」と言ってみたら
「できますよ!」
「じゃあ、こちらでやりますわ。」
ということになりました。
しろうとでもできる簡単な作業がなんで4万円?

DSCN9646こちらは、ニコノスという水中カメラ。
もう何年潜ってないでしょう。
祁拭↓厳拭↓昂燭反焚修靴討い、
今は何型かも知りませんが
かなりお金をつぎ込みましたね。
ストロボも、でかい!
これ、全部お払い箱となります。
ああ〜。

で、やっと「これで3度目」というお題に入ります。
天袋にケースをしまって、椅子から降りようとしたとき、
道具箱に足が引っかかり
左足の薬指だけ内側に曲がった状態で着地してしまいました。
あまりの痛さにしばらく動けず・・・。
やばい!また、やってしまったか。

左足の小指、親指を骨折経験のある私は、この痛みがそれと同等なものかどうか
だいたいわかります。
たぶん、ヒビが入っています。
この痛さは、そうに違いありません。
どうして、こうなるの????

痛みは全然消えないのに、腫れてきません。
あれ、もしかしたら、大丈夫かも?
でも、夕方、スーパーマーケットへ出かけるために靴をはいたら、
ひええ〜、痛くて歩けない。
明日、整形外科へ行く暇があるでしょうか。

今は、色が変わって黒くなってます。単なる打撲でありますように。

ichigodaifuku35 at 23:05|この記事のURLComments(0)

2013年01月21日

また雪の予報ですかあ?

DSCN2822荷造りがひと段落したので
午後から出かけました。
あちこち用を済ませて、
CHIRIKOさんのお見舞いに向かったのは
もう夕暮れになっていました。
まだ雪がこんなに残ってる〜。

なのに、また今夜雪が降るかもしれない、ですって?
やめて〜〜〜

CHIRIKOさんはお部屋に姿が見えず
リハビリ室を覗いたら、床に寝っころがってストレッチ。
「調子はいかがですか?」と訊ねると
「いいわけないでしょ。
調子よかったら、こんなとろこでこんなことしてないわよ。」
なんだか、うれしかった!
そんな憎まれ口をたたけるなんて、お元気になられた証拠!!
いい感じじゃないですか。

お見舞いの品だけ渡して、退散しようとしたら、
「お部屋で待ってて。」と言われ、
それから40分待ちました。

もう杖もつかず、ひとりで歩けるし、
左手が少し不自由そうですけど、あとはほとんど完璧といっていいくらい
見た目は健常者と変わりません。
すごいなあ。

今回は、たねやの和菓子のほかに
「ごはんの友」をいくつか持ってきました。
その中から、「四万十川のり」の壜詰めを
さっそく、夕食のテーブルに持っていらっしゃいました。

皆でワイワイ一緒にいただくのだそうです。
お隣りに座りの方に
「ちょっとスプーン貸して。」と
四万十のりをガバッとすくって、ごはんの上に。
「ああ、高い海苔なのに、そんなに人にあげたら、すぐになくなっちゃうよ。」
とハラハラしている私の前で
もうひとさじ、ガバッ。
右隣りにも、お向かいにも、惜しげもなく差し上げているCHIRIKOさん。

そういえば、わたしが苦労して日本から持ってきた高級食材を片っ端から
ご近所の友人に分けてしまうCHIRIKOさんでした。
庭師のおじさんが
「彼女は、ほんとにすごいよね。
もったいないから、人にはあげたくない、という発想が皆無なんだよね。
こんなふうに分け隔てなく、みんなにおいしいものを配ってくれる姿を見ていたら
困ったときには助けてあげたい、
なんでもしてあげたい、という気になってくるよ。」
彼女の家にはいつも大勢の友人たちが集まってくるのでした。
彼女の人柄、育ち、ですよね。

お食事が始まったので、ここで失礼することにしました。
ちょっとさびしそうでしたが、
治療院へ行きたかったこともあり、ごめんなさいでした。

無事に治療が終わり、まだ雪は降ってきません。
お昼がサラダだけだったので、もう我慢できませんでした。
駅そばの中華料理屋さんで、もやしラーメンと、ハッカオ。
20130121_19470420130121_200254







明日朝起きたら、真っ白な世界になっていませんように。

ichigodaifuku35 at 21:54|この記事のURLComments(0)

2013年01月20日

『松田直樹メモリアル新春ドリームマッチ群馬2013≪群馬県出身Jリーガー vs Naoki Friends ≫

DSCN2587横浜駅。
新宿湘南ラインの小金井行きに乗りました。
小金井駅って、
東京の小金井市ではなく
栃木県下野市にあるのですね。
大宮で乗り換え、さらに高崎を経由して
前橋、そこからシャトルバス。

