2014年03月

2014年03月31日

桜の名所めぐり

IMG_3507朝風呂です。
源泉かけ流しで、加水、加熱なし。
洗い場に
じゃんじゃんお湯が流れ出ていました。IMG_3508









IMG_3510まだ誰もいなくて貸し切り。
露天風呂から見た阿蘇五岳。
大浴場が最上階に造られているので
眺め最高です!!







部屋に戻って窓を開けると、だいぶ明るくなっていました。外輪山、どこまでもまっすぐ。
IMG_3516IMG_3513








IMG_3519ロビーの様子。
何を撮ったかというと、暖炉。

昨夜聞いたところでは、朝は零下だろうと。
納得です。
火があかあかと燃えていました。IMG_3520









IMG_3522朝ごはん。
こんなに食べきれない、
と思いましたが、きれいに平らげました。
これ、食べといてよかったです。
お昼にトラブルがあり
ランチを食べ損ねました。
食べられる時に
食べておかないといけないことが
よ〜くわかりました。

IMG_3523阿蘇から1時間半で熊本市内へ。
ここは、熊本城。
2日前の雨で、桜がだいぶ散ってしまった
と言われていましたが
まだまだ大丈夫そうです。




IMG_3524いつの時代の忍者?
こういうコスチュームの人、
あちこちにいました。
案内係りの人が丸メガネで
耳にゴムで通したのをつけていたので
「昔のメガネを再現してあるのですか?」
と声をかけてみたら
「そうでござるな、
まっ、そう思っていただいて結構でござる。」と役に徹していたのには驚きました。
芸が細かい!

IMG_3525おお、
桜と熊本城の天守閣、
この季節は初めてかも!






IMG_3526また忍者、発見。
こちらはオーソドックス。







IMG_3529IMG_3531








IMG_3533IMG_3534








IMG_3536IMG_3537








確かに言われてみれば、だいぶ花びらが落ちています。絨毯になってる!
IMG_3542IMG_3545








IMG_3553飯田丸五階櫓と桜。
お堀は備前堀。







IMG_3557加藤清正公の像。
白い桜は、
千原(ちはら)桜というそうです。
ソメイヨシノより、だいぶ大きな花でした。IMG_3559










IMG_3564行幸橋を渡った左手にある
桜の馬場城彩苑の桜の小路。
観光客集めのため、いろいろ考えて
新しいなものがどんどんできています。





IMG_3569今度は北上して、福岡・柳川へ。

八重の椿。
これから運河をあの船で下ります。IMG_3567









IMG_3571岸に小屋が建っていて
中にお雛様が飾ってありました。
こちらも旧暦でお祝いするようです。
変わっているのは、吊るし雛。
小屋の左右に吊ってあるの見えるかなあ。




IMG_3570船頭さんが竿をさしながら「どんこ舟」を漕ぎ
ガイドをして下さいます。
歌までご披露いただきました。IMG_3572









IMG_3574昔ながらの魚獲りの網。
今は、観光用に飾ってあるだけだそうです。







IMG_3579今度は、東にぐるっと回り込むように
湯布院。

お天気よく、そぞろ歩きする人たちで
賑わっていました。
が、桜はもう終わりかけでした。残念。IMG_3582

ichigodaifuku35 at 23:57|この記事のURLComments(0)

2014年03月30日

桜名所めぐり

IMG_3448佐田岬半島にある三崎港。
ここからフェリーで九州に渡ります。
わずか70分で佐賀関港です。

朝は雨だったのに、良いお天気になりました。IMG_3453









大分県竹田市。岡城址の桜です。
IMG_3456IMG_3458








IMG_3465なんとかまだ見られるほど咲いていて
よかった。
お天気もよく、最高です。

IMG_3466








IMG_3468おお、戦国の武将。
よくお似合いです。












IMG_3470このあたりが本丸跡。








IMG_3471本丸の前に
滝廉太郎の像があります。
彼はこのお城に登って
イメージを膨らませて
「荒城の月」を書いたそうです。




IMG_3481大分から九州を西に横断し、熊本へ。
「一心行のしだれ桜」。
まだちょっと早かったかな?IMG_3483









IMG_3484菜の花はすごい迫力でした。








IMG_3485花より団子。
さくらソフトクリーム。
寒かったけど、おいしかったです。






IMG_3486阿蘇温泉に到着。
ここは、内牧温泉郷です。
こちらも桜がきれいです。






IMG_3490夜桜も美しい。
気温がだいぶ下がってきました。







         馬刺し                  赤牛ライスコロッケ
IMG_3493IMG_3494








         高千穂油揚げ               野菜サラダ
IMG_3495IMG_3498








     阿蘇牛100%ハンバーグ        お好み焼きではありません
IMG_3499IMG_3500








IMG_3501サービスで出して下さったデザート。
フローズン蕨餅。

ichigodaifuku35 at 22:36|この記事のURLComments(0)

2014年03月16日

ランチの前にプチ観光 

IMG_2966ハニィちゃん、
お口の傷が広がって痛々しい。
食べたいけど、食べにくそう。
イギーに聞いたら
ルーとニコと一緒にカリカリ食べてる、
とのこと。
食欲がないのじゃなければよしとしましょう。
でも、顔がつらそうに見えます。

IMG_2969外に出たがるので
庭に連れて出ました。

じっとしているだけでも、
室内より自然の空気の中にいる方が
気持ちがいいのでしょうね。



こちらからは見えるのですが、外からは見えないので、カメラ目線じゃない!
IMG_2971IMG_2972








IMG_2975
3匹揃って日向ぼっこ。
一番幸せを感じる光景です。






IMG_2980知人とランチの約束をしていて
途中でWAKOさん宅に寄ったら、
お留守でした。
このまま行くと早く着き過ぎるので
いつも通り過ぎるだけの公園で車を降りました。

