2014年09月

2014年09月26日

ほったらかしですみません。

パソコンを開く間もないくらい、超ハードスケジュールをこなしています。
次から次へと予定が埋まって行って
自分の時間がほとんどありません。
ノート型パソコンも用をなさず、
今度タブレットに替えようかと思っています。

横浜FCが愛媛に来るまでにはなんとか、サッカーレポートだけでも完成させたい。
気長に待っていてください。

ichigodaifuku35 at 01:51|この記事のURLComments(0)

2014年09月15日

季節はずれのおやつ

DSCF6177もう新米ができてました。
早いですねえ。
お米がなくなったので、イギーに頼んだら
「新米があるよ。」
キャッホ〜〜。
お米作りを手伝っていた農家から
分けていただいたようです。
ありがたや!


イギーが今日から台湾へ旅行に出かけるので、留守番を仰せつかりました。
この頃は、物騒になり、ご近所でもいろいろ物を盗まれたりするそうです。

うちは番犬がいるので、大丈夫とは思いますが、
何かあったら困るし、イギーもよけいな心配をしなくてすむので
久しぶりに実家でのんびりすることにしました。

「冷蔵庫にあるものは、全部食べていいよ。処分しといて。」
とメモ書きがしてあったので、冷蔵庫を開けてみたら、いっぱい入っています。
こりゃ、ごちそうだあ。

DSCF6178これがブランチメニュー。
茄子尽くし。

昨日、キミおばさんから茄子を3本もらい、
塩もみと、煮物にしたところだったので、
それを持ってきたら、
さらに茄子のバルサミコ酢と
お鍋に揚げ出し茄子いちじく味。
すべておいしかったです!!

仏壇には、お盆のときお供えしたお菓子がそのままになっていて、
お饅頭はだめでしたが、これは、まだなんとかいけるかな?(賞味期限9月9日)
DSCF6186DSCF6187








DSCF6188もう秋風が吹いているというのに
「御夏之棹物」。
どなたにいただいたのやら、記憶にありません。
そういえば、桜餅の羊羹もあったなあ。
もう食べちゃって写真もありませんが、
新感覚の羊羹でした。


羊羹というよりは、ゼリーに近い感じです。
虎屋の羊羹も持ってきていたのですが、先にこちらからいただくことにしましょう。
お茶は、日本茶がどうしても見つからず、文山包種、にしてみました。

20140915_154720こちらは、今日が賞味期限。
おやつ第二弾。
松江の「若草」です。

ダイエットを始めようと思うときって、
必ず甘いものが
次々と目の前に現れる現象が起こりませんか?


DSCF6185ルーは、日がな一日、
マイベッドで寝こけてますが、
ニコは逆にずっと庭で過ごしています。

たまにこうやって出てくるルー。20140915_163034









DSCF6181「広い庭で自由に遊べて
幸せですねえ。」とよく言われますが
(そんな広くもありませんけど)
ニコにとっては、不便極まりない、はずです。
今まで家の中でまったりできていたのに
どうして中に入れてもらえないのか、
納得がいかない顔をして
甘えた声で「入れてちょうだい。」と懇願します。
相当なストレスだと思いますよ。

20140915_174501夕方、寝ているルーを無理やり起こして
お散歩に連れ出しました。
もう、この駐車場が限界です。
運動公園まで足を延ばすのは
無理でしょうねえ。



夜になっても、クウンクウン、入れてくれコールのニコ。
仕方がないので、2階の私の部屋に連れてあがりました。
ハニィちゃんなら、すぐに出してくれ〜と爪でひっかき、
自分でドアのレバーを押し下げて、出ていくところですが
ニコはベッドの上でおくつろぎ!
わたしがいなくても、まったく平気。
やっぱり家の中が自分の居場所だと思っているようです。20140916_025555

ichigodaifuku35 at 23:32|この記事のURLComments(0)

2014年09月14日

朝のひととき

20140915_100912キミおばさんが、
「帰ってきたかな〜。」と
キッチンの窓から声をかけてくださり、
「お花を摘んできてあげらい。」
とひまわりの束を。
おばさんの好きな色のひとつです。
元気が出る色だから好きなんだそうです。

DSCN0136
もうひとつの好きな色は、紫です。
「これも、どうぞ!」といただきました。








DSCN0137お返しに、この中のひとつ、
抹茶ミルクを差し上げました。
この豆菓子は、ナッツを
薄いおせんべいのような素材で球形に包み
いろいろな味でコーティングしてあるもので
倉敷に本店があり、100種類以上並べてあって
ほとんど味見ができます。


