2013年08月

2013年08月31日

きょうも一日、雨もよう

IMG_1416昨夜、御夜食が届き、
とても食べられないと思っていたのですが
夜中に目が覚めて食べちゃいました。






IMG_1422それなのに、朝ごはんもしっかり!








2階からロビーと外の景色を眺めたところ。足湯が見えます。
IMG_1420IMG_1421











IMG_1423雨の中、出発。
やっぱり、雨はあがりません。
ざあざあ降りです。
明神池。





IMG_1424仙崎という港にやってきました。
仙崎と言えば、そう、金子みすゞです。
こちらは、みすゞの生家。
記念館になっています。

「金子文英堂」という看板が掲げられています。
IMG_1425








当時の様子を再現。こんな環境の中で、みすゞは育ったのですね。
IMG_1427IMG_1428








IMG_1432記念館の中。
真っ白な空間の中に小さな窓があり、
そこにみすゞ直筆の詩が
光を当てて浮かび上がっています。

IMG_1433








私のお気に入りの詩はいくつかありますが、館長さんのコメントがすごくよくて
思わずこの詩のポストカードを買ってしまいました。


     『蜂と神さま』

          蜂はお花の中に、
          お花はお庭の中に、
          お庭は土塀の中に、
          土塀は町の中に、
          町は日本の中に、
          日本は世界の中に、
          世界は神さまの中に、

          そうして、そうして、神さまは、
          小ちゃな蜂のなかに。


館長さんのコメントはこうです。
≪蜂から始まって、蜂に戻る。じつに大きな円だ。
この「円」が成り立つには、「縁」がなければならない。
この世のすべては、一つとして無縁な存在はなく、
一つとして無用な存在もない。見事なみすゞの宇宙観。≫


あの時代に、こんな小さな漁村で、こんな大きな大きなものの見方をしていた人がいたとは。
今は、彼女の詩が小学校の教科書に載っているそうな。
純真な子供たちは何を感じ取っているのか、ぜひ聞いてみたいです。


IMG_1439ランチ。
まだ雨はあがりません。







IMG_1441ブルーベリー農園にやってきました。
やっと小降りになってきたかな?

でも、これまでの大量の雨で、畑に水が!
IMG_1443







IMG_1444ここは、かろうじて大丈夫。
ブルーベリー狩りを楽しむことができました。

大粒です。あま〜い。IMG_1445









IMG_1446お土産に、
ブルーベリー餅を買ってみました。
ブルーベリー大福というのもありましたが
それは生クリームだったので
日持ちしないから諦めました。




IMG_1448別府弁天池。
名水百選のひとつ。
コバルトブルーと書いてありますが
わたしにはエメラルドグリーンに見えます。

IMG_1450モミジの巨木。
紅葉の頃は、迫力あるでしょうね。








秋吉台。イギーと行ったときは枯野でしたが、一面グリーンで、石灰岩があちこちに。
IMG_1452IMG_1454








IMG_1460わあ、セーヌ川みたい。
セーヌ川の上流はこんな感じです。
でも、これ、川じゃなくて、湖なんですって!

なんとか雨があがってくれました。
明日は晴れるかなあ。

ichigodaifuku35 at 23:03|この記事のURLComments(0)

2013年08月30日

台風に向かって進む。

IMG_1397来島海峡大橋通行中。
こちらはまだ青空が見えています。
この先、北上して、
台風が接近する山口へ向かいます。
大丈夫でしょうか?




IMG_1399だんだん雨脚がひどくなり
山々も靄がかかってきました。







IMG_1400津和野に到着(ここは島根県)。
やっぱり雨でした。
風はまだ、それほどありませんが
かなり強い雨が降っています。
これはきびしい!



IMG_1403
鯉も水が濁って、あまりはっきり見えません。
残念。






IMG_1407コバルトブルーの海にかかる橋(角島大橋)、
のはずが
こんな天気じゃ、
さすがに海は青くありませんでした。





IMG_1408さっさと温泉宿に避難。IMG_1417


 IMG_1410











窓から見た景色。
雨、あがった??



あちこちに、大がかりなお花が飾ってありました。
社長と専務の奥様方が、活けてくださっているそうです。
IMG_1411IMG_1419










IMG_1412こちらは有田焼(?)の壺。
かなりヒビが入っていて修復の跡が見られます。
年代物なのか、確認したところ、
「大したもんじゃありませんよ。」
とフロントの方はおっしゃっていましたが
畳の間に、楚々と置かれている姿は
値段はともかく、心落ち着きます。




夕食。大満足!
IMG_1413IMG_1414







IMG_1415

ichigodaifuku35 at 23:02|この記事のURLComments(0)

2013年08月29日

29(にく)の日

IMG_1383久しぶりの朝のお散歩です。
ルーちゃん、下痢もおさまり
お散歩にも積極的に参加。
首輪が
前足を通す新しいのに変わっています!