「夫婦岩公園」。


IMG_2978これが、その夫婦岩。
このあたりの地名は
「夫婦岩」ではなく、「双岩」です。






IMG_2977よ〜く見ると、
しめ縄がかけてあります。







IMG_2979ものすごい勢いで水が流れています。

小さいながら、滝もありました。IMG_2981











IMG_2983案内板によると
1800年前半の「伊予古跡志」にも出てくる古い岩で
大きい方が11.5m、小さい方が9.5m。
八幡浜の沖に浮かぶ大島と
四国カルストの大野ヶ原を行き来する
龍の休憩場所だったそうです。
龍が滞在している間は、
この淵の水が濁っていると書いてあったので
きょうはいないな、とわかります。



IMG_2985反対側から見た夫婦岩。

地域の人たちが大切に守り、
定期的に清掃していると、
そこにいらしたおじさんが教えてくれました。



IMG_2986
風情のある井戸。
残念ながら、水はありませんでした。








IMG_2990このアーチ型の鉄橋の向こうに先ほどの井戸。
休憩所や、食堂みたいな建物、
トイレ、そうめん流し、ありましたが、
季節はずれなのか全部閉まっていました。

電車が走るのをしばらく待っていたのですが、
全く気配なく、車を出した直後、
1両の普通電車が通っていきました。
あと数分待てばよかった・・・。


IMG_3005まだ時間があったので
次に、ここ右、という看板を見つけて
入って行ってみました。
「梅ノ堂 三尊佛」。







狭い道に民家が密集しているところの頂上にありました!
IMG_2993IMG_3004










IMG_2996案内板によると、
平安時代、上総からやってきた
この地の荘園の荘官が寺を建て五体の像を安置。
その後、一時中絶。
江戸時代、宇和島藩に遷して、修復。
明治時代に、
五体のうち、三体だけこの梅ノ堂に帰還。
現在、他の二体は、
奈良国立博物館にあるそうです。
「平安時代の阿弥陀五尊像としては、現在唯一で、貴重である。」と結んでありました。
すごいものが安置されているらしい。
でも、扉は閉まっていました・・・・。

IMG_2994左氏珠山の名が刻まれています。
彼が尊像を移転させるのに尽力したそうです。
開明学校の前身、申義堂を創ったのも
左氏珠山です。


IMG_3003




沈丁花のいい匂いがあたりに漂っていました。



IMG_3006さあ、やっとレストランに到着。
いい時間となりました。







IMG_3007何度か訪れたことがあるイタリアン。
オーナーが代わって、シェフもメニューも一新。







IMG_3008まず出てきたのが、アミューズ。
菊芋とパルミジャーノ。
奥のグラスの茶色いのは、
菊芋の皮をカリカリに焼き
串に通してあります。




IMG_3009こちらは
一番下に天然桜鯛のお刺身。
その上にソースがかかり、
白いのはココナッツミルクを泡立てたものです。





IMG_3010生パスタ。
オマール海老のトマトソース。







IMG_3011お口直し。
フェンネル(ういきょう)のジェラート。
頂上に突き刺さっているのは
オレンジのクロカンテ。





IMG_3012メニューには「新しいティラミス」
と書いてありました。
チョコレートソースの上に
ビスコッティを砕いて配し
その上に、マスカルポーネのアイス。
これらを混ぜていただくと
なるほど、
ティラミスの味がする〜。
すごいアイディア!!

シェフは、イタリアで修行を重ねてきた方、
ソムリエも同じく海外での経験豊富な方、
どちらも愛媛県出身というのがうれしいじゃありませんか。
一度ディナーに来てみたい。

IMG_3013最後に珈琲と小さな焼き菓子。
大変満足でした。

このあと、アゴラマルシェのカフェに移動。
さらに珈琲を飲みながら、
おしゃべりは延々続いたのでした。



IMG_3014久しぶりの古民家。
ハニィは寝てるんだか、寝てないんだか。

ichigodaifuku35 at 23:16|この記事のURLComments(0)

2014年03月15日

春の花と庭とお茶

IMG_2916春ですねえ。
昨日はお天気悪かったですが
今日は寒いけど、晴れています。

左から、ふきのとう、つくし、すみれ。
春がきたなあ、と感じさせてくれる
代表格3点盛り。


IMG_2917IMG_2918IMG_2919









IMG_2920IMG_2921


(常栄寺)


IMG_2922瑠璃光寺。
やっと梅が咲き始めました。

この五重塔は
日本三大名塔のひとつです。
(あとの二つは、
奈良の法隆寺、京都の醍醐寺。)


防府天満宮。しだれ梅、満開です。
IMG_2934IMG_2933








ここには16種類、1100本の梅の木が植えられています。
IMG_2935IMG_2936IMG_2939





IMG_2940IMG_2942








IMG_2943IMG_2944








IMG_2946そのほとんどが、
還暦祝いだったり、合格祝いだったり
病気平癒だったり、
個人が自分の記念に植樹した梅のようで
それぞれに
植えた年月日と氏名、植樹記念の名目が
付いていました。


こちらは、庭園。中に入ってみると、広〜い。
IMG_2947IMG_2949







IMG_2950「暁天楼」。
勤王の志士たちが密議を交わした史跡。

その左手の「芳松庵」でお抹茶をいただけるらしい。IMG_2952









IMG_2960わあお、
案内されて入ったところは
20畳以上はあるお部屋。
左前方に、炉が切ってあります。





IMG_2957IMG_2959








IMG_2956

小さめの茶室もありました。







IMG_2954縁側のソファで
庭を眺めながら、優雅に一服。


  お菓子は「遊楽」。器は萩焼。IMG_2963








日本の春はいいなあ。

ichigodaifuku35 at 23:48|この記事のURLComments(0)

2014年03月14日

地震は大丈夫でした。

ニュースを見て、ご心配くださっている方も多いと思います。
揺れましたけど、大丈夫でした。
取り急ぎ、御報告。


*****

ベッドに入ったのが1時半を過ぎていました。
スマホの警報が鳴って、何事かと飛び起きたのと
ぐらぐらきたのが同時でした。
おお〜、地震だ〜、かなり揺れるなあ、
じきに収まって、時計を見ると
まだ2時すぎではありませんか。
ああ、びっくりした、もう起きる時間かと思った。
あと1時間40分は寝られる。
枕元にいたハニィちゃんは落ち着いたものでした。
遠くで、盛んに啼いている犬の声が聞こえましたが、
ルーとニコはうんともすんとも言わず。

目覚ましが鳴る前に起きて、
高速道路はまさか、通行止めになってないだろうなとテレビをつけたら
地震のことで大騒ぎになっていました。
震源地は伊予灘で、
震度5強が隣町2つで、震度5弱には我が町も含まれていました。
そんなにわあわあ言うほど揺れなかったけどなあ。
物も落ちなかったし、全然大したことなかったです。
高速道路は閉鎖になっておらず、よかった、よかった!

