2017年01月

2017年01月31日

横浜の河津桜

20170131_141256もう桜が咲いていました。
風は多少冷たかったものの
春を想わせる陽気で
気持ちのよいお散歩ができました。

20170131_141307







きょうは、とてもなつかしい方とランチをしました。
私が入社したときの直属の上司。
定年を迎えられたとき、お花を贈って、
お礼にと、私の誕生日にお花を送っていただいて以来
お付き合いが続いています。

スキー場で、若い女性とお二人でいらっしゃるところをお見かけし、
「いやだあ、いい年して、あんな若い子連れて!」
と皆でブーイング。
実は、娘さんだったのでした。
そう言えば、彼は、奥さんを亡くされ、独身なわけですから、
誰とスキーに行こうが、問題はなかったわけです。

その後も、何回かスキー場でお会いし、温泉に行ったこともありました。
今は、わたしがスキーをやめてしまったので、お会いすることもなくなっていましたが、
彼は相変わらず、滑っているそうです。
山登りもされているそうです。
そのせいか、お若いです!
年齢をうかがって、びっくり。全然そんなふうには見えません。

ランチをいただいたのは、金時ねえさんが勤めている割烹で、
「すごくなつかしい人を連れて行きます。」とだけお伝えしていたのですが
ばれてました。
金時ねえさんも同じ時期、私のすぐ上の先輩で、ご一緒に仕事をしていたので
3人が顔を合わせるのは、いったい何年ぶりになるのか、
計算するのも恐ろしい。

お刺身盛り合わせに始まり、鮟肝、サラダ、ステーキ、ウナギと続きまして
(写真を撮るとうるさく言われるので、スマホはバッグの中)
もうおなかいっぱい。
みんな、昔のことはよく覚えているもんですね。
本当になつかしい、古き良き時代でした。

そのあと、横浜でヌーの群れ観察の予定でしたが、少し時間があったので
眦膕阿撚砲弔屬靴鬚靴討い泙靴拭
で、高い帽子を買ってしまいました!
帽子と手袋は、いくつ買っても、すぐになくしてしまうので、
高価なのはなるべく買わないようにしていたのですが、
売り子の上手なセールストークに、まんまとはまってしまいました。

夜は、宴会でした。
まだ全然おなかが空いておらず、不利だと思いつつ、食べた、食べた!

20170131_19052620170131_185239








20170131_18545820170131_193619









20170131_19004620170131_185808










20170131_19563120170131_200702










20170131_201744割り勘負けしませんでした!

ichigodaifuku35 at 23:07|この記事のURLComments(0)

2017年01月30日

永田町で経由横浜へ

20170130_130608ただ今、第193回国会常会会期中。
山本太郎氏の質問は、
歯に衣着せぬ物言いで、議事録から
抹消される部分も出ようかというくらい。
興味のある方、
you-tubeでご覧いただけます。
あまりに辛辣、でも、核心を突いていて、
さすが役者さん、
滑舌がよく、限られた時間の中で早口なのに、とてもわかりやすい。

暗殺されるんじゃないかと心配になります。

今回は国会見学に来たのではなく、
某議員のオフィスに出向く用があって衆参両議員会館を訪ねました。


20170130_121930議員会館地下の食堂でランチ。
三元豚のブラックビーンソース
スペシャルランチ。
864円也。
安い? 高い?



皆さん、ご存知と思いますが、国会議事堂、議員会館の中の売店で、
「国会に行ってきました」ばらまき土産がたくさん売られています。

みかん山のオーナーが政治に関心をお持ちなので、お土産にいくつか求めました。

   「晋ちゃんのびっ栗饅頭2017」       「アベのミックスチップス」
20170201_07434020170201_074401














20170201_074410こちらは「アメノミックス」。

どれも、風刺が効いていて面白い。
クリックすると拡大できますので、
よ〜くご覧ください。
どれが何を皮肉っているのか、
あなたはいくつわかりますか?

    アメノミックスの拡大すると、
20170201_074425







                         「汗をかいたら塩分補給 塩味」 トランプ

                         「疲れた時に一服の 抹茶味」 アベ

                         「眠くなったら、酸っぱい 梅味」 プーチン


もうトランプが登場しているんですよ。
商売上手ですね。
売店のご主人と少しお話しをしましたが、
なかなかユニークなお考えの持ち主でした。
毎日、生の国会議員を見ているわけですから、いろいろ感じることがあるのでしょう。

14時半に横浜でノビオと待ち合わせ。

夕刻より、ニューイヤーサンクスコンサート。

20170130_195239神奈川フィル分会のみなさんが
楽しく愉快な演奏で、
上質な音楽を提供してくれました。

今まだあるかどうかわかりませんが、
一時、
神奈川の音楽友の会に入っていたことがあって
毎月、選り好みのコンサートチケットを
ペアで送ってもらってそれをとても楽しみにしていました。
いつしか、だんだんあまり面白くない演目が続いて、
しだいに足が遠のいてしまいました。

ヨハンシュトラウスのニューイヤーコンサートも
毎年通っていましたね。

今回のコンサートは、トランペットの高らかな音で始まり、
前半はまあまあ真面目な曲。ベートーベンとかヘンデルとか。
でも、第一楽章だけなので、しろうとでも退屈せずに聴くことができます。
コントラファゴットという珍しい楽器の演奏もありました。

後半は、オペラ歌手も交えて、楽しいオペレッタ。
時計のカチカチ鳴る音や、紙やすりの擦れる音や、
タイプライター音を使った面白い曲。
本物のタイプライターが出てきて、その名も、オリベッティ。
真っ赤な「ヴァレンタイン」でした。
なつかし過ぎる〜。
私のタイプライターもオリベッティでした。
隣りに座っていた先輩が、「レッテラブラック」と独りごちて
まさに私のも、その「レッテラブラック」だったので、
一気に学生時代にタイムスリップ。
あれは、いったいどこに行ってしまったのだろう。

そして、ウインナーワルツ。

ヨハンシュトラウスのニューイヤーコンサートでは、
最後に「美しく青きドナウ」を演奏し、
アンコールのラストは、「ラデツキー行進曲」と決まっていました。
途中で、指揮者がいなくなり、会場ではずっと手拍子。
それは、指揮者が戻って来るまで続けられるのです。

なつかし〜。
久しぶりに聴きました。
いやあ、楽しかった!!!

夕食は遅くなったので、軽く、サラダとピザ。 居酒屋にピザがあるとは・・・。
20170130_21215820170130_212921










20170130_213948ちょっと握りが食べたかった。

とてもいい気分です。

頭の中では、
時計のカチカチ、
「シンコペイテッド・クロック」
その旋律がグルグル回っていました。

ichigodaifuku35 at 23:12|この記事のURLComments(0)

2017年01月29日

コンビニエンスストアの食パン

20170129_072519表示を信じるとして
イーストフード、乳化剤、
その他の添加物を使用していない
唯一、コンビニエンスストアで買える食パンです。

小麦粉を使っているので
グルテンフリーではありませんが、
よく頑張っていると誉めてあげたい。

チョイスできる機会を作ってくれているのは
さすがだな、と思います。

20170129_065557さっそくトーストにして、
タカ先輩手作りの柚子の砂糖煮を。
壜に残ったのがもったいなくて、
そこにお湯を入れ、柚子茶にして飲みました。
そこまでしたら、
タカ先輩も喜んでくれることでしょう。20170129_071425









20170129_080053さて今日は、
京王線沿線の地で、
新春フェスタが行われ、そこで
歌を歌うことになっています。
と言っても、内輪の合唱団の集まりで
いろんなものを売ったり、
いろんな人が踊ったり、演奏したり、
歌ったり・・・・。
和気藹々としたゆるいお祭りです。

おっと、この黒地のスカーフは、昨日お借りしてきたもの。
コンサートに出るのに、ブラウスとスカートとベルトとスカーフが必要。
愛媛を出てくるとき、スカートが見つからず、
あちこち探し回って、やっと、見つけ、ほっとしてしまったのか
スカーフを忘れてきてしまったのでした。
全くね!
それで、これをお貸りしたわけですが、
「じゃあ、これ、使いなよ。」とその場で、首に巻いていたのを渡され、
汗で冷たくなっていたので、
必死で乾かし、除菌スプレイを振りかけました。
これ、因みにGUCCIなんですよ〜。さすがでしょ。

20170129_112132いきなり、これは何かと言うと・・・
なんだかわかります?

