2015年11月

2015年11月30日

小春日和の一日

20151130_144242今日で11月も終わりです。
早いなあ。

叔母がプチ同窓会に
イギーの店を選んでくれて
そのお手伝いに駆り出されました。
ゴホゴホしては失礼なので
赤マムシドリンクをひっかけて出発。
きょうは暖かく穏やかな一日で風邪っぴきには助かりました。

20151130_114656クリックしてみてください。
こうやって、いつもお出迎えしてくれます。







よく食べ、よくしゃべり、笑いの絶えない3時間。
オバサマ方は、ノンアルコールワインを片手に楽しい午後をお過ごしのようでした。

本日のまかない飯は、
牛蒡の素揚げローズマリー風味 / 太刀魚のマリネ セロリ乗せ
紫芋のムース / 野菜のトマトソースかけ(本来はチキン)
新米 / 富士柿 でした。おいしかったです!!

20151130_114813ルーちゃんは、ぐったり。
死んだように動きません。
陽が当たって暑いのではないかと思うのですが
後ろ脚が萎えて立てないような感じでした。











20151130_143943ベルが元気すぎて
ルーとベルはついていけません。
ルーは鼻炎なのでいつも鼻水を垂らしていて
ベルがそれを舐め回すのですが
ルーはそれをされるのが嫌いなんです。
ハニィちゃんがぺろぺろするのも
凄く嫌がっていましたから。







                                 ルー、大丈夫?
20151130_14414020151130_144400








20151130_144000ルー以外
動きが速すぎてぶれます。







20151130_155921寒くならないうちにお散歩。
可動式の柵のおかげで
見守るだけでよいので楽ちん。
ルーも元気に歩き回っているので
安心しました。




20151130_16092320151130_161004













20151130_160659もう少しニコが若かったら
良い遊び相手になるのでしょうが
ちょっと歳が離れすぎました。






20151130_160836枯れた蔓を噛み噛みしているベル。
噛むのはまだよいとして
食べちゃうのは困ります。
ティッシュペーパーで目やにを取ろうとすると
それも食べようとする。
お前はヤギか!
 


20151130_161956こうやって3匹でいられるのも
あとどのくらいでしょう。
ハニィちゃんがいてくれたら、
もっとワイワイ楽しかったでしょうねえ。

ichigodaifuku35 at 21:40|この記事のURLComments(0)

2015年11月29日

ショパンの想い出

20151129_134319プレイオフ準決勝がある大事な日なのに
悠長にショパンの想い出など語っている場合ではないのですが
今日は「ゆめみかん」という名の文化会館で
仲道育代さんのピアノ・リサイタルがある日。
前々から楽しみにしていました。

風邪の具合は今いちだし、咳も出るので
迷ったのですが
八幡浜市制施行10周年の記念に
三井住友海上文化財団派遣コンサートと銘打ち
かなりの助成をしてくれていて、
料金はわずか1000円。
こんな低価で仲道さんのピアノが聴けるなんて、普通はあり得ない話しです。
しかも、副題が〜わたしとショパン〜。

以前の会社は自宅から片道110km。
一時期その道すがらず〜っとショパンを聴いていた時期がありました。
飽きもせず、たぶん1年くらい聴き続けていたと思います。
プログラムを見ると、そのときの曲目がほとんど含まれています。
なつかしすぎる!

思い出すのは2002年3月、代表のポーランド遠征。
ウッジという町で日本代表がポーランド代表と戦ったことがありました。

ワルシャワから電車で行こうと思っていたら
ホテルのスタッフが、電車は治安が悪いからやめた方がいいと言って
メルセデスのハイヤーを用意してくれました。
それをチャーターしてウッジを往復したわけですが
ドライバーが「ショッピングハウスに寄っていいか?」と聞いてきたのです。
買い物?
たぶん、どこかの店と提携して、お客を連れてくるとマージンをもらえるのでしょう。
先は長いので、ドライバーとは良好な関係を保っていた方がいいと考え
OKを出しました。

「ここだよ。」と連れて行かれたところは、全然店などない、森のようなところ。
なに?ここ。どこに店があるの?
と訝しがっていると、 看板があり、それを読んでやっと理解できました。
ここは「ショパンの生家」だったのです。

ショパンはCHOPIN と書きます。
つまり、彼は "Chopin's house " (ショピンズハウス)と言ったのでした。
それを私は "Shopping house " (ショッピングハウス)と聞いてしまったのです。

おお、ショパンの家か!
ちょうどショパンを繰り返し聴いていた時期だったので、感慨もひとしおでした。
おとうさんとおかあさんの系譜とともに
ショパンの生まれた部屋が残っており
いかに望まれて生まれてきたか、
いかに大事にされて育ったかが偲ばれる家でした。
ポーランドにとっては貴重な財産ですよね。

そのあと、クラクフの町も案内してくれて、上機嫌でしたが
「ここからウッジまではどのくらいなの?」と聞いたら
「さあ?」
はっ?? ショパンもクラクフもいいけど、私の最大の目的はサッカーですから。
ワルシャワのドライバーにとって、ウッジは未知の世界だったようで
スタジアムがどこにあるかも知りませんでした。
途中、渋滞はあるわ、キックオフの時刻は迫ってくるわ、焦りまくりでした。
敷地に着いても、車は中に入れません。
ドライバーは「この人は日本のジャーナリストだ。」と平気な顔をしてウソをつき
「ああ、それならどうぞ、どうぞ。」とパスも持っていないのに
どんどん中に入れてもらって、スタジアムに横付け。
でも、もう君が代が始まっています。
入り口は、ポーランド人が団子状態になっていて、入るのに時間がかかりそう。
ドライバーが「日本人だよ、日本人だよ。」と声をかけると
「おお、日本人か、先に行け、先に行け。」とみんなが譲ってくれ
さっさと中に入ることができました。
そして、なぜか、君が代は終わってしまったのに、もう一度始まったのでした。
まるで、わたしのためであるかのように。
君が代が2番まであるのかどうかは知りませんが
それ以後、君が代が2回繰り返して演奏されたのは私が知る限り一度もありません。

ゲームの内容は覚えていないんですけど、ひとつ記憶にあるのは
マツが倒されて担架で外に運び出されたあと
すぐに腿上げを繰り返し、ブーイングを浴びたこと。
記録を見ると、2−0で勝利。得点は、ヒデと高原。ぎょっ、全然覚えてない・・・。
この日の前日か、翌日か、アウシュビッツを訪れた話は、また別の機会に。

というわけで、想い出話しが長くなりました。
全席自由席で、開場は開演の30分前と書いてあったので
その10分前に着くように家を出ました。

20151129_132830そしたら、この列。
これは車の中から撮ったもの。
ゆめみかんは左手の奥の茶色い建物。
列はそこから始まり、
目の前の行列は右へ右へ延び
ここからは最後尾が見えませんでした。
駐車場も大混雑で、この車の後ろには
3台縦列で止まっています。
これ出るとき、どうするんだろ?

寒いので開場時刻まで車の中で待ち、列が動き出してから外へ出たら
「いちごちゃん。」と声をかけられました。
同じいちごちゃんという名前の高校時代の同級生でした。
列が進んでいる間に、さらに2人の同級生に会いました。
国語の先生の姿も見つけました。
すごい確率です。

もういい席は空いていないだろうとは思いましたが、一応チェック。
ピアノの置いてある場所より、左手の方。
指使いが見える場所がいいのです。
最前列の男性と男性の間に1席、その斜め後ろに1席空いている席がありました。
最前列に私が座り、その後ろに、いちごちゃんが座りました。

20151129_161819これは、リサイタルが終わったあとに
撮った写真です。
ちょっと遠いように見えますが
この角度からだと
両手の指の動きが全部見えました。
ベストシートでした。

仲道さんは、華奢な体つきなのに
肩から腕にかけての筋肉がすごい。贅肉はありません。
鍵盤を叩き続けて出来上がった芸術的な肉付きの美しい腕でした。

リサイタルといっても、とてもアットホームな雰囲気で
マイクを持ってのご挨拶から始まり、
ショパンの曲の説明はもちろん、ショパンの生きた時代背景まで
とてもわかりやすくお話ししてくださいました。

今まで自分のイメージだけで聴いていた曲が
より具体的にショパンの思いを感じながら耳に入ってきました。

人前で演奏をするということは、たぶん幾つになっても緊張することだと思うし
それなりに神経質になってしかるべきだと思うのですが
演奏の合間にマイクを持っておしゃべりをするということが
どれだけ負担になっているか、しろうとには推し量ることもできません。
しかも、譜面なしです。
ものすごい練習量なのでしょう。ある意味、トランス状態ですよね。
そこに行き着くまでの苦労は、きっとご自分ではお話しになることはないでしょうが
相当なものだと察します。
それをさらっとこなされるところがプロフェッショナルだなあとつくづく感心しました。

一番最初の曲、「幻想即興曲」嬰ハ短調 op.66
は、たぶん聴けばどなたも、ああ、聴いたことある、とおっしゃるほど有名な曲ですが
なぜ、これが有名で皆の耳に残るか、のマジックをご披露くださいました。
右手が8個の音を、左手が6個の音を奏でているなんて
全然考えたこともなかったです。
そして、それがもし、両手が同じ8個の音を出すとどうなるかという実験もあり
その違いを自分の耳で確かめることができました。
さらに、途中で、その最初の音階が、サブミナル効果のように
散りばめられているということも、
皆の心にワサワサした感情を引き起こす原因になっていることがわかりました。
すごい!!

