2016年08月

2016年08月31日

忘れ物、多し。

20160831_121536午前中に宇和島に行こうと思っていたのに
無理でした。

12時半から、中学時代の同級生が数名集まり
来年の同窓会の名簿作りを
することになっています。

ここは「ゆびしょうゆさし」のお店。
お醤油がたれることなく、かけられる?のかな。
良く知ってる人のお店なんですけど、
使ったことないので、わかんない。
この頃、けっこう流行っているみたいです。

20160831_121551係りの方が、12時には行って開けてます、
とおっしゃるので、12時には
行かないといけないかなあ、と思って
宇和島は諦めました。
そしたら、まだ開いてなかった・・・。

ここは四国電力のモデルルーム、というか、
古民家を再生して、オール電化にして、
見学をさせてくれるところ。
お料理教室や、集会、個展、なんにでも使うことができ、しかも無料。

伊方原発を再稼働させた四国電力の持ち物を使わせていただくのは不本意ですが
無料ですから、ここは目をつぶることにしました。

20160831_12274220160831_122747







6名で、7クラス302名の住所を一人づつ確認。
ずっと地元で暮らしてきて、
同級生の消息をよく知っている頼もしい人たちです。

あ、この人は、亡くなった。
あ、この人はこちらに帰ってきた。
あ、この人は離婚して、よそへ移った。

ものすごい情報網です。

地元にいる人、または帰ってきている人が意外と多かったのには驚きました。

あ、この人、うちの店によく来る。
あ、この人、スーパーマーケットでよく見かける。
あ、この人、あそこの介護施設で働いている。

中には、認知症になって病院に入っている人、
自殺してしまった人、
横領して行方不明になっている人、
何度も結婚離婚を繰り返している人、
もちろん、
出世してえらくなった人、
大きくなった子供さんのところに移住し、幸せに暮らしている人、
夫婦二人で仲よくお出かけする姿を見かける人、
本当にいろいろです。

3時間という短時間に、なんとか一通りのチェックができました。
保留の人や不明の人もいるので、また手分けして調べることになりました。

そのあと、ゲストハウスに移動し、清掃をお願いした同級生と
今までお世話をなさっていた人の仕事の引き継ぎに立ち合いました。
ものすごく細かいところまで、丁寧に説明していただき、
わからないことは、いつでも聞きにきてね、とおっしゃっていました。
2人を引き合わせて、自己紹介をしようと思ったのですが、
お互い、すでに顔見知りでした。 狭い世界なんです。

もう、誰がどこで何をしているか、みんな知ってる、全部ばれてる。
おお、こわい。

それから、やっと宇和島へ。
注文しておいたピンキーリングができたと連絡をいただき、
それを受け取りに行ったわけですが、
直してもらおうと思っていたブレスレッドを忘れてきてしまった。

そして、先日、生姜の佃煮をくれた同級生に、ジャムをプレゼントしようと思って
あの日、手に持って車を降りたのに、
さあ、ごはん食べに行こう、と言われて、
それから、どこへ置いたか記憶がない。
別れ際に、そうだ、ジャムを渡さなくっちゃ、と探すのに見つからない。

じゃあ、また今度ね、と別れて家に帰ったら、バッグの中にありました!
なんで、見つけられなかったのかしらん。

宇和島に行くなら、あのジャムを持って行こう、って思ってたのに、忘れた。
もうめんどくさいから、どんぶり館で同じものを買って、持って行った。

このところ、毎日のようにぶどう屋さんに行って、ぶどうを買ってます。
お世話になった方に、きょうもぶどうをひと箱送りました。
午前中、せっせと御礼状を書き、それをぶどうと一緒に送ろうと考えていたのに
メッセージカードを忘れて出てきた。

あ〜あ、もっと落ち着いて!!!

明日からしばらく留守にするので、犬たちにご挨拶。 2回目のお散歩。
20160831_18323220160831_183259








20160831_184650ちょっと暗いのですが、
外から、「ニコ、ベル!」と呼んでもらって
いいショットを撮ろうとしたのに
私の方が気になるらしく、
すぐこちらに来ようとするので
全然ダメでした。



20160831_202427夕食は、明日のお弁当を見据えて。
冷蔵庫の中、きれいにしました!

ichigodaifuku35 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2016年08月30日

「運転は、歳とともに下手クソになる」 by Tom

20160830_091437お隣りさんから、イチジクが届きました。
わあ、おいしそう〜。
裏庭に、イチジクの木があって、
「今、これだけ採ってきた。」と
全部持ってきてくださったようです。
ありがたい!!

でも、これは食べずに冷やしておいて
昨夜の残り物を食べて、出発。ちょっと食べ過ぎた。苦しい。


20160830_115507松山で待ち合わせて、すぐまたランチ。

ここには、愛媛FCのフラッグが
はためいていました。20160830_115456












20160830_115913ドアを開けると、正面に
愛媛FCの後期のポスター。すごい!!
真ん中で一番大きく写っているのは剛くん。
早くゴールがほしい〜。

ここに書いてあるスローガン、よくご覧ください。
「狼煙」という字がおかしくないですか?
「土」がつくのは縁起がよくない、と、わざと土を取って
煙という字を作っています。
その心意気、ぜひ、
ピッチの上で表現していただきたい。


天井には選手全員のポスター。壁にはサイン、ユニフォームが並んでいました。
20160830_11592420160830_115958








20160830_115945永悟のものもありました!!

「河原さんや、瀬沼さんが
よくお見えになるんですよ。」
ということでした。



ウニのパスタがお勧めと聞いて、頼んだら、きょうはウニがないと言われ、
めんたいこクリームの冷たいパスタにしてみました。
20160830_12090720160830_122128







食後に、エスプレッソを頼んだら、
マシンが壊れていて、普通の珈琲しかできない、と言われました。
そういうことって重なるものですよね。

20160830_150450午後から、ご挨拶に伺うところがあり、
首尾よく務めあげたあと、
ティータイム。
ここは駐車場が広くて、
止めやすいのが嬉しかった。




20160830_151447他の人は、冷たい飲み物を注文。
わたしだけ、宇治金時。
ウフフ。
でも、だんだんからだが冷えてきました。




まだ時間があったので、
移動して眦膕阿濃間を潰すことに。
全然おなかが空きません。

20160831_091847東急ハンズのバーゲンをやっていて、
ステンレスの雪平鍋を買ってしまいました。
これで、アルミの雪平鍋は捨てられます!






時計売り場に、「あっ、ダミアーニだ!!」
トリノで、彼の小型ポスターがショウウインドウに飾ってあるのを見ました。

20160831_091859近寄ってみると、パンフレットあり。
店員さんが出てきて、

20160831_091927







「これは、
カンガルーの皮でできているんですよ。
サッカーシューズはカンガルーの皮で作るそうなんです。
それを使ってデザインしたのがこのブレスレッド。
金属の部分は、ブラックプルトーニ加工(なんじゃ、それは?)と
ダイヤモンドだそうです。お値段は、95000円。

20160831_091951いろいろあって、一番高かったのはこちら。
ブラックプルトーニ加工のプラチナと
ダイヤモンド。39万円也。






   (肖像権、大丈夫かな?)
20160831_091915これらは、ダミアーニとヒデがコラボした
プロジェクトで
ヒデの "TAKE ACTION FOUNDATION " の
チャリティコレクションとして
" METROPOLITAN DREAM
                BY H.NAKATA "
と名付け、この収益の一部は
" HOME FOR ALL " や 
" DROP IN THE BUCKET " という
NPO法人に寄付されるそうです。

外国では、お金持ちが多額の寄付をするのは当たり前の話しですが
日本では、まだまだそういう文化が育っておらず、
眉をひそめたくなるようなお金の使い方をする方が多いのは残念なことです。
これほどの値段をつけるということは、とても庶民が対象とは思えません。
お金をたくさん稼いでいる方々、どうかこういうプロジェクトに参加してください!!