「南京玉すだれ」です。
初めて触りました。すごくデリケートで
外れてしまうんじゃないかとハラハラするくらい
動く、動く!
これで、15000円もするそうですよ!


20170129_12303420170129_141309








20170129_161823トランペットの独奏もありました。
良い音色です。
心に響くというか、
なんとなく哀愁を帯びているというか、
野球場で鳴り響く元気のいいイメージ
ではなく、しっとりした感じがしました。



20170129_115641すべて手作り。
おにぎりも握って、ラッピングしたもので
売っているものとは違うので
安心していただけます。




次から次へ歌が始まり、知らない歌もたくさんありましたが
前後に大きなスクリーンがあり、そこに歌詞が出てくるので
適当に口をパクパクさせながら、歌いました。
いい歌がたくさんあり、頷きながら、歌いました。
すごく楽しいひとときでした。

1485682335924夕食は、皆と別れて、ひとり小田急デパートへ。
学生時代、小田急を使っており、
小田急デパートは、本当になつかしい。
でも、当時の面影はなく、
適当なお店に入りました。
もうラストオーダーの時間ギリギリ。

1485683739178
昔を懐かしみながら、ゆっくり珈琲をいただきました。
当時はお金がなく、
500円の映画を毎週末、何本も観ていました。
なのに、映画のパンフレットは毎回購入。
まだ物置の段ボール箱の中にあります。
捨てられない・・・。
今は、もう映画を観ても、買わないですね。
二度と見返すこと、ないとわかっているから。

ichigodaifuku35 at 23:01|この記事のURLComments(0)

2017年01月28日

今月2回目の上京です。

今朝は5時起きです。

こう寒いと、朝シャンは命懸け!
部屋をガスストーブで暖め、
脱衣室を電気ストーブで暖め、
バスルーム内はシャワーを出しっぱなしにして湯気で暖め、
さあ、もういいだろう、と
服を脱いでバスルームのドアを開けると、
ヒエエ〜冷たい!
気温が低くて、バスルーム内の温度が上がってくれません。
ヒートショックを起こしそうです。
天井から温風は出てきません。
そんな機能は、ここには付いておりませ〜ん。

さらに悲惨なことに、シャワーの出が悪い。
水圧が低いのか、勢いがない。
痛いほど強いお湯がバアーと出てくれれば、
身体も暖まるでしょうが、
こんな弱いお湯ではブルブルブルブル。

東京から戻ったら、
水道屋さんが来てくれることになっています。
水道管の破裂や漏水が多発しているらしく、
水道屋さんは大忙しのようで、
なかなか予約が取れませんでした。

それまでの苦肉の策として、
朝もバスタブにお湯を張り、その中に浸かって
身体を温めてから、シャンプーをしています。
洗面台で髪を洗うことも可能ですが、
一晩寝て汗をかいているので、
からだもきれいにしたい。
と言っても、
3時間しかベッドの中にはいませんでしたけど。

そういう訳で、
いつもより30分早めに起きなくてはなりませんでした。

飛行機の出発は09時55分。
その5時間も前に起きて支度開始です。

20170128_093911








松山空港にて、
ジェットスターの機内から撮った写真。
ANAとJALが並んでいます。
JALの出発が09時40分。
ANAの出発が09時50分。
どちらも羽田行き。
そして私の乗っているジェットスターが
09時55分発。

15分の間に3便、
こんなに固まって出発して、利便性はどうなのよ。
1時間ずつ空けて、順番に運航してくれれば、
利用者は使い勝手がいいと思うのですが。

 雲ひとつなく、快晴で、雪をかぶった四国山地の山々がきれいに見えました。

DSCN5406DSCN5407








DSCN5408DSCN5409








DSCN5413最初の頃は、1000いくら払うと
いろいろな特典が付き
500円分のバウチャーがもらえたのですが
今は、
200円のホットドリンクがサービスされるのみ。

だいたい、アールグレイをいただいています。
一週間前のちんすこうがあったので
それで優雅な(?)ティータイムを過ごすことができました。

DSCN5415中央の島が、新島。
その左手が式根島。
新島の北にあるのは地内島。
南にあるのが早島。

さらに東にあるのは、利島と鵜渡根島。

遠くに、大島が見えます。


DSCN5416さらに、翼のちょっと左下あたりに
富士山が見えています。













1485572128100成田空港に着いて、
どこでランチをしようか迷ったのですが
もうおなかが空いて待てなかったので
空港内でいただいちゃいました。

チーズバーガーとコールスロー。
フレッシュネスバーガーは
食材にもいろいろこだわっているようなので、安心できます。

戸越に到着したのは14時過ぎ。
家を出てから、なんと8時間たっていました。
荷をほどいて、向かったのは、横浜。

20170128_172714日本大通りから、大桟橋へ。
途中、海岸教会を通ります。







20170128_172813なつかしい風景です。








20170128_173039みなとみらい。
しばらく家を離れ、家路を急ぐとき
この景色を見ると、
ああ、横浜に帰ってきたな、と
思ったものでした。

左手に、
横浜税関(クイーンの塔)が見えています。

20170128_180845今夜は、大桟橋の近くで
パーティがありました。
昔の仲間たちと久しぶりに会って
ワイワイ楽しい時をすごせました。

お料理の写真はこれだけです!



20170128_182315「十四代」の日本酒も用意されていました。
飲めなくて、本当に残念。

20170128_182302








BlogPaintいつも素晴らしい音色を聞かせていただいている
コントラバスとビオラのデュオ。

パーティの雰囲気が、
ぐっと上質になりました。









   神奈川県庁(キングの塔)       横浜開港記念会館(ジャックの塔)
20170128_19513920170128_195432


ichigodaifuku35 at 23:26|この記事のURLComments(0)

2017年01月27日

穏やかな一日

20170127_091123朝ごはんです。
トーストに塗っているのは、
ALIさんの生姜煮。
生姜の香りが強すぎて、
ジャムにするのは無謀かも、
と思いましたが、意外と平気でした。
おいしい〜。
ほうれん草は、
昨日、キミおばさんからいただきました。

大量にいただいたみかんを、
種類ごとに分け、名前と特徴を書いたメモを入れ、
知人友人に送ることにしました。
町内で郵送料が一番安いところを教えてもらったので
15時までに行かなければなりません。
本日分の発送が終わると、もう受け付けないんですって。
横浜と東京と広島と、それからMARIMOさん。
調子に乗ってどんどん箱に詰めていたら、
わたしの分がほとんどなくなってしまいました。お人好しなんだから!