IMG_1390「お昼は三間に行こうよ。」
とイギーが言うので
やってきました、高速道路で約9km。
どんぶり館より規模の大きな「道の駅」。

明後日から「新米まつり」だそうです。
IMG_1386








おばちゃんたちの家庭の味を持ち寄った、ブッフェランチ、850円也。
IMG_1387IMG_1388








IMG_1391帰りにホームセンターに寄り、タジン鍋を購入。
タジン鍋と言えば、モロッコです。
私が生まれて初めて
日本代表のゲームを観たのが
モロッコ・カサブランカでした。
そのとき同行してくれたHONEYさんが
観光客用のきらびやかな模様のついたタジン鍋を買ったのでした。
煮炊きするにつれて、細工が剥がれ、「なんだ、こりゃあ!」になったそうです。
これは、直火・電子レンジ対応で、蓋もガラスで中が見えるし
役に立ちそう。しかも、3000円が740円でした!!!超お買い得!!!

そのあと、宇和島に用のあった私は
自分の車に乗り替えて、再度高速道路に乗りました。
「何か買ってくるものある?」
「きょうは『29(にく)の日』だから、お肉買ってきて。」
というわけで、毎月29日はお肉が全品半額のスーパーマーケットへ。

IMG_1393和牛のロース。
半額は大きいです。
野菜は冷蔵庫の中にあるもの。
得した気分だなあ。

IMG_1396

ichigodaifuku35 at 22:53|この記事のURLComments(0)

2013年08月28日

「念ずれば叶う」

20130828_130838今治まで行かなければならない用ができ
「なんで、今治くんだりまで・・・。」
とあまり気乗りしないまま
仕方なく車を飛ばして行きました。

途中、
綱敷天満神社という大きな鳥居が見えたので
帰りに寄ってみました。

せっかく今治まで来たのだから、
タオル美術館に寄って、鈍川温泉に入って帰ってやろう
と思いましたが、時間的に無理。
15時までに、松山に戻らなくてはなりませんでした。
なので、せめて、59番札所の国分寺だけでも、と考えていました。
ここもついでに見学しちゃえ!

20130828_130938参道を歩いていると
左に蔵が見えてきました。
宝物殿かなあ。






20130828_132652御本殿。

右手前に、「あ・うん」の狛犬(?)が
ひとつの柱に彫られていました。20130828_131147











20130828_131208天満宮ですから
お約束の牛さんです。
菅原道真の遺体を引いていた牛が
途中でどうしても動かなくなり
その地に天満宮を建てたのが始まり。




20130828_131234本殿の正面にも鳥居が見えました。

左手にも松林が続きます。
あとで立て看板を読むと11万㎢の敷地に、
3千本のクロマツが植えられているとありました。20130828_131343









20130828_131542さらに奥に進むと、海が見えました。
鳥居の先は、海なのです。
わ〜い、カンクーンみたいだ!






20130828_131709遠くに島が見えました。
海も穏やかで、静かできれい。

しばし眺めていると、
先ほどから、後になり先になり、
同じ方向を目指していた
車椅子を押している家族と一緒になり
その中のおひとりの女性と
どちらからともなく、会話が始まりました。

ひ孫のお嬢ちゃんは、波打ち際まで一気に走り出し
姿が見えなくなりました。
車椅子の女性は、彼女のおねえさん、
車椅子を押しているのはおにいさん、
兄弟揃って、幼い頃遊んだなつかしい海を見にいらしたとのことでした。

20130828_13221520130828_132223











80を過ぎてもまだ、ご兄弟が4人(もう一人、おねえさんがいらっしゃるそうです)。
こんなに仲よく、海を見にくることができるなんて
なんと幸せなことでしょう。

20130828_131818「あの岩のそばに鳥居があったんだけど
もうなくなっちゃってるわね。」
とおっしゃっていました。
指さす方を見ると、
小さな岩々が海から飛び出しています。

皆、連れ合いも亡くなり、
さびしくなってしまったけれど
こうやって兄弟で出かけて、おいしいものを食べ、お散歩でき
最高に幸せだと。
本当にすばらしいことですね。
「若いときは苦労したのよ。
姉もね、お姑さんやほかの家族に、ずいぶん気を使ってた。」
そうですよね、昔の方々は、相手方の家に入り
嫁として、子育てをしながら、家族の面倒を見なくてはならず
文句の一つも言える立場じゃなかったですものね。

でも今、こうやって穏やかな日々を過ごすことができて、
本当にうらやましいなあと思いました。
そして、心がなんともほんわかしてきて、私まで幸せな気分になってきたのです。
今治まで来てよかった。
こんないい人にめぐり逢うことができた。
名前も知らない、ほんのちょっと会話を交わしただけなのに
この溢れる心の温かさはなんでしょう。
ご兄弟から発せられるやさしさなのでしょうか。
すべてに感謝をし、相手を思いやることのできる方々なのですね、きっと。

20130828_132505また松の林を戻りながら、
足取り軽く。

菅原道真が大宰府に左遷され、
船で瀬戸内海を渡っていたとき
今治・桜井の沖で荒波に襲われ
志島ヶ原に無事にお着きになった。
民たちがそれを喜び、
艫綱を巻いて敷物にしてお迎えしたことから
綱敷天満宮と呼ばれるようになったそうです。
なんとも素朴で温かいエピソードですね。

