2013年09月

2013年09月30日

骨には異常なし!

IMG_3182足が痛いのに、朝のお散歩。
ルーがゆっくり歩くので、
わたしにはちょうどいいペース。
雲が秋っぽくなってきましたねえ。





IMG_3184きょうは11時から、長友先生の予約を入れていました。
ちょうどよかった!

「先生、またやってしまいました。」
「今度は、どこですか?」
驚かれると思ったのに、意外とあっさり。
もう、かなりのおっちょこちょいを
見抜かれているらしい。

「これは骨は折れてませんな。大したことはありません。
とにかく、冷やしなさい。」

「膝の骨というよりは、ふくらはぎの筋肉が硬くてめちゃ痛いんですけど。」
「そうですな。
これは、筋肉の中が炎症を起こしているので、
まわりの組織が一生懸命修復しているところでなんですな。
硬いからと言って、揉んではいけませんぞ。
たぶん、これから、水が溜まったり、壊れた血液の残骸がたまって、
もっと腫れてきますな。
短期決戦ですよ。この3日間、安静にして、ずっと冷やしておくように。」
とのことでした。

IMG_3187そのあと、大急ぎで市立病院へ。
滑り込みセーフ。
一応、レントゲンくらいは撮っておかないと
心配ですから。

新しくいらした整形外科の先生は
若い女医さんでした。
歩くのがこんなにのろく、
靴を脱ぐにもえらく時間がかかり、
どれだけ痛いんだか、と察しがついてもいいようなものなのに
淡々となさってましたねえ。
「水が溜まっているようなので、抜きましょう。」
(長友先生に、水を抜くのはよくない、と言われたばかり!)

「えっ、水を抜くのは痛いので、右足が腫れたときも(今も腫れているけれど)
やめていただいんたんですよ。」とごまかそうとしたら
「水を抜かないと治りません。」
(渋々)、「じゃあ、お願いします。」
「ちょっと痛いですよ。」
だから、嫌だと言ったのに・・・・。
「ああ、やっぱりだいぶ、溜まってますね。
1週間様子を見て、またいらしてください。
大丈夫だったら、もう来なくていいですからね。」
ああ、そうですか。

まあ、骨に異常がないということがわかっただけでも、ひと安心。
でも、この痛みがきついです。
俗に言う「こむら返り」がずっと続いている状態です。
痛いのわかっていただけますかねえ。

このあと、さらに松山へ行く用があり、そのまま車を飛ばしました。
傷めたのが左足でよかったです。
アクセル、ブレーキを踏む分には全く問題ありません。
2日後に「いもたき」大会があり、参加できるのを楽しみにしていたのに、
ちょっと無理そうです。残念! 安静、安静!!
本格的に風邪も引いてしまったようです。

ichigodaifuku35 at 23:09|この記事のURLComments(0)

2013年09月29日

2日目の様子

20130929_053545朝、起きたばかりの即席ベッド。
(良い子は真似しないでください。)
「足の太いしっかりした頑丈な座卓」
であるということを確認した上での苦肉の策。
他にどうすることもできなかったことを
ご理解ください。

さて、肝腎の左足。
左右を比べて見ると、明らかに腫れています!!
と言っても、膝のあたりは、右の方がすごい。
水が溜まっては引き、溜まっては引き、を繰り返している右足は
今がちょうど水の溜まっている周期です。
(でも、不思議と痛みは感じません。左が痛すぎるから?)
膝から下は、左が全体に腫れ上がっていて、
痛みもますますひどくなっています。
歩けない!!
これはかなりやばいです!!
でも、歩くしかありません。
ゆっくりゆっくりカタツムリのような速度で左足を動かしてみると
徐々に動かせるようになりました。

何をするにも時間がかかります。
左足が一切曲げられないので、
トイレに行くのも、ストッキングを穿くのも、大変。
尾てい骨だって痛い。
右手はもうずいぶん前から痺れたまま。
寒いと思いながらエアコンを消せなかったので、風邪も引いたみたいだし、
私の体調のバロメーターである、体全体の痺れも始まりました。
これからいったいどうなるのやら・・・・。