今年3度目の山口へ。
途中、雨が降ったり、雪が降ったり、あられが降ったり、ひどい天気の中、
国内だけでなく海外からも、
「地震は大丈夫だったか?」という心配・お見舞いメールが
続々届き、びっくりするやら、ありがたいやら・・・。
返信が追いつきません。
メディアの威力はすごいですねえ。そして、ラインって便利〜。 

IMG_2913きょうの一押しは、この教会。
ドイツ人の神父様によって建てられた
津和野キリスト教会です。
江戸時代、
長崎上村からキリシタン信徒を改宗させるため
153名の村人がここへ連れてこられました。
いろいろな拷問に耐え、改宗を拒み続けたそうです。
中でもむごいのは、
5歳の女の子を飢餓状態にさせ、
お菓子を見せて、
「これをあげるから、キリストさんを嫌いと言いなさい。」と迫った逸話です。
女の子は、さて、どうしたでしょう?
「天国の味は、もっとおいしい。」と答えて、
お菓子に手をつけなかったそうです。
信仰の力ってすごい!!

そして、この教会のとっても珍しいところは
この写真でわかっていただけるかなあ、畳が敷いてあるんです。
IMG_2912
いいですよねえ、
日本の文化の中に
キリスト教が違和感なく融合している感じで
ほんわかした気分になりました。





しかも、その教会は、
古い武家屋敷の中に建っているのです。
IMG_2910IMG_2911








BlogPaintもうひとつは、萩にある松陰神社。
吉田松陰を祀った神社です。
中には、松下村塾もあります。

特筆すべきは、おみくじ。
松陰先生の教訓が書かれているというのです。

さっそく引いてみました。
もらって帰ってきたのにどこかへ行ってしまいました。
見つかったら、載せましょう。

お泊りは萩の温泉で仲間とずっとおしゃべりをしていて
部屋に帰ったら、温泉にも入らず、ころっと寝てしまいました。

*津和野は島根県、萩は山口県です*

ichigodaifuku35 at 22:38|この記事のURLComments(1)

2014年03月13日

こういう日もあるさ!

IMG_2901ハニィちゃん、体調悪そう。
ほとんどごはんを食べません。
洗濯物かごの中で、
クウクウ寝てばかり。

午前中は大雨でしたが、
晴れてきたので、
お刺身を買いに走りました。
それにも興味を示さず。
いよいよ、死期を悟って本能が絶食を指示してしるのか。
口元の傷もだんだん広がってきて
食べるのが苦痛なのかもしれません。

IMG_2903いろいろ考えて、
「魅惑のチーズ」と「かつおのおとど」
というキャットフードを試しに与えてみました。
人間の食べるチーズは喜んで食べたのに
猫用のチーズは、プイと顔を横に向けて、無視。
「魅惑」のはずなのに・・・・。


「かつおのおとど」は、サカナの形をしたかまぼこのようなもの。
こちらには、食いつきました。
薬を埋め込んでやろうと思いましたが、
硬すぎて、うまく押し込めませんでした。

これを食べるということは、好き嫌いの問題であって、
別に食欲がないわけではなさそう。
それだけが、不幸中の幸い。

午後一番で動物病院に行ったら、
いつもはガラガラなのに、犬が1匹待っていました。
10分たっても呼ばれません。
看護師さんが出ていらして、「今、手術中なので、まだしばらくかかります。」
こういうときに限って、なぜ?
私は16時までに松山へ行く用があるのです。
またイギーに頼んで、出直してくることにしました。
(だったら、午前中に病院へ連れて行っとけ、ですよね。)

ハニィをうちに連れて帰ると
ニコが茶色いタヌキみたいになっています。
ああ、こいつ、また池に落ちたな?
寒い中、このままでは風邪をひいてしまいます。
もう、もう、もう〜。
バスタオルで拭いても拭いても、まだからだが冷たい。
こういうときに限って、
どうして池に落ちるの?

松山での用事も、
本当なら昨日まとめて済ませられるところを
手帳に矢印がしてあり、きょうも松山に来ることになっていたので
「明日、また来ます。」と言って、
忙しそうだったので自ら延期を名乗り出てしまったのでした。
でも、それは別のことを現わす矢印で、きょうは行く必要がなかったでした。
無駄なことを!

大急ぎで帰ってきて、
いろいろ口に持って行きましたが、
結局食べたのは、「かつおのおとど」だけでした。
困ったな。
これじゃ、薬は全然飲めません。
明日から1泊2日の旅に出るので、ますます服用が遠のきます。
ハニィちゃんの心臓、大丈夫か。

ichigodaifuku35 at 23:52|この記事のURLComments(0)

2014年03月12日

あるじなくても、春は来るのだ。

IMG_2891昨日の友たちが、昼過ぎに寄ってくれました。
中国茶をご馳走したあと、
近所の古い町並みを見学に出かけました。

この梅の古木は、
同級生の家の前にありました。
彼は昨年、
仕事を終えて、自宅に戻り、
玄関の前で倒れて亡くなりました。

『東風吹かば 匂ひおこせよ梅の花  あるじなしとて  春な忘れそ』   
                                     まさに、これですね!