20130828_132725鳩ではなく、鶯です。
これにも何かわけがあるのだと思います。








20130828_134133さて、次は、国分寺。
四国八十八箇所巡りの
第59番札所です。






20130828_13422620130828_134634








20130828_134729 (1)観光バスで回っている一団体。
全員で一斉にお経を唱えている姿は
凄みを感じました。
心を無にして、
一心に祈っていらっしゃるからでしょう。




20130828_134741この写真の右端に
壺が置いてあるのが見えますか?
からだのいろんな部位が書いてあり
その部分をさすりながら念じると、
治るらしい。
ほんとは全部触りたかったけど
さしあたって一番困っている膝を
お願いしておきました。

まだこの近くにいくつか札所があったのですが今回は一つだけ。
きっとまたチャンスがくるでしょう。
駐車場に大きな石碑があり、『念すれば叶う』と彫ってありました。

ichigodaifuku35 at 23:36|この記事のURLComments(0)

2013年08月27日

「生きとし生けるもの 幸いであれ」 

IMG_1361口がうまく閉じられないハニィ。
午前中、病院に連れていったら
おじいちゃん先生もおばあちゃん看護師さんも
気の毒そうな顔をして
「ほかにも、同じような症状の猫ちゃん、
来てます。
もうあとは、インターフェロンで
進行を遅らせるしかないですねえ。」

そうか・・・
やっぱり、猫エイズの症状のひとつだったのですね。
免疫力が低下する病気なわけだから、治ることはないということですね。
これからどうなっていくのでしょう。

IMG_13621階の床を貼りかえているので
3匹は玄関に押し込まれています。
気が付いたら
ハニィとニコがくっついて寝ていました。
猫の病気は犬にはうつらないそうなので
安心です。



IMG_1365ルーは2日前に大量に吐いて
それから、下痢が続いているそうです。
食欲もなく、ぐったり。
あまりに元気がなく、夜中に様子を見に行ったら
かなり気温が下がってきていて
ぶるぶる震えていたので
座布団のまま2階へ連れていき、3匹と一緒に寝ました。
(ルーは、しっかり大小、床にしてくれました。くさ〜。)


IMG_1366
午後から松山へ。
用が終わったらお茶しましょ、
と約束していた方が今日お誕生日だとわかり
小さなブーケを作ってもらうべく
花屋さんを探していたら
正岡子規の句碑を見つけました。

『 牛行くや 毘沙門阪の 秋の暮 』

子規が、漱石の「愚陀佛庵」にて療養中、
友人に誘われて散策したとき作った句のひとつだそうです。
この辺りは、お城の鬼門に当たり、城の鎮めとして、昔、毘沙門天を祀っていたそうな。
ゆるやかな上り坂になっているので
毘沙門阪と呼ばれているのです。

やっとお茶会が始まったのは、17時を過ぎていました。
IMG_1368IMG_1369IMG_1370





BlogPaintおいくつになられたかは聞かないで
「おめでとうございま〜す

来月は、キンキキッズの剛くんを追っかけて
東京と京都を往復するそうです。
すごいパワーですよね!




IMG_1376お盆明けに買ったフルーツです。
作事場の冷蔵庫に入れておいて
すっかり忘れていました。
左に置いたのは、米屋の水ようかん。
(大きさを比較するため)

これは、何かというと、スイカなんです。
『極甘の雫』というネーミングで
「高糖度・果肉赤・シャリ感抜群」と貼ってあります。
「お買い得品」500円。

IMG_1378カットしたらこんな感じ。
色はあまり赤くありませんでした。
でも、確かに甘い。
そして、シャリシャリ感、なるほど。
野菜のような食感でした。




IMG_1380IMG_1381IMG_1382





IMG_1379玄関の上り框で爆睡中の3匹。
ルーはやっとお散歩に出るまで
回復してきたそうです。
ハニィは、いつも口の周りが濡れているので
まめに拭いてあげないといけません。
いつまでこういう平和な日々が続くのか・・・。
「生き物なんだから!」とはノビオの弁。
それはわかっているのですが、
つらいですよねえ。

ichigodaifuku35 at 23:23|この記事のURLComments(0)

2013年08月26日

雨がやっと上がりました。

IMG_1317雨に煙るホワイトファーム。
ここでユッキーと
ランチをすることになっています。
彼女は、平塚在住ですが、お里帰り中。
お互いの実家が
車で1時間くらい離れているので
中間地点であるここで会うことになりました。


IMG_1319木のぬくもありのある
天井の高い店内です。

窓の下には、こんな風景が広がっています。IMG_1318








本日のワンプレートランチの中から選んだのはこれ。ポークカツレツ。
IMG_1320IMG_1322








IMG_1333雨が上がったので、外に出てみました。
ニセモノの牛さんに、おっかなびっくりのたっくん。

前回会ったときは
この坊やはまだおなかの中でした。
もうこんなに大きくなっちゃって!!