**今まで、なんでも写真を撮りまくって、まるで子供の絵日記のようでしたが
   「写真を撮る」ということがいかにエネルギーを要する行為か、ということを
   しみじみ感じています。
   さすがの私も、こんな状態でカメラを出そうという気には、到底なれませんでした。

ichigodaifuku35 at 23:42|この記事のURLComments(0)

2013年09月28日

事の顛末

それが起こったのは午前6時20分頃。
私はJR松山駅にあるお手洗いで用を済ませ、集合場所へ向かっていました。
「あっ、バスが来てる。」
それを見て全力で走り出し、もう少しでバスに辿りつけそうな距離まで来たとき、
右足の靴のつま先が地面にひっかかり、
まるでむささびのようにからだが宙を飛び、
そのままの形で落ちました。
右肘と右手の平と、そして、左の膝を強打。
運転手さんが「大丈夫?大丈夫?」と何度も言ってくれるのですが
「大丈夫なわけないでしょ。」と思いつつ、
あまりの痛さに動くことができませんでした。
大勢の観衆(?)の目の前で、朝からやってしまいました!
痛いのと恥ずかしいのとで、どっと汗が出ました。
昨日、直しに出して戻ってきたばかりのパンツスーツの膝部分には
1円玉くらいの穴が開いていました。あ〜あ。

なんとか予定どおりにバスは出発しましたが、
痛みはおさまるどころか、だんだんひどくなり、左足は力が入らなくなりました。
もしかして、骨折?
でも、歩こうと思えば歩くことはできます。
骨折を2回経験している私は、このくらいの痛みなら、骨は折れてないと確信。
でも、ヒビは入っているかも?

バスって、乗り降りするのがめっちゃ大変なんです。1段1段が高いいんですよ。
今までなんとも思わなかったことが、こういう事態になると、
いちいち文句を言いたくなります。
お年寄りには不親切な構造だったのですねえ。
予報では曇りだったのに、突然雨が降り出し、もうワヤクチャやあ〜。

やっとの思いで温泉旅館に到着。
夕食を後回しにして、夜間救急病院へ直行しました。
担当は外科の先生で、
「僕は整形外科の専門じゃないから、わかんないよ。」
レントゲンも撮ってくれず
「まっ、歩いてるから、骨は折れてないでしょ。湿布と痛み止めの薬、出しとくから。」
「じゃあ、一番強い痛み止めください。」
「座薬になるけど、いい?」
「なんでもいいです。一番効くのをお願いします。
それと、3箇所、すりむいているので、その処置もお願いします。」
左膝と、右肘と、右手の平の3箇所は自前の絆創膏を貼っていましたが、
肉がえぐれているので、血液と分泌物とで飽和状態に達していました。
消毒もしていなかったので、飛び上がるほど痛い洗浄でした。

旅館に戻り、あまりの痛々しさに、仲居さんが2人がかりで荷物を運んでくれましたが、
こういうときに限って、エレベーターから一番遠い、奥の角部屋なのでした。
気の利く仲居さんが、「これじゃあまりに不便でしょ。」とすぐにフロントと掛け合い、
エレベーターのまん前の部屋に移動させてもらうことになりました。感謝。

大広間にぽつんと残された私のお食事を必死の思いでいただき、
やっと部屋に戻って、ああ、疲れた、と座椅子に座った瞬間、
もう二度と立ち上がれないことに気がつきました。
ちょっとでも左足を動かすと激痛が走り、どうにもこうにも力が入らないのです。
困りました!
座卓に手をかけて起き上がろうと何度もトライしましたが、全然だめでした。
もう諦めて、大の字になって、そのままウトウト。
エアコンが効きすぎて寒い、と思いながらも、どうすることもできませんでした。

そのうちにお手洗いに行きたくなりました。
どうやっても、立てません。
よっぽどホテルの人を呼ぼうかと思いましたが、
いくらなんでも、こんな姿を見られたくない。

仰向けになったまま、ホフク前進(?)するも、
尾てい骨、まだ痛いので、うまくスリスリできません。
肘も痛くて、それを使って踏ん張ることができません。
やっとの思いで、床の間の横の違い棚まで進み、
長い時間かかって、激痛に耐えながら、なんとか立ち上がりました。
トイレを済ませ、エアコンを切り、寝支度を整えましたが、
もう畳の上に座ったら最後、どうなるか知ってしまったので、
怖くて蒲団の中には入れません。
考えた末に、座卓の上に蒲団を引っ張ってきて、それをベッド代わりにして寝ました。
長さが足りず、快適とは言い難いものがありましたが、
わたしの思いつく最良の方法はそれしかありませんでした。
悪夢のような一日、終了です。

ichigodaifuku35 at 23:29|この記事のURLComments(0)

2013年09月27日

きょうは何の日?