何も買えなかったのに、
「これ、よろしかったら、お持ちください。」とパンフレットを下さいました。感謝。

眦膕阿鬚△箸砲靴董△△隆まわしい駐車場の公民館へ。
今夜も合唱の練習です。
だんだんと声は出るようになってきましたが、息が続かない。
何度も何度も切らないと歌い続けられません。
肺活量が減ってきたのでしょうね。
きつい!!

車はなんとかうまいこと出すことが出来ました。ふう。
お昼過ぎに、トムから電話あり、
「そろそろ東京に行く頃なんじゃないかと思ってね。」
すごい。明日だよ。
「今、松山に来ている。」と言うと
「運転には十分気を付けて。
歳を取ると、運転がだんだん下手クソになるんだから。」
そうよね。
運転だけじゃなくて、歳とともに、若い頃はパッパとできたことが
だんだん手際よくできなくなっていくのよね。実感!!

ichigodaifuku35 at 23:57|この記事のURLComments(0)

2016年08月29日

おなか痛いのに、食欲はある。

20160829_101611早朝より、パソコンの前に座っていました。
夜は食事をしなかったのに、
また胃がもたれて不快感。

お隣りさんが、今作った、という
お赤飯と、野菜天を持って来て下さったので
仕方ない、ご飯食べるか、
と遅い朝ごはんが午前8時半。

20160829_132702宇和島へ修理に出していた靴を取りに行き、
同級生が生姜の佃煮を作ったから
取りにおいで、と言われて、寄ったら
ランチしようよ、と言われ、また食べた。
苦しい〜。



やっと市長が面談に応じてくれることになり、
午後から「原発止めよう会」のみんなで、40分だけ質問をしました。
市長はまだ新人で、当たり障りのないことしか言えない立場。
こんなもんかなあ、って感じ。
現在、伊方から30km圏内については避難計画(かなり杜撰)がありますが
30kmを超えた地域に関しては、全く何もありません。
私が住んでいる古民家の地区は、その30kmを超えたところへ逃げなさい、
と避難計画には書いてあります。
でも、ひとたび事故が起こって、西風が吹いたら、放射能は風に乗って
50kmも飛ぶわけですから、避難する意味がありません。
伊方から30km以上離れた地域の避難計画も作ってほしい、という要望に対し
検討させてもらう、と返答をいただいたのは収穫でした。
避難計画の見直しは、市議会で否決されたので、
次はそれも含めて検討すると言わせたい。

と言っても、次回の面談はお約束できない、ということでした。
しつこく通わないと、会わせてもらえそうにありません。

20160829_162955そのあと、市民病院へ。
来月、WAKOさんが手術を受けるので
その保証人になってほしいと言われ
書類にサインをしてきました。
ついでに、院長室に寄って、
同窓会の写真を見せてきました。
小さな写真では、
誰が誰だかわかんないですよね。
「わからん、わからん。」を連発しながら
すっかり頭が白くなった院長は、
「あっ、こいつ、まだ黒々してるな。」とそういうところに目がいくみたいでした。

昨日、バスの中で読み始めた本は、
「愛だ!上山棚田団  限界集落なんて言わせない!」
岡山県の上山というところには
昔は8300枚の棚田があったのに、それが荒れ果ててしまって草ボウボウ。
そこをなんとか元に戻そうとしたグループの奮闘記。

水路掃除から始まり、延々続く草刈りと格闘したのち、
やっとお米を少しだけ作れる田んぼができ
地元の人たちの教えを乞いながら、180kgの米を収穫。
そのとき、稲刈りのあと、「はぜ掛け」をした方が米がおいしいぞ、
と言われ、それを実行したとありました。

それが、これ。ここらでは、「いなぎ」と呼びます。もう滅多に見かけません。
20160829_18213320160829_182155








今は、「コンバイン」という
刈取りのあと、穂先のみ脱穀機に投入できる便利な農機具ができ、
稲を天日に干して自然に乾燥させるところはほとんどありません。
これは、近所で見かけたので、
本を読んだおかげで、「貴重な風景だ。」と思ってカメラに収めました。

昔は、このあと脱穀機にかけ、残った藁を積み上げて、藁ぐろを作っていました。
普通にあちこちに見られた藁ぐろも、今では観光用にわざわざ作るほど
すたれてしまいました。
冬の季節、広い田んぼがまっ白な雪で覆われ
そこに点々と藁ぐろが散らばって、雪をかぶっている情景は本当に美しいんですよ。

20160829_182233これがわたしの畑。
さて、これからどうしたもんじゃろのう。







20160829_190614同級生が作った生姜の佃煮。
高知から4kg取り寄せた生姜で作ったもの。
3種類あって、プレーン、花エビとあさり入り、
山椒の実入り。
どれもめちゃおいしいです。





20160829_190657まだおなか空いてないのに、
さっそく夕ご飯。

グループラインで、
「今夜のNHKの『鶴瓶の家族に乾杯』は
宇和島だそうです。
興味のある方はご覧ください。」
という情報が流れてきました。

そう言えば、先月、コスモスホールでコンサートがあったとき
「リハーサルに鶴瓶が突然やってきて、みんな緊張しまくった。
おかげで、きょうの本番はリラックスしてできた。」
とおっしゃっていたのを思い出しました。

その番組を観ながら、夕食。
ピアニストの酒井先生がTシャツとジーンズ姿なのが、
本番のシャキッとした黒の衣装とギャップがあって笑っちゃった。

本当に行き当たりばったりのロケなんですね。初めて観ました。
人があまり歩いてなくて、上村愛子さんは苦労なさってました(笑)。

昨夜はずっと雨が降っていて、日中はあがりましたが、
気温が一気に下がって、ひんやり。
シャワーを浴びてバスルームから出てきたら、おおサム。
髪を乾かして化粧をしていると、今までは汗だくだくになっていたのに
きょうは扇風機もいらないくらいでした。
これから、少しずつ秋に向かっていくのですね。
新米が待ち遠しいな。

ichigodaifuku35 at 23:49|この記事のURLComments(0)

2016年08月28日

音楽劇とは?

20160828_073153すっきり朝の目覚め。
昨日、整体の先生が
「これで明日は気持ちよく起きられますよ。」
とおっしゃったとおりになりました。

あと4日でしばらく家を空けるので、
冷蔵庫の中をきれいにしておかないと。

ビッグブレックファーストとなりました。
(胡瓜と茄子は、1時間ほど前にキミおばさんから頂戴したものです。)

でも、100% 元気が回復したというわけではなく、
松山まではバスで行くことにしました。車で往復するパワーが湧いてきませんでした。
20160828_13113820160828_131141








20160828_140317バスを降りると、
目の前がひめぎんホール。
とっても便利。
ただ、帰りはここから乗車できないそうです。

到着したのは、開場の30分前。
すでに、長蛇の列になっていました。
本日も自由席。わずか2500円ですから。


20160828_145113出し物は、「ロミオとジュリエット」。
私の年代では
「ロミオとジュリエット」と言えば、
レナード・ホワイティングとオリビア・ハッセイ。
この世のものとは思えない美しさに惚れ惚れ!


