2016年04月

2016年04月30日

それぞれの運命

20160430_110720朝ごはんは昨日のお好み焼きの残りで
こちらは昼ごはん。
うどんつゆは、昆布だしだけで
お醤油を少したらした程度。
味はほとんどありません。
しばらくは、塩分控えめでいきます。





20160430_160824午後から宇和島で
アンガ―マネージメント応用講座。

わざわざ松山からいらしてくださったのに
出ないわけにはいきません。
久しぶりに講師と再会して、
楽しくお勉強できました。
内容は、今までのおさらいと、ステップアップ。

明日から21日間のトレーニングです。
毎日、怒りをメモして、自分の傾向を見極め、
コントロールしていく手順を踏んでいきます。

帰りに実家に寄って、お米をもらってきました。
玄米30kg。重~い。
食べる直前に精米する方が、おいしくいただけますものね。

        春の庭。                ベル
20160430_18090920160430_180924








20160430_180937ピントは左のグリーンに合ってます。
ベルは本当に気立てのいい子で
きょうもお客さんに愛嬌をふりまき
大人気だったそうです。
社交性ゼロのニコより、営業向き。

20160430_181018


          これって、苔の一種かなあ。





20160430_181210ルーさんは、もうおやすみタイム。
ぴょこぴょこお散歩できるし、食欲もあるし
まだまだ大丈夫のようです。

犬たちもそれぞれの人生を
懸命に生きているって感じがします。



20160430_190727夕ごはんも、うどん。
上に乗っかっているのはとろろ昆布。

左の腎臓のあたりがまだ腫れていて
腰が痛いです。
胃も荒れたままです。


幼い頃から腎臓が弱く、
小学校に上がる前、入院したこともあります。

同じ病棟に、りつこさんというおねえさん、
当時のわたしから見ればおねえさん、
小学校高学年くらいの女の子が、やはり腎臓の病気で入院していて
おさげ髪のかわいらしい、笑顔の素敵な少女だったことを思い出します。

りつこさんの入院生活は長く、
わたしはほどなく退院できましたが、
小学校に上がってすぐの頃だったと記憶しています、
朝の朝礼で、りつこさんが亡くなったことを知りました。

りつこさんには歳の離れたおねえさんがいらして、
おかあさんと交代でお世話をなさっていました。
腎臓が悪い人には塩分が大敵で、
病院で出る食事は、味も何もなくて、おいしくなかったのは確かです。
りつこさんのおねえさんは、食事が届くと
戸棚からお醤油の壜を出してきて、看護師さんに内緒で
りつこさんの食事にお醤油を加えているのを
私は知っていました。

りつこさんが亡くなった、と聞いたとき
それはおねえさんのせいだ!と思いました。
こっそりお醤油なんか入れちゃうから死んじゃったんだ、と思っていました。

でも、今考えると、
りつこさんの腎臓病は重く、もう助からないとわかっていたのかも、
という気もします。

いずれにしても、せっかくこの世に生まれてきたのに、
そんな若くしてこの世を去らなくてはならない人がいる、
という事実は衝撃でした。
あれからウン十年、自分がまだ生きていることが不思議に思うことがあります。
わたしの腎臓、大切にしなくっちゃ!

ichigodaifuku35 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2016年04月29日

2016明治安田生命J2リーグ第10節・みかんよりキウイじゃね?≪愛媛FC vs 松本山雅FC≫

からだが痺れてきて腰が異常に痛いので、羽田空港の薬局に寄って、
「抗生物質って売ってもらえないですよね。」
と知ってて聞いたのですが、やっぱりだめですって。

「到着ロビーに診療所があるので、
そこで診てもらって、処方箋を書いてもらったら、すぐに出しますよ。」

と言われたので、行ってきました、空港診療所。
若いドクターが、「横になって下さい。」
背中の腎臓の当たりを触って
「ここ、押さえると痛いですか?」
「いたっ!」
押さえるどころが触られるだけで激痛!

いただいた処方箋を持って薬局に行き、薬をゲットして、よ〜く見たら、
「痛み止め」でした! なんで??
ちゃんと説明したのに、なんで、痛み止め?なんで抗生物質じゃないの?
私があまりに痛がるので、びっくりして、思わず、痛み止めを出しちゃった?
なわけはないでしょうけど、
なんのために、診療所に行ったのやら。

20160512_124731羽田から松山まで戻って、
自力でニンスタに着くまで、写真一枚もなく、
いきなり、このポスターから始まります。

きょうは、試合前に、
「ゆるきゃらサッカー」があります。
「蜜柑FC」vs 「一平FC」

愛媛県は、柑橘類生産量日本一、そしてキウイも生産量日本一です。

蜜柑のキャラクター11体と、一平くんが選んだキャラクター11体が
ニンスタで激突。
ゆるキャラのサッカーは、日本で初めてかもしれません。

出場選手22体を一応、全部撮ったのですが、一部取り込めないので
ここに載せるのは諦めました。

プロモーションビデオと、当日の試合の様子(ゲスト解説は剛くん)
を見つけましたので、お暇な方はご覧ください。

プロモーションビデオは45秒。




こちらは最後まで観ると16分47秒もかかります。




DSCN2623私が不調を押して撮った写真、
いくつか紹介します。

選手入場。
いつも愛媛FCが入場するときと
同じアンセム。



DSCN2624試合前の花束贈呈。
愛媛FCの社長は
愛媛県サッカー協会の会長でもあります。






DSCN2626審判団もきっちり。
なかなか本格的です。







          円陣。             手を肩に回せないキャラ多数。
DSCN2627DSCN2628








どんぶりと箸を持ったまま、キックオフのはまぽん。     ボールでかい。
DSCN2631DSCN2632








   金太、倒される。大丈夫か?       担架で運ばれていきました。
DSCN2638DSCN2641








   たま姫ちゃん、一平を倒す。     PKを蹴って、柑太に止められた一平。
DSCN2644DSCN2647








DSCN2652拍手をもらおうとわざと倒れたふり。
「あざとい。」と言われてました。
でも、まじで
疲労困憊していたと思いますよ。





DSCN2653実況中継はスタジアムDJ桝形さん、
解説は西田剛くんでした!!