そのあと、宇和島へ真珠を取りに行きました。
20170127_202117サイズがわかりにくいかもしれませんが、
これは蘭の花の芯の部分に
真珠をあしらったピンバッジです。
すっごく気に入りました。

宇和島は、
日本一の真珠の生産高をほこります。
愛媛みかんもそうですけど、
宇和島真珠も広めていきたいですね。

20170127_163450帰りは、海回りで北上。
高速道路が出来てから、
海沿いの街はすっかりさびれてしまいました。
景色は素晴らしいのですよ。

ここで踏ん張らないと、旧吉田藩!



20170127_163546だんだん畑が見えますか?
このあたりの畑は、ほんとにきつい斜面です。
銀行マンだった同級生が退職して
暇にしているから、と
みかん摘みのアルバイトを始めのが
この地区です。
傾斜がきつくて大変だ、と言っていました。


20170127_163621いつも見えている景色とは
全然雰囲気が違います。
車を停めて、しばし眺め入っておりました。






20170127_183421夕食。
明日から東京なので、
たくさんは作れません。

左上の深皿。
白菜とネギと蟹缶のあんかけです。
これに、朝トーストに乗せた生姜煮を
小さじ2杯ほど入れてみたら、
グーなお味。これはいける!!

ほのかな生姜の香りが、食欲をそそり、からだを温めます。
ALIさんにさっそく報告しなくっちゃ。

ichigodaifuku35 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2017年01月26日

完全休養日のはずが・・・。

20170126_071954窓を開けると、
雪はまだ少し残っていて、
一面霜がおりています。
気温はマイナス3℃。

室内の温度は、5℃でした。



20170126_071959畑も霜でまっしろ。
空気がキ〜ンと冷たい。
でも、朝は必ず窓を開けて、
空気の入れ替えをします。
ちょっとだけでも、気分がしゃきっとします。




20170126_080223味噌汁用のネギを取りに出たら、
見事に凍っていました。
折れ曲がったのから取りましたけど、
このようにカチカチです。






20170126_080837きょうは完全休養日。
どこにも出かけないぞ〜。
のんびりしたいところですが、
やりかけの仕事がいっぱい溜まっていて
それを済ませよう、と張り切っていたものの、
掃除を始めたら、止まらなくなりました。


食事は、3食、ほぼ同じメニュー。
これに、胡瓜の漬物や、蕪の酢の物を足しただけ。

おやつは、昨日の和菓子。味わいながら、いただきました。

日中はいいお天気で、ガラス窓を通して入ってくる陽射しは暖かいのですが
外に出ると、ひんやり。

お隣りのおじさんが、
「雪が屋根から落ちてるよ〜。」と知らせに来てくれました。

20170126_165630これは、もう雪おろしをしたあとですが、
ご覧のように、駐車場の屋根が、納屋の屋根にかぶさっているので
そこの雪だけ溶けずに残っていて
それが、どさっと車の上に落ちたそうなのです。
「ド〜ン、とすごい音がしたので、
びっくりしたよ。」とのことでした。

日中は車を移動させて、雪の落下を避けましたが、
夜は冷え込んで霜が降りるので、屋根の下に戻したい。
でも、まだ雪は残っている!

で、仕方なく、脚立を持って出て、屋根の雪を箒で落とすことにしました。
雪下ろしをしているときに、落下して亡くなったというニュースをよく耳にします。
十分気をつけてやりました。

屋根の雪は、重く固まって、氷のようになっており、
確かにこれが落ちてきたら、車の屋根もへこむだろうな?
昼間は暖かく溶けていたから、ぐしゃっとなって、凶器にはならなかったんだ。
おお、こわ!

そして、夜、9時前にラインが来て、
民泊のゲストから、お風呂のお湯が出なくなった、と。
寒いから、水からお湯に変わるのに時間がかかるのかも、と思いましたが、
途中で水になったとのこと。

これって、今月、タテ山さんたちが泊まったときとおんなじだ。やばい。

もう、出かけたくはなかったけれど、仕方がない。町まで車を飛ばしました。
オール電化なので、お湯のシステムを確認したところ、ゼロになってる!
これじゃ、ダメでしょ。

近くの温泉を探したけど、すでにクローズ。
近所のいくつかの旅館にもらい湯を頼んでみたけど、断られました。
うちのお風呂を使ってもらってもいいけど、
行ったり来たりで、それだけでも時間がかなりかかります。

最後の手段、近所のホテルに泊まってもらおう。
3軒目で、やっと空室あり、との返事をいただき、
「どうしましょう。」とご本人に確認したところ、
シャワーを浴びるだけでいいんですけど、ということなので、
ホテルまでご案内して、シャワーを浴びていらっしゃる間、ロビーで待機。
出てこられたゲストをまたお送りする、という、
まんともまあ、間抜けで情けない事態となってしまいました。

夜遅くに、荷物をまとめてホテルに移動するのも面倒だし、
十分暖まった広い一軒家で過ごす方がいいに決まってます。
でも、お湯が出ないんじゃあ、どうしようもありません。
ご不便をおかけして、本当に申し訳ない。

毎回、これじゃあ、こちらの身が持ちません。
ちゃんとシステムのチェックをして、悪いところを直してもらわないと。

一緒に付き合ってくれたヨッコちゃん、ありがとう。

ichigodaifuku35 at 23:59|この記事のURLComments(0)

2017年01月25日

ランチ難民

朝、6時15分に家を出ました。
残っている雪が凍って、キラキラしていました。
松山は晴れていましたが、空気がき〜んと冷たく、手が千切れそうでした。
無事にヌーの群れ観察を終え、その後のミーティングも終了。

20170125_113611帰りに、前々から気になっていた
大きなガーデニングのお店に寄ってみました。

バスルームの窓が大きくて、
外から見えるんじゃないかと
布製のスクリーンを取り付けたのですが
その両端の隙間からも見えそうな気がして、
左右に大きな植木鉢を置きたいなあ、と
考えていたのです。





『写真撮影自由』とわざわざ貼ってあったので、撮ってみました。
20170125_11284420170125_113457










20170125_113028
中央にある葉っぱが白っぽいのが「ブルーアイス」。→
お値段も手頃でした。でも、形が今いち。
諦めました。







20170125_120115あまりにお天気がいいので、
海回りで帰ることにしました。
ふたみのシーサイド公園。
気持ちいい〜。





20170125_120311誰もいない冬のビーチ。
寄せては返す波を見ているだけで
癒される〜。






20170125_120402防波堤の下は、エメラルドグリーン。








20170125_120431防波堤の突端。
消波ブロックの先には、瀬戸内海の島々。







20170125_120510こんな感じのところを
歩いてきました。







20170125_120605水面がキラキラしていて
とってもきれい。
自然の力ってすごいな。






20170125_120620コバルトブルー。
潜りたくなりますねえ。
先日、イギーがモルジブの本を買ってたなあ。






20170125_120812最初のビーチまで戻ってきました。

この時はまだそんなにおなかが
空いてはいませんでした。

ここから、そうだ! 家具屋さんに行って
民泊ハウスの寝具で足りないものを調達しよう。

ちょっと道路を間違えて、大回りになってしまいましたが、
まずは腹ごしらえ。
家具屋の近くにうどん屋があったはず。

20170125_130147でも、オシャレなカレー屋さん、発見。
一旦通り過ぎたのですが、
Uターンして戻ってきました。

えっ?誰もいない?
入り口もどこだかわからない!
定休日なのか、潰れたのか、
さっぱりわからない。

20170125_130154隣りに、同系列と思われる
洋服を扱うお店があるのですが
こちらも人っ子ひとりいない。
なんで〜。
お店はやっているように見えるんだけどなあ。
不思議だなあ。