ショパンの生きた時代、
ポーランドという国は存在していなかったそうです。
他国の侵略を受けて国が消滅していたのです。
でも、ポーランド人はその誇りを失わず、いつか独立しようと
耐えて耐えて頑張りました。
ショパンも17、8歳の頃、民主化運動に参加していたそうです。
20歳でポーランドを去ったあとは、
亡くなるまで故郷の地を踏むことはありませんでした。

「ポロネーズ」と言う言葉を聞いたことがありますか?
これは、ポーランド風の、という意味なんだそうです。
ポーランドの伝統的な踊りや、それに繋がる音楽の始まりの音を
ショパンンはイメージして取り入れ、曲を書きました。

そうだったんだ。

日本は、単一民族、単一国家で、島国。
長いこと他国との接触を避け
侵略されたこともない、本当に幸せな環境の中で生きてきましたから
国がなくなってしまったら、どれほどつらく大変かを想像することはむずかしい。

ショパンは、そういう苦悩をピアノで表現していたのですね。
仲道さんのような、こういった地道な活動をする人がもっともっと増えて
日本の隅々まで音楽に対しての理解が深まり
誰でもが気軽に演奏会に行けるような環境になるといいですね。

そして、音楽を通じて、いろいろな勉強に繋げ、
大人も子供ももっともっと成長できたらいいですね。

休憩時間となり、何気にふと隣りの男性を見たら、ケンちゃんでした。
いやだ、全然気がつかなかった!
彼も高校の同級生で、このごろあちこちで顔を合わせている御馴染みの人です。
仲道さんの右手の親指が
使ってないとき、鍵盤の手前の黒いなんていう名前が付いているか知りませんが
そこにいつもあって、ぎゅっと押さえている感じ。
そこで他の指のバランスを取っているのか、不思議な癖だなあ
と思って見ていたので、今度ケンちゃんに会ったとき、聞いてみよう、
と考えていた、そのケンちゃんが隣りに座っていたのでした。

さっそく質問してみたら、そお?全然気がつかなかった、という答えでした。

後半は、ピアノの解体ショーがありました。
ピアノを習っている幼い子供たちもたくさん来ていましたので、
彼らを壇上に上げ、
ピアノはどういう仕組みで音が出るのか、を説明してくださったのです。
東京から調律師がいらしていて
その方がピアノの鍵盤を外して台の上に乗せ、
面白可笑しく、楽しく学ぶことができました。
とってもよいアイディアですよね。

後半は主にワルツでした。
ワルツに対するショパンと仲道さんの思いも知ることができ
ウインナーワルツとはまた全然違ったワルツを堪能することができました。

最後の曲、ポロネーズ第6番変イ長調「英雄」op.53は
私の好きな曲のひとつで、とても元気の出る曲だと思っていました。
それは、逆境のポーランドが祖国のために闘うというイメージの曲だと知って
びっくりしました。そういう曲だったのか。
これからはそういうショパンの思いを想像しながら、聴いてみることにします。

仲道さんは、お話しの中で19歳のお子様がいるとおっしゃっていたので
お幾つなんだろうと調べてみたら、なんと52歳。若い!!
お顔や声はもちろんのこと、
あの後ろ姿、肩甲骨から二の腕のラインがとても50代とは思えない。
私ももう少し、引き締めないといけないと、変なところで気合が入りました。

終了したあと、
CDや書籍販売のコーナーには黒山の人だかり。
こりゃ時間かかりそう。
私の車の後ろには3縦列の車が止められており、早く出さないと大ヒンシュク。
いちごちゃんと待ち合わせ場所を決めて、さっさと車を出さざるを得ませんでした。

20151129_162001ゆめみかん。
またぜひこういう催しをやってくださいね。







20151129_164528いちごちゃんから
来年の同窓会のことについて
いろいろ案が出ているという話しを聞きました。
前回の同窓会の時、
次は2016年に伊勢神宮参拝で
と決まったはずでしたが
城崎温泉でもいいよね、
ということになりつつあるらしい。
まっ、私はどこでもいいです。

同窓会はお任せするとして、気になるのは、愛媛FC。
ずっと速報を見ていて、0-0が続いていました。
いちごちゃんの、神戸に住んでいる姪御さんが
今日勝ったら、決勝戦は観に行くと言っていたのに
やっぱりじっとしていられないから、と長居へ来てしまった
というラインが入り、
まだ連絡が来ないと言うことは、点が入っていないことだね、
と言ってました。
セレッソには勝つだろうと、根拠はありませんが、気楽に考えていました。
私も決勝戦には行くつもりでした。

引き分けではだめなんです。
もう時間がない。
でも、最後の最後まで何が起こるかわからないので、
諦めないで、笛が鳴るまでガンバレ〜。

そろそろ帰ろうか、といちごちゃんが言うので
じゃあ、最後にもう一度速報を見てから、とスマホをいじっていたら
「引き分けで決勝進めませんでした。
でも、内容では勝ってました! ただゴールが決まらず。」
とコアラちゃんからラインが入ってきました。

やっぱり、コアラちゃん、行ってたんだ。
長居へ行く算段をしている、と言ったきり連絡がなかったので
都合がつかなかったのかなと思っていました。

残念・・・・・・・・・・・・・・・

20151129_173228あっというまに日が暮れて
外にはクリスマスのイルミネーション。

すぐさま、トムから電話があり、
「どうして延長戦しないの?」
規定で、プレイオフの準決勝は、
90分で決着がつかない場合
年間順位の上のチームが決勝に進む
ということになっていることを説明すると、
「そうなんだ。負けていないのに、悔しいね。」
仕方がありません、そういうルールですから。

ネットの速報では
「圧倒的に有利に試合を進めていたセレッソだったが、引き分けに終わった。」
と書いてあり
コアラちゃんと見方がずいぶん違うぞ!

20151129_200313卵どんぶりの夕食を取りながら
今日のゲームを取り上げてくれるテレビ番組を
探しながら、夜が更けていきました。

負けてないのに、決勝には進めなかったけど、
よく頑張ったと褒め讃えたい。
日本代表や元代表を有するビッグクラブに
正々堂々と挑んで
感動するゲームを見せてくれた。
本当によくやったと思います。
やっぱり行けばよかった・・・・・・・。

ichigodaifuku35 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2015年11月28日

寝て曜日

20151127_23460726日にいただいた号外を忘れていました。
最終戦のあった日、
愛媛新聞は今季全節の新聞記事を
ひとつにまとめて配ってくれました。
が、当日の記事は、
当然載せられないですよね。


その分を26日の決起会でいただいたのでした。

    『愛媛FC躍進 最高5位』         『J1の予感ホーム興奮』
20151127_23461720151127_234628







     もっともっと大きく取り上げてもらえるようにガンバレ〜!!

20151128_115847ホウレンソウと明太子パスタのランチ。

今日は松山に行かなくてよくなったので
朝はみかんジュースだけ飲んで寝てました。
お昼前にやっと起き出して
キミおばさんからの着信があったのに
気づきました。
「車はあるのに静かだから、
風邪をこじらして臥せっているのかと心配だった。
もう一回電話して出なかったら、お餅でも煮て持って行ってあげようと
思っていたところだった。」と言われました。
80を過ぎたおばさんに心配をかけてしまって申し訳ない。

そこへ今度はイギーから電話。「ソファを持って行くよ。」

実家の2階にあるソファを処分したい、と言われたので
それならわたしが引き取る、と前々から話していたのでした。

20151128_105410現在のソファは、横浜から持ってきたもの。
5つに分割できる大きなソファだったので
肘かけの付いている2個だけ
捨てずに持ってきていました。





20151128_113131それをどかせて、
スペースをあけて待つことにしました。

左に見えるホースはガス管です。
床下を這わせて、ガスストーブの取り入れ口を
ベッドルームとダイニングルームに
造ってもらいました。
ガラスのはめ込まれた障子の向こうが
ベッドルーム。
ベッドルームからホースを引っ張るのに
家のあちこちが歪んでいて、上部に隙間ができていたので
障子戸にわざわざ穴をあけるより、そこを通すことにしたわけですが
こうやって見ると、あまりスマートじゃないですよね。

20151128_123622とりあえず、このようになりました。








20151128_123745イギーからの差し入れ。
一緒にソファを運んできてくれた
実家の近所のおじさんが
「ねえさんが風邪を引いているので、
これを買って行ってあげるんじゃと言うてなあ。」
と教えてくださいました。
彼にはそういうやさしいところがあります。

さっそく、乳酸菌入り青汁を飲みました。

20151129_073624先ほどのソファはこちらに移動。
4畳半と3畳の部屋の仕切りをはずして
リビングルームとして使っているのですが
「これじゃ、テレビが見にくいなあ。」とおじさん。
「テレビ観ないからいいんですよ。」とイギー。
おっしゃるとおりです。
まあ、おいおい場所は考えます。


20151128_145536レッズ対ガンバのチャンピオンシップが始まる前
大急ぎで仕込んで
ハーフタイムに焼きあがったおやつ。

卵白を泡立てる時間が短すぎて
あまり膨らんでいませんが
バターのいい香り!