DSCN0139
わたしも、ついている名前を見ながら、
相当数お口に運びました。
食べてみて、
おいしい!と思ったものを買うことができるので
絶対にハズレがありません。
自信をもって購入し、お土産にも最適です。


わたしが選んだのは、ほかに3種類。
北海道黒豆キララ アーモンドクリーム    ラムネ
DSCN0141DSCN0140DSCN0138








DSCN0143もうひとつ、こちらは、
児島孫三郎氏の絵が入った小さな額縁。
ハニィちゃんの写真入れを探していたので
ちょうどいいサイズだと思って、求めました。
あとは、
ハニィちゃんの写真を入れるだけですが
これがまた大変な作業です。
一番かわいらしく、
ハニィちゃんらしい写真を探すのは
膨大な数の写真の中から選び出さなければなりません。
骨壺も埋めなくてはいけないし、やることがいっぱいありますねえ。

それよりなにより、
久しぶりに東京に行って、電車の乗り降りがこたえたのか
膝が痛くてたまりません。
左は、はく離骨折の影響で、ずっと悪いので、
さほど気にはなりませんが
右がボールをくっつけたように腫れ上がって
曲げると、小さな骨が刺さるような痛みを感じます。
この歳で、こんな状態になっていたら
おばあさんになったときには歩けなくなってしまうのではないかと恐怖に陥ります。
かといって、何をしても、きっと対処療法にしかならないのでしょう。
困りました。
とりあえず、少しでも膝の負担を軽くするため、
ダイエットにいそしむことにしましょうか。

ichigodaifuku35 at 23:53|この記事のURLComments(0)

午後のひととき

DSCN0150金沢在住の先輩が帰省されることになり
なつかしのお仲間で逢う
輪の中に入れていただきました。

向かった先は、中学時代、
お世話になった先生のお宅。
先輩とは3つ離れているので、
一緒に中学に通っていないし、
先生にも授業を習っていないのですが
私にとってはなつかしのお顔。

先生は父と同級生なのです。
どんなにかよぼよぼのおじいさんになっていらっしゃるかと
すごく心配していたのですが
とんでもなかったです。
約束の時間より早く到着したにも関わらず
玄関の前で、ずっと立って私たちを待っていらっしゃるお姿は
背筋もピンと伸び、若々しくて、とてもそのお歳には見えません。

しかも、
全くぼけていらっしゃらず、記憶の良いことといったら、
わたし以上です。
父との小学校の思い出話しも次から次へと出てきます。
よくそんなことまで覚えてらっしゃることよ、と感心しました。

さらに、驚くことに、奥さまは、私の叔母と同級生なのでした。
その叔母の住んでいた古民家に、私が今住んでるのです。
なんというめぐり合わせ。
「お宅にもお邪魔したわよ。」とおっしゃっていました。
帰ったら、さっそく仏壇の叔母に報告しなくっちゃ。

DSCN0152応接間から見た景色。
WAKOさん宅からとは
また違った山々が見えています。






奥さまが出してくださった巨峰。大きい〜。     金沢土産の生落雁
DSCN0145DSCN0146







あまり長居をすると、先生がお疲れになるだろうと
30分くらいのつもりだったのに、1時間以上お邪魔してしまいました。
いつまでもお元気でいてほしい。
理想的な歳の重ね方をなさっているお二人でした。DSCN0155

山の麓に見える集落が今お邪魔した地区です。







先輩は、親戚の方を通じて、イギーの店のことを知り
今夜の夕食を3人分、注文してくださっていました。
私は全く知りませんでした。
なんと気の利いたお計らいでしょう。
本当にありがたいことです。

私は、このあと、ニンスタです。

ichigodaifuku35 at 23:52|この記事のURLComments(0)

2014年09月04日

思いがけないプレゼント

20140904_09315711時の予約だったのを
無理にお願いして
8時半に変更してもらいました。
(長友先生の整体。)
イギーが店を手伝ってくれ、
と昨日、言ってきたのです。


こんな山をグルグル回りながら、海辺の町まで降りていきます。
ちょっと遅刻しちゃいました(汗)。

店は、おかげさまで大忙し。
帰省中の後輩が子供を二人連れてきてくれて、さらに大忙し。

イギーの電話が機内モードになっていたらしく
転送電話も含めて、すべて繋がらない状態で
みかん山に嫁いだ従姉妹が
「電話が全然つながらないよ〜。」とアポなし訪問。
慌てて切り替えたら、何十件と電話が入っており、
さらにさらに予約なしのお客さんがいらして、
もうてんてこまいでした。
なぜ、機内モードなんかに設定してしまったのか、不明・・・。