IMG_3153夕方、やっと古民家へ。
ハニイちゃんは外出中で
姿が見えませんでした。

裏庭の隙間から、稲穂が見えました。
稲刈りはまだなのでしょうか?IMG_3151









IMG_3152お隣りは空き家ですが
キミおばさんの作った玉ねぎが
綺麗に下げられています。
だいたい、どこの家の軒先にも
こういう感じで玉ねぎが吊ってあります。




ルーちゃん、恐る恐る・・・。まだ、トントン軽快には下りられないようです。
IMG_3156
IMG_3157








IMG_3158きょうは、父の誕生日です。
生きていたら、何歳になるのかな?
小さいですが、
ケーキを買ってきてお祝いしました。

ichigodaifuku35 at 20:11|この記事のURLComments(0)

2013年09月26日

今年の夏は暑かった!!

IMG_31352階の窓からの朝の雲です。
空気が冷たく、窓を閉めました。
夜、パソコンに向かっていると異常に眠くなり、
ベッドに横になると、
夜中の2時くらいに目が覚め、
それから、
朝までいろいろ作業をやっているのですが
なかなかたまったブログを
作成するまでに至りません。
3月のミラノ、6月のコンフェデはいったいいつ出来上がるのやら?

IMG_3138朝のお散歩。
ご近所の方にも
「歳とったねえ。歩き方がおぼつかないねえ。」
と言われてしまうルー。
そんなことないよねえ。
まだまだ元気だよねえ。



IMG_3145大急ぎで朝ごはん食べてお散歩に途中参加。
この体勢でごろごろ、
道路の真ん中でやってくれるので
ハラハラします。
ここは駐車場の中なので、安心ですけど。

ハニイちゃん、体調がよくなった証拠に、
また夜遊びが始まりました。
どこに秘密のアジトがあるのやら。

IMG_3146ニコちゃん。
まだまだ若い彼女は、
いつもルーのペースに合わせて
「待て。待て。」と言われているので
リードを離すと、
思いっきり自由に歩き回ります。
でも、臆病だから、ちょっと隠れてやると
キョロキョロあたりを心配そうに探し、
姿を見つけるとダッシュして飛びついてきます。

古民家で過ごしたいのですが、パソコンが使えないので、二の足を踏みます。
御不幸が2軒続けてあり、香典を持っていかなければならないのに、
きょうもまた行けずじまい。

午後からは、松山へ。
IMG_3149信号待ちで、パチリ。

ズームアップしてみると・・・IMG_3150








原子力発電所を英語に訳すと、NUCLEAR PLANT。
 ウランやプルトニウムが核分裂反応をする際に発生する大量の熱で
 水を沸騰させ蒸気を作り、その蒸気を発電機に繋がった巨大羽根車(タービン)に 
 吹き付けて発電をおこす発電所。

原子力爆弾を英語に訳すと、NUCLEAR BOMB。
 核分裂(ウラニウム または、 プルトニウム)の核を分裂させることによって
 莫大なエネルギーが放出される核兵器。

平和利用の名のもとに、結局は、原発も「核」だということです。
日本中の原発が停止されたとき、「計画停電」とあれほど騒いでいたというのに
今年の夏は、熱中症になるから、我慢しないでエアコンをつけてください、
と言われていました。
じゃあ、原発なくてもエネルギーは足りてんじゃないの?
って思うのは私だけでしょうか?