20151128_1502103.11の地震で食器棚の扉が開き
食器がだいぶ割れてしまったのですが
スポードのこのセットは無傷でした。
久しぶりに、というか、こちらに引っ越して
初めて使ってみました。
お茶は、
マリアージュ・フレールの「マルコ・ポーロ」です。
風邪引いたおかげでのんびり。
でも、鼻が詰まっていて、味があまりわからない・・・・。

試合前は、レッズが勝つだろうと予想していました。
でも、始まってみると、ガンバの方が落ち着いているように見えました。
レッズは、広島軍団??
西川、槙野、柏木、森脇、李(リーくんは東京のイメージ強し)、
そしてペトロヴィッチ監督。
これだけの選手が抜けても年間1位の広島ってすごいなあ、と単純に感心しました。

今季が始まった当初は、2シーズン制についてあまり肯定的な意見はなかったように
記憶していますが
最後にこれだけ盛り上がって、まさに「痺れる」ゲームになったことは
選手たちも観客たちも、そして協会も、いい体験だったと思います。
海外に出て行く選手が多い中、Jリーグも熱く闘える環境を作らないと
底上げができませんものね。

PK戦だけは避けてほしいと願っていましたけど
最後の最後に意外な結末を迎えましたね。これがサッカーというものですね。
私の中でのMVPは今ちゃんでした。

そのあとは、新しくやってきたソファに横になってダラダラしていました。
薬を飲まずに、
自分の体の中から自分で治す力を出して風邪を追い出そうとしているのですが
簡単にはいかないようです。
この無駄なように思える時間、もったいないかどうか微妙なところです。

ichigodaifuku35 at 21:30|この記事のURLComments(0)

2015年11月27日

安眠枕

20151125_0005193日間貸し出してお試しできる安眠枕。
これではわかりにくいですが
3段になっていて、
頭、首、肩が収まるような造りです。

鍼灸院で治療中に使われる枕で
非常に収まりがよく、好評ということで
貸し出しを始めたそうです。

確かにとってもいい感じではあるのですが
うちのベッドはウオーターベッドなので、ふわふわしているし
高校のときムチウチをやって以来、
私は枕というものを使って寝ていないので
うまく使いこなせません。
しかも、寝相が悪く、朝起きたら、頭の位置がずれている。
寝入りの15分だけでも効果があるそうで
たしかに熟睡できているような気はします。

こんなに寝ても寝ても眠いのは、
睡眠の質があまりいいものではないのでは?と言われているので
使ってみる価値はあるのかも。

20151126_115957これが残り一個の日切り焼き。
もう昨日のお昼に食べちゃいましたけど。







20151126_125210そして、おでん。
おでんというか、大根とじゃこ天と
糸こんにゃくと茹で卵を煮ただけ。
辛子の代わりにしょゆのみを乗せて
いただきました。
これ、昨日の夜、今朝、お昼、と3食続きました。


枕を一応、お返しして、また松山です。
何で行こうか迷ったのですが
きょうは寒い!
公共交通機関で大勢の人の中にまみれ、
寒い中を歩いて行くより
車を運転して、なるべく外を歩かないようにした方がいい、
と判断し、車にしたのですが
顔の真ん中あたりがぼお〜として、意識がしゃんとしてない。
十分気をつけて運転しました。

今夜のミーティングは100名ほどの大所帯。
スピーチしたのですが、だいぶ飛んじゃいました。
なんだか、熱っぽい顔をしているよ、と皆に言われ
終わったあとの慰労会は遠慮させていただき、さっさと帰ってきました。

お風呂にお湯をためている間、ソファでうたた寝してしまっていました。
まだ眠いか、あれだけ寝て!
風邪はいつになったら治るのでしょう。

明日も松山。
でも、LINKOさんが「休みなさい。」と言ってくれて、
明日は出かけなくてよいことになりました。
ゆっくり休養しよう。

ichigodaifuku35 at 23:16|この記事のURLComments(0)

2015年11月26日

ちょっと当てが外れましたが・・・・

「『活動報告会』っていうのがあるけど、行く?」とサッカー小僧に言われ、
ふたつ返事でOK。
これはスポンサーと法人会員専用のご案内で
一般のサポ―ターにはお声がかからないものです。
サッカー小僧の代理と言うことで参加させていただくことにしました。

20151126_202445ところが、
プレイオフ進出が決まったので
それが「決起会」に変更となりました。

松山市内の某ホテルで行われた決起会、
会場入り口には18番のユニフォーム。

『夢と絶望の90分』というポスターも見えます。

20151126_183404







会場内は、まあ、黒いスーツ姿の御仁たちで溢れていました。
県内有数の企業のお偉方、その代理の方々が一堂にお集まりになり、
なんだかちょっと場違いなところに来てしまった、という感じ。

そして、プレイオフを前に、調整のため、
選手全員はここに来られない旨の案内があったときは、がっくり。
先ほど、ホテルの駐車場に車を入れようとして走っていたとき
花園町で、玉林くんが歩いているのが見えたので、
てっきり選手たち全員が来てくれるものだと思い込んでいたのでした。

来てくれた選手は、吉村、玉林、河原の3名。
主力が来てくれて、ありがたいことだなあと素直に感謝。

20151126_184742木山監督は、
僕は一度プレイオフの経験があります。
結果は言いませんけど・・・・(笑)。
あの痺れるような感覚は
経験したものでないとわからない。
またそれを味わうことができ、うれしい。
というようなことをおっしゃっていました。
そうですよね、痺れる感覚、
これはまさに醍醐味ですよね。

玉林くん、
「僕は宇和島出身なので、他の人よりたくさん応援してください。」と
笑いを取っていました。
佑都くんも福西も愛媛県人ではあるけれど、彼らは東予。
玉ちゃんは南予。より親しみを感じます。

中村県知事は、
地域に根付いたスポーツとはなんぞや、と考えたとき
ワクワクする、そして、幸せになれる、そんな気持ちにさせてくれることだと
言われました。
今年の愛媛FCは毎回ワクワクさせてくれましたよね!

来賓のご挨拶のあと、監督、コーチ、選手は退出、と言われ、
動画を撮ろうと出口で構えていたら、あちこちのテーブルを回り始めたので
一旦止めたところ、
変なところを押してしまい、まごまごしているうちに全員退出。

最後、出て行く河原くんを捕まえて
彼は涙もろい人なので、一緒に泣こうね、と声をかけたら握手をしてくれました。

外で写真撮影に応じる河原君をパチリ。20151126_190015








20151126_190550さあ、選手がいないのなら、
もう食べるしかありません。
サインや写真撮影をする時間が
必要なくなったので
思いっきりいただこうと張り切ったものの
あまり食べられませんでした。
胃が小さくなったかなあ。

その分、いろいろおしゃべりできました。
県知事ともお話ししてきました。

20151126_195654豊島社長はここでも鉢巻。
ご挨拶に行ったら
「遠い所からわざわざありがとう。」と言われ、
恐縮。
わたしが松山から100km離れた所に住んでいること、ご存知なのです。

そして、耳元でこっそり
「きょうは決起会だから、やっぱり鉢巻がいるだろうと思って
取りに帰ったんだよ。」お茶目な方です!

20151126_195009壇上にはレディースが上がりました。
彼女たちはコンパニオンよろしく
お出迎えから、ビール注ぎ、お話相手、
お見送りまでさせられていました。
させられて、と言ういい方は違うかも。
していました、えらい!!

いろいろな選手とたくさん話しができ、
来季こそはレディースのゲームを観に行こうと決意しました。
楽しいひとときでした。

BlogPaint社長とツーショット。
わたしが手にしているのは
長い鉢巻の尻尾です。






20151126_20245618番の後ろ姿。
怪我はどのくらいで完治するのかわかりませんが
戻ってきた場所がJ1だったら、最高ですね!!










お土産は、フラッグとタオルマフラーでした。
20151127_00570220151127_005731

ichigodaifuku35 at 23:35|この記事のURLComments(0)

2015年11月25日

お日切りさん

20151125_080140今朝は全く霧がなく
あたりは視界良好ですが、寒い。







ニコがいるおかげで、良い気分転換になります。
20151125_08045920151125_080510








20151125_080628ニコは言うことをよく聞くので
リードがなくてもお散歩できます。
怖がりなので、私の姿が見えなくるところには
絶対行きません。

これ、なんていう花でしたっけ?
巨大な花。このごろ、あちこちで見かけます。20151125_080829









20151125_081735キミおばさんが
ホウレンソウと大根を下さいました。
大根を抜くのもひと苦労。
だんだん歳老いてきているのがわかるので
心配です。




20151125_110346食欲なく、
昨夜の豆腐の御吸い物の残りで雑炊。
ゴマをいっぱい振りかけたのですが
消化に悪いかも。




これから、また松山へ出かけなければなりません。
毎日毎日、御苦労なことです。

きょうもしんどいので、バスにします。
あれだけ寝てもまだ眠い。バスの中で熟睡していました。

ミーティング開始の30分前に到着の予定だったので
日切り焼きでも食べてお茶してから行こうと考えていたのに
目が覚めたら、30分遅れてました。途中、渋滞があったらしい。
大急ぎで、集合場所に向かい、日切り焼きは食べる暇がありませんでした。

20151125_173934まだ12月にもなっていないのに
デパートは、クリスマスの飾りつけ。

つい最近、1日1文、
英語の文章を覚えることを始めました。
その中に、
「クリスマスは資本主義に利用されている」
というセンテンスがありました。
まさに、それですね。

20151125_181717







でも、そのあと、こうも続きます。「そうは言っても、それは今でも宗教行事だ。」
「そうは言っても」という熟語の例文なのでした。

ちなみに、それを英文に直すと

Christmas is exploited by capitalism.That said, it is a religious festival.