約3時間かけて、正田醤油スタジアム群馬に到着です。
DSCN2591DSCN2598








DSCN2592いいお天気
遠くに雪をいただいた山々が見えます。DSCN2593









入場者全員に配られた上毛新聞、「ありがとうマツ」。
DSCN2597
DSCN2731








DSCN2599メモリアルグッズを買いに行っている間に
選手のウォーミングアップが始まっていました。







DSCN2601前橋駅で調達した
メンチカツサンド。

マツの記念マフラー。DSCN2660









DSCN2614選手紹介。
「Naoki Friends」には
そうそうたるメンバーが揃いました。
ヒデを始め、名波浩、福西崇史、
中山雅史、久保竜彦、田中誠、
山田卓也、波戸康広、西澤昭訓、
前園真聖、三浦淳宏、遠藤彰弘、
安永聡太郎、佐藤由紀彦・・・・
元日本代表がずらり。

DSCN2602DSCN2611








DSCN2632監督は彼です!

DSCN2630








DSCN2640そういえば、
城彰二がいませんねえ。
事前の発表には
名前があったのに。





           久保                    福西
DSCN2645DSCN2650








         前園                ユキ様(ボケててすみません。)
DSCN2651DSCN2653








「松田直樹17年間お疲れさまでした」   「ありがとう」「マツ・マツ・マツ」
DSCN2654DSCN2655







「ミスターマリノス松田直樹3」「俺たちの松田直樹16年間ありがとう」「マツ・マツ・マツ」
DSCN2656DSCN2657








DSCN2658


DSCN2662選手入場です!!



DSCN2671安永の挨拶。










DSCN2676バックスタンドの一角から
「直樹コール」が響き渡りました。
告別式の、あの暑い日、
皆で声を枯らして
「な〜お〜き、な〜お〜き・・・・」
と叫んだ記憶がまざまざと蘇り、
涙、涙、涙。


DSCN2674DSCN2672







群馬出身のチームには、マチャミの姿も!(佐藤一樹は見つけられず。)

DSCN2680DSCN2678








DSCN2688ゲーム開始直後から
ずっと押していたのは、
「群馬県出身Jリーガー」チーム。
やっぱり、現役がほとんどだし、
見ていてフレッシュな感じがしました。




DSCN2691ヒデはいつもの如く
きちっとトレーニングを積んで
準備してきているなあ、と思いました。
でも、1本シュート、ふかしました!





DSCN2694監督兼GKの小島伸幸。
ちょっとナイスセーブっぽいキャッチ。
そのあと、バックスタンドから
「ノブさん、空気読んで!」
という拡声器の声が飛びました。



DSCN2700
ヒデのコーナーキック。
すごく久しぶりに見たような!






DSCN2702これ、誰でしょう?
ピッチに入ってきて走り出した姿、
ちょっと猫背で
遠藤保仁そっくりでした。
兄が弟に似てる、
というのも変ですけど。



DSCN2703何度も決定機をはずし
「ごめんなさい。」と
客席に頭を下げた直後のマチャミ。
決めろよ〜〜〜〜





DSCN2714そのあと、交代して
インタビューを受ける。
表情がTOKIOの山口くんに
似てるなあ、と思っちゃいました。





DSCN2719群馬チーム、
次々とゴールを決め、
3点も取ってしまいました。






DSCN2721「Naoki Friends」は
0点のまま、前半終了。
たぶん、ヒデはふがいない気持ちで
納得いかないと思ってると思います。
もっとよいパフォーマンスを
見せたかったにちがいない。


           名波                    田中誠
DSCN2723DSCN2724








  この2人、遠目だと、うりふたつ         遠藤兄と三浦アツ
DSCN2725DSCN2728








DSCN2729久保〜。
久保のゴール、見たかった。
ひょっとこ面、拝みたかったのになあ。






DSCN2735後半はメンバーを
かなり入れ替えて臨んだ
「Noki Friends」チーム。






DSCN2742
ベンチに座っているヒデを
至近距離でずっと撮り続けるクルー。
嫌だろうなあ。





でも、インタビューには笑顔で答えていました。
DSCN2753DSCN2754










DSCN2767
ついに、ゴン登場。会場からは大声援。
仙台でゴンゴールを見逃したので
ここでまた、決めてほしい。





DSCN2769後半に入って
福西、安永(豪快なヘディング)、
ユキ様と3ゴールを奪い、
新鋭に4点目を奪われるも
あと1点差に迫りました。
でも、もう時間がない〜。



DSCN2775ゴンは
センターラインあたりでじっと待ち、
ボールが蹴り出されると
思いっきり、オフサイドながら
ドリブルで持ち込み、
シュートを打ちました。



DSCN2779これが
まじで、
入ってしまいました!!
左下の掲示板は
45・00と表示されています。
まさに、ギリギリの劇的同点ゴールでした。
すごい!!!