伊方原発は耐震性を高めるため、430億円かけて補強したとニュースに出ていました。
国内で次に再稼働の可能性が一番高いのが伊方原発です。
430億円かけるなら、他のエネルギー開発に回せないものでしょうか?
何かあったら、430億円くらいの被害ではとうてい済まされないと思うのですが。
「核」は人間の力ではコントロールすることはできないのですから。

四国電力は電気料金の値上げを決めました。
東北電力は、社員に口止めをしてボーナスを支給したとか。
いったいどうなっているのかしらん。
国民は真実を知る権利がありますよねえ。


**英語の綴りが間違っていたようで失礼しました。 訂正しておきました。
  コメントを下さった方、公開してよいものかわからなかったので、そのままにしてあります。
  ご指摘、ありがとうございました。

ichigodaifuku35 at 23:26|この記事のURLComments(2)

2013年09月25日

「知る」ということ。

IMG_3119朝のお散歩。
寒くて、
ウインドブレーカーを羽織って行きました。
少し、紅葉が始まっているような気がします。





IMG_3122車を停めさせていただいている草っ原の前に
柿の木があって
いつのまにか、こんなに色づいていました。
うふふ。
秋っていいなあ。



IMG_3123
宇和島に洋服の直しを持って行き、
丸亀製麺でランチ。
昨今、日本中でおいしいさぬきうどんが
食べられるようになりました。
安くておいしい。
これは、おろし醤油に、ナス天、ちくわ天。



IMG_3133午後から、市内の某所にお邪魔し
あるミーティングをオブザーブ。
お歳寄り方の活発な討論を拝聴しました。
年金問題は、黙っているわけにはいきません。
お尻に火がついた、とおっしゃっていました。
知らず知らずのうちに、
暮らしがどんどんおびやかされているので
もっと勉強しなくては、
とご婦人も真剣なまさざしで発言されていました。
地方の財源は、お年寄りの年金に負うところが多く
これが下げられると、ますます地方が衰退の一途をたどるのは必至。
若者も他人事ではありません。

IMG_3134宇和島の夕焼け。
愛媛は社会保険料が東京より高いのに
県民の意識調査では
「自分たちは恵まれている」度数が高い
という結果が出ているそうです。
幸せを感じられるのはいいことだと思いますが、
何も知らずに手放しで喜んでばかりいては、
これから近い将来、足元をすくわれる時が来るやもしれません。
世の中の仕組みを、もう少しみんなで勉強したいですね。
消費税増税、憲法9条改正、福島原発の処理、伊方原発の再稼働、
TPP、オスプレイ、教科書歴史問題・・・・
どれも身近なことなんですよねえ。

ichigodaifuku35 at 23:27|この記事のURLComments(6)

2013年09月24日

お散歩のあとは。

IMG_3109今までは室内で暮らしていましたが
今は玄関と庭と門扉までが行動範囲なので
彼らは自由に門までは行くことができます。
朝の6時半ごろ、
決まって白い犬を連れて通る人がいます。
そのたびに、
ルーとニコは狂ったように吠えまくります。
ご近所迷惑なので
なるべくその時間帯にお散歩に連れ出し、
白い犬との接触を避けるようにしています。
家の前を通ってくれるな、とは言えませんものね。

IMG_3111お散歩から帰ったあとは
しばらく庭に留まるよう
悟られずに、遊ばせます。






IMG_3113その点、ハニイちゃんは手がかかりません。
私が留守をしている間、
イギーがまめに
ハニイのお口を拭いていてくれたせいか
よだれもあまり出てこなくなったし、
顎のあたりも、きれいになってきました。
このまま、よくなってくれたらいいですね。


IMG_3116ホテイアオイの群生の中に、
濃いピンクの花を見つけました。
ホテイアオイの花なんて、初めて見ました。
釣鐘状なんですね。IMG_3115








きょうも一日、パソコンの前に座っていました。
午後、WAKOさんとMONTEさんが、訪ねてきてくれました。
WAKOさんのおとうさんは、ショートステイで大腿部骨折し、手術のため入院。
MONTEさんのおかあさんは、からだの自由が効かなくなり、救急車で運ばれて入院。
どちらもそれほどシリアスではないようですが、高齢なだけに心配です。
WAKOさんは、段ボールに梨をたくさん持ってきてくれました!
いつもありがとう。

IMG_3118こちらは、イギーのお土産。
直島に行ったら、
めちゃくちゃ混んでいたそうです。
連休でしたからね。
白い恋人のようなラングドシャ―に
挟んであるクリームは、ビスコの味がしました。
なつかしい味でした。