20151125_183314帰りのバスまでにちょっと時間があったので
お日切りさんにお参り。

そして、念願の(?)
日切り焼きを3個買いました。
日切り焼きと言うのは
今川焼きのことです。

バスの中でアツアツの日切り焼きをほおばりながら帰ってきました。

20151125_204623大根をもらったので
おでんを作ろうと、
バス停そばのお魚屋さんでじゃこ天購入。
そのとき、このお寿司半額だったので
思わず手が伸びました。
愛媛では、これをちらし寿司と呼びます。

ichigodaifuku35 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2015年11月24日

風邪悪化。

昨日、雨が降らなかったのはラッキーでしたが
後半ごろからさすがに冷えてきて
風邪が本格化してきました。

きょうは予定がひとつ入っていたのをキャンセルさせてもらって
1日寝ていることにしました。
寝ても寝ても眠いのです。
そして、食欲が全くありません。

風邪と言うよりは、食べ過ぎによる胃腸疲れなのかもしれません。

wAKOさんが「みかんいる?」とラインをくれて
食欲ないから、ヴィタミンCでも摂って風邪を治すか。

夕方、実家に寄ったら、イギーは留守。
犬3匹をお散歩させました。
20151124_171514イギーが柵を作ってくれたので、
これがあれば安心。
3匹自由に
駐車場の中を走り回ることができます。





20151124_171633外に出たそうなベル。
まだ仔犬ですから無理でしょうが
大きくなったら、越えちゃうかも。






20151124_171345だいぶ仲良くなったようです。








20151124_193325いただいたみかん。
これでまた毎日みかんジュースを作ります。







20151124_194655遅い夕食は、
豆腐ステーキと豆腐の御吸い物。
お隣りさんからいただいた丸寿司も。
こんなに食べて大丈夫?





今夜はニコだけ連れて帰ってきました。20151124_22460220151124_224628








彼女は蜜柑が大好き。
蜜柑の皮を剥くと、飛んできます。そして、一瞬にして呑み込んでしまいます。
おなかをこわすといけないので、ちょっとしかあげません。

ichigodaifuku35 at 22:30|この記事のURLComments(0)

2015年11月23日

夜の道後アート

20151123_182205ニンスタから道後へ移動してきました。
渋滞していて、
思ったより時間がかかってしまいました。

これが道後温泉本館入り口。
暖簾をご覧ください。
蜷川実花氏がデザインした
大胆な花模様のモチーフ。
この絵柄をあちこちで見ることができます。

   本館全体、障子に色鮮やかに映し出されている大柄の花々です。
20151123_18223220151123_182246








20151123_182623路面電車の終点そば、アーケード街の入り口。
たくさんの提灯で飾られています。

近寄ってみると、こんな感じ。20151123_182610














なぜ、道後までやってきたかというと、知人が東京から仕事でやってきて
道後へ1泊するので会いましょうよ、ということになったのです。
オフになるのが19時過ぎということなので、食事を済ませておくことにしました。

1448271227348自然食のお店。
道後にも支店を出したんだ!

これは、大根とパイナップルのジュースと
熱いほうじ茶。





1448272529285玄米ごはんに納豆を乗せてもらって、
大根のお味噌汁とお惣菜5種類。
何だったったけな?



青菜と煮人参の白和え
レンコンとベーコン
ブロッコリーのおかか揚げ
茹で卵の明太子ソース
さつまいもと生姜

量が多くて苦しかった。でも、おいしかったですよ。

1448275188320そして、彼女の泊っている ふなやへ。
同じ月に2度もふなやを訪れることになるとは。
生まれて初めてのふなやだったのに。
縁とは不思議なもの! 
重なるときは重なるものなのですね。

ロールケーキがおいしそうだったけど
もうおなかいっぱいで無理でした。
珈琲だけいただいくことにしました。

静かで落ち着いた雰囲気の中、
ゆったりと上質な時間を過ごしました。
ひとつ残念だったのは
私がサッカー観戦帰りのため、
コットンパンツにスニーカーだったこと。
場にそぐわない服装でした。
申し訳ないことをしました。
愛媛FC勝利に免じて許していただきましょう。

ichigodaifuku35 at 23:55|この記事のURLComments(0)

2015明治安田生命J2リーグ第42節・やったぜ四国ダービー≪愛媛FC vs 徳島ヴォルティス≫

20151123_104058本日のキックオフは14時。
幕を張りたい人はその3時間半前に集合。
今日もじゃんけんに負けて、センター取れず。
剛くんは怪我のため、出場できません。
でも、せめて幕だけでも張ってあげたかった。20151123_104144









  まだキックオフ3時間も前なのに、この人の数。
20151123_10525920151123_105303








20151123_105352いつもより、断然出足が早いです。
実は、今日はここの総合運動公園内で
高校ラグビーの決勝、
春バレーの準決勝、決勝が行われるそうで
砥部動物園の入場者と合わせて
人出が半端ないのです。
駐車場もすでに大混雑でした。

この中で、どのくらいの人がサッカー観戦をしてくれるのか。
期待半分、不安半分です。

20151123_105443時間がありすぎるので、
一旦車に戻って、休憩することにしました。

この石段、きついんですよ!





20151123_10573320151123_105756








20151123_10590220151123_110042








20151123_10593920151123_110000








20151123_120704昨夜作るはずだったスキヤキは
今朝、玉ねぎと牛蒡と糸こんにゃく入りの
牛鍋になりました。
これ、けっこう量があるのですが、
あまりにおいしくて、全部平らげてしまいました。

そして、しばしお昼寝。太るはずだあ。



 1時間ちょっと前に戻ってみれば、こんな感じ。
テントの食べ物屋さんには列ができていました。
20151123_12351220151123_123520








20151123_123711隣りのラグビー場を覗いてみたら
おお〜!
前回のシニアサッカーのゲームでは
観客が3人しかいなかったのに
きょうはいっぱい座ってる!!




20151123_124327本日のマッチデイプログラム。
一応、剛くん、真ん中で一番でかい。



でも、配られた新聞に
剛くんの姿がなかったのはさびしい。20151124_155048














20151126_074121この新聞、表はこのようになっていて
選手入場のときに、
これを掲げてください、ということらしい。





そして、中を広げてみると、今季の愛媛FC全節の新聞記事が
掲載されていました。さすが、愛媛新聞!!
きょうのスポンサーは愛媛新聞なのでした。20151124_155121








20151125_132020ピントくんのメモパッドのおまけ付き。
ピントくんは、愛媛新聞のキャラクターです。
(ゆるきゃら競争に出場経験あり。)






DSCF2845砥部の山々は紅葉しています。
できることなら、
来週もここに来たいなあ。






DSCF2847一平くん、ほんと、忙しい!
「行くぞ、 J1!」







DSCF2849告知ビラを撒いてたときは
どうなることかと心配しましたが
いい感じで観客席が埋まってきました。
1万人、超えるか!





DSCF2854選手たちが挨拶にやってきました。
最初の方はピントが合わず
もうゴール裏へ行ってしまっていました。






DSCF2855ウオーミングアップが始まりました。








 吉村の引退が発表されました。出番はあるかな?あるといいな。
DSCF2873DSCF2875








DSCF2877四国ダービーのウイナーズフラッグです。
(カマタマーレは含まれない。)
勝ったほうがこの旗をキープ。
2011年以来、この旗は
ずっと徳島側にありました。
きょうこそ、奪回。

思えば、徳島は昨季J1で闘ったのでした。
2012年の終了間際、徳島の新聞に
「J1 ってどんなところだろう?」という見出しが躍っていて
悔しい思いをしました。
当時は、愛媛FCがJ1に行けるなんて、考えたこともありませんでした。
いいな、徳島。
やっぱり、大塚製薬がついてるからな。
愛媛はエリエールだもん、と地方の弱小チームの立場を恨みました。

徳島はその年、結局昇格はならなかったのですが、翌年に見事J1へ。
でも、1年で戻ってきてしまいました。
今季は、その逆で、愛媛FCがJ1への夢の扉を開けるところまで来ています。
すごいことですよね。

またまた古い話しで恐縮ですが
愛媛FCがJFLからJ2に昇格が決まったとき
友近キャプテンが
「夢は思い続ければ、必ず叶うものだ。」と言ってました。
あれから、10年。感慨深いものがあります。

DSCF2879豊島社長、オレンジ色の鉢巻を締めて
一年間、本当にご苦労様でした。
こんな熱い社長は見たことがありません。






DSCF2880可愛いチアガールズたち。
これからダンスを披露してくれます。







DSCF2886一平くん、
最初から最後まで
ずっとからだを前後にゆすっていました。
この曲、カンボジアのアビスパU-18戦のとき
タイガーFCのマスコットと一緒に踊った曲と同じです。
耳に残って離れない軽快な曲。
一平くんも一緒に踊ればよかったのに。
          振りが違うか。

DSCF2890DSCF2887








DSCF2893選手入場前、
「この街で」を皆で歌います。







 1番の歌詞のときは、フラッグを前に。  2番からは、フラッグを振ります。
DSCF2895DSCF2896








歴代のユニフォームが並びました。ちょうど10枚あります。10年ですから。
DSCF2897DSCF2901








DSCF2906新聞の愛媛FCフラッグを掲げるサポーター。








DSCF2907ゴール裏では、ビッグフラッグ。








DSCF2909選手がピッチに勢ぞろい。
来季からはメインスタンドに戻ります。
ちゃんと完成するのでしょうか?
全然進んでないように見えるのは気のせい?