IMG_2894昨日も訪れた日本酒のお店。
いろいろ説明くださって
親切にしていただけるので
観光客に人気です。IMG_2892









IMG_2893春うらら。
中町も静かながら、明るく感じます。







IMG_2895こんな立派な飾りの付いた玄関。
「貸し家」の貼り紙が。
うう〜、これを借りるには、
かなりの手直しが必要かも。
若い方々に挑戦していただきたい。




IMG_2896先哲記念館のしだれ梅。
この界隈には、しだれ梅をよく見かけます。







IMG_2897LINKOさんが叫びました。
「おお、黒文字!」
じゃない、
なんだっけ、度忘れしました。
立派に成長し、赤い花をたくさん咲かせています。
こちらは母の俳句友だちのお宅ですが
もうお亡くなりになり、
どなたも住んでいらっしゃいません。
「あるじなしとて・・・・」ですね。IMG_2898











IMG_2899皆さんをお送りして
さあ、ハニィちゃんを病院に連れて行こうとしたら
鉢の中に入っておやすみ。
あまりに気持ちよさそうだったので
しばらくそのままにしておくことにして
病院はイギーに頼み、
わたしは松山へ出かけました。
すっかり帰りが遅くなり、外は大雨となりました。
ハニィちゃん、きょうは食欲がないのが気にかかります。
薬はとろけるチーズに包み込み、完全密封して出すと
面白いように食べてくれて、大正解!
と喜んでいましたが、3日めともなると、どうも策略を感じてきたらしく、
薬の包んであるチーズは見てもふん、と横を向いて無視されるようになりました。
せっかくいい方法が見つかって、注射も1本になり、
体重も2.9kgまで増えてきたというのに、困りました・・・・。
もしかしたら、人間用のチーズは、猫にはよくないのかもしれません。
ハニィちゃんはそれを感じて、口にしなくなったのかなあ。
チーズがだめか、薬を飲まないのがよくないか、微妙なところです。
また別の方法を考えることにしましょう。

ichigodaifuku35 at 23:07|この記事のURLComments(0)

2014年03月11日

友、遠方よりきたる。

IMG_2812きょうも日中はポカポカ、春の陽気でした。
昨夜から、
ずっと外に出たがっていたハニィちゃん。
明るくなって、気温があがり
暖かくなるのを待って
足に包帯を巻いてから
庭に出ることを許されました。IMG_2816









IMG_2818ハニィにご挨拶するニコ。








IMG_282110分もたたないうちに、場所を変えて、
おとなしく座っているな、と思ったら・・・・。







IMG_2822池の隅に、
白いものが浮いています。
なんだろう・・・・・→ 包帯の残骸でした。
もう取れてしまったか!





IMG_2823ルーちゃんは
ほんとに写真写りがいい。
男前です。

猫みたいに頭をかく仕草をするニコ。IMG_2834









IMG_2843平和です。








IMG_2849ハニィちゃんの口元の傷。
黒く固まっているので
まもなく、かさぶたのように取れて
きれいになると期待しています。




左の写真が、右後ろ足の裏。 右は、足の甲。こんなになってしまっています。
IMG_2845IMG_2851







時々、擂れて出血しているのですが、
「血が出るということは、血が通っているということですから。」
と先生がおっしゃっていました。
なるほど、組織がまだ生きているということですね。

IMG_2852午後、LINKOさんを迎えに行き、
近所の造り酒屋さんへ。
ここで、新築祝いの吟醸酒を買って、宇和島へ。

LINKOさんの友人が宇和島に家を建て、
それを拝見がてら
横浜と岡山から
我ら共通の友人がやってくることになり、
皆で集まる話しがまとまりました。

IMG_2865津波対策のため、
少し坂を上ったところにある、瀟洒な住宅街に
斬新な屋根のおうちがありました。






IMG_2864門は、わざと錆のあるアンティーク風。
こういうの、イギーが好きそうです。







IMG_2858玄関。
ドアがガラス張りのため、すごく明るい。







IMG_2859リビングルーム。
ゆったり寛げそうな空間。







IMG_2861ダイニングルームのボード。
イギリス製だそうです。


水回りはは省略しますが、
古いドア、タイルなど、
イギー好みのインテリアでした。


IMG_2855こちらは2階。
ここも明かり取りの窓がうまく配置され、
落ち着いた雰囲気です。IMG_2856










IMG_2860皆でお茶しながら、楽しいおしゃべりタイム。
話しは尽きません。







IMG_2866夕食までにまだ時間があったので、
宇和島城へ登ってみることにしました。
これが入り口。






IMG_2868石段も、あたりに繁っている植物も
当時のまんまだそうです。すごい!!







先ごろの大雨で(いったい、いつだろう?)
大きな土砂崩れがあり、まだ修復されていないので、臨時の階段が作られていました。
IMG_2869IMG_2870








IMG_2874おお〜、
薄紅寒桜が満開です。
久しぶりの宇和島城。

IMG_2876







保育園の卒園記念で、ここに来たなあ。
白いニット帽をかぶって撮った写真が残っています。

最後に来たのは、高校卒業の春だったかなあ。
ずいぶん、ご無沙汰していたことになります。

IMG_2875IMG_2877








IMG_2878全く大したことない、
小さな天守閣が残っているだけですが
ここ宇和島城は
国内に12しか残っていない、
現存天守のひとつです。




こちらは、木屋旅館。古い建物を改築して、新しくオープンした話題の旅館です。
IMG_2879IMG_2880








IMG_2881やっと、夕食の時間となりました。








IMG_2882地元の新鮮な食材を使ったお料理が並びます。








IMG_2883こちらで「せい」と呼ばれる、なんだろ、
たぶん、岩にくっついている生き物?

別名、「亀の手」。まさに、名のとおり。IMG_2885









IMG_2884「はしりんどう」という貝。








IMG_2886さざえ。








IMG_2887お刺身盛り合わせ。
右下の光りものは、ほうたれ。







IMG_2888揚げたてのさつま揚げ。絶品です。








IMG_2889御荘牡蠣。








IMG_2890鯛めし。
松山の鯛めしは、
鯛を丸ごと入れて炊いたごはん。
宇和島の鯛めしは、
鯛のお刺身とたれと生卵を混ぜて
暖かいごはんにかけたもの。
県知事いわく
『究極のたまごかけごはん』。
なるほど、うまいこと言うなあ。

みんなを送って、彼らはそのままお泊り。
たぶん、遅くまでお酒を飲みながら、おしゃべりが続いたことでしょう。
私は大急ぎで帰りましたが
ハニィちゃんの病院に間に合いませんでした。