きょうは「みんなのクラッシック」主催 
2016年度公演
   <シェイクスピア没後400年>
(そうそう、シェイクスピアは、いろいろの年、
1616年に亡くなったのでした。)

クラシック音楽で魅せる究極のラブストーリー   
『 音楽劇  ロミオとジュリエット 』 

音楽劇ってなんだろう?初めてなので、どんなものやら想像がつきません。20160828_144846






プログラムを見ると、
楽団は、四国フィルハーモニー管弦楽団。
四国を中心に集まったアマチュアの楽団だそうです。
バイオリンのソロとして、中村ゆか里さん。
演劇は、どこの劇団なのかよくわかりませんが、日本人の14名。
ジュリエット役は、松山市出身らしい。

他に、ダンスパフォーマー4名。
サンドアートや、アニメーション作家ともコラボしているようです。

なかなか面白ろそうじゃありませんか。

お席は、前から3番目のセンターをゲット。
開場する頃には、大きなホールの周りをぐるり一周するくらいの列になっていましたが
座席がたくさんあって、みなさん、余裕でした。

舞台は、奥に、楽団が並び、演奏をします。
そして、正面の壁に、砂絵やイラストが映し出されます。
舞台上手に、バルコニーと思われる鉄製の櫓のようなものが組まれ、
役者さんたちは、楽団を背に、演技をします。

曲は、それぞれの場面に合わせて選ばれたクラッシック。
グルックだったり、ヘンデルだったり、ワーグナーだったり、バッハだったり。
映画の名曲、ニーノ・ロータの「ロミオとジュリエット」のテーマや
プロコフィエフのバレエ音楽は一切ありませんでした。
でも、それはそれで、特に違和感もなく、演奏に聞き入ることができました。

ベートーベンの交響曲7番第2楽章が奏でられたときはびっくりしました。
あれ〜、これって、プログラムにないよねえ。
私の大好きな曲なので、サプライズでした。

砂絵(サンドアート)は、いつぞや、港のレストランで観ました。
素晴らしい感性と技術ですよね。
最初に描き出されたのは、中世のお城、城壁、大きくカーヴを描いた石段。
わ〜お!!

お芝居は、きちんと勉強をされている役者さんたちだと思います。
ただ、衣装が少々プアでした。
頭に浮かぶのは、レナード・ホワイティングとオリビア・ハッセイですから
どうしてもそれと比較してしまいます。
限られた予算の中から、かなり工夫されていたのは感じましたけど。

それから、台詞。
あれは、どなたの訳なのでしょうね。
ネットで調べたところ、坪内逍遥のがたぶん一番古いと思うのですが
それでも、ジュリエットは自分のことを「わたし」と呼んでいます。
ここでは、ジュリエットは、自分のことを「わし」と言っていました。
シェイクスピアの劇は、台詞の中身がとっても重要で
いろいろな意味を含んだ言葉となって出てくるわけですが
台詞は長いし、難解だし、平安時代の公家言葉のようで
ちょっとでも早口になったり、後ろの音が大きくなったときなどは
ほとんど聞き取れず、もったいなかった。
お子様もたくさんおいでだったので、
彼らにとっては、きっと外国語のように耳に響いたのではないでしょうか?

途中で2度舞台の袖でソロを弾かれた中村ゆか里さん。
もうほとんどトランス状態でした。すごい迫力でした。
彼女の音だけを聴いていたかったけど、舞台中央では
役者さんたちが、大声でしゃべっていて、ああ、もったいないなあ、と思いました。
2度目に出ていらして、カッチーニの「アヴェ マリア」を弾かれたときは、
思わず、ウルウルきてしまいました。
ジュリエットの心境をよく表わしているナイスな選曲だなあ。

休憩をはさんで、2時間の舞台は、時を忘れてしまいました。
衣装と、役者さんの人数と、パフォーマーさんたちの表情を改善すれば
もっとよくなると、辛口「セルジオいちご」は言わせていただきます。

帰りは、目の前の路面電車に乗って、ひと駅で、宇和島バスの道後営業所。

お隣りに、湯築城跡があるので、ふらっと入ってみました。  空が秋!
20160828_17233620160828_172345










20160828_172440ここは、昔、お城があったところですが
私が幼い頃は、動物園でした。
家族で何度も訪れた記憶があります。
今は、それが砥部に移転しています。





20160828_172458このようにお城跡として整備されてから
ゆっくり散策したことがないので
今度時間があるとき、
また見学することにします。





行きは、サンドイッチ、帰りはおむずび。
それぞれバスの中でおおばり、うたた寝したり、本を読んだり。
やっぱり、自分で運転しないと楽でいいですね。

ichigodaifuku35 at 23:03|この記事のURLComments(0)

2016年08月27日

ジオの恵み

20160827_070936かなりヘビーな朝ごはん。
おなかの調子があまりよくなくて
食欲もなかったのですが
きょうは午前中、講義を受けるので
おなかの虫が鳴ったらかっこわるい、
と思って、しっかりいただくことにしました。



DSCF9292古民家から40分弱で指定の公民館に到着。
今日も暑くなりそう〜。







20160827_114119本日は、石のお話し。
地質学講座です。

ジオパーク学習会の「黒瀬川構造帯」編。

今月、須崎海岸で、4億2500万年前の地層を観に行きました。
きょうは、以前、植物観察をした山で、
石の現地学習をします。

最初に、ジオパーク推進室から
「ジオパークとはなんぞや?」というお話しがありました。

続いて、四国総合研究所から、火山学と地質学専門の講師をお招きし、
黒瀬川構造帯について、詳しく説明していただきました。

地球は、46億年前に誕生し、ドロドロに溶けたマグマの海が冷え、
地球の表面に固い岩石の層(地層)が徐々にできていったそうですが、
現在ある大陸たちは、当初はくっついていたらしいです。

14722652065975億年前のゴンドアナ大陸。
見にくいですが、
ダブルクリックしてみてください。
右の方に、黒瀬川構造帯があります。
ここは、オーストラリアの一部です。

オーストラリアのどのあたりか、というと
北西部ではないか、と言われているそうです。
ブルームあたりかなあ?
そこは、真珠がたくさん採れ、日本からもダイバーがたくさんやってきて
日本人のお墓も残っている場所です。
もしかしたら、大地が何億年も前の故郷を目指して、
日本人を向かわせたのかも知れませんね。

玄武岩というのは、マグマが固まったもの、
チャートというのは、プランクトンが積もったもの、
砂と泥が固まった珪質泥岩、
その上に、泥や砂、
という順番に地層ができているそうです。
(これは、ジュラ紀、2億年前前後。)

黒瀬川構造帯には
5〜4億年前にできた蛇紋岩の「寺野変成岩類」や
花崗岩の「三滝火成岩類」を見ることができるそうです。

三葉虫、フズリナ、サンゴの化石などがたくさん見つかっています。

この黒瀬川構造帯は、九州から東北に1000kmに渡って、細長く延びていますが、
ところどころ、消えている部分があり、繋がっているかどうか?
というと、たぶん、繋がっていたのでは、ということでした。

地層のずれとか、そういう話しは、すごく専門的でむずかしく、
一応メモは取ったのですが、あまりいい加減なことを書いてもいけないので
省略させていただきます。

質問コーナーでは、何人かの人が、何度も手を挙げ、
熱心に問うていらっしゃいました。

20160827_115306これがチャートかな?