DSCN2654夕暮れ迫ってきました。








DSCN2658DSCN2659








DSCN2662試合の写真は以上。

座っているのもしんどかった。
腰が痛いのと、からだがだるいのとで
地獄のようでした。
横になりたかった〜。


ゲームは、松本が押していたものの、決めきれず
0-0の引き分けに終わりました。

帰りは、試合開始直前にやってきたサッカー小僧の車に乗せてもらい、
抗生物質も分けてもらいました。
これで楽になるでしょう。

ichigodaifuku35 at 23:59|この記事のURLComments(0)Jリーグ | 愛媛FC

2016年04月28日

腰が痛い原因は?

20160428_064951昨日、金時ねえさんからいただいた箱根まんじゅう。
箱根に行ってきたそうです。20160428_065122


朝起きて、
ぼ〜としながら
これを食べ、
出かけた先は横浜。





14618118848731461812347497
とりあえずランチ。









午後から駅前でミーティング。
そのあとお茶会。
ホテルの最上階で、大勢の着飾ったご婦人がたとご一緒だったので
さすがに写真は撮れませんでした。
外の景色だけパチリ。20160428_161530








夕方は、品川でヌーの群れ観察。
これはきつかった。
このところ、腰が痛くて、また腎臓が悲鳴を上げつつあるな、
というのは予感していました。
ずっと立っているのが一番つらい。

この腰の痛さは尋常ではありません。

20160428_195535夕食はおむずびと
茄子のお味噌汁になりました。

ichigodaifuku35 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2016年04月26日

若冲展〜ひと月限りの夢の楽園〜

DSCN2582何を思ったか、ノビオが
「若冲展」に行きたいと言い出しました。

きっと混むだろうから、
朝いちがいいと思っていたのに
結局、上野に着いたのは11時前。



DSCN2583西洋美術館では「カラッバジョ展」。
そうなんですよ、
これ、3月1日から始まっているのです。

フィレンツェのウフィッツイ美術館に行ったとき
(3月1日)
なんだかカラバッジョの作品が少ないなあ、
どこかに出張しているのかな、
と思っていたのです。
帰国して、ああ、日本に来てたんだ、ということがわかりました。
こういうこと、よくあるんですよね。
現地に行ってみたら、「今、日本に行ってます。」

DSCN2584でも、今日はこちら、
「伊藤若冲」の作品を観に来ました。













DSCN2586おっと、すごい行列ではありませんか。
DSCN2587








DSCN2588入り口は、この先右に曲がって、
すぐに行けるはずが
行列はさらに入り口の周りを一周しています。
すごい人気!!


強烈な陽射しを浴びながら、待つこと1時間半。


やっと中に入れるも、中も大混雑。
「立ち止まらず、お進み下さい。」という係員の声が何度も何度も聞こえてうるさい。

若冲の特集をテレビでやっていて、ノビオはしっかり予習できてます。
が、私はほとんど居眠りして、あまり真面目に勉強できていません。

思ったよりしっかり、観たいものを観ることができました。
人を掻き分け掻き分け、進んだり戻ったり。
稚拙な部分もあり、そこに突っ込みを入れたり、
鶏は何羽いたか、とクイズをしたり
彼の筆のち密さにため息をついたり、とても楽しいひとときでした。

BlogPaint外に出てみたら、
午前中より並んでいる人が少なかったので
ちょっとショック。






20160426_135547遅めのランチは、チャイニーズレストランで。










20160426_14172420160426_14161220160426_141703





20160426_14162520160426_14133420160426_141717






20160426_175431その後、日比谷公園に移動。
まるで公園巡りですね。20160426_175504








ここで、何があったかというと、
「女性の生き方を考える」シンポジウム。
パネリスト5名がそれぞれの実情、思い、どうしたいか、という意見を述べ、
また会場からも発言があったり、
中身の濃いシンポジウムでした。

契約制労働者の、同じ仕事を同じようにこなしていても
正社員とあらゆるところで差別をされる悔しさをそれぞれが口にされていたこと、
衝撃でした。
そんな苦しい思いをしながら、仕事をしていたとは。

でも、それで諦めていちゃいけない、一人でも負けないで声を上げることが大事。
よ〜くわかっていらっしゃいます。
そして、女性が安心して働けるようになるには
男性の環境、賃金も同時に上げていけなければならない、という意見に大賛成。
みんなで幸せになりたいですよね。

シンポジウムが終わって向かった先は、戸越。
チリコ夫妻にご挨拶に行ってきました。
お元気そうで安心しましたけど、
温泉でゆっくりしたかったのに、行きたいと思うところはすべて満室!
ここにいるしかないかなあ、と残念そうでした。
世の中は、大型連休に入りますからね。仕方ないですね。

今夜もまた22時を過ぎての遅い夕食。からだによくないですよねえ。
14616775649151461677577572

ichigodaifuku35 at 23:58|この記事のURLComments(0)

2016年04月25日

少しお疲れモード。

20160425_055121無理やり朝ごはん。

昨夜、何を考えたか、大豆でできたお肉もどきを
水に漬けて戻していたのです。
これは全部処分しないとダメでしょ。

で、朝からビッグブレックファーストとなりました。20160425_055132









20160425_080757朝のお散歩です。








20160425_085255この二匹、仲がいんだか悪いんだか。








DSCN2579午後の飛行機で成田へ。
九十九里浜です。
大島から房総半島をぐるりと回って
西に戻るようなルートです。
羽田に比べると、かなり時間のロス。

成田周辺は、ゴルフ場がいっぱいです。
DSCN2581








成田発着が断然安いので、私はLCCを利用することが多いです。
でも、時間帯が悪く、また東京まで時間がかかります。

今回は、夕方から予定が入っていたので、楽々と思っていましたが
急遽、ミーティングが入り、
成田からスカイライナーで日暮里経由。
それでも、1時間半はたっぷりかかりました。