IMG_1334
1歳2か月のくせに
クロックスのサンダル履いてます。
ころんで尻もちついても
泣きません。
その姿を写真に撮っているユッキー。
彼女は、妊娠5か月です。
3年間の産休の間に、2人目がほしかったので
がんばったそうです。
そして、出産して3年後には職場復帰するそうな。えらい!!


IMG_1351帰りに古民家に寄りました。
ホワイトファームから10分くらい。
ついに本日、ガスが入りました。
使わなくても基本料金がかかるから
住むようになったとき連絡ください、
と言われてはや数か月。
このままでは、来年になってしまう!!
1泊でも2泊でも、
少しづつ泊まるように癖をつけなければ、と思い、ガス屋さんに来てもらいました。
(我が町には都市ガスはなく皆、プロパンガスです。)

IMG_1352お風呂は灯油でわかすタイプだったので
ガスに変えました。
寒い夜に、
灯油の入れ替え作業をするなんて
私には考えられませんでした。
これで、もういつでもお泊りできます。


さっそく今夜、3匹連れて泊まろうかと思っていたところ、
明日松山に行く用ができてしまい、断念。

IMG_1358ハニィちゃん、下あごが変なんです。
病院に連れて行きたかったのですが
トイレに外に出したら、
そのままいなくなってしまいました。





IMG_1360左側の口のあたりが切れているみたいで
よだれが垂れてきています。
毛が固まってごわごわ。
熱いタオルで拭いても取れません。
これって、猫エイズのひとつの症状なのかも。
固いものは食べなくなってしまったので、
今は缶詰だけになっています。
今夜の夕食は、太刀魚の塩焼きでした。
匂いを嗅ぎつけて、走ってやってきて、
わたしの分をほとんど食べ尽くしました。
それだけ食欲があれば大丈夫!!かな? だといいな。

ichigodaifuku35 at 23:19|この記事のURLComments(0)

2013年08月25日

参拝回数は、ご御利益に比例するか?

IMG_1304四国は大雨。
でも、松江はきょうも雨なしです。







IMG_1305八重垣神社。
ちょうど、お宮参りのご祈祷中。

これからの未来に幸あれ!IMG_1309











IMG_1308撮影禁止という文字は見られなかったので
パチリ。
ヤマタノオロチ退治で有名な
スサノオの尊と稲田姫命の
2神一緒の壁画は
神社界では日本最古のものだそうです。
意外とハイカラな御顔立ちでした。


IMG_1310少し涼しくなって
やっと念願の野菜炒めを
食べようという気になりました。
暑いときは、いくら勧められてもパスでした。
とってもおいしかったです。




IMG_1312本年5度目の出雲大社。
検定試験があったら、受かるかも。

本殿の屋根。
たたみ180畳分の大きさです。
こちらは正面より西側。
実は、ご本尊はこちらを向いていらっしゃる。
あの屋根の下の左奥だそうです。

IMG_1313松の枝の先におみくじ。
わかるかなあ。







IMG_1316神楽殿での正式参拝。
観光バスの運転手さんが
「もう何十回と来ているけれど
全然ご利益ないよ〜。」とおっしゃっていました。
身も心も清め、敬虔な気持ちで
お祈りをしてみたらいかがでしょうか?
すべてのことに感謝することから幸せ=ご縁が始まると思います。

ichigodaifuku35 at 23:06|この記事のURLComments(0)

2013年08月24日

島根は広い。

IMG_1291ニュースで「島根県に集中豪雨。
高速道路は通行止め、一般道は冠水。」

でもね、島根は東西に長いんですよ。
西半分は確かにすごかったみたいですけど
東の方は、全く問題なかったです。




BlogPaint夫婦椿。
2本の椿が地上で1本の木になっちゃった。
かなり太い椿の木です。






BlogPaint出雲大社本殿。








IMG_1296八足門。
これから先は一般の方は入れません。
それなりの手続きをしていれば
中に入ることができますが
写真撮影は禁止で
そそくさとお参りをすませたら
さっさと退出しなかればならず、
なんか慌ただしい。
中のご神体は、誰も見たことがないそうな・・・。


IMG_1299神楽殿横の池。
ほんとはもう少しきれいな色でした。







IMG_1300神楽殿の奥の屋根。
屋根と屋根の間はふさがっておらず
山の緑が見えています。
写真は色が出ず、真っ白になってしまいました。
入ってすぐ、後ろを振り返ると
ハイカラなステンドグラスがあるのですが
こちらも撮影禁止です。


IMG_1301なんだか幻想的な風景。
神の国という気がしてくるから不思議です。

ichigodaifuku35 at 23:18|この記事のURLComments(0)

2013年08月23日

お詫びのしるし 

IMG_1282袋に入った
両手にいっぱいほどのコイン。
これは、私の机の引き出しに
国ごとに封筒に入れて
長いこと眠っていたものをまとめたもの。
もう、ほとんど流通していない
コインたちです。
捨てるに捨てられず、
ずっとそのままになっていました。