一昨日の答えです。

[ずるむげ]     皮がベロンと剥けること。
[おちょっぽ]     正座のこと。
[あおにえ]     青あざのこと。
[めいぼ]      ものもらいのこと。
[のずほう]     野放図の変形?だらしないこと。

ichigodaifuku35 at 23:14|この記事のURLComments(0)

2013年09月23日

うたごえの友

IMG_2904愛媛FCと
マンダリンパイレーツ(四国アイランドリーグ)
を応援する大きな横断幕。
きょうは、この会場で、うたごえ祭典。
またまた飛び入りで歌うことになりました。
一度も練習に参加できず、
DVDを渡されましたが、見る暇なし。
午前中、地下室で音合わせ。
続いて、ステージで最初で最後のリハーサル。
こんなんで大丈夫なんでしょうか?


BlogPaint我が町からも
サークル活動をしているグループが初参加。
ギターを弾く方が知人で
彼が、「宇都宮先生もいるよ。」と
教えてくださいました。
ピアノ伴奏をしている彼、
わたしの中学・高校の同級生です。
春から、
古民家のある地区の小学校の校長先生に就任したのは知っていました。
そういえば、同じピアノ教室に通っていたし、
高校時代は、一緒にコーラス部に所属していたのでした。世間は狭い。

本格的なコーラスのほかに、趣味のサークル、障害者のグループ、
和太鼓と篠笛、マンドリン演奏、ギター演奏、はたまたフラダンスまで
いろいろな方々が日頃の練習の成果を大勢の観客の前で披露します。
BlogPaintBlogPaintIMG_2944





IMG_2946IMG_2955IMG_2958





休憩時間をはさんで、第二部の始まりは、ゲストのフラメンコ。女の子、すばらしい〜。
IMG_2965IMG_2969







会場は立ち見が出るほど大盛況で、あっというまに3時間半が過ぎました。
私はと言えば、まあなんとか無事に歌い終えることができ、ほっ。
プログラムに歌集がついていて、なつかしい歌をみんなで一緒に歌ったり
声を出すってことは、気持ちいことなんだと、改めて感じました。
地元のサークルに入れもらおうかなあ、と真剣に考え中。
いずれ、第9を歌いたいですね。

ichigodaifuku35 at 23:54|この記事のURLComments(0)

J2リーグ2013第34節・引き分けに持ち込んでほしかったなあ≪愛媛FC vs 横浜FC≫

IMG_3026IMG_3027







うたごえコンサートを終えて「瀬戸の花嫁」先輩を乗せ、
ニンジニアスタジアムへ車を走らせました。キックオフ1時間前に到着。
いつになく、混み合っています。
カズ目当ての人たちが多いのは事実でしょう。
田舎の人って、ミーハーなんですよ、ほんと。
テレビでしか見ることのない有名人なら誰でも、すごく気になるらしい。
スポーツに限らず、なんでも誰でも。

IMG_3028今日のマッチシティは八幡浜。
八幡浜ちゃんぽんには
行列ができていました。






IMG_3031さっそく、
そのちゃんぽんをいただき〜。







噴水前広場では、、高知のよさこい踊り「ほろろ」がパフォーマンス。
IMG_3033IMG_3029








20130923_182059ちゃんぽんだけでは足りません。
揚げたてアツアツのじゃこカツも。





20130923_182036


               たま媛ちゃんと、伊予柑太くん。
        東日本大震災の募金箱を抱えていたので
        コインを寄付しました。






IMG_3038横浜からわざわざ応援にいらしたサポーター。
本当にご苦労様です。
遠いところから、ようこそ!






IMG_3036おお、ナカジ復活ですね。
すごい!!
(左のピンクのビブス)

幕もちゃんと張ってある!!IMG_3048









IMG_3040バックスタンドの客席も
だいぶ改修が進んできましたが
今シーズンの完成は無理っぽいです。






IMG_3044
愛媛FC、ホームなのになんか活気ないなあ。
ひっそりしているように見えます。
遠いから、そう感じるだけかなあ。





IMG_3045
一平くんを先頭に、
みかん達がフラッグを持って現われました。






IMG_3050重松くん、きょうも先発。
積極的にいくんだよ〜。







IMG_3051選手入場。
ウォーミングアップ中に
日韓ワールドカップの時のアンセムが流れていてなつかしかったです。





IMG_3052浜ぽん発見。
八幡浜ちゃんぽんのゆるキャラです。







IMG_3058一平くん、雨にもめげず
日本中のあちこちのスタジアムに出没。
おかげで、
ちょっと色あせてきませんか?