おかげで、後輩の子供たちと写真を撮ろうと思っていたのに、そんな余裕なし。
毎日こんなに忙しかったら、先にこちらが参ってしまいます。

最後にいらしたお客さまが、
マッサージ師さんだということが発覚。
「姉がマッサージ大好きなんですよ〜。」とイギーがふってくれました。

「わたしはからだのすみずみまで丁寧にもみほぐしますよ。
だいたい1時間半くらいかけてね。
こりがひどい人は、2時間くらいかかることもあります。」

「じゃあ、さっそく今日、お願いします。」
「きょうは、ちょっと・・・。もうビールも飲んじゃったし・・・・。」
見れば、ハイネッケンのボトルが4本空いてます。

「明日からしばらく留守にするので、今日お願いしますゥ。夜でもいいです。」

というわけで、8時からお願いすることになりました。
実家から、WAKOさん宅へ向かう途中の道を左に折れて、
田んぼの真ん中を進んでいくと、集落があり、その中の赤い屋根、
と言われましたが、夜だから、そんなのわかんない。
なんとか、約束の15分前にナビで到着。

さっそくお手洗いを借りようとすると
「今、工事中で、使えないのよ。」
そんなのあり〜〜〜?
じゃあ、どうしたらいいの〜〜?
「我慢できます?」
無理でしょ、そんなの。
仕方がないので、「じゃあ、外で用を足してきます。」

あたりは街燈もなく真っ暗で、敷地内には畑もあったので、そこでなんとか・・・・。
いきなり、すごい体験をさせてもらいました。

このおばさまは、普段は病院の付き添いの仕事をなさっていて
特に認知症の方のお世話をされているそうです。
24時間、かなりハードなお仕事のようでした。
でも、とても楽しそうだし、患者さんの評判もよいみたいでした。

人間的にできた方なのでしょう。そして、心根がやさしい方なのでしょう。
マッサージの仕方にもそれが表われていました。
本当に丁寧に心を込めて、マッサージをしてくださいました。
足の先から、頭の先まで、気持ち良かったです。極楽〜。

「腰が痛いんです。」と言ったら、「右の骨盤が少しずれてますね。」
そうだったんだ!

「はい、終わりました。」と言われて、時計を見たら、10時を過ぎてました。
8時前から始まったので、2時間をだいぶ超えています。

「おいくらでしょうか?」
恐る恐る尋ねると、「じゃあ、4000円いただきましょうか。」

「ええ〜、4000円でいいんですか?」
あまりの安さにびっくり。
で、帰ろうとしたら、「あの〜、お代を。」
びっくりしすぎて、お金を払うの忘れてました!!!???!!!

それから、大急ぎでコンビニに寄り、トイレをお借りしました。
一日大忙しで大汗をかいたので、ものすごい量の水分を取り、トイレが近い近い。
これで、老廃物も一緒に流れ出たにちがいまりません。
ああ、いいマッサージ師さんにお逢い出来ました。

DSCF3660さらにさらに、もうひひとつ、
プレゼントが届きました。
ポンジュース(えひめ飲料)から、
「POM塩と夏みかん」のペットボトルが24本!DSCF3661










先日の愛媛FCのゲームのマッチスポンサーが(株)愛媛飲料さんで
ハーフタイム抽選会にて、これを当てました。
「後日、郵送します。」と言われていて、ほんとに届いた!
いやあ、うれしいなあ。こんなの当たったの初めてです。

肉体労働をしたご褒美のうれしいプレゼントでした。

そうだ、こちらもありました!
後輩がお土産に持ってきてくれた栗饅頭と、赤柚子胡椒。青は、イギーに進呈です。
ありがとね。これらは、彼女の実家のある町の特産品です。
20140904_18535020140904_185404

ichigodaifuku35 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2014年09月03日

珈琲何杯?

DSCF3650朝のお散歩に行こうと言ってるのに
ここから動こうとしないルー。
目の焦点が合ってなくて
ぼんやりしていますよね。





DSCF3653もう稲刈りが終わった田んぼがありました。
早い!!