これをまとめて、引き取って下さる方が現われました。
長友先生です。
今月は2回、先生の治療をドタキャンしてしまいました。
2回目は、さすがに怒られるだろうと思ったのに、
先生は至って冷静でした。

いろいろお話しをしている中で、
古い外国のコインを集めていらっしゃることを知りました。
小さな壜の中に、名も知れぬコインたちが永住の場所を見つけて寄り添っていました。
どういう経路でここまでたどり着いたのか、どういう人たちの手を渡ってきたのか
何の縁があって、この場所に収まることになったのか
考えるだけでロマンが湧くでしょ、と。
先生は、目がほとんど見えなくていらっしゃいます。
コインを指でなぞって、手の平に乗せるだけで、思いは世界を駆け巡るようです。

「先生、これ!」
ずっしり重いコインたちを渡すと、お顔がほころびました。
ユニークなもの、貴重なものは写真でも撮っておけばよかった、
とあとになって思いました。

2回分の治療費を払いますと言ったわたしに
「このコインでそれを補ったことに致しましょう。」
世間では全く役に立たないコインたちがこんなところで役に立ってくれるとは・・・。

お札もたくさんあります。
ボルネオドルとか、パキスタンルピーとか、
真っ黒でくしゃくしゃで、臭いお札や
中国兌換紙幣のように、まるで子供銀行のようなお札、
全部で何か国くらいあるのか、わかりません。
たぶんアンティークの域に達していると思われます。
ほしい方、いますかあ?

帰りに見かけた花。
IMG_1283遠くからでも
存在感抜群のオレンジ色。

黒い蝶々がヒラヒラ舞っていました。IMG_1284









IMG_1285








柿とみかん。まだ青い。そういえば、昨日からイギーは稲刈りに出ています。はやっ!
IMG_1286IMG_1287







IMG_1288穏やかな海。
こんなのんびりした自然を大切にしたい。
福島の漁村もこんな感じだったのかなあ。
汚染水が漏れ出てたニュースを見ました。
明日は我が身ですよねえ。IMG_1289


ichigodaifuku35 at 23:06|この記事のURLComments(0)

2013年08月22日

「アマンド」じゃなくて「アマンダ」

IMG_1274タッキ―と待ち合わせてランチ。
指定されたのは「アマンダ」。
六本木にあるのは「アマンド」。
たぶん、それは
アーモンドという意味だと思いますが
こちらは人の名前?
「愛される人」とか言う意味?
松山には、
スタバもドトールもサンマルクもあるので
言うなれば、松山版カフェベローチェか、エクセルシオールか、プロントか、
というところ。

午後をずっと彼女と一緒に過ごすことになったのですが
午前中、某デパートに靴を修理に出すため出向き
靴底をすべて交換してもらうための書類を待っている間
催し物についてご案内のアナウンスが耳に入ってきました。

「6階で、文化勲章受章作家『小倉遊亀展』を開催しております。」
こりゃ行かねばなるまい。

夕方、別の方から「ウイーンの森」で待ってる、とお誘いを受け
(「ウイーンの森」とは、別のデパートのティールーム)
絵を観てから向かったら、もう閉店の時間になっちゃいました。
申し訳ないことをしました。

BlogPaintこれはポスター、絵葉書にもなっている
小倉画伯の作品の中でも馴染みのある
「径」。

ご近所でお中元を届けている親子を見て
閃いた構図だそうです。


入ってすぐ左に3枚の原画があり
それぞれ100歳から103歳のときに描かれたものでした。
ものすごいパワーのある絵でした。
展覧会ではなく、展示即売会だったようで
グリーンの雲と一緒に描かれた富士山は1000万円を超える値がついていました。

その他は、すべてシルクスクリーンで、
数十万円から数百万円というお値段でした。

彼女は、ほとんど富士山を描いておらず、
「ええ、そうでしたっけ? 
大胆な構図の富士山をたくさんお描きになっているイメージありました。」
「あれは、片岡球子です。」
と言われて、後ろを振り返れば、
片岡画伯の富士山が何枚も飾ってありました。
完璧に二人の絵を混同してしまっていました。

小倉画伯は、庭に咲いている花、梅、桜、椿、牡丹、紫陽花、百日草など
身近なモチーフを丹念に描いていらっしゃいます。

そして、それらの花がすばらしい壺や花瓶や、器や深皿に飾ってあるのです。
久谷だったり、白磁だったり、はたまたデルフトだったり。
彼女は、古美術を集めるのが趣味だったのです、と係りの方が教えてくださいました。
ああ、だからなんですね。
本物より、ある意味、迫力を持って感じられるのは放たれるパワーのせいでしょうか?