ゲームの内容は、
オールドファッションド ジャパニーズティピカルスタンダードだったので
これで一気に盛り上がりました。

DSCN2784レフリーは
何度も時計を見ながら
延ばし延ばししていましたが
ついにホイッスルを吹き
4−4のまま、ゲームオーバー。




DSCN2791勝利賞は
仲良く折半ということに。
「群馬ブランド豚
クイーンポークセット」。





本日のMVPは、もちろん、ゴン。     賞品は、温泉の宿泊券でした。
DSCN2796DSCN2798








DSCN2805さらに、
市長夫人から花束贈呈。
引退のお祝いだそうです。
改めて、彼の偉大さを感じました。

マツにも盛大な引退試合をさせてあげたかった。
でも、こうやって仲間が集まってくれて
みんなでマツを偲んで
マツの死を無駄にしないよう頑張ってくれていることは
ファンのひとりとして、心からありがたいと感謝の気持ちでいっぱいです。

DSCN2812最後に
マツのおねえさんが
メッセージを読み上げられました。
命の大切さをトクトクと。

マツの死を風化させないよう
マツの死を無駄にしないよう
全国のあらゆる場所にAEDを普及させて
1人でも多くの命を救っていただきたいです。
そして、誰でもAEDが操作できるよう、広めていかないと。

DSCN2815場内一周はなしで、
これでお開きとなりました。







DSCN2817真っ先にピッチをあとにし、
もうベンチコートを脱いだ下には
茶色のセーターを着ていて
一目散に会場をあとにしようとしているのが
見え見えのヒデ。
混乱を避けるためでもあるのでしょうが
このつれない所業は、相変わらずですねえ。


DSCN2818他の選手たちはゆっくりと移動し、
手を振ったりしながら退場していきました。







DSCN2821スムーズにシャトルバスに乗れて
前橋駅まで戻ってきました。
このあと、高崎からノンストップで
横浜まで帰って来られました。
湘南新宿ライン、ほんとに便利でした。



上州の空っ風は、思ったよりきつくなく、
携帯用カイロのお世話にもならず、観戦できました。
次は、松本でやろうと考えているらしい、追悼試合。
どこででもいいです、いつまでもマツのことを忘れないでいてくれるなら!!

2013年01月19日

まだ雪の残る東京散歩!

DSCN2564有楽町駅前には
まだ雪がこんなに残っていました。
お天気はいいのですが
日陰になると、なかなか溶けないんですね。
きょうは、ここを出発点として
ぷらぷらお散歩をしました。
風がないと、とても気持ちいい〜。DSCN2567








                        あっ、デミオ発見!うん、いい色だ!!
DSCN2569DSCN2570








DSCN2571コントレイルが見えました。


DSCN2572
細いビル!









DSCN2575京橋、銀座を通って、
日比谷まで歩きました。

途中、膝がひっくりかえって
痛くてたまらなくなりました。

ほんとはこのあと、CHIRIさんのお見舞いに
リハビリ病院へ行こうと思っていたのですが
それどころではありません。

ちょっと休憩しないと、膝がかわいそう。
DSCN2576フットサルコートを眺めながら
しばし休息。
思わず注文したザッハトルテ。
あまり濃厚ではなく、あっさり味で
おいしかったです。

1時間くらいぼ〜としてました。
首は痛いし、腰は痛いし、膝は腫れてるし、
手首は曲げると痛い。動けませんでした。
帰り道にある治療院を思い出し、寄ってみることに。
DSCN2577もうすっかり夕暮れです。

治療院のエレベーターを降りたら、そこで
SHISHIさんとばったり!
そう言えば、肩が痛いとおっしゃっていました。
誰しも考えることは同じなのでした。


終わってから、甥御さんとご飯を食べるとおっしゃっていたSHISHIさんに
お誘いを受けて突撃参加。
若いのに、なかなかしっかりした青年で、好感を持ちました。
以下、本日いただいたもの:

DSCN2578DSCN2579








DSCN2580DSCN2582








DSCN2583DSCN2581










DSCN2584治療院で思いっきりツボを押してもらい
足、すっきり!
膝の水も消えたから不思議。
からだも軽くなり、
羽根が生えてしまったかのよう。
急に元気になりました。

異常な眠気と倦怠と
あとは鼻の中の粘膜が弱って苦しかったのもきれいになくなりました。

「しばらくは続けてきてください。」と言われました。
できればそうしたいです!!