20160827_114159







手前のグリーンとブラウンの線が入ったツルツルの石。これも、チャートだそうです。

女性に大人気!

「これをスライスして、アクセサリーにしたら、すごくステキ!」と叫んだら、
「はい、薄く切って、形を整えて、磨いて、女性にプレゼントしたことがあります。」
と講師。
「もしかして、それが今の奥様ですかあ?」
冗談半分で聞いたら、図星でした!!

20160827_114032「ここに、2枚貝の化石があります。」

貝の形、ハート型なんですよ。20160827_114045









         両方とも、サンゴの化石、わかります?
20160827_11462020160827_114645








20160827_11445720160827_114512








20160827_11474420160827_114938








20160827_11520720160827_115543







しろうとにとっては、普通の石にしか見えませんが、専門家にとっては、宝物!!


20160827_121634ランチです。
じゃこカツ丼を注文したのですが
全然イメージと違うのが出てきました。

ごはん、多い!と思ったのに、
ペロッと平らげてしまいました。
おいしかった。





つづく〜




ichigodaifuku35 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2016年08月26日

北四国往復。

20160826_073713朝4時に起きて、ブログを1本。

余裕で朝ごはん。
昨日の残りのペンネに
ニンニクと赤トウガラシ入りの
オリーブオイルを混ぜてみました。


サラダのドレッシングは、しゃぶしゃぶ用の胡麻だれ。
フルーツは、最後のイチジク。

古民家を8時に出発しました。

20160826_100023約束の時間より30分も早く着きそうなので
サービスエリアで時間調整。







20160826_095916きょうもいい天気で、暑い。
遠くに、瀬戸内海の島々が見えています。
松山は、全く雨が降っていないそうです。
天気雨も夕立もなし、と言っていました。





20160826_095904今まで気がつかなかった。
ベンチの肘掛けもハート。

ここは「恋人たちの聖地」に
認定されているんです。



松山インターで降りて、そこの駐車場に車を置き、
市内からやってきたミニバンに便乗させてもらい、向かったのは高松。

20160826_122518着いたらまずはランチです。
もちろん、さぬきうどん。
もちろん、ちくわ天付き(写真なし)。





午後から、高松高等裁判所で、ある裁判の判決が言い渡されます。
その傍聴に来たのです。
裁判長は、入廷してから、正面の時計を見て、まだ30秒ある、と
もったいぶって皆を待たせたあと、判決を言い渡しました。

その間、わずか数十秒。
被告の訴えは退けられました。無念!

場所を移して、報告集会が開かれ、怒りの声があちこちで聞かれました。
「日本の司法は死んだ!」と法廷で叫んだ人もいたくらい、不当な判決でした。

誰が見ても、大変わかりやすい内容だと思うのですが、なぜ、棄却?
原告の人たちのご挨拶に、思わずもらい泣き。
今後、最高裁へ上告するかどうかはまだ未定です。

なんかすっかりしない気分のまま、高松をあとにしました。
トイレ休憩なし。ノンストップで松山まで戻ってきました。20160826_174158









そのまま帰れば、また夕陽に間に合ったかもしれませんが、
あれほど、忘れ物はないね、と確認したにもかかわらず、
運転席の足元に敷いてあったラバーマットに全然気がつかず、
修理工場からそのまま持って帰ってきてしまいました。
それを届けに、松山の端っこまで車を飛ばしました。

ナビは20分で着くと示していたのに、なぜか、迷って、40分もかかってしまいました。
帰りも、渋滞やら、迷子やら、ウロウロして、
だいぶ時間をロスしました。

途中でおなかが空いて、手持ちのクッキーを食べようとしたのですが
口を結んである紐がなかなか解けず、このまま食べられないで帰ってしまうのか・・・・。
最後にやっと開くことができ、
『フワフワ』特製の、胡麻クッキーと黒豆クッキーをパクパク。
たった3枚ずつしか入っていない小さなクッキーでしたが、
とってもおいしくて満足。

古民家に戻って、
冷蔵庫に冷やしてあった梨を食べ、夕食はなしで、お風呂にドボン。
明日も、またお出かけです。
あ〜、しんどい!

ichigodaifuku35 at 23:51|この記事のURLComments(0)

2016年08月25日

きょうも、朝から何やってんだろ!

20160825_102225今日は25日。
銀行の諸々の引き落とし日です。
わたしのメインバンクは横浜銀行なので
地元のいくつかの銀行口座から
クレジットカード支払いができない
幾つかのもの(CATVとか)が
本日引き落とされます。
ガバッと目を覚まし、銀行に行かなくっちゃ!
大急ぎでシャワーを浴び、家を飛び出しました。

ギリギリセーフですべて完了。
終わったあと、ゆっくり通帳を眺めたら、口座にはそれなりの金額が入っており、
こんなにあわてなくても、全く問題なかった、ということがわかりました。
どうして、出る前に、通帳を確かめることをしないのでしょう。
ぱっとひらめいたら、あとさき考えずに行動しちゃう、という性格は昔からですが
こんなに重症だったかなあ。

仕方ないので、せっかく町(?)に出てきたのですから、
スーパーマーケットで買い物をし
(キッチンにメモ用紙を置いておいて、
足りなくなって買い足さなきゃいけないもののリストを作っておかないとすぐ忘れちゃう。
忘れると、また買いに行くのが大変なんです!)
WAKOさん宅へ車を飛ばしました。
梨を安く手に入れてくれたので、それを受け取りに。

上の写真は、帰り道。

20160825_10304320160825_103051








20160825_10305820160825_103112








                                 360°、田んぼです!!

20160825_103118マンモス親子、まだ健在。
だいぶ藁が枯れてきたように見えますが
これは稲刈りが終わるまで持ちそう、ですね。







BlogPaint鳥が一羽、
田んぼの端に佇んでいるのが見えました。
この辺りはどうかわかりませんが
イギーが田んぼの手伝いをしていた地域は
コウノトリ農法と言って、
農薬を使わず、飛来してくるコウノトリに害虫を食べてもらってお米を作っていました。

でも、これはたぶん、アオサギ。 どこにでも、普通に見られる鳥です。

BlogPaintゆっくり近寄ったら、飛び上がって、
遠くへ行ってしまいました。
赤い輪の中に、
低空飛行のアオサギがいます。





20160825_115923帰り着いて、
すぐに梨を仏壇に供え、
籠に盛っていたところ
ゴロゴロと2個、床に落としてしまいました。
拾ってみると、
2個とも潰れて、汁が飛び散っています。
ああ〜あ、なんでこうなるの?