IMG_1280IMG_1281







100歳を超えてなお、この色使い、大胆なタッチ、それでいて、細かい描写、
ほんのりした暖かさを感じます。

久々に、いいもの見せてもらいました。
これらの絵は、原画を縮小して版画に興していったものだそうです。
お孫さんが会社を立ち上げ、
「昨今の閉塞した状況の中、明るいものしか好まなかった小倉遊亀の作品が、
より身近になるのではないか」と版画制作を始めたそうです。

図録のごあいさつには、このようにも書いてありました。
「105歳の天寿を全うした祖母は
『なにも持たないものでも、天地の恵みはいただいている』と
繰り返し申しておりました。
『おてんとう様は暖かいし、水もおいしい』。」

それ、基本ですよね。
原点に戻って、身近なものに感謝する気持ちを持てば
もっと心豊かに暮らせるようになるのではないでしょうか。
昨日のキミおばさんに続き、日本女性の大先輩方から、
貴重なアドヴァイスをいただきました。

余談ですが、昨夜の満月は「ブルームーン」だったそうです。
今夜は、雲が多く、月の姿を拝むことはできませんでした。

ichigodaifuku35 at 23:24|この記事のURLComments(0)

2013年08月21日

キミおばんさんの教訓

IMG_1265きょうこそ、リビングルームの片づけを。
3匹連れて、朝からお出かけです。
やっとここまで
段ボール箱の数が減りました。

エアコンが一切ないので
扇風機を回しながら、作業開始。

ハニィとニコは適当にひとり遊びできますが、ルーが一番手がかかりました。
あちこちにおしっこはするし、
ハニィを追っかけて、ずっとちょっかいを出し続け、吠えては私に叱られて・・・
それでもやめようとしません。

IMG_1267ハニィは涼しい場所探しの天才です。
こんなところ?と思うのに、行ってみると、
風が吹き込んできて気持ちいい。
全く予想出来ないポジション取りです。
本棚の整理をしていたら、
キッチンで警報音が鳴りました。
ハニィがガス台に上がるのに、
スイッチを足で押したみたいです。
まだガスが入っていないので、ガスは流れてきませんが
気を付けないと!
すぐにロックをかけておきました。

IMG_1268ランチは昨夜の残りを詰めてきました。
3匹にも特別に
ミルク入りのごはんを少しだけ。
暑いので、
水分をたくさん取らないといけません。
途中、外にお散歩に出ては気分転換。
日陰だと、外の方が涼しいということを発見。
どおりで外に出たがるわけだ。
庭は、キミおばさんが除草剤を撒いてくださっているので
まだちょっと降りることができません。

IMG_1270いつのまにやら、ハニィちゃん
今度はキッチンのワゴンの中段に
身を横たえて、気持ちよさそう。
ルーはその周りをグルグル回って
(カツカツカツカツ、爪の音をさせながら)
ワンワン吠えて、
わたしに頭を叩かれていました。


IMG_1271やっとなんとか
7畳のリビングルームが
このようになりました!
時刻は17時。
大急ぎで3匹を連れて帰り、
シャワーを浴びて着替えて、
再度古民家へ。

夕方から、ある方を訪問することになっているのです。
「ある方」とは、
古民家の前に広がる畑の所有者のおにいさん。
いろいろ調べたところ、
畑の持ち主は松山のどこかの病院に入院中で
彼のおにいさんが地元の某アパートにお住まいである、
というところまでわかったのです。
そのおにいさんに弟さんの入院先を教えてもらおうと
某アパートへアポなし訪問(電話番号不明)。
アパートのオーナーからは
確かにその名前の男性がひと部屋借りているという情報を得ていました。

ひとりで突然訪問しても、怪しまれるので
キミおばさんと、
近所にお住まいのその兄弟の遠い親戚である男性にご同行願い、
3人でアパートへ行ってみました。

ところが、郵便受けはあふれかえっており、電気料金請求も3か月分溜まっていました。
(網戸にはさまっていたので、丸見えでした。)
これは、長いことお留守のままのようです。
アパートのオーナーに電話するも、ノーアンサー。
お忙しいお二人には本当に申し訳ないことをしましたが
また出直しましょう、ということになりました。

キミおばんさんを送って帰る間、いろんなお話しをしました。
「お食事がまだなら、何か食べて帰りましょうか?」とお誘いすると
「ごはんはもう食べた。いつも5時には食べ終わっている。」とのこと。
「じゃあ、お茶でもいかが?」
「わたしゃ、コーヒーは飲まん。」
「じゃあ。かき氷なんていうのは?」
「そういう冷たいものは一切口にせん。
夏の間、大きなお茶のペットボトルを買っておき
(暑いからお湯はわかさない)
それを冷蔵庫に入れずテーブルの上に置いて、喉が乾いたら、少しずつ飲む。
冷たいものをがぶ飲みしたりは絶対せん。」
えらい!
キミおばさんは86歳ですが、骨密度100%で、どこも悪いところはないそうです。
インスタントは使わず、すべて自分で出汁を取ってから料理をし
お野菜とお魚中心、肉は週に2回。
甘いものはなるべく食べない。
トマトに塩をかけて食べるのが一番いい。
スイカはトイレばっかり行きたくなるし
葡萄は糖度が高すぎる。巨峰なら3粒が限度。
朝は3時に起き、日が昇るまでに農作業を済ませ、
日中はクーラーの効いた部屋で、歌を歌ったり、お茶を飲んだりして過ごす。
夕方になると、畑の水撒き。
言われてみれば、キミおばさん、畑仕事をしているわりには日焼けしていない。
今が人生最高の時!!
年金で食べることには困らない。
みなさんの税金のおかげで食べていけるといつも感謝していて
その分、弱い人にはできる限りのことをしてあげようと
いつも考えている。
ごはん粒は一粒も残さず、きれいに食べる。お百姓さんが一生懸命作ったお米だから。
お洋服も買わない。
昔、良い生地で作ったのがたくさんあるし、まだ着れる。
体重も45圓任困辰搬侶燭変わっていないそうです。

素晴らしい生き方だと思いませんか?