議論白熱し、予定のボランティア活動ができず、
夜の歌の練習も30分遅刻する羽目となりました。
でも、皆が納得するまで、とことん話し合うべきだとわたしは考えます。

今回は、チリコ夫妻が帰国中ということもあり、ホテル住まいです。
泉岳寺駅そばに決めたのですが、偶然、イギーたちと一緒でした。

20160425_220921やっと夕食。
「いちご大福」にちなんで、「大福」という名前の
中華料理屋さんに入ってみました。






サラダと、炒飯と海鮮そば。22時を過ぎているというのに、ちょっとヘビーでした。
20160425_22123020160425_22200620160425_222018

ichigodaifuku35 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2016年04月24日

明日から上京します。

20160424_080316朝ごはん。
今日からイギーが上京します。
ボブ・ディランのコンサートを観に行くそうです。
実は、私も明日から上京。
残り物を処分しないといけません。




20160424_154627豆乳も使い切らないといけないので
また、ポンデケージョ風パンを焼いてみました。
少し多めに作ったので
分量を間違えたか、うまく膨らみませんでした。
でも、お味はまあまあ。




20160424_165358夕方のお散歩。
今夜から4日間、3匹だけで過ごします。
近所の人と従姉妹にお世話を頼んであるので
大丈夫とは思いますが、
お天気も心配です。




    ニコは目が開いたまま。            天真爛漫なベル。
20160424_18255820160424_182723













20160424_19193020160424_191959













20160424_192350左右対称?!








20160424_204953やっと寝に入ってくれました。
ちょっとでも動くと、ルー以外起きてくるので
きりがありません。
心を鬼にして、電気を消し、ドアを閉めました。





今日は市会議員選挙の日で、即日開票。
その様子をCATVで中継していたので、観ることにしました。
私が応援していた若者は、わずかながら届きませんでした。
とっても残念。
当選した方々は、公約をもとに精一杯頑張っていただきたいです。



ichigodaifuku35 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2016年04月23日

2016明治安田生命J2リーグ第9節・内容はどうあれ、勝ち点3は大きい!≪愛媛FC vs カマタマーレ讃岐≫

BlogPaintバスを降りて、真っ先に向かったのは
柑太パークのオーレカフェ(物産展コーナー)。

本日のマッチシティは、伊方町と鬼北町。
「瀬戸の花嫁」先輩が
どーなっつを販売なさっているので、
陣中見舞いで〜す。

雨がポツポツ降り出して、やばい天気。

割れどーなっつと、抹茶どーなっつ、いよかんどーなっつを買わせていただきました。
20160423_15594620160423_155952










20160423_161836席に着いたら、
もうゲームは始まっていました。
全く時間の観念がなかった!
そうか、もうそんな時間になっていたのか。





20160423_170410コンコースで合羽を着たり
荷物をビニール袋に入れたりして
準備を整えてから、
バックスタンドに上がって行ったのですが
そのときテーブルに置いたスマートフォンを
忘れてきてしまったみたいで
もう一度コンコースに降り、
係りの人に、
「あの〜、スマートフォンの忘れ物、届いていませんか?」
「ああ、預かってますよ!」
本当に私のものかどうか、確かめもせず、さっと渡してくれました。
さすが、ニッポン。
なんと、ありがたいことよ!!

20160423_170423本日のお相手はカマタマーレ讃岐。
徳島ヴォルティスとの戦いは、『四国ダービー』
と呼ばれていますが、
カマタマーレ讃岐戦は、『北四国決戦』
と呼ぶらしい。

ゴール裏は、ホームの愛媛より
サポーターの数が多かったように見えました。
近いと言えば近いかもしれませんが、香川からのご来場、ありがとうございました。


20160423_173600前半は押され気味。
なんとか、0点でしのいで
後半31分、ウッチ―のCKからゴ~~~~ル。
アナウンスは白井と言っていましたが
ゲーム終了後、林堂に訂正。
誰でもいいや、とにかくゴールがほしかった。



20160423_175254それほど激しく降りはしませんでしたが
最後までシトシト、ほとんど止まずでした。
後半、だんだん気温も下がってきて
少し肌寒くなりました。





ロスタイム3分、なんとか守り切り、1−0で勝ちました。   やったあ!!
20160423_17550220160423_175544













皆で立ち上がって、選手たちを讃えました。 よくやった!
DSCN257320160423_175753








DSCN2574ラインダンスを見届けてから
スタジアムをあとにしました。

これで、3勝4分け1敗。
まだ、1回しか負けていません。
すごい。



DSCN2577きょうもサッカー小僧の車に便乗。

今のところ、私もサッカー小僧も
ホームゲーム皆勤です。

きょうは、山回りで帰りました。
霧が出てきましたけど、車少なく、信号もなく
カーヴもほとんどなく、快適でした。

20160423_195439雨が降っていたので
ハーフタイムにおやつを食べることができず、
サッカー小僧宅で、コーヒーをいただきながら
どーなっつをパクパク。

米油で揚げてあるので、
さっぱりしていて食べやすく
とってもおいしかったです。

サッカー談義に花が咲き、2時間くらいおしゃべりしていました。
いつものことですが、話しは尽きません。

ichigodaifuku35 at 23:30|この記事のURLComments(0)Jリーグ | 愛媛FC

〜福島をくり返さない〜

     『伊方原発再稼働を許さない4.23 in 松山』


20160423_070154爽やかな朝。
叔母に白味噌をいただいてから、
朝ごはんに味噌汁を作るのが
楽しくなりました。
母のとはすこーし味が違いますが
市販のものと比べると、
ダントツにおいしいです。