DSCF2910林堂、通算100試合目の記念の花束。
お隣りは奥様。美人!







DSCF2912今日のキャプテンは、河原。
児玉と何か言葉を交わしています。







DSCF2917さあ、キックオフです。








           メインスタンドにベンチ外の選手たち発見。
一番左の足を上げているのが剛くん。
DSCF2921DSCF2920








BlogPaintいつもはガラガラなのに
きょうは混み合っていて
幕が完全に隠れてしまっています。
剛くん、わかってくれてるかな?





DSCF2923近藤君、ゴ〜〜〜ル!!








          誰のベイビイかわかりませんが、揺りかごダンス。
DSCF2925DSCF2926








DSCF2932後半始まります。








DSCF2938レフリーがイエローカードを持っています。








       レッドカード、見えます。
DSCF2939DSCF2941








DSCF2943DSCF2944







テレビ観戦していたトムの話しによると(NHK松山が生放送)
CKの際、徳島の5番と愛媛のGKがさんざん押し合いをしていたそうです。
それで、双方にイエローカードが出て、
5番はそれが2枚目だったので、退場となったということだそうです。

DSCF29482点めは、CKから
目にも止まらぬ早さのゴールでした。

ヘディングで決めたのは、林堂。
100試合目のメモリアルゴールとなりました。DSCF2949









DSCF2955一平くんも頑張っていましたよ。
大型スクリーンにツン隊長の姿も
映っていました。
彼もほんとにフットワークが軽いですね。





DSCF2963吉村、ついに登場です!








DSCF2965キャプテンマークを引き継ぎます。DSCF2968









DSCF29703点目は瀬沼。
これも早かったです。
ボールを受けて、電光石火のシュート。
彼はゴール裏に走っていき、
サポーターたちと抱き合っていました。




DSCF2975まだまだ攻める姿勢が見えます。








DSCF2978どんな気持ちでピッチを駆けているのでしょう。
吉村〜〜〜〜〜〜〜
ありがとう〜〜〜〜〜






DSCF29803−0で愛媛FC、堂々の勝利。
セレッソも勝ったので
プレイオフ第一戦は、ここニンスタではなく
セレッソのホームで闘うことになりました。


セレッソは茂庭が2ゴール決めたそうです。
コアラちゃんが
プレイオフ行く算段をしています!とラインくれまして
モニは今季ずっとサブだったのに、モニの奴!!
と書いてありました。
もってますね、彼。
大熊さんが監督になったせいかな。
それにしても、結果をちゃんと出せるのがすごいです。

DSCF2982徳島からも大勢のサポーターが
応援に駆け付けていました。
悔しいだろうと思います。
来季は闘う機会がないかもしれないけれど
(ウフ)
同じ四国ですから、お互い切磋琢磨して
歴史に残る名ゲームをたくさん作りたいですね。
遠い所からご苦労様でした。


DSCF2990小林伸二監督(右)。
サポーターに挨拶して去っているところ。
文字通り徳島を去り
すでに、エスパルス就任が決まっています。





DSCF2992選手たちがピッチ上に姿を現わしました。
剛くん、先頭です。







 豊島社長、めっちゃうれしそうです。フラッグ、奪回!!        剛くんも。
DSCF2995DSCF2997








DSCF3005挨拶も熱かったです。
粉飾決済が明るみに出て、
一時はどうなることかと思いましたが
見事、ここまで立て直してくださいました。
毎回、オレンジの長鉢巻、
気合の入れ方が違いますよね。
本当にお疲れ様でした、と言いたいです。
まだ終わってないけど。DSCF3010









DSCF3015金太くん、こうやって見ると
ほんと、ちっちゃい。
どんな人が中に入っているのやら。






DSCF3018木山監督のご挨拶。
来季続投が決まったそうで
よかった、よかった。
メンバーほとんど変わってない中で
ここまでチームをまとめて
押し上げてくださった手腕に
来季も期待します。

キャプテン西田の挨拶は動画撮りました。
「半端ない応援よろしくお願いします!!」
力強く大きな声で締めてくれました。
自分の怪我のこと、一切言わなかったのはえらいなと思いました。


DSCF3027吉村のご挨拶。
の途中で、わああという歓声があがりました。DSCF3035








見ると、ヴォルティスの選手バスが出発するところ。間の悪い。
でも、向こうもこれがシーズン最後ですから、必死ですよね。仕方ありません。

DSCF3042お嬢様から花束とメダルを首にかけてもらって
ハグしているところ。







     次々とお花が渡されましたが、青野さんしかわからなかった。
DSCF3046DSCF3047








DSCF3051DSCF3054








DSCF3056セレモニーが終わって、場内一周。
剛くんのスマイル、最高ですね。







DSCF3057DSCF3060








DSCF3062DSCF3066








DSCF3067DSCF3068








DSCF3071DSCF3072








DSCF3075DSCF3085
   






                          社長、こちらこそ本当に頭が下がります。

DSCF3087マスコットさんたちも暑い日、寒い日、雨の日、
本当にご苦労様でした。







DSCF3089最後はゴール裏に集合。








DSCF3090吉村の胴上げが始まりました。
勝利のあと、しかも、
プレイオフが決まっている
という嬉しい胴上げです。
まだ試合があるんです!!
最後じゃないんです!!



DSCF3094そして、勝利のラインダンス。
今季は、19回このダンスを踊った計算です。

勝ち点65、これを取れればプレイオフに行ける
というサッカー小僧の予言はピタリ的中です。




DSCF3095最後にサポーターをバックに記念撮影。
いつもはもっと長々と選手のスピーチとかあるのですが
このあとまだゲームが続くので
選手たちの疲労を考えてか、
いつもより早く終わってしまったような
気がしました。
細やかな配慮、ありがたいですね。

ichigodaifuku35 at 23:52|この記事のURLComments(0)Jリーグ | 愛媛FC

2015年11月22日

不思議な体験

耳元で、「おはよう。」という女の人の声がして目が覚めました。
誰??
夢なのかしらん。でも、はっきり聞こえた。
母でしょうか?

そのあと、誰かが遠くから訪ねてくるような予感がしたのでした。

私は占いや迷信を信じないし、霊感もありません。
なぜそのように感じたのかわかりません。

カンボジアから帰ってきて、手帳は毎日何かしら予定が書きこまれていますが
今日だけまっ白。のんびりするぞ〜。

20151122_121807朝はシナモントースト、
昼は麻婆豆腐、
キミおばさんから大きなユズをいただき
マーマレードにしなさい、と言われたけれど
その気になれず
ホットハニーに柚子を絞って飲みながら、
パソコンに向かっていました。
その絞ったあとの半分に切った皮を器にして、即席茶わん蒸し。
なかなか簡単にできて、おいしかったです。20151122_131010







サンフレッチェ広島 vs 湘南ベルマーレをテレビ観戦しながら
高麗人参茶を飲んでいると
イギーから電話がかかってきました。
「今、みーちゃんがお見えになってるんだけど、
きょうはどこか出かける予定ある?」
「きょうは出かけない。ずっとここにいるよ。」
「兄弟全員帰ってきてるから、そちらに寄りますっておっしゃってるよ。」

びっくりです!
こんなことってあるのでしょうか?