私のことも常に心配してくださって、
せっかく都会から戻ってきて、きれいにリフォームしてさあ、住もうか、という段になって
目の前に、家を建てられたんじゃ、あまりに気の毒。
だから、できるだけの手助けをしてあげたい、と。

IMG_1273この写真は遅くなってから、
2階の窓から撮ったものですが
キミおばさんを送って帰る途中、
大きな月が正面に見えていました。
「きれいな満月ですね。」と言うと
「今朝、
大きな月が山の端に沈んでいくのを見たよ。
それはそれは美しく、
カメラを持っていたら、写真に収めたいくらいだった。
思わず自転車を降りて、しばらく眺めていたよ。
本当にきれいな月だった。」
それは朝の5時ごろだったそうです。
キミおばさん、きっと何かいいことありますよ!
キミおばさんの人生に幸多かれ、と願うばかりです。
そして、今までの自分を反省し、もう少し節制した生活をしないといけないなあ、
キミおばさんを見習わないといけないなあ、と感じたしだいです。

ichigodaifuku35 at 23:38|この記事のURLComments(0)

2013年08月20日

三食それぞれ!

IMG_1227まだ午前7時というのにもう太陽ガンガンです。
今朝の朝ごはんはおにぎり2個。
ちょっと巨大過ぎました。
電車で松山へ向かっているところ。

 すっかり黄金色の海です。IMG_1231









IMG_1236午前中の用を2つ済ませ、
ランチの時間までスムージーで時間つぶし。
こちらは、マンゴヨーグルトです。








IMG_1237このお店で来月、
宴会をすることになっています。
その下調べを兼ねてここで、松花堂弁当。
なかなかおいしかったです。
これで800円は安いと思います。




IMG_1238午後から、松山地方裁判所。
「伊方原発を止める会」の第3次提訴。
原告は1000名を超えました!!
すごいです。
中には、著名な作家や弁護士さんの名前も。
絶対、再稼働反対です。
これだけの極暑でも、
計画停電なぞしなくてすんでいます。
ということは原発不要ということです。

BlogPaint所内の駐車場に真っ赤な車、発見。
隣りの県のナンバーでした。
このまま走っていらしたのでしょうか?
「愛媛県民の皆様へ」
「感謝とお願い」
「今までありがとう
「伊方原発全基停止 2012.1.13 )」
「ストップ再稼働」
伊方原発が止まって、もう1年半以上経ったのですね。
今回、伊方町からも原告が出ました。すばらしい勇気に拍手!

サイドドアには、「沖縄は訴える」という大きなステッカーも貼ってありました。
何人かで集まってこ車を眺めていたら、
「所内での撮影はご遠慮ください。」と若い係り員がすっ飛んできました。
あ〜ら、ごめんなさい。

IMG_1242焼き鳥になってしまいそうな
強烈な暑さの午後でした。







IMG_1244実家に戻ってから、水汲みに。
ひとりで行くと、暗い森林の中を通り
ちょっと恐ろしかったです。IMG_1245









IMG_1246
この赤い橋が目印!これを左に曲がります。







19時を過ぎた南の空。 きょうも真っ赤な夕焼けでした。
IMG_1247IMG_1251








IMG_1256北の空はイエロー&ピンクでした。








IMG_1259イギーが新しい食器を買ってきて
それにお料理の盛り付け練習。
記念に撮っておくとこにしました。

前菜三種。
左から、紫玉ねぎのマリネ、胡麻豆腐、
セロリとオクラのバーニャカウダ。


IMG_1260すでに食べ始めてしまったかぼちゃスープ。








IMG_1261焼き茄子とエノキダケ。
ソースはちょっと不明。







IMG_1262メインはチキンのマサラ風味。
右のスペースにグラタンが乗ります。

 こちらがそれ。IMG_1263









IMG_1264デザートは葡萄と無花果。







おいしかったです!!盛り付けもよろしいのではないでしょうか。

ichigodaifuku35 at 23:00|この記事のURLComments(0)

2013年08月19日

なかなか片づけが進みません。

IMG_1206きょうは3匹を連れて
1日、古民家で過ごすつもりでした。
ところが、夕方から松山で用があるのを
ころっと忘れていて(よく思い出した!)
午前中だけの滞在となりました。IMG_1207