朝ごはんを食べ終わったあとに、キミおばさんがいらっしゃいました。

20160423_075103これ、なんでしょう?
セロリに見えるかもしれませんね。
ホウレンソウです。
なんと大きな!茎も太い。
でも、柔らかいのですよ。
大きさを比較するため、玉葱を置いてみました。


きょうは、午後から松山の堀之内公園で、上記の集会があります。
わたしとLINKOさんは、「伊方原発止める」訴訟の原告の一人ですが
彼女は上京中ですので、わたしが1人で参加するつもりでした。
集会を知ったMARIMOさんが、「わたしも行きますよ。」
というわけで、弟の店で待ち合わせをして、乗せて行ってもらうことになりました。

20160423_124819三々五々、人が集まってきています。
朝は晴れて爽やかだったのに
だんだん空が曇ってきて、怪しいお天気。






20160423_124839おお、このグリーンのウインドブレーカーは
自動車パレードをしたときの仲間。
お揃いのウインドブレーカーは目立ちますね。






20160423_130259みなさん、それぞれの団体の幟旗を持ち
賑やかになってきました。







20160423_131211最初に、尾道からいらした
「さよなら原発うたごえ 」のグループ。
三か月に1回集まって、歌を歌いながら、
市内をパレードするそうです。
だいたい100名くらい集まるのですって。

歌はもちろんお上手ながら、
歌詞がうまい!!
いろいろな歌の替え歌なんですけれど、大笑いしました。


「さよなら原発 一歩のマーチ」(水前寺清子 『365歩のマーチ』)

  原発はやめなきゃならない  だから歩いてゆくんです
  原発ゼロで困ったかしら?  3歩下がって考えよう
  人生はワンツーパンチ! 汗かきべそかき歩こうよ
  原発事故のそのあとにゃ ふるさとなくすことになる

  腕を振って脚を上げて 廃炉 廃炉!
  あり得ないよ 再稼働
  廃炉! 廃炉! 廃炉が一番!


「乾杯」(長渕 剛 『乾杯』)

  かたい絆に 利権をよせて しゃぶりつくせぬ 原子村の日々
  時には傷つけ 時には喜ばせ 札束たたきつけた あの日

  あれからどれくらい たったのだろう  ウソやゴマカシ いくつ数えただろう
  福島の友は 今でも  安全神話の中にいますか

  原発 いま君は人類の 大きな大きな 負担になり
  はるか長い未来へとツケを残した  君よ 廃炉に なれ

他にも、『レ・ミゼラブル」や、橋幸夫の『潮来傘』(=伊方がさ)、
『オラシャヤーン』『アメメエイジンググレイス』など
涙が出るほど笑いながら、一緒に歌いました。


20160423_13234420160423_132316














20160423_132332思い思いの手作りグッズ、
プラカードや、横断幕。
おじさんの背中には、
ゾウの絵が描かれています。





20160423_133719特別出演として
講談師の神田香織さんが招かれていました。

「チェルノブイリの祈り」と「福島の祈り」を
短くまとめた迫力満点の講談。
涙なしでは聴けませんでした。


チェルノブイリの消防士さんの話し、
わたしはそれをテレビで観たことがあります。
強烈な映像で、今でも忘れることができません。
住民を助けるため、高濃度の放射能を浴びた消防士が
妻の献身的な看護を受けながらも、しだいにからだが変わっていき、
最後には亡くなってしまうドキュメンタリー。

からだ中に水泡ができ、それが潰れ、シーツを汚し、
ほんの少しのシーツの皺でも激痛が走る。
そして、からだの細胞が徐々に崩れていき、
からだの中の臓器が剥がれて、口からただれた肉の塊となって出てくるのです。
それはおぞましい光景でした。
放射能とは、これほど人間のからだを破壊するものなのか。

その話しを神田香織さんは、淡々と、ときには強弱をつけ、
ときには早く、またときにはゆっくり、滑舌よくお話しなさいました。

原発事故があったら、これほどのダメージは直接受けないにしても
少しずつ少しずつ被爆(特に内部被爆は外からわかりません)していき
体調が悪くなっても、原発との因果関係が証明できないため、
どうしてだろう、と思いながら、病院へ行くことになるのです。

熊本・大分で、これほどの大地震が起きていても、
まだ川内原発を止めようとしない日本という国。
直下型地震がきたら、制御棒は間に合わないのです!!
そしたら、どうなると思いますか?
川内だけではありません。
日本にはたくさんの地震を引き起こす要因のあるプレートが各地に散らばっています。
その上に、原子力発電所が建っているのです。
本当に怖い。
廃炉にするとしても30年かかります。
その間に地震がきたら、伊方原発が揺れたら・・・・
もうここには住めません。

DSCN2569「伊方原発止めよう会」で、
毎月お会いしている仲間の一人。
彼は、伊方原発がある三崎半島の
21あるトンネルのうちの
6本の工事に携わった方です。
いかに岩盤が柔らかいか、
国や四電は堅いと言っているけれど
トンネルを掘った現場の方が、
柔らかくて何度も崩落したと証言されているのですから
どちらの話しが信憑性があるか、わかると思います。

真剣に危機感を感じている人は、いったいどのくらいいらっしゃるのでしょうか。
ここに集まった人たち、愛媛、香川、徳島、高知。
瀬戸内海を挟んで、山口、広島、岡山。
遠くは愛知の旗も見えました。
それでも、たった2800名です。少ない!
もっともっとほしい。20160423_143632