今日は3.11。あれから3年。
復興は進んでいるのでしょうか。放射能対策は?汚染水は?原発問題は?
問題は山積みです。

ichigodaifuku35 at 23:01|この記事のURLComments(0)

2014年03月10日

晴天なれど、気温低し。

IMG_2786土曜日に寄ってくれたトムが
「形はわるいけど、食べられるよ。」
と、いただきもののデコポンを
1箱置いていってくれました。
コブの部分が少々黒ずんではいますが
とっても甘くておいしいデコポンです。




IMG_2792一昨日から、イギーが「炙り竹展」を始めています。
お店のプレ・オープンということで、
竹を展示して、皆様に観ていただき、
中国茶をふるまうという、ゆるい企画です。
きょうは出かける予定もなく、
やっとゆっくり鑑賞できました。





IMG_2793IMG_2795








IMG_2805IMG_2806








IMG_2807IMG_2808








IMG_2804キヨ先輩が、ご両親の介護認定の件で帰省され
夕方、寄ってくださいました。
これからは、月に1回は帰省して、
ご両親のお世話をなさるそうです。
えらいなあ。

今月末、中学卒業以来初めて会う同級生5人と千葉で会うことになった
とうれしそうにおっしゃっていました。
彼は、毎年、フィリピン・ボホール島でボランティア活動を主催されており
それに参加された女性のひとりのおかあさんが
中学時代の同級生だった、というのが集まる発端になったそうです。
世の中、狭いですよねえ。

IMG_2798青大豆の黄な粉。
黄緑色をしています。
土曜日にやっと手に入れました。
さっそく、あべかわ餅を作りました。IMG_2799








ハニィちゃんは、薬も飲み、順調できょうから注射が1本になりました。
お口の周りがちょっと切れていて、傷になっているのがあり
そこが気がかりですが、食欲もあるので、大丈夫。

IMG_2811この2匹は元気いっぱい。
ルーはほとんど目が見えていないようで、
足を踏み外し、溝に落ちそうになったり、
躓いてカクッとなったり、
下を向いてクンクンしていて、
ニコにぶつかったり、
まるでマンガを見ているようで、面白い。
いつか突然、
歩けなくなってしまう日が来るとは、とても想像できません。

IMG_2809昨夜は、ひどい嵐でしたが、
今朝は朝から良いお天気でした。
でも、風が冷たく、
気温はかなり低そうで、寒い一日でした。
神社の梅、満開です。

ichigodaifuku35 at 23:26|この記事のURLComments(0)

2014年03月09日

朝のウォーキング

IMG_27078時のJRに乗りました。
駅の貼り紙を見たら、
ホビートレインの通過時刻は
17:01が二本線で消してあって
30分以上遅れた数字が書いてありました。
やっぱり、遅れたんだ。
次は14日だそうですが、
私はその日はいません。残念。
でも、ホビートレインは土讃線を走るのだから
土讃線に乗ればいいんだ!

IMG_2716LINKOさんといつも、
ここはセーヌ川みたいだね、
と言っている石手川。
水はほとんどありませんが
市民の憩いの場所。




IMG_2717犬の散歩や(すぐ奥にドッグランがありました)、
ジョギングをする人たちがたくさん。
膝のためにも歩くことはいいことかも。
がんばって、1時間歩きました。

ichigodaifuku35 at 23:55|この記事のURLComments(0)

J2リーグ2014第2節・う〜ん、どうした、勝てないか?!≪愛媛FC vs 水戸ホーリーホック≫

市駅でニンスタ行きの臨時バスを待っているとき
コートの下からオレンジ色のユニフォームが見えていて
ああ、この方も愛媛FCのサポーターなんだなあ、
と思い、お声をかけたのが始まりでした。

バスの中でもずっとお話しをさせていただき、
すごいパワーのある、普通のおばさまとはちょっと違う
開けたものの見方をするご婦人だということがわかりました。

IMG_2723風は冷たいのですが、いいお天気で、
ニンスタ広場も
大勢の人で賑わっています。






IMG_2724私はデパートの地下で調達した
その名も「味噌カツ弁当」。
縁起を担ぎました。

マリアおばさん(と呼ばせていただきます)は
朝は10時頃起きて、
ブラックコーヒーを飲み、
ここではいつも、ピザを注文するそうです。
ハイカラですよねえ。

BlogPaintあっ、伊予柑太くんと久しぶりのキン太だ。
あれっ?
このサッカー頭はだれ??

   愛媛サッカー協会の新しいマスコット、
           ひめ太くんですって!!IMG_2735









IMG_2729「祝バックスタンド完成もちまき」。
挨拶しているのは
前節、イエローカード2枚で退場となり
今節、出場停止中の林堂選手。
もうひとりは、曳地選手。




IMG_2737一緒に撒いているのは
松山観光大使「坊ちゃん」と「マドンナ」。

柑太くんとキン太くんも参加したそうですが
この2回めのもちまきは、小学生対象。
大人はだめだよ〜。

このあと、紙ヒコーキ飛ばし大会もあり。
有名な先生がご指導されていました。

BlogPaintおっ、
一平くん、今度は刀を持って登場。
わたしが持っているポストカードはネギ。
ネギはにせもので、刀が本来の姿。








IMG_2741
お弁当がちょっと辛かったので
寒かったけど
いちごのタピオカ入りスムージー。
おいしかった。
どうしよう、毎回ほしくなってしまうかも。



IMG_2742選手のウォーミングアップが始まった
というアナウンスが聞こえ、
ちょっと焦って、バックスタンドへ移動。
今季の招待券は、バックスタンド。
メインスタンドのアウェイ側が
工事に入るからだそうです。
おお〜、立派なバックスタンドができてる。
すご〜〜い!!