みーちゃんというのは、この家の持ち主の叔母夫婦の娘さん。
つまり私の従姉妹にあたるわけですが
その兄弟全員が帰ってきた、千葉、川崎、四日市、京都、神戸から。
兄弟は3人ですけど、それぞれの配偶者、子供、孫、総勢10人が
揃っておいでになりました。

お顔を拝見してご挨拶しただけで、あっというまにお帰りになってしまって
何のお構いもできませんでしたが
今朝のあの声は、母ではなくて、叔母だったのかもしれません。

20151122_204935夕食は、すき焼きにするつもりでした。
昨日のスーパーマーケットで
伊予牛、絹の味が40%オフだったのです。
でも、おなかがあまり空いておらず
シラス丼になってしまいました。




20151122_153019従兄妹からいただいたチョコレートを
つまみながら
Jリーグタイムを観ました。
どのスタジアムも超満員でしたね。
それぞれのチームカラ一で染まっていました。
羨ましい限りです。

ニンジニアスタジアムも
オレンジ一色で埋めてみたい。
一昨日の告知ビラ撒きの感触だと1万人来てくれるかどうか・・・。

スタジアムがもっと市内の便利な場所にあれば、
気軽に観戦に来る人が増えるのに、と言ったら
ある人が、「距離は関係ない。アルウィン(松本)を見てごらん。」
そうか、そうだよね。

愛媛FCはJ2昇格10年目にして、初めてプレイオフ進出を決め
J1が夢ではないところまできました。

わたしの希望は、とにかくプレイオフ。これできっと愛媛県全体が盛り上がる。
でも、J1には行かなくていい。行ったって、どうせすぐに落ちる。
横浜FCの時のような屈辱感はもう味わいたくない。

ところが、プレイオフが決まっても、あまり盛り上がっていません。
そして、カンボジアで、知り合いのカメラマンに
「一度くらいJ1に行っといてもいいんじゃない?」と言われ
そうだなあ、そうかもなあ、と気持ちが大きく方向転換しました。

とにかく、ここまできたら、J1だ。そうだ、そうだ、J1昇格だ。
今は心底、愛媛FCがJ1に上がれることを願っています。

ichigodaifuku35 at 23:34|この記事のURLComments(0)

2015年11月21日

まだまだ修行が足りません。

20151121_070435午前7時。
霧が深いです。
ゴミ捨てに出たときパチリ。
ニコたちがいないと、
こういう時でもない限り、
外を歩くことはないですねえ。








20151121_071047豆腐を買ってきたのはいいのですが
なかなかいただくチャンスがありません。
きょうも出かけるので、
朝から、湯豆腐になりました。20151121_071651









20151121_101116昨日、中途半端だったので
今日は午前9時より、鍼灸院へ仕切り直し。

そのあと、2時間余裕があり、一旦
古民家へ帰ろうかどうしようか迷っていました。

2匹、顔を出しているの、わかりますか?


20151121_101833ルーは今日は機嫌がよくて
今にも池に飛び込んでしまいそうでした。

3匹を連れて、
久しぶりに運動公園へ行ってみようかな。

3匹は無理でしょ。
ルーは置いて、2匹だけにしたら?
ベルはまだ首輪もしたことがないし、
駐車場以外歩いたことないから、気をつけて、とイギーに言われ、
運動公園までは抱っこして行くことにしました。

いつもは抱き上げると、暴れて噛みついてくるのに
きょうは、見える景色が違うので、びっくりしたのか
おとなしく抱かれたまま、いい子にしていました。

いいお天気で気持ちいい。でも、紅葉はまだでした。いや、もう終わってる?
20151121_10575420151121_105800








20151121_110154クンクンクンクン地面を嗅ぎながら
進んでいるニコとベル。
名前のわからないキノコがあちこちに生えていてこりゃ、やばい。
毒キノコだったら大変だ。




20151121_110215ベルはリードを引っ張ると
座り込んで動かなくなります。
初めて、首輪をつけられ自由を奪われて、
ストライキを起こしています。
そして、リードを噛み噛みします。

また抱き上げて、戻りました。
その点、ニコは本当にいい子です。
言葉がわかるみたいで、言われたとおりのことがちゃんとできます。

2匹を連れて歩いていた私を見て、近所の人が、
「偉いねえ、半袖なんだ、寒くないの?」
暑くて汗だくだくですよ。

おお、もうこんな時間!そろそろ行かなくっちゃ。
犬の匂いをからだ中につけたまま、車に乗りました。
15分くらい走って、ああ、また忘れ物をしたことに気づきました。
どうして、いつもこうなのでしょう。ジャケットをウッドデッキの椅子の上に置いたまま〜。
さすがに半袖だけじゃ寒くなるでしょ、このあと。
仕方なく、引き返しました。

ランチは道の駅で、石窯焼きのピザをいただくつもりでした。
でも、きょうは三連休。お昼時は大混雑。
15~20分かかると言われ、断念。あの30分のロスが大きかった。
20151121_123231ダブルじゃこかつ丼になりました。

大急ぎでおなかに詰め込み、
        向かった先は、こちら。20151121_125523









伊方原発が再稼働の方向で進んでいます。
伊方町議会では再稼働が可決されました。
でも、伊方原発は伊方町だけの問題ではありません。
周囲30km以内に6つの市町が含まれています。
それらの住民の意見も聞くべきではないか、
ということで、伊方町に隣接する市の有志が住民投票を実施するための
署名活動を始めました。
住民投票をするためには、議会の承認が必要で
それには有権者数の1/50の住民の署名を集めなければなりません。

申し出ていた人が日程変更等により、
今日のボランティアが少くなったので急募
というメールを受け取り、馳せ参じたわけですが
個別訪問しながら署名を集めるのかと思ったら
「誰か車ある人? 〇△スーパーに行って。」
というわけで、女性を一人乗せてスーパーマーケットへ。

BlogPaint朝からずっと立っている人と交代してほしい
とのことでした。

休日の昼間は、ほとんど人がやってきません。
こんな人が少ないんじゃだめでしょ、
もうひとつのスーパーマーケットへ行きましょう、
と促され、行ってみましたが、
こちらも同じようなもの。
また戻って、2時間。

昨日の愛媛FCの告知ビラと同じく、あまりに無関心な人が多いのに
びっくり仰天しました。

地元のことですよ、自分たちのことですよ。
福島があんなことになっているのに、どうして平気でいられるのか
私には理解できません。
でも、「こうあるべき」と思い込むのはいけないと昨夜教わりました。
ぐっとこらえて、声をかけ続けました。

途中でお帰りになる方を事務所まで送り、
他の女性2人を駅とご自宅近くまで送り、
またスーパーマーケットへ戻りました。
夕方になると、客足が増えるかな、と期待していましたが
思ったほどではありません。
だんだん気温が下がってきました。
ジャケットを忘れてたら、えらいことでした。
風邪も引いていることだし、途中で帰らせてもらおうかと思いましたが
最後までがんばりました。
午後から正味4時間あまり。
わたしがいただいた署名は二桁に満たない数でした・・・・・。

「もう書いたよ〜。」
「もう出したよ〜。」
「たくさん集めようと思って、ほら、ここに用紙持って歩いてんだよ。」
「書きたいけど、ここの市民じゃないんですよ。」
こういう方々、たくさんいらっしゃいました。

「わしゃ、原発に賛成じゃ。」
「主人が原発で働いているので。」
「なに、それ?意味がわからん。」
そういう方々もいらっしゃいました。
説明しようとするのですが、
なぜ住民投票をするのかという趣旨を理解していただけません。
賛成、反対に関係なく、市民の声を聴いてほしい、という簡単なことなんですけどね。

一番残念だったのは、お子様連れのおかあさんたち、全く無視でした。
責めるつもりは毛頭ありません。
情報が入ってないんですね・・・・。
福島の子供たちが今どういう状態になっているのか、
知っていれば、黙っていられるわけがありません。

伊方原発ができてもうすぐ40年。
いつか放射能漏れするかも、と怯えてきて何もなかった伊方原発。
だったら考えても仕方ない、と話してくれたおばちゃん、確かにそうかも。
じゃあ、ほんとに何か起きたらどうする?

教育ですよね。
つくづく思います。

国民の権利、労働者の権利、憲法で保障されているはずのたくさんの権利が
ないがしろにされているのに、
それに気がつかない、それを知らない、それをなんとかしようと思わない。

地元の住人だけを責めているわけでは決してありません。
たぶん、日本中、似たり寄ったりだと思います。

もちろん知っている人もたくさんいます。
なんとかしなくちゃならないと思っている人、実際に行動を起こしている人、
もたくさんいます。
でも、まだまだ少ないです。

事なかれ主義、人任せ、文句言うくせに動こうとしない、
ビラ配りや署名に拒否反応、過激と決めつけ、耳をふさぐ。

なんでしたっけ? 昨夜の講習。
私を怒らせるものの正体を見極め
『自分の力でその状況を変えられない時は
受け入れた上で現実的、具体的な選択肢を探す』
だから、こうやってスーパーマーケットの前に立って、
署名をお願いしているというわけです!!
20151121_140056

ichigodaifuku35 at 23:00|この記事のURLComments(0)

2015年11月20日

どうしようもないこと。

20151120_080155昨夜よりますます喉が腫れて
みかんジュースを飲み込むのさえ難儀でした。

朝ごはんはシナモントースト。
バターが少なかったか、
シナモンパウダーをかけすぎたか
色あいに斑ができましたが、味はよかったです。


20151120_095101実家に寄り、
2匹とひとしきり遊んだあと、
鍼灸治療院へ。

最初に熱いお茶のサーヴィスがあります。
それをいただきながら、
「どうも風邪を引いてしまったみたいで・・・。
でも、薬を飲まずに様子を見ています。」
と言ったら
「疲れがたまると抵抗力が弱くなり、菌をはね返す力がなくなるんですよね。
咳や鼻水は、からだの悪いものを出そうとするものですから
薬でそれを抑えようとすると、あれ、じゃあ、出さなくてもいいのかな?
とからだが思ってしまうので、なるべく薬は飲まない方がいいのですよ。」

なるほどね、と納得していたところ、はっ、いけない、忘れ物!!!
と突然思い出しました。いつものことですが。

このあと、松山へ行くことにしています。
風邪気味でからだがだるいこともあって、バスで行こうと考えていました。
治療を終えてから、古民家に取りに戻ると、バスに間に合いません。
やばい。
忘れ物というのは、映画のチケットです。13時から、これが最終上映の映画なのです。
しかたない、それを捨ててまた新しく入場券を買うか。
それとも、バスをやめて、このまま車を運転していこうか。
さすがに、今、治療をキャンセルさせてください、とは言いにくい。

そしたら、
「じゃあ、忘れ物を取りに帰って、またいらしてください。
バスの出発までの20分か30分くらい、
風邪の症状を緩和する治療だけしておきましょう。」
ありがたい!!