20160423_144057集会後、県内と県外の人に別れて、
違うコースをパレード。
私はニンスタに向かうため、
フェードアウトさせていただきました。





                    お堀端の躑躅。
20160423_14425920160423_144312







市駅まで歩き、ニンスタ行きのバスを見たら、少し時間があったので
すぐそばのじゃこ天屋さんに飛び込み、太巻きをパクパク。
もうおなか空いてフラフラしていたので、我慢できませんでした。

ポチポチ、雨が落ちてきたあ。

信号待ちでバスが止まったところに、パレードの一団がやてきました。
大急ぎで、先ほどいただいたA3の紙を出し、窓にくっつけて手を振ったら
みなさん気がついて下さり、ほんの数秒、笑顔がはじけました。20160423_132344

ichigodaifuku35 at 23:29|この記事のURLComments(0)

2016年04月22日

ハニィちゃんの三回忌

20160422_061337早いものです、あれから2年。
まだお骨もそのままです。

今年もフリージアをキミおばさんが
庭から採ってきてくださいました。
黄色と赤のフリージアです。
天国で楽しく暮らしているかなあ。


20160422_063154朝ごはん。








20160422_112941近所のおばさんが
ごぼう天とマル寿司を届けてくださいました。

ハニィちゃんがいたら、
喜んで、フガフガ言いながら
食べたことでしょう。



20160422_114550お昼ごはんは、パスタ。
さっそく、いただいたごぼう天を使ってみました。
もう、お米がないので、
炒飯にするつもりが、こんな風になりました。





                  夕方、玄米を精米所へ。
20160422_18295620160422_183046














20160422_183703筋状の雲が飛行機雲と交差しています。








20160422_183718八重桜ももう散ってしまいましたね。








 田を耕して、水が張られました。もうすぐ田植えが始まります。
20160422_18381920160422_183840










20160422_195808おばさんにいただいた
ごぼう天とマル寿司を
ハニィちゃんと一緒に食べるつもりで
いただきました。
キッチンの床のある部分、ハニィちゃんの足跡の汚れを
わざとそのままにして残してあります。

足を引きずりながら、歩いていた姿が思い出されていとおしい。

ichigodaifuku35 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2016年04月21日

遅寝、早起き。

20160421_061410朝ごはん。まだ午前6時過ぎ。
昨夜も遅かったというのに、早起きです。
大きなおむすび!






20160421_09492110時のおやつ。
アゴラマルシェで求めた
SATOさん手作りのクッキー2種。

自然素材で作ってあり、
ノーオイルなのでからだにやさしく安全です。



20160421_134240遅めのランチは、パスタ。
忙しい時の神頼み。
パソコンに向かって作業をしていると
どうしても、お手軽・簡単な
メニューになってしまいます。




夕方から3日連続の松山へ出かけて、歌の練習。
11月の大きな大会に向けて、みんなで猛練習、とまではいきませんが
和気藹々と頑張っています。

帰り、運転の途中で睡魔が襲ってきて、コンビニの駐車場でしばし休息していました。

ichigodaifuku35 at 23:40|この記事のURLComments(0)

2016年04月20日

なが〜い一日

20160420_103935早朝のヌーの群れ観察のあと、ミーティング。
それが終わって、
やっと朝ごはんにありつけました。

日本のどこにでもあるような普通の喫茶店。
メニューに「モーニング」と「朝定食」があり
「『朝定食』って、どんなのですか?」と聞いたら
「普通の和食です。」と言われ(?)、
「モーニング」にしてみました。

「モーニング」! これ、和製英語というのはおわかりですよね。
直訳すると、「朝」。
それを日本では、トーストと珈琲、ところによっては、
サラダや、卵や、ハムや、いろんなものがついてくる
喫茶店で提供される洋風な朝ごはんという意味で広く使われています。

ハワイの日本語チャンネルに、「こんな英語は通じない」みたいな番組があって
日本人の新婚さんカップルが、ホテルのフロントで
朝ごはんが食べられるところはどこか聞きたかったのですが
「朝ごはんって、英語でなんて言うんだっけ?」
と二人で考え、そうだ、「モーニング。そうよ、モーニング。」
ということで、
「モーニング、モーニング」とホテルのフロントで連呼します。
フロント係りは、彼らが何を欲しているか理解できず、
いろいろ悩んだ末、案内したのが教会だった、という笑い話。
朝の礼拝のことを「モーニングサービス」と言うのです。

「モーニング」と聞くと、いつもこの番組を思い出して苦笑してしまいます。

朝ごはんのあと、来月の集会で使うビラを準備して、一旦解散。
次のミーティングは、午後6時から。

20160420_121825それまでたっぷり時間があるので
やってきたのは、東道後の「そらともり」温泉。
         躑躅の季節ですねえ。20160420_121815









20160420_122210玄関を入ると、広々とした空間。

一度だけ来たことがある温泉。
少し市街から離れたところにあります。

タオルと部屋着を貸してくれて、
お風呂はもちろん、
岩盤浴(何度でも部屋着のお着替えOK)、
部屋着のままで休憩室、レストランでお食事もでき、
一日のんびり過ごせる施設です。
お風呂は、大浴場のほかに
青空露天、屋根つき露天、大きな壺湯、寝湯、といろいろあり
リッチな気分が味わえます。
寝湯というのは、岩盤浴のような石の上にお湯が絶えず流れており
その上に寝て、タオルをかけ、春風に吹かれながら、
ついウトウト、寝入ってしまうほど気持ちよかったです。

お風呂からあがったあとは、休憩室でずっとお勉強していました。
9月に試験を受けるつもり。でも、とっても難しい試験なので、
今年は受からないでしょう、と2年計画の予定です。

休憩室は、50くらいのふかふかチェアが置いてあり、
リクライニングでき、テレビもついて、静かな場所でした。
時折、鼾が聞こえていましたけど。

マッサージは、いろいろな種類があり、
ボディとフット、ヘッド、タイ式、アロマ、など、組合せできて
それほど高くはなかったのですが、勉強に集中していたので
時間がなくなりました。
20160420_153314