20160825_121000冷やしてからいただこうと思っていたのに
しょうがないから潰れたのの皮を剥いて
少し食べてみました。
おいしい〜。甘い〜。
WAKOさん、ありがとう〜。



WAKOさん宅へ向かう途中、朝ごはんを食べていないのに気がつき
急におなかが空いてきました。

ちょうどお菓子屋さんが見えたので
WAKOさんへのお礼に、何か買っていこう、
ついでに、なにかおなかの足しになるものを。

塩っ辛いものが食べたいと思うのは、やはり汗をたくさん掻いているからですよね。
いろいろ物色していると、お店の人が冷たいお茶とクッキーを出してくれました。
「これ、おいしい〜!」
サツマイモを輪切りにした形のおさつクッキー。
これに決定。それと、めんたいこおかき。

わたしには、大豆入りのおせんべい。
それを摘まみながら、車を走らせました。
このお菓子屋さんは、愛媛で今一番頑張っていると私は思っているので
店員さんの態度を含め、とてもいい気分になりました。

というわけで、朝ごはんはおせんべいと潰れた部分の梨で終わり。

それからパソコンの前に座りましたが、
来月のタイ戦のチケットが取れません。法外な金額に吊り上っています。
こんなことなら、JFAが提供してくれている高いとそのときは思ったチケットを
購入しておくべきでした。
バンコクは日本から気軽に行ける土地だし、
東南アジア近隣に住む日本人たちも大勢集まるらしく、
チケットは大人気のようです。

私は、タイのチケット会社が売り出すのを知っていたので、
そこにあらかじめ登録を済ませ、売り出し日になったら、そこで買おう、
と気軽に考えていましたが
その会社がちゃんとしたところじゃなくて、
チケットを売りさばく能力がないと判断され、販売停止になってしまったそうなんです。
なんということ!!

そうこうしているうちに、どんどん条件が悪くなり、
サッカー協会にツテのあるナベ直氏に聞いてみても
「もう、年代が変わって、あまり知ってる人がいないんだよなあ。」と言われ
旅行社の人にすがっても、「うちもチケットがなくて困ってるくらいなの。」と言われ
あとは、高額なチケット販売会社かオークションしかなくなりました。

「現地で買えば?」とのんきにノビオは言いますが、
ネット情報では、タイ人の人気もすごくて、完売、完売の嵐。

「じゃあ、高くていいから、買っときなさい。」と言われても、
「ほんと、高いんだよ。」

あちこちの代表戦で、奇遇を続けている本田さん(本田のファンなので本田さん)が
「バンコク行きますか?チケット買えましたか?」とラインが来て
いろいろ情報をいただき、やっぱり、定価では無理のようでした。

彼女は、ヤフオクで買ったようで、
わたしも見てみたのですが、もう載っていませんでした。
残り少なくなってますよ、と言われていたので、ほんとにそうでした。

ずっと目をつけていたチケット会社は
あまりに値段が高かったので無視していたのですが、
そこにもあれだけたくさん並んでいたのに1席も残っていませんでした。

もうひとつのチケット会社は、まだかなり持っていて仕方ない、ここにするか!
正規の値段の10倍ですよ!!
元の値段が安いので、まあ許せる範囲ですが、
日本で売り出した送迎付きアウェイ席の3倍のお値段です。

そして、送り先の住所をインプットしているときに気がつきました。
ここは、因縁のユベントスvsインテルのチケットを頼んだ会社でした。

ブログをいつもご覧いただいている方はご存知ですよね。
あのインチキホテルの顛末。
ホテルに届けるよう頼んだら、そこはホテルじゃなくて、チケットも届いてなくて
チケットが行方不明になり・・・・・
という大騒ぎしたチケット会社だったのでした。

チケットを、バンコクのホテルに届けてもらうか、日本の住所に送るか、
どちらにしますか、という欄が出てきて、
タイ国内だと無料、海外だと約2000円の手数料。
ホテルに届けてもらうのはリスクが高すぎますよね。
今回はちゃんとしたホテルだから、大丈夫とは思うのですが
やはり、出発する前にチケットを手にしていた方が安心だと判断しました。

こんなことをやっていたら、あっという間に時間がたってしまいます。

途中で、また天気雨。空は明るいのに、いきなりザザザ。
                             1分くらいで止んでしまいました。
20160825_14052020160825_140603








20160825_153526遅いランチは、ペンネのトマトソース。
トンカツを作ろうとキャベツを1玉買って、
はや何日。
今月までに作る時間があるでしょうか?
とりあえず
キャベツと大根のサラダを作りましたが、
全部食べ切れるか、甚だ疑問。


夕方からは、イギーの店の手伝いに駆り出されました。
きっと、大忙しで食べる暇なんかないだろうから、
このペンネが夕食の代わりとなるはず。

今夜のお客様は、大人8名+お子様4名のグループ。
大人向けのお料理が次々出てくるので
子どもたちは、見た目でまず引いてしまいます。
見たことのない食材、どんな味か怖い。
食べないまま拒否、または
ひと口恐る恐る食べて、まずい〜。
一番喜んでいたのは、ワタリガニのパスタとバケットとデザートでした。

今どきの子どもたちの様子がよくわかって、とても勉強になりましたね。
まるで幼稚園の先生になった気分でした。
これを毎日毎日体験されている幼稚園の先生、学校の先生、
大変なお仕事ですよ、これは。
もちろん、日々子育てをなさっているおかあさんたちも、御苦労の連続と
お察し致します。

3時間半、立ちっ放し、動きっ放し、ひと口の水も飲めず、足がパンパン。
疲れました。
う〜ん、だいぶ体力が落ちているな、と実感したしだいです。

ichigodaifuku35 at 23:15|この記事のURLComments(0)

2016年08月24日

熱中症ではないけれど。

20160824_064050朝ゴミ出しに出たら、
ちょうどラジオ体操をやっているところで
また参加してきました。

いつものおばさんの姿が見えないので
「どうして今朝はいらっしゃらないの?」と
男の子に訊ねたら
「ああ、ばあちゃん? ばあちゃんは、熱中症。」
という答えが返ってきました。
あらら、それは大変!
一緒に体操をしていた大人の男性が、「そうか、入院しとるん?」
「ううん、家で寝よる。」
大したことではないようで、よかったです。十分に気をつけないといけませんね。

20160824_064059上の写真のアップ。
夜遅くに帰ってくると、
あたり一面、あま〜い香りに包まれていて
なんだろう、と気になっていたその正体がこれ!





20160824_064202ネットで調べたら、「クサギ」という植物だそうな。
当たってます?

どなたかご存知の方がいらしたら、
教えてください。

バニラのようなジャスミンのような
そんなあま〜い香りのする花です。

20160824_064221もう稲刈りが始まっていました。
先日、宇和島の道の駅で
「新米」が出ていました。

皆が競って、新米を出そうと必死になっている、
とイギーから聞きました。
少しでも早く出すと、高い値がつくそうです。


20160824_064252でもなあ、こんな猛暑の中、
新米を食べてもおいしいと感じるのでしょうか?