諦めて、初志貫徹で、うどん屋さんへ。
そしたら、こちらはほんとに潰れてました。
ウソでしょ。

家具屋を通り過ぎて、
温泉があり、その温泉はもうクローズしてしまったのですが
レストランは開いていたような気がする。
と期待したのですが、廃屋になってました。
参ったな。

その先、しばらく何もなく、ああ、やっと、チェーン店のラーメン屋が見えてきました。
赤い字で「営業中」という看板が見えます。
仕方ない、ここでいいや。
と車を停めたら、玄関にロープが張ってあって「閉店しました」って。
なぬ??
営業中の看板、はずしといてよね。

おなかは空くし、トイレには行きたいし、眠いし、の三重苦。

その先、5kmくらい走って、結局、大きなスーパーマーケットに隣接している
担担麺のお店。
もうここしかありませんでした。

1485318424151金のごま担担麺。
よりによって、こういう時に、
白い服を着ているんですよ。
絶対、シミをつくる!!
飛び散らないように、ナプキンを首から下げ、
子供のように担担麺をすすりました。
おなかが空いていたので、
辛さが一段としみました。
でも、おいしかったですよ。
やれやれ。



そのあと、家具屋まで戻り、寝具を探しましたが、
お目当てのものは探し出せませんでした。がっくり!
でも、自宅用のコートハンガーを買えたのでよかった。

その後、さらに足を延ばして、みかん山のオーナーのところへ。
いろいろ注文した代金を支払いに。
また箱2つ、みかんをいただいちゃいました。うれし!

20170125_172530夕なずむ海。
穏やかで沈黙の海。
空の色が美し過ぎる。
ずっと眺めていても飽きることがありません。





20170125_17254920170125_174914








もう一軒、同窓会のことで寄り道をして、帰ってきたら、もう真っ暗。
そこへ、金沢の和菓子が届いていました。
20170125_190228きゃあ、おいしそう。
加賀藩御用菓子司の「森八」の“加賀の季”。

お正月に回ってきた酒まんじゅうが
かびていたので、それを気にかけて下さって
「おいしいの見つけたから。」
と送ってくださったのです。

20170125_190425さっそく、ひとついただきました。
『若緑』 抹茶あん。

おいしい〜。
あまりのおいしさに、
1個では足りず、
あとの2個も一気に食べてしまいました。20170125_190912


『こぼれ梅』 梅あん  『舞桜』 桜あん

う〜ん、極楽じゃ。
渋茶とともに、しばし、ぼ〜っ。

これで3夜連続、夕食なしでした。
昨夜の11時から起きてるんですよ。
眠たいのが先でした。

忘れてた、1枚の写真載せるの。
20170125_235120こちらで〜す
クリスマスオレンジのシーズン、
木枠に嵌めて
ハート形のみかんを作ることがありますが
これは天然ハート。

高く売れそうでしょ?
でも、商品にはならないんですって!


ichigodaifuku35 at 20:39|この記事のURLComments(0)

2017年01月24日

3匹とともに!

20170124_061702昨夜は、3匹とともに、ずっと一緒でした。

この黒いのは、ルーのベッド。
ワイヤーをアーチ形にしたのを3本取り付け、
その上に黒いブランケットをかけています。
きれいなかまぼこ形になっていないのは、
この上に、ベルがジャンプして乗っかるので、
その巨体の重さで、
ワイヤーが変形しているためです。

ルーは一度も起きず、ずっとこの中でおとなしく寝ていました。

20170124_062018ニコは定位置、ベッドの上。
ウオーターベッドが壊れて
あれ以来、ずっとソファベッドで寝ています。
勝手知ったる他人の家、って感じで
さっさとベッドの上に。
そうするだろうと読んでいたので
羽布団の上に、
犬用シーツをかけておきました。


20170124_062039ベルは2度目の訪問。
テンション高く、じっとしていません。
ベルは、ベッドもキライ、抱っこもキライ。
ニコと正反対です。





広島から、珈琲のパックと、ジムトンプソンのポーチ、お花の形の芳香剤が届きました。
20170124_07363220170124_090225








20170124_085926マンゴスティン味のポッキーも。
なぜか紫色。
果肉は乳白色なんですけど、
皮の色は確かに、紫だわ。
お味は、言われないと、いや、言われても
マンゴスティンとわからないかも。



20170124_080204おやつの時間。
食い意地が張っている2匹は、
噛まずに呑み込んでしまうので
スティック状のものは、
注意が必要です。
ルーはまだ寝ています。



20170124_083731また雪が降り出しました。
これは積もりそうな、ボタン雪です。







                あっというまに銀世界。
20170124_08380720170124_083820








20170124_091634ルーちゃん、やっとお目覚めです。
紙おむつは、ごそごそ歩いているうちに
はずれてしまうので、
おなかだけ巻くタイプのものに変更。
これはいいです。
簡単に巻けるし、はずれない。



20170124_092246ボールを持った瞬間、豹変するニコ。
唸り声を上げて、威嚇します。
誰も取らないよ。






20170124_102850ベルは、天真爛漫。
いい子です。
ニコは、ルーだけでなく、ベルに対しても
偉そうに歯をむき出して怒ることがあります。
でも、ベルは全然気にしてない様子です。




20170124_100352ニコはオシッコシートの上に
ちゃんとできますが、
ベルは訓練されてないので
定期的に外に出さないと、畳の上に・・・・。

雪が固いアラレのようなのに変わってきて
犬たちのからだの上に点々もようを作ります。


20170124_104505ルーはベッド。
ニコもベッド。
ベルだけが、遊んでほしい、と
動き回り、甘えた声を出します。
まだ、お子ちゃまなんです。
パソコンを置いている机の上に乗っかって
全く作業ができません。

3匹を連れて帰ると
こうなることはわかっていましたが
見事に何もできません。
昨夜から、ずっと子守りをしています。


20170124_110741やっと座布団の上で寝てくれました。
人間がそばにいると、安心するみたい。
こうやって見ると、
若い頃のルーちゃん、そっくり。





20170124_120255犬たちのトイレタイムの間に
思い立って、雪だるまを作ってみました。
目は石、鼻は松ぼっくり、口は南天の実。
サングラスをかけた
蓮っ葉な雪だるまになってしまいましたね。
このあと、悲惨なことに、
ウンチを踏んづけてしまいました・・・。


20170124_121206ついでに、雪うさぎも。
雪を固めて南天の目と橙の葉っぱで耳を。
そうだ、尻尾もいるな、と玄関前の雪で
くっつけましたが、雪質が違う〜。
雪の重さで折れていた水仙も添えてみました。
それにしても、このセンスのなさ!!
ださい雪うさぎ。
ヒラメみたい。

20170124_132259気を取りなおして、ランチ。
玉葱とブロッコリーのトマトソースパスタ。
2匹の視線を感じるも、あげないよ〜。
犬に玉葱はNGですから。





20170124_144339午後のトイレタイム。
もう雪はやみました。
でも、庭にはまだだいぶ残っています。






20170124_160952気温がさがらないうちに、
3匹を連れて帰り、お散歩。
こちらには全く雪がないので、びっくり!
こんなに違うものかなあ。





20170124_164921もうすぐ古民家。
橋の上からパチリ。
まだ雪あるよ。
道路の雪は溶けているので、
このまま降らないでほしい。
明日は、
早朝から松山に行かなければなりません。

ichigodaifuku35 at 23:50|この記事のURLComments(0)

2017年01月23日

窓を開けると・・・、そこは雪国でした。

今朝がた、3時頃に外を確認したときは、降っていませんでした。
雪の予報が出ていて、宇和島から松山へ行く予定のMARIMOさんのために
情況をお知らせしようと、まだ薄暗い時間に起きて、窓を開けたら・・・・
20170123_06541420170123_065419








                   まっ白でした!!