中途半端な時間の食事は、ビーフカレーとサラダ。 おいしかったです。
20160420_16005220160420_160101








20160420_161433ゆったり流れる時間。
とても雰囲気のいい温泉施設です。







夕刻からのミーティングは、気分すっきり。
松山を出たのは、20時前。
長い一日でした!

ichigodaifuku35 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2016年04月19日

松山の八重桜

20160419_152119うちの近所の八重桜より
色が薄くてお上品な感じ。
三番町通りの八重桜は、
満開でした。

ichigodaifuku35 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2016年04月18日

臥龍山荘

20160418_155225プロのカメラマンと一緒に訪問。
やっぱり、全然ちがうんですよ、写真が。
「当たり前だよ。」と言われてしまいました。
そうですよね、機材も違うし、
プロと同じに撮れたんじゃあ、
向こうの立場がないですもんね。

ichigodaifuku35 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2016年04月17日

三滝祭り

久しぶりのスムージー。 目玉焼には、桜花の塩漬けを振りかけてみました。

20160417_09004620160417_09011820160417_090127










熊本県南阿蘇村は、ノビオの故郷です。
今はもう、家族は誰も住んでいないとは言え、生まれ育った場所が
あのようなことになってしまって・・・。
ノビオだけでなく、多くの方々が心痛め、苦しみ、
無力感に苛まれていらっしゃると思います。
被害に遭われた方々はもっともっと大変とお察し致します。

熊本市内に住んでいる同期は、義母のマンションに移動したそうです。
何か足りないものがあったら、それらを積んで
熊本まで行くよと申し出ましたが、
ぼちぼちお店も開いてきたので大丈夫、
毎日、片付けに精を出してるわ、と元気でした。

同期の中には、こんなことになってしまって、
今年の同期会は中止にしよう、と早々言ってきた者もいました。

でも、当人は、それを知ってか、
同期会でみんなに逢えるよう、今から頑張るよ、と明るかったです。

きょうは隣り町で八つ鹿踊りの奉納が行われると市の広報誌に載っていました。

雨だったらやめようと思っていましたが朝から、とってもいいお天気。

地震で大変な人たちがいるのに、
お祭りなんかやってる場合か、と思う人がいるかもしれません。
被災した方々は、そんなふうに気を使われる方が、逆に嫌なのではないか、
とも思います。
1年も前から準備して、毎年行われる催しを自分たちのためにキャンセルされたら
申し訳ない気分ですよね、きっと。
いつも通り、心を寄り添って生きて、
被災された方々のために祈る、ことの方が大切だと思います。
ここでじっとしているだけよりは、何かの足しになるかもしれません。

昨日の雨で、中止かどうか確認したくて、ネット検索したのですが
どこにも書いてありません。
住所も番地がなかった・・・・・。

とりあえず、行ってみよう!!

カーナビは三滝神社では「見つかりません」と出るし、
番地がわからないので住所もインプットできないし、
適当に近くのポイントを入力して、向かいました。
でも、やっぱり、わけがわからなくなり、
走っていて、やっと見つけた民家に車を止め、
「三滝神社ってどちらの方向にあるのでしょうか?」
「ああ、それなら、すぐそこを左に入って、どんどん上っていけばあるよ。」

いいところまで来ていたんだ!
とはいうものの、山道に入ってからが大変。
ほんとの山奥、山の上。これじゃ、番地も付けられないだろう、というくらいの密林の中。
ガードレールがないクネクネ道は、落ちたらアウト。こわかったです。

20160417_130403これ、お堂? どこ、神社? 
係りの人がきて、
「はい、この中に入って、
バックで止めてくださ〜い。」
って言うから、中に入って、
左に進みバックで入れようとしたら
土が雨を含んで、柔らかくなっており、
タイヤがめり込む〜。
「あ〜あ、そっちには入ってほしくなかったんだよな。」
て、あんたが入れ、って言ったんでしょうが、むかつく。

20160417_130411タイヤを泥だらけにしながら
こんな感じで止めさせていただきました。

         タイヤの跡はこれ!DSCF7086









で、神社は?
「そこの石段を上がってください。」見ると、         なんじゃ、この高さ!20160417_130457














20160417_130756やっと鳥居が見えてきた。
ここまで来るのに、何回休んだことか。
いやあ、きつかった。
口から心臓が飛び出しそうなくらい
きつかった。
運動不足を痛感。



20160417_130840ふう、やっと人の気配を感じてきました。
もう少しだ、ガンバレ。
足がフラフラします。
これじゃあ、ホノルルマラソンなんて
絶対無理だ。




DSCF7080なんと、あのきつい階段の上には、
こんな駐車場があったんだ!!
もっと早く来るべきだったのね。






DSCF6781いきなり御神輿がやってきました。










              つづいて、2体です。トータル3体。
DSCF6783DSCF6791








DSCF6786あっ、八つ鹿が見えました!








DSCF6792えらく腰の曲がった神主さん。
大丈夫か。


お神酒を運ぶ、こちらはしっかり神主さん。DSCF6793









DSCF6798DSCF6802








DSCF6810私が住んでいる町の鹿は五つ鹿です。
こちらは八つ鹿なんですね。

仙台から伊達家が宇和島藩へやって来たとき
鹿踊りも一緒に連れてきた
という話しは聞いていました。
でも、仙台の鹿って、もっと飾りが派手
なんですよね。

『締め太鼓を胸に吊り、鹿笛に合わせ、太鼓を打ち振りながら、円陣となって踊る。
1頭の雌鹿をめぐって、2頭の雄鹿が相争うというストーリー。
三滝神社の春祭りに、住民の幸せを祈って神社に奉納される。』
と立て看板に書いてありました。