近所の田んぼは、すでに黄金色。稲が重たそうに頭を垂れていました。
9月に入ると、稲刈りが始まります。

IMG_1208夕食も取らず、
松山から大急ぎで帰ってきました。
茄子尽くしの食事を終えて、デザートはこちら。
甥が持ってきてくれた「霧の森大福」。
これは2004年に通信販売で全国1位になって以来、
ずっとブレイク中です。
今でも、抽選でしかお取り寄せできないそうです。




IMG_1210中に生クリームとこしあん。
大福の周りは、
新宮町特産のかぶせ抹茶が
惜しげもなくたっぷりまぶしてあります。
それほど大きくないので
簡単に3個くらいいけます。
冷凍されているので、
解凍してからいただきます。
手前に、水引を置いてみました。
これは箱の中に入っていたものです。
新宮町は、日本一の紙の生産量を誇っているそうで
「水引は、人と人とのご縁を結ぶ、と言われているので
縁起のいいものでありますから、添えてみました。」と書いてありました。
なるほど!
「伊予水引金封協同組合」さんも良い宣伝になりますね。

IMG_1219お盆が過ぎてから、
夜風がめっきり涼しくなりました。
2匹は今夜も快適な夜を過ごせそうです。






IMG_1220ハニィちゃんだけ離れて
椅子の上でおくつろぎ〜。







IMG_1222ルーちゃん、突然ベッドから這い出して、
こんな状態でバタリ。
びっくりまなこのニコ。IMG_1224











彼らを見習って、早寝早起きを実践したいと思うのですが、なかなか早く寝られません。

ichigodaifuku35 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2013年08月18日

素麺リベンジ

IMG_1183久々に家族全員が揃いました。
ランチは素麺にしよう、とすぐに意見がまとまり、
古民家そばの流しそうめんへ。

先週、姪がお友達と行って
1時間待ったけど全然列が減らず、
諦めて帰ってきた、ということだったので
きょうは、そのリベンジとなりました。
お盆明けとは言え、日曜日ですから家族連れで大混雑!!

BlogPaint
        あまごの塩焼き。焼きたてです!
        1尾250円。おいしかった〜。IMG_1175









「たらい素麺ならすぐご案内できますよ。」
IMG_1180なので、たらい素麺になりました。
全くの素朴な素麺ですが
せせらぎの音を聞きながら、
ひんやりした空気の中でいただくと
最高においしく感じられます。




BlogPaintBlogPaint







IMG_1181IMG_1184








IMG_1188満腹になったあとは源泉までお散歩です。
ゆるやかな上り坂になっていて
天然クーラーの中を歩いていくので
暑くはなかったです。
が、きつかった。






木々の間から、名水亭が見えています。
IMG_1190IMG_1189










IMG_1193
こちらが源泉。透明な水がどんどん湧き出ています。









            見ているだけで涼しくなってきませんか?
IMG_1191IMG_1202








IMG_1203源泉そばでクワガタを見つけ
今度はトンボです。
義妹が気に入ったのか
しばらく止まって離れませんでした。





BlogPaint帰りにどんぶり館へ。
かき氷組とジェラート組に分かれ
それぞれが好きなものを。
これは、マンゴとイチゴです。





BlogPaint少し休憩して、最後にお墓参り。
暑かったです!!!!!!!
先週のしきびがもう黄色く変色していました。

夕方従姉妹が顔を出してくれて
こんなに暑いと、
畑の作物が枯れてしまうと嘆いていました。
枝豆、楽しみにしてるんだよ〜。

夕食はどうしようかあれこれ頭を悩ましていたのに
皆、予定があるからと、どんどんいなくなり、わたしひとり残ってしまいました。
なんだ、それなら、わたしだって、ニンスタに行きたかったのに。

速報では、なんと3−0で北九州を破りました。横浜FCのリベンジを果してくれました。
行きたかったなあ。
そして、横浜FCもスンジンくんのゴールで1−0。京都に勝っちゃった。すごい!!

ichigodaifuku35 at 22:02|この記事のURLComments(2)

2013年08月17日

犬の目線

IMG_1153日中は猛烈な暑さで
家の中の空気は熱せられたまま動きません。
夜になると、少しひんやり。
網戸を通して吹いてくる風が
心地よく感じられます。

IMG_1155

この特等席で、
ルーは目を開けたまま横になっています。
最初は死んでるのかと心配しました。
これが彼のくつろぎ体勢らしいです。



IMG_1165ニコはまだまだ元気いっぱい。
暑さも夜風もなんのその!
ボール遊びに夢中です。

IMG_1158








IMG_1169これは月ではありません。
ルーと一緒に横になって
天井を見上げたところ。
床から近いと、風景が変わります。





IMG_1170最後はこうやって仲よくおやすみです。
日中はずっとわたしの涼しい部屋にいて
お昼寝を満喫したハニィちゃんは
夜遊びにお出かけで、不在。

きょうは一日2階の部屋を片付けていました。
荷物を減らしていかなくちゃならないのに
どんどん増えてしまって・・・。
早く古民家に移住しないとね。

ichigodaifuku35 at 23:50|この記事のURLComments(0)