IMG_2743マリアおばさんに付いて行ったら、
出たところはゴール裏でした。
ええ????
ちょっとびっくり。
いつも、ここで応援なさっているらしい。
いやあ、参ったなあ。
マリアおばさんは、ゴール裏のみなさんの
ほとんどの方々と顔見知りのようで
いろいろな人に声をかけられ、大切にされているのがわかります。
数年前から、甥御さんの影響で通うようになったとか。
選手のこともよく御存知でした。

IMG_2756IMG_2759







ゴール裏では、皆ユニフォームを着て、立ったままです。
たくさんの小旗、大旗が用意されており、
ひとり1本持ってくださ〜い、という声が聞こえてきました。
そして、チャント集のペーパーもいただきました。
マリアおばさんは、
軽く飛びあがり、振りも歌も控えめではありますが、すべて暗記されているようです。
周りを見ると、小さなお子さん連れが多いのに驚きました。
小学生の男の子、女の子はもちろん、おとうさんに抱っこされたユニフォーム姿の
幼児もたくさん見かけました。
メインスタンドでは見られない光景です。
地域密着が少しずつ進んでいるなあ、と感じました。いいことだ!

私は朝のお散歩があったし、防寒対策を第一に考え、
真っ黒なコートに真っ黒なズボン、真っ黒の手袋、
オレンジ色は一切なく、ちょっと場違いのようでしたが、
みなさん、暖かく迎えてくださいました。
タオルマフラーくらいは持ってくるできでした。

IMG_2750愛媛にも専属のチアガール隊ができた(?)。
一生懸命ポンポンを振る姿が
ほほえましかったです。
応援、頼みましたぞ!





IMG_2760マリアおばさんは、
「今年は誰が活躍しそう?」
とおっしゃったので
「18番 西田剛。」と答えておきました。
マリアおばさんに挨拶に来た大学生も
同じ質問をされ
「西田です。」と返答。
うれしかったなあ。


いよいよ、ホーム開幕戦です。
IMG_2753IMG_2754IMG_2755





IMG_2762ビッグフラッグが
ゴール裏を駆け下りました。
風が強くて、
押さえるのにものすごい力が
必要でした。

正面の大型スクリーンで、その全貌を見ることができました。IMG_2764









IMG_2744中村県知事が挨拶に立ち、
「バックススタンドが改修され立派になったので
あとは、このスタンドを満員にすることと、
愛媛FCの勝利です。」
ここまではよかった、おっしゃるとおり!!
最後の一言が余計でした。
相手チームに敬意を表して、ようこそ、
と言いたいのはわかりますが、
だったら、名前を間違っちゃいかんだろ、
『水戸ホーリーホックス』だって!野球じゃないんだから・・・。
それにしても、少ない。ガラガラです(入場者数は5000人弱でした)。

IMG_2768芝も張り替え、
きれいなピッチに生まれ変わっています。
さあ、この新しいニンジニアスタジアムで、
勝利を勝ち取ろう。
皆で、喜び合おう。




IMG_2770攻めてはいるんですよ、先週と同じように。
惜しいシュートもあったんですよ。
「西田〜、いい男だ〜。
ゴール決めたら、もっといい男だ〜。」
という声が聞こえてきました。
期待されているんだなあ、
もう気分はすっかり母です。




一平くんもじっと戦況を見つめています。



IMG_2776後半、
一発のカウンターから失点。
直後にオウンゴール献上。
ホームでの勝利はなりませんでした。IMG_2777









IMG_2778西田くんをはじめ、
皆厳しい表情でした。

ゴールを期待されている
プレッシャーに負けないで。
焦らず落ち着いて、自分のプレイを
続けてくださいね。


IMG_2779深々と頭を下げて
そのまましばらくじっとしていた姿が
印象的でした。






IMG_2780「次、次、がんばろう。
切り替え、切り替え〜〜〜〜〜。」

       「えひ〜めエフシ〜〜♪」IMG_2781









ゴール裏で観戦した感想は・・・。
あっというまの90分。
前半は風が強くて寒かったけど、後半はだいぶ楽でした。
立っているのはそれほど苦痛ではありませんでしたけど、
マリアおばんさんが
私が楽しんでいるかどうか気にかかっている様子だったので
なるべく、一緒に歌を歌い、こぶしをあげ、お付き合いしたつもり。
でも気がついてみると、
最後は必死で声を出していました。
後ろの男の子が
「パスの精度、悪すぎ!」「なんで、打たないんだよ!」
と叫んでいるのを聞き、
思わず振り返って、「そのとおり。いいこと言うねえ。」

毎年、開幕ダッシュで、今年こそいけるかも、と期待させられ、
途中で沈んでしまうのが常でしたが、
今年は最初つまずき、徐々にあがっていけばいい、
と楽観視する人もいました(私も含め)。
そうでありますように!


*「舞え舞え蝸牛(新・落窪物語)」 田辺聖子

ichigodaifuku35 at 21:39|この記事のURLComments(0)Jリーグ | 愛媛FC

2014年03月06日

幸せを感じること。

1階のソファベッドの上で、
スヤスヤとお休みのチリコさんの顔を眺めながら
KAZさんにいろんな話しをうかがいました。

チリコさんは皆が驚くほど
見た目はほぼ健常者と変わらないほどに回復されています。
左半身の麻痺は若干残り、
大事をとって杖をつきながらゆっくりの歩行とはなりますが、
驚異の復活力にただただ脱帽するばかり。

でも、はやり、精神的にはダメージが大きいようで
周りから見ると、「わがまま」になってしまったと見えることもあるそうです。

ご本人が一番つらいだろうと察します。
思うように動かない身体、皆に迷惑をかけるという申し訳なさ、
この先どうなるのだろうという不安、いろいろなことがごっちゃになって
いつも明るく元気で、パワーに満ち溢れていたチリコさんが
すぐに涙をこぼして、泣いてしまう・・・と聞いて、信じらませんでした。

毎朝、KAZさんは、紅茶を入れ、パンを焼き、、目玉焼きを作って、
チリコさんのお世話をされているそうです。
これまた、信じられない光景です。
「ぼく、食べる人」から「ぼく、作る人」に変身されたわけですから。
とは言うものの、お仕事が忙しくなると、だんだんきつくなり
彼自身も体調を崩してしまうようになったとうかがいました。
無理をすると続かないのは、育児も介護も一緒ですね、きっと。
周りのサポートがないと、一人ではとても厳しい。
家族や友人、ご近所や行政の連携とヘルプが絶対必要だと思いました。

でもでも、お2人仲睦まじく寄り添っていらっしゃる姿を拝見していると
今までの人生や夫婦のあり方、人間としての生き方、子供たちへの感謝、
未来へ向けての生活を考える、良い機会になっているなあ、と感じました。