やばいです。これは、高速道路は、絶対閉鎖のはず。
MARIMOさんにさっそくこの写真をラインで送り、車は無理だよ、と。
テレビをつけると、宇和島の様子が出てきましたが、
チラチラ雪は降っているものの、全然白くない。
そのつもりで出てくると、えらいことになります。
宇和島から松山に行くには、わが町を通過しなければならないのです。

彼女は、我が町で高速道路を降り、駅前に車を停めて、JRで行くことにしたようです。

それにしてもびっくりです。
3時間くらいの間に、一気に降って積もったのですから。

明るくなって、もう一度窓を開けたら、足跡が付いていました。
キミおばさんです。
      こんな天気でも、洗濯物を干しにここまでいらしたのですね。
20170123_07315120170123_073204








20170123_074406体を少しでも温めようと、
朝ごはんは、トーストとコーヒー。
生姜入りのリンゴジャムを
さっそくいただくことにしました。
おいしい〜。




20170123_083238裏庭のようす。
これで見ると、5cmくらい、
積もってますかねえ。






20170123_084051あれから1時間。
もうキミおばさんの足跡が見えなくなるくらい
さらに積もりました。











20170123_08410920170123_084046








20170123_08411620170123_084133










20170123_08420420170123_084152








20170123_122850ランチは、お雑煮。
いただいた蟹缶があったのを思い出し、
ちょっと豪華になりました。
あったまる〜!





20170123_152031これは午後3時。
お昼には雪がやみ、
あっというまに溶けました。
でも、屋根から雪がドサドサ落ちてきて、
玄関前にうず高く積もっています。
これをどかさないと
夜には凍結してカチカチになり、
帰ってきたとき、
駐車するのに回れなくなる可能性大。

今夜は、イギーの店を手伝いに行くことになっており
こんな様子だから、お客様も来られないかも、と少し期待したのですが、
予定どおり、とのこと。
仕方なく、雪掻きをしました。
そんなに量があるわけではないのに、重いし、力いるし、大変でした。

20170123_155509ご褒美は、ホットデザート。
チョコレートムースにチョコチップをかけて
温めるのですが、
チョコチップが溶ける前に、
ムースの形が崩れてしまいました。
かなり濃厚〜。



20170123_172148さあ、出発です。
車の中から撮りました。
だんだん気温が下がってきて
寒い、風強い。





実家は暖かく、雪はもう降ってきません。
ニコとベルは、何度もウッドデッキまで出てきて、愛想を振りまいています。
あまりに可哀想で、3匹まとめて、ひと晩預かることにしました。
ひと晩くらいじゃあまり意味ないんですけど、
せめてひと晩だけでも、と思っちゃいました。

ichigodaifuku35 at 23:49|この記事のURLComments(0)

2017年01月22日

フクシマから5年10か月

目覚ましで飛び起きて、玄米ごはんに生姜の佃煮を乗せ、それを食べて、
シャワーを浴びて、ダッシュ。いつも、押せ押せ。

20170122_095020ここは、再び宇和島。
満開の白梅です。
やっぱり、港町は暖かいのですね。20170122_095031








午前中は、飯舘村で生まれ育ち、現在、仮設住宅で暮らしながら、
避難村民のリーダー的役割を担っていらっしゃる長谷川健一氏の講演会。

         『原発にふるさとを奪われて
                        その後の飯館村』

「国は、フクシマのことはもう終わらせようとしているが、
今、とんでもないことになっている。」
というのが、長谷川さんの第一声。

飯館村は、浪江町より北に位置し、福島原発から45km。
その一番北の部分、前田地区で長谷川さんは酪農をしておられました。
事故があってから、牛乳を捨て、牛を殺し、家族3世代8人は
3か所に分かれてバラバラの暮らしをされています。
何人もの自殺者が出たのはご存知でしょう。
村の最高年齢者、102歳のおじいさんが
私がいると逃げるのに足手まといになる、と自らの命を絶たれた話しは
胸痛む思いでした。

同じ飯館村でも、福島原発から30kmの長泥地区だけ、
帰還困難区域を解除されたそうです。
それも、国からではなく、村からの要望だとか。
まだ、ストロンチウムで汚染されているというのに。

事故が起こった直後、国寄りの学者たちが安全説法を説いて回り、
村民の心を惑わせてしまったため、
一時避難していた人たちも、戻ってきてしまったそうなんです。

で、何が起こったかというと、飯館村の被爆率がだんとつに高くなってしまった。

事故が起こる前、飯館村は、日本一美しい村だったそうです。
受け入れ体制ができているからいつでもどうぞ、という全国からの申し出を
村長はすべて断わり
京大の教授が、「ここは危ないよ。ただちに全員避難しなさい。」
と進言したのに、無視(放射能に対して無知)。

村長は、「村」を守ろうとした!
でも、長谷川さんは、「人」を守ろうとした!

笑っちゃったのが、除染です。
屋根瓦を一枚一枚、ペーパータオルで拭いているんですよ。
ビニールハウスの側面も、ペーパータオルで擦ってる。
土手の斜面は、上っ面の土だけ削ってる。
それらを詰めたのが黒いフレコンバッグ、これが山のようにできちゃった。
250万個と言われているそうな。
それを収納する中間貯蔵庫は、まだ14% しかできていないし、
あのバッグは3年しか持たないそうで、あれから、もうすぐ6年ですよね。
やってることが茶番劇。形だけ!
地図を見ると、民家があるところは、一応除染した、と色分けされているけれど
村の大部分は森林地帯で、そこは手つかず状態。

長谷川さんは、言います。
「村民はおとなしい、黙っている。」
「もっと怒りの声を上げよう。」

『謝れ、償え、返せ飯館村』と申し立てをすることにしたら、
村民の半分、3000名が同調してくれたそうです。
なのに、村長ったら、
東電に、長谷川さんたちの要求を認めないでくれって、緊急要望書を出したそうな。
理由は、賠償金に差が出るから。

あ然・・・・・・。

2017年3月、村が勝手に避難解除の方針を出し、国の解除の要件を
満たしていないのに、これからどうするつもりなのでしょう。

長谷川さんのおかあさん、事故が起こる前は
野菜を作ったりしてぴんぴんしていたのに
仮設住宅に入ってから、一気に認知症が進み、今は施設に入られているそうです。

飯館村はふるさとですから、帰りたい気持ちがあるのは当然だと思いますが、
最後は、それぞれの責任において判断すべき、と長谷川さんはおっしゃっていました。

若者がいない村に未来はない、ともおっしゃっていました。

チェルノブイリにも視察に行かれたそうです。
「希望21」というベラルーシにあるサナトリウムを訪問。
子供たちは、原発事故を知りません。
あのとき子供だった人が大きくなって、結婚して生まれてきたのが
彼らです。