IMG_3054IMG_3053








IMG_3061
        耳の大きい背の低いゆるきゃらは
        愛媛新聞社の「ピント」くんです。






IMG_3065重松くん、ゴール頼んだよ!








寺田のミドルシュート決まって、ゆりかごポーズ(ほとんど終わりかけ)。
IMG_3066IMG_3067








IMG_306811番はカズ。
いつも三ツ沢で見馴れているカズ。
いかに三ツ沢のピッチが近いか
非常によくわかります。
これじゃ、豆粒ですよねえ。




IMG_306910番はパトリック。
新加入の選手です。
初めて見ましたが、転び過ぎ!
からだが弱いのか、わざとなのか・・・。





IMG_3072前半終了。

ドレッシングルームへ引き上げるナカジ。IMG_3073









IMG_3075メインスタンド前中央では、
野球拳踊りの「いらだ連」の
パフォーマンスが始まりました。






IMG_3076後半より、
カズに代わって、永井登場。
髪を結んで、アン・ジョンファンみたい。
顔も似てるかも?





IMG_3081高地のCK。








IMG_3082東くん、呼ばれました。








IMG_3085横浜FCは、田原が呼ばれました。








IMG_3088ナカジがトモキチのように
袖をまくっています。
暑いんですね、こんなに涼しくなっても。






IMG_3091渡辺くん、イン。
いけ〜〜〜〜。
ゴールを狙え〜〜〜。
石丸監督、今日は選手交代、早い。
いいことだ。




IMG_3095あとで聞いたら、
シュート数は横浜FCの2倍だったそうです。
惜しいシュートもあったのですが
ネットを揺らすことができず、
0-1のままゲームオーバー。

「瀬戸の花嫁」先輩に、
「どちらを応援しているの?」と聞かれ
自分でもよくわからなくなってきていました。

トムも応援に駆け付けてくれ、
「僕が行くと負けちゃうから、もう応援に行かないことに決めました。」
と言っていたサッカー小僧も
ウィちゃんと、フェちゃんを連れてやってきて、大人数で観戦しましたが
「あれじゃ、勝てないよ。」とサッカー小僧が一言!
そうかなあ、いいとこまでいってたんだけどなあ。

IMG_3096愛媛FCのスタッフでしょうか、
カズと言葉を交わし、握手。







IMG_3098意気揚々と引き揚げてくる横浜FC。
こういう笑顔、
三ツ沢でいっぱい見たいよ〜。






IMG_3101みんなカメラを構えて、カズを待っています。
それを後ろから眺めて、
あ〜あ、
もしカズがいなかったら、
この中の何人来なかっただろう、
と思ってしまいました。


IMG_3105IMG_3103








IMG_3107深々と頭を下げる愛媛FCの選手たち。
もう今夜のことはいいから、次、
次は勝とうよ、ね!!






IMG_3108選手バスに群がるファンの方々。
ガンバの時も、すごかったです。
ミーハーでも、こうやって待っててくれるのは
やはりありがたいことですね。
みなさん、次もぜひニンスタにおいでください!
お願いします!!

ichigodaifuku35 at 23:50|この記事のURLComments(0)

2013年09月22日

誘惑の甘い罠

IMG_2899朝のお散歩。
ルーの吠える声で起こされました。
朝顔がもう夏も終わりというのに
たくさん花を咲かせていました。





IMG_2900昨日、トムたちがお彼岸のお供えに
葡萄と栗を持ってきてくれました。
さっそく、ひと房いただくことにしました。
栗は、ゆがいて半分にカットすることにしました。
これだけなら、まだよいのですが・・・。