大急ぎで実家に戻り(歩いて30秒)、車を駆って古民家に戻りました。
家の玄関は道路から10mくらい中に入ったところにあるので、
そこまで車でバックで入る時間がもったいなく、
路上駐車して(通る車も滅多にありませんし)
ダッシュして玄関の鍵を開けました。
あれ?ない!!
チケット類をまとめて入れているファイルの中に映画の鑑賞券がありません。
なぜ?????
どこに移した?
昨日、ああ、これこれ、忘れないようにしなくちゃね、と思ったことは覚えています。
その時、どこかに出したか、
その辺にある書類の山を片っ端から繰って探してみましたが、ありません。
もしかして、あのとき、財布の中に入れたか?
ダッシュして車に戻り、財布を開けてみましたが、ありません。
やっぱり、家の中よね。
またダッシュして戻り、もう一度書類の間を見てみましたが、ありません。
いったいどこに置いたのだろう・・・・・思い出せない・・・・・
もしかして、手帳?
またダッシュして、車に戻りました。
ありました。
治療院で、次の予約はいつに代えてもらおう、とさんざん眺めていた、
その手帳の中に挟んでありました。
んん、もう〜〜〜〜
情けないを通り越して、不安になりました。ボケが始まってる?

また大急ぎで治療院へ戻り、
「すみません、忘れ物、自分で持ってました。」
「よくあることですよ。」と笑顔で返してくれた先生は、すごい。
なんて心根のやさしい人なのでしょう。お若いのに。

腕と鼻の両脇に鍼、首の後ろにお灸、手首に置き鍼をしていただき、
「さあ、早く行かないとバスに間に合いませんよ。」と送り出してもらいました。
しかも、治療費はいらない、ですって!!20151120_122834

腕時計と、北投石のブレスレッドの間の
丸い小さなポッチが置き鍼です。





バスの中でおむすびをほおばり、しばし休息。
映画の上映時刻には楽々、間に合いました。

     今日観る映画は、こちら。
20151120_125147『放射線を浴びたX年後 2 』

愛媛のテレビ局
「南海放送」のディレクターが手掛けた
ドキュメンタリー映画で
「2」ということは「1」も当然あるはずですが、
私はそれを観ていません。
今回は、その「2」についてだけお話しします。

どういう内容かというと、
高知県室戸出身の女性が、
36歳で突然亡くなった父親は
お酒を飲みすぎて死んだのではなく
マグロ漁船に乗っていたとき、放射線を浴びたせいではないのか、
という疑問を解くため、
船員さんたちの家を回って聴き取り調査をし、
父の真の死の原因を突き止め、汚名を晴らす執念の物語。

もうすでに亡くなった方も大勢いらっしゃり
その方々のご家族から丁寧にエピソードを聴き出し
存命の方々には懐かし話しから昔を思い出していただき
中には、「帰れ。」と冷たく言い放つ人もいたりして
彼女のめげない心の強さに、涙が出ました。

おとうさんが亡くなったとき、彼女はまだ12歳。
残された母と妹を養うため、
小学生の時から、アルバイトをして学校に通ったそうです。

いろいろ調査をしていくうちに、恐ろしい事実が次々と出てきました。

一般的に世間に広まっているのは、「第五福竜丸」事件ですよね。
アメリカがビキニ環礁で水爆実験をしていたその灰をかぶり、
船員たちが被爆してしまった事件です。

でも、被爆したのは、「第五福竜丸」だけではなかったのでした。
ビキニ環礁のあたりは、マグロの漁場だったわけですから
日本中から、マグロ漁船が集まっていたのです。

1946年〜1958年に、アメリカは全部で67回もの水爆実験を行なっていたそうです。
それらから出される放射性物質の影響は、
日本にまで及ぶことも承知の上だったそうです。

日本では992隻ものマグロ漁船が被爆してたんですって。
当初は、港で放射線量の検査が行われ、獲ってきたマグロは廃棄処分。
たまりませんよね、2か月も3か月も船の上で暮らしながら、獲った宝物を
全部捨てられてしまったのですから。
でも、翌年から、突然、検査は中止。
廃棄処分されなくなった魚が日本の食卓にのぼったのです。

当時の日本人は、みなその放射能まみれのマグロを食べていたということになります。
ひどい話しです。

そういえば、思い出しました。
小学生の頃
雨が降ると、絶対濡れちゃいけない、傘をさしなさい、と言われていました。
放射能の雨に当たると、ハゲになるから、と言うのです。
「放射能」がなにかもわからず、とにかく、雨には濡れちゃいけないんだ、
と信じていました。
学校に行ってる途中で雨が降り出したら、
母が学校まで傘を持って迎えにきてくれていましたね。

いつのころからか、「放射能の雨」という言葉は使われなくなり
今でこそ平気で雨に濡れていますけど、
日本の特に東半分の方々は、
雨にお気をつけになった方がいいかもしれません。
2011年3月11日以降、放射能は漏れ続けています。収束してはいません。

なぜ、突然に検査が中止になったかという理由は
アメリカと日本が交わした契約にあります。
水爆によって起きた被害に200万ドル(約7億2000万円)支払うから
それで終わりにしよう、というアメリカの要求を日本はのんだのです。

そして、それ以降、すべてのデータは隠ぺいされ、
第五福竜丸の乗組員たちにそれぞれ200万円が払われ、
ケースクローズとなったということです。
7億円ももらっておきながら、たった200万円でけりをつけようだなんて・・・・・・。

船に乗る人は、全員船員手帳を持っており、
それにはどの船に乗って、どこへ行って、どの海域で操業したか
ずべて書かれているそうですが、
多くの船員が、当時のページを破って捨てたそうです。
なぜなら、汚染された船に乗っていたということがばれると
いろいろ困ることが起こるからです。

そして、当時のことは皆、口をつぐんてしまって、
外にもれることはありませんでした。
自分の生活を守るため、家族を養うため、仕方がなかったことかもしれません。

被爆が厄介なことは、癌になったり、他の病気になったり、
突然死したりすることの原因が特定できないことです。

でも、先年、厚生労働省が文書を開示し、事実が明るみに出ることとなりました。
黒塗りの部分もたくさんあるとは言え、
多くのマグロ漁船が被爆したことが証明されました。
それも半端ない数値です。

聴き取り調査で、元船員たちからの生の証言もたくさん集まりました。
彼女のおとうさんは、被爆した船に乗っており
はっきりした証拠がないにしても、
突然死は、被爆の可能性があるということがわかったのです。
あの屈強なおとうさんが、酒を飲んだからと言って死ぬわけがない、
回りの人から、「酒の飲み過ぎよ。」と言われ悔しい思いをした
その長年のもやもやがやっと晴れたのです。

なんということをしてくれたんだ、アメリカという国は。
そして、日本という国は・・・・・。言葉に詰まります。

国家というものは、国民を守るためにあるはずなのに
国家を守るために国民が犠牲になるようでは
国家としての意味がありません。

私にできることは、一人でも多くの方にこの事実を知ってもらうよう広めること。
「放射線を浴びたX年後」 「第五福竜丸」で検索してみてください。
もっとたくさんの事実がおわかりいただけると思います。

この上映が最後だったにもかかわらず、客席はガラガラでした。
私自身、人から前売り券買って、と言われ、
よく知らないままお金を払い、観に来たという適当さで
もし、声をかけてもらってなければ、その存在さえ知らなかったと思います。

南海放送、よくやった!えらい!
テレビでの再放送、映画館での再上映、あるといいですね。
本も出版されているようですよ。

この気分の高まりを抑えつつ、
このあと2つのスケジュールをこなさなくてはなりません。
中途半端な空き時間があります。

20151120_144044大街道のアーケードをブラブラ。
これは「フライブルクの鐘」。
フライブルクの市庁舎にあるカリヨン24は
毎日正午に音を奏でるそうです。
松山市は、フライブルク市と姉妹都市なので
それと同じものを寄贈され、
これも毎日正午に鳴ると書いてありました。
まだ一度も聴いたことはありません。






次に、ラフォーレ原宿があった場所にホテルといくつかの店ができたので
その中の本屋さんを覗いてみました。
この数か月、本を一冊も読んでないなあ。
見て回りましたが、これといって読みたい本は見つかりませんでした。