からだが弱い、抵抗力がない、
子供なのに、糖尿病、高血圧、
呼吸器のさまざまな病気をかかえている子供たちが
このサナトリウムで年間21日、保養を兼ねて授業を受けるのだそうです。

今でもチェルノブイリ周辺では、厳しい放射能チェックが行われており、
放射線量を徹底的に管理しているそうです。

日本はまだまだ甘い、と思ったそうです。
国が設置している機器と、自分たちが持っている機器と
表わす数字が違っているそうで、
国のは、常に低い数字が出るようになっているらしい。
何を信じていいのやら。

疲れ果て、どうでもいい、なんでもいい、諦めてしまった、
と言い出すのを待っているような国の対応。

声を上げ続けて行かなければ、何も変わらないということです。
決して諦めちゃだめですよ。
日本中、みんなで考えよう、そして、行動しよう。

講演後の質問の中で、
「長谷川さんが村長になればいいのに。どうして立候補しないんですか?」
というのがありました。
「国に申し立てをしているので、そのことに全力を尽くしたいから。」というのが
お答えでした。
村長とは、元々友達だったそうで、こんなことが起こらなければ
今でも仲よくお酒を酌み交わしていたかもしれないのに、
本当に残念で悔しいですね。

でも、我らも明日は我が身です。
伊方原発から30km。何かあったら、アウトです。

20170122_115627ランチタイムは、昨日のうどん屋さん。
ALIさんお勧めのきつねうどんとお稲荷さん。
お揚げが大きくて、あまり濃い味付けでなく
ふわふわ、あっさり。
冷たい雨が降っていたので
温まりました!



20170122_125457午後は、またまた歴史博物館。

20170122_125543ツルとコウノトリフォーラム。









20170122_130130ちょっとぼけてますけど、
これが偽物のツル、デコイ。
これを田んぼに設置して、
ツルに仲間だと思わせて
飛来させようというもの。



ロビーで、ちらっと見かけた頭の禿げたおじさん、
あれ〜、あの人、誰だっけ?
知ってる人のような気がする・・・・。

いただいたパンフレットの中の写真と名前を見て、思い出しました。
高校の同級生だ!
5年前の同窓会のとき、頭に毛がなくて、最初わからなかった分、
印象に残っていたのでした。
「日本野鳥の会」の仕事をしているらしい。

20170122_133852その「日本野鳥の会」の会長が、
この方、柳生博氏。
わざわざ、こんな田舎までお越しくださり、
ありがとうございます。

日本国内で、コウノトリと言えば、但馬です。
そして、ツルと言えば、九州の出水。
ここには17000羽がやってくるそうです。
鳥インフルエンザにでも罹ろうものなら、全滅してしまうので、
そうならないよう、日本各地に分散するため、
今、いろいろな方々が飛来作戦に取り組んでいらっしゃいます。

なぜ、わが町で
ツルとコウノトリフォーラムが開かれたというと
ツルとコウノトリ、両方が飛来するという珍しい地域だから。

20170122_161314後半のパネルディスカッションで
発言する同級生。
何年か前に地元に戻ってきて
「今、こんなことしてるんよ。」
ということでした。
昨年の同窓会には出られなかった、
と残念そうに言ってました。


20170122_164522帰りに、テーマ展の
『没後50年、永井刀専展』を観ました。
友の会会員だから、何度訪れても無料というのは
こういう時便利です。

文書企画室の小さなお部屋でひっそりと。

彼は、元々ハンコ屋さんをしていたそうで
愛媛県における広告図案家、商業デザイナーの先駆者。
当時、こういう発想をした人はいなかったでしょう。

特に興味深かったのは、風刺漫画です。
本物の写真と一緒に展示されていたのですが、
大臣たちのお顔の特徴をうまくとらえていて、そっくりなのには笑っちゃいました。
もちろん、漫画も膝を叩きたくなるくらい痛快でした。

ご本人の写真もありましたが、ちょんまげを結っていらっしゃるユニークな風貌。
こんな人がいたなんてことも今まで知りませんでしたが、
愛媛の隠れた偉人をまたひとり発見しました。

20170122_170403暗い室内から出てみると、
なんと、外は雪が舞っているではありませんか!
寒いわけだ。









20170122_175646みかんを届けにサッカー小僧宅へ。
「サスケはいいなあ。」
暖炉のそばで日がな一日、ヌクヌク。
ルーとニコとベルはかわいそう。
特にルーは、痩せて骨がごつごつしていて
寒さをじかに感じてしまうはず。
長いこと、寝るときは母のベッドの中、
昼間は床暖房と、
贅沢な暮らしをしてきたので不憫でなりません。

雪が積もると帰れなくなるので、早々においとましました。

20170122_183517夕食は、一汁一菜。
玄米は、とてもいい感じ。
私は好きですねえ。
早食いのたちなので、
よく噛むようになりました。
デトックスされている気がします。

ichigodaifuku35 at 23:14|この記事のURLComments(0)

2017年01月21日

きょうも忙しかった。

20170121_085130朝ごはん、お雑煮です。
キミおばさんから!

お雑煮を作るときはお餅を3個入れる、と
私が言ったのを覚えてくださっていて
お餅が3個、白菜付きで、
郵便ポストの中に入っていました。
でも、1個が大きい〜。
半分に切って、1.5個にしました。

きょうは宇和島でセミナーです。
よせばいいのに、始まる前にランチしよう、
と宇和島在住の同級生に声をかけ、
バタバタ支度して、猛ダッシュで待ち合わせ場所へ。スケジュール詰め過ぎ!

20170121_115019本日のランチがこちら。
特上天ぷらうどん。

ARIさんの会社の専務さん、
うどん好きが高じて、会社を退職。
自分でうどん屋さんをオープンしてしまった!
というだけあって、麺がほかと違う。
おいしい〜!

20170121_143338セミナーは、港のすぐそば。
ここで、4時間のブラッシュアップコース。
楽しくて、あっというまに終了。






20170121_163919そのあと、懇親会。
「家にあるお菓子を持って来て下さい。」
と言われていて、
6人が出し合ったら、こんなになりました。

これを摘まみながら、
皆でいろいろな話しをしました。
私は、「山田屋まんじゅう」を持参。
「わあ、こんな高価なものを!」と言われましたが、
これ、実は、先日の満中陰志のお返しのひとつ。
たまたまいただいたものを持ってきただけです。
自分ではまず買いません。
久しぶりだなあ、とちょっと楽しみだったのに、気がついたら、なくなっていました。
わたし、1個も食べてないよ〜。

20170121_174352もう夕暮れです。
松山のイッコウさんから
「今、宇和島に来てるよ。」とメールがあり、
「一緒に夕食でも。」と言われたのですが
お菓子でおなかがいっぱい。
駅前のティールームで、
カフェオレをごちそうになりました。
すごくユニークな方でなかなかの人物です。
楽しいお話しをたくさん聞かせていただきました。

帰る頃になって、やっとおなかが空いてきて
今朝の残りのお雑煮を食べましたが、これじゃ足りない!
でも、お菓子食べ過ぎたから、がまんがまん。

20170121_210222こちら、ARIさんからいただいた
生姜の佃煮2種、生姜の砂糖煮2種。
ちょっとだけ味見をしてみました。
口に入れただけで、
からだが温まってくるのがわかります。
これで、この冬を乗り切ろう。

ichigodaifuku35 at 22:30|この記事のURLComments(0)