IMG_2902さらに、「しぐれ」。
祖母の大好物だった「しぐれ」。
いろんなお店で独自の「しぐれ」を製造しており
米田のがおいしいという評判なので
高速道路を使わず、わざわざ海岸線を走って
買ってきてくれたものです。
確かに、もちもち感があり、
思ったほど甘くない。

IMG_2903こちらは「白い雷鳥」。
甥からのお土産です。
塩味のアーモンドを
ホワイトチョコでコーティング。
甘さとしょっぱさが良い塩梅です。
食べ始めると止まらなくなりそう。

仏壇には、ほかにもいろいろお供えしてあり
誘惑にかられて手を出したくなるのを必死でこらえています。

きょうは一日パソコンに向かっていました。
たまったブログを一生懸命作りましたが、まだまだです。

夕方美容院に行って、方言の話しになり、
きっとこれは、この地域だけの言葉ですよね、
と盛り上がって出てきた単語が5つあります。

意味わかりますか?

「ずるむげ」「おちょっぽ」「あおにえ」「めいぼ」「のずほう」

ichigodaifuku35 at 23:50|この記事のURLComments(2)

2013年09月21日

これで裏庭は自由自在。

朝のお散歩。 白い曼珠沙華。
IMG_2885IMG_2886








IMG_2887
朝ごはんの冷奴に、
高知でいただいた柚子酢を
使ってみました。
これをいただいたとき
「フルキ ユズコ」さんが作ったと勘違い。
「コボク ユズス」で、実生の柚子は
なかなか手に入らないものなんだそうです。
黄濁色をしていて
ちょっと不気味でしたが
柚子の香りが強烈なのに、さっぱり。
なんにでも合いそうです。


IMG_2889午後から、トム夫婦がやってきて
お墓掃除。
そうか、もうすぐお彼岸だ。
こちらは、古民家の持ち主だった
叔母夫婦のお墓から見た景色。
一生懸命、きれいにさせていただきました。



BlogPaint実家のお墓。
先日の台風で落ちたらしく
湯呑がひとつ割れていました。
それにしては落ち葉があまりなく、
お掃除は楽ちん。
ただし、蚊が多く、
義妹は刺されまくってました。


IMG_2893そのあと、古民家へ。
イギーは旅行中ですが
出かける前に
改良型階段を作っておいてくれました。
大きくて私の車には乗せられないので
トムの車で運んでもらいました。


ニコにとっては、あってもなくても関係ないらしい(ジャンプ!)。

ルーはどうかな?
IMG_2894IMG_2895








IMG_2896無事、成功。
これで、ひとり上がれなくて
「僕も上がりたいよ〜。上げてくれ〜。」
と、ワンワン吠えなくてすみそうです。





IMG_2898よかったね、ルーちゃん。
これなら
3匹で仲よくお留守番ができるかな?

ichigodaifuku35 at 22:03|この記事のURLComments(0)

2013年09月20日

大急ぎでぐるり一周 その

IMG_2649JR高知駅前です。
これからバスで、松山へ。
尾てい骨の痛みも峠を越えました。
でも、まだ椅子から立ち上がるたびに
「イタタタ、イタタタ。」
と声が出てしまいます。IMG_2650









IMG_2652松山に着いたら、もうお昼。
朝ごはんのサンドイッチを
バスの中で食べたので
あまりおなかが空いてません。
きつねうどんにしてみました。




IMG_2706JR松山駅。
4つの県の県庁所在地の中で
この駅がダントツにしょぼいです。
早く、再開発してきれいになってほしい。





IMG_2843
長いミーティングも4回こなし、
あとは打ち上げ会を待つばかり。






4日間、本当にお疲れ様!!
IMG_2872IMG_2874








IMG_2875IMG_2876










IMG_2877IMG_2878









IMG_2881IMG_2884










*「紅梅」 津村節子

ichigodaifuku35 at 23:58|この記事のURLComments(0)

2013年09月19日

大急ぎでぐるり一周 その

IMG_2380今朝は洋食にしてみました。
お上品な朝ごはんでした。







IMG_2386台風が去ってから異常にいい天気となり、
ここ高知はさすが南国、
一番陽射しがきついです。





IMG_2387
ご存知でした?「リョーマの休日」!
紋付袴を穿いて、バイクにまたがっているのは
高知県知事?高知市長だったか?