昨日の冷たい雨とうって変わって、今朝は明るい光が射しこんできています。
ちょっと風は冷たいようですが、
皆で朝ごはんを食べに出かけることにしました。

ゆるやかな坂を、腕を組み、大地を一歩一歩踏みしめなが下っていきます。
そういうことにさえ、幸せだなあ、と感じてしまうなんて、
実にありがたいことです。

IMG_2589たまごかけご飯、納豆、豚汁。
たまごかけご飯なんて、何十年ぶりです!!
とってもおいしかった。完食でした。

帰りに、カフェに寄って、
ホットドリンクをテイクアウト。
チリコさんはコーヒー党だったのに、突然、
紅茶党に変わったそうです。
私は、ずっとコーヒーが飲めなくて、紅茶一辺倒だったのに
これまた突然、コーヒーが大好きになったという経緯があり
「なんだか反対になってしまったねえ。」
という会話にも幸せを感じました。
チリコさんとKAZさんとは、お2人が結婚なさる前からのお付き合いなので
もう随分ぶん長いことお世話になっているんだなあ、と改めて、
お2人に感謝の気持ちが湧いてきたのでした。

お昼前にお別れして、私はボランティア活動のため、千葉へ移動。
IMG_2590ランチはこちら。
鯖の味噌煮弁当。
たまごとじスープ。

おいしくいただきましたよ。
自分の生まれ育った国で、
自分の慣れ親しんだ食材を
何の違和感もなく、おいしく食べられる、
それだけでなんと幸せなことなんだろう、と感謝しながらいただきました。

IMG_2591おやつは、河津桜葉のさくら餅。
うう〜ん、これまたおいしい!
そして、これまた、幸せ〜!!






IMG_2592夕方の飛行機で松山へ戻りました。
機内で500円のバウチャーがつくので
すっかり気に入ってしまったカツサンドをゲット。
空港の駐車場まで
トムが車を持ってきてくれていたので
さっさと乗り込み、カツサンドをほお張りながら、帰ってきました。

ハニィちゃんは、2階のドアの前でじっと座っていました。
イギーがメールで
「2階の部屋に鍵を取り付けたので、夜はそこで寝てもらう。
昼間は外に出して、自由にしてもらっている。食欲はあり。」
と知らせてくれていました。

今までは、ドアの取っ手をジャンプして下げると、簡単に開いていましたが
それができなくなり、夜は一人でさびしかったのだろうと思います。
くっついて離れません。
しばらくは抱っこしたまま、耳をなでなでしてあげていました。
やっと落ち着いて、寝に入ったところです。
やっぱり何日もひとりぼっちは可哀相でしたね。IMG_2595








*「喪失の国、日本」 M.K.シャルマ/訳 山田和

ichigodaifuku35 at 23:47|この記事のURLComments(0)

2014年03月05日

早朝から活動開始!

朝、5時前に起きて、シャワーを浴び、コーヒーを淹れました。
そろそろ、チリコさん夫妻が到着する頃です。
日本の病院のチェックアップのため
ロサンゼルスより早朝の羽田着の飛行機で来日です。

お元気そうなお姿を拝見して、安心しました。
ひと息ついて、私はお出かけ。
本日、2杯目のコーヒーとサンドイッチを駅なかのカフェでいただくことにしました。
注文の品をトレイに載せてもらって、さあ、座ろうと思ったら、席がありません。
ぱ〜と見回して、空席はあるように見えるのに、
行ってみると、椅子の上に荷物が置いてあるのです。

ちょうど、インド人エリートビジネスマンの「日本体験記」を読んでいるところで
思わずクククっと笑いがこみ上げてきました。

成田に到着して、見るものすべてに彼はいちいち驚愕します。
日本人とっては、本当に当たり前で、そんなこと考えたこともないようなことも
彼にとっては、驚きの連続だったようです。

たとえば、(成田空港で)
『荷を受け取るまで、どこのカウンターもおどろくほどスムーズだった。
何かにつけて文句をつけ、、賄賂を要求する係官も、
乗客を無駄話しで引き止める係官も、ここにはいなかった。
係官同士が長話しをしている風景も、お茶をすすっている光景もなかった。』

『空港内の銀行で両替したが、くれた札はすべて新札だった。
銀行員の前でそれを2度も3度も数えたら、
銀行員は笑って気が済むまで確かめてください、
と言った。
窓口で銀行員が不正を働くことはないらしい。
日本円はすべて紙の帯封でとめられ、ホッチキスでとめられていないのは驚きだった。
間から抜こうと思えば抜ける。
誰もそういうことをしないのだろうか。』

『ホテルのカウンターの雰囲気は、インドとちがっていた。
客の誰もがもの静かで、請求書をちらっと見ただけで勘定をすませる。
釣りを確かめないのには驚いた。
荷物は離れたソファに置きっぱなしである。
インドでは、荷物は片時も離さず、札は互いの目の前で一枚一枚数え、
汚れている札はつき返す。
甘い顔をすれば2日間の宿泊に3日分を請求したり、
特別の税をつけたりしてつけ込んでくるのがいるから
政治家のように尊大に構えないとしても、それなりの態度をとる。
ところが、そういうことは日本では不要なのだ。
一面識もない相手を信じ、誰も裏切らない。
汚れて使えない札を渡す失礼な人間は一人としていない。そういうことなのである。』

外国ではインドに限らず、自分のそばから荷物やバッグを離したら、
あっというまに持って行かれてしまいます。

この混んだカフェの中で、あちこちに無人のテーブルがあり、
椅子の上でご主人様の荷物が席の番をしているのを見たら
この本の著者は、目が点になって口も利けなくなってしまうでしょう。

話しがたいぶそれてしまいました。
向かい合わせの席がひとつ空いていたテーブルのビジネスマンに声をかけ
相席で、サンドイッチとコーヒーの朝ごはんを済ませました。
(写真はありません。)