DSCF3655なんとかお散歩に連れ出しましたが
昨夜の雨で草が濡れており
道路の真ん中を歩いて
さっさと帰ってきてしまいました。
もう少し裏庭で遊んでほしかったのに
どうも早く中に入りたいらしい。
おなかが空いているんですね、きっと。


DSCF3656八幡浜の梨です。
昨日、WAKOさんがもらってきてくれました。
13個あったのに
イギーとキミおばさんとお隣りさんにおすそ分けしたら
手元に4個しか残りませんでした。
また頼めばいいですよね。
めっちゃ甘くてみずみずしい梨です。


DSCF3657牛蒡尽くしの朝ごはん。

キッチンの窓からの風景。
この景色を見ながら、いつもお食事しています。DSCF3658









20140903_112046松山市役所の掲示板に貼ってあったポスター。
マルセロがいたので撮ってみました。

「レアル・マドリードファンデーション
チャレンジキャンプ2014」とはなんぞや?



調べてみると、日本全国10箇所で、サマーキャンプが行われ
日程はそれぞれ3日間、
レアル・マドリードの下部組織と同じメニューを実施するそうです。
松山が最後で、もうすでに終わってしまっていました。
一人78000円、宿泊するとプラス30000円。
ただじゃないんだ!
このキャンプに参加して優秀だった生徒には、
スペインのキャンプに行ける権利が与えられるとか。
でも渡航費用は実費。
何をするにもお金がいるんですなあ。

20140903_112056その隣りに貼ってあったのは愛媛FC。
一昨日のチラシの大型版。
いいねえ!!

残り全部勝て〜〜〜!!




『ゴールの先に愛顔がある』




20140903_114325市役所近くの喫茶店で
日替わりランチ。
メインはブリ。
これだけいろいろついてきて
600円でした。
食後の珈琲を頼んだのですが
全然出てこなくて、諦めて、市役所に戻り
地下の食堂で、マシンの珈琲を飲みました。

そのあと、またお茶をいただきました。

続いて、義妹の喫茶店で珈琲を。
MOKOさんの車に携帯を置いてきたので、写真なし。
カップがウェッジウッドのミレニアムシリーズで、すっごくステキ。
珈琲はイエメンの渋くて軽めのやつ。
シナモンレーズンのスコーンも一緒に。優雅なひとときでした。

20140903_163945さらに、皆と別れたあと、
ミスタードーナッツで軽く食べながら、読書。
『日本サッカーは
なぜシュートを撃たないのか☆?☆』

珈琲を何杯飲んだことやら。


LINKOさんと再び待ち合わせて、お歌のレッスン。
練習日はあと2回しかありません。
大丈夫かなあ。
ここでも、冷たい紅茶をいただき、もうおなかタポタポ。
帰りの電車の中で、吐き気がしてきました。
ちょっと飲みすぎでした。

ichigodaifuku35 at 23:24|この記事のURLComments(0)

2014年09月02日

さゆり先生

DSCF3647トムから電話があり、
「新聞の訃報覧に
さゆり先生の名前があったよ!」

えええ〜〜〜〜〜???!!!!!!
信じられない〜〜〜〜〜???!!!!!!

最後にお会いしたのはいつだったかしらん。
敬老会のときの写真をお届けにあがったときだったか
どなたかの告別式のときだったか
まさか、こんなに早くお別れのときがこようとは・・・・・・・・・・

さゆり先生は、わたしが通った保育園の園長先生です。
当時にしては珍しい私設の保育園でした。

赤組、青組、黄組、白組と覚えているので、4年間通ったのでしょう。
お昼寝の時間になると、いつも流れている曲があって
それがシューマンの「トロイメライ」であったことは
ずっとあとになってから知りました。

今でも、「トロイメライ」の旋律を聴くと、おねむになってしまいます。

「トロイメライ」は、『子供の情景』という13からなる小作品の中のひとつで
ドイツ語で、「夢」とか「夢み心地」とか、そういう意味であることも調べてわかりました。

さゆり先生がお昼寝の合図に「トロイメライ」を選ばれた理由を
いつかうかがいたいものだと思っているうちに、
もうそれが叶わぬこととなってしまいました。

もしかしたら、
子供の眠りを誘うにぴったりの曲だとご自分で選ばれたのかもしれません。
そうだとしたら、すごいことですよね。
こんな田舎のあんな時代に・・・・。

思い出のDVDが流れたとき、
さゆり先生の花嫁姿が出てきました。
当時としては斬新な、ウエディングドレスでした。
ハイカラさんだったんですねえ、さゆり先生!!20140902_152825