2017年01月20日

強風、みぞれ、雨、あられ。

20170120_073109昨日と同じメニューの朝ごはん。
一汁一菜の粗食です。

外は雨。
今の時期なら、これが雪になるところ、
気温が高いのでしょうね。
でも、夜は雪の予報です。

宇和島に寄ってから松山に行く段取りだったのに
1本原稿を仕上げてからと思って、パソコンの前に座っていたら、
なんと、3回も原稿を消してしまい、同じ原稿を4回作成する羽目に。
この原稿のページは「元に戻る」という文字を押さなきゃいけないのに
つい、Back Space を押してしまい、あっと思った瞬間、画面が真っ白。
焦ると余計にだめですね。

家を出る時間が遅くなり、雨が途中で雪に変わり、渋滞が始まり、
約束の時間に間に合いませんでした。あ〜。

20170120_165716なので、途中参加。
ここは、道後の某ホテル。
母が亡くなる1週間前、
一緒に泊ったなつかしのホテル。
そう言えば、今日は母の誕生日だあ。

道後温泉の本館の屋根が見えます。20170120_165737












20170120_181005金比羅さんが祀られてあったので、
お参りしました。







BlogPaintパーティだと思ってきたのに、
パーティと言うよりは、宴会?
でも、まあ、おめでたい席なので
なんでもよいです。
ただ、膝が痛くて正座ができない私にとっては
かなりの難行でした。



20170120_183510お料理。
左手は、しゃぶしゃぶと、鯛めし。
このあと、鯛のお頭の煮つけ、
おそば、茶わん蒸し、デザートと続き、
もうおなかいっぱい。




20170120_16580620170120_202151








20170120_202228玄関前には、足湯もあります。

みなさん、上機嫌でお開きとなり、
ほとんどの方がそのままお泊り。

「もう雪が降って積もってんじゃないの?
一緒に泊まろうよ。」と勧められましたが、
イギーに確認したら、
「雪なし」の返事だったので、国道を通って帰ることにしました。
夜間は道路が凍結するので、あまりスピードは出したくありません。
台風並みの風も吹き荒れ、高速道路は危険です。
そして、3回も途中休憩をしながら、帰ってきました。
寝ても寝ても、しゃきっとしないんですよね。
そういう時は無理をしないに限ります。

ichigodaifuku35 at 23:53|この記事のURLComments(0)

2017年01月19日

本日もフル活動

20170119_125112まるで博物館の入り口のようです。
正面にデンと置いてあるのは
リメイクして、引き出しと足をつけた
長持ちです。

何十年も空き家だったご主人の実家を
ものすごいお金をかけて、リフォームし、
横浜から戻っていらした方のお宅へ
お邪魔しました。

うちもこのくらいお金をかければ、快適な住まいになるんだろうなあ。

きょうは午前中、こちらのお宅で女性だけの勉強会。
2時間の予定が大幅に過ぎてしまって、
あとでゆっくり写真を撮らせていただこうと思っていたのに時間がなくなり、
最後にブーツを履いてから、振り返りざまに1枚だけパシャリ。
それが上の写真です。

20170119_131010大急ぎで向かったのは歴史博物館。
午後から、こちらの研修室で、古文書クラブ。
時間がありません。おなかが空いた。






20170119_131016館内のレストランに飛び込んで、
「一番早くできるものはなんですか?」
「そうですね、
カレーか牛丼ならすぐにお持ちできます。」
カレーに決めて、お金を払う段になり、
目に止まったチラシ。
「こちらは限定メニューになります。」


20170119_131144というわけで、
カレーうどんに変更。
「限定」という言葉に弱い・・・・。

お天気はいいのですが、風が冷たく、
駐車場からここまで歩いてくるのに、
からだが冷えたので(と言っても、
全然大した距離ではありませんが)
とっても温まりました。おいしかった。

古文書クラブは、通い始めてから、ラッキーなことに、一度も休まず通えています。
これだけ、出入りの激しい動きをしているのに、
古文書クラブがある日だけ、なぜか空いている!
これも何かのご縁でしょう。
学芸員の先生が一目置くくらいの、上級者のおばさまが
「とにかく、復習と予習をしっかりなさい。」
一番最初にそう言われたにもかかわらず、
一式、玄関に置いたまま、それを持って出て持って帰って、また持って、
と家で一度もテキストを広げたことのない劣等生のわたしですが、
それでも、何か所かパズルのように、読める箇所ができてきたから、すごい!!
継続は力なりですね。

20170119_152959そのあと、昨日の復習。
歴史博物館では、29日まで、
「松山城下図屏風」が展示されています。


この階段を下りていくと、
展示企画室があります。20170119_152915











室内は撮影禁止なので、写真はなし。
昨日、学術員の説明を受けたことを思い出しながら、ゆっくり見て回りました。
最初から最後まで、人っ子ひとりおらず、貸し切り状態でした。
それはいいのですが、暖房も入ってなくて、異常に寒かった!!
図録を買ったので、また暇なとき、ゆっくり眺めることにします。

歴史博物館をあとにして、次は家電量販店。
マネージメントを任されている民泊施設のキッチンが寒くて、
そこでコーヒーを飲む気にもなれない、という声があり、
オーナーの指示により、電気ストーブと、和室にコタツ。
蒲団は別のDIYで購入。

まだ、時間がある!
昨年末に亡くなった大叔父のお宅へ寄って、お線香をあげてきました。
満中陰志のお返しを取りにきて、と言われていたのです。
仏壇の前には、まだお骨が置いてありました。
「まだ納骨なさってないのですか?」
「寒がりだったから、もう少しここに置いてあげようと思って。」
やさしいですねえ。
大叔母は、
「わたしだけ残って、息子に迷惑をかけてばっかり、生きているのが申し訳ない。」
と何度も繰り返しておっしゃっていたので
「長生きすることが一番の子孝行なんですよ。」と励ましておきました。

ああ、予定通り、これで、ぴったり、間に合うぞ〜。

夜は、高校の同窓会のお疲れさん会です。

お刺身の盛り合わせと、鰆のたたき。写真はこれだけ。あとはおしゃべりに忙しかった。
20170119_18350520170119_190020








20170119_200312最後のいちご、撮ってました。








20170119_2058392次会は、こちらのバー。
来月いっぱいで、店を閉め、
別の場所に移るとか。
私はこの町に住んでいるわけではないので
全く馴染みがありませんが、
地元の同級生たちにとっては、
とっても思い入れのあるバーなんだそうです。

ここのオーナーの弟さんが、我らの同級生で、
新年の同窓会の2次会は、そちらのお店でした。

20170119_211203お店の雰囲気をとどめておくのに
グラスも一緒に、と撮りましたが、真っ黒でわからない。

 バージンマルガリータです。20170119_211301












20170119_220512ナッツの向こうにあるのが、
ホットオイルサーディン。
これはこの店の名物で、
どうやってもこの味は家では作れない、って
同級生たちが言っていました。
でも、私はもうおなかがいっぱいで、
固形物は無理でした。

だれでも今までのことを
全て覚えておけるわけはなく、
人によって、記憶の広さも深さも違うので、
昔話に花が咲くと、
「全く覚えてない」ということが山のように出てきます。

★高校の受験のとき、面接があった。

★修学旅行の夕食のとき、3人が漫才をして
  キンちゃんがその名のとおり、「遠山の金さん」を演じた。

★体育の授業で、女子もラグビーをやり、スクラムを組んだ。

★クラス対抗の水球大会があった。


恐ろしいほど記憶にありません・・・・。でも、救いは、
ほとんどの人がわたしと同じだったことです。

ichigodaifuku35 at 23:59|この記事のURLComments(0)

2017年01月18日

あっというまの1月

ブログをほったらかしにしてはや何日。
パソコンを開く時間もない、というか、疲れ果てて
そこまでたどり着けない、というのが本当のところ。

ああ、だんだん溜まってくると、ますます重荷になってくる〜。
できるところから、埋めていきます。
きょうは、
「松山城下図屏風の世界を歩く」。
これまた山のように写真を撮ったので、ひと晩ではとても整理できません。
ふう。だめだあ。無理。

ichigodaifuku35 at 23:00|この記事のURLComments(0)

2017年01月06日

新年早々、目標破れたり。

20170106_055651キヨ先輩が作ったという柚子煮と柚子茶。
手を傷だらけにしながら、
自宅の畑の柚子を収穫して
自分で作ったそうです。
えらい!