20151120_153236これは、その建物内にあったクリスマスツリー。

ブルーの色がとっても鮮やかでした。  20151120_153244












1448002154888中途半端な時間ではありましたが
歩き疲れて、カフェへ。
早めの夕食。
ここはホットケーキで有名。
でも、甘いものを食べる気分じゃなかったので
ホットサンドイッチ。
窓から大街道を行き来する人が見えます。
ヒューマンウォーッチングをしながらぼ〜としていました。

1448007453517 2杯目の珈琲です。

だんだんあたりが暗くなり、
やっと17時半になりました。

明後日は、愛媛FCが徳島ヴォルティスと闘います。
四国ダービー、これがJ2リーグ最終戦です。
それの宣伝ビラを配るボランティアをするため
時間を潰していました。

ここは大街道の入り口なので、ここに居れば
すぐわかると思って陣取っていたのですが
オレンジ色の姿が一向に現われません。

仕方がないので、大街道を歩いて探すことにしました。
なかなか見つからず、私の勘違いかと思ったほど歩き
やっとそれらしき人をひとり発見。
たったひとり?
声をかけたら、もう少し先にいる人からビラを受け取って下さい、
と言われ、そこに3人。
こんなもんなんだ、ということにまず驚き。
もっと大勢の人が幟や何か立てて、
賑やかにビラ配りをしている様子を想像していたので。

そして、もっと驚いたのは市民の反応のなさ。

地元えひめのチームがプレイオフ進出を決め、
明後日勝てばセレッソの成績によっては4位に上がり
そうすると、プレイオフの第一戦はニンスタで行われることになるのです。

そこまで詳しくは知らなくても、毎週地元のテレビでは情報を流していて
愛媛FCが頑張っていることはわかっているものと思っていました。

実際はそうじゃないらしい。
まあ、考えてみれば、毎試合3千人集まったらいいくらいの動員数じゃあ、
市民の熱意の程度が推し量られますよね。

くやしいです。
愛媛FCがもっと強くなれば、ミーハーな日本人はきっとスタジアムに来る。
もしも、J1に上がって有名なプレイヤーを獲得し、
毎回いいゲームをやれば、絶対お客は増える。
でも、今は無名。
地元のクラブチームなのに、なぜ??

一時期のナデシコ、今のラグビー、日本人はミーハーの極致であることを
思い知らされました、今さらながら。

たとえば、政治的なビラとか、商品宣伝のティッシュペーパーとか、
そういうものと全く同じ反応なんですよ、街行く人のほとんどが。

「大丈夫です。」
何が大丈夫なの?

こちらの説明を聴こうともせず、いらんいらん、と手を横に振って
足早に通り過ぎようとする人がほとんどでした。

中には
「知ってるよ。頑張って。」
「僕もサポーターです。」
「23日、行きますよ〜。」
そう言って声をかけてくれた人がほんのわずかですが、いらっしゃいました。
わずかでも、ものすごくうれしかったし、励みになりました。

ビラ配りは、精神修業だとつくづく思いました。

「無視したあんたら、愛媛FCがJ1で優勝争いするようになったからといって、
ほいほいスタジアムに来たりしたら、許さんぞ。」
まだまだ修行が足りないいちごです・・・・。

20151120_183321皆さんと記念写真を撮って別れ、
路面電車に乗って、さらに移動。
真穴みかんを1個いただきました。
ごちそうさまです。




お次は何かというと「アンガ―マネージメント」の入門講座。
「アンガ―」とは怒り
「マネージメント」とは後悔しないこと。
怒る必要のあることは上手に怒れ、
怒る必要のないことは怒らないようになること。

内容はわかりやすく、ひとつひとつが納得のいくものでした。
詳しく書きたいのですが、講師の仕事を奪ってしまうことになりかねないので
ここでは省略します。

2つだけ、書き出しておきましょう。

「べき」という思い込み、それに反したことをされたとき、怒りの感情が湧いてくる。
さきほどのビラ配りは、まさにそれですね。
愛媛県民は、みんな愛媛FCを応援して当然、という思い込み!

正当な怒りはあっていい。
そして、その怒りの原因が自分の力でコントロールできるものとできないものに分け
自分の力でその状況を変えられないものに関しては
受け入れた上で、現実的、具体的な選択肢を探す、というのがマネージメント。
これは、ちょっと難しいけど、「放射線を浴びたX年後」に当てはまるのかなあ。
国に対して何ができるのか、一人の力ではとても無理ですからね。

帰りは、MARIMOさんが送ってくれて、大変助かりました。
夕食が早かったのでおなかが空きましたが、
お風呂に入って、1時間だけ我慢してベッドに入りました。
寝る1時間前に、蜂蜜湯をコップ一杯飲むと、寝てる間に脂肪を溶かしてくれる
という情報を得たので、今夜からそれを実行してみます。

ichigodaifuku35 at 23:55|この記事のURLComments(0)

2015年11月19日

空席待ちをしてみるもんだ。

20151119_075048羽田空港に着陸したのは午前05時30分。
税関を通過して、国内線乗り継ぎカウンターへ。

朝の松山行は満席で、
お昼の便からしか空席がありませんでした。
中途半端なので、それなら戸越に寄って
ひと眠りしてから帰ろうと
夕方の便を予約しておいたのですが
やっぱりめんどくさくなって、このまま帰る方が楽でいいな、
と考え直し、空席待ちをすることにしました。

予約を持っていれば、ここのカウンターでスーツケースを預け、
その奥にある手荷物検査を受ければ、そのまま国内線ターミナルまで
バスで連れて行ってくれます。
でも、私は空席待ちなので、
自力で国内線ターミナルに行き、
そこでスーツケースとともに手荷物検査を受け、
それをゲートまで運び、呼び出しがあるまで待つ、という情けない動線。

搭乗が始まっても何も音沙汰がないので、だめだったか、と諦めかけていたところ
呼ばれました!
「一番前の窓側のお席でよろしいでしょうか?」
もう、どこだっていいですよ、乗せていただけるのであれば。

前にも書いたと思いますが、私が座るのはだいたいが左側です。
なぜなら、富士山が見える側だから。
でも、きょうは右側の窓側になりました。

ほとんど寝ていないので、離陸してからウトウト。
ぱっと目が覚めました。

ここはどこだあ?
20151119_075332これ、
ちょっと説明してもわからないと思いますが
たぶん、
窓枠に沿って左手に長く延びている影、
富士山です。




20151119_075425甲府でしょうかねえ。








20151119_075741日本アルプスのような気がしますが
まだ雪はなく、
山々の間に雲海が沈んでいます。









20151119_080731空港が見えます。
小牧空港だと思われます。


20151119_080929木曽川。








20151119_081315琵琶湖です。

いつも見る景色と全然違うので
とても新鮮でした。
機内誌の日本地図と照らし合わせながら、
おお〜、おお〜、と窓に顔をくっつけて
子供のように下界を眺めておりました。
ここでも寝る暇がありませんでした。

         瀬戸内海の島々。どこかのリゾート地みたい。
20151119_08431220151119_084803








20151119_100310ほんと、寝てないのに
ちっとも眠くならず、
「とうふ ひと筋 九十年」のお豆腐屋さんで
お豆腐を買って帰ってきました。

シンガポール到着時は32℃でしたが、
羽田は14℃、松山は16℃。
でも、陽射しが強く、いいお天気で
車内は温度が上昇し、エアコンつけながら走りました。
実家に寄ったら、犬たちも庭で仲よく日向ぼっこをしていました。
平和だなあ。

20151119_123558外国から帰ってきた日は
だいたい雑炊か、うどんと決まっています。
きょうはあまりに暑いので、
ザルうどんになりました。

全然眠くないのが不思議。
でも、ちょっと喉が痛い。風邪ひいたかも。

先ほどやっと写真を撮り込んだので、少しずつ映像を足していきますね。

ichigodaifuku35 at 18:40|この記事のURLComments(0)

2015年11月18日

経由地シンガポール

先ほどから、シンガポールからプノンペン移動のブログを作成していたのに、
ちょっとラインの返事をスマホで返していたら、
全部消えていました。脱力。

シンガポール戦は出来てます。写真がないのでかなり読みにくいです。


ichigodaifuku35 at 20:32|この記事のURLComments(0)

2015年11月16日

プノンペンを歩く

今朝は7時半に下に降りて行きました。
ちゃんとパンは残っていました。
でも、思っていたより食べられません。
疲れがたまってきているのかなあ。
何をしているわけでもないのに体は正直です。
たぶん、それは選手たちにも言えること。
慣れない気候、環境、プレッシャー、
自宅を離れて10日ほど経ってますからね。
目に見えない疲労はきっとたまっていると思うんですよ。
あと1日、頑張れ。

今日は10時に国立博物館の前で本田ファン、香川ファンと待ち合わせ。
その後の予定としては、続いて王宮見学、ランチ、マッサージ、
夕方から練習見学となっています。 わりと忙しい。
そして、今日も暑い。
日陰はそうでもないし、風が吹くと爽やかではあるのですが、日差し強烈!
鏡を見たら、顔中シミだらけ、マダラ顏。
せっかく美白に努めていたのに、あっという間に元の木阿弥です。

つづく

ichigodaifuku35 at 22:58|この記事のURLComments(0)