DSCF6817さあ、出番です。
お顔を拝見すると
けっこう若い方々だったので頼もしい〜。DSCF6819









DSCF6823広場の中央奥には牛鬼もいます。
愛媛・南予地方には
お祭りに欠かせない出し物です。






DSCF6825笹をいっぱいつけた
これが一番えらい鹿なのでしょう。







被り物を脱いで、莚の上に。 華やかな鹿は、きっと雌鹿。  こちら、雄。
DSCF6829DSCF6831








DSCF6864これは平の若鹿でしょう。DSCF6865









DSCF6832
これから神事が始まります。







それにしても、年季の入った御神輿ですね。 神主さん3名が執り行ないます。
DSCF6838DSCF6835








DSCF6849参列している全員にお祓いを。








 大丈夫かと心配でしたが、しっかりはっきり堂々と
DSCF6850
大きな声で祝詞をあげられました。DSCF6852









準備が整いました。 八つ鹿踊りの始まりです。
DSCF6888DSCF6891








DSCF6892DSCF6900








DSCF6901DSCF6913








DSCF6914DSCF6992








DSCF6994DSCF7018








DSCF7020DSCF7032








DSCF7033五つ鹿と比べると、やはり大がかりで
動きも複雑で、踊っている時間も長いし、
これは練習が大変だっただろうなあ。

お疲れ様でした。
ずっと、後世に引き継いで行ってほしいです。20160417_134241









DSCF7067こちらが神社の社務所でしょうか。








                 狛犬が素朴でかわいい。
DSCF7068DSCF7069













DSCF7072年に一度の春のお祭り。
雨も降らずに、よかった、よかった。







              御神輿、退出。 大事に保管しないとね。
20160417_14201220160417_142124








20160417_142036DSCF7073








20160417_142145牛鬼さんもサヨウナラ。
竹枠を覆う布が、蚊帳みたいな生地でした。
涼しげです。






雄鹿が付けていた笹飾り。 少しいただいて、熊本・大分の方々のために祈ります。
DSCF7076DSCF7077








DSCF7079広報誌によると、
『産直の食べ物も多数販売する』
と書いてあったので、
それを楽しみにランチ抜きで来たのに
「もう、全部売れちゃった。」と聞き、愕然!

これから、餅まきがあるそうなのですが、
それは30分後。
もうそれまで待てません。
みなさんが一斉に帰り始めたら、あの道路、大渋滞となるでしょう。
ここは、一足お先に、退散しておいた方がよさそうです。

DSCF7082またこの石段と格闘しなければなりません。
でも、下りだから、ゆっくり降りれば大丈夫。
ただ、石段の苔が滑りやすくなっているので
それには十分気をつけないといけません。





DSCF7083DSCF7084













DSCF7087降りてきて、びっくり!!
私の車の前に、車が止まっています。
これじゃ、出られないよ〜。
ひどくないですか???

係りの人を探したけど、姿見えず。
どう考えても、脱出は不可能。
これらの車の持ち主が戻ってこない限り、
私はどうすることもできません。
おなかが空いているので、よけい、イライラします。

声が聞こえて、道路に出てみると、係りの人、どこへ行ってたんだか・・・。
「すみません、車、出したいんですけど、
わたしの前に止まっている車の鍵とか、預かっていらっしゃるのですか?」

「そんなもん、預かっとらんよ。」
「ちょっとぉ、ひどくないですか。これじゃ、わたし、出られませんよ。」

「仕方ないよ。
もう一回、上に上がって、餅でも拾うてきたら?」

あの石段をもう一度登るパワーはありません。
「ひどい!!」と100万回叫んだところで、どうなるものでもないので
おとなしく車の中で待機することにしました。
餅まきまであと15分、それが終わって、順次帰り始めるとして、
ああ、まだ1時間はかかるだろうなあ。

DSCF7089わたしが一番奥なんですよ。
あとから来た人は、
このぬかるんだ場所には案内されず
私が一番の貧乏クジを引いてしまったようです。
ああ〜。
でも、このくらい、大したことではないですよね。
私は、祈るために来たのですから、
ここで、プリプリしていては
ご利益がなくなってしまう。
それにしても、おなか空いた・・・。

DSCF7091藁葺の御堂、新緑美しい木々。
幸せを感じます(無理やり!)







20160417_161906餅まきが終わって、待つこと30分、
やっと脱出に成功。
ふもとまで降りてきて、
道の駅に辿り着きました。

食堂は、すでにクローズ。
この川の流れを見つめながら、
いただいたのはこちら。↓

20160417_155524たこ焼きのように見えるでしょ?
確かに、メニューには「たこ焼き」と
書いてはありましたが、
中にはタコじゃなくて、ベーコンが入っているのです。
このあたりは酪農が盛んで、
ハムやソーセージは特産品。
ですから、大きな賽の目に切ったベーコンが、
しっかり入っていました。



これだけでは空腹を満たされず、こちらにもかぶりつきました。
20160417_160126和栗と胡桃とレーズン入りのライ麦パン。
ドイツ人が監修して造っているドイツパンです。
他のパン屋さんのパンには、
マーガリンやショートニングが入っていましたが
ここのは、それらは入っていませんでした。
この町は、和栗の産地でもあります。
噛み応えあり、おいしくて、
止まらなくなりました。

やっとおなかが満たされ、落ち着きました。

DSCF7097帰り道だったので、
躑躅が咲いているかなあ、
と思って寄ってみましたが、まだでした。






DSCF7098その代り、藤の花が咲いていました。

満開ではありませんでしたけど
これから徐々に広がっていくでしょう。





DSCF7100DSCF7102








    八重桜を橋の上から見たところ。のどかですよねえ。
DSCF7106DSCF7108








こののどかな生活が、地震によって破壊されたら、と思うと、
居ても立ってもいられない気分。
地震だけなら、命さえ助かれば復興は可能かもしれませんが
伊方原発が事故を起こしたら、最後です。
もう、ここには住めなくなってしまいます。避難しなければなりません。
誰がどうように責任を取ってくれるのか、福島の例をみれば明らか。

こんなに地震が頻繁に起こっているのに、それでもまだ川内原発を止めない。
それだけを考えても、
国は国民に寄り添ってないなあ、というのがよくわかります。

一日も早く、地震がおさまり、皆さんが安心して未来に向けて一歩を踏み出せるよう
祈ります。
もちろん、福島のことも忘れてはいけません。
この国はいったいどうなっていくのでしょう・・・・・・。

ichigodaifuku35 at 23:32|この記事のURLComments(0)

2016年04月16日

濁り水は地震の前兆?