*「ロスタイムに奇跡を」  小宮良之

ichigodaifuku35 at 23:12|この記事のURLComments(0)

2013年01月18日

プロ並みの腕前

DSCN2559どこかの倉庫? ではありません。
我が家の廊下です。

きょうもひたすら荷物を詰めてました。
ひとつのダンボール箱に
きれいにきっちり収まるわけがありません。
どうしても、隙間ができてしまいます。
ちょうど手の平に収まるくらいのスペース、
これをどうやって埋めるのか、
日々苦戦しています。

DSCN2561ノビオは嫌がっていましたが
ついに、お手洗いの中まで進入です。
置いておくスペースがなのです。

大きな絵画が数枚あり、そのうち3枚は、
押入れに箱を残してありましたが
あとのは、ノビオ自作。
だんだんカッターさばきも板について
引越しセンターで雇ってくれるかも、
というくらい、完璧な梱包です。

あと、これもすご腕!
不要の本棚をノコギリでカットして、
30cm以内の燃えるゴミにしてしまう!すばらしい〜。

私は、だいぶ疲れがたまってきたのか、
膝も痛いし、手首も痛いし、なかなか作業がはかどりません。

夜になって、腰まで痛くなり、しばらく横になっていました。
やっと復活して、まだごぞごぞ始めましたが、
膝はかなり水がたまっているようで、パンパンに腫れてきました。
そして、痛い。今までこんなに痛かったかなあ。

ノビオは、寒い中、外でノコギリを引いていたので、
「喉が痛い。風邪かも。」と。

こんな調子で、明後日の前橋、大丈夫かしらん。

ichigodaifuku35 at 23:55|この記事のURLComments(0)

2013年01月17日

こんなところにあった!

DSCN2552きょうも一日、ダンボール箱と一緒に過ごしました。
もう何個作ったか、アンカウンタブルです。

そんな中、見つけました!
こんなところにあったんだ〜!

ずっと探していたのです。
これは、コリンチャンスのユニフォーム。

わたしが生まれて初めてサッカー観戦をしたのは
コリンチャンス 対 パルメイラス でした。
全く何もわからないまま、日系人のおばさんに連れていってもらったのです。
このおばさんが、サッカー通というか、顔の利く方で
ゲーム終了後、ロッカールームに顔パスで入れちゃうから、すごい。

DSCN2553
フラッグにほとんど全員のサインをいただき、
(誰がだれやら、さっぱりわからず!)
ユニフォームには2人の選手から。
たぶん8番の数字の中にサインをしてくれたのが
8番の選手なんだと思います。
ダニエル、と読めます。
フラッグは、リマちゃんのご子息に進呈しました。
わたしが持っていても、猫に小判、豚に真珠ですから。

タグがついたままになっているのがすごいでしょ。
一度も袖を通していない証拠。

DSCN2554次に出てきたのは、ペルージャのユニ。
きゃあ、なつかしい〜。
わたしをサッカーの世界に引きずり込んだヒデの
セリエAデビュー当時のユニフォームです。

DSCN2555GALEXというタグがついています。
なつかしすぎる!!









20130118_003915そして、ローマ。
これは1年目のシーズンの時のものです。
2年目は襟なしでした。
買おうかどうしようか迷っているうちに
シーズンが終わってしまい、
パルマに行ってしまいました。20130118_003927













20130118_004018これがパルマです。
わたしが一番通い詰めたのがパルマでしたから、
すごく思い入れがあります。
確か、これは2シーズン目のものです。20130118_004116
10ドルくらいで叩き売りされてて、
思わず買ってしまったウインドブレーカーは
今も重宝しています。

このあと、ボローニャに移籍して、
タオルマフラーだけ買って
終わってしまいました。

すぐに、フィオレンティーナに移ってしまったのです。
ここからのユニは、ちゃんとサッカー関連ボックスに収められています。

昨年のクラブワールドカップでは、コリンチャンスが優勝しましたが
その名前の響きがとてもなつかしく
あのときのユニフォームはいったいどこへ行ってしまったのだろうと
ずっと探していたのでした。
見つかって、よかった、よかった!!

ichigodaifuku35 at 22:21|この記事のURLComments(0)