20140902_152831これは昭和何年でしょう?
拡大して見ましたけれど
知っている人は
近所のおばさんただ一人でした。
彼女に抱っこされている坊やは、
私より年上のはずなので、
これはわたしが生まれたか生まれてすぐの頃の
写真だと思われます。


私が保育園に通っていたときの、鮮明に覚えている出来事というのは
かなりマニアックなものです。

滑り台の上で、順番を待つ列がぐじゃぐじゃになり
私が仕切っていたところ(この頃から仕切り屋だったらしい)、
K先生が上がってきて(名前もちゃんと憶えていますが、名誉のために伏せておきます)
「そんなことをするなら、こちらには大人の考えがある。」
と怒られたのです。
私はその時、それはフェアではない、理不尽だ、と思いました。
子どもに向かって、それはないでしょ!
大人の権利を振りかざして、子供を抑え込もうとする姿勢は許せない!
小学校にも上がっていない保育園児が、そう感じたのでした。
ませたガキだったのですね。

同級会やなつかしい仲間が集まって、昔話をするとき
「こんなことあったねえ。」と言われても、
全然記憶にない、ということが多くて、
昔から物忘れがひどかったというのは認めますが
たぶん、普通の人とは、記憶の引き出しの種類が違うのだと思います。

ついこのあいだのことのように覚えていることは
皆にとってはどうでもいいようなことで
逆にだあれも覚えていない、ことが多々ありますから。

さゆり先生に怒られた記憶はなく、
体格が良くて美人で、いつも元気いっぱい!
あこがれの先生でした。

卒園してから、ご近所だったこともあり、
いつも身近に感じられる存在でしたが
田舎を出てしまってからはほとんどお会いすることもありませんでした。
ここ数年ですね、再び、お顔を拝見するようになったのは。

福祉関係のお偉い方が弔辞を読まれ、
そこでさゆり先生が、いかに町の福祉と教育に力を注いでこられたか、
よくわかりました。
高校の先生とご結婚されたあと、
私財をなげうって、保育園を作られ、子供たちのために尽くされた、なんて
今まで知りませんでした。
そして、時代の流れに沿って
保育園と自宅の敷地をすべて自治体に寄付され
今は市の保育園となって運営されています(現在の園長は、私の同級生です)。
そういえば、わたしが通っていた時は、先生の自宅が園内にありました。
今は、道路を挟んだ脇にご自宅があります。

その他、いろいろな役をお引き受けになり(県や市の役員、ライオンズクラブ、
読書会、合併前の町議・・・・etc)
天皇陛下から賜る勲章も受賞されたそうです。
すごい方だったんだ!

先生のそういったお仕事やお人柄のせいで駐車場は満杯でした。
セレモニーホールも、大ホールなのに、人があふれ、
廊下もその後ろの部屋もすべて解放して、椅子を並べ、それでも足りず
後ろの方は、ベンチのようなパイプ椅子になっていました。

まだまだご活躍できたであろうさゆり先生は
今年の春に、末期癌を宣告されたそうですが
入院治療を拒み、自宅療養を選ばれました。
自分の最期を病院なんかで迎えるのは絶対嫌だ、とおっしゃったそうです。
さゆり先生らしい、意思の強い自主性のあるお言葉だと思いました。

でも、一方で、「お葬式は派手にやってね。」とも。
喪主のご挨拶の中で、それが披露され、
「皆様のおかげで、母の願いが叶えられました。」と。
さゆり先生の葬儀は、仏式ではなく、先生の入信されている宗教で行われました。
古式ゆかしい衣装、古楽器の生演奏、
まるで平安時代にタイムスリップしたかのような、おごそかで荘厳な御式でした。

さゆり先生は、まだまだおやりになりたいことがたくさんあって
天国に行ってる場合じゃないのよ、と思っていらしたことでしょう。
残念でたまりませんが
あとのことは我らに任せて、
さゆり先生、安らかにお眠りください。


最後にもうひとつ、忘れないように書きとどめておきたいことがあります。
当時の保育園の先生のひとりに
卒園以来、〇〇年ぶりにお会いできたのです。
先生は、ちゃんと私のことを覚えていてくださり、
「おかあさんにそっくりになったねえ。」と感嘆の声を上げられました。
当時の母の年齢をとうに超えているにもかかわらず、
母のことも忘れずにいてくださり、わたしを「イチゴちゃん」とわかっていただき、
とっても嬉しかったです。
私の大好きな先生でした。
先生、いつまでも長生きしてくださいね。

ichigodaifuku35 at 23:33|この記事のURLComments(0)

2014年09月01日

二百十日

DSCF3632バナナと胡瓜のスムージー。
ちょっと水っぽかったです。







DSCF3633ブランチの温麺。
干しシイタケの香り、強烈。







DSCF3634
一昨日焼いたパウンドケーキ。
また喉が詰まるんじゃないかと
恐くて食べられないので
いいことを思いつきました。
ベルギーチョコのアイスがあったので
それを溶かしてソースにして
それをかけて食べればいいんじゃないの?