20160416_061641朝のお散歩です。
昨夜は何度もスマートフォンのアラームで
目を覚ましました。
全く揺れを感じてないのですが
日本のどこかでは
地震が起こっているのかと思うと
複雑な心境。


20160416_061726このところ、ケムトレイルらしき雲が
また増えているように感じます。
この時間帯、
この方向に飛んでいく民間機はありません。
はっきり機影を確認しました。
米軍機か、自衛隊機か、
小型のジェット機でした。


20160416_063033東の空は青く、いいお天気になりそう。
でも、今夜から雨らしい。
どうして、こういうときに雨になる?
自然というものはどこまで無慈悲なのか。



  

クロッケー場。全部で5面あります。平和の象徴。
           お年寄りたちの楽しみがいつまでも続くよう、祈るばかりです。
20160416_06285020160416_063040








20160416_063206ニコは、リードなしでも
安心してお散歩できます。
他のお散歩犬が来ないように周囲を見回し、
バッティングさえしなければ
ちゃんと言うことを聞いてくれます。
そういうところは、
とても楽で扱いやすい犬です。

ニコは人間の言葉がまるでわかっているような気さえします。


20160416_063239川に降りてみました。

水蒸気が上がっていて、まるで温泉のよう。
20160416_063318








20160416_150257実家の庭に芍薬が咲きました。
一輪だけですけど、ものすごい存在感。20160416_150246









きょうのランチタイムは大忙しで、私が駆り出されたわけですが
よく考えたら、私は左手が痛いのでした。
お盆は、まず持てません。こんな手で、果たして役に立つかどうか。

実は、今日は、従姉弟のお見合いの日。
お見合いと言っても、当人同士と、それぞれの母親と4名が
イギーの店でランチをいただきながらお顔合わせをするという
とてもカジュアルなお見合いです。

静かな場所がいいだろうと、二階にご案内。
ということは、お料理を二階まで運ばなければならないということです。
左手が痛い上に、膝が悪い私にとって、これは普段より2倍きつい。

でも、昔取った杵柄。
実家は、イギーが生まれた年に、本家の前の畑を潰して建てられました。
それ以来、高校を卒業するまで、この階段を毎日上り下りして暮らしてきたので
全然苦ではありませんでした。
むしろ、楽しく感じました。

左手は、お盆は持てないので、手の平に載せて、手首を動かさないように工夫。
なんとかいけるもんです。

従姉弟のお見合いの相手は、
叔母の教え子のおねえさんで、おかあさんとも顔見知りの仲なので
和気藹々と進んでいるようでした。

従姉弟はバツいちなので、慎重にならざるを得ませんが、
見た感じではお似合いのカップル。
うまくまとまるといいなあ。

ベルは、気性のいい子ですね、と評判。  ルーは今にも死に絶えそうな状態。
20160416_15031320160416_150334








20160416_201021久しぶりに柑橘類をいただきました。
みしょうかんと
はるみ? ニューサマーオレンジ?
よくわかりません・・・・。
みずみずしい黄色です。



熊本地震は、半端ない余震が続き、
どんどん被害が広がっています。
今までのどんな地震より、恐怖を感じます。
揺れがおさまらないのはどうしようもないです。
助かったのに、再度家の中に入って、命を落とされるなんて、
悔やんでも悔やみきれないですよね。

「お風呂が沸きました」という人工音声が部屋に鳴り響き、
さあ、お風呂に入ろうと、バスルームのドアを開けたらびっくり!
バスタブの底が見えないくらい、お湯が茶色く濁っているではありませんか。

これって、地震の前兆?

先々月の『地域つくり学習会』で、
「観音水に行ったら、水源地の水に少し濁りが見えた。
これは、あまりいいことではありません。」
と大学教授がおっしゃっていたことを思い出しました。
我が家の水は観音水から引いています。
これって、やばいんじゃないの?

そういえば、お湯を沸かしたとき、あれ?なんか透明感がないな?
と思ったのでした。
夕食は、作り置きしたものを温めただけだったので
その水で料理をしていないのは幸いでした。

仕方なく、泥風呂に入り、お湯を流したあと、バスタブに水を溜めました。
地震のときは、まず水確保、と聞いています。
その写真がこちら。20160417_012101

お湯の時よりは、だいぶ薄まった気がします。
それでも、これだけ濁っています。

テレビのニュースでは、
やっと川内原発に言及し始めました。
でも、停止しない、とはどういうこと?
これだけ激しい余震が続いていると言うのに・・・。
玄海原発も伊方原発も異常なし、とのことですがホント?と疑いたくなります。
八幡浜(伊方に接している)は、かなり揺れたと同級生たちが言っていました。

少しずつ東に震源がずれてきているようですよね。
九州の東には、中央構造線が日本列島の真ん中に横たわっています。
伊方原発はその中央構造線のすぐそばに建っています。
伊方原発は600ガルの揺れを想定して補修工事を行ないました。
熊本地震は1580ガルだったそうです。 絶句・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

南海トラフは四国の南から、東海地方へ。

これでは、いつどこでどんな揺れが起こっても不思議ではありません。
おお、こわ!! まじで怖いです。

ichigodaifuku35 at 23:30|この記事のURLComments(0)