やっぱり、空気も景色も夏と変わって、
秋になったなあ、と実感する頃に
新米って食べるものではないのでしょうか?
これでは、野菜と同じ、
季節感がなくなってしまいます。

そう言えば、今朝はなんだかほんの少し、秋を感じます。
空気がちょっと違う気がしました。暑さが柔らかくなったような。
8月ももう後半。残暑厳しい中、朝晩は徐々に秋に向かっているような気配です。

20160824_072020朝ごはんは豪華なフルーツ盛り。
富良野メロンと、マスクメロンと、いちじく。
全部食べきれないくらいの量でした。
おいしい〜〜〜〜。





20160824_10463610時のおやつ。しおもち。
塩分摂らないとね。







20160824_142952昼食兼夕食になってしまったパスタ。
右の赤いのは
WAKOさんの畑で採れた細長トマト。

左のカップは、冷たいかぼちゃスープ。
かぼちゃと豆乳とコンソメスープを入れて
ミキサーにかけるだけの簡単スープ。
コンソメが冷めるのを待とうと、
かぼちゃと豆乳だけ先に入れてスプーンで掻き混ぜ、
しばらくたってから、蓋をしてミキサーのスイッチオン。
ガガガガガガ〜〜、とすごい音がして、びっくりして止めたら、
スプーンが中に入ったままでした。
どうして、そうなるの???

スプーンは曲がって使えなくなってしまいましたが、
ミキサーの歯には影響ないようだったのでほっとしました。

きょうも一日、生ぬるい扇風機の風に当たりながら、ブログを作っていました。
今月は、呪われた月でいろいろなことが起こりました。
最初から順番に読んでいかないと、どうしてそうなっていくのか、
という流れがつかみにくいので
全部出来上がってから、公開しようと思っています。
もうしばらくお待ちください。

19時から、八幡浜で反原発のミーティング。
どうにもからだがだるくて、出かける元気が出ませんでした。
お断わりの連絡を入れたのですが
途中で電話がかかってきて、「来てくれないと困るよ。」と催促されました。でも、無理。
しんどい。疲れが抜け切れないでいます。

ichigodaifuku35 at 23:08|この記事のURLComments(0)

2016年08月22日

帰ってきました。

明日こそゆっくりできます。

今夜は、歌の楽譜の整理と復習で終わってしまいました。
11月に大きな祭典があるので、今度ばかりは付け焼刃ではできません。
まじめに練習しないと!

ichigodaifuku35 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2016年08月21日

危ないところでした。

月曜日から岡山へ行く予定でした。
ですから、明日の日曜日は、ゆっくりできるぞ〜、と夜更かしして明け方になって、
ふとラインを見ると、
忘れ物の多いわたしのために、確認が入っていました。
「明日は・・・」と書いてある!
岡山は、明後日じゃないの???

予定表をチェックしたら、確かに明日でした。
わたしの手帳には、明後日から、と書いてある。なんで?

それに気がついたのが午前4時。
最寄駅出発は06時55分。 あと3時間しかない!

大急ぎで支度して、シャワーを浴びたところです。
ああ、危なかった。

というわけで、またブログ作成は延期です。

ichigodaifuku35 at 05:31|この記事のURLComments(0)

2016年08月19日

きょうも暑かった!

20160819_083006朝ごはんは芋粥です。

昨夜、ジャンキーフードを食べたので
きっと朝は胃がムカムカするに違いない、
と覚悟していましたけど、
思ったより楽でした。
やっぱり、食べたい、と思ったということは
体が要求していたということになるのだ、
と勝手に解釈。

大根は、大野ヶ原から(トムのお土産)。
糸こんにゃくは、すき焼き丼を作るため、ビーフと一緒に買っておいたのに
作る暇なく、賞味期限が切れてしまったもの。

20160819_131456まだ、ブログを作る気分になれず、
別のことに時間を費やしていたら
もうランチタイム。

半田そうめん。
暑いときは、冷たい麺に限ります!



午後3時過ぎ、猛烈な暑さの中、WAKOさんとぶどう農園へ。
20160819_15023420160819_150207








20160819_150224普通の民家の中に
見えてきました!

これが、知る人ぞ知るぶどう農園です。20160819_150154








今までご贔屓にしていた農園が閉園してしまって、
このところ、特にどこのぶどう、とは決めていなかったので、
WAKOさんに紹介してもらうことにしたのです。

とにかく、安い!!  びっくりするほど安い!!

さっそく、お世話になった方々へ送ってもらうことにしました。
そして、宇和島の同級生にもひと箱。これは、直接、届けることに。

BlogPaintどんぶり館まで戻ってきました。

きょうはWAKOさんのお誕生日!
そうっだったのか、知らなかった!!
なので、ジェラートをプレゼント。




20160819_151047わたしは、ジオパークをイメージしたジェラートの
『カルスト』。
一番下にコーンフレーク。
抹茶とミルクのジェラートの上に
ホワイト板チョコが3切れ、刺さっていました。
次回は、『段畑』に挑戦してみよう。


このあとWAKOさんと別れて、宇和島にぶどうを届け、
絵をピックアップしてきました。
ありま三なこさんの絵本「ウオールズ」の原画のひとつです。
写真を撮ったつもりだったのに、スマートフォンの中に入っていなかった。
あす、ご披露します。


20160819_172803帰りに実家へ寄りました。
「さっき散歩させたけど、暑すぎて
あまり歩かなかったから、もう一度頼む。」
と言われ、3匹のお散歩。





20160819_173509確かに、暑いよね、毛皮着てたら。
でも、夕方になって、
だいぶ過ごしやすくはなってきました。






BlogPaintこの旧式デミオは、わたしの代車。
グリーンのデミオが戻ってくるまで
この車にお世話になります。


ルーは、後ろ脚がうまく動かず、
座り込んでしまっています。


         ぐったりの2匹。中年と高齢ですから。
20160819_18273120160819_183142











20160819_183226ベルは元気いっぱい。
じっとしていません。

でも、食欲は一番ありませんでした。
ちょっと心配だな。




20160819_183313寝ているルーにちょっかいを出すベル。
遊んでほしいのでしょうが
ルーちゃんはお疲れモード。

ここは涼しい風の通り道で、気持ちいい〜。

でも、このままいると、虫にさされてしまいます。
蚊取り線香を焚いていますが、
果たしてどのくらいの効果があるのやら。

ルーちゃん、
がんばってこの夏を乗り切ろう!!



20160819_203821夕食。
精米したばかりのお米を炊きました。
おいしい〜。満足〜。

おかげで、だいぶ心も体も落ち着いてきました。
でも、まだ、
何か悪いものに包まれているような。

この負の環境から脱するにはどうしたいいのか?
何か癒しが必要。
やっぱり、マッサージかなあ。

ichigodaifuku35 at 23:50|この記事のURLComments(0)

やっとひと段落

お盆が終わってやれやれ。

明日からブログ作ります。
盛りだくさんの日々でした。

早く厄を落としたい〜。

ichigodaifuku35 at 00:05|この記事のURLComments(0)

2016年08月12日

必要あり?