20170106_055957さっそく柚子茶を作って飲み、
トーストに柚子煮を塗って食べてみました。
うん、おいしい。
柚子煮はあまり好きじゃないけど、
こうやっていただくと、なんとか大丈夫。20170106_062345









20170106_083703こちらは、昨日いただいてきた酒まんじゅう。
(金沢の樫田堂謹製。)
キヨ先輩が
サカさんから預かってきたそうなのですが、
残念ながら、黒カビがちょっと・・・・・。

でも、これ、すっごくおいしいんです。


20170106_084026捨てるに忍びず、
カビのところだけ削っていただきました!!!

あとで聞いたら、
クリスマスの時のものだそう。
10日もたったら、カビますよ、
防腐剤が入ってなければね。


20170106_125850ランチはお雑煮。
昔はお雑煮って好きじゃなかったけど、
今はとっても助かってる!






20170106_183837今日は、松山で新年会。
夕方からだから、
昼間はみかんを手伝ってもよかったのですが
疲れ果てての運転は危ないので、
お休みさせていただきました。



でも、帰り、案の定、眠くなってきてコンビニに寄りました。
ここには広い駐車場があり、長距離トラックが何台も止まっているので
ドライバーさんが仮眠している隣りに駐車。
ここで30分、爆睡しました。

さあ、帰ろ、明日も5時半起きだ、とスウ〜とバックして、
ウイ〜〜ンとハンドルを切って勢いよく出ようとしたら、ガッと車が止まりました。
何???
ギアをバックに入れて、そろそろとアクセルを踏むと、
ガガガガガ〜とすごい音。
えっ、何???何が起こったの?

ドアを開けると、そこに縁石があって、見事にそれに乗り上げてる!!
なんでこんなところに縁石があるの?
暗くて全然見えなかった。
通常、縁石は、道路とコンビニの敷地の境目にあるでしょう。
それが2重になっていて、手前にももうひとつ縁石があったんですよ。
信じられない!!

20170106_232559車を降りてみると、
前輪の右のタイヤが縁石を
しっかりまたいでいます。
こりゃ、脱出できないわ。

コンビニで買い物もせず、
ただで駐車させていただいただけの
不届き者のくせに
店内にずかずかと入って行き、
「あの〜、車が縁石を乗り越えてひっかかってしまったので、
一緒に持ち上げてもらえませんか?」

半袖姿のおにいさんは、快く一緒に外に出て、車のところまで来てくれましたが、
「うう〜ん、これは二人では持ち上げられないですね。」
と屈んでタイヤを見ながら、残念そうに言いました。
どうしよう、と思案していたら、お客さんが来ちゃいました。
店番はおにいさんひとりなので、
「じゃあ、レッカー車呼びます。
お客さんいらしたから、どうぞお戻りください。
ありがとうございました。」

隊員Sさんに、
「今年の目標は、転ばないことと、車を擦らないこと」と誓ったばかりなのに
もうレッカー車かよ。情けない・・・・。

JAFには入っていないので、保険会社に電話しました。
転送された先の市外局番は、082。 広島かよ〜。まさか、
広島からレッカー車が来るんじゃないだろな。

情況の説明と場所の確認をしていたところに、
先ほどの半袖のおにいさんがやってきて
「大丈夫ですか? 寒かったですよね。これ、どうぞ!」
と差し出してくれたのはホットコーヒー。
わざわざ運んできてくれたのです。
カンド〜〜〜!!

いやあ、なんて気のきくおにいさんなんだ!
すばらしい〜。
すっごくいい気分になっちゃいました。

レッカー車は到着するまでに40分かかるって。
あ〜あ、明日は早起きしなくちゃならないのに、
なんでこんなところで足止め食っちゃってるんだろ。情けない・・・。

レッカー車が来るまでの約1時間の間に、なんと、4人の男性が声をかけてくれました。
「大丈夫ですか?」
「何か手伝うことありませんか?」
「ロープがあれば引っ張ってやるよ。」
                      
ありがたいことです。

20170106_235151レッカー車到着。
「ここ、乗り上げる人、多いんですよ。」
慰めなのか、
本当にそうなのかわかりませんが、
そういうふうに言われました。

コンビニの建物の前なら、
明るくて、よくわかるけど、
建物から遠く離れると、暗くて全く見えないんですよ。

「写真撮っていいですか?」
「いいですよ〜。」
にこやかに答えていただきました。

20170106_235229大きなレッカー車が来たもんだ。
ジャッキで車を持ち上げて、移動させるらしい。

あっ、車の中にジャッキ、あったな?
あれを使えばよかったんだ。
今頃気がついても、もう遅い。



20170106_235309さすが、プロ。
上手にハンドルを操作して、
見事脱出に成功しました。

これで帰れる!!

でも、一応、コンビニのおにいさんに
ご挨拶をしなくっちゃ。
ただで停めさせてもらってたので、何かお買い物をしよう。

中に入ると、おにいさんじゃない、ちょっと年配のおじさんがいました。
ここの店長にちがいない。

「あの〜、先ほどはお騒がせしました。
ここにいらした若い方が、いろいろ気を使ってくださって、
本当にお世話になりました。
とっても感動しました。
すばらしい対応でした。
あのおにいさんのお給料、ぜひ上げてあげてください!!」

そしたら、棚の向こうから、声がして、おにさんが出てきて、
「店長は僕なんですよ。」
あ、そうでしたか!それは失礼しました。
お若いから、アルバイトの人かと思っちゃってました。
おじさんの方がアルバイトだったのね。

とにかく、彼の暖かい気持ちがうれしかったので、
コンビニの中で一番高いものを買おう、としました。
でも、買うものないんですよね、ほとんど添加物入ってるし。

20170107_061735で、見つけたのがこれ。
たぶん一番値の張る商品に違いない。

みかん山のオーナーにプレゼントしよう。







帰宅したのは、午前様でした。
このまま高速道路に乗っていいものだろうか?
走ってる途中で、タイヤがポ〜ンと外れてしまったらどうしよう?
という不安はありましたが、早く帰らないと寝る暇がなくなるので
レスキューの方の「大丈夫。どこも傷ついていません。」
という言葉を信じてぶっ飛ばして、いや、少しスピードをセイヴして運転。
車はなんともなってなかったし、
レッカー車代も無料だったし、ほっとしました。不幸中の幸いだ。

ichigodaifuku35 at 23:59|この記事のURLComments(0)