IMG_2422高知市内では
ほとんど毎日、市が立っているそうな。
きょうは、木曜市。
新鮮な野菜や果物が並んでいました。





IMG_2424高知城。
現存天守のひとつです!!







IMG_2462もうランチ。
普通のおじさんとおばさんがやっている
喫茶店みたいなところなんですけど
メニューは本格的。
これは、白身魚のムニエル、
ブルーベリーソースかけ。
おしゃれでしょ?
すべておいしかったですよ。


続いて、夕食。ちょっとしたパーティです。
IMG_2550IMG_2566








IMG_2551海鮮巻きがおいしいから食べてごらん、
と言われ、巻き寿司を一番にゲット。
あとは、御酌をして回ったり、
カメラマン係りをしたり、
ほとんど席に座る暇がありませんでした。




IMG_2641今夜は十五夜。
きれいに見えました。







で、高知初上陸がまた一人増えて、塩たたきを求め、タクシーで夜の町へ。
IMG_2645IMG_2646







だいぶ疲れが出てきたようで、注文したのはこれだけ。
あとはみなさん、ビールをグビグビでした。
私は、生グレープジュースを頼んだのに、
出てきたのは、薄いグレープフルーツジュースでひとり怒ってました。

ichigodaifuku35 at 23:16|この記事のURLComments(0)

2013年09月18日

大急ぎでぐるり一周 その

IMG_2270朝ごはん。
このホテルは、駅前にあって
1フロアに4室しかお部屋がなく、
昨夜は4階貸し切りでした。
そして、この朝ごはん。
おばさんが一人で作ってくださっています。
なかなかアットホームなホテルでした。


IMG_2271きょうもいい天気。
雲一つない青空です。
さあ、元気に頑張りましょう。






IMG_2295高松港のすぐそばに
マリーナ。
けっこうゴージャスなクルーザーが
繋がれていましたよ。





IMG_2301ランチは、ヘルシーにサラダうどん。
おいしかったけど、
なんだか物足りなかった。
やっぱり、王道の
ぶっかけか、釜玉にしておけばよかった。




あっというまに日が落ちました。
IMG_2372IMG_2374







JR高松駅前の夜景です。これから、バスで高知に向かいます。2時間かかります。
いったい、どういう四国一周なんでしょう。慌ただしすぎる。
これは旅ではありませんね。

IMG_2376高知初上陸の人がいたので
遅く着いても
おいしいものを食べさせてあげなくっちゃ。IMG_2377








      鰹の塩たたき             あおさの天ぷら  うつぼの天ぷら
IMG_2378IMG_2379








*「クライマーズハイ」 横山秀夫

ichigodaifuku35 at 23:58|この記事のURLComments(0)

2013年09月17日

大急ぎでぐるり一周 その

IMG_2096午前6時55分の電車で出発。
天気はいいのですが
空気がひんやりしていて
半袖では寒いくらい。

(←)もう稲刈りの終わった田んぼです。
まだ稲穂をつけたままの風景。( ↓ )IMG_2098









IMG_2099松山で電車を降り、
そこから高速バスに乗り換えて
3時間20分。一気に徳島まで。

空がまっ青!

私のお尻も真っ青。
よりによって、どうしてこういう長旅をする時に
尾てい骨を打ったりするのでしょうか・・・。
イギーも昨年、尾てい骨を骨折して、クッションを離せませんでした。
今回はそれを借りての旅行です。

IMG_2135パームツリーが建物に影を映しています。
まるで、
カリフォルニアにいるようです。






IMG_2260忙しい一日でした。
ランチもカメラを出すのを憚れるほど
緊張の連続。

そして、もうこれから高松に移動です。
うずしお30号。
1時間ちょっとです。
普通の人ならば1時間なんて、
全く問題ないと思いますが、わたしゃ、お尻が痛いざんす。

IMG_2261と言いつつ、
ビール飲みに付き合って
お食事に出ました。
お酒のおつまみばかり並びました。
ダイエットにちょうどいいかな。

これ、チキンが入ってました。騙された〜。


IMG_2262IMG_2263








IMG_2264IMG_2265








IMG_2266IMG_2267

ichigodaifuku35 at 23:25|この記事のURLComments(0)