DSCF9156伊方原発3号機、本日午前9時、
燃料棒が抜かれました。

テレビのニュースではしきりに
「三崎半島の避難に課題を残したまま
伊方原発再稼働!」
と流していましたが、
そんな問題じゃないでしょう。

避難経路が確保できれば、それでいいの?
フクシマの事故を見ればわかるでしょうに。

DSCF9108当時の総理大臣だった管直人氏が駆けつけ、
「世界中の原発をなくしたい。」

社民党の福島瑞穂氏も
「伊方原発再稼働してはいけない。」DSCF9242










これから先、この国はいったいどうなっていくのでしょう。

ichigodaifuku35 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2016年08月11日

2016明治安田生命J2リーグ第28節・加地君、いなかった!≪愛媛FC vs ファジアーノ岡山≫

20160811_174257傷心の思いで、ニンスタに到着。

柑太パークでは、チアリーディングチームが
最後の練習に余念がありません。
ここを横切って、バックスタンドへ。

車は、だいたいは、砥部動物園か、
東駐車場に入れますが、
スタジアム横の駐車場が整備されて広くなり
テニスコート、体育館、弓道場を使用する人たちも一緒に
空いていれば、ここに停めることができます。

前回、「満車です、バツ!」と言われ、
U-ターンして、動物園に止め、坂をえっちらおっちら上って行ってたら
わたしを追い抜いて行った車が、その駐車場に入りました。
係員に、
「さっき、満車、っておっしゃいませんでした?」と詰め寄ると
「今、空きが出たんですよ。」
そんな・・・・・。
じゃあ、「しばらくお待ちください、じきに空きが出ると思います。」くらい言ってよ!
これから、他の施設を使っていた人がどんどん帰る時間帯でしょうが。

この駐車場の入り口は、路肩が広く、
下から上がってくる車の通行の妨げにはなりません。
三ツ沢の駐車場は、空きが出るまで、辛抱強く待ったものでした。
たまたま通りかかったとき、空いてれば入れる、なんて
そんなくじ引きみたいな駐車場って、ありですか?
なんのために、あなたはそこに立って、誘導しているの? 

一緒に歩いてきた他の家族連れも、「ええ〜、さっきは満車って言われたのに。」
と不服そうでした。

なので、今回、「満車です、バツ!」と言われても、
立ち去らずに、そこで待機していました。
1分もしないうちに、1台出て行きました。
さあ、入ろうとすると、後ろから来た車を「さあ、どうぞ!」と誘導しようとする係員。
「ちょっと、あんた、先に待ってるのはこっちでしょ。」
あっ、そうでした、失礼しました!
先ほどの車を制して、わたしを先に入れてくれました。当然やろ。
おばさんは、イライラしてるんだから、あまり怒らせないでよね。

長蛇の列になって、これは収拾がつかないと判断したとき、
あとから来た車に、「申し分けないが、空きが全然出なくて、
これ以上お待ちいただいても無理と思われる。
他の駐車場に行っていただけないか?」
と、捌けばすむことじゃないの?
そのために、2人も3人もそこにいるんじゃないの?

ああ、むかむかする。でも、最終的には近くに止められて、よかった!

DSCN3270またまた掟破りで、本当に申し訳ないけれど
幕を張らせていただきました。

こんなところまで、
ファジアーノユニに身を包んだ人たちが
進出してきていました。
ここは、バックスタンドのアウェイ側ですから、
仕方がありません。
もう、幕を背に座られても、文句は言えない状態です。

そして、どうしようか迷った挙句、
やはり、張らせていただくなら、ファジアーノのゴール裏。
代表者にお断わりしてからの方がいいだろう、と
アウェイ側ゴール裏まで出向き
太鼓隊の親分に
「加地くんが日本代表のとき、ずっと幕を張っていた愛媛サポです。
きょうは、その幕を張らせていただきたいと思い、ご挨拶に参りました。
張らせていただいてよろしいでしょうか?」

親分は、快く、「どこでも、いいですよ〜。」と言って下さいました。

20160811_181946いったい何年ぶりでしょう。
ちょっとかび臭くなっていて、
虫干しにちょうどよかったかもしれません。

幕を張っているとき、
ちょうど選手たちが出てきて、
ゴール裏にあいさつ。
加地くん、この幕、気がついてくれたかなあ。20160811_182033


DSCN3268







バックスタンドに戻ってメンバー発表が始まりました。
あれ、加地くん、先発じゃないの?
えっ? サブでも名前を呼ばれませんでした。
ウソ、じゃあ、ここに加地くん、来てないってこと???
間抜けすぎる・・・・・・・・・・・・・・
きょうは何をやってもだめな日なんだ。情けない。

DSCN3271剛くんは先発です。
きょうこそ、ゴールを決めてくれ〜。







DSCN3275先ほど、
柑太広場でリハーサルを繰り返していた
ジュニアチアリーディングチーム
" Otters ! " によるパフォーマンス。
今日のマッチタウンは、地元砥部町。
砥部にカワウソがいたのか?



DSCN3276日が沈み始めました。
何度見ても、美しい。
雲は空というキャンパスにいつも驚くような
絵を描いてくれます。
天才だあ。




選手、入場。 このサマバケユニも今夜が最後。
DSCN3280DSCN3288








DSCN3290コイントス。
愛媛は剛くん、
ファジアーノは、岩政でした。
こんなところにいたのね!





DSCN3293ファジアーノのゴール裏。
すごい人!!
上位につけているから、気合入りますよね。

愛媛のゴール裏より、多いように見える。




DSCN3296ファジアーノ5番 渡辺一仁(元愛媛FC)。

左、息吹くん、右、大輝くん。






DSCN3297ますます夕焼けが色を増してきました。








DSCN3302左から、剛くん、赤嶺、岩政。
赤嶺くんの背番号を確かめるために
ファジアーノのHPを開いたら、
監督は長澤さんだった。
コーチに戸田さん、いるし。
FC東京の色が濃い!
だから、加地くんもここに移籍したのかなあ。


DSCN3303後半、剛くん、頼んだ!!








きょうの愛媛はよかったんですよ。
なのにね、オウンゴールで1点献上。 ウソ?!

DSCN3312剛くん、無念の交代。
あ〜あ、きょうもゴールはお預けか・・・。
次、次!






75分、小島がペナルティエリア内で倒され、ボールを離さなかった阪野が蹴り・・・・
DSCN3316DSCN3320









DSCN3321見事、同点としました。

大急ぎで、ネットに絡んだボールを拾って、
センターサークルに持って行こうとした
阪野の姿に
「さあ、もう1点取るぞ。」という
強い気持ちを感じました。


ロスタイムは、またまた6分。
最後まで攻撃の手をゆるめませんでしたが、同点のまま、ゲームオーバー。
くやしいなあ、ホームなのに。
DSCN3325








挨拶に来てくれた選手たちの中に、剛くんを見つけられませんでした。どこか痛めた?
DSCN3329DSCN3334








DSCN3335みかんたちも、心なしか
がっくりしているように見えるのが不思議。
姿もそうですが、
顔の表情もそう見えるんですよ。





20160811_211038ファジアーノのゴール裏へ行き、
そそくさと幕をはずし、
そのままぐるりと一周して
正面に出ました。20160811_211131









20160811_211306シャトルバスのりば。
長蛇の列になっていました。
すごい!
このような光景が
常に見られるようになるといいなあ。
ファジアーノサポーターの方々、
たくさんのご来場ありがとう!!
それにしても、加地くん、いなくて残念でした。
そして、剛くんの怪我(?)が心配です。

ichigodaifuku35 at 23:59|この記事のURLComments(0)Jリーグ | 愛媛FC

2016年08月05日

こんな日もあるんだなあ。

20160805_080750これは、古民家の裏側の通りです。
車が一台通れるくらいの広さがあります。
昨日来てくれた叔母が
「先日、裏を通ったら、
溝の草が相当伸びてたよ。」
と教えてくれました。


この写真は、いつもの景色。つまり、草引きをしたあとです。
わたしにとっては、これが当たり前の風景でした。

庭の草は確かに伸び放題ですが、塀の外までは考えたこともなかったし、
チェックしたこともありませんでした。

行ってみれば想像以上に背が高くて、びっくり。これはひどい!!