昨日のソフトボールの時、少し持って行ったので残り2切れ。
味は悪くないので、捨てるに忍びない。

DSCF3636ちょっと溶かし過ぎて
見た目は無残な姿ですが
思ったよりおいしかったです。
珈琲は、キリマンジャロブレンド。
ぴったり合います。
まだ、気管支がひりひりしています。
どんだけ咳き込んだか、想像してください。
ニコが心配するほどですからね。
本当に苦しかったです。


DSCF3638久しぶりにご飯を炊き
(今度はほどよいおこげ)
味噌汁も作りました。
ついに今までの味噌が終わり
新しい壺の味噌に手を付けました。
これは白味噌ではなく、赤ですね。
これのほかに、もう一壺、あります。
すべて叔母の手作り。ありがとう!!


DSCF3640朝はキッチンで、
夜はダイニングテーブルで
と思っているのに
ついついキッチンで食べてしまうので
今夜は、ニュースと天気予報を見ながら
リビングルームでいただくことにしました。


そのまま、テレビをつけっ放しにして、食器を片付けて
また戻ってきましたが、面白そうな番組はなかなかありません。
たまたまBSで、掘内孝雄のインタビューをやっていて
私はアリスのファンだったので、それを観てしまいました。

谷村新司が文化放送の「セイ ヤング」というラジオの深夜番組を担当していて
確か火曜日だったと記憶していますが
大学受験講座を聴きながら、そのまま「セイ ヤング」に突入、という日々を
高校時代続けていました。
まだアリスが、全然世に出ていない頃から、
谷村新司の声と人柄に惚れていましたね。

アリスのデビュー曲は「走っておいで恋人よ」なんですけど
それを知っている人はあまりいないと思います。

たくさん曲がある中で、
べーやんのソロ曲「遠くで汽笛を聞きながら」が流れ、
改めていい曲だと思いました。

3番の歌詞の中で
『嘘をつくまい 人を裏切るまい』という箇所が心に響きました。

嘘をついたり、人を裏切ったりする人が、今私の周りにはたくさんいて
本当に悲しいので、そういう人にはなりたくない、
としみじみ思ったのでした。

天気予報では、きょうは二百十日と言っていました。
立春から数えて210日めに当たるのが今日で、
「源氏物語」や「枕草子」にも「野分」として出てきます。
この前後は風が強くて、台風が来やすいと言われてきました。

またきょうは、防災の日でもあります(関東大震災の起こった日ですよね)。
県内には土砂崩れの危険のある地域が1000以上もあり、
でもそれを認定するためには、お金も時間もかかり、
全国でも対策がかなり遅れた県になっているようです。

今まで経験したことがないような、大雨や強風が日本各地で報告され
いつどこがどのようになってもおかしくない状態。
東京でさえ、地盤の弱い地域があると出ていましたよ。
地価が下がる、とかそういうレベルの低い問題より、
住民の命や暮らしを守る方が先決でしょう。

自治体のホームページに、どのあたりが危険か
ハザードマップが出ているそうなので、一度確認しておいた方がいいですね。

というわけで、さっそく市の土砂災害警戒区域を見てみました。
急傾斜地の崩壊が55か所
土石流が176か所あり、
そのうちの土石流の危険地域が実家のすぐそばまで迫ってきているのに驚きました。
マップの赤いラインは3丁目までとなっていますが、
実家は4丁目です。国道を挟んで、そこから4丁目なのです。
想定外の大きな土石流が起きたら、危ないかもしれません。
今まで考えたこともなかったので、本当にびっくりです。
この古民家地域は全く問題ないようです。
油断は禁物ですが、原発事故(放射能拡散)も含めて、
事実を知ることの大切さを痛感しました。
大雨になったら、
ルーとニコを連れて、こちらに避難するようイギーに伝えておかなければ。

ichigodaifuku35 at 23:00|この記事のURLComments(0)