このあと、ヌーの群れ観察を2ヶ所で行ない(大雨で、かなり寒かったです)、
やっと暖かい場所でランチにありつくことができました。
IMG_2465IMG_2466








IMG_2467IMG_2469








IMG_2471IMG_2470







まだまだ宴会ランチは続きそうでしたが、お先に席を立ちました。
田町でのマッサージがわたしを待っている〜〜。

終わったあと、三田でノビオと待ち合わせ、食事をすることにしていましたが
あまりに雨が激しいので、外に出るのがおっくうになり
六本木で降りて、ミッドタウンへ。
ここなら雨に濡れず、何かしら食べ物にありつけるでしょう。IMG_2473IMG_2474










いつもなら、お弁当を買って行くのですが、この雨の中、
どう考えても、座席でそれを広げることは不可能に思われます。

2人ともあまりおなかがすいていませんでしたので、軽くベトナム料理に決定。

  トムヤムクンフォーとグリーンカレー     海老中華蕎麦と生春巻き
IMG_2475IMG_2476








IMG_2477もう外は暗くなって、
クリスマスと同じようなイルミネーションが
輝いていました。
ここから2駅で、国立競技場前駅。
駅のコンコースで、合羽を着て、
荷物をビニール袋に入れ、
完璧な雨対策を講じ、いざ、国立へ!!

ichigodaifuku35 at 23:52|この記事のURLComments(0)

2014年03月04日

おなかの調子はカレーで整える。

きょうは1日ゆっくりすごそうと、朝ものんびり。
美容院に行って(愛媛より安い)、読書に勤しんでいたら
SHISHIさんからメールが来て、「池袋で待ってます。」

IMG_2458大急ぎで向かったら、ちょっと早く着いたので、
駅前のティールームで休憩。
久しぶりにアールグレイを頼んだところ
巨大なボールで出てきました!!
今は、こういうのが流行りなんでしょうか。



半日、SHISHIさんに連れられてご挨拶周りをし、疲れ果てました。
マッサージに寄りたかったのですが、
それよりおなかが空いて、
さっさと戸越まで戻り、ネパール料理のお店へ。
なんだか、おなかの調子が悪いので(下痢ではありません)
カレーでも食べて、そのスパイスでバランスを整えようかな、と思って。

   パコラ(インド風天ぷら)      海老ホウレン草カレー(ライスはインド米)
IMG_2459IMG_2460








IMG_2461マサラ・ティ。
お店のネパール人がとても感じよく
とてもおいしく
気分の良い夕食となりました。





IMG_2463
閉店間際の花屋に飛び込み
黄色い花を求めました。
チリコさんはフリージアがお好きですが
あまり新鮮そうでなかったので
金魚草とオンシジウムも混ぜました。
元気の出るビタミンカラーです。
おじさんは、少しおまけをしてくれました。
こういうアットホームなはからいは
商店街ならではのうれしい慣習ですね。

ichigodaifuku35 at 22:57|この記事のURLComments(0)

2014年03月03日

ひな祭りもんじゃ

朝から冷たい雨の降る中、傘をさしてヌーの群れ観察をすませ、
少し早めのランチをいただくことにしました。IMG_2414









IMG_2416暖かいたぬき蕎麦と、
たきこみご飯のセット。
冷えた体に
熱い蕎麦湯がしみ渡りました。





午後からは、衆議院会館で、学習会に参加です。
SHISHIさんに連れていってもらいました。

IMG_2420新しくできた会館には、
このような面白い形の
オブジェが並んでいました。






真上から見ると、コーヒービーンズのよう。横から見ると、プラリネチョコレートのよう。
IMG_2418IMG_2419








IMG_2423オブジェをたくさん目にしたので
急に甘いものが食べたくなり
地下のコンビニで
コーヒーとブラウニー。
これ、おいしい、クセになりそう。




それから新橋に移動。さらに渋谷に移動。
ずっと雨の中、外にいたので、寒くて寒くてきつかったです。
大変なことがあったあとは、ご褒美のおいしい食事が待ってくれていました。

久しぶりのもんじゃ焼きです。
昨年から計画を立て、忘年会が新年会に変更となり、それでもまだ集まれず
やっと今夜、スケジュールが合いました。

ここにくると、もう本当に苦しくて苦しくて、おなかパンパンになるまで
食べてしまいます。
どれも、めちゃくちゃおいしいので、歯止めがきかなくなってしまうのです。
IMG_2435IMG_2438








IMG_2439IMG_2441








IMG_2443IMG_2444







新作 餃子もんじゃと、イカ墨焼きそば。どちらもおいしい〜。
IMG_2446IMG_2450








IMG_2449しめは、あんこ巻き。
お代わりしてしまいました!!






今夜は、一平くんがきてくれました。
忙しいのに、わざわざこんな遠いところまでありがとう。
帰りの電車の中で、佑都くんの話しが出て
劇団のミーティングの中で
「5年前までは客席で太鼓を叩いていた長友が
今ではイタリアのビッグクラブで活躍している。
僕たちだって5年後、アカデミー賞を取っているかもしれない。
夢を諦めず頑張ろう。」
と団長(?)の山本さんがみんなを鼓舞したのだそうです。
これは非常にありがたい話しです。
ジャンルは違っても、こうやって励みにしていただけるなんて
ぜひ、佑都くんに教えてあげなくっちゃ!
きっと彼も喜んでくれることでしょう。

IMG_2453金時ねえさんからいただいた
ひな祭りのお菓子。
そうです、きょうは3月3日、
ひな祭りの日でした。
頭ではわかっていても
何かをしようという意識が
湧いてきていませんでした。
忙しい中でも、
こうやって気配り、心配りのできる金時ねえさんは
さすが、我らの尊敬する大先輩です。いつもありがとうございます。

IMG_2457一平ママからは、
小田原のさつま揚げをいただきました。
愛媛では骨も皮も一緒に
練って揚げるじゃこ天が一般的で
このような高級でお上品な練り物は
なかなか口にできないので
ありがたかったです。
ふわふわで歯ごたえもあり、
本当に美味でした!!いつもご馳走さまです。

ついに、新しいユニフォームをゲット。ブラジルに行くまでに、サインをもらえるかなあ。
IMG_2455IMG_2456

ichigodaifuku35 at 23:22|この記事のURLComments(0)