20160805_080807塀の外側には小さな溝があります。
これは生活排水ではなく、
田んぼに水を引くための農業用水なので
とってもきれい。
写真をクリックすると、水が流れているのが
わかります。
水の中に根を張って伸びていくなんて、
考えられないでしょう?

1時間半かかって、全部の草を取り除きました。
裏の通りに面している家に住んでいる若夫婦のご主人が、
洗濯物を干しながら
「きれいになりましたね。」と声をかけてくれました。
「今まで、お見苦しいところを放置したままで、大変失礼いたしました。
全く気がつきませんでした。」と謝りました。
「だいぶ、伸びてきたなあ、と思っていました。」と言われました(汗)。

20160805_062411これが、その状態。
溝の中に育った雑草たち。
一番上の写真と見比べてください。

今まで、いかにキミおばさんが
こまめに手入れをして下さっていたかが
よ〜くわかりました。
ほったらかしにしておくと、
こういうことになってしまうのですね。
本当にびっくりです。

今朝は、長ズボン、裾にひもが付いていて、それを絞って結ぶと
虫が入ってこられないようになるすぐれもの。
首まである長袖のシャツ。帽子。マフラー。軍手。完全防備です。
困ったのは、蜂にまとわりつかれたこと。
それと、勢い余って抜いた草の泥が、目に入ってしまうこと。
生まれて初めて、溝の草引きと格闘しました。
また大汗をかいたので、痩せたかも!!!

金木犀、葉っぱがナメクジに食べられて
悲惨だったので、だいぶカット。      これらの枝、どうやって処分しましょ。
20160805_08324220160805_083202








20160805_101133シャワーを浴びて、やっと朝ごはん。
昨夜、下準備しておいたサツマイモ。
これ、芋粥なんですけど、
火にかけているのを忘れて、
水分蒸発して焦げちゃいました。



この写真を撮るために、スマートフォンを手にしたら
ヤフー号外ニュース『オリンピックサッカーナイジェリア』
と出ていたので、ああ、やっぱりマナウスに来られず、不戦勝か?
と中身を読んだら、間に合ったんだ、ナイジェリア。
で、2-2??? もう終わったの?
やばい、忘れてた!
慌ててテレビのスイッチオン。
確か日本時間の10時キックオフだったよあ、あれ〜、もう後半?

芋粥をいただきながら、しばらくたって、
まだ前半だということがわかりました。
ちょっとぼけてる?

キックオフ当日に現地入りしたナイジェリアは
そのハンディを感じさせない身体能力の高さ。
シェフまで同行させて準備万端の日本は、ミス多すぎ。
まっ、これが実力なんでしょ!

20160805_132541やっと書斎が片付きました。
これで勉強がはかどります!?!







20160805_13262920160805_132647








20160805_160657こちら、遅いランチ。
チーズポテト。
粉チーズしかなかったので
とろけてないけど、お味はまあまあ。

原発止めよう会の事務局から電話あり、
「今夜、南予の集まりが八幡浜であるんだけど、
僕、行けないから、
代わりに行ってくれる?」って。 いきなり、ですか??

そして、東京のオフィスから、これまた非常に不愉快な連絡が入り
怒り千万、血管が切れそうになりました。
(原発とは関係ありません!)

20160805_180110運転、荒いぞ〜。
アンガ―コントロールを念じ、
冷静に冷静に、
と心を落ち着かせようとしました。

幸い、エクスプローチェのチェロが
非常に良い清涼剤となってくれました。
お礼の手紙を書きたいくらいです。

ちょっと家を出るのが遅れたので、ギリギリ間に合うかどうか、というところ。
今何時?と車の時計を見て、ウソ〜。
1時間間違えてた!
ちょっとぼけてる??

なんだ、早く着き過ぎるじゃん。
じゃあ、何か軽く食事できるかな?

20160805_182531飛び込んだのは、イタリアンレストラン。

「あまり時間がなく、急いでいます。
簡単にささっといただきたい。」

これ、アミューズ。
パプリカのムース。


20160805_182730ホタテの炙りと
メロン、スイカのセビーチェ。
トッピングは
青リンゴのシャーベットです。





20160805_183417ポルチーニとサルシッチャの
タリアテッレ。






ひとつのお皿を食べ終わるとすぐに出せるよう時間の配分を考えて、
厨房に完璧なタイミングで指示を出す見事なサーヴィング。

20160805_184854まだ余裕あり。
じゃあ、エスプレッソでも。







ちょっと駆け足でしたが、満足〜。おいしかった〜。
次回はもっと余裕をもって、ゆっくり参ります、と気分よくミーティング会場へ。

だいたいの場所しか聞いておらず、
その辺りに行けばなんとかなるでしょ、とタカをくくっていたら、全然わからない!
慌てて、いろんな人に電話をするも、これがまたどういうことか
みんな留守番電話になっていて、誰一人繋がる人がいません。
なんで??

かけてもかけても、呪われたように留守電話。
メッセージを吹き込んだり、SMSで伝言を残すのですが、
コールバックもなし。
焦る〜〜〜〜。

グルグル回りながら、これかなあ、という2階建のオフィスを探すのですが
そんなのない!!
30分経っても、見つけられない。電話もつながらない。
途方に暮れました。

これじゃ、わざわざ食事のために来たようなもの。
それも大急ぎで慌ただしく。
こういうことなら、もっとゆっくりいただけばよかった。

そして、また血管が切れそうになったことを思い出して、
はらわたが煮えくり返り始めました。
電話が鳴ったので、来た、と思ったら、
その怒りの原因である東京からでした。

よりによって、こういうときに、電話をしてくるか。
興奮せず、押さえて、対処しようとしました。
担当者に言っても始まらないので、これはその上の人に
直接私から話しをしないといけません。
今は、まだロジカルに言えないので、日を改めることにします。

ああ、こういう精神状態では、やる気なし。もう帰ろう。

どうやったら、アンガ―をコントロールできるか、考えながら帰ってきました。
わたしのストレス発散は、人に喋りまくること。
言いたいことを全部吐き出したら、すっきりします。
その恰好の相手がノビオなのですが、ここにはいないし、
そうだなあ、マッサージ、これだ!
からだも心もほぐしてもらおう〜。
と探しましたが、もう時間が遅すぎて、開いているところがありません。

きょうはそういう日なんだ。
よくわからないけど、こういうときはさっさと帰ろう。それしかない。

20160805_205017「くずし字用例辞典」と「かな辞典」。
昨日、納屋の書庫から見つけ出してきました。

「古文書を読む会」、
次はいつあるかまだわかりませんが
「辞書は必要よ。買っておいた方がいいわ。」
と勧められていました。

もしや、と思って探したら、ありました。、母が使っていたものです。
平成11年版で5800円もします。
今なら、もっと高いかも。ラッキー。

人生、いろいろ、嫌なこともあれば、いいこともある。
そんな一日でした。

ichigodaifuku35 at 23:10|この記事のURLComments(0)